基本情報

所属
聖徳大学 言語文化研究所 准教授

J-GLOBAL ID
201801001395231140

論文

  22

MISC

  5

書籍等出版物

  16

講演・口頭発表等

  15

共同研究・競争的資金等の研究課題

  3

社会貢献活動

  3

その他

  4
  • 2011年10月 - 2011年10月
    科学研究費助成事業の活動の一環として2011年10月29日に日本近代文学館に於いて開催された講演会を、研究代表者として他の研究分担者と協働して企劃・運営した。 研究分担者の岩津航氏と硏究代表者たる小生が研究発表を行い、その後に粟津則雄氏を招聘し講演して頂くというものであった。粟津氏の講演の記録と岩津氏と小生の所論は科学研究費助成事業年次報告書『年報・福永武彦の世界』第3号に掲載している。
  • 2010年7月 - 2010年7月
    科学研究費助成事業の活動の一環として2010年7月24日に日本近代文学館に於いて開催されたシンポジウムを、研究代表者として他の研究分担者と協働して企劃・運営した。 故長田弘氏と阿部日奈子氏、小池昌代氏を招聘し、研究分担者の山田兼士氏を交えたシンポジウムであった。その記録は科学研究費助成事業年次報告書『年報・福永武彦の世界』第2号に掲載している。
  • 2009年12月 - 2009年12月
    科学研究費助成事業の活動の一環として2009年12月12日に世田谷文学館に於いて開催されたシンポジウムを、研究代表者として他の研究分担者と協働して企劃・運営した。 清水徹氏と菅野昭正氏を招聘し、研究分担者の山田兼士氏を交えた鼎談であった。その記録は科学研究費助成事業年次報告書『年報・福永武彦の世界』第1号に掲載している。
  • 1987年5月 - 1987年5月
    1987年5月に麻生文化センターホールで行われた川崎室内管絃楽団の公演に際して、故戸口幸策氏の監修の下で曲目解説を執筆した。 曲目はR.シュトラウスの交響詩『死と変容(Tod und Verklärung)』作品24とブラームスの交響曲第4番ホ短調作品98であった。