MISC

2012年6月1日

最短距離DEAによるプログラムコンテスト「敢闘賞」の決定

オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学 = [O]perations research as a management science [r]esearch
  • 安藤 和敏
  • ,
  • 伊藤 公人
  • ,
  • 甲斐 充彦
  • ,
  • 前田 恭伸
  • ,
  • 関谷 和之

57
6
開始ページ
315
終了ページ
321
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会

静岡大学工学部システム工学科で開講している授業科目「プログラムコンテスト」において,敢闘賞の決定を最短距離DEAによって行った.プログラムコンテストはグループで協調して自発的に学習に取り組むProblem Based Learningの1つであり,コンテスト形式は各グループが互いに競争して研鑽する仕掛けの1つである.競争の前提として,グループの能力が均一であることが望まれるが,グループ編成の実務上では実現困難である.どのグループも質の高いグループ活動を最後まで持続しコンテストに意欲的に参加することを期待し,2011年度から「敢闘賞」を新設した.新設の経緯と「敢闘賞」決定に用いたDEA,そしてその評価結果を報告する.

リンク情報
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/110009457676
CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/ncid/AN00364999
URL
http://id.ndl.go.jp/bib/023808156
ID情報
  • ISSN : 0030-3674
  • CiNii Articles ID : 110009457676
  • CiNii Books ID : AN00364999

エクスポート
BibTeX RIS