カウンタ

COUNTER from 201810311988

日誌

12Next
2019/08/15

短歌会 歌誌 未来 2019年8月号

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen


月と鏡集 佐伯裕子 選 p.79 名古屋掖済会病院 小川清

気にならぬくらいの重さの小ささのホルター心電計を一日
経食道心エコーの管 胃カメラより太くて入らず入れ直しする
長時間補足曲がった血管ゆえ心カテーテルアブレーションで
心房と心室の間を焼く治療肺から電流流れぬように
昨年は妻の看護で来た病棟今年は自分が患者で泊まる
病院の食事は好きだ一日のリズムを刻むためによく噛む
退院後血液検査BNP二桁になり施術成功
施術数全件報告ネットには順位がついて公開される

twitter:@kaizen_nagoya
改善日誌(researcmap)
改善の本棚(読書メーター)
改善(booklog)
改善日誌(ameba)
改善の本棚(amazon.co.jp)

Researchmap
「researchmapサービスは、国立研究開発法人科学技術振興機構知識基盤情報部が提供しています。」
「researchmapシステムは、国立情報学研究所社会共有知研究センターにおいて研究開発・提供しています。」

著作権法
(昭和四十五年法律第四十八号)第三十二条  
「公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。 
 2  国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が一般に周知させることを目的として作成し、その著作の名義の下に公表する広報資料、調査統計資料、報告書その他これらに類する著作物は、説明の材料として新聞紙、雑誌その他の刊行物に転載することができる。ただし、これを禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない。」

https://researchmap.jp/kaizen/
小川清は、名古屋市工業研究所研究員で、著作権法第三十二条に基づいて、「研究」目的で、学術雑誌等で良俗となっている引用形式(書名、著者名、出版社名、ISBNまたはISSN、発行年、ページ等)をできるだけ踏襲するようにしています。
 ただし、kindleで購入した電子書籍には紙のページの記載がないものがあり、必ずしもページを特定できないことがあります。章節番号を記載するか、なるべく情報を補充するようにしています。紙でのページが確認できれば、紙のページを追記することがあります。
 引用の分量は、分野によって妥当な範囲が異なるかもしれません。それぞれの学術分野の引用における制約の範囲に止めるように努力しています。例えば、2割から3割り程度以内のように。引用で、逐条解説的な全部を引用した解説は、事前または事後において著者または著作権者の許諾を得るようにしています。
 研究範囲は、通信規約、言語(自然言語、人工言語)、自動制御(ソフトウェアの自動生成を含む)、工業標準(国際規格、JIS、業界団体規格等)。例えば、言語処理は、言語、自動制御、工業標準を含み、通信規約の一部でもあり、総合的に取り扱っています。文字フォントの今昔文字鏡、日本語語彙体系、多言語処理などの具体的なシステムやサービスを支える技術的な課題に取り組んでいます。短歌形式の言語解析、言語学習、自動生成などは、現在の研究対象の一つです。

なお、他の著作物からの引用は、それぞれの著作者の著作物で、引用に関する部分は、著作権法第三十二条2項の範囲外です。商用利用の場合には、それぞれの著作者にご確認ください。


21:58 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2019/05/16

子供の安全

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen

子供の安全

子供の安全を確保するためには、大人視点では不十分である。

子供に、危ないこと、怖いこと、嫌なことを無理やり教えようとしたり、考えさせようとしても失敗することがあると聞いている。

まず、楽しいこと、嬉しいこと、面白いことを考えられるようになり、いろいろ自信がついてきたら、ちょっと逆を考えてみるというのはいいかもしれない。

JIS Z 8050:2016(ISO/IEC Guide 50:2014) 安全側面-安全側面-規格及びその他の仕様書における子どもの安全の指針
https://kikakurui.com/z8/Z8050-2016-01.html

それまでながらくJISを発行してこなかった仕様書における子どもの安全の指針が2014年に

ISO/IEC GUIDE 50:1987
ISO/IEC GUIDE 50:2002
もJISにならなかった。三度目の正直である。

似た状況がIEC HAZOPでもある。

IEC 61882:2001
IEC 61882:2016

どちらもJISになっていない。


21:01 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2019/05/13

未来短歌会 歌誌 未来2019年5月号

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen


月と鏡集 佐伯裕子 選 p.77
安全色  春日井  小川清

りんごには部屋のすべての反射光写っているようプログラムする
「赤」禁止「黄色」注意で「青」誘導「緑」安全「紫」原子力
ウェブデザイン十六進数入力し画面で色を確かめられる
赤・緑二つの色の周波数すごく近くにあることを知る
ゲーム都市安全色を反映し時代と現実性が増してく
網膜の赤と緑の錐体の見える範囲は重なっている
錐体の遺伝子赤緑でよく似てる青とはすごくおおきく違う
見えかたの多様性にも配慮した配色工業規格で決める
Qiitaにて安全色の記事一位。千人以上がいいねを押した

p.85 選歌をおえて 佐伯裕子

りんごには部屋のすべての反射光写っているようプログラムする

プログラミングの難解な歌を作る小川さん、分からないながらこの一首は面白かった。分析された色彩が想像されるのである。

p.s. 
小学校4年の時に、油絵の先生がりんごを描く時、部屋にある色をりんごにのせて描くことを教えてもらった。

ぼくの先生 プログラマになるまで @ Qiita

僕の先生・ぼくの先生・ぼくのせんせい・僕のせんせい 四訂版 2018/02/28
僕の先生・ぼくの先生・ぼくのせんせい・僕のせんせい 三訂版 2016/05/08
ぼくの先生(改定版)2012/12/13
ぼくの先生 2011/12/31


未来短歌会 歌誌未来  月と鏡集(佐伯裕子 選) 小川清 一覧 2016年4月から

このエントリーをはてなブックマークに追加
<この稿は書きかけです。順次追記しています。>
twitter:@kaizen_nagoya
改善日誌(researcmap)
改善の本棚(読書メーター)
改善(booklog)
改善日誌(ameba)
改善の本棚(amazon.co.jp)

Researchmap
「researchmapサービスは、国立研究開発法人科学技術振興機構知識基盤情報部が提供しています。」
「researchmapシステムは、国立情報学研究所社会共有知研究センターにおいて研究開発・提供しています。」

著作権法 第三十二条  
「公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。 
 2  国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が一般に周知させることを目的として作成し、その著作の名義の下に公表する広報資料、調査統計資料、報告書その他これらに類する著作物は、説明の材料として新聞紙、雑誌その他の刊行物に転載することができる。ただし、これを禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない。」

https://researchmap.jp/kaizen/
小川清は、名古屋市工業研究所研究員で、著作権法第三十二条に基づいて、「研究」目的で、学術雑誌等で良俗となっている引用形式(書名、著者名、出版社名、ISBNまたはISSN、発行年、ページ等)をできるだけ踏襲するようにしています。
 ただし、kindleで購入した電子書籍には紙のページの記載がないものがあり、必ずしもページを特定できないことがあります。章節番号を記載するか、なるべく情報を補充するようにしています。紙でのページが確認できれば、紙のページを追記することがあります。
 引用の分量は、分野によって妥当な範囲が異なるかもしれません。それぞれの学術分野の引用における制約の範囲に止めるように努力しています。例えば、2割から3割り程度以内のように。引用で、逐条解説的な全部を引用した解説は、事前または事後において著者または著作権者の許諾を得るようにしています。
 研究範囲は、通信規約、言語(自然言語、人工言語)、自動制御(ソフトウェアの自動生成を含む)、工業標準(国際規格、JIS、業界団体規格等)。例えば、言語処理は、言語、自動制御、工業標準を含み、通信規約の一部でもあり、総合的に取り扱っています。文字フォントの今昔文字鏡、日本語語彙体系、多言語処理などの具体的なシステムやサービスを支える技術的な課題に取り組んでいます。短歌形式の言語解析、言語学習、自動生成などは、現在の研究対象の一つです。

なお、他の著作物からの引用は、それぞれの著作者の著作物で、引用に関する部分は、著作権法第三十二条2項の範囲外です。商用利用の場合には、それぞれの著作者にご確認ください。


21:54 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2019/04/21

流れる臓器 参考文献一覧

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen

参考文献

1. 臨床検査技術講座 第1輯, 金原出版, 1958 

amazon.co.jpで見当たらず。講座で登録があったのは、

臨床検査技術講座〈第7輯〉一般臨床検査 (1959年)
橋本 寛敏
金原出版(1959)


リンパ球 (1969年)
M.W.エルヴス
岩波書店(1969)
(愛知県図書館)


3. 
4. 
血液疾患の生化学 (1970年)
高久 史麿
南山堂(1970)
(名古屋市鶴舞中央図書館)

5. 血液細胞アトラス
三輪 史朗, 文光堂, 1971 はamazon.co.jpで見当たらず。
同書名、同著者、同出版社の近刊は、

血液細胞アトラス
三輪 史朗, 渡辺 陽之輔
文光堂(2004/04/01)

(愛知県図書館 1985, 1990)
6.
ハイルマイヤー臨床血液学図譜 (1976年)
高久 史麿
医学書院(1976)
値段:¥ 37,800


血液学の源流〈1〉―発見と研究の物語 (1981年)
マックスウェル・M.ウイントローブ
西村書店(1981/10)
(豊橋市図書館)


血液学の源流〈2〉血液型・白血病・輸血の物語 (1982年)
マックスウェル・M.ウイントローブ
西村書店(1982/06)
値段:¥ 4,860


新しい血液病の検査と診断法 (1982年)
W.マスロー
ソフトサイエンス社(1982/12)
値段:¥ 7,560




血液病学 (New integrated medical lectures)
高久 史麿
医学書院(1990/01)

(愛知県図書館 1990)

血液疾患―症例・解説・検査 (1)
新谷 和夫, 藤巻道男
医学書院(1985/01)


血液疾患―症例・解説・検査 (2)
藤巻 道男, 新谷 和夫
医学書院(1984/01)


血液細胞へのダイナミックアプローチ (1985年)
Marcel Bessis
文光堂(1985/10)
値段:¥ 12,960


貧血―血液を科学する (講談社学術文庫)
三輪 史朗
講談社(1987/05)
(愛知県、豊橋市、津島市)





血液の話―その病気と治療 (中公新書)
三輪 史朗
中央公論社(1988/07)
(15館:愛知県、名古屋市鶴舞中央、蟹江町、対馬市、常滑市、清須市、碧南市、西尾市、豊明市、稲沢市、豊田市、岡崎市、春日井市、豊橋市、一宮市








細胞の世界を旅する〈上〉 (SAライブラリー)
クリスチャン ド・デューブ
東京化学同人(1990/09)


細胞の世界を旅する〈下〉 (SAライブラリー)
クリスチャン ド・デューブ
東京化学同人(1990/09)




ローン生化学
J.David Rawn
医学書院(1991/04)






骨髄像の解析と表現法 第1巻, 中竹俊彦, 近代出版, 1993




医学のあゆみ 170巻5号 血管内皮細胞研究における最近の動向 医歯薬出版 1994

ハリソン内科学ハンドブック
Jean D. Wilson, Kurt J. Isselbacher, Joseph B. Martin, Richard K. Root, Eugene Braunwald, Robert G. Petersdorf, Anthony S. Fauci
総合医学社(1996/02)

医学ウイルス学
David O. White, Frank J. Fenner
近代出版(1996/05)

鉄欠乏性貧血―鉄の基礎と臨床
内田 立身
新興医学出版社(1996/06)


血液腫瘍科 33巻第1号 トロンボポエチン 科学評論社 1996

血液病学 (New integrated medical lectures)
溝口 秀昭, 斎藤 英彦
医学書院(1996/01)

血管生物学
児玉 龍彦, 渋谷 正史, 高橋 潔
講談社(1997/05)

からだの構造と機能
A. シェフラー, S. シュミット
西村書店(1998/01/01)


図説細胞生物学
遠山 益
丸善(1998/09/01)

好中球―機能低下と機能亢進
医薬ジャーナル社(1998/10)

赤血球
藤井寿一, 三輪史朗
医学書院(1998/11/01)

血液学用語辞典
平井 久丸
フジメディカル出版(1999/05)

月刊Medical Technology別冊 新染色法のすべて
医歯薬出版株式会社
医歯薬出版株式会社(1999)

ステロイド―効果的な選び方・使い方
橋本 博史, 西崎 統
総合医学社(1999/07)

血管生物学用語ハンドブック
メディカルレビュー社(1999/08)


血液病の告知とインフォームドコンセント
正岡 徹, 吉岡 章
医薬ジャーナル社(1999/11)


血液学用語事典
斎藤 英彦, 溝口 秀昭, 吉田 弥太郎
医薬ジャーナル社(2000/02)


血栓の話―出血から心筋梗塞まで (中公新書)
青木 延雄
中央公論新社(2000/03)

新版 病気の地図帳
講談社(2000/11/20)

Annual Review血液〈2006〉
中外医学社(2006/01)


Annual Review血液〈2004〉中外医学社

Annual Review血液〈2000〉中外医学社


血管新生研究の新しい展開, 佐藤靖史, 医歯薬出版, 2002

医学の歴史 (講談社学術文庫)
梶田 昭
講談社(2003/09/11)

メルクマニュアル 医学百科最新家庭版
マーク・H. ビアーズ
日経BP社(2004/06/12)

ビジュアル臨床血液形態学
平野 正美, 勝田 逸郎
南江堂(2004/04)

血液細胞アトラス
三輪 史朗, 渡辺 陽之輔
文光堂(2004/04/01)

血小板生物学
メディカルレビュー社(2004/06)

やさしい血液疾患
押味 和夫
日本医事新報社(2005/03)

サイトカイン・増殖因子用語ライブラリー
菅村 和夫, 宮園 浩平, 宮沢 恵二, 田中 伸幸
羊土社(2005/02/01)

三輪 血液病学
浅野 茂隆, 池田 康夫
文光堂(2006/01)


骨髄像の解析と表現法 第2巻 リンパ球を追う, 中竹俊彦, 近代出版, 1993

今日の治療薬 2008年版―解説と便覧
浦部 晶夫
南江堂(2008/01/01)


図解 白血球・悪性リンパ腫がわかる本, 永井正, 法研, 2008

医者からもらった薬がわかる本〈2009年版〉
木村 繁, 医薬制度研究会
法研(2008/06)





15:36 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2019/02/26

網膜の赤、緑、青錐体の分布はでたらめ

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
脳の世界 三上章允
http://web2.chubu-gu.ac.jp/web_labo/mikami/brain/index.html

網膜の赤、緑、青錐体の分布はでたらめ
http://web2.chubu-gu.ac.jp/web_labo/mikami/brain/25-8/index-25-8.html



図4 ヒトの網膜の長波長(赤)、中波長(緑)、短波長(青)錐体の分布、Austin Roorda & David R Willams, Nature, 397, 520-522, 1999


図5 サルの網膜における3種類の錐体の分布。(Roorda、Metha、 Lennie & Williams, Vision Res. 41, 129-1306, 2001
22:29 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2019/02/05

未来短歌会 歌誌 未来2019年2月号

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen


月と鏡集 佐伯裕子 選 p.75
iPS細胞応用  春日井  小川清

RNA長鎖非コード阻害性核酸使用ポリコーム2(ツー)
立体的細胞製造高分子電解質と混合培養
幹細胞未分化細胞除去方法ウイルスベクター発現ベクター
細胞を分化誘導癌遺伝子細胞老化ポリコーム遺伝子
可視光下顕微観察マーカーの陽性識別存在確認
立体的カチオン物質細胞外マトリックス成分細胞組織
RNA無菌組成物製剤化結合相補RPC2(ツー)

<この稿は書きかけです。順次追記しています。>
twitter:@kaizen_nagoya
改善日誌(researcmap)
改善の本棚(読書メーター)
改善(booklog)
改善日誌(ameba)
改善の本棚(amazon.co.jp)

Researchmap
「researchmapサービスは、国立研究開発法人科学技術振興機構知識基盤情報部が提供しています。」
「researchmapシステムは、国立情報学研究所社会共有知研究センターにおいて研究開発・提供しています。」

著作権法 第三十二条  
「公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。 
 2  国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が一般に周知させることを目的として作成し、その著作の名義の下に公表する広報資料、調査統計資料、報告書その他これらに類する著作物は、説明の材料として新聞紙、雑誌その他の刊行物に転載することができる。ただし、これを禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない。」

https://researchmap.jp/kaizen/
小川清は、名古屋市工業研究所研究員で、著作権法第三十二条に基づいて、「研究」目的で、学術雑誌等で良俗となっている引用形式(書名、著者名、出版社名、ISBNまたはISSN、発行年、ページ等)をできるだけ踏襲するようにしています。
 ただし、kindleで購入した電子書籍には紙のページの記載がないものがあり、必ずしもページを特定できないことがあります。章節番号を記載するか、なるべく情報を補充するようにしています。紙でのページが確認できれば、紙のページを追記することがあります。
 引用の分量は、分野によって妥当な範囲が異なるかもしれません。それぞれの学術分野の引用における制約の範囲に止めるように努力しています。例えば、2割から3割り程度以内のように。引用で、逐条解説的な全部を引用した解説は、事前または事後において著者または著作権者の許諾を得るようにしています。
 研究範囲は、通信規約、言語(自然言語、人工言語)、自動制御(ソフトウェアの自動生成を含む)、工業標準(国際規格、JIS、業界団体規格等)。例えば、言語処理は、言語、自動制御、工業標準を含み、通信規約の一部でもあり、総合的に取り扱っています。文字フォントの今昔文字鏡、日本語語彙体系、多言語処理などの具体的なシステムやサービスを支える技術的な課題に取り組んでいます。短歌形式の言語解析、言語学習、自動生成などは、現在の研究対象の一つです。

なお、他の著作物からの引用は、それぞれの著作者の著作物で、引用に関する部分は、著作権法第三十二条2項の範囲外です。商用利用の場合には、それぞれの著作者にご確認ください。


14:53 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2019/01/06

光と色彩の科学

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen

1. 勉強になったこと

第2章 色彩の生理学
2-2 視細胞
p.51 

「桿状細胞」桿体細胞(wiki)
 ディスク
 ロドプシン
  オプシン
  レチナール
    オールトランス型
    11-シス型
   カロテン
    ビタミンA
     CH2OH
      OH原子団(ヒドロキシ基)
       アルコール
        エタノール
         ホルムアルデヒド
          酢酸
           二酸化炭素+水
        メタノール
         ホルムアルデヒド
          ギ酸
          ホルマリン
       アルデヒド=レチナール
 核
 シナプス
 樹状突起
 神経伝達物質 L-グルタミン酸

「錘状細胞」錐体細胞(wiki)
 フォトプシン

 神経伝達細胞 
 双極細胞
 網膜細胞
 視神経細胞
 脳細胞(下垂体:視交叉)

緑と赤は波長が近い。
 青:420、ロドプシン:498、緑:534、赤:564

2. 参考文献

色彩論 改訂版 (1955年) (岩波新書)
稲村 耕雄
岩波書店(1955/03/20)

色彩の科学 (岩波新書)
金子 隆芳
岩波書店(1988/10/20)

生物発光と化学発光―基礎と実験
今井 一洋
広川書店(2000/01)

色彩の心理学 (岩波新書)
金子 隆芳
岩波書店(1990/08/20)


機能性色素 (KS化学専門書)
大河原 信, 松岡 賢, 平嶋 恒亮, 北尾 悌次郎
講談社(1992/02/21)



生命の科学―細胞の分子的理解
中束 美明
培風館(1998/04)


アトキンス物理化学〈上〉
Peter Atkins, Julio de Paula
東京化学同人(2017/03/01)


アトキンス物理化学〈下〉
Peter Atkins, Julio de Paula
東京化学同人(2017/09/01)
値段:¥ 6,264


超分子化学の基礎
斎藤 勝裕
化学同人(2001/04/01)





p.s. ここからは参考文献ではありません。
researchmap.jpでのamazon.co.jpの検索
のための資料は下記。

1 「生物発光と化学発光」検索 

発光生物のふしぎ (サイエンス・アイ新書)
近江谷 克裕
SBクリエイティブ(2009/02/17)

発光生物―Luminous organisms
羽根田 弥太
恒星社厚生閣(1985/04)

生物フォトンによる生体情報の探求
稲場 文男, 清水 慶昭
東北大学出版会(2011/10)

バイオ・ケミルミネセンスハンドブック
今井 一洋, 近江谷 克裕
丸善(2006/03/29)

光る分子の底力―発光体デザインの魅力
長谷川 靖哉, 柳田 祥三
ケイディーネオブック(2006/05/01)


2  「生物発光と化学発光 今井」検索 
バイオ・ケミルミネセンスハンドブック
今井 一洋, 近江谷 克裕
丸善(2006/03/29)

生物発光と化学発光―基礎と実験
今井 一洋
広川書店(2000/01)



10:34 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2018/11/03

胚性幹細胞

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen

(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】特開2018-161133(P2018-161133A)
(43)【公開日】平成30年10月18日(2018.10.18)
(54)【発明の名称】胎盤幹細胞を用いる血管形成
(51)【国際特許分類】
   C12N   5/074    (2010.01)
   C12N   5/0781   (2010.01)
   C12N   5/10     (2006.01)
   C12N   5/0735   (2010.01)
   C12N   5/077    (2010.01)
   A61K  35/50     (2015.01)
   A61P   9/00     (2006.01)
【FI】
   C12N   5/074   
   C12N   5/0781  
   C12N   5/10    
   C12N   5/0735  
   C12N   5/077   
   A61K  35/50    
   A61P   9/00    
【審査請求】有
【請求項の数】19
【出願形態】OL
【外国語出願】
【全頁数】81
(21)【出願番号】特願2018-107325(P2018-107325)
(22)【出願日】平成30年6月5日(2018.6.5)
(62)【分割の表示】特願2016-108620(P2016-108620)の分割
【原出願日】平成23年4月6日(2011.4.6)
(31)【優先権主張番号】61/321,822
(32)【優先日】平成22年4月7日(2010.4.7)
(33)【優先権主張国】米国(US)
【特記事項】
(特許庁注:以下のものは登録商標)
1.ジップロック
2.MATLAB
(71)【出願人】
【識別番号】517009051
【氏名又は名称】アントフロゲネシス  コーポレーション
(74)【代理人】
【識別番号】100097456
【弁理士】
【氏名又は名称】石川  徹
(72)【発明者】
【氏名】ステワルト  アブボト
(72)【発明者】
【氏名】ジャメス  エドインゲル
(72)【発明者】
【氏名】アレクサンデル  フランクキ
(72)【発明者】
【氏名】ロベルト  ジェイ.ハリリ
(72)【発明者】
【氏名】ブラドイミル  ジャンコビク
(72)【発明者】
【氏名】アレクサンドル  カプルノブスキ
(72)【発明者】
【氏名】クリステン  ラバズゾ
(72)【発明者】
【氏名】エリク  ラウ
(72)【発明者】
【氏名】ネエラブ  パドリヤ
(72)【発明者】
【氏名】ジェンニフエル  パレデス
(72)【発明者】
【氏名】ジア‐ルン  ワング

09:05 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2018/11/03

はたらく 細胞 関連用語

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
細胞集団
組織
臓器
体液
個体

血液細胞
胎盤血
臍帯血

脱細胞化

哺乳動物体細胞
上皮系前駆細胞 1
歯肉粘膜上皮細胞 1
幹細胞
角膜上皮細胞
上皮系疾患治療用細胞製剤 1
細胞シート
ケラチン14陽性
ケラチン12陽性
p63陽性
樹立効率改善物質 1
ヒストンデアセチラーゼ(HDAC)阻害剤
ヒストンメチルトランスフェラーゼ(G9a)阻害剤
DNAメチル化酵素(Dnmt)阻害剤
サブクローニング

哺乳動物
霊長類、
ヒト、
げっ歯類、
マウス
ラット
ペット動物 有蹄類
コレラ毒素
血清
表皮細胞用培地
上皮誘導培地
歯肉粘膜上皮細胞
フィーダー細胞
コラーゲン、
基底膜マトリックス、
羊膜、
フィブロネクチン、
ラミニン

embryoid body
ニューロスフェア

ERasタンパク質
ERAS /www.phosphosite.org/

RAS(Rat(ねずみ) sarcoma(肉腫)) wiki
ERAS(embryonic stem cell-specific Ras)
DNA

腫瘍形成率
未分化細胞
テラトーマ
プロモーター活性
未分化細胞特異的遺伝子
一次ニューロスフェア
腫瘍
in vivo
組換えベクター
対照細胞
液体培養 培養液 培養キット 培地 ハイドロコルチゾン、 インスリン、 トランスフェリン、 セレニウム
調製
分化細胞 初期化 多能性 増殖能
分化細胞由来多能性幹細胞
ES(embryonic stem)細胞(胚性幹)
ECAT(ES cell associated transcript)
神経損傷治療剤

ネット様構造物
iPS 人工万能幹細胞(iPS細胞)の樹立と課題 山中伸弥,高橋和利 京都大学 iPS 細胞研究所 誘導多能性幹細胞
分化誘導
分化誘導処理 ES細胞検出用マーカー プローブ プライマー ES細胞選択用プローブ ES細胞特異的発現遺伝子(ECAT遺伝子) マウスES細胞 ECAT4
ECAT4エンハンサー
ECAT4プロモーター領域

ECAT1遺伝子、
ECAT2遺伝子、
ECAT3遺伝子、
ECAT4遺伝子、
ECAT5遺伝子、
ECAT6遺伝子、
ECAT7遺伝子、
ECAT8遺伝子、
ECAT9遺伝子
Oct3/4遺伝子

ECAT15-1遺伝子、
ECAT15-2遺伝子、
ECAT16遺伝子、
Rnf17遺伝子
LOC380905(TDRD4)遺伝子

Octファミリー遺伝子
Klfファミリー遺伝子
Mycファミリー遺伝子
IRXファミリー
核初期化因子 SOX SOX2
SV40  Large  T  antigen、
HPV16  E6、
HPV16  E7、
Bmi1
Fbx15、
Nanog、
ERas、
ECAT15-2、
Tcl1、
β-catenin
ECAT1、
Esg1、
Dnmt3L、
ECAT8、
Gdf3、
Sox15、
ECAT15-1、
Fthl17、
Sall4、
Rex1、
UTF1、
Stella、
Stat3、
Grb2

L-Myc、
Sall1、
Lin28

Tcl1、
Klf4、
β-catenin、
c-Myc、

DNA脱メチル化
メチル化
miRNA miRBaseデータベース hsa-miR-372、 hsa-miR-373、 hsa-miR-302b、 hsa-miR-302c、 hsa-miR-302a、 hsa-miR-302d、 hsa-miR-367、 hsa-miR-520c、 mmu-miR-291a、 mmu-miR-294、 mmu-miR-295 hsa-miR-373/373* hsa-miR-371-373クラスター hsa-miR-302b/302b* hsa-miR-302-367クラスター hsa-miR-520c hsa-miR-520c-5p/520c-3p、 mmu-miR-291a-5p/291a-3p mmu-miR-294/294* mmu-miR-295/295*
サイトカイン bFGF SCF
ノックイン
ノックインマウス

ホモ
LIF
コンセンサス配列

融合タンパク質
HIV  
TAT、
アンテナペデイア・ホメオドメイン(Antonnapedia  homeodomain)、
HSV  
VP22

HIV  Rev、
FHV  Coat
BMV  Gag
HTLV-II  Rex
オリゴアルギニン
線維芽細胞増殖因子(FGF)、
肝細胞増殖因子(HGF)

ビスフォスフォネート化合物、
グルコース-6-リン酸、
P糖タンパク質
分岐型ペプチド
細胞増殖促進剤
自己複製促進転写因子 胚性幹(ES)細胞 ES細胞選択用プローブ ES細胞特異的発現遺伝子(ECAT)遺伝子 NAT1遺伝子破壊ES細胞 ストリンジェントな条件 ハイブリダイズ
cDNAライブラリー
タンパク質ライブラリー
細胞抽出物
ノックアウト非ヒト動物
野生型非ヒト動物
哺乳動物幹細胞
細胞分化促進剤
マーカー遺伝子発現細胞
発現調節
発現調節領域
スクリーニング
核初期化物質
核初期化候補物質
分子量
二倍体
アリル(対立遺伝子) wiki:アレル

選択マーカー遺伝子
遺伝子カセット

マーカー遺伝子
マーカー遺伝子発現細胞
選択マーカー遺伝子プロモーターレス組換えベクター
発現ベクター

SA(splicing accepter)、
 encephalomyocarditis Virus由来の
IRES(internal ribosome entry site)、
β-galactocidase及びneomycin耐性遺伝子
βgeo
SV40
pA(polyadenylation signal)
糖脂質代謝制御物質
糖脂質代謝制御能力
コレステロール産生制御能力 脂肪酸合成 脂肪酸代謝制御能力
糖代謝制御能力
糖脂質代謝関連因子発現制御能力
PEPCK、
G6P、
UCP1、
FAS
ACO
血中コレステロール量
通常飼育
高カロリー食餌
耐糖能低下、 糖尿病、 高脂血症、 高血圧、 動脈硬化、 冠動脈疾患、 狭心症、 心筋梗塞 心血管障害

合成マトリックス
スキャフォールド
羊膜
脱水細胞外マトリックス
胎盤コラーゲン
胎盤細胞外膜

拍出量(CO)、
心係数(CI)、
肺動脈楔入圧(PAWP)、
心係数(CI)、
%短
縮率(%FS)、
駆出率(EF)、
左室駆出率(LVEF);
左室拡張末期径(LVEDD)、
左室収
縮末期径(LVESD)、
収縮力(dP/dt)、
心房機能もしくは
心室機能の低下、
ポンプ効率
の増大、
ポンプ効率の損失率の低下、
血行動態機能の損失の減少、
心筋症と関連する
合併症



フローサイトメトリー


管状構造

抗体結合

08:54 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2018/11/03

山中 伸弥

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
山中  伸弥 61
1
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】特開2003-265166(P2003-265166A)
(43)【公開日】平成15年9月24日(2003.9.24)
(54)【発明の名称】ECAT5ノックアウト細胞
(51)【国際特許分類第7版】
   C12N  5/10    ZNA          
// C12N 15/09                   
【審査請求】未請求
【請求項の数】5 
【出願形態】OL
【全頁数】21
(21)【出願番号】特願2002-73138(P2002-73138)
(22)【出願日】平成14年3月15日(2002.3.15)
(71)【出願人】
【識別番号】501219312
【氏名又は名称】山中伸弥
(71)【出願人】
【識別番号】000183370
【氏名又は名称】住友製薬株式会社
(72)【発明者】
【氏名】山中伸弥
(72)【発明者】
【氏名】高橋  和利

2
【公報種別】再公表特許(A1)
(11)【国際公開番号】WO2002/097090
(43)【国際公開日】平成14年12月5日(2002.12.5)
【発行日】平成16年9月9日(2004.9.9)
(54)【発明の名称】ES細胞特異的発現遺伝子
(51)【国際特許分類第7版】
   C12N  15/09   
   C07K  14/47   
   C12Q   1/06   
   C12Q   1/68   
【審査請求】未請求
【予備審査請求】有
【全頁数】108
【出願番号】特願2003-500255(P2003-500255)
(21)【国際出願番号】PCT/JP2002/005350
(22)【国際出願日】平成14年5月31日(2002.5.31)
(31)【優先権主張番号】特願2001-165927(P2001-165927)
(32)【優先日】平成13年5月31日(2001.5.31)
(33)【優先権主張国】日本国(JP)
(71)【出願人】
【識別番号】501219312
【氏名又は名称】山中  伸弥
(71)【出願人】
【識別番号】000183370
【氏名又は名称】住友製薬株式会社
(72)【発明者】
【氏名】山中  伸弥
(72)【発明者】
【氏名】海保  英子

3
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】特開2004-154135(P2004-154135A)
(43)【公開日】平成16年6月3日(2004.6.3)
(54)【発明の名称】ノックアウト非ヒト動物
(51)【国際特許分類第7版】
   C12N  15/09   
   A01K  67/027  
   A61K  45/00   
   A61P   3/06   
   A61P   3/10   
   A61P   9/00   
   A61P   9/10   
   A61P   9/12   
   C12N   5/10   
   C12Q   1/68   
   G01N  33/15   
   G01N  33/50   
   G01N  33/53   
   G01N  33/566  
【審査請求】未請求
【請求項の数】36
【出願形態】OL
【全頁数】38
(21)【出願番号】特願2003-357443(P2003-357443)
(22)【出願日】平成15年10月17日(2003.10.17)
(31)【優先権主張番号】特願2002-304112(P2002-304112)
(32)【優先日】平成14年10月18日(2002.10.18)
(33)【優先権主張国】日本国(JP)
(71)【出願人】
【識別番号】000002093
【氏名又は名称】住友化学工業株式会社
(71)【出願人】
【識別番号】501219312
【氏名又は名称】山中  伸弥
(72)【発明者】
【氏名】山中  伸弥
(72)【発明者】
【氏名】平峯  加恵
(72)【発明者】
【氏名】西澤  雅子

「【解決手段】ノックアウト非ヒト動物の個体又はその子孫動物或いはそれらの一部であって、分子量約6千以上である脂肪蓄積促進蛋白質のゲノム遺伝子の二倍体における全部又は一方のアリルがその機能欠失型変異遺伝子に置換されるか又は前記ゲノム遺伝子の二倍体における全部又は一方のアリルがその機能を欠失するように破壊されてなることを特徴とする非ヒト動物又はその一部、及び当該非ヒト動物又はその一部を用いる糖脂質代謝制御能力の評価方法等が提供可能になった。」

【公報種別】再公表特許(A1)
(11)【国際公開番号】WO2004/067744
(43)【国際公開日】平成16年8月12日(2004.8.12)
【発行日】平成18年5月18日(2006.5.18)
(54)【発明の名称】胚性幹細胞の自己複製決定因子
(51)【国際特許分類】
   C12N  15/09     (2006.01)
   C12N   1/15     (2006.01)
   C12N   1/19     (2006.01)
   C12N   1/21     (2006.01)
   C12Q   1/68     (2006.01)
   C12N   5/10     (2006.01)
【審査請求】未請求
【予備審査請求】未請求
【全頁数】56
【出願番号】特願2005-504735(P2005-504735)
(21)【国際出願番号】PCT/JP2004/000790
(22)【国際出願日】平成16年1月28日(2004.1.28)
(31)【優先権主張番号】特願2003-23117(P2003-23117)
(32)【優先日】平成15年1月31日(2003.1.31)
(33)【優先権主張国】日本国(JP)
(71)【出願人】
【識別番号】501219312
【氏名又は名称】山中  伸弥
(71)【出願人】
【識別番号】000002912
【氏名又は名称】大日本住友製薬株式会社
(72)【発明者】
【氏名】山中  伸弥

5
【公報種別】再公表特許(A1)
(11)【国際公開番号】WO2005/035562
(43)【国際公開日】平成17年4月21日(2005.4.21)
【発行日】平成19年11月22日(2007.11.22)
(54)【発明の名称】新規な細胞増殖促進剤
(51)【国際特許分類】
   C12N  15/09     (2006.01)
   C07K  14/47     (2006.01)
   C07K  19/00     (2006.01)
   C12N   1/15     (2006.01)
   C12N   1/19     (2006.01)
   C12N   1/21     (2006.01)
   C12N   5/10     (2006.01)
   C12N   5/06     (2006.01)
   C12P  21/02     (2006.01)
【審査請求】未請求
【予備審査請求】未請求
【全頁数】20
【出願番号】特願2005-514627(P2005-514627)
(21)【国際出願番号】PCT/JP2004/015009
(22)【国際出願日】平成16年10月5日(2004.10.5)
(31)【優先権主張番号】特願2003-347838(P2003-347838)
(32)【優先日】平成15年10月7日(2003.10.7)
(33)【優先権主張国】日本国(JP)
(71)【出願人】
【識別番号】501219312
【氏名又は名称】山中  伸弥
(71)【出願人】
【識別番号】000002912
【氏名又は名称】大日本住友製薬株式会社
(72)【発明者】
【氏名】山中  伸弥

6
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】特開2005-110565(P2005-110565A)
(43)【公開日】平成17年4月28日(2005.4.28)
(54)【発明の名称】分化多能性維持剤
(51)【国際特許分類第7版】
   C12N  15/09   
   A61L  27/00   
   C07K  14/47   
   C07K  19/00   
   C12N   1/15   
   C12N   1/19   
   C12N   1/21   
   C12N   5/10   
   C12P  21/02   
【審査請求】未請求
【請求項の数】14
【出願形態】OL
【全頁数】14
(21)【出願番号】特願2003-348460(P2003-348460)
(22)【出願日】平成15年10月7日(2003.10.7)
(71)【出願人】
【識別番号】501219312
【氏名又は名称】山中  伸弥
(71)【出願人】
【識別番号】000183370
【氏名又は名称】住友製薬株式会社
(72)【発明者】
【氏名】山中  伸弥

7
【公報種別】再公表特許(A1)
(11)【国際公開番号】WO2005/080598
(43)【国際公開日】平成17年9月1日(2005.9.1)
【発行日】平成19年8月30日(2007.8.30)
(54)【発明の名称】体細胞核初期化物質のスクリーニング方法
(51)【国際特許分類】
   C12Q   1/68     (2006.01)
   C12N  15/09     (2006.01)
   C40B  40/10     (2006.01)
   C40B  40/08     (2006.01)
   C12N   5/10     (2006.01)
   C12N   5/00     (2006.01)
   A01K  67/027    (2006.01)
   C12Q   1/02     (2006.01)
   C07K  14/47     (2006.01)
   A61K  45/00     (2006.01)
   A61P  43/00     (2006.01)
   A61K  38/00     (2006.01)
   A61K  48/00     (2006.01)
   G01N  33/50     (2006.01)
   G01N  33/15     (2006.01)
【審査請求】未請求
【予備審査請求】未請求
【全頁数】55
【出願番号】特願2006-510284(P2006-510284)
(21)【国際出願番号】PCT/JP2005/002842
(22)【国際出願日】平成17年2月16日(2005.2.16)
(31)【優先権主張番号】特願2004-42337(P2004-42337)
(32)【優先日】平成16年2月19日(2004.2.19)
(33)【優先権主張国】日本国(JP)
(31)【優先権主張番号】特願2004-232961(P2004-232961)
(32)【優先日】平成16年8月10日(2004.8.10)
(33)【優先権主張国】日本国(JP)
(31)【優先権主張番号】特願2004-276572(P2004-276572)
(32)【優先日】平成16年9月24日(2004.9.24)
(33)【優先権主張国】日本国(JP)
(71)【出願人】
【識別番号】501219312
【氏名又は名称】山中  伸弥
(71)【出願人】
【識別番号】000002912
【氏名又は名称】大日本住友製薬株式会社
(72)【発明者】
【氏名】山中  伸弥

【公報種別】再公表特許(A1)
(11)【国際公開番号】WO2006/035741
(43)【国際公開日】平成18年4月6日(2006.4.6)
【発行日】平成20年5月15日(2008.5.15)
(54)【発明の名称】ES細胞特異的発現遺伝子及びその利用
(51)【国際特許分類】
   C12N  15/09     (2006.01)
   A01K  67/027    (2006.01)
   C12Q   1/02     (2006.01)
   C12Q   1/68     (2006.01)
   C12N   5/10     (2006.01)
   C07K  14/47     (2006.01)
   C07K  16/18     (2006.01)
   C07K  19/00     (2006.01)
   G01N  21/76     (2006.01)
   G01N  21/78     (2006.01)
【審査請求】未請求
【予備審査請求】未請求
【全頁数】61
【出願番号】特願2006-537735(P2006-537735)
(21)【国際出願番号】PCT/JP2005/017689
(22)【国際出願日】平成17年9月27日(2005.9.27)
(31)【優先権主張番号】特願2004-282864(P2004-282864)
(32)【優先日】平成16年9月29日(2004.9.29)
(33)【優先権主張国】日本国(JP)
(71)【出願人】
【識別番号】501219312
【氏名又は名称】山中  伸弥
(71)【出願人】
【識別番号】000002912
【氏名又は名称】大日本住友製薬株式会社
(72)【発明者】
【氏名】山中  伸弥

9
【公報種別】再公表特許(A1)
(11)【国際公開番号】WO2007/069666
(43)【国際公開日】平成19年6月21日(2007.6.21)
【発行日】平成21年5月21日(2009.5.21)
(54)【発明の名称】核初期化因子
(51)【国際特許分類】
   C12N  15/09     (2006.01)
   C07K  14/47     (2006.01)
   C12N   5/06     (2006.01)
【審査請求】未請求
【予備審査請求】未請求
【全頁数】57
【出願番号】特願2007-550210(P2007-550210)
(21)【国際出願番号】PCT/JP2006/324881
(22)【国際出願日】平成18年12月6日(2006.12.6)
(31)【優先権主張番号】特願2005-359537(P2005-359537)
(32)【優先日】平成17年12月13日(2005.12.13)
(33)【優先権主張国】日本国(JP)
(71)【出願人】
【識別番号】504132272
【氏名又は名称】国立大学法人京都大学
(72)【発明者】
【氏名】山中  伸弥

10
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】特開2008-193897(P2008-193897A)
(43)【公開日】平成20年8月28日(2008.8.28)
(54)【発明の名称】多能性幹細胞増殖促進剤
(51)【国際特許分類】
   C12N   5/06     (2006.01)
   C12N  15/09     (2006.01)
【審査請求】未請求
【請求項の数】5
【出願形態】OL
【全頁数】17
(21)【出願番号】特願2005-120842(P2005-120842)
(22)【出願日】平成17年4月19日(2005.4.19)
(71)【出願人】
【識別番号】504143441
【氏名又は名称】国立大学法人  奈良先端科学技術大学院大学
(71)【出願人】
【識別番号】000002912
【氏名又は名称】大日本住友製薬株式会社
(71)【出願人】
【識別番号】000002093
【氏名又は名称】住友化学株式会社
(72)【発明者】
【氏名】山中  伸弥
(72)【発明者】
【氏名】村上  未玲
(72)【発明者】
【氏名】西澤  雅子

11
(12)【公報種別】特許公報(B1)
(11)【特許番号】特許第4183742号(P4183742)
(24)【登録日】平成20年9月12日(2008.9.12)
(45)【発行日】平成20年11月19日(2008.11.19)
(54)【発明の名称】誘導多能性幹細胞の製造方法
(51)【国際特許分類】
   C12N   5/10     (2006.01)
   C12N  15/09     (2006.01)
【請求項の数】1
【全頁数】43
(21)【出願番号】特願2008-131577(P2008-131577)
(22)【出願日】平成20年5月20日(2008.5.20)
(62)【分割の表示】 特願2007-550210(P2007-550210)の分割
【原出願日】平成18年12月6日(2006.12.6)
【審査請求日】平成20年5月20日(2008.5.20)
(31)【優先権主張番号】特願2005-359537(P2005-359537)
(32)【優先日】平成17年12月13日(2005.12.13)
(33)【優先権主張国】日本国(JP)
【早期審査対象出願】
(73)【特許権者】
【識別番号】504132272
【氏名又は名称】国立大学法人京都大学
(72)【発明者】
【氏名】山中  伸弥
【審査官】左海  匡子
(56)【参考文献】
【文献】国際公開第2005/080598(WO,A1)    
【文献】国際公開第02/097090(WO,A1)    
【文献】特開2004-161682(JP,A)      
【文献】TOKUZAWA,Y. et al,Fbx15 is a novel target of Oct3/4 but is dispensable for embryonic stem cell self-renewal and mouse development,Mol Cell Biol,2003年,Vol.23, No.8,p.2699-708

12
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】特開2009-108(P2009-108A)
(43)【公開日】平成21年1月8日(2009.1.8)
(54)【発明の名称】ES細胞特異的発現遺伝子
(51)【国際特許分類】
   C12N  15/09     (2006.01)
   C12Q   1/68     (2006.01)
   C07K  14/47     (2006.01)
   C12Q   1/02     (2006.01)
   C12N   5/06     (2006.01)
   C07K  16/18     (2006.01)
   C12N   5/10     (2006.01)
   C12P  21/02     (2006.01)
   G01N  33/48     (2006.01)
   G01N  33/53     (2006.01)
   C12P  21/08     (2006.01)  
【審査請求】有
【請求項の数】38
【出願形態】OL
【全頁数】20
(21)【出願番号】特願2008-149839(P2008-149839)
(22)【出願日】平成20年6月6日(2008.6.6)
(62)【分割の表示】特願2003-500255(P2003-500255)の分割
【原出願日】平成14年5月31日(2002.5.31)
(31)【優先権主張番号】特願2001-165927(P2001-165927)
(32)【優先日】平成13年5月31日(2001.5.31)
(33)【優先権主張国】日本国(JP)
(71)【出願人】
【識別番号】501219312
【氏名又は名称】山中  伸弥
(71)【出願人】
【識別番号】000002912
【氏名又は名称】大日本住友製薬株式会社
(72)【発明者】
【氏名】山中  伸弥
(72)【発明者】
【氏名】海保  英子

13
【公報種別】再公表特許(A1)
(11)【国際公開番号】WO2009/057831
(43)【国際公開日】平成21年5月7日(2009.5.7)
【発行日】平成23年3月17日(2011.3.17)
(54)【発明の名称】核初期化方法
(51)【国際特許分類】
   C12N  15/09     (2006.01)
   C12N   5/0789   (2010.01)
   C12N   5/10     (2006.01)
   A01K  67/027    (2006.01)
【審査請求】未請求
【予備審査請求】未請求
【全頁数】197
【出願番号】特願2009-508036(P2009-508036)
(21)【国際出願番号】PCT/JP2008/070365
(22)【国際出願日】平成20年10月31日(2008.10.31)
(31)【優先権主張番号】61/001,108
(32)【優先日】平成19年10月31日(2007.10.31)
(33)【優先権主張国】米国(US)
(31)【優先権主張番号】60/996,289
(32)【優先日】平成19年11月9日(2007.11.9)
(33)【優先権主張国】米国(US)
(31)【優先権主張番号】12/213,035
(32)【優先日】平成20年6月13日(2008.6.13)
(33)【優先権主張国】米国(US)
【国等の委託研究の成果に係る記載事項】(出願人による申告)■
(71)【出願人】
【識別番号】504132272
【氏名又は名称】国立大学法人京都大学
(72)【発明者】
【氏名】山中  伸弥
(72)【発明者】
【氏名】高橋  和利
(72)【発明者】
【氏名】中川  誠人

14
【公報種別】再公表特許(A1)
(11)【国際公開番号】WO2009/075119
(43)【国際公開日】平成21年6月18日(2009.6.18)
【発行日】平成23年4月28日(2011.4.28)
(54)【発明の名称】効率的な核初期化方法
(51)【国際特許分類】
   C12N  15/09     (2006.01)
   C12N  15/113    (2010.01)
   C12N   5/0735   (2010.01)
【審査請求】未請求
【予備審査請求】未請求
【全頁数】20
【出願番号】特願2009-510625(P2009-510625)
(21)【国際出願番号】PCT/JP2008/059586
(22)【国際出願日】平成20年5月23日(2008.5.23)
(31)【優先権主張番号】60/996,893
(32)【優先日】平成19年12月10日(2007.12.10)
(33)【優先権主張国】米国(US)
【新規性喪失の例外の表示】特許法第30条第1項適用申請有り  
【国等の委託研究の成果に係る記載事項】(出願人による申告)平成20年度独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構、機能性RNAプロジェクト委託研究、産業技術力強化法第19条の適用を受ける特許出願
(71)【出願人】
【識別番号】504132272
【氏名又は名称】国立大学法人京都大学
(74)【代理人】
【識別番号】100091096
【弁理士】
【氏名又は名称】平木  祐輔
(74)【代理人】
【識別番号】100096183
【弁理士】
【氏名又は名称】石井  貞次
(74)【代理人】
【識別番号】100118773
【弁理士】
【氏名又は名称】藤田  節
(72)【発明者】
【氏名】山中  伸弥
(72)【発明者】
【氏名】小柳  三千代

15

(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】特開2009-165478(P2009-165478A)
(43)【公開日】平成21年7月30日(2009.7.30)
(54)【発明の名称】誘導多能性幹細胞の製造方法
(51)【国際特許分類】
   C12N   5/10     (2006.01)
   C12N  15/09     (2006.01)
【審査請求】有
【請求項の数】3
【出願形態】OL
【全頁数】31
(21)【出願番号】特願2009-56747(P2009-56747)
(22)【出願日】平成21年3月10日(2009.3.10)
(62)【分割の表示】特願2007-550210(P2007-550210)の分割
【原出願日】平成18年12月6日(2006.12.6)
(31)【優先権主張番号】特願2005-359537(P2005-359537)
(32)【優先日】平成17年12月13日(2005.12.13)
(33)【優先権主張国】日本国(JP)
(71)【出願人】
【識別番号】504132272
【氏名又は名称】国立大学法人京都大学
(74)【代理人】
【識別番号】100081422
【弁理士】
【氏名又は名称】田中  光雄
(74)【代理人】
【識別番号】100084146
【弁理士】
【氏名又は名称】山崎  宏
(74)【代理人】
【識別番号】100116311
【弁理士】
【氏名又は名称】元山  忠行
(74)【代理人】
【識別番号】100122301
【弁理士】
【氏名又は名称】冨田  憲史
(74)【代理人】
【識別番号】100106518
【弁理士】
【氏名又は名称】松谷  道子
(74)【代理人】
【識別番号】100145964
【弁理士】
【氏名又は名称】植村  昭三
(72)【発明者】
【氏名】山中  伸弥

16
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】特開2009-165479(P2009-165479A)
(43)【公開日】平成21年7月30日(2009.7.30)
(54)【発明の名称】誘導多能性幹細胞を製造するための核初期化因子の使用
(51)【国際特許分類】
   C12N   5/10     (2006.01)
   C12N  15/09     (2006.01)
【審査請求】有
【請求項の数】9
【出願形態】OL
【全頁数】32
(21)【出願番号】特願2009-56748(P2009-56748)
(22)【出願日】平成21年3月10日(2009.3.10)
(62)【分割の表示】特願2007-550210(P2007-550210)の分割
【原出願日】平成18年12月6日(2006.12.6)
(31)【優先権主張番号】特願2005-359537(P2005-359537)
(32)【優先日】平成17年12月13日(2005.12.13)
(33)【優先権主張国】日本国(JP)
(71)【出願人】
【識別番号】504132272
【氏名又は名称】国立大学法人京都大学
(72)【発明者】
【氏名】山中  伸弥

17
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】特開2009-165480(P2009-165480A)
(43)【公開日】平成21年7月30日(2009.7.30)
(54)【発明の名称】誘導多能性幹細胞およびその製造方法
(51)【国際特許分類】
   C12N   5/10     (2006.01)
   C12N  15/09     (2006.01)
【審査請求】有
【請求項の数】20
【出願形態】OL
【全頁数】33
(21)【出願番号】特願2009-56749(P2009-56749)
(22)【出願日】平成21年3月10日(2009.3.10)
(62)【分割の表示】特願2007-550210(P2007-550210)の分割
【原出願日】平成18年12月6日(2006.12.6)
(31)【優先権主張番号】特願2005-359537(P2005-359537)
(32)【優先日】平成17年12月13日(2005.12.13)
(33)【優先権主張国】日本国(JP)
(71)【出願人】
【識別番号】504132272
【氏名又は名称】国立大学法人京都大学
(72)【発明者】
【氏名】山中  伸弥

18
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】特開2009-165481(P2009-165481A)
(43)【公開日】平成21年7月30日(2009.7.30)
(54)【発明の名称】誘導多能性幹細胞からの体細胞の製造方法
(51)【国際特許分類】
   C12N   5/10     (2006.01)
   A61L  27/00     (2006.01)
   C12N  15/09     (2006.01)
【審査請求】有
【請求項の数】6
【出願形態】OL
【全頁数】32
(21)【出願番号】特願2009-56750(P2009-56750)
(22)【出願日】平成21年3月10日(2009.3.10)
(62)【分割の表示】特願2007-550210(P2007-550210)の分割
【原出願日】平成18年12月6日(2006.12.6)
(31)【優先権主張番号】特願2005-359537(P2005-359537)
(32)【優先日】平成17年12月13日(2005.12.13)
(33)【優先権主張国】日本国(JP)
(71)【出願人】
【識別番号】504132272
【氏名又は名称】国立大学法人京都大学
(72)【発明者】
【氏名】山中  伸弥

19

(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】特開2009-215191(P2009-215191A)
(43)【公開日】平成21年9月24日(2009.9.24)
(54)【発明の名称】神経損傷治療剤及び神経損傷治療方法
(51)【国際特許分類】
   A61K  35/28     (2006.01)
   A61P  25/00     (2006.01)
【審査請求】未請求
【請求項の数】9
【出願形態】OL
【全頁数】12
(21)【出願番号】特願2008-58447(P2008-58447)
(22)【出願日】平成20年3月7日(2008.3.7)
【新規性喪失の例外の表示】特許法第30条第1項適用申請有り  (1)日本経済新聞  平成19年9月28日付朝刊
(71)【出願人】
【識別番号】899000079
【氏名又は名称】学校法人慶應義塾
(71)【出願人】
【識別番号】504132272
【氏名又は名称】国立大学法人京都大学
(72)【発明者】
【氏名】岡野  栄之
(72)【発明者】
【氏名】中村  雅也
(72)【発明者】
【氏名】辻  収彦
(72)【発明者】
【氏名】山中  伸弥

20
【公報種別】再公表特許(A1)
(11)【国際公開番号】WO2009/122747
(43)【国際公開日】平成21年10月8日(2009.10.8)
【発行日】平成23年7月28日(2011.7.28)
(54)【発明の名称】iPS細胞からの血小板の調製方法
(51)【国際特許分類】
   C12N   5/078    (2010.01)
   A61K  35/14     (2006.01)
   A61P  35/00     (2006.01)
   A61P  35/02     (2006.01)
   A61P   7/04     (2006.01)
【審査請求】未請求
【予備審査請求】未請求
【全頁数】27
【出願番号】特願2010-505402(P2010-505402)
(21)【国際出願番号】PCT/JP2009/001542
(22)【国際出願日】平成21年4月1日(2009.4.1)
(31)【優先権主張番号】特願2008-94584(P2008-94584)
(32)【優先日】平成20年4月1日(2008.4.1)
(33)【優先権主張国】日本国(JP)
(71)【出願人】
【識別番号】504137912
【氏名又は名称】国立大学法人  東京大学
(72)【発明者】
【氏名】中内  啓光
(72)【発明者】
【氏名】江藤  浩之
(72)【発明者】
【氏名】錦井  秀和
(72)【発明者】
【氏名】高山  直也
(72)【発明者】
【氏名】山中  伸弥
(72)【発明者】
【氏名】高橋  和利


21
(12)【公報種別】公表特許公報(A)
(11)【公表番号】特表2011-519546(P2011-519546A)
(43)【公表日】平成23年7月14日(2011.7.14)
(54)【発明の名称】核初期化方法
(51)【国際特許分類】
   C12N  15/09     (2006.01)
   C12N   5/10     (2006.01)
【審査請求】未請求
【予備審査請求】未請求
【全頁数】42
(21)【出願番号】特願2010-506477(P2010-506477)
(86)(22)【出願日】平成21年5月1日(2009.5.1)
(85)【翻訳文提出日】平成22年2月12日(2010.2.12)
(86)【国際出願番号】PCT/JP2009/058873
(87)【国際公開番号】WO2009/133971
(87)【国際公開日】平成21年11月5日(2009.11.5)
(31)【優先権主張番号】61/071,508
(32)【優先日】平成20年5月2日(2008.5.2)
(33)【優先権主張国】米国(US)
(31)【優先権主張番号】61/136,246
(32)【優先日】平成20年8月21日(2008.8.21)
(33)【優先権主張国】米国(US)
(31)【優先権主張番号】61/136,615
(32)【優先日】平成20年9月19日(2008.9.19)
(33)【優先権主張国】米国(US)
(31)【優先権主張番号】61/193,363
(32)【優先日】平成20年11月21日(2008.11.21)
(33)【優先権主張国】米国(US)
【国等の委託研究の成果に係る記載事項】(出願人による申告)平成20年度文部科学省、「科学技術試験研究委託事業」、産業技術力強化法第19条の適用を受ける特許出願
(71)【出願人】
【識別番号】504132272
【氏名又は名称】国立大学法人京都大学
(72)【発明者】
【氏名】山中  伸弥
(72)【発明者】
【氏名】沖田  圭介

22
(12)【公報種別】公表特許公報(A)
(11)【公表番号】特表2011-525793(P2011-525793A)
(43)【公表日】平成23年9月29日(2011.9.29)
(54)【発明の名称】効率的な人工多能性幹細胞の樹立方法
(51)【国際特許分類】
   C12N   5/0789   (2010.01)
   C12N  15/09     (2006.01)
   C12N  15/113    (2010.01)
   C07K  14/47     (2006.01)
   A61L  27/00     (2006.01)
   A61K  35/12     (2006.01)
   A61P  43/00     (2006.01)
   A61P  37/02     (2006.01)
【審査請求】未請求
【予備審査請求】未請求
【全頁数】55
(21)【出願番号】特願2010-506749(P2010-506749)
(86)(22)【出願日】平成21年6月26日(2009.6.26)
(85)【翻訳文提出日】平成22年2月16日(2010.2.16)
(86)【国際出願番号】PCT/JP2009/062173
(87)【国際公開番号】WO2009/157593
(87)【国際公開日】平成21年12月30日(2009.12.30)
(31)【優先権主張番号】61/076,487
(32)【優先日】平成20年6月27日(2008.6.27)
(33)【優先権主張国】米国(US)
(31)【優先権主張番号】61/095,573
(32)【優先日】平成20年9月9日(2008.9.9)
(33)【優先権主張国】米国(US)
(31)【優先権主張番号】61/194,700
(32)【優先日】平成20年9月30日(2008.9.30)
(33)【優先権主張国】米国(US)
(31)【優先権主張番号】61/200,307
(32)【優先日】平成20年11月25日(2008.11.25)
(33)【優先権主張国】米国(US)
(31)【優先権主張番号】61/209,686
(32)【優先日】平成21年3月10日(2009.3.10)
(33)【優先権主張国】米国(US)
【国等の委託研究の成果に係る記載事項】(出願人による申告)平成20年度文部科学省、「科学技術試験研究委託事業」、産業技術力強化法第19条の適用を受ける特許出願
(71)【出願人】
【識別番号】504132272
【氏名又は名称】国立大学法人京都大学
(72)【発明者】
【氏名】山中  伸弥
(72)【発明者】
【氏名】高橋  和利
(72)【発明者】
【氏名】沖田  圭介

23

(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】公表特許公報(A)
(11)【公表番号】特表2011-529329(P2011-529329A)
(43)【公表日】平成23年12月8日(2011.12.8)
(54)【発明の名称】効率的な人工多能性幹細胞の樹立方法
(51)【国際特許分類】
   C12N   5/071    (2010.01)
   C12N  15/09     (2006.01)
【審査請求】未請求
【予備審査請求】未請求
【全頁数】39
(21)【出願番号】特願2010-506476(P2010-506476)
(86)(22)【出願日】平成21年7月30日(2009.7.30)
(85)【翻訳文提出日】平成22年2月12日(2010.2.12)
(86)【国際出願番号】PCT/JP2009/063906
(87)【国際公開番号】WO2010/013845
(87)【国際公開日】平成22年2月4日(2010.2.4)
(31)【優先権主張番号】61/084,842
(32)【優先日】平成20年7月30日(2008.7.30)
(33)【優先権主張国】米国(US)
(31)【優先権主張番号】61/141,177
(32)【優先日】平成20年12月29日(2008.12.29)
(33)【優先権主張国】米国(US)
(31)【優先権主張番号】61/203,931
(32)【優先日】平成20年12月30日(2008.12.30)
(33)【優先権主張国】米国(US)
【国等の委託研究の成果に係る記載事項】(出願人による申告)平成20年度文部科学省、「科学技術試験研究委託事業」、産業技術力強化法第19条の適用を受ける特許出願
(71)【出願人】
【識別番号】504132272
【氏名又は名称】国立大学法人京都大学
(72)【発明者】
【氏名】山中  伸弥
(72)【発明者】
【氏名】吉田  善紀

24
(12)【公報種別】公表特許公報(A)
(11)【公表番号】特表2011-529330(P2011-529330A)
(43)【公表日】平成23年12月8日(2011.12.8)
(54)【発明の名称】効率的な人工多能性幹細胞の樹立方法
(51)【国際特許分類】
   C12N   5/10     (2006.01)
   C12N   5/071    (2010.01)
   C12N   5/0775   (2010.01)
   C12N  15/09     (2006.01)
   A61L  27/00     (2006.01)
【審査請求】未請求
【予備審査請求】未請求
【全頁数】17
(21)【出願番号】特願2011-504267(P2011-504267)
(86)(22)【出願日】平成20年10月2日(2008.10.2)
(85)【翻訳文提出日】平成23年2月28日(2011.2.28)
(86)【国際出願番号】PCT/JP2008/068320
(87)【国際公開番号】WO2010/013359
(87)【国際公開日】平成22年2月4日(2010.2.4)
(31)【優先権主張番号】61/085,308
(32)【優先日】平成20年7月31日(2008.7.31)
(33)【優先権主張国】米国(US)
【国等の委託研究の成果に係る記載事項】(出願人による申告)平成20年度、独立行政法人科学技術振興機構、戦略的創造研究推進事業(CREST)、産業技術力強化法第19条の適用を受ける特許出願
(71)【出願人】
【識別番号】304019399
【氏名又は名称】国立大学法人岐阜大学
(71)【出願人】
【識別番号】504132272
【氏名又は名称】国立大学法人京都大学
(72)【発明者】
【氏名】手塚  建一
(72)【発明者】
【氏名】柴田  敏之
(72)【発明者】
【氏名】國貞  隆弘
(72)【発明者】
【氏名】玉置  也剛
(72)【発明者】
【氏名】武田  知子
(72)【発明者】
【氏名】山中  伸弥
(72)【発明者】
【氏名】高橋  和利

25
(12)【公報種別】公表特許公報(A)
(11)【公表番号】特表2011-530273(P2011-530273A)
(43)【公表日】平成23年12月22日(2011.12.22)
(54)【発明の名称】分化細胞由来多能性幹細胞由来の二次ニューロスフェアの選択方法、その選択方法によって選択されたクローン、及びそのクローンの使用方法
(51)【国際特許分類】
   C12N   5/10     (2006.01)
   G01N  33/58     (2006.01)
【審査請求】未請求
【予備審査請求】有
【全頁数】17
(21)【出願番号】特願2011-505277(P2011-505277)
(86)(22)【出願日】平成21年8月5日(2009.8.5)
(85)【翻訳文提出日】平成23年4月4日(2011.4.4)
(86)【国際出願番号】PCT/JP2009/003755
(87)【国際公開番号】WO2010/016253
(87)【国際公開日】平成22年2月11日(2010.2.11)
(31)【優先権主張番号】61/086,369
(32)【優先日】平成20年8月5日(2008.8.5)
(33)【優先権主張国】米国(US)
【国等の委託研究の成果に係る記載事項】(出願人による申告)平成20年度  独立行政法人科学技術振興機構  戦略的創造研究推進事業(CREST)産業技術力強化法第19条の適用を受ける特許出願、並びに平成21年度  文部科学省  科学技術試験研究委託事業  産業技術力強化法第19条の適用を受ける特許出願
(71)【出願人】
【識別番号】899000079
【氏名又は名称】学校法人慶應義塾
(71)【出願人】
【識別番号】504132272
【氏名又は名称】国立大学法人京都大学
(72)【発明者】
【氏名】岡野  栄之
(72)【発明者】
【氏名】辻  収彦
(72)【発明者】
【氏名】中村  雅也
(72)【発明者】
【氏名】山中  伸弥
(72)【発明者】
【氏名】三浦  恭子

26
【公報種別】再公表特許(A1)
(11)【国際公開番号】WO2010/038904
(43)【国際公開日】平成22年4月8日(2010.4.8)
【発行日】平成24年3月1日(2012.3.1)
(54)【発明の名称】外来性核初期化因子またはそれをコードするDNAを含まない人工多能性幹細胞およびその作製方法
(51)【国際特許分類】
   C12N  15/09     (2006.01)
   C12N   5/10     (2006.01)
   C12N   5/071    (2010.01)
   A61K  35/12     (2006.01)
【審査請求】未請求
【予備審査請求】未請求
【全頁数】55
【出願番号】特願2010-531942(P2010-531942)
(21)【国際出願番号】PCT/JP2009/067448
(22)【国際出願日】平成21年9月30日(2009.9.30)
(31)【優先権主張番号】特願2008-255702(P2008-255702)
(32)【優先日】平成20年9月30日(2008.9.30)
(33)【優先権主張国】日本国(JP)
【新規性喪失の例外の表示】特許法第30条第1項適用申請有り  
【国等の委託研究の成果に係る記載事項】(出願人による申告)平成20年度、独立行政法人科学技術振興機構、戦略的創造研究推進事業(CREST)委託事業、産業技術力強化法第19条の適用を受ける特許出願
(71)【出願人】
【識別番号】504150461
【氏名又は名称】国立大学法人鳥取大学
(71)【出願人】
【識別番号】504132272
【氏名又は名称】国立大学法人京都大学
(71)【出願人】
【識別番号】506151176
【氏名又は名称】株式会社chromocenter
(72)【発明者】
【氏名】押村  光雄
(72)【発明者】
【氏名】平塚  正治
(72)【発明者】
【氏名】香月  康宏
(72)【発明者】
【氏名】宇野  愛海
(72)【発明者】
【氏名】山中  伸弥
(72)【発明者】
【氏名】中川  誠人
(72)【発明者】
【氏名】高橋  和利
(72)【発明者】
【氏名】松岡  隆之

27
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】公表特許公報(A)
(11)【公表番号】特表2012-507258(P2012-507258A)
(43)【公表日】平成24年3月29日(2012.3.29)
(54)【発明の名称】人工多能性幹細胞の作製方法
(51)【国際特許分類】
   C12N   5/10     (2006.01)
   C12N   5/00     (2006.01)
   C12N  15/09     (2006.01)
【審査請求】未請求
【予備審査請求】未請求
【全頁数】26
(21)【出願番号】特願2011-508739(P2011-508739)
(86)(22)【出願日】平成21年10月30日(2009.10.30)
(85)【翻訳文提出日】平成23年2月23日(2011.2.23)
(86)【国際出願番号】PCT/JP2009/069015
(87)【国際公開番号】WO2010/050626
(87)【国際公開日】平成22年5月6日(2010.5.6)
(31)【優先権主張番号】61/193,122
(32)【優先日】平成20年10月30日(2008.10.30)
(33)【優先権主張国】米国(US)
(31)【優先権主張番号】61/202,385
(32)【優先日】平成21年2月24日(2009.2.24)
(33)【優先権主張国】米国(US)
【国等の委託研究の成果に係る記載事項】(出願人による申告)平成20年度、文部科学省、「科学技術試験研究」委託事業、産業技術力強化法第19条の適用を受ける特許出願
(71)【出願人】
【識別番号】504132272
【氏名又は名称】国立大学法人京都大学
(72)【発明者】
【氏名】山中  伸弥
(72)【発明者】
【氏名】田邊  剛士

28
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】特開2010-158171(P2010-158171A)
(43)【公開日】平成22年7月22日(2010.7.22)
(54)【発明の名称】効率的な核初期化方法
(51)【国際特許分類】
   C12N   5/10     (2006.01)
   C12N  15/09     (2006.01)
   A61P   9/00     (2006.01)
   A61P   3/10     (2006.01)
   A61P  25/16     (2006.01)
   A61P  25/00     (2006.01)
   A61K  35/12     (2006.01)
【審査請求】未請求
【請求項の数】13
【出願形態】OL
【全頁数】31
(21)【出願番号】特願2008-335129(P2008-335129)
(22)【出願日】平成20年12月26日(2008.12.26)
(31)【優先権主張番号】特願2008-312745(P2008-312745)
(32)【優先日】平成20年12月8日(2008.12.8)
(33)【優先権主張国】日本国(JP)
【国等の委託研究の成果に係る記載事項】(出願人による申告)平成20年度独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構、機能性RNAプロジェクト委託研究、産業技術力強化法第19条の適用を受ける特許出願
(71)【出願人】
【識別番号】504132272
【氏名又は名称】国立大学法人京都大学
(72)【発明者】
【氏名】山中  伸弥
(72)【発明者】
【氏名】小柳  三千代

29
(12)【公報種別】公表特許公報(A)
(11)【公表番号】特表2012-518988(P2012-518988A)
(43)【公表日】平成24年8月23日(2012.8.23)
(54)【発明の名称】新規核初期化物質
(51)【国際特許分類】
   C12N  15/09     (2006.01)
   C12N   5/10     (2006.01)
【審査請求】有
【予備審査請求】未請求
【全頁数】63
(21)【出願番号】特願2011-536662(P2011-536662)
(86)(22)【出願日】平成22年2月19日(2010.2.19)
(85)【翻訳文提出日】平成23年8月26日(2011.8.26)
(86)【国際出願番号】PCT/JP2010/053024
(87)【国際公開番号】WO2010/098419
(87)【国際公開日】平成22年9月2日(2010.9.2)
(31)【優先権主張番号】61/208,853
(32)【優先日】平成21年2月27日(2009.2.27)
(33)【優先権主張国】米国(US)
(31)【優先権主張番号】61/276,123
(32)【優先日】平成21年9月8日(2009.9.8)
(33)【優先権主張国】米国(US)
【国等の委託研究の成果に係る記載事項】(出願人による申告)平成20年度、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構、「化合物等を活用した生物システム制御基盤技術開発」委託研究、産業技術力強化法第19条の適用を受ける特許出願/平成21年度、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構、「iPS細胞等幹細胞産業応用促進基盤技術開発」委託研究、産業技術力強化法第19条の適用を受ける特許出願
(71)【出願人】
【識別番号】504132272
【氏名又は名称】国立大学法人京都大学
(71)【出願人】
【識別番号】301021533
【氏名又は名称】独立行政法人産業技術総合研究所
(71)【出願人】
【識別番号】500535301
【氏名又は名称】一般社団法人バイオ産業情報化コンソーシアム
(72)【発明者】
【氏名】山中  伸弥
(72)【発明者】
【氏名】五島  直樹
(72)【発明者】
【氏名】前川  桃子
(72)【発明者】
【氏名】河村  義史
(72)【発明者】
【氏名】望月  宏美

30

【公報種別】再公表特許(A1)
(11)【国際公開番号】WO2010/134619
(43)【国際公開日】平成22年11月25日(2010.11.25)
【発行日】平成24年11月12日(2012.11.12)
(54)【発明の名称】人工多能性幹細胞からの上皮系前駆細胞・幹細胞群及び角膜上皮細胞群の分化誘導方法
(51)【国際特許分類】
   C12N   5/071    (2010.01)
   A61L  27/00     (2006.01)
【審査請求】未請求
【予備審査請求】未請求
【全頁数】41
【出願番号】特願2011-514473(P2011-514473)
(21)【国際出願番号】PCT/JP2010/058689
(22)【国際出願日】平成22年5月18日(2010.5.18)
(31)【優先権主張番号】特願2009-120053(P2009-120053)
(32)【優先日】平成21年5月18日(2009.5.18)
(33)【優先権主張国】日本国(JP)
(71)【出願人】
【識別番号】504157024
【氏名又は名称】国立大学法人東北大学
(71)【出願人】
【識別番号】504132272
【氏名又は名称】国立大学法人京都大学
(72)【発明者】
【氏名】西田  幸二
(72)【発明者】
【氏名】林  竜平
(72)【発明者】
【氏名】櫻井  美晴
(72)【発明者】
【氏名】景山  智文
(72)【発明者】
【氏名】山中  伸弥
(72)【発明者】
【氏名】沖田  圭介

31
(12)【公報種別】公表特許公報(A)
(11)【公表番号】特表2012-527887(P2012-527887A)
(43)【公表日】平成24年11月12日(2012.11.12)
(54)【発明の名称】人工多能性幹細胞のクローンの選択方法
(51)【国際特許分類】
   C12N   5/10     (2006.01)
   C12N  15/09     (2006.01)
   C12Q   1/68     (2006.01)
【審査請求】未請求
【予備審査請求】有
【全頁数】34
(21)【出願番号】特願2012-512547(P2012-512547)
(86)(22)【出願日】平成22年5月28日(2010.5.28)
(85)【翻訳文提出日】平成23年11月29日(2011.11.29)
(86)【国際出願番号】PCT/JP2010/003620
(87)【国際公開番号】WO2010/137348
(87)【国際公開日】平成22年12月2日(2010.12.2)
(31)【優先権主張番号】61/217,362
(32)【優先日】平成21年5月29日(2009.5.29)
(33)【優先権主張国】米国(US)
(71)【出願人】
【識別番号】899000079
【氏名又は名称】学校法人慶應義塾
(71)【出願人】
【識別番号】504132272
【氏名又は名称】国立大学法人京都大学
(72)【発明者】
【氏名】岡野  栄之
(72)【発明者】
【氏名】岡田  洋平
(72)【発明者】
【氏名】山中  伸弥
(72)【発明者】
【氏名】三浦  恭子

08:24 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
12Next