接続数 from 2015/04/25

COUNTER16322

日誌

1234
2018/01/30

狙い通り

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen

x:しらべたあたい,
A:ねらい,
x==A:ねらいどおり

x:しらべたあたい, 
A:めあて
x==A:めあてどおり

狙いだと、狙い通りという文句は馴染みがある。
目当だと、目当て通りという言い方をするのだろうか。
もっといい表現があるのだろうか。


<review>
・目的 
以下の冊子の目標に対して、改善するとよい点をご助言いただきたい。

 子供にわかりやすい冊子にする
 親子または大人と子供の対話の道具にする
 子供でもわかるんだから、大人はわからなきゃという大人向けの教材としても使う

・検証基準(終了基準は以下のいずれか)

子供に渡して、質問疑問があったときに、渡した大人がうまく答えられる。


この冊子への感想を含めて、3つ以上意見が出れば終了する。


別途大人向けの「ちょけねこmethod」(仮題)の資料は作成予定であり、そちらへの
助言が10項目以上あれば、この冊子への助言がなくても終了する。

<この稿は書きかけです。順次追記しています。>
twitter:@kaizen_nagoya
改善日誌(researcmap)
改善の本棚(読書メーター)
改善(booklog)
改善日誌(ameba)
改善の本棚(amazon.co.jp)

Researchmap
「researchmapサービスは、国立研究開発法人科学技術振興機構知識基盤情報部が提供しています。」
「researchmapシステムは、国立情報学研究所社会共有知研究センターにおいて研究開発・提供しています。」

著作権法 第三十二条  
「公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。 
 2  国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が一般に周知させることを目的として作成し、その著作の名義の下に公表する広報資料、調査統計資料、報告書その他これらに類する著作物は、説明の材料として新聞紙、雑誌その他の刊行物に転載することができる。ただし、これを禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない。」

https://researchmap.jp/kaizen/
小川清は、名古屋市工業研究所研究員で、著作権法第三十二条に基づいて、「研究」目的で、学術雑誌等で良俗となっている引用形式(書名、著者名、出版社名、ISBNまたはISSN、発行年、ページ等)をできるだけ踏襲するようにしています。
 ただし、kindleで購入した電子書籍には紙のページの記載がないものがあり、必ずしもページを特定できないことがあります。章節番号を記載するか、なるべく情報を補充するようにしています。紙でのページが確認できれば、紙のページを追記することがあります。
 引用の分量は、分野によって妥当な範囲が異なるかもしれません。それぞれの学術分野の引用における制約の範囲に止めるように努力しています。例えば、2割から3割り程度以内のように。引用で、逐条解説的な全部を引用した解説は、事前または事後において著者または著作権者の許諾を得るようにしています。
 研究範囲は、通信規約、言語(自然言語、人工言語)、自動制御(ソフトウェアの自動生成を含む)、工業標準(国際規格、JIS、業界団体規格等)。例えば、言語処理は、言語、自動制御、工業標準を含み、通信規約の一部でもあり、総合的に取り扱っています。文字フォントの今昔文字鏡、日本語語彙体系、多言語処理などの具体的なシステムやサービスを支える技術的な課題に取り組んでいます。短歌形式の言語解析、言語学習、自動生成などは、現在の研究対象の一つです。

なお、他の著作物からの引用は、それぞれの著作者の著作物で、引用に関する部分は、著作権法第三十二条2項の範囲外です。商用利用の場合には、それぞれの著作者にご確認ください。



18:35 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/01/29

ちょけねこ 100人による朗読計画

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
ちょけねこ 絵本を、100人による朗読を募集しようと考えています。
09:23 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/01/21

ちょけねこ たんじょうびのおくりもの 第三版まとめ

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen


主な変更点と理由

1 表紙 「たんじょうびのおくりもの」を著者に描いてもらった。
これは、利用者からの1970年代的デザインという意見と、
他の著作物と比較すると印象が弱く感じる相手がいるという反省から
お願いしたものです。第二版からの大きな飛躍です。

2 しらべかた p21
プログラマがHAZOPをするとよいのは、他の手法だと、結果がまとまってから、
じゃ、その検出をどうやってプログラムするかを考えないといけない。

HAZOPだと、他(other than)、類(as well as)は、ほとんどすぐ、そのままで
プログラムになる。

この利点を、これまで他の発表でも、この絵本でも強調してこなかった。

小学校でもプログラムを組むようになるのに、このHAZOPの11の魔法の言葉を
理解していれば、段違いに素敵な、楽しい、安全なプログラムがかけるようになる。

それに際して、大人が子供の質問に答えられるような作りにした。

「しらべかた」の見出しは、その前の版では「よいこと」になっていたが、
よいことの説明がない。プログラムの話なので書くと長くなるため、省略していた。
今回の見直しの際に、 Tさんからご意見をいただき、わかりやすくするために、
表と同じ「しらべかた」にした。

3 色
文字の背景色は、ちょけねこで出てくる色と近い色を採用してきた。
見る人が見ると、Wordで用意している標準色だということがバレバレ。
今回、ちょけねこの絵からデータを採取し、色を決定した。
画面で表示すると近い色になる。
WordからPDFにすると少しずれる。
さらに、印刷するとかなりずれることがわかった。

この辺りは、印刷専門の機材を利用しないと無理なのだろうか。

4 文字の大きさ、絵の配置など。
著者の方からお聞きした改善項目を実現するために、初めて
Wordでレイアウトの線を使った。

これまで、内容をどうするかで、一杯一杯だった。
またLaTeXにできないか検討していた。
Wordのままでレイアウトの改善を測った。

5 言葉の選択
第一版では、HAZOPではなくまほうのことば
第二版では、作業表ではなく、まとめ
第三版では、設計値を、「めあて」または「ねらい」

めあて と ねらい を検索すると、小学校などで「めあて」という言葉を
よく使うが、「ねらい」との関係がわからない人がいるらしい。

地方によって違うかもしれない。各地で配布する際に、見本は二種類作って、
それぞれの地方の意見を採取していこうと思います。

6 式
今回作成したしらべ方で、集合定義だと厳密だが、C言語では表現できない。
そこで、C言語風で表現できる案を作成した。
大阪では、この案で配布してみようと思う。
なお、Twitterのアンケートは継続中
https://researchmap.jp/job5w1fir-45644/#_45644

7 A5版、B5版
今回、プリンタに別件のためB4用紙を入れていた。
印刷して見ると、B5は、小さいこ向きにはいいかもしれないと思った。
大阪には、両方持っていく予定。
なお、Twitterのアンケートは継続中
https://researchmap.jp/job5w1fir-45644/#_45644

8 朗読
1月12日、初めて人前で「ちょけねこ」を朗読した。
朗読して見ると、まあいとか、声の調子とか、
工夫がいることがわかった。

OSC 大阪のLTで、ちょけねこ たんじょうびのおくりものの朗読で申し込んだ。

読み方を検討するため、
Macintoshの読み上げソフトで何回か読み上げた。
読み上げ用のテキストファイルを編集した。

これは、目の見えない方のためのデータとして、どう配布するかは著者と要相談。

おかしなことに、Macintoshの読み上げソフトでは、
ある単語の後だと?があっても。ピリオドと発声する。
Macintoshの読み上げソフトの日本語の不具合発見。

絵本の方で、ピリオドは数箇所ピリオドあり。これをなくすかどうか検討中。

最後のページに、
「まほうの ことばで おくりもの 

いっしょに かんがえてくださって」

「まほうの ことばで おくりもの 

いっしょに かんがえてくださってありがとう  」
に変更するかどうかも検討中。

理由は、朗読の際に、絵の文字を読むのかどうか迷うため。
絵の文字は読まないことにすると「ありがとう」
がないと不自然だから。

p.s. 20180121追記 朗読していて。
p.9

「大きすぎると へやにはいらない!」
という表現を朗読していて

大きすぎるとへやには要らない!
大きすぎると部屋に入らない!
と文法的には2つの可能性があることに気がつきました。
「大きすぎると へやに,はいらない!」

としようと検討しています。
09:49 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/01/20

ちょけねこ 今月の最後のお願い

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
今月の最後のお願いです。

前回の依頼に対して5人の方からご意見をいただけ、「めあて」「ねらい」で迷い始めました。

そこまで来ると、集合表現の比較が気になって、集合表現でない版も試作しました。

A ねらい & 集合表現


B めあて & 等価な要素


1 ねらい 集合表現(A案)
2 ねらい 等価な要素表現
3 めあて 集合表現
4 めあて 等価な要素表現(B案)

2と3は画面の組み合わせで判断できると思いは掲載していません。

1、2、3、4のどれがいいでしょう。

投票はこちら(twitter) またはこちら(facebook)。


レビュー依頼に当たって、目的と検証基準記します。

・目的 
以下の冊子の目標に対して、改善するとよい点をご助言いただきたい。

 子供にわかりやすい冊子にする
 親子または大人と子供の対話の道具にする
 子供でもわかるんだから、大人はわからなきゃという大人向けの教材としても使う

・検証基準(終了基準は以下のいずれか)

子供に渡して、質問疑問があったときに、渡した大人がうまく答えられる。


この冊子への感想を含めて、3つ以上意見が出れば終了する。


別途大人向けの「ちょけねこmethod」(仮題)の資料は作成予定であり、そちらへの
助言が10項目以上あれば、この冊子への助言がなくても終了する。

17:27 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/12/25

ちょけねこ 絵本 p21

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
午前10時半の版(アルファ0)

西本一平さんからのご指導により、レビュー依頼に当たって、目的と検証基準を午後1時に追記しました。
ここから「
・目的 
以下の冊子の目標に対して、改善するとよい点をご助言いただきたい。
 子供にわかりやすい冊子になる
 親子または大人と子供の対話の道具になる
 子供でもわかるんだから、大人はわからなきゃという大人向けの教材としても使う
・検証基準(終了基準は以下のいずれか)
子供に渡して、質問疑問があったときに、渡した大人がうまく答えられる。
この冊子への感想を含めて、3つ以上意見が出れば終了する。
別途大人向けの「ちょけねこmethod」(仮題)の資料は作成予定であり、そちらへの助言が10項目以上あれば、この冊子への助言がなくても終了する。
」 ここまで

午前11時半の版(アルファ1)
 変更点
 無逆他・・・にふりがな
 無逆他・・・の並びを本文に揃えた
 文字形の大きさの調整

正午の版(ベータ)
 魔法の言葉の見出しを追記
 無逆他・・・のルビの大きさ、間隔を調整
 上、左右の図の配置を調整

画面のぼやけは、画像ファイル作成方法の不手際またはウェブ、ブラウザの不手際の可能性があります。無視してください。

今の悩み
表の下の文字が左端からなぜか始められないこと。(wordの操作上の課題)
「設計値」ということばを柔らかくしたいこと。(言葉の課題)
集合記号はC言語にないことをどう表現するか。(集合の表記の課題)
の3点です。

今日の最終版は次の3点がすでに変更になっています。下記の以外をお願いします。

罫線を点線に。
罫線を茶色に
「x != A & x != - A」 

「x != A & x != 0& x != - A 」
に。


ps.
午後11時半の前の版からの主な変更点を記載します。
1
「x == 0 (or null)
x ⊃ A (or x1t == x2t)」
の2つ目の項をカッコ書きに。
2
「x:しらべたあたい, A:設計値(せっけいち)C言語(げんご)
t: 時間(じかん), i: 順番(じゅんばん)」
を追記
3
i, tの文字形を小さく
4
=を==に。C言語風にするため。末尾のC言語(げんご)を追記。
5
罫線を使って位置あわせした。

ps. 20180106追記 20171227最終版
ちょけねこ 絵本 p21 「x:しらべたいあたい、A:設計値(せっけいち)」の「設計値」を子供にわかりやすい言葉にしたら、どういう言葉がいいでしょうか?代替案を!https://researchmap.jp/jo376htdt-2023486/#_2023486

10:38 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/12/22

表紙の文字の間隔の案

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
大きい文字は、拗音の文字の周りの空白が大きく感じてしまう。
そのため、他の文字の間隔を調整した案を作った。

2pt

4pt

6pt

8pt

10pt

どの間隔が良いか、ご連絡ください。
07:53 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/12/20

表紙の案

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
1 HGP創英角ゴシックUB

2 DFG勘亭流

3 DFP太丸ゴシック体



4 ヒラギノ角ゴStdN


5 HG丸ゴシックM-PRO


<留意事項>
なお、フォントによって、「ちょけねこ」の「け」と「ね」と「こ」の間が、狭く感じる。そのため、最終的には、隙間は微調整して、狭く感じないようにする予定。

15:42 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/12/10

最新版表紙原稿入稿後の改訂

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
最新版の表紙をいただきました。

1 表紙の「ちょけねこ」のフォントを3種類作って、著者に選択してもらう。

2 「もくじ」を最初に持っていく

3 おとなの人へ の後ろに、HAZOPの魔法の言葉とプログラム言語の関係を示す表をつける( HAZOPの魔法の言葉は、プログラムで直接検出するのに役立つため、他の手法で分析しても、プログラムにする際には、HAZOPに対応づけすると容易にで、なおかつ、オーバフローを検査して、アンダーフローを検査忘れするなど、対になった検出を忘れないという利点があることを1枚の表で表す。)

4 著者から要請のあった、本文の文字の開始の高さを合わせるために、
 原稿段階ではグリッド線を表示して合わせる。

5 一覧の魔法の言葉のルビの色を黒から茶色に

6 本文の魔法の言葉の見出しの文字を本文の文字と同じ大きさ、同じフォントにして、色をスタンプと同じはずの色に変更

7 本文「遅」の絵を「さみぴい」と「ZZZ」を本文の意味に近いように、逆に配置

8 p20 文を追加

この絵本(えほん)()はスタンプからなる。表紙(ひょうし)絵本(えほん)オリジナル。

(もの)にも(こと)にも使(つか)える。 
   
9  p17 

「ぬりえもおくってね。」を追記。

10 訂正
 p14  ルビの色を茶から黒へ
 p18  年、月、日にルビがなかった。ルビをつける。
    「なにを()いつ()どこで()」を「なにを()だれに()いつ()」
 p19  「ほしいもの、もらったもの」を「ほしいもの ・もらったもの」
    「だれから」を「だれから・だれに」
    ページ番号が半分消えていたのを修復。
 p20   フォントを明長に
 p22  円、教材にルビがなかった。ルビをつける。
18:44 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/10/10

印刷して確認する事項、補助線等

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
ちょけねこ たんじょうびの おくりもの
全24ページのうち、
物語部分は14ページ。

MS Wordの印刷指定で、16ページを1枚に刷る方法で印刷する。

1 中央線を引いて、左右の均衡を確認する
 顔の鼻の位置が、中央から右か左か、真ん中かを確認する。
 すべて真ん中で揃えてしまうと、画一的な感じがする。
 適度に左右に揺れるとよい。
 
 確認作業でわかったことは、
 顔が前を向いているか、右を向いているかで、
 左を向いているものがほとんどない。

 二人の主人公がいるのであれば、それぞれ向き合う感じだが、
 主人公は一人だけ。
 すると、主人公の右側に読者がいるという想定だろう。

 絵の一貫性が確認できた。

2 主役の顔の大きさのばらつきの調子を調整する。

 言葉や、ふきだし、小道具類などで主人公の顔が相対的に小さい絵がある。

 配置上、やむをえず小さくしていた場合があった。

 全体的に、顔の大きさを一定以上にして、調子を取るようにした。

3 文字の配置

 顔の大きさを大きくするにあたって、文字とかぶらないようにするため
 全部中央揃えだった文字の一部を、左寄りにし、絵を大きくしてみた。

 文字がすべて中央揃えより、やや調子がよいかも。

4 アイコンの配置
 アイコンを左右に配置して、一貫性を持たせる。
 物語の流れの続きは、著者のアイコンだけにする。
 その後、企画担当のアイコンも配置する。

 Wordの位置の縦、横の位置指定、画像の大きさ指定など、細かい設定をしている。
 また、行間の設定は、固定値にしてポイント数を変えながら、配置を見る。

 Mac OS XのMS WORDを利用している。
 ただし、最新版と一つ前の版で、データの受け渡しの際に
 開業幅などが微妙にずれて、文字と絵が重なっていることあり。

 苦労は絶えない。。。

 配置は、全体の調子を見ながらやりなおす。

5 色
 4色の組み合わせの最終調整はこれから。

 条件は三つ。
 紙の色、印刷機の種類、PDF出力する際の色調整の設定。

 同じ色のはずであっても、アイコンに現れる場合と、
 表などで広範囲にベタ塗りする場合で、色の印象が変わる。
 また、印刷機、pdf出力調整で、暗い色になってしまうことがある。

 彩度、明度など、微調整を続ける。
21:35 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/10/10

うちあわせ後の改訂及びメール後の改訂

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
メールを送った後の改定

1 たんじょうびのおくりもの 中央揃え

2 まほうのことば 漢字とルビの間を開ける

3 いただきマースの絵を大きく(要相談)

4 小さすぎるとの後の絵を大きく
 「あのこに」で改行して空白を作成

5 るんるんを大きく

6 あざっすをおおきうく

7 表の青をやや明るく

8 ぬりえ の絵を大きく
 白黒クラッカーも透過に

9 検索の文字列の前後に空白を

10 まとめ のちょけねこのえを欄内に

11 まほうのことば のちょけねこの絵を位置合わせ

12 できなかったらの絵を大きく

13 目次のアイコンを左右に分ける

14 大人の方へ の下のアイコンを左右に分ける

15 検索の前後の空白を大きく

16 ほしいもの、もらったもの の左右にもアイコンを

17 まとめのアイコンは1つに
14:08 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
1234