基本情報

所属
東京大学 大学院情報理工学系研究科 情報理工学教育研究センター 次世代知能科学研究部門 特任研究員
学位
博士(理学)(2010年3月 北海道大学)

連絡先
kkagayag.ecc.u-tokyo.ac.jp
研究者番号
00580177
ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0003-3001-7690
J-GLOBAL ID
201101022208840720

研究分野
動物生理学、動物行動学、神経行動・生理学、ソフトロボット学(科研費新学術領域)

 

超高速運動の発現・調節機構と進化の研究
進化を通して獲得された身体と個体外環境との相互作用から驚くべき多様性が生まれます。脳と身体と環境、これらは分割統治されているわけではありません。これらがやわらかく重なり合いながら統合されていて(embodimentの観点)、その中で動的多様性が生まれます。この生物学が置き去りにしてきた動的多様性を体系化するにはどのようにしたらよいでしょうか?外骨格ばねという変形する身体をうまく使ってはじめて実現される節足動物(シャコ、テッポウエビ、アギトアリ)、ソフトロボットを対象にこの問題に取り組んでいます。


自発性行動の発現・調節の神経機構の研究
動物行動は、明確な感覚刺激がなくても自発的・内発的に開始します。なぜ、動物は自発的に行動を開始するのか? その神経機構を明らかにするため、これまではアメリカザリガニを対象として研究に取り組んできました。そして、ヒトを含む霊長類で過去報告されていたような、自発行動開始に先行する「準備活動」がザリガニにも存在することを発見しました。これは動物に一般的なものなのか(他の動物、とりわけ他の無脊椎動物にも存在するのか)? その機能は何なのか? このような問いに対して、行動遂行中の動物の単一神経活動記録法、神経解剖学的方法、行動学的方法などを用いて研究しています。

 

※ 2020年4月より次の場所に異動しました:

〒113-0033 東京都文京区本郷5-24-5ナガセ本郷ビル8階


論文

  15

書籍等出版物

  2

講演・口頭発表等

  19

担当経験のある科目(授業)

  1

受賞

  2

共同研究・競争的資金等の研究課題

  3

委員歴

  2

社会貢献活動

  4

メディア報道

  4