基本情報

所属
名古屋大学大学院教育発達科学研究科
学位
学士(教育学)(2019年3月 名古屋大学)
修士(教育学)(2021年3月 名古屋大学)

連絡先
shimabukuro.kairif.mbox.nagoya-u.ac.jp
J-GLOBAL ID
202001005785207864
researchmap会員ID
R000009390

主要な研究テーマは,若年同性愛者のセクシュアル・アイデンティティの形成過程です.

社会学教育社会学の理論や方法論を用いて,若年同性愛者にインタビューを行い,当事者がどのようなきっかけでセクシュアル・アイデンティティを自覚し,それを受容してきたのかを研究しています。若年同性愛者のライフストーリーを聞き取っていくと,自分のセクシュアリティに関連した経験としては学校経験が語られることが多いです。青年期のセクシュアル・アイデンティティ形成において学校が果たす役割は大きいため,学校において自分が好きになった相手との相互行為や同性の友人との経験がいかに語られるのか,若年同性愛者にとって学校経験はどのように意味づけられているのかに着目して研究してきました。

若年同性愛者のセクシュアリティの自覚から受容までの経験については修士論文にまとめ,2021年1月に提出しました。今後は学会発表や論文投稿を通じて研究知見を発信し,博士学位論文を執筆する予定です。

また,同性愛者へインタビューをしていると,恋愛経験がよく語られます。自分がこれまでどのような相手を好きになったのか,当事者コミュニティにおいてどのような人びとと知り合ってきたかなど,若年同性愛者の性行動や恋愛に関する意識についても関心を持っています。2021年の8月には,同性愛者の恋愛規範をめぐる生きづらさを分析した論文を『現代思想』に寄稿しました。

・「〈同性を好き〉な人が語る学校経験 : セクシュアル・アイデンティティをめぐる主観的意味の変遷に着目して」修士論文(名古屋大学大学院教育発達科学研究科提出)
・「恋愛からの疎外、恋愛への疎外:同性愛者の問題経験にみるもう一つの生きづらさ」『現代思想(特集=〈恋愛〉の現在)』

 

主要な研究テーマ以外に,私が取り組んでいる研究課題は大きく3つに分かれます。

【1】学校教育とセクシュアリティ

同性愛者のセクシュアル・アイデンティティ形成について研究するうちに,同性愛者という対象やセクシュアル・アイデンティティ形成というテーマを超えて,セクシュアリティ一般が学校においてどのように取り扱われるのかというメタ的な問いに関心を抱くようになりました。これまでは文部科学省による性的マイノリティへの支援策について研究してきました。現在は学校空間における児童・生徒のセクシュアリティへのまなざし,学校教育におけるセクシュアリティの問題の取り扱いなどのテーマについて,セクシュアリティの観点から学校教育を捉え直す研究を進めていきたいと思っています。また,学校の性教育が若者の性知識や性行動に与える影響についても関心があります。

・「性的マイノリティに対する文部科学省による支援策の論理――性別違和と同性愛の相違点に着目して」『ジェンダー研究』https://doi.org/10.24567/00063801

 

【2】いじめ研究

私の所属する研究室では,2021年からいじめに関する全国調査を行っています。Web調査を用いて子ども・保護者・教員に調査を行い,いじめをめぐる意識のズレに焦点化した分析を行っていきます。現在は調査を終えたばかりで,今後学会発表や論文を通して研究知見を発信していく予定です。

・「教育問題におけるWeb調査の可能性」第73回日本教育社会学会大会報告(澤田涼, 古殿真大, 藤川寛之, 内田良).

 

【3】フェミニズム/ジェンダー理論

主要な研究テーマや【1】の研究において,私はフェミニズム理論やジェンダー理論,クィア理論の視座を大切にしています。これらの理論は,同性愛者という対象を社会構造や規範との関連で考察することを可能にします。特定の理論や理論家を中心的に取り上げてきたわけではなく,これまでかなり雑多に研究を行ってきました。あえて共通点を挙げるとすれば,既存の理論が取りこぼし,不可視化してきた問題系について,それをその理論のなかからどのように捉えることができるのか,といった研究が多いです。フェミニズムやジェンダー研究に関心がある人たちで構成される研究会にいくつか参加し,そこでのディスカッションを通して理論の可能性について考えています。

・「クィア理論の制度化・規範化を考える : David Halperin "The Normalization of Queer Theory"」『教育論叢』https://doi.org/10.18999/kyor.63.41
・「同性愛者のアイデンティティ研究における現象学的視座の必要性:「本質主義対構築主義」を越えて」日本現象学・社会科学会第38回大会報告.https://researchmap.jp/kairishimabukur/presentations/33362366

 

twitter: https://twitter.com/KairiShimabukur


経歴

  1

主要な論文

  3

主要な講演・口頭発表等

  8

MISC

  5

所属学協会

  4

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1

その他

  2