Yamamuro Kazuhiko

J-GLOBAL         Last updated: Sep 30, 2019 at 00:02
 
Avatar
Name
Yamamuro Kazuhiko
E-mail
muronaramed-u.ac.jp
Affiliation
Nara Medical University

Research Areas

 
 

Awards & Honors

 
2014
Travel Award for DFG-JSPS Symposium SHARED PATHWAYS IN CNS DISOEDERS
 

Published Papers

 
Schrode N, Ho SM, Yamamuro K, Dobbyn A, Huckins L, Matos MR, Cheng E, Deans PJM, Flaherty E, Barretto N, Topol A, Alganem K, Abadali S, Gregory J, Hoelzli E, Phatnani H, Singh V, Girish D, Aronow B, Mccullumsmith R, Hoffman GE, Stahl EA, Morishita H, Sklar P, Brennand KJ
Nature genetics      Sep 2019   [Refereed]
Kana V, Desland FA, Casanova-Acebes M, Ayata P, Badimon A, Nabel E, Yamamuro K, Sneeboer M, Tan IL, Flanigan ME, Rose SA, Chang C, Leader A, Le Bourhis H, Sweet ES, Tung N, Wroblewska A, Lavin Y, See P, Baccarini A, Ginhoux F, Chitu V, Stanley ER, Russo SJ, Yue Z, Brown BD, Joyner AL, De Witte LD, Morishita H, Schaefer A, Merad M
The Journal of experimental medicine      Jul 2019   [Refereed]
Kimoto S, Yamamuro K, Kishimoto T
Psychiatry and clinical neurosciences   73(6) 348-349   Jun 2019   [Refereed]
Takahashi M, Yasuno F, Yamamuro K, Matsuoka K, Kitamura S, Yoshikawa H, Yamamoto A, Iida H, Fukuda T, Ihara M, Nagatsuka K, Kishimoto T
Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society   19(3) 276-281   May 2019   [Refereed]
Okazaki K, Yamamuro K, Iida J, Kishimoto T
Annals of general psychiatry   18 2   2019   [Refereed]
Uratani M, Ota T, Iida J, Okazaki K, Yamamuro K, Nakanishi Y, Kishimoto N, Kishimoto T
Child and adolescent psychiatry and mental health   13 29   2019   [Refereed]
Yamamuro K, Kimoto S, Iida J, Kishimoto N, Tanaka S, Toritsuka M, Ikawa D, Yamashita Y, Ota T, Makinodan M, Yoshino H, Kishimoto T
Journal of affective disorders   234 45-53   Jul 2018   [Refereed]
Ueda S, Ota T, Iida J, Yamamuro K, Yoshino H, Kishimoto N, Kishimoto T
Psychiatry and clinical neurosciences   72(6) 380-390   Jun 2018   [Refereed]
Okazaki K, Yamamuro K, Iida J, Ota T, Nakanishi Y, Matsuura H, Uratani M, Sawada S, Azechi T, Kishimoto N, Kishimoto T
Psychiatry research   264 421-426   Jun 2018   [Refereed]
Yamamuro K, Yoshino H, Ogawa Y, Makinodan M, Toritsuka M, Yamashita M, Corfas G, Kishimoto T
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)   28(3) 998-1010   Mar 2018   [Refereed]
Takada R, Yamamuro K, Kishimoto T
Neuropsychiatric disease and treatment   14 2541-2544   2018   [Refereed]
Makinodan M, Okumura K, Ikawa D, Yamashita Y, Yamamuro K, Toritsuka M, Kimoto S, Yamauchi T, Komori T, Kayashima Y, Yoshino H, Wanaka A, Kishimoto T
Heliyon   3(11) e00468   Nov 2017   [Refereed]
Makinodan M, Ikawa D, Yamamuro K, Yamashita Y, Toritsuka M, Kimoto S, Yamauchi T, Okumura K, Komori T, Fukami SI, Yoshino H, Kanba S, Wanaka A, Kishimoto T
Scientific reports   7(1) 5481   Jul 2017   [Refereed]
Makinodan M, Iwata K, Ikawa D, Yamashita Y, Yamamuro K, Toritsuka M, Kimoto S, Okumura K, Yamauchi T, Yoshino H, Tsujii M, Sugiyama T, Tsuchiya K, Mori N, Matsuzaki H, Kishimoto T
Neurochemistry international   104 1-5   Mar 2017   [Refereed]
Ikawa D, Makinodan M, Iwata K, Ohgidani M, Kato TA, Yamashita Y, Yamamuro K, Kimoto S, Toritsuka M, Yamauchi T, Fukami SI, Yoshino H, Okumura K, Tanaka T, Wanaka A, Owada Y, Tsujii M, Sugiyama T, Tsuchiya K, Mori N, Hashimoto R, Matsuzaki H, Kanba S, Kishimoto T
Brain, behavior, and immunity   61 375-385   Mar 2017   [Refereed]
Yamamuro K, Ota T, Iida J, Kishimoto N, Nakanishi Y, Kishimoto T
Psychiatry and clinical neurosciences   71(1) 36-43   Jan 2017   [Refereed]
Nakanishi Y, Ota T, Iida J, Yamamuro K, Kishimoto N, Okazaki K, Kishimoto T
Child and adolescent psychiatry and mental health   11 26   2017   [Refereed]
Kayashima Y, Yamamuro K, Makinodan M, Nakanishi Y, Wanaka A, Kishimoto T
Neuropsychiatric disease and treatment   13 1499-1508   2017   [Refereed]
Okazaki K, Yamamuro K, Kishimoto T
Neuropsychiatric disease and treatment   13 2837-2840   2017   [Refereed]
Makinodan M, Ikawa D, Miyamoto Y, Yamauchi J, Yamamuro K, Yamashita Y, Toritsuka M, Kimoto S, Okumura K, Yamauchi T, Fukami SI, Yoshino H, Wanaka A, Kishimoto T
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   30(12) 4267-4274   Dec 2016   [Refereed]
Yamamuro K, Ota T, Iida J, Kishimoto N, Nakanishi Y, Matsuura H, Uratani M, Okazaki K, Kishimoto T
Psychiatry research   245 217-223   Nov 2016   [Refereed]
Yamamuro K, Ota T, Iida J, Nakanishi Y, Matsuura H, Uratani M, Okazaki K, Kishimoto N, Tanaka S, Kishimoto T
Psychiatry research   242 288-294   Aug 2016   [Refereed]
Matsuura H, Kimoto S, Harada I, Naemura S, Yamamuro K, Kishimoto T
BMC psychiatry   16 161   May 2016   [Refereed]
[The Pharmacotherapy of Autism Spectrum Disorder with ADHD Symptoms].
Yamamuro K
Seishin shinkeigaku zasshi = Psychiatria et neurologia Japonica   118(6) 391-398   2016   [Refereed]
Yamamuro K, Kimoto S, Iida J, Kishimoto N, Nakanishi Y, Tanaka S, Ota T, Makinodan M, Kishimoto T
PloS one   11(4) e0152373   2016   [Refereed]
Yamamuro K, Ota T, Iida J, Nakanishi Y, Suehiro Y, Matsuura H, Uratani M, Okazaki K, Kishimoto N, Tanaka S, Iwasaka H, Kishimoto T
Neuropsychobiology   73(3) 131-138   2016   [Refereed]
Kishimoto N, Yamamuro K, Iida J, Ota T, Tanaka S, Kyo M, Kimoto S, Kishimoto T
Neuropsychiatric disease and treatment   12 2403-2410   2016   [Refereed]
Yamamuro K, Okada K, Kishimoto N, Ota T, Iida J, Kishimoto T
Neuropsychiatric disease and treatment   12 2463-2471   2016   [Refereed]
Yamamuro K, Ota T, Iida J, Nakanishi Y, Kishimoto N, Kishimoto T
Neuropsychiatric disease and treatment   12 3183-3190   2016   [Refereed]
Okazaki K, Makinodan M, Yamamuro K, Takata T, Kishimoto T
Neuropsychiatric disease and treatment   12 3195-3198   2016   [Refereed]
Yamamuro K, Ota T, Nakanishi Y, Matsuura H, Okazaki K, Kishimoto N, Takahashi H, Iwasaka H, Iida J, Kishimoto T
Psychiatry research   230(2) 394-399   Dec 2015   [Refereed]
Yamamuro K, Makinodan M, Kimoto S, Kishimoto N, Morimoto T, Toritsuka M, Matsuoka K, Takebayashi Y, Takata T, Takahashi M, Tanimura Y, Nishihata Y, Matsuda Y, Ota T, Yoshino H, Iida J, Kishimoto T
Scientific reports   5 12107   Jul 2015   [Refereed]
Yamamuro K, Ota T, Iida J, Nakanishi Y, Uratani M, Matsuura H, Kishimoto N, Tanaka S, Negoro H, Kishimoto T
BMC psychiatry   15 102   May 2015   [Refereed]
Ota T, Iida J, Nakanishi Y, Sawada S, Matsuura H, Yamamuro K, Ueda S, Uratani M, Kishimoto N, Negoro H, Kishimoto T
Psychiatry and clinical neurosciences   69(3) 161-170   Mar 2015   [Refereed]
Yamamuro K, Kimoto S, Rosen KM, Kishimoto T, Makinodan M
Frontiers in cellular neuroscience   9 154   2015   [Refereed]
Yamamuro K, Makinodan M, Ota T, Iida J, Kishimoto T
Annals of general psychiatry   13 13   2014   [Refereed]
Yamamuro K, Yoshino H, Tamura K, Ota T, Kishimoto T
Annals of general psychiatry   13(1) 32   2014   [Refereed]
Ota T, Iida J, Sawada M, Suehiro Y, Yamamuro K, Matsuura H, Tanaka S, Kishimoto N, Negoro H, Kishimoto T
Child psychiatry and human development   44(2) 265-277   Apr 2013   [Refereed]
Ota T, Iida J, Sawada M, Suehiro Y, Kishimoto N, Tanaka S, Nagauchi K, Nakanishi Y, Yamamuro K, Negoro H, Iwasaka H, Sadamatsu M, Kishimoto T
International journal of psychiatry in clinical practice   17(1) 10-15   Feb 2013   [Refereed]

Misc

 
未治療の児童期強迫性障害における認知課題を用いた個人内変動の検討
岡崎 康輔, 山室 和彦, 飯田 順三, 太田 豊作, 中西 葉子, 岸本 直子, 岸本 年史
日本児童青年精神医学会総会抄録集   59回 P12-4   Oct 2018
成人期注意欠如・多動症におけるatomoxetineが前頭前皮質の血液動態反応に及ぼす影響
太田 豊作, 飯田 順三, 岡崎 康輔, 水井 亮, 山室 和彦, 中西 葉子, 岸本 直子, 岸本 年史
日本児童青年精神医学会総会抄録集   59回 P14-1   Oct 2018
自閉スペクトラム症の併存による注意欠如・多動症の血液動態反応への影響
山室 和彦, 太田 豊作, 中西 葉子, 松浦 広樹, 岡崎 康輔, 疇地 崇広, 澤田 里美, 岸本 直子, 飯田 順三, 岸本 年史
児童青年精神医学とその近接領域   59(2) 187-198   Apr 2018
ADHDの中核症状は不注意、多動、衝動性であるが、なかでも衝動性の存在が日常生活に与える影響は甚大である。DSM-5となり自閉スペクトラム症(Autism Spectrum Disorder:ASD)と注意欠如・多動症(Attention Deficit/hyperactivity Disorder:ADHD)との併存(ADHD/ASD)が認められるようになったが、ADHDにASDが併存することが衝動性に如何に影響を与えるかはほとんど分かっていない。そこで、今回我々は近赤外線スペクトロスコ...
20年経過した後に躁状態を呈した頭部外傷の1例
青木 智恵子, 山室 和彦, 田中 尚平, 芳野 浩樹, 岸本 年史
精神神経学雑誌   120(3) 227-227   Mar 2018
ADHDの併存症の診断と治療 ADHDとASDの併存症例の診断と薬物治療
山室 和彦
児童青年精神医学とその近接領域   58(5) 609-614   Nov 2017
研究と報告 自閉スペクトラム症の併存による注意欠如・多動症の事象関連電位への影響
山室 和彦, 太田 豊作, 中西 葉子, 岸本 直子, 飯田 順三, 岸本 年史
精神医学   59(10) 913-923   Oct 2017
DSM-5より注意欠如・多動症(ADHD)と自閉スペクトラム症(ASD)の併存が認められるようになったが,ADHDとASDは共通する臨床症状が多いことが知られており,臨床症状のみでADHDとASDの併存を適切に評価し診断することは困難である。また,ADHDとASD併存症例(ADHD/ASD)はADHD単独症例(ADHD)と比較して,日常生活への困難さを認めているのみならず,薬物治療への反応性も乏しいといわれている。そのため,適切に評価し診断を行う必要があるが,臨床症状のみならず,生物学的基...
注意欠如・多動症の近赤外線スペクトロスコピィ(NIRS)における自閉スペクトラム症の併存の影響
山室 和彦, 疇地 崇広, 太田 豊作, 中西 葉子, 澤田 将幸, 岡崎 康輔, 岸本 直子, 飯田 順三, 岸本 年史
日本児童青年精神医学会総会抄録集   58回 198-198   Oct 2017
注意欠如・多動症の事象関連電位における自閉スペクトラム症の併存の影響
山室 和彦, 長濱 剛史, 太田 豊作, 中西 葉子, 澤田 将幸, 岡崎 康輔, 岸本 直子, 飯田 順三, 岸本 年史
日本児童青年精神医学会総会抄録集   58回 229-229   Oct 2017
児童思春期OCD患者における近赤外線スペクトロスコピィ(NIRS) 縦断的検討
岡崎 康輔, 山室 和彦, 太田 豊作, 中西 葉子, 田中 尚平, 岸本 直子, 飯田 順三, 岸本 年史
日本児童青年精神医学会総会抄録集   58回 282-282   Oct 2017
ADHDとASDが併存した児童青年期患者における近赤外線スペクトロスコピィ(NIRS)
山室 和彦, 太田 豊作, 中西 葉子, 岡崎 康輔, 岸本 直子, 飯田 順三, 岸本 年史
精神神経学雑誌   119(9) 698-698   Sep 2017
社会的隔離はマウス前頭前野の特定の錐体細胞の興奮性を低下させる
芳野 浩樹, 山室 和彦, 小川 陽一, 鳥塚 通弘, 岡村 和哉, 西畑 陽介, 山口 泰成, 紀本 創兵, 山下 勝幸, コーファス・ガブリエル, 牧之段 学, 岸本 年史
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   39回・47回 197-197   Sep 2017
チックとトゥレット症 チック・トゥレット症の病因・病態
山室 和彦, 飯田 順三
こころの科学   (194) 73-77   Jul 2017
Venlafaxineが奏功した疼痛性障害の1症例
山室 和彦, 岸本 年史
最新精神医学   22(4) 353-355   Jul 2017
近年、疼痛性障害などの慢性疼痛の薬物治療において、三環系抗うつ薬だけでなくセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)が重要な位置を占めるようになった。さまざまな薬物治療を試みたが、治療抵抗性であった疼痛性障害にvenlafaxineが奏功した1例を経験した。症例は52歳女性であり、X-10年より右側の肩甲骨の疼痛を認めていたが、家庭内の問題を契機に疼痛が増悪したため、X年10月25日に当科初診となった。さまざまな薬物治療を試みたが治療抵抗性であった。Venlafaxine服薬...
日本におけるASDにADHDが併存した児童青年期患者に対する薬物療法
山室 和彦, 辻井 農亜, 太田 豊作, 飯田 順三
臨床精神医学   46(6) 777-786   Jun 2017
2015年4月から7月に、日本児童青年精神医学会の医師会員2,001名に対して、児童青年期注意欠陥多動性障害(ADHD)/自閉症スペクトラム症(ASD)患者に対する薬物療法に関する質問紙を郵送し、回答を求めた。571名から有効回答が得られた。回答者の職種は精神科医327名(57.3%)、児童精神科医148名(25.9%)、小児科医95名(16.6%)、その他1名(0.2%)であった。児童青年期ADHD/ASD患者への薬物療法としては、徐放性メチルフェニデートおよびアトモキセチンが主に使用さ...
統合失調症と覚醒剤精神病の前頭前皮質における血液動態反応の違い
山室 和彦
奈良県医師会医学会年報   30(1) 64-69   Jun 2017
DSM-5およびICD-10を用いて統合失調症および覚醒剤精神病と診断した患者を対象とした。精神症状は陽性・陰性症状評価尺度(PANSS)、認知機能には統合失調症認知機能簡易評価尺度(BACS)を用いた。また、推定IQにはJART-IQを用いた。統合失調症患者19例(男性9例、女性10例、平均39.11±7.01歳)と覚醒剤精神病患者15例(男性9例、女性6例、平均39.87±11.20歳)であった。PANSSに関しては陽性症状、陰性症状および総合精神病理尺度は両群において有意差は認めなか...
不登校児のJ-KIDSCREEN-52によるQOL評価
松浦 広樹, 岩坂 英巳, 根津 智子, 車谷 典男, 疇地 崇広, 岡崎 康輔, 岸本 直子, 山室 和彦, 中西 葉子, 太田 豊作, 飯田 順三, 岸本 年史
精神神経学雑誌   (2017特別号) S509-S509   Jun 2017
20年経過した後に躁状態を呈した頭部外傷の一例
青木 智恵子, 山室 和彦, 田中 尚平, 岸本 年史
最新精神医学   22(3) 282-285   May 2017
頭部外傷後しばらく経過した後に、幻覚妄想状態や躁状態を呈することがあるといわれている。今回我々は頭部外傷後、20年経過した後に躁状態を呈した1症例を経験した。症例は30歳男性であり、X-24年に交通事故に遭い、びまん性脳損傷及び前頭葉出血と診断された。X-1年頃より躁状態を呈し、X年10月2日に他院に入院加療となったが、X年11月8日に当科に転院となった。前医で開始されていたaripiprazole 24mgに加えてcarbamazepineを開始し400mgまで漸増した。次第に躁症状は改...
統合失調症と覚醒剤精神病の前頭前皮質における血液動態反応の違い
山室 和彦
精神神経学雑誌   119(5) 347-354   May 2017
統合失調症と覚醒剤精神病は類似した臨床症状を認めるため,鑑別に苦慮することが多い.しかし,ここ最近,近赤外線スペクトロスコピィ(NIRS)が両疾患の鑑別に寄与する可能性が示唆されている.そのため,今回われわれはNIRSを用いて統合失調症と覚醒剤精神病の前頭葉機能を評価した.対象として,統合失調症は平均39.1歳の19例と,覚醒剤精神病は年齢,性別,知能指数を一致させた平均39.9歳の15例で検討を行った.賦活課題としては言語流暢性課題(VFT)を用いて,課題遂行時の前頭前皮質の酸素化ヘモグ...
【ADHDをめぐる最近の動向】小児期のADHDと成人期のADHDの連続・不連続 児童精神科医から
山室 和彦, 飯田 順三
精神医学   59(3) 197-201   Mar 2017
児童期に統合失調症を発症した男児のロールシャッハ・テストの特徴
岸本 直子, 山室 和彦, 上田 昇太郎, 太田 豊作, 飯田 順三, 岸本 年史
最新精神医学   22(2) 153-159   Mar 2017
児童期統合失調症では幻覚や妄想が認められても、成人に比べて対象や内容が不明瞭であることが多い。このため、診断や病態の理解は困難を極めるが、診断に有効な生物学的マーカーは未だ確立されていない。そこで本稿では、10歳の統合失調症男児に対して、ロールシャッハ・テストを行い、その特徴について考察した。その結果、成人の標準値との比較では、認知的媒介過程に関する変数で差異が明確で成人発症の統合失調症と類似した認知の歪みが認められた。しかし、成人発症の統合失調症で認められる程の思考過程の障害には至ってお...
近赤外線スペクトロスコピィ(NIRS)を用いた統合失調症と双極性障害における課題による血液動態反応の違い
山室 和彦, 紀本 創兵, 岸本 直子, 田中 尚平, 山口 泰成, 飯田 順三, 岸本 年史
最新精神医学   22(2) 160-168   Mar 2017
統合失調症や双極性障害を始めとした精神疾患は、多くの遺伝要因や環境要因を共有しており、これらが複雑に関与する疾患である。また、臨床的にもオーバーラップする症状が多いため、精神病性スペクトラム障害として捉えられている。特に認知機能障害や衝動性は共通してみられる症状であるが、疾患群だけでなく疾患内においても程度はさまざまである。そのため適切な治療を行うためには、疾患の分類だけでなく、個々の症状の程度を正確に評価することが必要である。そのため、今回我々は近赤外線スペクトロスコピィを用いて統合失調...
AripiprazoleおよびLithiumの併用療法が奏効した13歳双極性障害患児の1例
岡崎 康輔, 山室 和彦, 中西 葉子, 太田 豊作, 岸本 直子, 飯田 順三, 岸本 年史
最新精神医学   22(1) 55-58   Jan 2017
学童期より季節性に気分変調が出現し、次第に躁症状が顕在化した双極性障害の患児にaripiprazoleおよびlithiumの併用療法が奏功した1例を経験した。症例は13歳女児であり、X-4年(9歳時)9月頃より不登校となり、抑うつ気分および意欲低下が出現し、その後次第に気分症状の改善がみられるエピソードを繰り返し認めたため、X年11月27日に当科を初診となった。躁状態が顕在化したため、X+1年1月に当科へ入院となり、aripiprazoleおよびlithium服薬後、徐々に症状は改善し、有...
不安定な母子関係の中で自我の揺らぎを抱える女児との面接過程について
岸本 直子, 中西 葉子, 山室 和彦, 太田 豊作, 岡田 光司, 飯田 順三, 岸本 年史
日本サイコセラピー学会雑誌   17(1) 105-111   Dec 2016
本稿では、不安定な母子関係の中で思春期に至り、自己の存在意義や自らの居場所を希求する15歳女子に対して行ったカウンセリングの経過について報告し、クライエントの臨床像やセラピストの在り方について考察を行った。面接過程の中で、世を憂い、外界への過敏さを示していたが、次第に家族のことを話題にするようになり、複雑な家族関係について打ち明けた。母親に対する両価的感情を示したが、出産を巡る女性性の問題と向き合うことで、母親自身の生き方を肯定できたのかもしれない。面接はクライエントの中断という形で終わっ...
1年間のフォローアップ前後の成人期強迫性障害における事象関連電位
山室 和彦, 岸本 直子, 岡田 光司, 太田 豊作, 飯田 順三, 岸本 年史
最新精神医学   21(6) 499-506   Nov 2016
強迫性障害(obsessive-compulsive disorder;OCD)は強迫観念と強迫行為で特徴づけられる精神疾患である。また認知や情報処理過程の障害もみられ、認知機能を生理学的指標として測定する事象関連電位(event-related potentials;ERPs)を用いた研究が数多く報告されている。しかし成人期OCDに対して、ERPsを用いて継時的に調査した報告はほとんどなく、薬物療法や行動療法などの結果を反映するかどうかは明らかではない。そこで今回我々は、成人期OCD患者...
ADHDの併存症の診断と治療 ADHDとASDの併存症例の診断と薬物治療
山室 和彦
日本児童青年精神医学会総会抄録集   57回 10-10   Oct 2016
選択的セロトニン再取り込み阻害薬治療前後の小児期強迫性障害における事象関連電位
松浦 広樹, 山室 和彦, 太田 豊作, 中西 葉子, 岸本 直子, 岡崎 康輔, 疇地 崇広, 飯田 順三, 岸本 年史
日本児童青年精神医学会総会抄録集   57回 247-247   Oct 2016
思春期における精神病発症危機状態(at risk mental state)の聴覚性事象関連電位の検討
岡崎 康輔, 太田 豊作, 飯田 順三, 山室 和彦, 中西 葉子, 岸本 直子, 岸本 年史
日本児童青年精神医学会総会抄録集   57回 249-249   Oct 2016
神経発達症児に対するソーシャルスキルトレーニング(SST)の効果
浦谷 光裕, 太田 豊作, 岩坂 英已, 岡崎 康輔, 松浦 広樹, 山室 和彦, 高橋 弘幸, 田中 尚平, 岸本 直子, 飯田 順三, 岸本 年史
日本児童青年精神医学会総会抄録集   57回 270-270   Oct 2016
自閉スペクトラム症に注意欠如・多動症を併存した児童青年期患者への薬物療法に関するアンケート調査
山室 和彦, 辻井 農亜, 太田 豊作, 飯田 順三, 岸本 年史
日本児童青年精神医学会総会抄録集   57回 273-273   Oct 2016
選択的セロトニン再取り込み阻害薬治療前後の強迫性障害における事象関連電位
山室 和彦, 太田 豊作, 飯田 順三, 中西 葉子, 岸本 直子, 松浦 広樹, 岡崎 康輔, 岸本 年史
最新精神医学   21(4) 305-313   Jul 2016
強迫性障害(OCD)は、強迫観念と強迫行為で特徴付けられ、さらに認知や情報処理の障害にも関わっている。事象関連電位(ERPs)は簡便かつ非侵襲的に認知機能を生理学指標として測定するために用いられてきた。過去にはOCDと健常対象者とのERPsの違いが明らかにされてきたが、ERPsがOCD児における薬物療法の効果を反映するかどうかは知られていない。そこで今回我々は、未治療のOCD児10名を対象として、約3年間の選択的セロトニン取り込み阻害薬服薬前後で聴覚性刺激によるodd-ball課題における...
ソーシャルスキルトレーニング前後の注意欠如・多動症の事象関連電位
浦谷 光裕, 岩坂 英巳, 太田 豊作, 中西 葉子, 山室 和彦, 岸本 直子, 本庄 あらた, 高橋 弘幸, 根來 秀樹, 飯田 順三, 岸本 年史
児童青年精神医学とその近接領域   57(3) 438-449   Jun 2016
ソーシャルスキルトレーニング(social skills training:SST)は、集団参加行動、コミュニケーションや自己コントロールなどのスキルを伸ばし、成功体験を積み重ね自尊心を高めることで、日常生活場面での適応を伸ばしていく目的で行われる。注意欠如・多動症(Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder:ADHD)をもつ児童に対するSSTは、一定の有効性が報告されているが、養育者などの行動評価によるものが主で、生物学的指標で評価されている報告はな...
【発達障害治療のトピックス】ADHD症状を伴う自閉スペクトラム症に対する薬物療法
山室 和彦
精神神経学雑誌   118(6) 391-398   Jun 2016
児童期の注意欠如・多動症(ADHD)の診断・治療ガイドラインが,わが国で初めて公表されたのは2003年である.その後,徐放性methylphenidateおよびatomoxetineが順に児童期から成人期にまでその使用が承認されるなど,ADHDの治療に関する状況は刻々と変化している.そして,成人期までADHDの症状が持続すること,有病率の高さや,併存疾患の問題などから成人期におけるADHDへの需要が高まっている.さらにDSM-5になりADHDと自閉スペクトラム症(ASD)の併存が認められる...
頭部外傷に伴う認知機能低下症例についての脳神経イメージング
高橋 誠人, 安野 史彦, 山室 和彦, 松岡 究, 木内 邦明, 岸本 年史
老年精神医学雑誌   27(増刊II) 231-231   Jun 2016
近赤外線スペクトロスコピィを用いた精神病発症危機状態(ARMS)の前頭前皮質における血液動態反応の低下
太田 豊作, 岡崎 康輔, 飯田 順三, 山室 和彦, 盛本 翼, 中西 葉子, 岸本 直子, 岸本 年史
精神神経学雑誌   (2016特別号) S342-S342   Jun 2016
覚醒剤精神病での前頭前野における衝動性と関連した血液動態反応の低下
上田 淳哉, 山室 和彦, 紀本 創兵, 太田 豊作, 岸本 直子, 岸本 年史
精神神経学雑誌   (2016特別号) S607-S607   Jun 2016
頭部外傷に伴う認知機能低下症例についての脳神経イメージング
高橋 誠人, 安野 史彦, 山室 和彦, 松岡 究, 木内 邦明, 岸本 年史
精神神経学雑誌   (2016特別号) S627-S627   Jun 2016
精神病発症危機状態(at risk mental state)における近赤外線スペクトロスコピィ(NIRS)
太田 豊作, 飯田 順三, 山室 和彦, 岡崎 康輔, 盛本 翼, 上田 昇太郎, 中西 葉子, 岸本 直子, 岸本 年史
最新精神医学   21(3) 235-240   May 2016
近年、統合失調症の発症予防の視点に立った精神病発症危機状態(at risk mental state:ARMS)に関する研究が多角的に進められており、注意機能やワーキングメモリーの低下などもいわれ、ARMSの前頭葉機能が注目されている。今回、近赤外線スペクトロスコピィを用いてARMSの前頭葉機能を評価した。対象としたARMS群は、未治療である平均16.5±2.92歳の10例で、健常対照群は年齢、性別、知能指数を一致させた10例であった。Stroop課題遂行時の前頭前皮質の酸素化ヘモグロビン...
【知っておきたい子どもの心の発達】認知の発達
山室 和彦
精神科   28(4) 304-309   Apr 2016
アトモキセチン治療前後における注意欠如・多動症の事象関連電位
山室 和彦, 太田 豊作, 飯田 順三, 中西 葉子, 岸本 直子, 岸本 年史
最新精神医学   21(2) 151-159   Mar 2016
注意欠如・多動症(ADHD)に対する薬物治療の有効性を客観的に評価できる生物学的な指標はほとんど存在していない。我々は以前に未治療のADHD児10名を対象として、徐放性メチルフェニデートによる治療前後で、事象関連電位(ERPs)の成分であるP300とmismatch negativity(MMN)が標準化することを報告した。しかし、ERPsがアトモキセチンによる治療の有効性を客観的に評価する生物学的な指標となるかどうかは知られていない。そこで今回我々は、未治療のADHD児10名を対象として...
At Risk Mental Stateにおけるロールシャッハ・テストの特徴 2事例による考察
岸本 直子, 山室 和彦, 飯田 順三, 太田 豊作, 中西 葉子, 盛本 翼, 岸本 年史
日本サイコセラピー学会雑誌   16(1) 93-101   Dec 2015
統合失調症の前駆期が疑われる状態として、近年では精神病発症危険状態(At Risk Mental State:以下ARMS)の概念が注目されている。ARMSとは現時点では精神病性障害を顕在発症していないが、将来的に精神病性障害に移行するリスクの高い状態像を指している。本稿では、ARMSと判断された2事例を取り上げ、認知過程を中心としたARMSのロールシャッハの特徴について考察した。両事例において、総反応数は平均的であり、内的生産性や知的想像性は保たれていた。しかしながら、X-%の高さや特殊...
強迫症状を主体としたAt Risk Mental State(ARMS)への認知行動療法
岸本 直子, 山室 和彦, 太田 豊作, 中西 葉子, 盛本 翼, 飯田 順三, 岸本 年史
最新精神医学   20(6) 545-552   Nov 2015
統合失調症に対する早期介入の意義が唱えられており、精神病発症危険状態(ARMS)に対する心理社会的介入への関心が高まっているが、その介入方法は未だ確立されていない。そこで、本稿では15歳のARMSと診断された女児に対し、認知行動療法(CBT)による介入を行い、その経過について考察を行った。集中力の低下、漠然とした恐怖心や自分の意思とは反対の考えが頭の中に浮かぶなどを訴えていたが、CBTの経過の中で強迫観念が主体となっていることが明らかとなった。強迫観念に対して曝露反応妨害法を行うことで、強...
赤外線スペクトロスコピー法を用いた覚醒剤精神病と統合失調症における前頭葉の血液動態反応の差異について(Differential patterns of blood oxygenation in the prefrontal cortex between patients with methamphetamine-induced psychosis and schizophrenia mesuare by near-infrared spectroscopy)
山室 和彦, 牧之段 学, 紀本 創兵, 太田 豊作, 鳥塚 通弘, 飯田 順三, 岸本 年史
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   37回・45回 203-203   Sep 2015
自閉スペクトラム症の児童における近赤外線スペクトロスコピィ(NIRS)
浦谷 光裕, 太田 豊作, 飯田 順三, 岡崎 康輔, 松浦 広樹, 山室 和彦, 高橋 弘幸, 田中 尚平, 岸本 直子, 岩坂 英已, 岸本 年史
日本児童青年精神医学会総会抄録集   56回 P01-3   Sep 2015
近赤外線スペクトロスコピィ(NIRS)を用いた成人期注意欠如・多動症の前頭前野における血液動態反応の低下
上田 昇太郎, 太田 豊作, 飯田 順三, 山室 和彦, 中西 葉子, 岸本 年史
日本児童青年精神医学会総会抄録集   56回 P06-1   Sep 2015
児童思春期ADHDの重症度と事象関連電位(P300)との関連
松浦 広樹, 山室 和彦, 太田 豊作, 浦谷 光裕, 末廣 佑子, 平尾 文雄, 大西 貴子, 岩坂 英巳, 飯田 順三, 岸本 年史
日本児童青年精神医学会総会抄録集   56回 P06-2   Sep 2015
精神病発症危機状態(at risk mental state)における近赤外線スペクトロスコピィ(NIRS)
太田 豊作, 飯田 順三, 山室 和彦, 中西 葉子, 岸本 直子, 岸本 年史
日本児童青年精神医学会総会抄録集   56回 P10-1   Sep 2015
児童期強迫性障害における事象関連電位(ERP)
岡崎 康輔, 山室 和彦, 澤田 里美, 中西 葉子, 相原 加苗, 岸本 直子, 田中 尚平, 太田 豊作, 根來 秀樹, 飯田 順三, 岸本 年史
日本児童青年精神医学会総会抄録集   56回 P10-4   Sep 2015
At Risk Mental Stateにおけるロールシャッハ・テストの特徴 統合失調症との比較
岸本 直子, 山室 和彦, 太田 豊作, 中西 葉子, 田中 尚平, 杉本 紗矢香, 飯田 順三, 岸本 年史
精神神経学雑誌   (2015特別) S300-S300   Jun 2015
アルコール依存症を合併した遷延性うつ病患者の経過中に躁転を経験した一例
岡崎 康輔, 鳥塚 通弘, 小坂 淳, 山室 和彦, 平井 基陽, 岸本 年史
精神神経学雑誌   (2015特別) S337-S337   Jun 2015
発達障害の治療のトピックス ADHD症状を伴う自閉症スペクトラム症に対する薬物療法
山室 和彦
精神神経学雑誌   (2015特別) S484-S484   Jun 2015
救急搬送された有機リン中毒による自殺企図患者の検討
井口 直彦, 池下 克実, 山室 和彦, 西畑 陽介, 岸本 年史
精神神経学雑誌   (2015特別) S728-S728   Jun 2015
覚醒剤精神病における近赤外線スペクトロスコピィ(NIRS) 統合失調症との比較
山室 和彦, 牧之段 学, 岸本 直子, 盛本 翼, 紀本 創兵, 飯田 順三, 岸本 年史
精神神経学雑誌   (2015特別) S770-S770   Jun 2015
【脳科学と統合失調症】神経化学と統合失調症
山室 和彦, 牧之段 学, 岸本 年史
精神科   25(6) 587-592   Dec 2014
児童思春期トゥレット障害における近赤外線スペクトロスコピィ(NIRS)
山室 和彦, 太田 豊作, 浦谷 光裕, 松浦 広樹, 岸本 直子, 飯田 順三, 岸本 年史
日本児童青年精神医学会総会抄録集   55回 230-230   Oct 2014
広汎性発達障害のロールシャッハ・テストについて(第2報) 統合失調症との比較
岸本 直子, 太田 豊作, 山室 和彦, 姜 昌勲, 田中 尚平, 飯田 順三, 岸本 年史
日本児童青年精神医学会総会抄録集   55回 249-249   Oct 2014
奈良県立医科大学精神科児童思春期外来における初診患者の現況
松浦 広樹, 中西 葉子, 山室 和彦, 太田 豊作, 飯田 順三, 岸本 直子, 岸本 年史
日本児童青年精神医学会総会抄録集   55回 290-290   Oct 2014
【ADHDの最近のトピック】大人のADHD
山室 和彦, 飯田 順三
精神科   25(3) 320-325   Sep 2014
注意欠如・多動性障害の薬物治療におけるatomoxetineと徐放性methylphenidateの血液動態反応の比較
中西 葉子, 飯田 順三, 太田 豊作, 松浦 広樹, 盛本 翼, 山室 和彦, 上田 昇太郎, 松田 康裕, 岸本 年史
精神神経学雑誌   (2014特別) S643-S643   Jun 2014
Paliperidone徐放剤が奏効した10歳トゥレット障害患児の1例
山室 和彦, 太田 豊作, 岸本 直子, 芳野 浩樹, 飯田 順三, 岸本 年史
精神科治療学   29(3) 399-403   Mar 2014
学童期にチック症状が出現し、次第に運動チックと音声チックが慢性的に経過したトゥレット障害患児にpaliperidone徐放剤が奏効した1例を経験した。症例は10歳男児であり、X-2年より断続的にチック症状を認めていたが、X年2月より音声チックが悪化するとともに、コプロラリアが出現し、不登校状態となったため、X年2月21日に当科初診となった。Paliperidone徐放剤服薬後、徐々に症状は改善し、X年4月中旬には、若干の単純運動チックは残存するが、有害事象もなくおおむね安定して経過した。今...
Paliperidone徐放剤が奏効した10歳のトゥレット障害の患児の1例
山室 和彦, 太田 豊作, 岸本 直子, 飯田 順三, 岸本 年史
日本児童青年精神医学会総会抄録集   54回 429-429   Oct 2013
【成人のADHD】小児におけるADHDの診断
山室 和彦, 飯田 順三
精神科   23(1) 7-12   Jul 2013
広汎性発達障害の薬物治療に関するアンケート調査
清水 里美, 飯田 順三, 岩坂 英巳, 太田 豊作, 松浦 広樹, 後藤 晴栄, 山室 和彦, 末廣 佑子, 中西 葉子, 浦谷 光裕, 岸本 直子, 岸本 年史
日本児童青年精神医学会総会抄録集   53回 366-366   Oct 2012
【災害と精神医学】交通事故後に異なるPTSD症状がみられた兄妹症例
山室 和彦, 太田 豊作, 末廣 佑子, 飯田 順三, 岸本 年史
臨床精神医学   41(9) 1319-1325   Sep 2012
交通事故後にPTSDを発症し、それぞれ異なる症状を呈した兄妹症例(兄:14歳、妹10歳)について報告した。トラウマに対する精神症状は、年齢や外傷前後の生活環境によっても異なる可能性が示唆された。また、paroxetineを含めた薬物療法も症状緩和の一助となり得ることを考察した。PTSDは、小児においては成人と異なる特徴があり、人格形成への影響も考えられるため、より適切な介入と治療が必要であると思われた。トラウマを受けた子どもの支援では、安心で安全な生活環境を調整することが必要である。そのた...
広汎性発達障害の診断・治療に関するアンケート調査
松浦 広樹, 太田 豊作, 飯田 順三, 岩坂 英巳, 盛本 翼, 中野 哲志, 山室 和彦, 上田 昇太郎, 岸本 直子, 岸本 年史
精神神経学雑誌   (2012特別) S-472   May 2012
PDD、AD/HD 注意欠如・多動性障害の診断・治療に関するアンケート調査
松浦 広樹, 太田 豊作, 飯田 順三, 岩坂 英巳, 末廣 佑子, 山室 和彦, 岸本 直子, 浦谷 光裕, 定松 美幸, 岸本 年史
日本児童青年精神医学会総会抄録集   52回 304-304   Oct 2011
統合失調症・統合失調症様症状 天理よろづ相談所病院精神神経科における思春期患者の受診状況について 幻覚妄想様体験を中心に
中西 葉子, 飯田 順三, 太田 豊作, 山室 和彦, 岸本 年史
日本児童青年精神医学会総会抄録集   52回 385-385   Oct 2011
震災・トラウマ 交通事故後にPTSD症状がみられた兄妹症例の検討
山室 和彦, 末廣 佑子, 太田 豊作, 岸本 直子, 飯田 順三, 岸本 年史
日本児童青年精神医学会総会抄録集   52回 401-401   Oct 2011
成人広汎性発達障害の適応状況 天理よろづ相談所病院精神神経科での特徴
山室 和彦, 長内 清行, 村本 葉子, 奥村 和夫, 苗村 敏, 岸本 年史
日本社会精神医学会雑誌   20(3) 260-260   Jul 2011
天理よろづ相談所病院精神神経科のコンサルテーションの現状と課題 身体科医療者へのアンケート結果より
村本 葉子, 長内 清行, 山室 和彦, 奥村 和夫, 苗村 敏, 岸本 年史
精神神経学雑誌   113(7) 725-725   Jul 2011
成人期の統合失調症と広汎性発達障害を鑑別するための考案(第2報) Japanese Adult Reading Test(JART)とWAIS-Rを用いた検討
山室 和彦, 太田 豊作, 飯田 順三, 澤田 将幸, 田中 尚平, 岸本 直子, 末廣 佑子, 村本 葉子, 根來 秀樹, 岸本 年史
日本児童青年精神医学会総会抄録集   51回 344-344   Oct 2010
天理よろづ相談所病院におけるせん妄治療の検討
山室 和彦, 長内 清行, 村本 葉子, 奥村 和夫, 苗村 敏, 岸本 年史
精神神経学雑誌   112(7) 680-680   Jul 2010
成人期の統合失調症と広汎性発達障害を鑑別するための考案 Japanese Adult Reading Test(JART)とWAIS-Rを用いた検討
太田 豊作, 飯田 順三, 澤田 将幸, 末廣 佑子, 村本 葉子, 山室 和彦, 長内 清行, 根來 秀樹, 上田 昇太郎, 西井 重超, 島本 卓也, 定松 美幸, 岸本 年史
精神神経学雑誌   (2010特別) S-306   May 2010
成人期の統合失調症と広汎性発達障害を鑑別するための考案 日本語版National Adult Reading Test(JART)とWAIS-Rを用いた検討
太田 豊作, 飯田 順三, 澤田 将幸, 田中 尚平, 岸本 直子, 末廣 佑子, 村本 葉子, 山室 和彦, 根來 秀樹, 岸本 年史
日本児童青年精神医学会総会抄録集   50回 288-288   Sep 2009
抗うつ薬投与患者における体重増加の検討
塚元 二郎, 長内 清行, 北村 聡一郎, 山室 和彦, 武 篤史, 井上 眞, 苗村 敏, 岸本 年史
精神神経学雑誌   (2009特別) S-523   May 2009
児童思春期発症の統合失調症における薬物療法の現状 奈良県立医科大学精神科児童思春期外来の統計から
村本 葉子, 根來 秀樹, 飯田 順三, 定松 美幸, 澤田 将幸, 太田 豊作, 相原 加苗, 末廣 佑子, 井川 大輔, 山室 和彦, 岸本 年史
日本児童青年精神医学会総会抄録集   49回 314-314   Nov 2008
心気的な訴えにより入院となった後に高機能自閉症と強迫性障害の併存が疑われた一症例
紀本 創兵, 武 篤史, 山室 和彦, 澤田 将幸, 木内 邦明, 根來 秀樹, 法山 良信, 定松 美幸, 岸本 年史
精神神経学雑誌   110(10) 988-988   Oct 2008