カウンタ

COUNTER244474

日誌

12345Next
2019/01/26

西村京太郎 英語本・外国語本

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen

1. amazon.com
The Isle of South Kamui and Other Stories (Anthem Cosmopolis Writings)
Kyotaro Nishimura
Anthem Pr(2013/09/15)
値段:¥ 4,137

The Mystery Train Disappears
Kyotaro Nishimura
Barricade Books Inc(1990/12/01)
値段:¥ 2,007


イタリア語
Nishimura Kyōtarō E Il Suo 'mystery del Viaggio'
Daniela Verzaro
Grin Verlag(2016/08/03)
値段:¥ 1,887

ドイツ語
Nishimura, K: Das klatschende Aeffchen
Kyotaro Nishimura
Angkor Verlag(2012/02/01)
値段:¥ 2,742


知見:amazon.comで
  nishimura kyoutarou で検索すると日本語の輸入本だけがでてきた。

  nishimura kyotaroで検索すると、英語・ドイツ語・イタリア語の本がでてきた。

2. amazon.co.uk


Kindle Price:£7.49
Les grands détectives n'ont pas froid aux yeux : Roman policier (French) Paperback – 1 Dec 1993
by Kyotaro Nishimura  (Author)

Les grands détectives n'ont pas froid aux yeux : Roman policier (French) Mass Market Paperback – 19 May 1998


Les dunes de Tottori (French) Mass Market Paperback – 1 May 1993



Il treno del mistero (Italian) Paperback – 1998

by Kyotaro Nishimura (Author)

12:59 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2018/07/01

宇宙物理学講座 加藤 正二 ごとう書房

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
星間物理学 (宇宙物理学講座 (第3巻))
小暮 智一
ごとう書房(1994/10)

輝線星概論 (宇宙物理学講座 (第4巻))
小暮 智一
ごとう書房(2002/01)


宇宙(universe)
・銀河団(cluster of galaxies)
・・銀河(galaxiy)
・・・活動銀河中心核(active galactic nuclei)
・星間ガス(interstellar gas)
・星
・・中性子星(neutron stars)
・・X線星(X-ray stars)
・物質
・・プラズマ(plasma)
・・・プラズマ振動(plasma oscillation)
・・・・プラズマ振動数(plasma frequency)
・・気体(gas)
・・液体
・・固体
・・光子(photon)
・・相対論的粒子(relativistic particles)
・・・Lorentz因子(Lorentz factor)
・・・Larmor半径(Armor radius)
・・・サイクトロン振動数(cyclotron frequency)
・・・F絵rみ機構(Fermi mechanism)
・・・Fermi加速
・・・衝撃波(shock ware)
・・高エネルギー粒子(high energy particle)


観測
・重力線(gravitational wave)
・宇宙線(cosmic ary)
・・ニュートリノ(neutrino)
・電磁波(electromagnetic wave)
・・電波(radio wave)
・・ガンマ線(r rays)
・・可視光線(visual light)


天体物理学
・天体分光学(astrophysical spectroscopy)
・輻射輸逹論(theory of radiative transfer)
・内部構造論(theory of stellar structure)
・恒星系力学(stellar dynamics)
・Liouville方程式(Liouville equation)
・無衝突Boltzmann方程式(collision less Boltzmann equation0
・Vlasov方程式(Vlasov equation)


・Deby半径(Debye radius)
・・Debye遮蔽(Debye screening)
・・・Debye遮蔽距離(Debye shielding distance, Debye screening radius)

・平均自由行路(mean free path)
・Maxwell分布(maxwell distribution)
・縮退(degeneracy)
・Fermiエネルギー(Fermi Energy)
・静止エネルギー(rest mass energy)
・Compton過程
・対発生・対消滅過程


・遠逹力(long range field)
・・重力(gravity)
・・・自己重力場(selfgravety)
・・・非線形性(nonlinearity)
・・磁場(magnetic field)
・・・磁気モーメント(magnetic moment)
・・・反磁性(diamagnetism)
・・・ドリフト速度(drift velocity)
・・Coulomb力(coulomb force)
・回転(rotation)
・・旋回中心(guiding center)

・等分配(equipartition)
・ビリアル平衡(viria equilibrium)
・断熱不変量

18:38 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2018/06/29

獅子座

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
獅子座
has-a
・レグルス
しし座AD星
・しし座CN星
・The binary system XX Leans
is-a
星座





レグルス
has-a
・主星
    is-a B型主系列星
   準巨星



is-a
多重連星
連星


論文

MULTIWAVELENGTH OBSERVATIONS OF FLARES ON AD LEONIS (2003)
by Suzanne L. Hawley , Joel C. Allred , Christopherm Johns-krull , George H. Fisher , William P. Abbett , Ilya Alekseev , Stavros I. Avgoloupis , Susana E. Deustua
http://sprg.ssl.berkeley.edu/%7Eabbett/papers/hawl03.pdf

Reference
Abbett, W. P., & Hawley, S. L. 1999, ApJ, 521, 906
Abranin, E. P., et al. 1997, Ap&SS, 257, 131
Bookbinder, J. A., Walter, F. M., & Brown, A. 1992, in ASP Conf. Ser. 26,
Cool Stars, Stellar Systems, and the Sun, ed. M. S. Giampapa &
J. A. Bookbinder (San Francisco: ASP), 27
Carlsson, M., & Stein, R. F. 1997, ApJ, 481, 500
Cully, S. L., Fisher, G. H., Hawley, S. L., & Simon, T. 1997, ApJ, 491, 910 Dennis, B. R., & Zarro, D. M. 1993, Sol. Phys., 146, 177
Dere, K. P., Landi, E., Mason, H. E., Monsignori Fossi, B. C., & Young,
P. R. 1997, A&AS, 125, 149
Dere, K. P., Landi, E., Young, P. R., & Del Zanna, G. 2001, ApJS, 134, 331 Donati-Falchi, A., Falciani, R., & Smaldone, L. A. 1985, A&A, 152,
165
Eason, E. L. E., Giampapa, M. S., Radick, R. R., Worden, S. P., & Hege,
E. K. 1992, AJ, 104, 1161
Fisher, G. H. 1989, ApJ, 346, 1019
Giampapa, M. S., Rosner, R., Kashyap, V., Fleming, T. A., Schmitt, J. H.
M. M., & Bookbinder, J. A. 1996, ApJ, 463, 707
Gu ̈del, M., Benz, A. O., Schmitt, J. H. M. M., & Skinner, S. L. 1996, ApJ,
471, 1002
Hawley, S. L., & Fisher, G. H. 1992, ApJS, 81, 885
Hawley, S. L., Gizis, J. E., & Reid, I. N. 1996, AJ, 112, 2799
Hawley, S. L., & Pettersen, B. R. 1991, ApJ, 378, 725
Hawley, S. L., et al. 1995, ApJ, 453, 464
Herbig, G. H. 1956, PASP, 68, 531
Hinkle, K., Wallace, L., Valenti, J. A., & Harmer, D., ed. 2000, Visible and
Near-Infrared Atlas of the Arcturus Spectrum 3727–9300 A ̊
(San Fransisco: ASP)
Hurwitz, M., Sirk, M., Bowyer, S., & Ko, Y. 1997, ApJ, 477, 390
Johns-Krull, C. M., Hawley, S. L., Basri, G., & Valenti, J. A. 1997, ApJS, 112, 221
Joy, A. H., & Humason, M. L. 1949, PASP, 61, 133
Landolt, A. U. 1973, AJ, 78, 959
———. 1992, AJ, 104, 340
Liebert, J., Kirkpatrick, J. D., Reid, I. N., & Fisher, M. D. 1999, ApJ, 519,
345
Malina, R. F., & Bowyer, S. 1991, in Extreme Ultraviolet Astronomy, ed.
R. F. Malina & S. Bowyer (New York: Pergamon), 397
Mauas, P. J. D., & Falchi, A. 1996, A&A, 310, 245
Mavridis, L. N., Asteriadis, G., & Mahmoud, F. 1982, in Compendium in
Astronomy, ed. E. G. Mariolopoulos, P. S. Theocaris, & L. N. Mavridis
(Dordrecht: Reidel), 253
McTiernan, J. M., Fisher, G. H., & Li, P. 1999, ApJ, 514, 472
Pettersen, B. R. 1976, Inst. Theor. Astrophys. Blindern Oslo Rep., 46, 1 ———. 1980, A&A, 82, 53
Pettersen, B. R., & Hawley, S. L. 1989, A&A, 217, 187
Pettersen, B. R., et al. 1990, in IAU Symp. 137, Flare Stars in Star Clusters,
Associations, and the Solar Vicinity, ed. L V. Mirzoyan, B. R. Pettersen,
& M. K. Tsvetkov (Dordrecht: Kluwer), 15
Piskunov, N. E., & Valenti, J. A. 2002, A&A, 385, 1095
Rodono, M., et al. 1989, in IAU Colloq. 104, Solar and Stellar Flares, ed.
B. M. Haisch & M. Rodono (Cambridge: Cambridge Univ. Press), 53 Siegmund, O. H. W., Lampton, M., Chakrabarti, S., Vallerga, J., &
Bowyer, S. 1986, Proc. SPIE, 627, 660
Sirk, M. M., Vallerga, J. V., Finley, D. S., Jelinsky, P., & Malina, R. F.
1997, ApJS, 110, 347
Tull, R. G., MacQueen, P. J., Sneden, C., & Lambert, D. L. 1995, PASP,
107, 251

A coronal explosion on the flare star CN Leonis (801)
by J. H. M. M. Schmitt , F. Reale , C. Liefke , U. Wolter , B. Fuhrmeister , A. Reiners , G. Peres
http://citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/download?
doi=10.1.1.245.2207&rep=rep1&type=pdf


Reference
Betta, B., Peres, G., Reale, F., Serio, S., 1997, A&AS, 122, 585 Brown, J.C., 1973, Sol. Phys., 28, 151-427
Cargill, P.J., Klimchuk, J.A., 2004, ApJ, 605, 911-920
Fisher, G.H., 1987, ApJ, 317, 502-513
Fuhrmeister, B., Schmitt, J.H.M.M., Wichmann, R., 2004, A&A, 417, 701-713, (2004)
Fuhrmeister, B., Liefke, C., Schmitt, J.H.M.M., 2007, A&A, 468, 221- 231 Holman, G., 2002, ApJ, 586, 606-616
Hudson, H.S., Strong, K.T., Dennis, B.R., Zarro, D., Inda, M., Kosugi, T., &
Sakao, T., 1994, ApJ, 422, L25-L27
Kahler, S., 1975, in: Solar gamma-, X-, and EUV radiation; Proceedings of the
Symposium, Buenos Aires, Argentina, June 11-14, 1974. (A76-10126 01-92)
Dordrecht, D. Reidel Publishing Co., 211-231
Kostiuk, N.D., Pikelner, S.B., 1974, Astron. Zh., 51, 1002-1016
Klimchuk, J., 2006, Solar Physics, 234, 41-77
Ku ̈rster, M., Schmitt, J.H.M.M., 1996, A&A, 311, 211-229
Neupert, W.M., 1968, ApJ, 153, L59-62
Osten,R. A., Drake, S., Tueller, J., Cummings, J., Perri, M., Moretti, A. and
Covino, S.,2007, ApJ, 654, 1022-1067
Parker, E. N., 1988, ApJ, 330, 474-479
Peres, G., Rosner, R., Serio, S., Vaiana, G.S., 1982, ApJ, 252, 791-799
Peres, G., 2000, Solar Physics, 193, 33-52
Priest, E.R., Forbes, T.G., 2002, A&ARev, 10, 313-377
Reiners, A., Schmitt, J.H.M.M., Liefke, C., 2007, A&A, 466, L13-L16, (2007) Schmitt, J.H.M.M., Haisch, B.M., Barwig, H., 1993, ApJ, 419, L81-84
Somov, B.V., Syratovskii, S.I., Spektor, A.R., 1981, Solar Physics, 73, 145-155 Somov,B.V., Kosugi, T., Litvinenko, Y.E., et al., 1997, ApJ, 485, 895-868 Syratovskii,S.I., Shmeleva, O.P., 1972, Sov. Astron., 273-285
Tamres, D.H., Canfield, R.C., McClymont, A.N., 1986, ApJ, 309, 409-420 Vernazza, J. E., Avrett, E. H. and Loeser, R., 1981, ApJS, 45, 635-725
Vilmer, N., Trottet, G., Barat, C., Dezalay, J. P., Talon, R., Sunyaev, R., Terekhov,
O., Kuznetsov, A., 1994, Space Science Reviews, 68, 233-238

Astronomy Astrophysics Statistics and supermetallicity: The metallicity of Mu Leonis (2001)
by Byu Scholarsarchive , Mu Leonis , B. J. Taylor , B. J. Taylor
https://www.aanda.org/articles/aa/pdf/2001/45/aa1136.pdf

Reference
Bell, R. A. 1976, in Abundance Effects in Classification, ed. B. Hauck, & P. C. Keenan (Reidel, Dordrecht), IAU Symp., 72, 49
Bell, R. A., Eriksson, K., Gustafsson, B., & Nordlund,  ̊A. 1976, A&AS, 23, 37
Blanc-Vaziaga, M. J., Cayrel, G., & Cayrel, R. 1973, ApJ, 180, 871
Bonnell, J., & Branch, D. 1979, ApJ, 229, 175
Branch, D., Bonnell, J., & Tomkin, J. 1978, ApJ, 225, 902 Brown, J. A., Sneden, C., Lambert, D. L., & Dutchover, E. Jr.
1989, ApJS, 71, 293
Castro, S., Rich, R. M., McWilliam, A., et al. 1996, AJ, 111,
2439 (C96)
Cayrel de Strobel, G. 1991, in Evolutionary Phenomena in the
Universe, ed. P. Giannone, F. Melchiorri, & F. Occhionero,
Italian Phys. Soc., Bologna, 27
Cayrel de Strobel, G., Lebreton, Y., Soubiran, C., & Friel, E. D.
1999, ApSS, 265, 345
Chaffee, F. H. Jr., Carbon, D. F., & Strom, S. E. 1971, ApJ,
166, 593
Drake, J. J., & Smith, G. 1991, MNRAS, 250, 89
Eggen, O. J. 1989, PASP, 101, 366
Gratton, R. G., & Sneden, C. 1990, A&A, 234, 366 Gustafsson, B., Kjærgaard, P., & Andersen, S. 1974, A&A, 34,
99
Harris, M. J., Lambert, D. L., & Smith, V. V. 1987, PASP, 99,
1003
Holweger, H., & Mu ̈ller, E. A. 1974, Sol. Phys., 39, 19 Johnson, H. L., Mitchell, R. I., Iriarte, B., & Wi ́sniewski, W. Z.
1966, Commun. Lunar Planetary Lab., 4, 99
Lambert, D. L., & Ries, L. M. 1981, ApJ, 248, 228
Luck, R. E., & Challener, R. I. 1995, AJ, 110, 2968 McWilliam, A. 1990, ApJS, 74, 1075
McWilliam, A. 1997, ARA&A, 35, 503
McWilliam, A., & Rich, R. M. 1994, ApJS, 91, 749
Oinas, V. 1974, ApJS, 27, 405
Perryman, M. A. C., Brown, A. G. A., Lebreton, Y., et al.
1998, A&A, 345, 137
Peterson, R. C. 1992, BAAS, 24, 1159
Ries, L. M. 1981, Ph.D. Thesis, Univ. Texas, Austin
Smith, G. 1998, A&A, 339, 531
Smith, G. 1999, A&A, 350, 859
Smith, G., & Ruck, M. J. 2000, A&A, 356, 570 (SR)
Spinrad, H., & Taylor, B. J. 1969, ApJ, 157, 1279
Takeda, Y., Kawanomoto, S., & Sadakane, K. 1998, PASJ, 50,
97
Taylor, B. J. 1982, Vistas in Astron., 26, 285
Taylor, B. J. 1991, ApJS, 76, 719
Taylor, B. J. 1994, PASP, 106, 600
Taylor, B. J. 1998a, PASP, 110, 699
Taylor, B. J. 1998b, PASP, 110, 708
Taylor, B. J. 1999a, A&AS, 134, 523
Taylor, B. J. 1999b, A&AS, 135, 75
Taylor, B. J. 1999c, A&A, 344, 655 (T99)
Taylor, B. J. 2000, A&A, 362, 563
Taylor, B. J. 2001, in New Quests in Stellar Astrophysics, The
Link Between Stars and Cosmology, ed. M. Chavez, A. Bressan, A. Buzzoni, & D. Mayya (Kluwer, Dordrecht), in press
Williams, P. M. 1971, MNRAS, 153, 171

http://sirrah.troja.mff.cuni.cz/~zasche/stars/Zasche-IAU.pdf

References
Hegedu ̈s, T. 1988, BICDS 35, 15
Prˇsa, A. & Zwitter,T. 2005, AJ 628, 426
Shaw, J.S. & Nicol, S. 1998, IAPPP Comm 71, 57 Srivastava, R.K. 1994, Ap&SS 219, 291
Stark, M.A., et al. 2000, JAVSO 28, 25
Tsesevich, V.P. 1954, Odd.Izv. 4, 2
Wilson, R.E. & Devinney, E. J. 1971, ApJ 166, 605

AD LEONIS: THE DIFFERENTIAL EMISSION MEASURE AND IMPLICATIONS FOR CORONAL STRUCTURE (1997)
by Scott L. Cully , George H. Fisher , Suzanne L. Hawley , Theodore Simon
http://sprg.ssl.berkeley.edu/adminstuff/webpubs/1997_aj_910.pdf

REFERENCES
Arnaud, M., & Raymond, J. C. 1992, ApJ, 398, 394
Arnaud, M., & RothenÑug, R. 1985, A&AS, 60, 425
Ayres, T. R. 1993, PASP, 105, 538
Brickhouse, N. S., Raymond, J. C., & Smith, B. W. 1995, ApJS, 97, 551 Ciaravella, A., Maggio, A., & Peres, G. 1996, A&A, 306, 553
Craig, I. J. D., & Brown, J. C. 1986, Inverse Problems in Astronomy: A Guide to Inversion Strategies for Remotely Sensed Data (Bristol : Adam Hilger Ltd.)
Cully, S. L. 1997, Ph.D. thesis, Univ. California, Berkeley
Cully, S. L., Fisher, G. H., Abbott, M. J., & Siegmund, O. H. W. 1994, ApJ,
435, 449
Cully, S. L., Siegmund, O. H. W., Vedder, P. W., & Vallerga, J. V. V. 1993,
ApJ, 414, L49
Dennis, B. R., & Zarro, D. M. 1993, Sol. Phys., 146, 177
Drake, J. J., Laming, J. M., & Widing, K. G. 1996, in Astrophysics in the
Extreme Ultraviolet, ed. S. Bowyer & R. Malina (Dordrecht: Kluwer),
97
Feldman, U. 1992, Phys. Scr., 46, 202
Fisher, G. H., & Hawley, S. L. 1990, ApJ, 357, 243
Fruscione, A., Hawkins, I., Jelinsky, P., & Wiercigroch, A. 1994, ApJS, 94,
127
Giampapa, M. S., Rosner, R., Kashyap, V., Fleming, T. A., Schmitt,
J. H. M. M., & Bookbinder, J. A. 1996, ApJ, 463, 707 (G96) GrifÐths, N. W., Ph.D. thesis, Oxford Univ.
Gronenschild, E. H. B. M., & Mewe, R. 1978, A&AS, 32, 283 Hawley, S. L., et al. 1995, ApJ, 453, 464 (Paper I)
Horne, K. 1986, PASP, 98, 609
Judge, P. G., Hubeny, V., & Brown, J. C. 1997, ApJ, 475, 275
Malina, R. F., & Bowyer, S. 1991, in Extreme Ultraviolet Astronomy, ed. R. F. Malina & S. Bowyer (New York : Pergamon Press), 397
Metcalf, T. R., & Fisher, G. H. 1996, ApJ, 462, 977
Mewe, R., Kaastra, J. S., Schrijver, C. J., van den Oord, G. H. J., &
Alkemade, F. J. M. 1995, A&A, 284, 477
Meyer, J.-P. 1991, Adv. Space Res., 11(1), 269
Monsignori Fossi, B. C., & Landini, M. 1994a, A&A, 284, 900
ÈÈÈ. 1994b, Sol. Phys., 152, 81
Monsignori Fossi, B. C., Landini, M., Del Zanna, G., & Bowyer, S. 1996,
ApJ, 466, 427
Neupert, W. M. 1968, ApJ, 153, L59
Pottasch, S. R. 1963, ApJ, 137, 945
Press, W. H., Flannery, B. P., Teukolsky, S. A., & Vetterling, W. T. 1992,
Numerical Recipes (Cambridge : Cambridge Univ. Press)
Raymond, J. C. 1995, in Laboratory, Solar, and Stellar Astrophysical
Plasmas, ed. T. W. Hartquist & A. J. Willis (Dordrecht : Kluwer), 261 Raymond, J. C., & Smith, B. W. 1977, ApJS, 35, 419
Reid, I. N., Hawley, S. L., & Gizis, J. E. 1995, AJ, 110, 1838
Rumph, T., Bowyer, S., & Vennes, S. 1994, AJ, 107, 2108 Schmitt,J.H.M.M.,Stern,R.A.,Drake,J.J.,&Ku????rster,M.1996,ApJ,
464, 898
Schrijver, C. J., Mewe, R., van den Oord, G. H. J., & Kaastra, J. S. 1995,
A&A, 302, 438
Siegmund, O. H. W., Vallerga, J., & Wargelin, B. 1987, in IEEE Trans.
Nucl. Sci., 35, 524
Stern, R. A., Lemen, J. R., Schmitt, J. H. M. M., & Pye, J. M. 1995, ApJ,
444, L45


Rachel A. Osten1 T. S. Bastian
http://citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/download?doi=10.1.1.256.3242&rep=rep1&type=pdf

REFERENCES
Abada-Simon, M., Lecacheux, A., Aubier, M., & Bookbinder, J. A. 1997, A&A, 321, 841 Aschwanden, M. J. & Benz, A. O. 1986, A&A, 158, 102
Bastian, T. S., Benz, A. O., & Gary, D. E. 1998, ARA&A, 36, 131
Bastian, T. S., Bookbinder, J., Dulk, G. A., & Davis, M. 1990, ApJ, 353, 265
Bastian, T. S. & Bookbinder, J. A. 1987, Nature, 326, 678
Benz, A. 2002, Plasma Astrophysics, Kinetic Processes in Solar and Stellar Coronae, sec- ond edition (Astrophysics and Space Science Library, Vol. 279, Kluwer Academic Publishers, Dordrecht, 2002.)
Benz, A. O. 1986, Sol. Phys., 104, 99
Csillaghy, A. & Benz, A. O. 1993, A&A, 274, 487
Dr ̈oge, F. 1977, A&A, 57, 285
Dulk, G. A. 1985, ARA&A, 23, 169
Favata, F., Micela, G., & Reale, F. 2000, A&A, 354, 1021
Fleishman, G. D. & Melnikov, V. F. 1998, Phys.-Uspekhi, 41, 1157
Gu ̈del, M., Audard, M., Kashyap, V. L., Drake, J. J., & Guinan, E. F. 2003, ApJ, 582, 423
Gu ̈del, M. & Benz, A. O. 1990, A&A, 231, 202
Gu ̈del, M., Benz, A. O., Bastian, T. S., Furst, E., Simnett, G. M., & Davis, R. J. 1989, A&A, 220, L5
Gu ̈del, M. & Zlobec, P. 1991, A&A, 245, 299
Hu ̈nsch, M., Schmitt, J. H. M. M., Sterzik, M. F., & Voges, W. 1999, A&AS, 135, 319
Hawley, S. L., Allred, J. C., Johns-Krull, C. M., Fisher, G. H., Abbett, W. P., Alekseev, I., Avgoloupis, S. I., Deustua, S. E., Gunn, A., Seiradakis, J. H., Sirk, M. M., & Valenti, J. A. 2003, ApJ, 597, 535
Hawley, S. L., Fisher, G. H., Simon, T., Cully, S. L., Deustua, S. E., Jablonski, M., Johns- Krull, C. M., Pettersen, B. R., Smith, V., Spiesman, W. J., & Valenti, J. 1995, ApJ, 453, 464
Hawley, S. L. & Pettersen, B. R. 1991, ApJ, 378, 725
Jackson, P. D., Kundu, M. R., & White, S. M. 1989, A&A, 210, 284
Lang, K. R., Bookbinder, J., Golub, L., & Davis, M. M. 1983, ApJ, 272, L15
Lang, K. R. & Willson, R. F. 1986, ApJ, 305, 363
Rybicki, G. B. & Lightman, A. P. 1979, Radiative processes in astrophysics (New York, Wiley-Interscience, 1979. 393 p.)
Seiradakis, J. H., Avgoloupis, S., Mavridis, L. N., Varvoglis, P., & Fuerst, E. 1995, A&A, 295, 123
Spangler, S. R., Rankin, J. M., & Shawhan, S. D. 1974, ApJ, 194, L43
Stepanov, A. V., Kliem, B., Zaitsev, V. V., Fu ̈rst, E., Jessner, A., Kru ̈ger, A., Hildebrandt, J., & Schmitt, J. H. M. M. 2001, A&A, 374, 1072
van den Besselaar, E. J. M. and Raassen, A. J. J. and Mewe, R. and van der Meer, R. L. J. and Gu ̈del, M. and Audard, M. 2003, A&A, 411, 587
Za ̆itsev, V. V., Kislyakov, A. G., Stepanov, A. V., Kliem, B., & Furst, E. 2004, Astronomy Letters, 30, 319
Za ̆itsev, V. V., Kupriyanova, E. G., & Stepanov, A. V. 2000, Astronomy Letters, 26, 736


Is T Leonis a superoutbursting intermediate polar?
by Sonja Vrielmann , Jan-uwe Ness , Jürgen H. M. M. Schmitt
http://citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/download?doi=10.1.1.315.6685&rep=rep1&type=pdf

References
Abbott, T.M.C., Robinson, E.L., Hill, G.J., Haswell, C.A. 1992, ApJ, 399, 680
Belle, K., Nguyen, Q., Fabian, D., Sion, E.M., Huang, M. 1998, PASP, 110, 47
Homer, L., Anderson, S.F., Wachter, S., Margon, B. 2002, AJ, 124, 3348
Howell, S.B., Ciardi, D.R., Szkody, P., van Paradijs, J., Kuulkers, E., Cash, J., Sirk, M., Long, K.S. 1999, PASP, 111, 342
Kato, T. 1997, PASJ, 49, 583
Kato, T., Fujino, S. 1987, Var. Star Bull. 3, 10
Kato, T., Nogami, D. 1997, PASJ, 49, 481
Kato, T., Sekine, Y., Hirata, R. 2001, PASJ, 53, 1191
Kato, T., Uemura, M., Ishioka, R., Nogami, D., Kunjaya, C., Baba, H.,
Yamaoka, H. 2004, PASJ, in press, (astro-ph/0310209)
Kemp, J., Patterson, J., Thorstensen, J.R., Fried, R.E., Skillman, D.R.,
Billings, G. 2002, PASP, 114, 623
King, A.R. 1995, in: Cape Workshop on magnetic cataclysmic vari-
ables, ed. D.A.H. Buckley, B. Warner, ASP Conf. Ser., Vol 85, 21
Livio, M. 1998, in “Wild Stars In The Old West”, Proc. of the 13th North American Workshop on CVs and Related Objects, ed. S. Howell, E. Kuulkers, & C. Woodward, ASP Conf. Ser., Vol. 137, 264
Lemm, K., Patterson, J., Thomas, G., Skillman, D.R. 1993, PASP, 105, 1120
Mahasena, P., Osaki, Y. 1999, PASJ, 51, 45
de Martino, D., Gonzalez-Riestra, R., Rodriguez, P., Buckley, D.,
Dickson, J., Remillard, R.A., 1992, IAUC, 5481
McGowan, K.E., Priedhorsky, W.C., Trudolyubov, S.P. 2003, ApJ, in
press
Meyer, F., Meyer-Hofmeister, E. 1994, A&A, 288, 175
Middleditch, J., Mason, K.O., Nelson, J.E., White, N.E. 1981, ApJ,
244, 1001
Norton, A.J. 2001, X-Ray astronomy: Stellar Endpoints, AGN, and
the Diffuse X-ray Background, ed. N.E. White, G. Malaguti, &
G.G.C. Palumbo, AIP Conference Proceedings, Vol. 599, 806 Norton, A.J., Beadmore, A.P., Allan, A., Hellier, C. 1999, A&A, 347,
203
Ness, J.-U., Wichmann, R. 2002, AN, 323, 129
Patterson, J. 1999, in Disk Instabilities in Close Binary Systems., Proc.
of the Disk-Instability Workshop, 27-30 Oct 1998, Kyoto, Japan, ed. S. Mineshige, J.C. Wheeler, Frontiers Sci. Ser. 26, Universal Academy Press, p.61
Remillard, R.A., Bradt, H.V., Brissenden, R.J.V., Buckley, D.A.H., Schwartz, D.A., Silber, A., Stroozas, B.A., Tuohy, I.R., 1994, ApJ, 428, 785
Richman, H. 1996, ApJ, 462, 404
Robertson, J.W., Honeycutt, R.K. 1996, AJ, 112, 2248
Robinson, E.L., Shafter, A.W., Hill, J.A., Wood, M.A., Mattei, J.A.
1987, ApJ, 313, 772
Schulz, N.S., Chakrabarty, D., Marshall, H.L., Canizares, C.R., Lee,
J.C., Houck, J. 2001, ApJ, 563, 941
Schwarz, R., Greiner, J., Tovmassian, G.H., Zharikov, S.V., Wenzel,
W. 2002, A&A, 392, 505
Shafter, A.W., Szkody, P. 1984, ApJ, 276, 305
Shafter, A.W., Szkody, P., Thorstensen, J.R. 1986, ApJ, 308, 765 Slovak, M.H., Nelson, M.J., Shafter, A.W. 1987, IAU Circ., 4314 Szkody, P., Silber, A. 1996, AJ, 112, 289
Szkody, P., Nishikida, K., Long, K.S., Fried, R. 2001, AJ, 121, 2761 Thorstensen, J.R., Patterson, J., Kemp, J., Vennes, S. 2002, PASP, 114,
1108
Tovmassian, G.H., Greiner, J., Kroll, P., Szkody, P., Mason, P.A.,
Zickgraf, F.-J., Krautter, J., Thiering, I., Serrano, A., Howell, S.,
Ciardi, D.R. 1998, A&A, 335, 227
van Teeseling, A., Beuermann, K., Verbunt, F. 1996, A&A, 315, 467 Warner, B. 1995, “Cataclysmic variable stars”, Cambridge
Astrophysics Series, Cambridge University Press, p. 207
Warner, B. 2004, PASP, invited review, astro-ph 0312182
Warner, B., Woudt, P.A., 2002, MNRAS, 335, 84
Warner, B., Woudt, P.A., Pretorius, M.L. 2003, MNRAS 344, 1193 Wood, J.H., Naylor, T., Hassall, B.J.M., Ramseyer, T.F. 1995,
MNRAS, 273, 772
Rosen, S.R., Clayton, K.L., Osborne, J.P., McGale, P.A. 1994,
MNRAS, 269, 913

by A. Reiners , J. H. M. M. Schmitt , C. Liefke
http://citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/download?doi=10.1.1.337.5075&rep=rep1&type=pdf


References
Donati, J.-F., Forveille, T., Cameron, et al. 2006, Science, 311, 633-635 Fuhrmeister, B., Liefke, C., & Schmitt, J. H. M. M., 2007, A&A, submitted Fuhrmeister, B., Schmitt, J. H. M. M., & Hauschildt, P. H. 2005, A&A, 439,
1137
Henry, T. J., Subasavage, J. P., Brown, M. A., et al. 2004, AJ, 128, 2460 Johns-Krull, C., & Valenti, J.A., 2000, ASPC, 198, 371
Kirkpatrick, J. D., Henry, T. J., & McCarthy, D. W. 1991, ApJS, 77, 417
Mohanty, S. & Basri, G. 2003, ApJ, 583, 451
Pavlenko, Y. V., Jones, H. R. A., Lyubchik, Y., Tennyson, J., & Pinfield, D. J.
2006, A&A, 447, 709
Piskunov, N. E. & Valenti, J. A. 2002, A&A, 385, 1095
Press W.H., Teukolsky S.A., Vetterling W.T., & Flannery B.P., 1992, Numerical
Recipes in C, Cambridge Universtity Press
Reid, I. N., Hawley, S. L., & Gizis, J. E. 1995, AJ, 110, 1838 Reiners, A., & Basri, G., 2006, ApJ, 644, 497
Reiners, A., & Basri, G., 2007, ApJ, 656, 1121

COLDER AND HOTTER: INTERFEROMETRIC IMAGING OF β CASSIOPEIAE AND α LEONIS
by S. T. Ridgway , N. Turner , J. Sturmann , L. Sturmann
http://citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/download?doi=10.1.1.661.5028&rep=rep1&type=pdf

REFERENCES
Abt, H. A., Levato, H., & Grosso, M. 2002, ApJ, 573, 359
Abt, H. A., & Morrell, N. I. 1995, ApJS, 99, 135
Aufdenberg, J. P., et al. 2006, ApJ, 645, 664
Barnes, T. G., Evans, D. S., & Moffett, T. J. 1978, MNRAS, 183, 285 Bernacca, P. L., & Perinotto, M. 1970, Contrib. Osser. Astrofis. Univ. Padova
Asiago, 239, 1
Bonneau, D., et al. 2006, A&A, 456, 789
Che, X., Monnier, J. D., & Webster, S. 2010, Proc. SPIE, 7734, 91
Claret, A. 1998, A&AS, 131, 395
Claret, A. 2000, A&A, 359, 289
Cutri, R. M., et al. 2003, 2MASS All Sky Catalog of Point Sources (Pasadena,
CA: IPAC), http://irsa.ipac.caltech.edu/applications/Gator/
Danziger, I. J., & Faber, S. M. 1972, A&A, 18, 428
Daszyn ́ska, J., & Cugier, H. 2003, Adv. Space Res., 31, 381
Demarque, P., Woo, J., Kim, Y., & Yi, S. K. 2004, ApJS, 155, 667
Domiciano de Souza, A., Kervella, P., Jankov, S., Abe, L., Vakili, F., di Folco,
E., & Paresce, F. 2003, A&A, 407, L47
Ducati, J. R. 2002, VizieR Online Data Catalog, 2237, 0
Gies, D. R., et al. 2008, ApJ, 682, L117
Glebocki, R., & Stawikowski, A. 2000, Acta Astron., 50, 509
Gray, R. O., Corbally, C. J., Garrison, R. F., McFadden, M. T., & Robinson,
P. E. 2003, AJ, 126, 2048
Gray, R. O., Graham, P. W., & Hoyt, S. R. 2001, AJ, 121, 2159
Holmberg, J., Nordstro ̈m, B., & Andersen, J. 2007, A&A, 475, 519
Ireland, M. J., Monnier, J. D., & Thureau, N. 2006, Proc. SPIE, 6268, 58 Johnson, H. L., & Morgan, W. W. 1953, ApJ, 117, 313
Kervella, P., & Fouque ́, P. 2008, A&A, 491, 855
Kharchenko, N. V., Piskunov, A. E., Ro ̈ser, S., Schilbach, E., Scholz, R., &
Zinnecker, H. 2009, A&A, 504, 681
Kitamura, M., & Nakamura, Y. 1988, Ap&SS, 145, 117
Kurucz, R. L. 1992, in IAU Symp. 149, The Stellar Populations of Galaxies, ed.
B. Barbuy & A. Renzini (Dordrecht: Kluwer), 225
Lovekin, C. C., Deupree, R. G., & Short, C. I. 2006, ApJ, 643, 460 MacFadyen, A. I., & Woosley, S. E. 1999, ApJ, 524, 262
McAlister, H. A., et al. 2005, ApJ, 628, 439
Meynet, G., & Maeder, A. 2000, A&A, 361, 101
Monnier, J. D., Berger, J., Millan-Gabet, R., & ten Brummelaar, T. A. 2004, Proc.
SPIE, 5491, 1370
Monnier, J. D., et al. 2006, Proc. SPIE, 6268, 55
Monnier, J. D., et al. 2007, Science, 317, 342
Monnier, J. D., et al. 2008, Proc. SPIE, 7013, 1
Morel, M., & Magnenat, P. 1978, A&AS, 34, 477
Pantazis, G., & Niarchos, P. G. 1998, A&A, 335, 199
Paxton, B. 2004, PASP, 116, 699
Pedretti, E., Monnier, J. D., Brummelaar, T. T., & Thureau, N. D. 2009, New
Astron. Rev., 53, 353
Peterson, D. M., et al. 2006, Nature, 440, 896
Rachford, B. L., & Foight, D. R. 2009, ApJ, 698, 786
Reiners, A. 2006, A&A, 446, 267
Rhee, J. H., Song, I., Zuckerman, B., & McElwain, M. 2007, ApJ, 660, 1556 Richichi, A., & Percheron, I. 2002, A&A, 386, 492
Sackmann, I. J. 1970, A&A, 8, 76
Schro ̈der, C., Reiners, A., & Schmitt, J. H. M. M. 2009, A&A, 493, 1099 Slettebak, A. 1963, AJ, 68, 292
Stoeckley, T. R., Carroll, R. W., & Miller, R. D. 1984, MNRAS, 208, 459 Tassoul, J.-L. (ed.) 2000, Stellar Rotation (Cambridge: Cambridge Univ. Press),
70
van Belle, G. T., Ciardi, D. R., Thompson, R. R., Akeson, R. L., & Lada, E. A.
2001, ApJ, 559, 1155
van Belle, G. T., et al. 2006, ApJ, 637, 494
van Leeuwen, F. 2007, A&A, 474, 653
von Zeipel, H. 1924a, MNRAS, 84, 665
von Zeipel, H. 1924b, MNRAS, 84, 684
Yi, S. K., Demarque, P., Kim, Y., Lee, Y., Ree, C. H., Lejeune, T., & Barnes, S.
2001, ApJS, 136, 417
Yi, S. K., Kim, Y., & Demarque, P. 2003, ApJS, 144, 259 Zhao, M., et al. 2009, ApJ, 701, 209

Multiwavelength observations of a giant flare on CN Leonis ⋆,⋆⋆ I. The (2008)
by B. Fuhrmeister , C. Liefke , J. H. M. M. Schmitt , A. Reiners
http://citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/download?doi=10.1.1.248.2200&rep=rep1&type=pdf

References
Allred, J. C., Hawley, S. L., Abbett, W. P., & Carlsson, M. 2006, ApJ, 644, 484 Berger, E., Basri, G., Gizis, J. E., et al. 2008a, ApJ, 676, 1307
Berger, E., Gizis, J. E., Giampapa, M. S., et al. 2008b, ApJ, 673, 1080
Berger, E., Rutledge, R. E., Reid, I. N., et al. 2005, ApJ, 627, 960
Canfield, R. C., Penn, M. J., Wulser, J.-P., & Kiplinger, A. L. 1990, ApJ, 363, 318
Cram, L. E. & Mullan, D. J. 1979, ApJ, 234, 579
Crespo-Chaco ́n, I., Montes, D., Garc ́ıa-Alvarez, D., et al. 2006, A&A, 452, 987 de Jager, C., Heise, J., van Genderen, A. M., et al. 1989, A&A, 211, 157
Doyle, J. G., Butler, C. J., Bryne, P. B., & van den Oord, G. H. J. 1988, A&A,
193, 229
Eason, E. L. E., Giampapa, M. S., Radick, R. R., Worden, S. P., & Hege, E. K.
1992, AJ, 104, 1161
Fisher, G. H. 1989, ApJ, 346, 1019
Fuhrmeister, B., Liefke, C., & Schmitt, J. H. M. M. 2007, A&A, 468, 221 Fuhrmeister, B., Schmitt, J. H. M. M., & Hauschildt, P. H. 2005a, A&A, 436,
677
Fuhrmeister, B., Schmitt, J. H. M. M., & Hauschildt, P. H. 2005b, A&A, 439,
1137
Fuhrmeister, B., Schmitt, J. H. M. M., & Hauschildt, P. H. 2008, A&A, in prepa-
ration
Garc ́ıa-Alvarez, D., Jevremovic ́, D., Doyle, J. G., & Butler, C. J. 2002, A&A,
383, 548
Gu ̈del, M., Audard, M., Reale, F., Skinner, S. L., & Linsky, J. L. 2004, A&A,
416, 713
Gu ̈del, M., Audard, M., Skinner, S. L., & Horvath, M. I. 2002, ApJ, 580, L73
Gunn, A. G., Doyle, J. G., Mathioudakis, M., Houdebine, E. R., & Avgoloupis, S. 1994, A&A, 285, 489
Hawley, S. L., Allred, J. C., Johns-Krull, C. M., et al. 2003, ApJ, 597, 535 Hawley, S. L. & Fisher, G. H. 1992, ApJS, 78, 565
Hawley, S. L. & Pettersen, B. R. 1991, ApJ, 378, 725
Houdebine, E. R. 2003, A&A, 397, 1019
Houdebine, E. R. & Doyle, J. G. 1994, A&A, 289, 169
Houdebine, E. R., Foing, B. H., Doyle, J. G., & Rodono, M. 1993, A&A, 274,
245
Jevremovic ́, D., Doyle, J. G., & Short, C. I. 2000, A&A, 358, 575
Kirkpatrick, J. D., Henry, T. J., & McCarthy, D. W. 1991, ApJS, 77, 417 Liebert, J., Kirkpatrick, J. D., Reid, I. N., & Fisher, M. D. 1999, ApJ, 519, 345 Liefke, C., Schmitt, J. H. M. M., & Fuhrmeister, B. 2008, A&A, in preparation Mitra-Kraev, U., Harra, L. K., Gu ̈del, M., et al. 2005, A&A, 431, 679
Moore, C. E. 1972, Nat. Stand. Ref. Data Ser., 40
Ness, J.-U. & Wichmann, R. 2002, Astronomische Nachrichten, 323, 129 Osten, R. A., Hawley, S. L., Allred, J., et al. 2006, ApJ, 647, 1349
Osten, R. A., Hawley, S. L., Allred, J. C., Johns-Krull, C. M., & Roark, C. 2005,
ApJ, 621, 398
Paulson, D. B., Allred, J. C., Anderson, R. B., et al. 2006, PASP, 118, 227 Pavlenko, Y. V., Jones, H. R. A., Lyubchik, Y., Tennyson, J., & Pinfield, D. J.
2006, A&A, 447, 709
Piskunov, N. E. & Valenti, J. A. 2002, A&A, 385, 1095
Reid, I. N., Hawley, S. L., & Gizis, J. E. 1995, AJ, 110, 1838
Reiners, A., Schmitt, J. H. M. M., & Liefke, C. 2007, A&A, 466, L13 Robinson, R. D., Cram, L. E., & Giampapa, M. S. 1990, ApJS, 74, 891 Schmidt, S. J., Cruz, K. L., Bongiorno, B. J., Liebert, J., & Reid, I. N. 2007, AJ,
133, 2258
Schmitt, J. H. M. M., Reale, F., Liefke, C., et al. 2008, A&A, 481, 799 Smith, K., Gu ̈del, M., & Audard, M. 2005, A&A, 436, 241
Vernazza, J. E., Avrett, E. H., & Loeser, R. 1981, ApJS, 45, 635


09:40 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2018/03/02

プログラマが国立国会図書館(本館:永田町)を利用する際の16の関門 VER.4.0

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen

プログラマが国立国会図書館(本館:永田町)を利用する際の16の関門 VER.4.0

国会図書館(本館:永田町)を利用する際に、いろいろな違和感がある。官庁のサービスだからということにとどまらない。しかし、視点を一つに絞らないと、違和感の原因がはっきりしないため、プログラマに限定して、国会図書館を利用する際に、戸惑うことがないようにするのがこの資料の趣旨です。また、電子納本制度がまだ実証実験段階で、プログラマの方々のご意見、著作権を確保しながら国民の知る権利との均衡を図る方法の提案を促進することも付帯的に狙っています。

関門1 事前準備

ネットで所蔵を調べることができます。(2018/1/4まで休止していました。)
http://opac.ndl.go.jp
また、インタネットで全文を公開している電子書籍もあります。事前に調べておけば、国会図書館内でしかできない作業に集中できます。主に電子書籍には三種類あります。

インターネット公開資料

354432文献あります。

http://dl.ndl.go.jp/search/searchResult?categoryTypeNo=1&categoryGroupCode=C&categoryCode=00&filters=8%3A0&viewRestrictedList=0%7C2%7C3 

提携図書館で閲覧できる文献

図書館向けデジタル化資料送信サービス860館
http://dl.ndl.go.jp/ja/soshin_librarylist.html
一箇所しかない県もある。その地方のプログラマの力で、閲覧箇所を増やしてください。
閲覧可能端末の管理がうまくできない場合には、協力者になると良いかも。

国会図書館でしか閲覧できない文献 国立国会図書館限定

国会図書館でも、国会図書館が設置した端末でないと閲覧できない文献
http://dl.ndl.go.jp/search/searchResult?categoryTypeNo=1&categoryGroupCode=C&categoryCode=00&filters=8%3A2&viewRestrictedList=0%7C2%7C3

利用者登録してあると、複写依頼ができます。

関門2 利用者登録

「満18歳以上の方ならどなたでも登録することができます。」
http://www.ndl.go.jp/jp/information/guide.html
「登録利用者でない方も東京本館、関西館に入館できますが、ご利用いただけるのは開架資料及び館内の利用者端末のみですのでご注意ください。」
逆に、18歳未満であると、日本に有益な活動をしている個人であっても、子供図書館以外は書庫の図下記の方法以外では利用できない。
「満18歳未満の方へ」
http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/under18.html

関門2-1 本人確認書類

運転免許証、個人番号カード(マイナンバーカード)、住民票の写し(3カ月以内に発行されたもの)で、指名、現住所、生年月日の記載があればよい。
パスポート、健康保険証、学生証であっても「現住所」の記載がないものは認められない。
「有効期限内のもので、かつ氏名、現住所、生年月日が記載されているものに限ります。」
http://www.ndl.go.jp/jp/information/guide.html#identification

関門2-2 利用者登録証

入場扉、備え付けコンピュータの利用、閉架式文献の受け取り、複写の申し込み・受け取りなどで利用します。朝9時から申請を受け付けます。開館の9時半には出来上がる可能性があります。利用者登録証をお持ちでない場合には、朝9時に来ると時間の無駄がないかもしれない。
利用者登録証は現在、プリペイドカードでもクレジットカード機能もない。
プリペイドカード等になっていれば、複写費用の支払いにも用いることができる。次の更新の際には、ぜひ検討いただけると幸いです。

関門2-3 利用者登録証番号

利用者登録証の番号がIDです。パスワードを設定すると、オンラインで閉架式図書の申し込みや、閲覧可能状態かどうかの確認ができます。

関門3 入場前後

関門3-1 便所(toilet)

午前9時前に到着しても、利用できる便所はありません。午前9時になると、新館の入場扉より外側の便所が利用できます。本館は午前9時半に入場してから利用できます。

関門3-2 コインロッカー

持ち込み禁止の荷物は、コインロッカーに預ける。大きさは大型、小型の2種類がある。小型のキャリーバックは入る。どちらも100円返却式である。100円を持参していない人向けに、専用コインのロッカーがある。専用コインは、係員の方に声をかけて、コインを入れてもらう。100円式は戻ってくるので、手軽に何度も出し入れしやすい。100円玉を持って国会図書館に行こう。
http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/notes.html#10

関門3-3 入場扉

利用者証を扉の所定の位置に触れると開く。しかし、鉄道の改札のような速度ではない。最近、扉が更新されたが、まだ速度が遅い。ここでイラっとしたら負け。官庁のシステムは、国民及び住民のうちのプログラマが、発注者、受注者、利用者の3つの立場で、仕様を決めるのに参与していないとダメなことが分かる。

関門4 パソコンの持ち込み

土曜などでは、館内に用意されているコンピュータがほとんど埋まることがあり、無線機能のついたパソコンを持参するのが便利である。主に、本館2階第一閲覧室、新館2階閲覧室で利用する。
持ち込みの荷物は、ある一定以上の大きさのものは、透明の袋に入れて持ち込むことになっている。しかし、パソコンはぶつかったりして破損するといけないので、保護袋に入れて持ち込みたい。そのため、退出時に、透明でない袋に入っているパソコンなどは、扉のところで係員の方に中を見てもらい出ることになる。
しばしば、中を確認してもらったのに、別の係員の人が確認しているところを見てなかったために呼び止められることがある。何か、もっと効率的な方法を編み出すとよいかも。

関門4-1 パソコンの電源

館内のいくつかの部屋には、パソコン用電源を用意している。登録IDで、検索した結果などをWeb上に記録しておく機能はあるが、自前のパソコンであれば、その場で保存したり、自前のサイトで参考文献一覧などを作成しておくことが可能である。

関門4-2 WiFi

館内でいくつかの部屋では、無料WiFiが利用できる。主に、本館2階第一閲覧室、新館2階閲覧室で利用できる。しかし、最初の登録が、メールを受け取れないとできない場合があり、手続きに1時間くらいかかったことがある。最近、SNSのIDでも登録できるようになったため、スマフォなどを持って入れば、より容易に接続を開始できる可能性がある。科学技術・経済情報室(本館2階)、人文総合情報室(本館2階)ではWiFiは入らない(2017年12月1日現在)

関門4-3 イヤホンの持ち込み利用原則禁止

http://www.ndl.go.jp/jp/service/use.html
障碍等でイヤホン等の利用が必要な場合は、受付でご相談ください。
音楽・映像資料室にはヘッドホンを常備しています。

関門5 開架式の図書の配列

開架式の図書を探す場合に、分類順に並んでいるものと、資料番号順に並んでいるものがある。どの資料がどの棚にあるか、初めのうちは迷うことがある。全部の棚を一度は見て歩くとよい。
開架式の図書があるのは、主に次の三箇所。辞書類が開架式であるため、辞書類を手元に置きながら、検索をすることができる。
- 科学技術・経済情報室(本館2階)
- 人文総合情報室(本館2階)
- 議会官庁資料室(新館3階)

館外貸出は原則として行なっていない。
http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/notes.html#05

関門6 閉架式

雑誌、書籍の多くは、閉架式の書庫から出してもらう。手続きは、館内に用意されているコンピュータか、持参のパソコンから接続して手続きする。開架式と閉架式の両方にある資料がある。
国会図書館のWebからあらかじめ、本を検索して置いて、すぐに申し込むことができる。ただし、新しいシステムは2018年1月5に開始とのことなので、開始したら詳細を書きます。
http://www.ndl.go.jp/jp/2018renewal/01.html

関門6-1 館内貸出の上限

同時に書籍は3冊、雑誌は10冊と上限が決まっている。
「図書の受付件数は、申し込んでいるものも含めて3点までです。」
「雑誌の受付件数は、申し込んでいるものも含めて10点までです。」
ただし、雑誌の場合には、複数の号をとして一つの冊子としている場合があり、その場合は、号数の合計ではなく、冊子数の合計です。

関門6-2 図書と雑誌とそれ以外

ネットで検索して、書庫から文献の利用を依頼したときに、大まかに分けて、図書と雑誌の区別がある。しかし、払い出しの窓口は、図書、雑誌以外に、別室など10箇所くらいあり、よく注意していないと、図書カウンター、雑誌カウンターの係員の手間を取らせてしまう。自分も二度手間になる。しかし、図書、雑誌以外の場所から出る確率は低いため、たまに別の窓口から出るものであることに気がつかないことがある。2箇所以外から出る場合は、画面の文字を太字で大きくしたり、色を変えたりの工夫が必要だろう。
- 図書カウンター(本館2階)
- 雑誌カウンター(新館2階)
- 図書別室(本館3階:専用階段利用)
- 音楽・映像資料室(新館1階)
- 古典籍資料室(本館3階)
- 地図室(本館4階)
- 憲政資料室(本館4階)
- 議会官庁資料室(新館3階:開架・閉架)
- 科学技術・経済情報室(本館2階:開架式のみ)
- 人文総合情報室(本館2階:開架式のみ)
http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/readinginfo.html

関門7 電子版しかない資料

古い雑誌、書籍で電子版しかない資料がある。ネットに公開されていて、自分のパソコンで閲覧できるものもある。逆に、雑誌で電子資料がある表示になっているが、調べたい年のものが冊子か電子化は個々に当たるしかない。何年からは電子という表示をいたるところにして欲しいと思うことがある。連携図書館で閲覧できるものは、その連携図書館の利用の規定に応じて、閲覧することになる。閲覧時間、複写の可能性の有無など、連携図書館によって違うかもしれない。

関門7-1 国会図書館でしか閲覧できない電子資料

古い文献などで、電子資料しかないもののうち、国会図書館の中でしか閲覧できない資料がある。それらは、自分のパソコンでは閲覧できず、館内のコンピュータで閲覧するしかな
い。

関門8 関西館にしかない資料、子供図書館(上野)にしかない資料

博士論文など、関西館にしか所蔵していない資料がある。関西館にはまだ行ったことがない。本館に、関西館に関する相談窓口がある。
子供図書館にしかない資料は、上野まで足を伸ばせばよい。うまく時間を調整すれば、二つの図書館を利用することは可能だ。

関門9 マイクロフィルム等しかない資料

電子化が進んでいないマイクロフィルムしかない資料は、指定の場所で指定の機器で閲覧することになる。国会図書館で初めてマイクロフィルムを扱ったが、機器の操作になれるのに数十分かかった。

関門10 欠号、納本されていない文献

国立国会図書館法では、日本国内で発行された書籍、一定の基準を満たす冊子は、国会図書館に納本する権利と義務がある。しかし、いくつかの団体、個人で、国会図書館に納本していない場合がある。また、雑誌によっては、盗難などによる欠号がある。また、雑誌類で、出版体制が整わないうちに廃刊になったものは、全く納本されていないか、一部しか納本されていないものがある。現在も活動している団体・個人には、強制執行はできないかもしれないが、在庫があれば善意の納本を呼びかけることは可能である。確認済みの欠号は

  • 未来短歌会 未来1995年2月号
  • NHK短歌 2013年8月号

関門11 資料の複写

閲覧した資料は有料で複写の依頼ができる。複写できる範囲は、資料の半分以下である。

関門11-1 複写の指定の紙の印刷

複写を依頼するには、複写を依頼する紙をまず印刷する。複写依頼をコンピュータから対象資料名を指定し、次に印刷機のところに利用者証を置くと印刷が始まる。時々、印刷機のところに利用者証を置きっ放しにしてしまうことがある。

関門11-2 複写の指定の仕方

複写対象資料名は印刷されているため、複写の範囲を記入し、紙のしおりを開始位置と終了位置に挟み込む。

関門11-3 複写費用

小さい資料は見開きで1枚として複写できる場合がある。その可否は、窓口に持ち込んで、手続きをする際に、説明がある。A4税抜き24円。
http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/data_copyfee.html

関門11-4 複写依頼中に次の複写は依頼できないらしい

1冊の複写を依頼して、次の資料を見て、複写の依頼をしようとしても、1つ複写を依頼していると、その複写が終了してからしか次の複写が依頼できないらしい。まとめて複写を依頼しないと、無駄時間が生じるかもしれない。

関門12 CDなどの電子資料

CD, DVD等の電子資料は、電子資料の閲覧室で、閲覧することができるが、電子的に複写することはできない。電子資料を含む資料は、電子資料は利用しなくても、電子資料室でしか閲覧できない。電子資料室で何と何を利用するか、効率的に行動しないと行ったり来たりの時間が無駄になる。

関門12-1 FDの付属資料は閲覧できない

FDの読み取り装置が用意されておらず、FDに登録されている電子資料は閲覧できない。FDドライブを持ち込んでの閲覧を希望したが、窓口では判断できないとのこと。早く、FD内の電子情報を閲覧できるように、関係者と協議してほしい。方法は以下
- 3.5インチFDについては、720KB, 1.2MB, 1.44MBを読み取れるFDドライブで閲覧できるように提供する
- 5.25インチ、8インチFD、場合によっては3.5インチの情報をCDに複写して提供する
- 館内閲覧可能な電子情報として提供する

具体的な閲覧希望媒体はCジャーナル(ビレッジセンター)。

関門13 ATM

本館3階 喫茶室前にある。ただし、現在、りそな。
http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/flow/images/flow7_04.jpg
http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/flow/flow7.html

関門14 地下鉄有楽町線永田町 国会議事堂方面改札より出口

国立国会図書館の一番最寄りの駅は有楽町線永田町駅。出て、交差点の信号を渡ると国会図書館。しかし、利用者用の出入り口は、一区画半歩かないといけない。屋根がないので雨の日は悲しい。地下鉄の方が後からできたので仕方がない。次の建物の改装の際には、利用者出入り口を、地下鉄出入り口付近に作って欲しい。

関門14-2 本館入ったところが2階

東京は坂が多い。建物の途中に坂があると、どこが1階かは、正面玄関のつける位置に寄ることがある。国会図書館は、本館の入り口から入ると、そこが2階です。エレベータの乗り降りの際には、気をつけてください。

関門15 飲食

食事ができる場所が3箇所ある。それ以外の場所では飲食禁止。また、食堂・喫茶には文献の持ち込み禁止。
- 本館6階食堂
- 本館3階喫茶
- 新館1階喫茶
http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/flow/flow7.html

関門15-1 飲み水

飲み水を供給している装置が複数箇所にある。ペットボトルに入った飲料はキャップのついたものを持ち込むことはできる。ただし、ビニール袋にいれて持ち運びし、席でもビニール袋にいれて置いておく必要がある。本館6階の売店で、飲料水、食べ物、文房具などが購入できる。

関門16 納本制度 納本の持参

日本国内で発行した冊子を納本する場合には、冊子を2冊持参すると良い。立ち入り禁止の場所に、納本受付がある。入場扉から入る際に、受付で「納本する」旨伝えた上で持参すると良い。手続きは簡単。日本国内で発行した書籍で、納本について簡単に記載すれば受け付けてもらえる。
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/deposit/deposit.html

地方自治体の図書館のように、その自治体の住民が発行した書籍の受け取りを、理由を明示せずに拒否するようなことはない。ただし、収集の範囲は、国会図書館側で判断しているのは同様であり、収集を拒否された場合は、理由の開示請求をすると良い。

関門16-1 電子納本

電子納本の制度は、現在まだ未熟。著者の権利と国民の知る権利との間の均衡を図る方法をより詳細に模索するしかない。
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/deposit/dbdemo.html

p.s.
この資料は順次追記します。不明な点はお問い合わせください。
version 3.0 20160109
https://researchmap.jp/jophb2nkt-1879829/#_1879829
version 2.0 20160106
https://researchmap.jp/joqab6hk2-1879829/#_1879829
version 1.0 
https://researchmap.jp/jo87tuq20-1879829/#_1879829


14:23 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2018/02/11

直木賞一覧

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
読書メータで「芥川賞・直木賞作品を読む」という行事を企画しています。

直木賞allを参考に作成。著者名は順にwikiへの連携を追記。<消>は消えた受賞作 直木賞編<足>は消えた直木賞 男たちの足音編
年上下著者書名読書メータ登録数
001回1935年上川口松太郎1899-1985鶴八鶴次郎・風流深川唄(新潮文庫)
002回1935年下鷲尾雨工1892-1951吉野朝太平記(時代小説文庫)
003回1936年上海音寺潮五郎1901-1977天正女合戦(春陽文庫)武道傳來記(光文社時代小説文庫)<消>
004回1936年下木々高太郎1897-1969人生の阿呆(創元推理文庫)
005回1937年上--
006回1937年下井伏鱒二1898-1993ジョン萬次郎漂流記(新潮文庫)
007回1938年上橘外男1894-1959ナリン殿下への回想(現代教養文庫)
008回1938年下大池唯雄1908-1970兜首(ふるさと文学館第5巻宮城)秋田口の兄弟(セント・ヘレナの日本人)
009回1939年上--
010回1939年下--
011回1940年上堤千代1917-1955小指(文春文庫「愛の迷宮アンソロジー人間の情景3」)
011回1940年上河内仙介1898-1954軍事郵便
012回1940年下村上元三1910-2006上総風土記(春陽文庫)
013回1941年上木村荘十1897-1967雲南守備兵<消>
014回1941年下--
015回1942年上--
016回1942年下田岡典夫1908-1982強情いちご(侍たちの歳月(光文社時代小説文庫))
016回1942年下神崎武雄1906-1944寛容
017回1943年上--
018回1943年下森荘已池1907-1999山畠蛾と笹舟<消>
019回1944年上岡田誠三1913-1994ニューギニヤ山岳戦(朝日文庫「わが血戦記」)<消>
020回1944年下--
021回1949年上富田常雄1904-1967刺青<消>
022回1949年下山田克郎1910-1983海の廃園(男たちの凱歌 (光文社文庫))
023回1950年上今日出海1903-1984天皇の帽子(中公文庫)
023回1950年上小山いと子1901-1989執行猶予(角川文庫)<消>
024回1950年下檀一雄1912-1976真説石川五右衛門(徳間文庫)上 長恨歌(檀一雄全集〈第7巻〉)
025回1951年上源氏鶏太1912-1985英語屋さん(集英社文庫)(角川文庫「初恋物語」,春陽文庫「ホープさん」)
026回1951年下柴田錬三郎1917-1978イエスの裔(集英社文庫「文豪のミステリー小説」)
026回1951年下久生十蘭1902-1957鈴木主水(湖畔・ハムレット(講談社文芸文庫))
027回1952年上藤原審爾1921-1984罪な女(講談社文庫)
028回1952年下立野信之1903-1971叛乱(学研M文庫)/td>
029回1953年上--
030回1953年下--
031回1954年上有馬頼義1918-1980終身未決囚(旺文社文庫)
032回1954年下梅崎春生1915-1965ボロ家の春秋(講談社文芸文庫)
032回1954年下戸川幸夫1912-2004高安犬物語 (講談社文庫)
033回1955年上--
034回1955年下邱永漢1924-2012香港(中公文庫)<足>
034回1955年下新田次郎1912-1980強力伝(新潮文庫)
035回1956年上今官一1909-1983壁の花
035回1956年上南條範夫1908-2004燈台鬼(光文社時代小説文庫)<足>
036回1956年下穂積驚1912-1980勝烏
036回1956年下今東光1898-1977お吟さま(新潮文庫)
037回1957年上江崎誠致1922-2001ルソンの谷間(光人社NF文庫)
038回1957年下--
039回1958年上山崎豊子1924-2013花のれん(新潮文庫)
039回1958年上榛葉英治1912-1999赤い雪(春陽文庫)
040回1958年下城山三郎1927-2007*総会屋錦城(新潮文庫)
040回1958年下多岐川恭1920-1994落ちる(創元推理文庫)
041回1959年上平岩弓枝1932鏨師(文春文庫)
041回1959年上渡邊喜恵子1913-1997馬淵川(旺文社文庫)
042回1959年下司馬遼太郎1923-1996梟の城(新潮文庫)
042回1959年下戸板康二1915-1993團十郎切腹事件(創元推理文庫)<足>
043回1960年上池波正太郎1923-1990錯乱(春陽文庫)
044回1960年下黒岩重吾1924-2003背徳のメス(新潮文庫)
044回1960年下寺内大吉1921-2008はぐれ念仏(学研M文庫)
045回1961年上水上勉1919-2004雁の寺(新潮文庫)
046回1961年下伊藤桂一1917*螢の河(講談社文芸文庫)
047回1962年上杉森久英1912-1997天才と狂人の間(河出文庫)
048回1962年下山口瞳1926-1995江分利満氏の優雅な生活(ちくま文庫)
048回1962年下杉本苑子1925孤愁の岸(講談社文庫)上 
049回1963年上佐藤得二1899-1970女のいくさ
050回1963年下安藤鶴夫1908-1969巷談本牧亭(河出文庫)
050回1963年下和田芳恵1906-1977塵の中
051回1964年上--
052回1964年下安西篤子1927張少子の話(講談社文庫「花あざ伝奇」)
052回1964年下永井路子1925炎環(文春文庫)
053回1965年上藤井重夫1916-1979虹(角川文庫)<消>
054回1965年下新橋遊吉1933八百長(双葉文庫)
054回1965年下千葉治平1921-1991虜愁記
055回1966年上立原正秋1926-1980白い罌粟(角川文庫)
056回1966年下五木寛之1932蒼ざめた馬を見よ(文春文庫)
057回1967年上生島治郎1933-2003追いつめる(角川文庫)
058回1967年下三好徹1931聖少女(文春文庫)<足>
058回1967年下野坂昭如1930アメリカひじき・火垂るの墓(新潮文庫)
059回1968年上--
060回1968年下早乙女貢1926-2008僑人の檻(角川文庫)
060回1968年下陳舜臣1924青玉獅子香炉(文春文庫)
061回1969年上佐藤愛子1923戦いすんで日が暮れて(講談社文庫)
062回1969年下--
063回1970年上渡辺淳一1933-2014光と影(文春文庫)
063回1970年上結城昌治1927-1996軍旗はためく下に(中央文庫BIBLIO)
064回1970年下豊田穣1920-1994*_長良川(光人社NF文庫)
065回1971年上--
066回1971年下--
067回1972年上井上ひさし1934-2010手鎖心中(文春文庫)
067回1972年上綱淵謙錠1924-1996斬(文春文庫)
068回1972年下--
069回1973年上長部日出雄1934津軽世去れ節・津軽じょんから節(文春文庫)
069回1973年上藤沢周平1927-9997暗殺の年輪(文春文庫)
070回1973年下--
071回1974年上藤本義一1933-2012鬼の詩(講談社文庫)
072回1974年下半村良1933-2002雨やどり(集英社文庫)
072回1974年下井出孫六1931アトラス伝説(文春文庫)
073回1975年上--
074回1975年下佐木隆三1937復讐するは我にあり(講談社文庫)上
075回1976年上--
076回1976年下三好京三1931-2007子育てごっこ(文春文庫)
077回1977年上--
078回1977年下--
079回1978年上色川武大1929-1989離婚(文春文庫)
079回1978年上津本陽1929深重の海(集英社文庫)
080回1978年下有明夏夫1936-2002大浪花諸人往来(角川文庫)<足>
080回1978年下宮尾登美子1926一絃の琴(講談社文庫)
081回1979年上阿刀田高1935ナポレオン狂(講談社文庫)
081回1979年上田中小実昌1925-2000浪曲師朝日丸の話・ミミのこと(河出文庫)<香具師の旅>
082回1979年下--
083回1980年上志茂田景樹1940黄色い牙(講談社文庫)
083回1980年上向田邦子1929-1981花の名前・かわうそ・犬小屋(新潮文庫)<思い出トランプ>
084回1980年下中村正軌1928元首の謀叛(文春文庫)上 下
085回1981年上青島幸男1932-2006人間万事塞翁が丙午(新潮文庫)
086回1981年下つかこうへい1948-2010蒲田行進曲(角川文庫)
086回1981年下光岡明1932-2004機雷(講談社文庫)
087回1982年上村松友視1940時代屋の女房(角川文庫)
087回1982年上深田祐介1931-2014炎熱商人(文春文庫)上 下
088回1982年下--
089回1983年上胡桃沢耕史1925-1994黒パン俘虜記(文春文庫)
090回1983年下高橋治1929秘伝(講談社文庫)
090回1983年下神吉拓郎1928-1994私生活(文春文庫)
091回1984年上連城三紀彦1948-2013*恋文(新潮文庫)
091回1984年上難波利三1936てんのじ村(文春文庫)
092回1984年下--
093回1985年上山口洋子1937*演歌の虫・老梅(文春文庫)
094回1985年下林真理子1954最終便に間に合えば・京都まで(文春文庫)
094回1985年下森田誠吾1925魚河岸ものがたり(新潮文庫)
095回1986年上皆川博子1929/30恋紅(新潮文庫)
096回1986年下逢坂剛1943カディスの赤い星(講談社文庫)上 
096回1986年下常盤新平1931遠いアメリカ(講談社文庫)
097回1987年上山田詠美1959ソウルミュージック・ラバーズ・オンリー(幻冬舎文庫)
097回1987年上白石一郎1931海狼伝(文春文庫)
098回1987年下阿部牧郎1933それぞれの終楽章(講談社文庫)
099回1988年上景山民夫1947遠い海から来たCOO(角川文庫)
099回1988年上西木正明1940凍れる瞳・端島の女(文春文庫)
100回1988年下杉本章子1953東京新大橋雨中図(文春文庫)
100回1988年下藤堂志津子1949熟れてゆく夏(文春文庫)
101回1989年上笹倉明1948遠い国からの殺人者(文春文庫)
101回1989年上ねじめ正一1948高円寺純情商店街(新潮文庫)
102回1989年下原りょう1946が殺した少女(ハヤカワ文庫JA)
102回1989年下星川清司1921-2008小伝抄(文春文庫)
103回1990年上泡坂妻夫1933蔭桔梗(新潮文庫)
104回1990年下古川薫1925漂泊者のアリア(文春文庫)
105回1991年上芦原すなお1949青春デンデケデケデケ(河出文庫)
105回1991年上宮城谷昌光1945*夏姫春秋(講談社文庫)上 
106回1991年下高橋克彦1947緋い記憶(文春文庫)
106回1991年下高橋義夫1945狼奉行(文春文庫)
107回1992年上伊集院静1950受け月(文春文庫)
108回1992年下出久根達郎1944佃島ふたり書房(講談社文庫)
109回1993年上高村薫1953マークスの山(新潮文庫・講談社文庫)上 
109回1993年上北原亞以子1938恋忘れ草(文春文庫)
110回1993年下大沢在昌1956*新宿鮫(4) 無間人形(光文社文庫)
110回1993年下佐藤雅美1941恵比寿屋喜兵衛手控え(講談社文庫)
111回1994年上海老沢泰久1950帰郷(文春文庫)
111回1994年上中村彰彦1949二つの山河(文春文庫)
112回1994年下--
113回1995年上赤瀬川隼1931*白球残映(文春文庫)
114回1995年下小池真理子1952恋(新潮文庫)1019(206)
114回1995年下藤原伊織1948テロリストのパラソル(講談社文庫)2314(740)
115回1996年上乃南アサ1960凍える牙(新潮文庫)2790(301)
116回1996年下坂東眞砂子1958山妣(新潮文庫)上164(105)
117回1997年上篠田節子1955女たちのジハード(集英社文庫)613(380)
117回1997年上浅田次郎1951鉄道員(集英社文庫)1597(1729)
118回1997年下--
119回1998年上車谷長吉1945赤目四十八瀧心中未遂(文春文庫)570(55)
120回1998年下宮部みゆき1960理由(新潮文庫)7149(1366)
121回1999年上佐藤賢一1968王妃の離婚(集英社文庫)535(204)
121回1999年上桐野夏生1951柔らかな頬(文春文庫)上1766(777)
122回1999年下なかにし礼1938長崎ぶらぶら節(文春文庫・新潮文庫)61(68)
123回2000年上金城一紀1968GO(角川文庫)1494(1695)
123回2000年上船戸与一1944虹の谷の五月(集英社文庫)上 128(109)
124回2000年下重松清1963ビタミンF(新潮文庫)3755(914)
124回2000年下山本文緒1962プラナリア(文春文庫)2156(475)
125回2001年上藤田宜永1950愛の領分(文春文庫)78(121)
126回2001年下山本一力1948あかね空(文春文庫)916(139)
126回2001年下唯川恵1955肩ごしの恋人(集英社文庫)2006(565)
127回2002年上乙川優三郎1953生きる(文春文庫)235(55)
128回2002年下--
129回2003年上石田衣良19604TEEN フォーティーン(新潮文庫)5486(1366)
129回2003年上村山由佳1964星々の舟(文春文庫)2241(808)
130回2003年下江國香織1964号泣する準備はできていた(新潮文庫)3975(1546)
130回2003年下京極夏彦1963後巷説百物語(角川文庫)1144(636)
131回2004年上奥田英朗1959*空中ブランコ(文春文庫)9739(4256)
131回2004年上熊谷達也1958邂逅の森(文春文庫)870(276)
132回2004年下角田光代1967対岸の彼女(文春文庫)4881(1734)
133回2005年上朱川湊人1963花まんま(文春文庫)915(809)
134回2005年下東野圭吾1958*容疑者Xの献身(文春文庫)23839(5723)
135回2006年上三浦しをん1976まほろ駅前多田便利軒(文春文庫)13711(4837)
135回2006年上森絵都1968風に舞いあがるビニールシート(文春文庫)4347(1598)
136回2006年下--
137回2007年上松井今朝子1953吉原手引草(幻冬舎文庫)559(736)
138回2007年下桜庭一樹1971私の男(文春文庫)3974(4154)
139回2008年上井上荒野1961切羽へ(新潮文庫)344(911)
140回2008年下天童荒太1960悼む人(文春文庫)上1400(3187)
140回2008年下山本兼一1956利休にたずねよ(PHP文芸文庫)1318(1780)
141回2009年上北村薫1949鷺と雪(文春文庫)952(1654)
142回2009年下白石一文1958ほかならぬ人へ(祥伝社文庫)1054(1740)
142回2009年下佐々木譲1950廃墟に乞う(文春文庫)880(1201)
143回2010年上中島京子1964小さいおうち(文春文庫)2034(4059)
144回2010年下木内昇1967漂砂のうたう(集英社文庫)103(805)
144回2010年下道尾秀介1975月と蟹(文春文庫)1092(3709)
145回2011年上池井戸潤1963*下町ロケット(小学館文庫)4686(11429)
146回2011年下葉室麟1951蜩ノ記(祥伝社文庫)789
147回2012年上辻村深月1980鍵のない夢を見る(文春文庫)6097
148回2012年下朝井リョウ1989*何者(新潮文庫)6747
148回2012年下安部龍太郎1955等伯 上789(上)
149回2013年上桜木紫乃1965ホテルローヤル(集英社文庫)4407
150回2013年下朝井まかて1959恋歌1077
150回2013年下姫野カオルコ1958昭和の犬1206
151回2014年上黒川博行1949破門378
152回2014年下西加奈子1977さらば 上下(小学館文庫)13506(2154)
153回2015年上東山彰良1968流(りゅう)講談社文庫5837(1229)
154回2015年下 青山文平つまをめとらば 1866
153回2016年上荻原浩海の見える理髪店6912
153回2016年下恩田陸蜜蜂と遠雷8563
153回2015年上佐藤正午月の満ち欠け3428
153回2015年上門井慶喜銀河鉄道の父1246
生年の後の*印は、名古屋地区(愛知・岐阜・三重)の作家。直木賞作家が地元にたくさんお見えになる。読まずにいたのが恥ずかしい。読み始めたのが「芥川賞・直木賞作品を読む」企画の発端。

<この稿は書きかけです。順次追記しています。>
twitter:@kaizen_nagoya
01:47 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2018/01/30

amazon rank 7777

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
短歌
今日アマゾンランク7777位昔殿堂1位から落ち
殿堂No1レビュアー。下の方に掲載されています。2011年


07:21 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2018/01/13

プログラマが国会図書館を利用する際の16の関門 ver.3

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
国会図書館(本館:永田町)を利用する際に、いろいろな違和感がある。官庁のサービスだからということにとどまらない。しかし、視点を一つに絞らないと、違和感の原因がはっきりしないため、プログラマに限定して、国会図書館を利用する際に、戸惑うことがないようにするのがこの資料の趣旨です。また、電子納本制度がまだ実証実験段階で、プログラマの方々のご意見、著作権を確保しながら国民の知る権利との均衡を図る方法の提案を促進することも付帯的に狙っています。

#関門0 事前準備
ネットで所蔵を調べることができます。(2018/1/4まで休止中)
http://opac.ndl.go.jp
また、インタネットで全文を公開している電子書籍もあります。事前に調べておけば、国会図書館内でしかできない作業に集中できます。

#関門1 利用者登録
「満18歳以上の方ならどなたでも登録することができます。」
http://www.ndl.go.jp/jp/information/guide.html
「登録利用者でない方も東京本館、関西館に入館できますが、ご利用いただけるのは開架資料及び館内の利用者端末のみですのでご注意ください。」
逆に、18歳未満であると、日本に有益な活動をしている個人であっても、子供図書館以外は書庫の図下記の方法以外では利用できない。
「満18歳未満の方へ」
http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/under18.html

##関門1-1 本人確認書類
運転免許証、個人番号カード(マイナンバーカード)、住民票の写し(3カ月以内に発行されたもの)で、指名、現住所、生年月日の記載があればよい。
パスポート、健康保険証、学生証であっても「現住所」の記載がないものは認められない。
「有効期限内のもので、かつ氏名、現住所、生年月日が記載されているものに限ります。」
http://www.ndl.go.jp/jp/information/guide.html#identification

##関門1-2 利用者登録証
入場扉、備え付けコンピュータの利用、閉架式文献の受け取り、複写の申し込み・受け取りなどで利用します。朝9時から申請を受け付けます。開館の9時半には出来上がる可能性があります。利用者登録証をお持ちでない場合には、朝9時に来ると時間の無駄がないかもしれない。
利用者登録証は現在、プリペイドカードでもクレジットカード機能もない。
プリペイドカード等になっていれば、複写費用の支払いにも用いることができる。次の更新の際には、ぜひ検討いただけると幸いです。

##関門1-3 利用者登録証番号
利用者登録証の番号がIDです。パスワードを設定すると、オンラインで閉架式図書の申し込みや、閲覧可能状態かどうかの確認ができます。

#関門2 コインロッカー
持ち込み禁止の荷物は、コインロッカーに預ける。大きさは大型、小型の2種類がある。小型のキャリーバックは入る。どちらも100円返却式である。100円を持参していない人向けに、専用コインのロッカーがある。専用コインは、係員の方に声をかけて、コインを入れてもらう。100円式は戻ってくるので、手軽に何度も出し入れしやすい。100円玉を持って国会図書館に行こう。
http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/notes.html#10

#関門3 入場扉
利用者証を扉の所定の位置に触れると開く。しかし、鉄道の改札のような速度ではない。最近、扉が更新されたが、まだ速度が遅い。ここでイラっとしたら負け。官庁のシステムは、国民及び住民のうちのプログラマが、発注者、受注者、利用者の3つの立場で、仕様を決めるのに参与していないとダメなことが分かる。

#関門4 パソコンの持ち込み
土曜などでは、館内に用意されているコンピュータがほとんど埋まることがあり、無線機能のついたパソコンを持参するのが便利である。主に、本館2階第一閲覧室、新館2階閲覧室で利用する。
持ち込みの荷物は、ある一定以上の大きさのものは、透明の袋に入れて持ち込むことになっている。しかし、パソコンはぶつかったりして破損するといけないので、保護袋に入れて持ち込みたい。そのため、退出時に、透明でない袋に入っているパソコンなどは、扉のところで係員の方に中を見てもらい出ることになる。
しばしば、中を確認してもらったのに、別の係員の人が確認しているところを見てなかったために呼び止められることがある。何か、もっと効率的な方法を編み出すとよいかも。

##関門4-1 パソコンの電源
館内のいくつかの部屋には、パソコン用電源を用意している。登録IDで、検索した結果などをWeb上に記録しておく機能はあるが、自前のパソコンであれば、その場で保存したり、自前のサイトで参考文献一覧などを作成しておくことが可能である。

##関門4-2 WiFi
館内でいくつかの部屋では、無料WiFiが利用できる。主に、本館2階第一閲覧室、新館2階閲覧室で利用できる。しかし、最初の登録が、メールを受け取れないとできない場合があり、手続きに1時間くらいかかったことがある。最近、SNSのIDでも登録できるようになったため、スマフォなどを持って入れば、より容易に接続を開始できる可能性がある。科学技術・経済情報室(本館2階)、人文総合情報室(本館2階)ではWiFiは入らない(2017年12月1日現在)

##関門4-3 イヤホンの持ち込み利用原則禁止
http://www.ndl.go.jp/jp/service/use.html
障碍等でイヤホン等の利用が必要な場合は、受付でご相談ください。
音楽・映像資料室にはヘッドホンを常備しています。


#関門5 開架式の図書の配列
開架式の図書を探す場合に、分類順に並んでいるものと、資料番号順に並んでいるものがある。どの資料がどの棚にあるか、初めのうちは迷うことがある。全部の棚を一度は見て歩くとよい。
開架式の図書があるのは、主に次の三箇所。辞書類が開架式であるため、辞書類を手元に置きながら、検索をすることができる。
- 科学技術・経済情報室(本館2階)
- 人文総合情報室(本館2階)
- 議会官庁資料室(新館3階)

館外貸出は原則として行なっていない。
http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/notes.html#05

#関門6 閉架式
雑誌、書籍の多くは、閉架式の書庫から出してもらう。手続きは、館内に用意されているコンピュータか、持参のパソコンから接続して手続きする。開架式と閉架式の両方にある資料がある。
国会図書館のWebからあらかじめ、本を検索して置いて、すぐに申し込むことができる。ただし、新しいシステムは2018年1月5に開始とのことなので、開始したら詳細を書きます。
http://www.ndl.go.jp/jp/2018renewal/01.html

##関門6-1 館内貸出の上限
同時に書籍は3冊、雑誌は10冊と上限が決まっている。
「図書の受付件数は、申し込んでいるものも含めて3点までです。」
「雑誌の受付件数は、申し込んでいるものも含めて10点までです。」
ただし、雑誌の場合には、複数の号をとして一つの冊子としている場合があり、その場合は、号数の合計ではなく、冊子数の合計です。

##関門6-2 図書と雑誌とそれ以外
ネットで検索して、書庫から文献の利用を依頼したときに、大まかに分けて、図書と雑誌の区別がある。しかし、払い出しの窓口は、図書、雑誌以外に、別室など10箇所くらいあり、よく注意していないと、図書カウンター、雑誌カウンターの係員の手間を取らせてしまう。自分も二度手間になる。しかし、図書、雑誌以外の場所から出る確率は低いため、たまに別の窓口から出るものであることに気がつかないことがある。2箇所以外から出る場合は、画面の文字を太字で大きくしたり、色を変えたりの工夫が必要だろう。
- 図書カウンター(本館2階)
- 雑誌カウンター(新館2階)
- 図書別室(本館3階:専用階段利用)
- 音楽・映像資料室(新館1階)
- 古典籍資料室(本館3階)
- 地図室(本館4階)
- 憲政資料室(本館4階)
- 議会官庁資料室(新館3階:開架・閉架)
- 科学技術・経済情報室(本館2階:開架式のみ)
- 人文総合情報室(本館2階:開架式のみ)
http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/readinginfo.html


#関門7 電子版しかない資料
古い雑誌、書籍で電子版しかない資料がある。ネットに公開されていて、自分のパソコンで閲覧できるものもある。逆に、雑誌で電子資料がある表示になっているが、調べたい年のものが冊子か電子化は個々に当たるしかない。何年からは電子という表示をいたるところにして欲しいと思うことがある。連携図書館で閲覧できるものは、その連携図書館の利用の規定に応じて、閲覧することになる。閲覧時間、複写の可能性の有無など、連携図書館によって違うかもしれない。

##関門7-1 国会図書館でしか閲覧できない電子資料
古い文献などで、電子資料しかないもののうち、国会図書館の中でしか閲覧できない資料がある。それらは、自分のパソコンでは閲覧できず、館内のコンピュータで閲覧するしかな
い。

#関門8 関西館にしかない資料、子供図書館(上野)にしかない資料
博士論文など、関西館にしか所蔵していない資料がある。関西館にはまだ行ったことがない。本館に、関西館に関する相談窓口がある。
子供図書館にしかない資料は、上野まで足を伸ばせばよい。うまく時間を調整すれば、二つの図書館を利用することは可能だ。

#関門9 マイクロフィルム等しかない資料
電子化が進んでいないマイクロフィルムしかない資料は、指定の場所で指定の機器で閲覧することになる。国会図書館で初めてマイクロフィルムを扱ったが、機器の操作になれるのに数十分かかった。

#関門10 欠号、納本されていない文献
国立国会図書館法では、日本国内で発行された書籍、一定の基準を満たす冊子は、国会図書館に納本する権利と義務がある。しかし、いくつかの団体、個人で、国会図書館に納本していない場合がある。また、雑誌によっては、盗難などによる欠号がある。また、雑誌類で、出版体制が整わないうちに廃刊になったものは、全く納本されていないか、一部しか納本されていないものがある。現在も活動している団体・個人には、強制執行はできないかもしれないが、在庫があれば善意の納本を呼びかけることは可能である。確認済みの欠号は

- 未来短歌会 未来1995年2月号
- NHK短歌 2013年8月号

#関門11 資料の複写
閲覧した資料は有料で複写の依頼ができる。複写できる範囲は、資料の半分以下である。

##関門11-1 複写の指定の紙の印刷
複写を依頼するには、複写を依頼する紙をまず印刷する。複写依頼をコンピュータから対象資料名を指定し、次に印刷機のところに利用者証を置くと印刷が始まる。時々、印刷機のところに利用者証を置きっ放しにしてしまうことがある。

##関門11-2 複写の指定の仕方
複写対象資料名は印刷されているため、複写の範囲を記入し、紙のしおりを開始位置と終了位置に挟み込む。

##関門11-3 複写費用
小さい資料は見開きで1枚として複写できる場合がある。その可否は、窓口に持ち込んで、手続きをする際に、説明がある。A4税抜き24円。
http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/data_copyfee.html

##関門11-4 複写依頼中に次の複写は依頼できないらしい
1冊の複写を依頼して、次の資料を見て、複写の依頼をしようとしても、1つ複写を依頼していると、その複写が終了してからしか次の複写が依頼できないらしい。まとめて複写を依頼しないと、無駄時間が生じるかもしれない。

#関門12 CDなどの電子資料
CD, DVD等の電子資料は、電子資料の閲覧室で、閲覧することができるが、電子的に複写することはできない。電子資料を含む資料は、電子資料は利用しなくても、電子資料室でしか閲覧できない。電子資料室で何と何を利用するか、効率的に行動しないと行ったり来たりの時間が無駄になる。

##関門12-1 FDの付属資料は閲覧できない
FDの読み取り装置が用意されておらず、FDに登録されている電子資料は閲覧できない。FDドライブを持ち込んでの閲覧を希望したが、窓口では判断できないとのこと。早く、FD内の電子情報を閲覧できるように、関係者と協議してほしい。方法は以下
- 3.5インチFDについては、720KB, 1.2MB, 1.44MBを読み取れるFDドライブで閲覧できるように提供する
- 5.25インチ、8インチFD、場合によっては3.5インチの情報をCDに複写して提供する
- 館内閲覧可能な電子情報として提供する

具体的な閲覧希望媒体はCジャーナル(ビレッジセンター)。

#関門13 ATM
本館3階 喫茶室前にある。ただし、現在、りそな。
http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/flow/images/flow7_04.jpg
http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/flow/flow7.html

#関門14 地下鉄有楽町線永田町 国会議事堂方面改札より出口
国立国会図書館の一番最寄りの駅は有楽町線永田町駅。出て、交差点の信号を渡ると国会図書館。しかし、利用者用の出入り口は、一区画半歩かないといけない。屋根がないので雨の日は悲しい。地下鉄の方が後からできたので仕方がない。次の建物の改装の際には、利用者出入り口を、地下鉄出入り口付近に作って欲しい。

##関門14-2 本館入ったところが2階
東京は坂が多い。建物の途中に坂があると、どこが1階かは、正面玄関のつける位置に寄ることがある。国会図書館は、本館の入り口から入ると、そこが2階です。エレベータの乗り降りの際には、気をつけてください。


#関門15 飲食
食事ができる場所が3箇所ある。それ以外の場所では飲食禁止。また、食堂・喫茶には文献の持ち込み禁止。
- 本館6階食堂
- 本館3階喫茶
- 新館1階喫茶
http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/flow/flow7.html

##関門15-1 飲み水
飲み水を供給している装置が複数箇所にある。ペットボトルに入った飲料はキャップのついたものを持ち込むことはできる。ただし、ビニール袋にいれて持ち運びし、席でもビニール袋にいれて置いておく必要がある。本館6階の売店で、飲料水、食べ物、文房具などが購入できる。

#関門16 納本制度 納本の持参
日本国内で発行した冊子を納本する場合には、冊子を2冊持参すると良い。立ち入り禁止の場所に、納本受付がある。入場扉から入る際に、受付で「納本する」旨伝えた上で持参すると良い。手続きは簡単。日本国内で発行した書籍で、納本について簡単に記載すれば受け付けてもらえる。
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/deposit/deposit.html

地方自治体の図書館のように、その自治体の住民が発行した書籍の受け取りを、理由を明示せずに拒否するようなことはない。ただし、収集の範囲は、国会図書館側で判断しているのは同様であり、収集を拒否された場合は、理由の開示請求をすると良い。

##関門16-1 電子納本
電子納本の制度は、現在まだ未熟。著者の権利と国民の知る権利との間の均衡を図る方法をより詳細に模索するしかない。
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/deposit/dbdemo.html

p.s.
この資料は順次追記します。不明な点はお問い合わせください。
version 3.0

version 2.0
https://researchmap.jp/joqab6hk2-1879829/#_1879829
version 1.0 
https://researchmap.jp/jo87tuq20-1879829/#_1879829

17:33 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2018/01/03

プログラマが国会図書館を利用する際の16の関門 ver.2

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
国会図書館を利用する際に、いろいろな違和感がある。官庁のサービスだからということにとどまらない。しかし、視点を一つに絞らないと、違和感の原因がはっきりしないため、プログラマに限定して、国会図書館を利用する際に、戸惑うことがないようにするのがこの資料の趣旨です。また、電子納本制度がまだ実証実験段階で、プログラマの方々のご意見、著作権を確保しながら国民の知る権利との均衡を図る方法の提案を促進することも付帯的に狙っています。

#関門1 利用者登録
「満18歳以上の方ならどなたでも登録することができます。」
http://www.ndl.go.jp/jp/information/guide.html
「登録利用者でない方も東京本館、関西館に入館できますが、ご利用いただけるのは開架資料及び館内の利用者端末のみですのでご注意ください。」
逆に、18歳未満であると、日本に有益な活動をしている個人であっても、子供図書館以外は書庫の図下記の方法以外では利用できない。
「満18歳未満の方へ」
http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/under18.html

##関門1-1 本人確認書類
本人確認書類が、健康保険証、学生証であっても「現住所」の記載がないものは認められない。
「有効期限内のもので、かつ氏名、現住所、生年月日が記載されているものに限ります。」

##関門1-2 利用者登録証
利用者登録証は現在、プリペイドカードでもクレジットカード機能もない。
プリペイドカード等になっていれば、複写費用の支払いにも用いることができる。次の更新の際には、ぜひ検討いただけると幸いです。

#関門2 コインロッカー
持ち込み禁止の荷物は、コインロッカーに預ける。大型、小型の2種類と、100円式と100円を持参していない人向けに、専用コインのロッカーがある。専用コインは、係員の方に声をかけて、コインを入れてもらう。100円式のように、手軽に何度も出し入れしずらい。

#関門3 入場扉
利用者証を扉に触れると開く。しかし、鉄道の改札のような速度ではない。最近、扉が更新されたが、まだ速度が遅い。ここでイラっとしたら負け。官庁のシステムは、国民及び住民のうちのプログラマが、発注者、受注者、利用者の3つの立場で、仕様を決めるのに参与していないとダメなことが分かる。

#関門4 パソコンの持ち込み
土曜などでは、館内に用意されているコンピュータがほとんど埋まることがあり、無線機能のついたパソコンを持参するのが便利である。
持ち込みの荷物は、ある一定以上の大きさのものは、透明の袋に入れて持ち込むことになっている。しかし、パソコンはぶつかったりして破損するといけないので、保護袋に入れて持ち込みたい。そのため、退出時に、透明でない袋に入っているパソコンなどは、扉のところで係員の方に中を見てもらい出ることになる。
しばしば、中を確認してもらったのに、別の係員の人が確認しているところを見てなかったために呼び止められることがある。何か、もっと効率的な方法を編み出すとよいかも。

#関門5 閉架式
雑誌、書籍の多くは、閉架式の書庫から出してもらう。手続きは、館内に用意されているコンピュータか、持参のパソコンから接続して手続きする。開架式と閉架式の両方にある資料がある。

#関門6 館内貸出の上限
同時に書籍は3冊、雑誌は10冊と上限が決まっている。
「図書の受付件数は、申し込んでいるものも含めて3点までです。」
「雑誌の受付件数は、申し込んでいるものも含めて10点までです。」
ただし、雑誌の場合には、複数の号をとして一つの冊子としている場合があり、その場合は、号数の合計ではなく、冊子数の合計です。

館外貸出は原則として行なっていない。
http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/notes.html#05

#関門7 パソコンの電源
館内のいくつかの部屋には、パソコン用電源を用意している。登録IDで、検索した結果などをWeb上に記録しておく機能はあるが、自前のパソコンであれば、その場で保存したり、自前のサイトで参考文献一覧などを作成しておくことが可能である。

#関門8 WiFi
館内でいくつかの部屋では、無料WiFiが利用できる。しかし、最初の登録が、メールを受け取れないとできない場合があり、手続きに1時間くらいかかったことがある。最近、SNSのIDでも登録できるようになったため、スマフォなどを持って入れば、より容易に接続を開始できる可能性がある。

#関門9 図書と雑誌とそれ以外
ネットで検索して、書庫から文献の利用を依頼したときに、大まかに分けて、図書と雑誌の区別がある。しかし、払い出しの窓口は、図書、雑誌以外に、別室など10箇所くらいあり、よく注意していないと、図書カウンター、雑誌カウンターの係員の手間を取らせてしまう。自分も二度手間になる。しかし、図書、雑誌以外の場所から出る確率は低いため、たまに別の窓口から出るものであることに気がつかないことがある。2箇所以外から出る場合は、画面の文字を太字で大きくしたり、色を変えたりの工夫が必要だろう。

#関門10 資料の複写
#関門10-1 複写の上限
閲覧した資料は有料で複写の依頼ができる。複写できる範囲は、資料の半分以下である。

#関門10-2 複写の指定の紙の印刷
複写を依頼するには、複写を依頼する紙をまず印刷する。複写依頼をコンピュータから対象資料名を指定し、次に印刷機のところに利用者証を置くと印刷が始まる。時々、印刷機のところに利用者証を置きっ放しにしてしまうことがある。

#関門10-3 複写の指定の仕方
複写対象資料名は印刷されているため、複写の範囲を記入し、紙のしおりを開始位置と終了位置に挟み込む。

#関門10-4 複写費用
小さい資料は見開きで1枚として複写できる場合がある。その可否は、窓口に持ち込んで、手続きをする際に、説明がある。A4税抜き24円。
http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/data_copyfee.html

#関門11 関西館にしかない資料
博士論文など、関西館にしか所蔵していない資料がある。関西館にはまだ行ったことがない。本館に、関西館に関する相談窓口がある。

#関門12 電子版しかない資料
古い雑誌、書籍で電子版しかない資料がある。ネットに公開されていて、自分のパソコンで閲覧できるものもある。逆に、雑誌で電子資料がある表示になっているが、調べたい年のものが冊子か電子化は個々に当たるしかない。何年からは電子という表示をいたるところにして欲しいと思うことがある。連携図書館で閲覧できるものは、その連携図書館の利用の規定に応じて、閲覧することになる。閲覧時間、複写の可能性の有無など、連携図書館によって違うかもしれない。

#関門13 国会図書館でしか閲覧できない電子資料
古い文献などで、電子資料しかないもののうち、国会図書館の中でしか閲覧できない資料がある。それらは、自分のパソコンでは閲覧できず、館内のコンピュータで閲覧するしかない。
#関門14 マイクロフィルム等しかない資料
電子化が進んでいないマイクロフィルムしかない資料は、指定の場所で指定の機器で閲覧することになる。国会図書館で初めてマイクロフィルムを扱ったが、機器の操作になれるのに数十分かかった。

#関門15 CDなどの電子資料
CD, DVD等の電子資料は、電子資料の閲覧室で、閲覧することができるが、電子的に複写することはできない。電子資料を含む資料は、電子資料は利用しなくても、電子資料室でしか閲覧できない。電子資料室で何と何を利用するか、効率的に行動しないと行ったり来たりの時間が無駄になる。

#関門16 納本制度
#関門16-1 納本の持参
納本する場合には、立ち入り禁止の場所に、納本受付がある。最初に入る際に、案内で確認の上、持参すると良い。手続きは簡単で、日本国内で発行した書籍で、製本の納本について簡単に記載すれば受け付けてもらえる。
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/deposit/deposit.html

地方自治体の図書館のように、その自治体の住民が発行した書籍の受け取りを、理由を明示せずに拒否するようなことはない。

#関門16-2 電子納本
電子納本の制度は、現在まだ未熟。著者の権利と国民の知る権利との間の均衡を図る方法をより詳細に模索するしかない。
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/deposit/dbdemo.html

p.s.
この資料は順次追記します。不明な点はお問い合わせください。
https://researchmap.jp/joqab6hk2-1879829/#_1879829

11:14 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2018/01/03

プログラマが国会図書館を利用する際の16の関門 ver.1

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
国会図書館を利用する際に、いろいろな違和感がある。官庁のサービスだからということにとどまらない。しかし、視点を一つに絞らないと、違和感の原因がはっきりしないため、プログラマに限定して、国会図書館を利用する際に、戸惑うことがないようにするのがこの資料の趣旨です。また、電子納本制度がまだ実証実験段階で、プログラマの方々のご意見、著作権を確保しながら国民の知る権利との均衡を図る方法の提案を促進することも付帯的に狙っています。

#関門1 利用者登録
「満18歳以上の方ならどなたでも登録することができます。」
http://www.ndl.go.jp/jp/information/guide.html
「登録利用者でない方も東京本館、関西館に入館できますが、ご利用いただけるのは開架資料及び館内の利用者端末のみですのでご注意ください。」
逆に、18歳未満であると、日本に有益な活動をしている個人であっても、子供図書館以外は書庫の図下記の方法以外では利用できない。
「満18歳未満の方へ」
http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/under18.html

#関門2 本人確認書類
本人確認書類が、健康保険証、学生証であっても「現住所」の記載がないものは認められない。
「有効期限内のもので、かつ氏名、現住所、生年月日が記載されているものに限ります。」

#関門3 利用者登録証
利用者登録証は現在、プリペイドカードでもクレジットカード機能もない。
プリペイドカード等になっていれば、複写費用の支払いにも用いることができる。次の更新の際には、ぜひ検討いただけると幸いです。

#関門4 入場扉
利用者証を扉に触れると開く。しかし、鉄道の改札のような速度ではない。最近、扉が更新されたが、まだ速度が遅い。ここでイラっとしたら負け。官庁のシステムは、国民及び住民のうちのプログラマが、発注者、受注者、利用者の3つの立場で、仕様を決めるのに参与していないとダメなことが分かる。

#関門5 パソコンの持ち込み
土曜などでは、館内に用意されているコンピュータがほとんど埋まることがあり、無線機能のついたパソコンを持参するのが便利である。
持ち込みの荷物は、ある一定以上の大きさのものは、透明の袋に入れて持ち込むことになっている。しかし、パソコンはぶつかったりして破損するといけないので、保護袋に入れて持ち込みたい。そのため、退出時に、透明でない袋に入っているパソコンなどは、扉のところで係員の方に中を見てもらい出ることになる。
しばしば、中を確認してもらったのに、別の係員の人が確認しているところを見てなかったために呼び止められることがある。何か、もっと効率的な方法を編み出すとよいかも。

#関門6 閉架式
雑誌、書籍の多くは、閉架式の書庫から出してもらう。手続きは、館内に用意されているコンピュータか、持参のパソコンから接続して手続きする。開架式と閉架式の両方にある資料がある。


#関門7 パソコンの電源
館内のいくつかの部屋には、パソコン用電源を用意している。登録IDで、検索した結果などをWeb上に記録しておく機能はあるが、自前のパソコンであれば、その場で保存したり、自前のサイトで参考文献一覧などを作成しておくことが可能である。

#関門8 WiFi
館内でいくつかの部屋では、無料WiFiが利用できる。しかし、最初の登録が、メールを受け取れないとできない場合があり、手続きに1時間くらいかかったことがある。最近、SNSのIDでも登録できるようになったため、スマフォなどを持って入れば、より容易に接続を開始できる可能性がある。

#関門9 図書と雑誌とそれ以外
ネットで検索して、書庫から文献の利用を依頼したときに、大まかに分けて、図書と雑誌の区別がある。しかし、払い出しの窓口は、図書、雑誌以外に、別室など10箇所くらいあり、よく注意していないと、図書カウンター、雑誌カウンターの係員の手間を取らせてしまう。自分も二度手間になる。しかし、図書、雑誌以外の場所から出る確率は低いため、たまに別の窓口から出るものであることに気がつかないことがある。2箇所以外から出る場合は、画面の文字を太字で大きくしたり、色を変えたりの工夫が必要だろう。


#関門10 複写の上限
閲覧した資料は有料で複写の依頼ができる。複写できる範囲は、資料の半分以下である。

#関門11 複写の指定の紙の印刷
複写を依頼するには、複写を依頼する紙をまず印刷する。複写依頼をコンピュータから対象資料名を指定し、次に印刷機のところに利用者証を置くと印刷が始まる。時々、印刷機のところに利用者証を置きっ放しにしてしまうことがある。

#関門12 複写の指定の仕方
複写対象資料名は印刷されているため、複写の範囲を記入し、紙のしおりを開始位置と終了位置に挟み込む。

#関門13 複写費用
小さい資料は見開きで1枚として複写できる場合がある。その可否は、窓口に持ち込んで、手続きをする際に、説明がある。A4税抜き24円。
http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/data_copyfee.html


#関門14 電子版しかない資料
古い雑誌、書籍で電子版しかない資料がある。ネットに公開されていて、自分のパソコンで閲覧できるものもある。逆に、雑誌で電子資料がある表示になっているが、調べたい年のものが冊子か電子化は個々に当たるしかない。何年からは電子という表示をいたるところにして欲しいと思うことがある。連携図書館で閲覧できるものは、その連携図書館の利用の規定に応じて、閲覧することになる。閲覧時間、複写の可能性の有無など、連携図書館によって違うかもしれない。

#関門15 納本の持参
納本する場合には、立ち入り禁止の場所に、納本受付がある。最初に入る際に、案内で確認の上、持参すると良い。手続きは簡単で、日本国内で発行した書籍で、製本の納本について簡単に記載すれば受け付けてもらえる。
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/deposit/deposit.html

#関門16 電子納本
電子納本の制度は、現在まだ未熟。著者の権利と国民の知る権利との間の均衡を図る方法をより詳細に模索するしかない。
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/deposit/dbdemo.html

p.s.
この資料は順次追記します。不明な点はお問い合わせください。
https://researchmap.jp/joqab6hk2-1879829/#_1879829


08:41 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2017/11/06

amazon, booklet, bookmeter10000冊超え記念

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
amazon 14304冊
booklog 11000冊
bookmeter 10000冊
合計 34304冊

ただし、それぞれ7500冊程度重複している。
合計 約20000冊
また、amazonでは、約100冊程度、システム側によって削除されている。










p.s.
amazonは感想等の書き手に確認せず、削除していた。
amazonの姿勢に疑問。
同じ文章を再度掲載すると、削除されないことがある。
どこかからの苦情に対応しているだけで、削除の方針に一貫性がない。

苦情を吟味する基準、判定能力が不足しているのかもしれない。
07:08 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
12345Next