大渕修一

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/21 18:42
 
アバター
研究者氏名
大渕修一
 
オオブチ シュウイチ
所属
地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター
職名
研究部長
学位
医学博士(北里大学)
その他の所属
高齢者健康増進事業支援室

プロフィール

運動学の研究、ならびに生活機能障害の予防に関する研究を行っております。東京都介護予防推進支援センターのセンター長も兼務し、研究成果の普及にも努めております。

経歴

 
2012年
 - 
現在
東京都健康長寿医療センター研究所 福祉と生活ケア研究チーム 研究部長
 
2009年
 - 
2012年
東京都健康長寿医療センター研究所 自立促進と介護予防研究チーム 研究副部長
 
2003年
 - 
2009年
東京都老人総合研究所 介護予防緊急対策室 室長
 
1993年
 - 
2003年
北里大学 医療衛生学部 助教授
 

学歴

 
1989年
 - 
1993年
米国ジョージア州立大学大学院  
 

論文

 
Umeki K, Watanabe Y, Hirano H, Edahiro A, Ohara Y, Yoshida H, Obuchi S, Kawai H, Murakami M, Takagi D, Ihara K, Igarashi K, Ito M, Kawai Y
Archives of gerontology and geriatrics   78 18-22   2018年9月   [査読有り]
Kera T, Kawai H, Hirano H, Kojima M, Watanabe Y, Fujiwara Y, Ihara K, Obuchi S
Geriatrics & gerontology international   18(7) 1031-1037   2018年7月   [査読有り]
Horibe Y, Ueda T, Watanabe Y, Motokawa K, Edahiro A, Hirano H, Shirobe M, Ogami K, Kawai H, Obuchi S, Kim H, Sakurai K
Journal of oral rehabilitation      2018年7月   [査読有り]
Nara M, Sugie M, Takahashi T, Koyama T, Sengoku R, Fujiwara Y, Obuchi S, Harada K, Kyo S, Ito H
Geriatrics & gerontology international   18(6) 833-838   2018年6月   [査読有り]
Sugie M, Harada K, Takahashi T, Nara M, Kawai H, Fujiwara Y, Ishikawa J, Tanaka J, Koyama T, Kim H, Sengoku R, Fujimoto H, Obuchi S, Kyo S, Ito H
ESC heart failure      2018年6月   [査読有り]

Misc

 
杉江 正光, 原田 和昌, 奈良 毬那, 大渕 修一, 高橋 哲也, 許 俊鋭, 井藤 英喜
理学療法ジャーナル   52(6) 533-541   2018年6月
地域高齢者に対する縦断調査における追跡困難度
河合 恒, 鶴田 陽和, 江尻 愛美, 増井 幸恵, 渡邊 裕, 平野 浩彦, 藤原 佳典, 井原 一成, 田中 雅嗣, 大渕 修一
老年社会科学   40(2) 223-223   2018年6月
江尻 愛美, 河合 恒, 藤原 佳典, 井原 一成, 平野 浩彦, 小島 基永, 大渕 修一
日本公衆衛生雑誌   65(3) 125-133   2018年3月
目的 本研究は、都市部の地域在住高齢者における社会的孤立の予測要因を縦断的に明らかにし、その予防策を検討することを目的とした。方法 2012年10月1日時点で東京都板橋区の9町丁目に在住する65歳から85歳の高齢者7,015人を対象として、郵送法による質問紙調査を行った。回答が得られた3,696人に対し、2014年に再度質問紙を送付し、2,375人から回答を得た。孤立は、「別居家族や友人等との対面・非対面接触頻度が合計で月2、3回以下」と定義した。その他の調査項目は、2012年の性、年齢、...
高齢者のうつと食事の関連 定型、非定型の観点から
竹内 武昭, 橋本 和明, 井原 一成, 田中 耕一郎, 大渕 修一, 平野 浩彦, 藤原 佳典, 河合 恒, 小島 基永, 端詰 勝敬
日本心療内科学会誌   21(別冊) 83-83   2017年11月
いまなぜオーラルフレイルが重要なのか オーラルフレイルと食事・栄養の関わり
本川 佳子, 枝広 あや子, 白部 麻樹, 井原 一成, 田中 弥生, 金 憲経, 藤原 佳典, 大渕 修一, 河合 恒, 平野 浩彦, 渡邊 裕
日本サルコペニア・フレイル学会雑誌   1(2) 96-96   2017年10月

書籍等出版物

 
医歯薬出版   2017年1月   ISBN:4263217403
鈴木 隆雄, 島田 裕之 (担当:監修)
法研   2015年1月   ISBN:4865130829
大渕 修一
中央公論新社   2013年3月   ISBN:4120044688

競争的資金等の研究課題

 
住民との協働による介護予防のまちづくりの効果検証のための地域コントロールトライアル
日本医療研究開発機構(AMED): 長寿科学研究開発事業
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 大渕修一
美容的ヘルスケアサービス提供による介護費用削減効果の検証プロジェクト
経済産業省: 健康寿命延伸産業創出推進事業
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 大渕修一
地域基幹病院内で実施する健康増進医療外サービスを基軸にした医療・介護周辺サービス産業創出における課題に関する調査研究
経済産業省: 医療・介護周辺サービス産業創出調査事業
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 大渕修一
地域在住高齢者への医療外サービス提供における効果および課題に関する調査研究
経済産業省: 医療・介護周辺サービス産業創出調査事業
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 大渕修一
介護予防筋力向上トレーニングの効果の検討
厚生労働科学研究費補助金: 厚生労働省研究事業
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 大渕修一
転倒予防のための工学的解析に基づいた運動療法の開発
文部科学省科学研究費補助金: 基盤研究(C)
研究期間: 2000年 - 2002年    代表者: 大渕修一
骨粗鬆症予防のための骨荷重量に基づいた運動療法プロトコルの作成
文部科学省科学研究費補助金: 奨励研究(A)
研究期間: 1997年 - 1998年    代表者: 大渕修一
歩行時の膝関節前後動揺量に関する研究
文部科学省科学研究費補助金: 奨励研究(A)
研究期間: 1996年 - 1997年    代表者: 大渕修一