Kazuo Imai

J-GLOBAL         Last updated: Nov 30, 2019 at 23:43
 
Avatar
Name
Kazuo Imai
Affiliation
Saitama Medical University

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Aug 2017
 - 
Today
Part time lecturer, Department of Infectious Disease and Infection Control, Saitama medical university
 

Education

 
Apr 2007
 - 
Mar 2013
Department of Medicine, Faculty of Medicine,, National defense medical college
 

Published Papers

 
Imai K, Ishibashi N, Kodana M, Tarumoto N, Sakai J, Kawamura T, Takeuchi S, Taji Y, Ebihara Y, Ikebuchi K, Murakami T, Maeda T, Mitsutake K, Maesaki S
BMC infectious diseases   19(1) 946   Nov 2019   [Refereed]
Imai K, Tarumoto N, Tachibana H, Hanabusa A, Sakai J, Yokota K, Mimura T, Maesaki S
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy      Jul 2019   [Refereed]
Sakai J, Tarumoto N, Kodana M, Ashikawa S, Imai K, Kawamura T, Ikebuchi K, Murakami T, Mitsutake K, Maeda T, Maesaki S
Journal of medical microbiology      Jun 2019   [Refereed]
Imai K, Misawa K, Osa M, Tarumoto N, Sakai J, Mikita K, Sayama Y, Fujikura Y, Kawana A, Murakami T, Maesaki S, Miura S, Maeda T
Tropical medicine and health   47 38   2019   [Refereed]
Ashikawa S, Tarumoto N, Imai K, Sakai J, Kodana M, Kawamura T, Ikebuchi K, Murakami T, Mitsutake K, Maesaki S, Maeda T
Journal of medical microbiology      Oct 2018   [Refereed]
Imai K, Tarumoto N, Runtuwene LR, Sakai J, Hayashida K, Eshita Y, Maeda R, Tuda J, Ohno H, Murakami T, Maesaki S, Suzuki Y, Yamagishi J, Maeda T
Malaria journal   17(1) 217   May 2018   [Refereed]
Tarumoto N, Kodana M, Watanabe N, Sakai J, Imai K, Yamaguchi T, Taji Y, Ebihara Y, Murakami T, Maeda T, Mitsutake K, Maesaki S
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy      Apr 2018   [Refereed]
Imai K, Tarumoto N, Amo K, Takahashi M, Sakamoto N, Kosaka A, Kato Y, Mikita K, Sakai J, Murakami T, Suzuki Y, Maesaki S, Maeda T
Parasitology international   67(1) 34-37   Feb 2018   [Refereed]
Misawa K, Tarumoto N, Tamura S, Osa M, Hamamoto T, Yuki A, Kouzaki Y, Imai K, Ronald RL, Yamaguchi T, Murakami T, Maesaki S, Suzuki Y, Kawana A, Maeda T
BMC research notes   11(1) 53   Jan 2018   [Refereed]
Imai K, Tamura K, Tanigaki T, Takizawa M, Nakayama E, Taniguchi T, Okamoto M, Nishiyama Y, Tarumoto N, Mitsutake K, Murakami T, Maesaki S, Maeda T
Frontiers in microbiology   9 2748   2018   [Refereed]
Tamura S, Maeda T, Misawa K, Osa M, Hamamoto T, Yuki A, Imai K, Mikita K, Morichika K, Kawana A, Matsumoto H, Nonoyama S
Journal of microbiological methods   141 108-114   Oct 2017   [Refereed]
Sakai J, Maeda T, Tarumoto N, Misawa K, Tamura S, Imai K, Yamaguchi T, Iwata S, Murakami T, Maesaki S
Journal of microbiological methods   141 90-96   Oct 2017   [Refereed]
Imai K, Tarumoto N, Misawa K, Runtuwene LR, Sakai J, Hayashida K, Eshita Y, Maeda R, Tuda J, Murakami T, Maesaki S, Suzuki Y, Yamagishi J, Maeda T
BMC infectious diseases   17(1) 621   Sep 2017   [Refereed]
Suzuki T, Hara N, Osa M, Misawa K, Imai K, Fujikura Y, Maeda T, Sonehara W, Kawana A
Journal of pharmaceutical health care and sciences   3 23   2017   [Refereed]
Osa M, Maeda T, Misawa K, Imai K, Fujikura Y, Kawana A
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   22(12) 804-807   Dec 2016   [Refereed]
Ota S, Maki Y, Mori K, Hamamoto T, Kurokawa A, Ishihara M, Yamamoto T, Imai K, Misawa K, Yuki A, Fujikura Y, Maeda T, Kawana A
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   22(11) 770-773   Nov 2016   [Refereed]
Imai K, Nakayama E, Maeda T, Mikita K, Kobayashi Y, Mitarai A, Honma Y, Miyake S, Kaku K, Miyahira Y, Kawana A
Japanese journal of infectious diseases   69(2) 151-153   2016   [Refereed]
Imai K, Misawa K, Matsumura T, Fujikura Y, Mikita K, Tokoro M, Maeda T, Kawana A
Internal medicine (Tokyo, Japan)   55(19) 2881-2884   2016   [Refereed]
Sasaki H, Maeda T, Hara Y, Osa M, Imai K, Moriguchi K, Mikita K, Fujikura Y, Kaida K, Kawana A
International journal of STD & AIDS   26(12) 909-911   Oct 2015   [Refereed]
Imai K, Maeda T, Sayama Y, Osa M, Mikita K, Kurane I, Miyahira Y, Kawana A, Miura S
Parasitology international   64(5) 240-242   Oct 2015   [Refereed]

Misc

 
【注目すべき国際感染症】 国際感染症各論 小児寄生虫疾患
今井 一男, 前田 卓哉
小児科診療   81(4) 513-519   Apr 2018
●グローバルの進行に伴い寄生虫疾患も多様化傾向にあり、今後の動向に注視する必要がある。●皮膚リーシュマニア症は、シリア難民の増加に伴い流行地域が変化している。●皮膚リーシュマニア症の簡便な診断法としてLAMP法が利用可能である。●シャーガス病は国内でもすでに先天感染の報告があり、国内でも注意が必要である。(著者抄録)
【いま知っておきたい、感染症診療最新の動向】 日常診療で問題となる感染症 ガイドラインからみた診断と治療のポイントは? デング熱を中心とした蚊媒介感染症の診療のポイント
今井 一男
診断と治療   104(6) 769-773   Jun 2016
1 蚊媒介感染症や輸入感染症に対するプライマリケア医の重要性が増している。2 蚊媒介感染症では、デング熱・チクングニア熱・マラリアが鑑別診断として重要である。3 デング熱診療では重症度を評価し、適切な治療または専門医への紹介を選択することが必要である。(著者抄録)
【最近話題のウイルスおよび原虫感染症 今だからこそ知っておきたい感染症の日常診療】 実地医家が活用すべき基本的な知識 輸入感染症としてのウイルス・原虫感染症
今井 一男, 加藤 康幸
Medical Practice   33(1) 14-17   Jan 2016
今井 一男, 前田 卓哉
臨床検査   59(10) 948-954   Oct 2015
<Point>グローバル化に伴って,国内でも寄生虫疾患を診断する機会が増加している.簡便かつ短時間で検査可能な診断キットが普及しており,その有用性は高いが,多くは保険未承認である.各原虫および病態によって有用な検査法が異なるため,診断には適切な検査法を選択する必要がある.(著者抄録)
【見逃されやすい頸部リンパ節腫脹の原因疾患】 トキソプラズマ症
今井 一男, 前田 卓哉
血液内科   71(3) 380-384   Sep 2015
【見逃すな、寄生虫感染症!】 発症すると治療が困難な寄生虫感染症 シャーガス病
今井 一男
臨床と微生物   41(4) 353-357   Jul 2014
グローバル化に伴うシャーガス病患者の分布域拡大に伴い、我が国でも無症候性慢性感染患者の存在が、患者治療、感染拡大予防に必須な早期診断を困難にしている。患者早期発見のために、国内検査体制の整備が急務である。(著者抄録)

Conference Activities & Talks

 
Trypanosoma cruzi分離株における薬剤感受性の検討
今井 一男, 樽本 憲人, 村上 孝, 前崎 繁文, 前田 卓哉
日本臨床寄生虫学会大会プログラム・講演要旨   Jun 2018   
シャーガス病検査依頼症例と確定診断症例に関する検討
今井 一男, 長 盛親, 池野 義彦, 酒井 純, 樽本 憲人, 前田 卓哉, 川名 明彦, 前崎 繁文, 三浦 左千夫, 佐山 勇輔
感染症学雑誌   May 2018   
LAMP/MinIONを用いたアルテミシニン耐性熱帯熱マラリア検出法の開発
今井 一男, 樽本 憲人, 酒井 純, 前田 卓哉
日本化学療法学会雑誌   Apr 2018   
侵襲性Group A Streptococcus感染症に内因性眼内炎を合併した1例
今井 一男, 樽本 憲人, 酒井 純, 前崎 繁文
日本化学療法学会雑誌   Apr 2018   
より良い臨床微生物検査のために その問題点と対策を明らかにする 新しい遺伝子診断法が寄生虫症診療に与える影響
今井 一男, 樽本 憲人, 三沢 和央, 三木田 馨, 前崎 繁文, 前田 卓哉, 鈴木 穣, 山岸 潤也, 太田 麻由
日本化学療法学会雑誌   Mar 2017