基本情報

所属
情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設 極域環境データサイエンスセンター 特任教授、センター長
学位
博士(理学)、2002年(東京大学)

ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0002-6105-9562
J-GLOBAL ID
200901003501149591
researchmap会員ID
1000253779

外部リンク

1.研究課題と活動状況:
<南北両極域多点観測網を用いたオーロラ現象の南北共役性の研究>
南極昭和基地とアイスランドとの間の共役点観測や、南極沿岸域や内陸部に展開している無人観測機を用いた観測点網により、国際共同の下で、オーロラ現象の南北共役性の研究を行っている。また長期間の観測によって得られたオーロラ関連データのデータベース化と公開も進めている。
<関連ホームページ>
・オーロラデータセンター:https://polaris.nipr.ac.jp/~aurora/
・アイスランド~昭和基地共役点観測:https://polaris.nipr.ac.jp/~aurora/uapm/ConjugateObs_index.html
・無人オーロラ観測ネットワーク:https://polaris.nipr.ac.jp/~niprlpm/UAO/index.html
・極域環境データサイエンスセンター:http://pedsc.rois.ac.jp/ja/
・分野横断型 統合データカタログ「AMIDER」:https://amider.rois.ac.jp/

2.極域観測歴:
(1)南極域:
<日本南極地域観測隊>
・第30次隊(越冬隊)(1988-1990)
・第44次隊(越冬隊)(2002-2004)
・第50次隊(越冬隊・越冬隊長)(2008-2010)
・第57次隊(夏隊・隊長)(2015-2016)
<外国基地派遣>
・米国南極点基地(2012年1月~2月、2014年1月~2月)
・ベルギープリンセスエリザベス基地(2020年1月~2月)
・インドマイトリ基地(2020年1月~2月)
(2)北極域:
・ノルウェ−アンドーヤにおけるロケット実験(1994)
・ロングイヤビンにおける「カスプ域緯度夜側オ−ロラ共役点観測」(1999)
・EISCAT-ALIS多点観測(Skibotnでのオーロラ観測(2013年3月))
・アイスランドにおけるオーロラ共役点観測(1993、2004~現在まで)


経歴

  17

論文

  158

MISC

  94

書籍等出版物

  1

講演・口頭発表等

  119

共同研究・競争的資金等の研究課題

  16

委員歴

  16

社会貢献活動

  18

メディア報道

  1
  • 国立科学博物館 「ヒカリ展」 国立科学博物館(東京・上野) 2014年10月28日 その他