甲斐田勇人

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/05 00:29
 
アバター
研究者氏名
甲斐田勇人
 
カイダ ハヤト
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/40299425.ja.html
所属
近畿大学
部署
医学部 放射線診断学部門
職名
医学部講師
学位
医学博士

研究分野

 
 

論文

 
Sauerbeck J, Ishii K, Hosokawa C, Kaida H, Scheiwein FT, Hanaoka K, Rominger A, Brendel M, Bartenstein P, Murakami T
Annals of nuclear medicine      2018年5月   [査読有り]
Baba K, Kaida H, Hattori C, Muraki K, Kugiyama T, Fujita H, Ishibashi M
Hellenic journal of nuclear medicine   21(1) 15-23   2018年1月   [査読有り]
Kitajima K, Nakatani K, Yamaguchi K, Nakajo M, Tani A, Ishibashi M, Hosoya K, Morita T, Kinoshita T, Kaida H, Miyoshi Y
European journal of nuclear medicine and molecular imaging      2018年5月   [査読有り]
Kaida H, Azuma K, Toh U, Kawahara A, Sadashima E, Hattori S, Akiba J, Tahara N, Rominger A, Ishii K, Murakami T, Ishibashi M
Hellenic journal of nuclear medicine   21(1) 35-42   2018年1月   [査読有り]
Kaida H, Ishii K, Hanada S, Tohda Y, Murakami T.
Clin Nucl Med.   43(1) 25-27   2018年1月   [査読有り]

Misc

 
頸部顔面救急疾患の画像診断:耳下腺、甲状腺
柏木伸夫,藤原良平,甲斐田勇人,鶴﨑正勝,石井一成
画像診断   38(7) 795-804   2018年7月   [査読有り]
骨.正常臓器の照射後変化−再発との鑑別を含めて−.
長田周治,江藤英博,甲斐田勇人,倉田精二,鈴木 弦,淡河恵津世,安陪等思.
画像診断   34(9) 1055-1063   2014年   [依頼有り]
北里 雄平, 安永 昌史, 木下 壽文, 吉富 宗宏, 赤須 玄, 御鍵 和弘, 川原 隆一, 石川 博人, 久下 亨, 堀内 彦之, 甲斐田 勇人, 石橋 正敏, 河原 明彦, 鹿毛 政義
日本外科学会雑誌   113(2)    2012年3月
泌尿器科領域におけるPET テクノロジーの展望.
倉田精二,甲斐田勇人,石橋正敏.
Urology today   20(20) 8-11   2012年
PET/CTによる肝胆膵の悪性腫瘍診断の有用性と位置づけ―国内外の文献報告に見る現状と可能性.
甲斐田勇人,廣瀬靖光,倉田精二,石橋正敏.
インナービジョン   25(25) 8-11   2012年
[Treatment with low-dose cyclophosphamide and radiation therapy for advanced non-small lung cancer in elderly patient].
Watanabe Y, Ogo E, Kaida H, Suzuki G, Eto H, Suefuji H, Hattori C, Tsuji C, Hayabuchi N.
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   38(9) 1503-1505   2011年9月   [査読有り]
次世代のクリニカルPET NaF PETイメージングの臨床.
倉田精二,甲斐田勇人,石橋正敏,雫石一也,立石宇貴秀,井上登美夫.
Rad fan   9(9) 62-65   2011年   [依頼有り]
Drug eruption (erythema multiforme type) following chemoradiotherapy with mitomycin C and 5-fluorouracil administration for squamous cell carcinoma of the anal canal.
Arikawa S, Uchida M, Ogoh E, Uozumi J, Yoshida S, Watanabe Y, Kaida H, Ishibashi N, Shirouzu K, Hayabuchi N.
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   37(4) 727-730   2010年   [依頼有り]
原発性・転移性肝癌におけるFDG-PETの有用性.
甲斐田勇人,小林真衣子,倉田精二,石橋正敏.
インナービジョン   25(25) 8-11   2010年
Initial experience of multimodality 3D image fusion of pancreatobiliary system for simulation surgery.
Uchida M, Ishibashi M, Kaida H, Kurata S, Hayabuchi N.
J Jpn Soc Simulation Surg   17(2) 31-35   2009年
消化器がん転移診断におけるPETの意義(2)遠隔転移.
石橋正敏,甲斐田勇人,倉田精二.
臨床消化器内科   24(3) 291-300   2009年   [依頼有り]
Hepatobiliary pancreatic MR imaging progresses at 3T improvement in gradient strength and parallel processing techniques boost diagnostic power of high-field dynamic studies.
Kunou Y, Uchida M, Kaida H, Hayabuchi N.
Diagnostic Imaging   15(15) 12-13   2009年
甲状腺疾患診療におけるFDG-PET検査の有用性.
迎 徳範,古賀寛久,賀来寛雄,三宅育代,甲斐田勇人,馬場健吉,石橋正敏,広松雄治.
久留米医学会雑誌   50 227-232   2007年   [査読有り]
乳癌の画像診断におけるFDG-PETの有用性.
田山光介,唐 宇飛,藤井輝彦,白水和雄,甲斐田勇人.
日本臨床   65 373-378   2007年
三宅 育代, 馬場 健吉, 迎 徳範, 賀来 寛雄, 甲斐田 勇人, 石橋 正敏, 広松 雄治, 山田 研太郎
ホルモンと臨牀   54 105-113   2006年9月
非小細胞癌における縦隔肺門リンパ節転移の診断
藤本公則,佐土原順子,甲斐田勇人,石橋正敏,早渕尚文,松尾敏弘,高森信三.
臨床画像   22 38-51   2006年   [依頼有り]
PETセンターの現状と展望.
石橋正敏,馬場健吉,甲斐田勇人,早渕尚文.
久留米医学会誌   68(1・2) 22-27   2005年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
プリンシプル消化器疾患の臨床3 ここまできた肝臓病診療
甲斐田勇人,石井一成,村上卓道 (担当:共著, 範囲:核医学検査)
株式会社中山書店   2017年   
心・血管病の分子イメージング
甲斐田勇人,倉田精二,石橋正敏. (担当:共著, 範囲:癌)
永井書店   2010年   

講演・口頭発表等

 
頭頚部扁平上皮癌からの骨転移
鈴木絢子,柏木伸夫,沼本勲男,小田晃義,門場智也,兵頭朋子,山田 穣,甲斐田勇人,柳生行伸,任 誠雲,鶴﨑正勝,小塚健倫,松木 充,石井一成,中西克之
第54回日本医学放射線学会秋季臨床大会   2018年10月5日   
横行結腸に生じたバンドによる絞扼性イレウスの一例 横行結腸軸捻転との比較
沼本勲男,松木 充,土居秀平,鈴木絢子,小田晃義,門場智也,藤谷哲也,松久保祐子,兵頭朋子,山田 穣,任 誠雲,甲斐田勇人,柳生行伸,柏木伸夫,小塚健倫,鶴﨑正勝,細野 眞,石井一成
第319回日本医学放射線学会関西地方会   2018年6月9日   
The prognostic values of 18F-FDG uptake and molecular markers in resected non-small cell lung cancer patients.
Hayato Kaida
19th Workshop of the German-Japanese Radiological Affiliation   2018年5月26日   
Static and moving phantom studies for radiation treatment planning in a 4-dimentional PET/CT
Kohei Hanaoka, Masahiko Okumura, Yasumasa Nishimura, Shota Watanabe, Yusuke Shibata, Hayato Kaida, Makoto Hosono, Kazunari Ishii, Takamichi Murakami
12th World Congress of the World Federation of Nuclear Medicine and Biology   2018年4月20日   
Algorithm for Amyloid Imaging to Preserve the Contrast Between Gray and White Matter Using Simplified Reference Tissue Model.
Takahiro Yamada, Yuichi Kimura, Kosuke Fujii, Shogo Watanabe, Takashi Nagaoka, Mitsutaka Nemoto, Kohei Hanaoka, Hayato Kaida, Chisa Hosokawa, Kazunari Ishii
12th World Congress of the World Federation of Nuclear Medicine and Biology   2018年4月20日   

競争的資金等の研究課題

 
アミノ酸イメージングと癌シグナル伝達因子による脳腫瘍患者の予後予測マーカーの解明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月    代表者: 甲斐田勇人
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 甲斐田 勇人
この研究の目的は過去5年にFDG-PET/CTと非小細胞肺癌で手術を受けた150名の患者対象に摘出標本に細胞増殖シグナル伝達因子の免疫染色を行い、FDG集積と増殖シグナル因子の関係を検討することである。FDG集積の評価はSUV max, TLG,PVCSUV maxを用い、患者の生存率とFDG集積の関連、細胞増殖シグナル伝達因子と生存率の関係を調べ、予後を見る最適のFDG集積の評価法とシグナル伝達因子の組み合わせを検討する。今年度の研究実施計画としては当施設でFDG-PET/CT検査を行い...
乳癌のFDG集積と癌増殖シグナル伝達系との関 連性の研究
日本医学放射線学会: 日本医学放射線学会研究助成金
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 甲斐田勇人
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 甲斐田 勇人
頚動脈の不安定プラークが疑われるPET/CT検診者対象に高分解能心臓CTを施行し、頚動脈の不安定プラークへのFDG集積と冠動脈の不安定プラークの関係を検討し、これらとプラーク形成や破綻に関与する血清サイトカイン(MPO, PTX, ADMA,高感度CRP, MDA-LDL)との関係を調べた。頸動脈のFDG集積の評価法はtarget-to-background ratio(TBR)を用いた。TBRは高感度CRPやMDA-LDLと有意な相関を認め、特にMDA-LDLとの関連が強かった。心臓CT...
FDG-PETと分子病理学による甲状腺癌の細胞増殖能の特性解析
久留米大学医学部同窓会: 久留米大学医学部同窓会研究補助金
研究期間: 2007年       代表者: 甲斐田勇人