カウンタ

COUNTER185950FROM 2012.12.05

技術士日誌(professional engineer diary)

12345Next
2019/03/07

ボールねじ 破損

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
ボールねじ 破損
14:07 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2019/02/02

ソフトウェア営業 菅野

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
実務者のためのソフトウエア営業
菅野 孝男
コンピュータエージ社(1997/03)

ダウンサイジング

ネットワーク

法律の遵守

 民法
 著作権法
 人材派遣法
 税法
 印紙税法
 商法
 特許法
 不正競争防止法
 下請け代金支払い遅延防止法


リスクの確認

見積もりの精度
 「数学的に正確な見積もり」 より 「損をしない見積もり」 の方が重要である。p.25

顧客信用調査

経営状態の分析

営業コミュニケーション

インタビュー技法

p.128
 形式と例:正答率の高い順
肯定式
選択式
自由式
半自由式
否定式
強制式

方法
 相互中心法
 自分中心法
 直接法
 間接法
 演繹法
 帰納法
 旋回法
 交差法

コミュニケーション技法 アイネス
11:39 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2019/02/02

オープンシステム入門教室 : ダウンサイジングに対処するための10科目 (スキルアップ・シリーズ) 図書 小暮裕明 著. CQ出版, 1992.11

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
オープンシステム入門教室 : ダウンサイジングに対処するための10科目 (スキルアップ・シリーズ)
図書 小暮裕明 著. CQ出版, 1992.11 <M154-E947>
オープン・システム入門教室―ダウンサイジングに対処するための10科目 (スキルアップ・シリーズ)
小暮 裕明
CQ出版(1992/11/01)

国語

 ドキュメント書法

 設計方法論CASE

 開発言語

 データ変換
  漢字コード体系

社会

 コンピュータ史

 MIS, SIS, SI

 ダウンサイジングと分散処理システム

 UNIXの政治学・標準化戦略

 第三の波

算数

 CPU能力算定

 信頼性計算

 パフォーマンス

理科

 分散システム形態とOS
 ネットワーク・アーキテクチャ
 通信ネットワーク構成
 オープンシステム構成のハードウェア選定

技術

体育

英語

家庭

音楽・ 美術

倫社


卒業旅行


11:34 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2019/02/02

安全問題の社会科学的考察 本田尚士 技術士 2003年1月号 p5-6

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
安全問題の社会科学的考察 本田尚士 技術士 2003年1月号 p5-6

1 はじめに
2 意思決定者の責任
3 確率を考える
4 合意形成に関する考察
5 保証と保険

参考文献 武士道 新渡戸稲造 岩波文庫

論理構造は適切。
具体的な行動を検証。
10:57 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2019/01/11

防災管理便覧

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
防災管理便覧
澤田誠二
労働法令協会

可視度

手のつかいやすさ

認知・確認

静止に関する知覚
 地と図の法則
 近接の法則
 類同の法則
 より連続の法則
 閉同または囲<糸堯>(いによう)の法則

変化に対する知覚
 ウェーバーの法則
 共通運命の法則
 誘導運動現象
 コルテの法則
相対の知覚
 相対
 整理整頓
音声の知覚

色の知覚
 リープマン効果
 ブルキンエ現象
 視速度
 明度差による違い
 色の残像
 色彩と感情特性

パーソナリティ
12:59 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2018/12/12

技術士の発言と責任

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
原子力発電に関して、過去の文献の記述について、疑問点を整理する。

特に、「原子力」という専門部門を持つ資格である技術士の記述について考察する。

月刊技術士は、職業倫理とか、技術倫理という記事を毎月のように掲載している。

しかし、過去の原子力に対する技術的な根拠のない記事に対する取り扱いは不十分であろう。

過去の記事、全部を洗い出し、技術的な根拠のない記述について、著者等に訂正を求めるのはどうだろう。

この取り組みができれば、技術士の面目躍如かもしれない。

それ以上に、原子力事故の調査報告に、原子力設計では用いるHAZOPという手法をもちいていないという実情からすれば、こちらの方が優先かもしれない。

いえ、被災地の人にとっては、現状の改善の方が最優先だろう。

1 震災・原子力発電所事故事後処理

2 原子力発電所事故分析

3 技術士倫理ふりかえり
20:21 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2018/12/10

技術士法(昭和五十八年法律第二十五号)

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
技術士法(昭和五十八年法律第二十五号)

弁理士法(平成十二年法律第四十九号)
知的財産基本法(平成十四年法律第百二十二号)
特許協力条約に基づく国際出願等に関する法律(昭和五十三年法律第三十号)
意匠法(昭和三十四年法律第百二十五号)
商標法(昭和三十四年法律第百二十七号)
半導体集積回路の回路配置に関する法律(昭和六十年法律第四十三号
不正競争防止法(平成五年法律第四十七号)
関税法(昭和二十九年法律第六十一号)
著作権法(昭和四十五年法律第四十八号)
裁判外紛争解決手続の利用の促進に関する法律(平成十六年法律第百五十一号)
特許法(昭和三十四年法律第百二十一号)
実用新案法(昭和三十四年法律第百二十三号)
弁護士法(昭和二十四年法律第二百五号)
外国弁護士による法律事務の取扱いに関する特別措置法(昭和六十一年法律第六十六号)
公認会計士法(昭和二十三年法律第百三号)
税理士法(昭和二十六年法律第二百三十七号)
国家行政組織法(昭和二十三年法律第百二十号)
学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)
会社法(平成十七年法律第八十六号)
金融機関の信託業務の兼営等に関する法律(昭和十八年法律第四十三号)
一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成十八年法律第四十八号)
破産法(平成十六年法律第七十五号)
輸入品に対する内国消費税の徴収等に関する法律
工業所有権に関する手続等の特例に関する法律(平成二年法律第三十号)
測量法(昭和二十四年法律第百八十八号)
土地収用法(昭和二十六年法律第二百十九号)
地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)
民法の一部を改正する法律(平成十一年法律第百四十九号)
核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律の一部を改正する法律
証券取引法
国際観光ホテル整備法
投資信託及び投資法人に関する法律
電気通信事業法
電気通信役務利用放送法
水洗炭業に関する法律
不動産の鑑定評価に関する法律
・外国証券業者に関する法律、
・積立式宅地建物販売業法、
・銀行法、
・貸金業の規制等に関する法律、
・浄化槽法、
・有価証券に係る投資顧問業の規制等に関する法律、
・抵当証券業の規制等に関する法律、
・金融先物取引法、
・遊漁船業の適正化に関する法律、
・前払式証票の規制等に関する法律、
・商品投資に係る事業の規制に関する法律、
・不動産特定共同事業法、
・保険業法、
・資産の流動化に関する法律、
・債権管理回収業に関する特別措置法、
・新事業創出促進法、
・建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律、
・著作権等管理事業法、
・マンションの管理の適正化の推進に関する法律、
・確定給付企業年金法、
・特定製品に係るフロン類の回収及び破壊の実施の確保等に関する法律、
・社債等の振替に関する法律、
・確定拠出年金法、
・使用済自動車の再資源化等に関する法律、
・信託業法及び特定目的会社による特定資産の流動化に関する法律等の一部を改正する法律
・特定目的会社による特定資産の流動化に関する法律

建築士法(昭和二十五年法律第二百二号)
建築基準法(昭和二十五年法律第二百一号)
暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成三年法律第七十七号)
内閣法
民法
地方公務員等共済組合法(昭和三十七年法律第百五十二号
消防組織法
地方独立行政法人法
民生委員法
森林法
建設業法
都市計画法
国土利用計画法
土地家屋調査士法(昭和二十五年法律第二百二十八号)http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=325AC1000000228
不動産登記法(平成十六年法律第百二十三号)
司法書士法(昭和二十五年法律第百九十七号)


科学技術庁設置法(昭和三十一年法律第四十九号)
国家行政組織法(昭和二十三年法律第百二十号)
国立大学法人法(平成十五年法律第百十二号)
独立行政法人国立高等専門学校機構法(平成十五年法律第百十三号)
文化財保護法(昭和二十五年法律第二百十四号)
ユネスコ活動に関する法律(昭和二十七年法律第二百七号)
日本学士院法(昭和三十一年法律第二十七号)
地震防災対策特別措置法(平成七年法律第百十一号
文化芸術基本法(平成十三年法律第百四十八号)
展覧会における美術品損害の補償に関する法律(平成二十三年法律第十七号)
著作権法(昭和四十五年法律第四十八号)
万国著作権条約の実施に伴う著作権法の特例に関する法律(昭和三十一年法律第八十六号)
著作権等管理事業法(平成十二年法律第百三十一号)
文化功労者年金法(昭和二十六年法律第百二十五号)
宗教法人法(昭和二十六年法律第百二十六号)


登録免許税法(昭和四十二年法律第三十五号)

中央省庁等改革関係法施行法(平成十一年法律第百六十号)


刑法(明治四十年法律第四十五号)
行政不服審査法(平成二十六年法律第六十八号)
行政手続法(平成五年法律第八十八号)



07:01 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2018/12/09

技術士 2010年11月号, 再生医療の基盤技術と臨床応用, 藤田聡, pp16-19

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen

技術士 2010年11月号, 再生医療の基盤技術と臨床応用, 藤田聡, pp16-19


再生医療

幹細胞
 胚性幹細胞(ES細胞)
 体性幹細胞
  造血幹細胞
   白血球
   赤血球
 人工多能性幹細胞(iPS細胞)
  転写因子
  エピジェネティックス
 前駆細胞
 組織細胞

細胞工学
 生体吸収性材料
  天然高分子
   タンパク質
   多糖類
  人工高分子
   ポリエステル
   ポリペプチド
  無機材料
   リン酸カルシウム
   炭酸カルシウム
 臨床応用
  真皮欠損グラフト

   コラーゲンスポンジ
   シリコン層

細胞治療
 臍帯血
 間葉系幹細胞
 DMSO


08:09 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2018/12/05

技術士の方の書かれた本 1000冊

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
技術士の方の書かれた本を、読書メーターへ記事を書きながら、登録がないものはオリジナル登録してきました。

技術士の方が書かれた本(博士論文を含む)を千冊読む目標
技術士の方の書かれた本を百冊読む目標
技術士の方の書かれた本を200冊読む目標
技術士の方の書かれた本 201冊-300冊
技術士の方の書かれた本 301冊-400冊
技術士の方の博士論文 1-100

もうすぐ1200冊になるのを記念して、
分類別に整理しているところです。

自分の専門から見た分類です。
他の専門の方には納得いかないところも多いと思います。
自著については、ご意見をいただければ、分類を変更させていただきます。
ご遠慮なく、お声をおかけください。

1 情報工学、経営工学(リスク系)

2 電気・電子

3 機械、金属、経営工学(品質系)

4 化学、生物工学、農業、水産、

5 土木、建設

6 英語、数学、基礎

7 技術士・倫理

なお、かこさとし著の科学系以外の絵本は分類していません。
1000冊になるように、順次追加中です。

技術士の方の書かれた本 1000冊(1/2)  分類1から3の途中まで

技術士の方の書かれた本 1000冊(2/2)  分類3の途中から9まで


16:54 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2018/12/05

技術士の方の書かれた本 1000冊(2/2)

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
3. 機械・金属 続き
131. 宇宙航行の力学シンポジウム2005 宇宙航空研究開発機構, タイタン大気
突入プローブの概念検討 奥山圭一
132. マイクロサット開発入門, 東北大学超小型衛星開発チーム, 東北大学出版会
(2011/05)
133. 航空・基盤技術と社会に関する懇談会報告2010  宇宙航空研究開発機
構, 我が国とJAXA 航空・基盤領域が抱える課題と考察, 坂田公夫, 水野
洋, 石澤和彦, 柴田真, 平岡康一, 本阿彌眞治, 堀之内茂, 薄一平, 岩宮敏幸,
柳良二, 重見仁, 大貫武, 柳原正明, 是永美樹
134. 航空・基盤技術と社会に関する懇談会報告2007 宇宙航空研究開発機構,
JAXA 航空プログラムのあり方と基盤技術の試論平成18 年度。坂田公
夫, 柴田真, 水野洋, 堀之内茂, 石澤和彦, 平岡康一, 本阿彌眞治, 薄一平,
柳良二, 大貫武, 是永美樹。
135. パソコンで学ぶ自動制御の応用学―モータ制御からアドバンスト制御までを
実験する(C&E TUTORIAL), 宮崎誠一, 宮崎仁, CQ 出版(1991/12)
136. パソコンで学ぶ自動制御の実用学―PID 制御ディジタル制御技術を基礎
から実験する(C & E TUTORIAL), 宮崎誠一, 宮崎仁, CQ 出版
(1991
137. 溶接・接合用語集, 産報出版(2004  田中政直(電気電子)
138. 材料試験硬さ技術の系統化調査, 国立科学博物館, 2009.5., 平成20 年度
技術の系統化調査報告, 古賀正樹(金属)
139. 図解入門よくわかる最新熱処理技術の基本と仕組み―金属の資質を引き出
す技術の基本を学ぶ(How ‐ nual Visual Guide Book), 山方三郎, 秀
和システム(2010
140. Q&A で学ぶ包装技術実務入門, 水口眞一, 日刊工業新聞社(2010/09)
141. 製造社員のためのコスト改善教育ツール集,宮野正克,アーバンプロデュー
ス, 2009
142. 工場長の問題解決実戦教本,宮野正克,アーバンプロデュース, 2007.10.
143. 宇宙航空研究開発機構研究開発資料
144. 多軸振動非接触自動計測システム(MaVES) の機能拡張と全システム概
要神田淳 佐俣喜芳JAXA, 2013
145. 子ども計測ハンドブック, 朝倉書店(2013
146. 小型モータを材料で科学する, 秋山勇治, サイエンス&テクノロジー
(2012
147. 省力化生産技術(1971 年), 工業調査会(1971)
148. 最新産業用ロボット選定・実用マニアル/, 鵜沢高吉編著., 1996
149. 生産自動化マニアル/, 鵜沢高吉編著.
150. 産業用ロボット実用マニアル/, 鵜沢高吉編著, 1980
151. 設計のムダ退治101, 伊予部将三, 日刊工業新聞社(1995/03/01)
152. 中小企業のための製品・技術開発力強化法: 経営革新支援法利用のために,
新庄秀光著., 2002
153. 組立・ハンドリング自動化実例図集(1981 年), 伊予部将三, 新技術開発センター(1981
154. 設計のマネジメント101 (現場の設計), 伊予部将三, 日刊工業新聞社(1999
155. 設計の経験則101, 伊予部将三, 日刊工業新聞社(1997
156. 品質管理の基礎実務―データのまとめ方と使い方(1979 年), 武田正一郎,
技術評論社(1979
157. 設計の故障解析51―QS9000 対応, 伊予部将三, 日刊工業新聞社(2000
158. 設計の基本仕様51―QS9000 対応, 伊予部将三, 日刊工業新聞社(2000
159. 計器サーボ系の設計法(1969 年), Bruce A.Chubb, 学献社(1969) 訳:金沢磐夫
160. 世界と日本の揚水器(機)・ポンプ歴史話, PEDI ポンプ設備研究所編;富澤清治著., 文洋社,2010
161. パイプラインのウォータハンマ現象とその防止対策(1981 年), 富澤清治,農業土木機械化協会(1981/05)
162. ノモグラムによる機械設計図表集(1979 年), 木村章, アイピーシー(1979
163. 自動化機構300 選―制御回路付き, 熊谷卓, 西田麻美, 日刊工業新聞社(2011
164. メカトロニクス技術認定試験教本, 熊谷卓, 工業調査会(2007/07)
165. すぐに役立つ自動化ライン設計定石集, 熊谷卓, 日刊工業新聞社(2004/07)
166. オートマチック・メカニズム〈1〉制御と計測(1980 年) (自動化ブックス
〈7〉), 熊谷卓, ニコラス・P. チロニス, 大河出版(1980/04)
167. 中小企業のマネジメントISO 認証・登録と体質強化- ISO9000s と14000s,
小沼稔, 石村博, 工学図書(1997/04)
168. 機械材料と加工技術―機械加工者のためのマテリアル・ブックス, 仁平宣
弘, 朝比奈奎一, 科学図書出版(2003/09)
169. 航空機部品(日経産業シリーズ), 久木田実守, 日本経済新聞社(1990/10)
170. 宇宙の不思議がわかる本―銀河系の謎から最新「宇宙論」まで(知的生き
かた文庫), 菊山紀彦, 本田成親, 三笠書房(1998/01)
171. 宇宙生活読本, スペースライフ研究会 菊山紀彦監修, ビジネス社(1997/11)
172. 図解入門よくわかる最新金属の基本と仕組み―性質,加工,生産,表面
処理の基礎知識初歩から学ぶ金属の常識(How ‐ nual Visual Guide
Book), 田中和明, 秀和システム(2006/10)
173. 防蝕技術―腐食の基礎と防食の実際, 北村義治, 鈴木紹夫, 地人書館
(2002/09)
174. 溶接全書〈12〉ステンレス鋼の溶接(1979 年), 産報出版(1979/10)
175. ISO9000s で会社を変えよう〈2000 年改正版〉, 岡孝夫, 渡辺忠, 青木
正, 石垣俊昭, 日刊工業新聞社(2000/08)
176. リスク分析工学―FTA,FMEA,PERT,田口メソッドの活用法, ジョ
ン・X. ワング, マーヴィン・L. ルーシュ, 丸善(2003/12)
177. 自動車シート技術のあゆみ, 浦井宗治, 樹芸書房(1993)
178. 図解品質管理用語辞典, 佐々木脩, 谷津進, 日刊工業新聞社(1990/11)
179. 実践品質管理, 佐々木脩, 日刊工業新聞(1992/02)
180. 外注品質管理, 佐々木脩, 日刊工業新聞社(1991/06)
181. クレーム管理, 佐々木修, 日刊工業新聞社(1986/10)
182. 図解入門よくわかる最新金属加工の基本と仕組み―金属素材,塑性加工,
機械加工の基礎知識(How ‐ nual Visual Guide Book), 田中和明, 秀
和システム(2008/10)
183. 図解入門よくわかる最新「鉄」の基本と仕組み―性質,技術,歴史,文化
の基礎知識(How ‐ nual Visual Guide Book), 田中和明, 秀和シス
テム(2009/10)
184. 図解入門よくわかる最新レアメタルの基本と仕組み―用途,製造技術,応
用技術の基礎知識(How ‐ nual Visual Guide Book), 田中和明, 秀
和システム(2011/11)
185. 最新・工業塗装ハンドブック(読書メーター), 最新・工業塗装ハンドブッ
ク―高付加価値化・環境対応型・高効率化を目指して, 河合宏紀, テクノシ
ステム(2008/02)
186. トコトンやさしい表面処理の本(B&T ブックス―今日からモノ知りシリー
ズ), 仁平宣弘, 日刊工業新聞社(2009/08)
187. はじめての表面処理技術(現場の即戦力), 仁平宣弘, 三尾淳, 技術評論社
(2012/04/12)
188. 設計現場で役立つめっきの基礎とノウハウ, 岡村康弘, 日刊工業新聞社
(2009/02)
189. 実践自動化機構図解集, 日刊工業新聞社(1990/04)  熊谷卓,
190. TQC と信頼性: 100 のアドバイス/, 星満, 小林正志著., 1982
191. 商品開発: 100 のアドバイス/, 星満著., 1984
192. 先端技術利用100 のアドバイス/, 星満著., 1986
193. 商品化設計: 100 のアドバイス/, 星満著.
194. 開発・設計部員のための自習型教育ツール集/, 星満著.
195. トコトンやさしいポンプの本(今日からモノ知りシリーズ) 外山幸雄日刊
工業新聞社(2016/9/29)
196. 事例でわかるプラスチック金型設計の進め方-2 プレート・3 プレート・分
割構造金型- 小松道男日刊工業新聞社(2016/10/27)
197. 中小企業に役立つFMEA 実践ガイド大津亘日本規格協会(2009/05)
198. ヒューマンエラー対策事例集慶應義塾大学岡田有策技術情報協会; 初版
(2013)
199. “モノづくり"で困ったときのためにその難問,解決します原田武重文芸
社(2015/2/1)
200. トヨタに学びたければトヨタを忘れろモノの流れと位置の徹底管理法(第
2 版) 近江堅一, 近江良和日刊工業新聞社; 第2 版(2014/12/26)
201. 燃料油・潤滑油・グリース・添加剤の基礎と添加剤の分離分析方法/ 藤田
稔サイエンス&テクノロジー,2008.12.
202. 旋削加工(機械加工現場診断シリーズ) 西嶢祐日刊工業新聞社(1996/8/1)
203. ハンドリング簡易自動化201 伊予部将三日刊工業新聞社(1996/07)
204. 設計の凡ミス退治101 伊予部将三日刊工業新聞社(1996/5/1)
205. CNC 切削加工のすすめ方(工業調査会の実践入門シリーズ) 松岡甫篁工
業調査会(1991/05)
206. VE 関連技法つかいやすいTRIZ 研究会活動報告海野誠日本バリュー・
エンジニアリング協会, [1967]- 巻号・年月日(296):2017.2, pp29-34
ISSN 0285-2268
207. Le Diverse Et Arti ciose Machine del Capitano Agostino Ramelli
Dal Ponte Della Tresia, Ingegniero del Christianissimo Re Di
Francia Et Di Pollonia (Classic Reprint) Agostino Ramelli 富澤
清治修復校正. 2003
208. 例題で学ぶ熱力学1991/3 平山直道, 荒木良一郎丸善(1991/03)
209. 金型のNC 加工テクニック松岡甫篁日刊工業新聞社(1989/07)
210. 水銀処理技術が日本のエネルギー危機を救う(環境・エネルギー) 幾島賢
治シーエムシー; A5 版(2014/11/13)
211. 新しい穴加工技術(工業調査会の実践入門シリーズ) 松岡甫篁工業調査会
(1987/07)
212. クレーム管理(1977 年) 佐々木脩日刊工業新聞社(1977/09)
213. オートマチック・メカニズム〈1〉制御と計測(1980 年) (自動化ブックス
〈7〉) 熊谷卓, ニコラス・P. チロニス大河出版(1980/04)
214. ノモグラムによる機械設計図表集(1979 年) 木村章アイピーシー
(1979/09)
215. 計器サーボ系の設計法(1969 年) Bruce A.Chubb 学献社(1969)
216. 最初に読む光化学の本前田秀一日刊工業新聞社(2017/2/22)
217. 切削データブック松岡甫篁, セコツールズ社工業調査会(1978/11)
218. 品質管理の基礎実務―データのまとめ方と使い方武田正一郎技術評論社
(1976/04)
219. 製品技術システム(1974 年) (R&D セミナー〈4〉) 開発社(1974)
220. 産業用ロボット実用マニアル(1980 年) 鵜沢高吉(編集) 新技術開発セン
ター(1980/10)
221. 生産自動化マニアル(1983 年) , 1983/7 鵜沢高吉(編集) 新技術開発セ
ンター(1983/07)
222. 絵とき「貴金属利用技術」基礎のきそ(Machine Design Series) 清水進,
村岸幸宏日刊工業新聞社(2016/6/29)
223. 図解入門よくわかる最新さびの基本と仕組み[第2 版] 長野博夫, 松村昌
信秀和システム; 第2 版(2016/7/15)
224. 機械設計2017 年11 月号[雑誌] 日刊工業新聞社(2017/10/10)
225. 絵とき「ポンプ」基礎のきそ-選定・運転・保守点検- (Mechanical Engi-
neering Series) 外山幸雄日刊工業新聞社(2014/11/22)
226. バルブの基礎(基礎シリーズ) 笹原敬史パワー社(2000/5/1)
227. バルブの設計(設計製図シリーズ) 笹原敬史パワー社(2003/12/1)
228. 世界と日本の揚水器(機)・ポンプ歴史話
229. しょうぼうさんはやく加古里子作,村山淳 画。童心社, 1964.10.
230. どうぐ(かがくのえほん) 加古里子瑞雲舎(2001/10)
231. 金色のエネルギー―科学読みもの5 年生(1982 年) 加古里子日本標準
(1982/04)
232. しんかんせんでもどんかんせんでも(1983 年) (かこさとし・しゃかいの
本) 加古里子童心社(1983/12)
233. きゅうきゅうびょういんききいっぱつ(かこさとししゃかいの本) かこさ
とし童心社(1986/06)
234. 地下鉄のできるまで(みるずかん・かんじるずかん―銀の本) 加古里子福
音館書店(1987/10/30)
235. ポンプの選定とトラブル対策-現場で起きた故障事例と対処法-, 外山幸雄,
日刊工業新聞社(2014/02/26)
236. ヒューマンロボティクス神経メカニクスと運動制御丸善出版(2017/09/01)
237. 製造物責任法―法律家と技術者とをつなぐ(『法と社会』シリーズ) 杉本
泰治, 湖上国雄勁草書房(1996/01)

4. 化学・生物・環境・安全
1. やさしい産業用繊維の基礎知識, 加藤哲也, 日刊工業新聞社(2011/01)
2. 食品安全の技法―ハザード分析のための基礎資料付, 小野晴寛日本食糧新
聞社(2011/09/15)
3. バイオエレクトロニクス―理論から応用まで, 高木健次, エヌ・ティー・
エス(2009/08)
4. 燃料油・潤滑油および添加剤の基礎と応用, 藤田稔(1930生)サイエ
ンス&テクノロジ- (2008/12)  
5. 分析技術早わかり 加藤皓一 亀田ブックサービス(2001/04)  
6. 水産技術者の業務と技術者倫理, 渡辺悦生;井上祥一郎;網田健次郎;
桑原伸司;西川研次郞;岩見聡;関達哉;久下善生, 恒星社厚生閣
(2011/07/08)
7. アリサのグリーン市民への旅―環境と省エネルギーをやさしく学ぶ(B&T
ブックス), 福田遵, 日刊工業新聞社(2011/08)
8. プラスチック自動車部品―ケーススタディから読み解く現状と近未来, 岩
野昌夫, 工業調査会(2010/03)
9. 陸軍燃料廠―太平洋戦争を支えた石油技術者たちの戦い(光人社NF 文庫),
石井正紀, 光人社(2003/04)
10. 安全な職場づくりのためのヒヤリハット事例と現場問題Q&A, 原崎郁平
 高圧ガス保安協会(2004/07/06)  
11. ISO9000 2000 年,そして,それ以降, ペリー・L. ジョンソン, 日本法令
(2003/02)
12. 水の総合辞典, 丸善(2009/01/27)
13. 統計解析環境R によるバイオインフォマティクスデータ解析- Biocon-
ductor を用いたゲノムスケールのデータマイニング-〔CD-ROM 付〕,
樋口千洋, 石井一夫, 共立出版(2007/09/26)
14. Rによる計算機統計学, Maria L..Rizzo, オーム社(2011/05/26)
15. 解析に基づく下水処理場の監理・計画・設計, 白潟良一, 笠井一次, 竹島
正, 鹿島出版会(2011/07/06)
16. 図解よくわかるデータマイニング(B&T ブックス), 石井一夫, 日刊工業
新聞社(2004/12)
17. 図解適用事例にみる高分子材料の最先端技術―なぜ,高分子材料を使うの
か, 松浦一雄, 工業調査会(2007/04)
18. 野生生物保全技術, 海游舎(2007/08)
19. 農業労災の予防と補償制度―地域農業の安全管理, 三廻部真己 東京農業
大学出版会(2002/10)  
20. 化学プラントにおこるトラブル事例―その原因と防止対策, 今西忠, 化学工
業日報社(2009/06)
21. 環境と科学技術者の倫理, P. アーンヴェジリンド, アラステェア・S. ガ
ン, 丸善(2000/09)
22. 食の安全と企業戦略―食品安全基本法と食生活への貢献, 幸書房(2004/02)
23. シミュレーション―ARENA 活用した総合的アプローチ, W.D. ケルト
ン, D.T. スタロック, R.P. サドウスキー, コロナ社(2007/12)
24. ごみ焼却技術絵とき基本用語, オーム社(2011/09/07)
25. 農作業事故の防ぎ方と労災補償, 三廻部眞己, 家の光協会(2010/03)
26. REACH 規則対応便覧 新技術開発センター荒野喆也(機械,総合)2008
年10 月発行
27. よくわかるISO22000 の取り方・活かし方―食の安全・安心への手引き,
池戸重信, 湯地和夫, 湯川剛一郎, 日佐和夫, 日刊工業新聞社(2006/06)
28. 図解射出成形技術最前線, 片岡紘, 佐藤功, 工業調査会(2004/03)
29. 重点解説最先端化学技術のエッセンス―サステイナブル社会の実現に向け
て, 先端化学技術研究会, 工業調査会(2009/04)
30. 活かそう生ごみ―生物系資源活用のビジョンと具体策, 神力達夫, 日報出
版(2003/10/01)
31. マテリアルハンドリング・システム活用術, 山根幹大, 流通研究社
(2004/09/09)
32. 地球環境を改善した廃材チップ輸入, 花谷守正テックタイムス(2007/05)
33. マニュアルだけでは食の安全・安心が得られない―食品工場仕事規範, 藤
間能之食品と科学社(2007/05)
34. 労働安全衛生マネジメントシステム活用ガイド―
OHSAS18001:2007/18002:2008, 豊田寿夫, 日本規格協会
(2009/06)
35. 環境生態学入門, 青山芳之, オーム社(2008/04)
36. みんなで防ぐケガ・病気―生産現場で進めるやさしい安全・衛生, 荒野哲
也, JIPM ソリューション(2006/03)
37. 安全倫理―あなたと社会の安全・安心を実現するために, 片倉啓雄, 堀田
源治, 培風館(2008/11)
38. 重点解説最先端化学技術のエッセンス―サステイナブル社会の実現に向け
て, 先端化学技術研究会, 工業調査会(2009/04)
39. ナノテクビジネス指南―小さな技術が起こす大変革, ジャックウルドリッ
チ, デブニューベリー, 丸善(2004/07)
40. イラストでわかる土壌汚染―あなたの土地は大丈夫?, NPO 土壌汚染技術
士ネットワーク, 技報堂出版(2009/04)
41. もう少し深く理解したい人のためのバイオテクノロジー―基礎から応用展
開まで, 地人書館(2007/04)
42. 機能性色素としてのフタロシアニン基礎編・応用編, 廣橋亮, 坂本恵一(1
957-) アイピ-シ- (2004/07)
43. 光合成細菌, 北村博, 学会出版センター(1984/12)
44. 光合成微生物の機能と応用(バイオテクノロジーシリーズ), 上原赫, シー
エムシー出版(2007/01)
45. 光合成のエネルギー利用と環境応用(バイオテクノロジーシリーズ), 三宅
淳, 佐々木健, シーエムシー出版(2014/03)
46. 廃棄物のバイオコンバージョン―ゼロエミッションをめざして(ニューエ
ンジニアリングライブラリー), 矢田美恵子, 佐々木健, 川口博子, 地人
書館(2001/04)
47. 廃棄物のバイオコンバージョン―有機性廃棄物のリサイクル(ニューエン
ジニアリングライブラリー), 矢田美恵子, 佐々木健, 川口博子, 地人書
館(1996/06)
48. 冬期の光量不足を解消する温室栽培果実の光熟成法, 門永鉄雄, 東洋出版
(2014/02/10)
49. 翻訳元素の生物化学―細胞レベルでの元素の反応・結合・移動過程を追う,
J.J.R. フラウスト・ダ・シルバ, R.J.P. ウィリアムズ, エヌティーエス
(2014/02/14)
50. 新バイオの扉: 未来を拓く生物工学の世界, 裳華房(2013/06/25)
51. 世界の化学品規制・ルールの解釈とその違反回避のための実務, 技術情報
協会(2012)
52. 不確定なプロセスをモデル化するツール簡易シミュレーションシステム
aGPSS 1. 基本編, Ingolf Stahl, Richard Born, 松山技術士事務所
(2013/04/25)
53. 不確定なプロセスをモデル化するツール簡易シミュレーションシステム
aGPSS 2. 応用編(-), Richard Born, Ingolf stahl, 松山技術士事務所
(2014/05/24)
54. シェールガス・オイルの輝ける未来(CMC books), 幾島賢治, シーエム
シー出版(2013/06)
55. 食品特許のつくり方―知的財産を技術経営に活かす(食品工業NEO), 森
本敏明, 光琳(2013/01)
56. 北海道水辺の生き物の不思議, 北海道新聞社(2013/04/25)
57. バイオエレクトロニクス―理論から応用まで, 高木健次, エヌ・ティー・
エス(2009/08)
58. 改訂ファン・ブロワ(省エネルギー技術実践シリーズ), 尾形俊輔, 省エネ
ルギーセンター(2003/04)
59. もう少し深く理解したい人のためのバイオテクノロジー第2 版: 基礎から
応用展開まで, 地人書館(2014/04/01),
60. バイオの扉―医薬・食品・環境などの32 のトピックス, 裳華房(2000/06)
61. 公害防止管理者最新重要300 題〈水質編〉(OHM LICENSE ‐ BOOKS),
上岡昭春, オーム社(1989/06)
62. 水: 基礎・ヘルスケア・環境浄化・先端応用技術大森豊明編集代表. エヌ・
ティー・エス,2006.8.
63. 生体物理刺激と生体反応大森豊明監修. フジ・テクノシステム,2004.1.
64. 給水装置工事主任技術者試験厳選問題(なるほどナットク!), 氷上克一, 上
岡昭春, オーム社(2005/05)
65. 下水道第3 種技術検定実戦問題/, 氷上克一, 上岡昭春共著., 2004
66. 公害防止管理者最新重要300 題. 水質編/, 上岡昭春著.
67. 現代無機材料科学, 足立吟也, 南努, 化学同人(2007/01)
68. 微生物の世界, 日本菌学会, 日本藻類学会, 日本放線菌学会, 日本微生物資
源学会, 日本微生物生態学会, 製品評価技術基盤機構, 宮道慎二, 筑波出版
会(2006/07)
69. 東日本大震災復旧・復興に向けて―神戸学院大学からの提言, 晃洋書房
(2012/03) item 35 億年・生命の歴史―ブリアンの古生物図鑑, ズデニェッ
クブリアン, かこさとし, 偕成社(1993/12),
70. 中小企業のための環境関連法規制, 太田芳雄, 技報堂出版株式会社
(2014/11/20)
71. 【日本情報経営学会叢書】6 モノづくりと環境のマネジメント, 中央経済
社(2013/03/20)
72. 安全な職場づくりのためのヒヤリハット事例と現場問題Q&A, 原崎郁平,
高圧ガス保安協会(2004/07/06)
73. 化学工業の環境管理,レスポンシブル・ケア実践集: ISO 14000 に対応
する環境マネジメントの実情と対応策
74. 触媒のおはなし(おはなし科学・技術シリーズ), 植村勝, 上松敬禧, 日本
規格協会(1994/03)
75. 技術の環境と着想・発展, 須賀田正泰, 冬至書房(2006/04)
76. やさしいPRTR 法届出の仕方―経済産業省・環境省「算出マニュアル」準
拠, 斎藤幸保, 日刊工業新聞社(2002/02)
77. 機能材料キーワード―215 の重要用語がわかる(ケイブックス), 大森豊
明, 藤木良規, 須田昌男, 工業調査会(1987/11)
78. 旅館・ホテル繁盛のための旅館経営とよいサービスの基本―頭と心のトレー
ニング, 佐々木脩, 新風舎(2006/09)
79. 医療施設の経営と品質管理2007 年版―基本と実践ヒポクラテスから
ISO9001 ー2000, 佐々木脩, 吉元和浩, 人吉中央出版社(2007/04)
80. 塩蔵すじこ・イクラの基礎知識, 長坂豊道, 湯川剛一郎, 幸書房(2012/07)
81. R とグラフで実感する生命科学のための統計入門石井一夫羊土社
(2017/3/13)
82. 新しい扉を拓くナノファイバー ―ナノファイバー最前線―八木健吉繊維
社(2017/6/1)
83. 最新日本の酒米と酒造り前重道雅, 小林信也養賢堂(2000/04)
84. 続名水を科学する技報堂出版(1999/12)
85. 名水を科学する技報堂出版(1994/11)
86. 嫌気微生物学上木勝司, 永井史郎養賢堂(1993/11)
87. 山づくり,水づくり,美しいふるさとづくりのあゆみ西条・山と水の環境
機構 10周年記念誌
88. バイオレメディエーションの基礎と実際(CMC テクニカルライブラリー)
シーエムシー出版(2003/02)
89. 非化学系技術者のための化学実験入門学術図書出版社(1990/03)
90. バイオ活用による汚染・廃水の新処理法(地球環境シリーズ) シーエムシー
出版(2012/03)
91. 基礎から実践までの環境化学西川治光三共出版; 第2 版(2017/9/1)
92. 材料試験硬さ技術の系統化調査古賀正樹国立科学博物館, 2009.5.
93. 千葉県銚子市屏風ヶ浦海食崖の経年変化について金森信孝
94. トコトンやさしいヨウ素の本(今日からモノ知りシリーズ) 海宝龍夫日刊
工業新聞社(2015/6/20)
95. 材料の速度論―拡散,化学反応速度,相変態の基礎山本道晴内田老鶴圃
(2015/2/5)
96. トコトンやさしい水道管の本(今日からモノ知りシリーズ) 高堂彰二日刊
工業新聞社(2017/7/19)
97. トコトンやさしい水道の本(B&T シリーズ―今日からモノ知りシリーズ)
高堂彰二日刊工業新聞社(2011/11/1)
98. トコトンやさしい下水道の本(今日からモノ知りシリーズ) 高堂彰二日刊
工業新聞社(2012/10/16)
99. ゲノム情報解析―次世代シーケンサーの最新の方法と応用石井一夫エヌ
ティーエス(2016/3/18)
100. 月へいったたろう加古里子作; 北田卓史画. 童心社, 1961 年9 月
101. 翻訳マテリアルズインフォマティクス―探索と設計石井一夫エヌ・ティー・
エス(2017/6/1)
102. 冷凍食品100 年の進歩杉本昌明西武出版印刷株式会社(2017/3/3)
103. かがやく年月化学のこよみ―化学の偉人と科学の歴史(絵で見る化学のせ
かい6) かこさとし偕成社(1982/06)
104. ひろがる世界化学の未来―資源とエネルギーの話(絵で見る化学のせかい
5) かこさとし偕成社(1981/10)
105. みんなの生命くらしの化学―自然と生命の化学(絵で見る化学のせかい4)
かこさとし偕成社(1981/10)
106. ふしぎな化学の大サーカス―最新の化学と技術の話(絵で見る化学のせか
い3) かこさとし偕成社(1982/05)
107. かわいいきいろのクジラちゃん(かこさとしこころのほん(8)) 加古里子
ポプラ社(1985/12)
108. じょうずになろうはしること(じょうずになろうシリーズ) 武藤芳照, 八
田秀雄評論社(1986/02)
109. せかいのパンちきゅうのパン(かこさとしのたべものえほん) かこさとし
農山漁村文化協会(2005/04)
110. ふしぎないねとおひめさま―インドネシアの昔話(かこさとしおたのし
みえほん) かこさとし偕成社(1989/05)
111. ミラクルバナナジョルジュキャストラ, 加古里子, ロドニィサン・エロ
ワ学習研究社(2001/02)
112. 水とたたかった戦国の武将たち―武田信玄・豊臣秀吉・加藤清正(土木の
絵本) かこさとし, おがたひでき全国建設研修センター(1997/02)
113. ゆきこんこんあめこんこんかこさとし, なかじままり偕成社(1987/12)
114. つみれのまほうとうふのにんじゃ(かこさとしのたべものえほん) かこさ
とし農山漁村文化協会(1987/10)
115. にくはちからげんきのもと(かこさとしのたべものえほん) かこさとし農
山漁村文化協会(2005/04)
116. なかよしいじわる元素の学校―宇宙の物質・元素の世界(科学のたんけん・
知識のぼうけん) かこさとし偕成社(2000/03)
117. CLEAN AND GREEN:A STORY OF THE SUN AND PHO-
TOCATALYSTS 藤嶋昭, かこさとし, 村上武利, 中田一弥, 落合剛,
野村知生偕成社(2011/09/10)
118. 工業洗浄の技術辻薦地人書館(1996/03)
119. 食品用乳化剤第2 版日高徹幸書房(1991)
120. バイオテクノロジーの流れ―年表付き太田隆久, バイオインダストリー協
会バイオテクノロジーの流れ編集委員会化学工業日報社(2002/03)
121. 工業洗浄の技術、辻薦, 地人書館, 1996
122. 土の環境圏岩田進午, 喜田大三監修, 岩田進午[ほか] 編フジ・テクノシス
テム, 1997.5
123. 環境マネジメント・監査マニアル
124. ISO14000s に対応する環境測定技術マニアル
125. 日本のPL 法を考える―市民と科学技術の目で見た製造物責任法杉本泰治
地人書館(2000/02) 値段:¥1,728
126. 不織布便覧, 野瀬恭平
127. 魚が滅びる(1982 年) 境一郎農山漁村文化協会(1982/06) 値段:¥1,080
128. 基礎から実践までの環境化学西川治光, 大場和生, 小川信明, 高原康光
三共出版(2013/10/01)

5. 土木・建築・交通
1. 大覚寺大沢池景観修復プロジェクト―古代と現代をむすぶ文化遺産―, 真
板昭夫, 世界思想社(2010/01/02)
2. 交通事故の過失割合早見表, 技術書院(2007/04)
3. 地方小都市の市民等による市街地再整備従後評価及び市街地再開発推進意
向の推定, 沖村陽一, ほおずき書籍(2010/04)
4. シルクロード歴史紀行-砂漠の彼方遺跡と辺境へ-, 田中信義, ロングセ
ラーズ(2010/11/25)
5. 感動したみち,苦難のみち: 道の技術者が歩いた四国八十八ヶ所, 佐藤清
(建設)
6. 東海道―東海道五拾三次広重と大正期の写真, 知足美術館(2007-08), 保
永堂版東海道五十三次,新潟日報事業社中山輝也(応理)知足美術館編集
7. 港湾と地域の課題 和野信市博士古稀記念論文集刊行会 編, 和野信市(建
設) パールロード2008 年2 月発行 
8. 日光の風景地計画とその変遷, 手嶋潤一, 随想舎(2006/05)
9. 都市交通の躍進を考える―2 層立体化の秘策, 原周作, 技報堂出版(2003/07)
10. 橋との出会い―忘れえぬ橋のある風景, 佐藤清, 朱鳥社(2006/12)
11. インフラのデザイナー―建設コンサルタントの役割とは, 石井弓夫, 山海
堂(2003/03)
12. 空港施設がわかる本, 久保利俊明, 佐々木善朗, 山海堂(2007/11)
13. 建築家のための建築環境デザイン, 伊藤眞人, オーム社(2007/04)
14. 私の官民協働まちづくり―東京港区長奮闘記, 原田敬美, 学芸出版社
(2006/09)
15. 土木構造物の調査と機能診断, 稲垣正晴, 齋藤豊, 速水洋志, オーム社
(2009/08)
16. 建築トラブルにみる常識非常識(プロのノウハウ), 荒川治徳, 学芸出版社
(2004/09)
17. 交通事故鑑定事例研究no.1, 林洋(1931-)自動車公論社(2004/09)
18. 再考「都市の姿」-智恵と技術で創造, 辻喜礦, 中部経済新聞社(2004/08/03)
19. 建築設備入門, 柿沼整三, 伊藤教子, オーム社(2008/03)
20. インフラコンサルタント物語土木技術者として生きた五〇年, 清野茂次,
日刊建設通信新聞社(2008/05/30)
21. ビル・工場のための地球温暖化対策マニュアル, 丸岡巧美, オーム社
(2010/12/01)
22. この一冊で宇宙の不思議がわかる! (知的生きかた文庫), 菊山紀彦, 本田
成親, 三笠書房(2004/08/22)
23. 土木VE 実践の手引き―手順をワークシート形式でわかりやすく解説, 小
泉泰通, 山海堂(2005/07)
24. 業務に役立つ建設関連法の解説119, 小久保優, 技報堂出版(2011/07)
25. 日本の風土と災害, 菊池万雄古今書院(1987/01)
26. ランドスケープ計画・設計論, 丸田頼一, 島田正文, 技報堂出版(2012/09)
27. 歴史と建築のあいだ, 古今書院(2001/11/10)
28. まちの見方・調べ方―地域づくりのための調査法入門, 西村幸夫, 野澤康,
朝倉書店(2010/10/01)
29. 瀬戸内海事典, 南々社(2007/12)
30. アスファルト固化体等の浸出試験, 芳中一行; 高野祐吾*; 木村之彦*; 菅
谷篤志; 鬼澤寿和, 日本原子力研究開発機構. 2008
31. 地震時保有耐力法に基づく橋梁等構造の耐震設計に関するシンポジウム, す
べり支承の減衰の与える影響についてのケーススタディ。塩谷浩英,武藤
秀樹,中村桂久,徳川和彦。
32. 日経コンストラクション2014.8.11
33. 日経コンストラクション2014.7.14
34. 国土交通白書2013 の読み方, 堀与志男, 日経BP 社(2013/11/21)
35. 国土交通白書2012 の読み方, 堀与志男, 日経BP 社(2012/11/08)
36. 国土交通白書2011 の読み方, 堀与志男, 日経BP 社(2011/11/17)
37. 土木建設技術シンポジウム2007 土木学会建設技術研究委員会
38. 土木建設技術シンポジウム2006 土木学会建設技術研究委員会
39. 骨材の品質と有効利用に関するシンポジウム日本コンクリート工学協会
40. 中小橋梁の計画右城猛
41. 有限要素法解析基礎と実践, 野村大次, 岩崎博, 丸善出版(2013/10/25)
42. 土木技術に魅せられて―若手技術者に伝えたいこと, 右城猛, 理工図書
(2013/11)
43. 斜面防災都市―都市における斜面災害の予測と対策, 釜井俊孝, 守随治雄,
理工図書(2002/10)
44. インフラのデザイナー―建設コンサルタントの役割とは, 石井弓夫, 山海
堂(2003/03)
45. 給水装置工事主任技術者試験厳選問題(なるほどナットク!), 氷上克一, 上
岡昭春, オーム社(2005/05)
46. 自動車事故の科学: こうすれば事故をなくすことができる
47. 「成熟期」の交通論: 21 世紀の交通改革のために/, 林洋著., 1995
48. 運転事故の定石: 交通事故鑑定人がそっと明かした: 数々の事故例を徹
底, 林洋指導; 渡辺陽一郎, ベストカー特別取材班著
49. 交通事故鑑定の嘘と真―偽証・不合理・エセ鑑定…交通事故裁判の荒野を
征く, 林洋, 技術書院(2002/11)
50. 交通事故鑑定の嘘と真. 続/, 林洋著., 2004
51. 交通事故鑑定の嘘と真. 続々/, 林洋著., 2008
52. 海洋気象台と神戸コレクション(気象ブックス), 饒村曜著, 成山堂書店
(2010/05/19)
53. 斜面防災都市―都市における斜面災害の予測と対策, 釜井俊孝, 守随治雄,
理工図書(2002/10)
54. 軽井沢の自由研究, 升本喜就, 杉並けやき出版(2012/05)
55. 建設業におけるISO14000s 対応―環境マネジメントシステムの導入とポ
イント, 小沼稔, 工学図書(1996/11)
56. ビジョンとドリームのまちづくり―まちと交通再生のための都市政策, 土
井勉, 神戸新聞総合出版センター(2008/04)
57. 現代風俗駅前観測―数えてみればこんなに分かる(現代風俗研究会年報),
新宿書房(2010/01)
58. 実用地盤調査技術総覧―建築・土木技術者のための, 太田秀樹, 産業技術
サービスセンター(2007/02)
59. 橋のディテール図鑑―写真でみるヨーロッパの構造デザイン, 久保田善明,
鹿島出版会(2010/12)
60. ) 公共調達研究―健全な競争環境の創造に向けてなぜ,世界に例をみない
制度になったか, 木下誠也, 日刊建設工業新聞社(2012/06)
61. 電気自動車の最新制御技術, エヌ・ティー・エス(2011/06)
62. Footbridges―構造・デザイン・歴史, ウルズラバウズ, マイクシュライ
ヒ, 鹿島出版会(2011/02)
63. 自然災害から人命を守るための防災教育マニュアル柴山元彦, 戟忠希創
元社(2015/4/22)
64. ランドスケープ計画・設計論, 丸田頼一, 島田正文, 技報堂出版(2012/09)
65. すべてが解る仮設の計算, 和田克哉, 鈴木久尚, 原隆史, 理工図書
(2001/08)
66. 土木用語大辞典, 技報堂出版(1999/02)
67. 橋のディテール図鑑―写真でみるヨーロッパの構造デザイン久保田善明鹿
島出版会(2010/12/1)
68. 地球資源開発の超技術ロックドリル―歴史から見る技術的考察―中村吉
男創英社(2014/5/12)
69. 磯焼けの海を救う―海の医者のエコロジー(人間選書(203)) 境一郎農山
漁村文化協会(1997/07/01)
70. 河川と人間畠中武文古今書院(1996/11)
71. 公共工事の品質に関する委員会報告書
72. 風を創る―脱石油・脱原発のキー技術九鬼一夫近代文芸社(1996/02)

6. 英語・数学
1. 速く・正確に読むIT エンジニアの英語, 平井通宏, ジャパンタイムズ
(2011/02/17)
2. 技術英語の聞き方・話し方, 河村繁一, 芦ケ原治之, 藤原信浩, オーム社
(2004/01/23)
3. ビジネスパーソンのための英語超効率勉強法, 平井通宏, 日本実業出版社
(2002/09)
4. はじめてのSTEP BULATS―世界基準のビジネス英語能力テスト, David
Clark, 旺文社(2007/12)
5. エンジニアのための英会話超克服テキスト―実戦!テクニカル・ミーティン
グ, 平井通宏, フランシス・J. クディラ, オーム社(2004/08)
6. ワンランク上の問題解決の技術《実践編》視点を変える「ファンクショナ
ル・アプローチ」のすすめ, 横田尚哉, ディスカヴァー・トゥエンティワ
ン(2008/07/15)
7. つながりのコミュニティ――人と地域が「生きる」かたち*, 佐藤友美子,
土井勉, 平塚伸治, 岩波書店(2011/08/26)
8. BEST 理論幸福の道へ鐘廣喜風詠社(2017/4/1)
9. 世界一おもしろい「科学」の本―「身のまわりの“なぜ?”」から「宇宙の
ふしぎ」まで(王様文庫), 小笠原政次, 三笠書房(2006/11)
10. 会議が下手な会社は成長しない! モノづくり中小企業リーダーの役割, 新庄
秀光, 日刊工業新聞社(2014/12/20)
11. 技術者のためのわかりやすく書く技術, 山崎政志, 日本能率協会マネジメ
ントセンター(2008/07/03)
12. ビジネススキル・イノベーション― 「時間×思考×直感」67 のパワフル
な技術, 横田尚哉, プレジデント社(2012/08/30)
13. 卒業論文の作り方複合領域分野における経営学研究の進め方(静岡学術出版
教養新書), 岸野清孝, 山田尚史, 佐々木桐子, 静岡学術出版(2008/02/20)
14. 自他を生かす,話し方の知恵―新たな人生の扉が開く!, 話し方HR 研究所,
カナリア書房(2014/10)
15. 法律の翻訳―アメリカ法と日本語の危険な関係, 杉本泰治, 勁草書房
(1997/06)
16. エンジニアのための英語プレゼンテーション超克服テキスト, 平井通宏,
オーム社(2007/02)
17. 数学が思わず好きになってしまう本, 丑田俊二, 中経出版(2002/08)
18. シゴトに役立つデータ分析・統計のトリセツ実務のスキルをアップするビ
ジネス数学の基本テクニック増井敏克ソシム(2016/6/28)

8. 技術士・技術倫理
1. 実務に役立つ技術倫理, オーム社(2011/10/22)
2. 先端技術の個人情報保護―生命科学・情報科学・技術倫理の考え方, 奥田
孝之, 山野浩, 荒勝俊, 地人書館(2003/01)
3. 科学と技術の井戸端会議―わいがやチャット, 技術志会, 文芸社(2000/05)
4. 技術士が調査した新聞の実態と改革への期待, 三田和朗, 高城書房出版
(2011/05)
5. “科学技術”エコリーダーになろう―エコリーダー交式テキスト, 日本技
術士会登録持続可能な社会推進センター, 中央経済社(2011/08)
6. 起死回生の決め手日本人は皆泣いている, 大塚英三, 幻冬舎ルネッサンス
(2008/04/16)
7. 日本国ヤリクリのカラクリ―国の借金は国民が返すしかない荒牧国弘 五
曜書房(2004/03)
8. こうすれば資格を活かして独立できる・成功できる―自由と4 倍の年収を
獲得した“マル秘プロセス”公開, 西田順生, オーエス出版(2003/05)
9. 愛と青春の追憶, 藤田稔, 東京図書出版会(2007/03)
10. , 俳句が生んだエンジニアリング, 妹尾一成, 新風舎(2005/04)
11. あと100 年生きる本―世界一おめでたい寿雑学(講談社プラスアルファ文
庫), 小笠原政次, 講談社(2003/10)
12. はじめて学ぶ技術倫理の教科書, 今道友信, 札野順, 丸善(2008/05/31)
13. 技術士ハンドブック, オーム社(2006/11)
14. 科学技術者の倫理その考え方と事例第3 版, Charles E. Harris Jr.,
Michael S. Pritchard, Michael J. Rabins, 丸善(2008/11/29)
15. 技術士独立・自営のススメ, 森田裕之+21 人の野武士たち, 早月堂書房
(2005/05/03)
16. 元気の出る中小企業経営(2003 年度版), 茨城県中小企業経営研究会茨城
新聞社(2003/05)
17. 技術コンサルティングハンドブック, オーム社(2009/01)
18. 技術者倫理 日本の事例と考察: 問題点と判断基準を探る, 田岡直規, 水
野朝夫, 橋本義平, 丸善出版(2012/01/31)
19. はじめての技術士チャレンジ!―試験改正対応版第2 版, 矢田美恵子, 宮
入賢一郎, 日刊工業新聞社(2008/07/31)
20. 技術者資格―プロフェッショナル・エンジニアとは何か, 杉本泰治, 地人
書館(2006/02)
21. 科学技術者倫理の事例と考察, 丸善(2000/09)
22. 続科学技術者倫理の事例と考察, 丸善(2004/07)
23. あなたも技術士になろう―資格試験に向け歩む学習の姿勢, 久保田信一,
技報堂出版(2003/04)
24. エンジニアの大反撃, 西田俊一太陽書房(2004/01/31)
25. ソ満国境敗戦従軍体験記, 田口保彦, 東京図書出版会(2009/08)
26. どん詰まりの資本主義, 大塚 英三, 産経新聞出版(2010/06/18)
27. スパイラル奮闘記 人生は努力で面白くなる, 門永 鉄雄, 文芸社
(2012/03/01)
28. 技術の営みの教養基礎技術の知と倫理, 比屋根均, 理工図書(2012/03)
29. 内部告発―その倫理と指針, 丸善(2003/02),
30. 技術には専門の監査が必要だ!―技術監査人と業務監査監査信頼回復への
提言(B&T ブックス) , 地域と行政を支える技術フォーラム, 日刊工業新
聞社(2009/07)
31. 生涯現役エンジニア―実例にみるその必要性と提案, 田邉康雄, 丸善プラ
ネット(2007/01)
32. 経営と技術のための企業倫理―考え方と事例, 杉本泰治, 丸善(2005/08)
33. 「技術士補」試験突破マニュアル, 岡孝夫, 矢田美恵子, 杉内正弘, 山本
弘明, 日刊工業新聞社(1996/01)
34. 技術士口頭試験マル秘対策―事例・論文・解説付, テクノ技術士研究会, 新
技術開発センター(2009/06)
35. 技術士名鑑〈1970 年版〉(1970 年), 科学技術センター(1970)
36. 技術士がみた零細企業製造業の実態, 自動車部品三次下請けを例として,
森恒雄,  朝日新聞名古屋本社編集制作センター
37. 夢を追う技術者・技術士(新コロナシリーズ), コロナ社(1998/11)
38. 企業研究資金の獲得法, 根本光宏, 永井正夫, 田村元紀, 丸善
(2010/12/16)
39. 受験経験者のための技術士第二次試験(建設・上下水道) 必須科目対策, 本
田尚正, コロナ社(2005/02)
40. 受験経験者のための技術士第二次試験(建設・上下水道) 専門記述対策, 本
田尚正, コロナ社(2005/02)
41. 初めての技術士第二次試験(建設・上下水道) 自学自習のポイント, 本田尚
正, コロナ社(2005/02)
42. 受験経験者のための技術士第二次試験(建設・上下水道) 経験論文対策, 本
田尚正コロナ社(2004/01)
43. レポート・論文・プレゼンスキルズ―レポート・論文執筆の基礎とプレゼ
ンテーション, 石坂春秋, くろしお出版(2003/03/20)
44. 技術者倫理とリスクマネジメント―事故はどうして防げなかったのか?*,
中村昌允, オーム社(2012/02)
45. エンジニアが生き残るためのテクノロジーの授業(CodeZine BOOKS)
増井敏克翔泳社(2016/12/17)
46. 続・技術士試験―合格へのフィニッシュ(OHM LICENSE ‐ BOOKS)
オーム社(1988/05)
47. 技術士第二次試験機械部門必須科目択一120 問: ガンガン合格トレーニ
ング! 津田文男
48. 技術士・博士から技術者・研究者への提案- 2015 年第1 号(MyISBN -
デザインエッグ社) 技術士・博士共同出版研究会デザインエッグ社; 1 版
(2015/6/22)
49. 国立科学博物館技術の系統化調査報告第24 集荒野喆也 
50. 大学講義技術者の倫理学習要領, 杉本泰治, 橋本義平, 安藤正博, 高城
重厚, 丸善出版(2012/08/31)
51. 自然と心のランダムトーク―科学の目・科学の耳, 杉山卓, 金沢磐夫, 本当
の本の会(2006/05)
52. Le diverse et arti ciose machine del capitano Agostino Ramelli
/, [by] Agostino Ramelli ; 富澤清治修復校正., 2003  原本1588, 北
イタリアVICENZA 市立図書館
53. REPORT ON HYDRAULIC STUDY OF THE KARNAPHULI
RIVER AT CHITTAGONG, YUMIOISHII
54. 本田宗一郎から学んだモノづくりの極意, 西嶢祐, 日刊工業新聞社(1999/04)
55. 技術倫理日本の事例から学ぶ, 佐伯昇, 杉本泰治, 丸善(2006/09/21)
56. 技術者倫理―法と倫理のガイドライン, 杉本泰治, 橋本義平, 田中秀和,
丸善(2009/03)
57. 日本の公務員倫理―積極,協働への転換(学際選書), 杉本泰治, 創英社/
三省堂書店(2012/03)
58. 大学講義技術者の倫理入門第4 版, 高城重厚, 杉本泰治, 丸善
(2008/12/12)
59. 技術融合で「人に役立つ技術」を仕事にする! -「人を不幸にする技術」
から脱却しよう- (B&T ブックス), 戟忠希, 平松新, 日刊工業新聞社
(2012/07/24)
60. 新しい愛知の挑戦: 「ものづくり大国」再建への熱き想い, 新妻ひでき, 潮
出版社(2012/09/05)
61. 科学者の責任―哲学的探究, ジョン・フォージ, 産業図書(2013/03/16)
62. 新しいグランドシニアを目指そう!, 長見茂, 日刊工業新聞社(2013/12/18)
63. 毎日往復1 時間で受かる! 資格試験「通勤電車」勉強法, 浜野秀雄, 日本
実業出版社(2012/06/09)
64. 技術士第二次試験建設部門最新キーワード100, 日経コンストラクショ
ン, 日経BP 社(2012/07/05)
65. 技術士第二次試験建設部門択一式対策厳選100 問, 堀与志男ほか, 日経
BP 社(2013/07/04)
66. 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一試験対策キーワード, 杉内
正弘, 日刊工業新聞社(2014/01/22)
67. 技術士第二次試験「口頭試験」受験必修ガイド(第3 版), 杉内正弘, 福田
遵, 日刊工業新聞社(2013/03/25)
68. 例題練習で身につく技術士第二次試験論文の書き方(第3 版), 福田遵, 日
刊工業新聞社(2014/02/22)
69. 聴く!技術士二次試験論文のツボ, 山崎恭司, 学芸出版社(2011/03/10)
70. 技術士第一次試験「基礎・適性」科目キーワード700, Net ‐ P.E.Jp, 日
刊工業新聞社(2011/05/31)
71. 技術士第一次試験「基礎・適性」科目キーワード700 (第4 版), 日刊工業
新聞社(2014/06/24)
72. 2013 年度改正対応技術士第二次試験総合技術監理部門合格指南, 堀与
志男ほか, 日経BP 社(2013/04/18)
73. 重要キーワードを攻略技術士第二次試験建設部門択一式対策厳選100 問,
日経BP 社(2014/07/10)
74. 2012 年版技術士第二次試験建設部門合格指南, 日経BP 社(2012/02/16)
75. 独学・過去問で効率的に突破する! 「技術士試験」勉強法(DO BOOKS),
鳥居直也, 同文館出版(2013/04/05)
76. 2014 年版技術士第二次試験建設部門合格指南, 堀与志男ほか, 日経
BP 社(2014/03/12)
77. 合格の法則技術士一次試験―基礎・適性・共通・専門(建設部門/環境部
門) (なるほどナットク!), 青山芳之, 中田光治, オーム社(2003/07)
78. 技術士二次試験建設部門の完全対策(なるほどナットク!), オーム社
(1999/04)
79. 2013 年度改正完全対応技術士第二次試験建設部門合格指南(【2013 年
度改正】), 堀与志男ほか, 日経BP 社(2013/03/07)
80. プロが教える技術士試験合格ガイドブック(国家・資格シリーズ309),
「資格の広場」JES, 弘文社(2012/11/15)
81. 2014 年度技術士試験[建設部門] 傾向と対策, 鹿島出版会(2014/03/12)
82. 技術士試験「金属部門」受験必修テキスト第2 版-技術士第一次試験,第
二次試験対応-, 高橋政治, 佐藤智幸, 上野英生, 佐藤彰洋, 小柳拓央,
村山肇, 藤田善宏, 佐野照晃, 日刊工業新聞社(2014/04/24)
83. 技術士教科書技術士第一次試験問題集基礎・適性科目パーフェクト2014
年版(EXAMPRESS), 堀与志男, 翔泳社(2014/03/14)
84. 難関攻略!技術士第二次試験建設部門(LICENCE BOOKS), オーム社
(2007/05)
85. 技術士第二次試験完全攻略―建設・上下水道・農業・環境部門― (LI-
CENCE BOOKS), 青山芳之, 下岡正良, 中田光治, 山下正志, オー
ム社(2011/04/27)
86. 技術士一次試験徹底研究(なるほどナットク!), オーム社(2001/08)
87. 難関攻略!技術士第二次試験総合技術監理部門(LICENSE BOOKS), オー
ム社(2008/03)
88. 技術士口頭試験徹底攻略―事例集付き, 奥田孝之, テクノ(2002/12)
89. フルイディクスの使い方・作り方(1972 年), 吉田鐐一, オーム社(1972)
90. 縮小社会への道―原発も経済成長もいらない幸福な社会を目指して(B&T
ブックス), 松久寛佐藤国仁(機械), 日刊工業新聞社(2012/04/30)
91. 徹底検証21 世紀の全技術, 藤原書店(2010/10/30), 井上駿(農業)
92. 技術士ハンドブック(第2 版), オーム社(2014/11/26)
日刊工業新聞社(2011/10)
93. 技術士第一次試験基礎科目徹底解析, テクノ基礎科目研究会, 新技術開発セ
ンター(2008/02)
94. 技術士第一次試験基礎科目徹底解析, テクノ(2003/10)
95. 技術士口頭試験徹底攻略―事例集つき(<CD ーROM>), 中田光治, テク
ノ(2005
96. 事例に学ぶトレードオフを勝ち抜くための総合技術監理のテクニック―リ
スクマネジメントのすすめ, 地人書館(2013
97. 事例に学ぶトレードオフを勝ち抜くための総合技術監理のテクニック―リ
スクマネジメントのすすめ, 地人書館(2006
98. 事例に学ぶトレードオフを勝ち抜くための総合技術監理のテクニック―リ
スクマネジメントのすすめ, 地人書館(2004
99. 事例に学ぶトレードオフを勝ち抜くための総合技術監理のテクニック―リ
スクマネジメントのすすめ, 地人書館(2003
100. 第2 版科学技術者の倫理―その考え方と事例, Jr,Charles E. Harris,
Michael J. Rabins, Michael S. Pritchard, 丸善(2002


16:46 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2018/12/05

技術士の方の書かれた本 1000冊(1/2)

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
著者に技術士を含む著作、翻訳を示す。すべての著者が技術士ではない。

1. 情報技術・経営管理
1. ソフトウェアエンジニアリング論文集80's デマルコ・セレクション, 翔泳社(2006
2. UML モデリング入門本質をとらえるシステム思考とモデリング心理学,児玉公信, 日経BP 社(2008
3. Microsoft Exchange 活用ガイド―アドバンストリファレンス, 小川清,技術評論社(1996
4. Linux による画像処理プログラミング, 飯尾淳, オーム社(2000
5. ITSS で自己スキル革命―IT スキル標準を活用しキャリアアップ!!, 小佐
野市男, ソフトリサーチセンター(2006
6. SE のスピード発想術(技評SE 選書), 粕谷茂, 技術評論社(2009
7. 適正在庫の考え方・求め方, 勝呂隆男, 日刊工業新聞社(2003
8. 適正在庫のマネジメント, 勝呂隆男, 日刊工業新聞社(2005
9. 適正在庫のテクニック―すぐに実践できる現場のための在庫理論APIM,
勝呂隆男, 日刊工業新聞社(2006
10. あの会社はどうして伸びた―今から始めるIT 経営(現代産業選書―経済
産業研究シリーズ), 則包直樹, 榎本博康, 経済産業調査会(2006
11. 作る前にコストダウンする技術―景気はいいのになぜ儲からないのか(PHP
ビジネス選書), 西田順生, PHP 研究所(2007
12. 事例に学ぶトレードオフを勝ち抜くための総合技術監理のテクニック―リ
スクマネジメントのすすめ, 地人書館(2006
13. BPM-ビジネスプロセス・マネジメント―みえる経営戦略,できる業務
改革, 堀内正博, 田中正郎, 則包直樹, 榎本博康, ビー・エヌ・エヌ新社(2000
14. オペレーティング・システム入門(1969 年)*, 上条史彦(情報工学) 日本生産性本部(1969
15. 経営レバレッジによる収益改善戦略―利益ナビゲーション戦略のすすめ方,土山嘉雄, 同友館(2009
16. 知ってなアカン!技術者のためのマネジメント思考上達法―わかりやすく・やさしく・役に立つ(B&T ブックス), 戟忠希, 佐野 義幸, 二宮和彦,
古川 功, 保居優加子, 日刊工業新聞社(2011
17. WBS/EVM によるIT プロジェクトマネジメント, 山戸昭三, 永地恒
一, ソフトリサーチセンター(2009
18. 東アジアのモノづくりマネジメント(日本情報経営学会叢書), 髙桑宗右ヱ
門, 中央経済社(2012
19. 儲けの9 割は「値決め」で決まる!, 西田順生, 中経出版(2012
20. UML モデリングの本質第2 版良いモデルを作るための知識と実践, 児
玉公信, 日経BP 社(2011
21. システム開発の見積りのための実践ファンクションポイント法, 児玉公信,
日本能率協会マネジメントセンター(2006
22. オブジェクト指向とコンポーネントによるソフトウェア工学―UML を使っ
て(Object Technology Series), ペルディタスティーブンス, ロブプー
リー, ピアソンエデュケーション(2000
23. ファンクションポイントの計測と分析, デービッドガーマス, デービッド
ヘロン, ピアソンエデュケーション(2002
24. リアルタイムOS と組み込み技術の基礎―実践μ ITRON プログラミン
グ(TECHI (Vol.17)), 高田広章, 宿口雅弘, 南角茂樹, 岸田昌巳, CQ出版(2004
25. 組込み開発者におくるMISRA ‐ C:2004―C 言語利用の高信頼化ガイド, 日本規格協会(2006
26. 組込み開発者におくるMISRA ‐ C―組込みプログラミングの高信頼化
ガイド, 日本規格協会(2004
27. 共通フレーム98―SLCP ‐ JCF98〈1998 年版〉ソフトウェアを中心と
したシステム開発および取引のための共通フレーム国際規格適合, 通産資
料調査会(1998
28. VZ 倶楽部, 小川清ほか, ヴィレッジセンター, 1991
29. 自主研究実践ハンドブック―地方自治体活性化のために(1984 年), 総合
労働研究所(1984
30. データベース検索技術者試験 傾向と対策, 小川清, 安藤敏俊, 紀伊國屋書
店, 1993
31. 工学倫理―技術者としての職業倫理と実践方法, 堀田源治, 工学図書
(2006
32. 人間のためのコンピューター―インターフェースの発想と展開(Higher
Education Computer Series), アジソンウェスレイパブリッシャーズ
ジャパン(1994
33. データ・ベース・システム(コンピュータサイエンスシリーズ), 上条史彦
(情報工学) 産業図書(1972
34. コンピュータウイルス―不法侵入をどう防ぐか, P. ファイツ, M. クラッ
ツ, P. ジョンストン訳:上條史彦(情報工学)日本経済新聞社(1989/12)
35. プログラミングPL/I 入門(1972 年), 上条史彦(情報工学) 日本生産性
本部(1972)
36. シミュレーションの理論(1971 年), K.D. トッカー訳:上條史彦(情報工
学)日本生産性本部(1971)
37. アナリシスパターン―再利用可能なオブジェクトモデル(Object Technol-
ogy Series), マーチンファウラー, ピアソンエデュケーション(2002/04)
38. 演習と実例で学ぶプロジェクトマネジメント入門第2 版日本語版PM-
BOK 第4 版対応, 飯尾淳(情報工学), ソフトバンククリエイティブ
(2012
39. リブレソフトウェアの利用と開発―IT 技術者のためのオープンソース活
用ガイド, 飯尾淳(情報工学), ソフトリサーチセンター(2004
40. C 言語によるスーパーLinux プログラミング C ライブラリの活用と
実装・開発テクニック, 飯尾淳(情報工学), ソフトバンククリエイティブ
(2011
41. Making Software ―エビデンスが変えるソフトウェア開発, オライリー
ジャパン(2011, 『Making Software』日本語版発刊記念鼎談
今こそエビデンスを生かしたソフトウェア開発を/ 児玉公信(情報工学),
中谷多哉子, 久野靖
42. ヒューマンインターフェースの発想と展開―人間のためのコンピューター*,
ブレンダ・ローレル, 訳:上條史彦(情報工学), ピアソン・エデュケーショ
ン(2002
43. 要求定義における自然語レキシコンの応用,  上條史彦(情報工学)
44. 情報処理システム(I.T. 選書), 上条史彦(情報工学) 通産資料調査会
(1994/08)
45. 情報処理(日経産業シリーズ), 上条史彦(情報工学) 日本経済新聞社
(1987/07)
46. ソフトウエアのコスト積算―ドティ・レポート, 上条史彦(情報工学) , ド
ティアソシエツ産業図書(1981/07)
47. Ada―入門/和訳規約(1983 年), 上条史彦(情報工学) , H. レッドガー
ド産業図書(1983
48. リファクタリング―プログラムの体質改善テクニック(Object Technology
Series), マーチンファウラー, ピアソンエデュケーション(2000/05)
49. オブジェクト指向とコンポーネントによるソフトウェア工学―UML を使っ
て(Object Technology Series), ペルディタスティーブンス, ロブプー
リー, ピアソンエデュケーション(2000
50. 企業情報システムの一般モデル―UML によるビジネス分析と情報システ
ムの設計(Object Technology Series), クリスマーシャル, ピアソンエ
デュケーション(2001
51. UML によるビジネスモデリング, ハンス=エリクエリクソン, マグヌス
ペンカー, ソフトバンククリエイティブ(2002
52. キクタンサイエンス情報科学編(理系たまごシリーズ), 平井通宏, アルク
(2012
53. コンピュータ科学概説―情報とコンピュータその誕生, 進化, 社会, 石坂春
秋大空社(1998
54. コンピュータ概論(未来へつなぐデジタルシリーズ17), 白鳥則郎, 山崎
克之, 岡崎直宣, 岡崎美蘭, 片岡信弘, 岩嵜正明, 福澤寧子, 福本昌弘,
阿曽弘具, 林敏浩, 水野忠則, 三石大, 柴田義孝, 渡辺健次, 武田敦志,
共立出版(2013
55. インターネットビジネス概論(未来へつなぐデジタルシリーズ1), 片岡
信弘, 工藤司, 石野正彦, 五月女健治, 共立出版(2011
56. ネットワーク・コンピューティングで会社を集合天才に変える本, 伊藤利
朗, 市川照久, 坂和磨, 片岡信弘, オーム社(1999
57. イノベーションを加速するオープンソフトウェア(静岡学術出版教養新書),
相原憲一, 松田順, 静岡学術出版(2008
58. 体系的に学ぶ安全なWeb アプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる
原理と対策の実践, 徳丸浩, ソフトバンククリエイティブ(2011
59. Web アプリケーションのセキュリティ完全対策―不正アクセスや情報漏洩
を防ぐ, 徳丸浩, 田畑拓, 三好雅貴, 園田健太郎, 日経BP 社(2004
60. ) わたしはIT コンサルタントです。―次を目指すSE 諸君に贈る11 章
(ソリューションIT 新書), 井上春樹, リックテレコム(2003
61. 1 週間で作る! サプライチェーン実行システム―先端IT による企業生き
残り戦略, 井上春樹, 流通SCM 研究会, アイシーシー(2000
62. 実践サプライチェーン経営革命*, 井上春樹, 流通SCM コンソーシアム,
日立エンジニアリング(1999
63. リアルタイムOS と組み込み技術の基礎―実践μ ITRON プログラミン
グ(TECHI (Vol.17)), 高田広章, 宿口雅弘, 南角茂樹, 岸田昌巳, CQ
出版(2004/02)
64. リンカ・ローダ実践開発テクニック―実行ファイルを作成するために必須の技
術(COMPUTER TECHNOLOGY), 坂井弘亮, CQ 出版(2010/08)
65. 開発ツールを使って学ぶ! C 言語プログラミング, 坂井弘亮, マイナビ
(2014/08/28)
66. C 言語デバッグ完全解説(Gihyo Technology), 坂井弘亮, 技術評論社
(2008/02/13)
67. C 言語によるオブジェクト指向プログラミング入門, 坂井弘亮, 翔泳社
(2009/12/15)
68. C 言語入門書の次に読む本[改訂新版] (プログラミングの教科書), 坂井
弘亮, 技術評論社(2011/04/08)
69. 12 ステップで作る組込みOS 自作入門, 坂井弘亮, カットシステム
(2010/05)
70. 0 と1 のコンピュータ世界バイナリで遊ぼう!, 坂井弘亮, 坂井丈泰, 愛
甲健二, 竹迫良範, 松田和樹, マイナビ(2014/04/23)
71. 熱血!アセンブラ入門, 坂井弘亮, 秀和システム(2014/09/30)
72. 31 バイトでつくるアセンブラプログラミング ~アセンブラ短歌の世界~
, 坂井弘亮, 愛甲健二, 松田和樹, 坂井丈泰, 竹迫良範
73. 情報化施行技術総覧, 産業技術サービスセンター(1998/12)
74. どこかで見た・聞いた・体験した! SE あるある四方山話~ SE100 人に
聞いた今どきのSE の生態, 左門至峰, 技術評論社(2014/03/07)
75. ネットワークスペシャリスト情報セキュリティスペシャリストなどの高度
区分合格者に告ぐ論文試験は簡単だ!, 左門至峰, 星雲社(2014/06/16)
76. ネスぺの剣25 ネットワークスペシャリストの最も詳しい過去問解説(情
報処理技術者試験), 左門至峰, 平田賀一, 技術評論社(2014/03/27)
77. ソフトウェアテストの基礎: ISTQB シラバス準拠/, ドロシー・グラハ
ム, エリック・ファン・フェーネンダール, イザベル・エ
78. あの会社はどうして伸びた: 今から始めるIT 経営/, 則包直樹, 榎本博
康共著., 2006
79. システム監査の理論と実践. 第2 集(監査ニーズの多様化へいかに対応す
る, 黒澤兵夫(情報工学)
80. FM ‐ 7 F ‐ BASIC 解析マニュアル(フェーズ1), 中村英都, 秀和シ
ステムトレーディング(1984
81. ネットワークOS MS-DOS ver.3.1 活用ハンドブック(上巻), 中村英
都, 秀和システムトレーディング(1986/01)
82. ネットワークOS MS-DOS ver.3.1 活用ハンドブック(下巻), 中村英
都, 秀和システムトレーディング(1986/12)
83. FM ‐ 7 New7 77 マシン語入門マニュアル, 中村英都, 秀和システムト
レーディング(1984/01)
84. よくわかるコンピュータ・キーワード解説, 玉置彰宏, 日経BP 出版セン
ター(1994/04)
85. MVS の機能と構造―大型オペレーティング・システム, 千田正彦, 近代
科学社(1986/05)
86. 情報処理関連略語辞典, 千田正彦, 総研出版(1984/01)
87. 情報通信概論(InfoCom Be ‐ TEXT), 西園敏弘, 宮保憲治, 増田悦
夫, オーム社(2011/10)
88. 情報ネットワーク(InfoCom Be ‐ TEXT), 西園敏弘, 宮保憲治, 増
田悦夫, オーム社(2011/10)
89. ネットワーク技術の基礎情報工学レクチャーシリーズ, 宮保憲治/田窪昭
夫/武川直樹, 森北出版(2007/11/06)
90. プロジェクトマネジメント(未来へつなぐデジタルシリーズ6), 江崎和
博, 高根宏士, 山田茂, 高橋宗雄, 共立出版(2012/02/10)
91. マネジメント情報とインターネッ飯島正樹, 小田哲久, 石川弘道, 中央経
済社(2003/04)
92. プロフェッショナルインターネット, 力武健次, オーム社(1998/04)
93. 社会と企業いま企業に何が問われているか(経営学論集), 千倉書房
(2010/09/10)
94. 例題と演習で学ぶC 言語によるプログラム設計法, 田中秀和, 総合電子出
版社(1991/09)
95. クラウドVPS 入門運用・構築から高度な利用まで(静岡学術出版理工学
ブックス), JACC, 水野信也, 永田正樹, 坂田智之, 長谷川孝博, 静岡
学術出版(2010/09/10)
96. システムエンジニアのためのエキスパートシステム入門(ハイテクブック
シリーズ), 近畿情報処理技術士会電波新聞社(1989/09)
97. インターネットコミュニティ―国際ネットワーク最前線, 力武健次オーム
社(1994/11)
98. 情報セキュリティガバナンス―情報化社会を勝ち抜く企業の経営戦略, 経
済産業調査会(2009/10)
99. ISO マネジメントシステムの内部監査―経営の総合効果を求めて, 小沼稔,
工学図書(1997/11)
100. 経営のためのISO14000s, 小沼稔, 工学図書(1996/04)
101. システム工学で描く持続可能文明の設計図―文明設計工学という発想, 石
田武志, 大学教育出版(2014/06/01)
102. ビッグデータの収集, 調査, 分析と活用事例, 春日務, 技術情報協会(2014/11)
103. ISO 自己適合宣言―導入の手順と上手な活用法宮野正克(経営) 日刊工業
新聞社(2009/07)
104. 事業継続計画/事業継続管理システムBCP/BCMS 推進マニアル企業/
組織のリスクマネジメントと事業継続計画へ 黒澤兵夫(情報/総合) 
新技術開発センター2012.4
105. 超プロセス革命―決定的「競争支配」の戦略, クーパースアンドライブラ
ンド, ダイヤモンド社(1994/04)
106. 現代経営戦略要論(経営学要論シリーズ4), 創成社(2011/05/20)
107. 経営とよい仕事の基本―真・善・美を考え愛を信じて働く, 佐々木脩, 人
吉中央出版社(2008/08)
108. CSR におけるコーポレート・ガバナンス, 竹花健, 白桃書房(2007/05)
109. CSR におけるコーポレート・ガバナンス―企業経営におけるパラダイム
転換とコーポレート・ガバナンス, 竹花健, 白桃書房(2008/07)
110. ディジタル情報工学入門―論理演算と設計(1976 年), 松下昭, 共立出版
(1976)
111. 実践Fortran95 プログラミング第3 版-フリーソフトg95,gnuplot によ
るプログラミングから作図まで-, 田辺誠, 平山弘, 共立出版(2008/11/07)
112. Ada―移植性とプログラミング・スタイル, J. ニッセン, P. ウォリス, 近
代科学社(1989/05) 鳥居宏次, 志村順監訳.
113. MCA OS・ネットワーク最重要ポイント徹底攻略, 竹居淳, ナツメ社
(2003/10)
114. 中小メーカーのための経営改革テキスト(楽書ブックス), 新庄秀光, 中経
出版(2008/11/19)
115. プログラミング言語図鑑増井敏克ソシム2017 年08 月
116. パソコンマスタードリル: 初心者から本格派へのシステムトレーニング宮
田孝博
117. 電子マネー・システムにおけるセキュリティ対策鈴木雅貴日本銀行金融研
究所発行, 2008
118. 商学論纂  遠山暁教授古希記念論文集中央大学商学研究会
119. IT セキュリティソリューション大系(下巻) 片方善治フジ・テクノシス
テム(2004/07)
120. あの会社はどうして伸びた―今から始めるIT 経営(現代産業選書―経済
産業研究シリーズ) 則包直樹, 榎本博康経済産業調査会(2006/10)
121. トコトンやさしい色彩工学の本(今日からモノ知りシリーズ) 前田秀一日
刊工業新聞社(2016/9/28)
122. テストプロセス改善―CMM 流実務モデルTim Koomen, Martin Pol
構造計画研究所(2002/05)
123. ソフトウェア開発の定量化手法第3 版-生産性と品質の向上をめざして
- Capers Jones 共立出版(2010/07/23)
124. Julia データサイエンス―Julia を使って自分でゼロから作るデータサイ
エンス世界の探索Anshul Joshi エヌ・ティー・エス(2017/09/26)
125. 不確定なプロセスをモデル化するツール簡易シミュレーションシステムaG-
PSS 3. 演習問題と事例研究Ingolf Stahl 松山技術士事務所(2018/02/26)
126. 情報技術計測―ソフトウェア開発組織の明日のために構造計画研究所
(2007/02)
127. 実践的ソフトウェア測定John McGarry, Cheryl Jones, Beth Layman,
Elizabeth Clark, David Card 構造計画研究所(2004/07)
128. ソフトウェア工学のベストプラクティス―ソフトウェア工学の真の工学へ
の発展をめざして―Capers Jones 共立出版(2012/07/10)
129. ソフトウェア見積りのすべて第2 版―現実に即した規模・品質・工数・
工期の予測―Capers Jones 共立出版(2009/07/09)
130. ソフトウェア工学の人間的側面James E.Tomayko, Orit Hazzan 共立
出版(2007/06/22)
131. ソフトウェアチームワーク―成功を自分のものにするために―Jim
Brosseau 共立出版(2010/05/25)
132. ソフトウェア開発の定量化手法Capers Jones, ケイパー・ジョーンズ構
造計画研究所(1998/04)
133. いつでも夢を―あるエンジニアリング企業の半世紀富野壽構造計画研究所
(2009/10)
134. ソフトウェアの規模決定, 見積り, リスク管理D.D.Galorath, M.W.Evans
共立出版(2008/04/24)
135. ソフトウェアインスペクションTom Gilb, Dorothy Graham 構造計画
研究所(1999/08)
136. ソフトウェアの成功と失敗Capers Jones 共立出版(1997/10)
137. ソフトウェアプロトタイピング―より良い設計を求めて―Jonathan
Arnowitz, Michael Arent, Nevin Berger 共立出版(2009/12/25)
138. 要求定義工学入門Pericles Loucopoulos, Vassilios Karakostas 構造
計画研究所(1997/10)
139. 要求定義工学プラクティスガイドIan Sommerville, Pete Sawyer 共立
出版(2000/02/10)
140. ソフトウェア品質のガイドラインCapers Jones 構造計画研究所(1999/04)
141. ソフトウェア開発プロジェクトのリスク管理John McManus 構造計画
研究所(2006/05)
142. ソフトウェアでビジネスに勝つワッツ・S. ハンフリー構造計画研究所
(2003
143. 使いやすいソフトウェア―より良いユーザインタフェースの設計を目指
してLarry L. Constantine, Lucy A.D. Lockwood 構造計画研究所
(2005/11)
144. パーソナルソフトウェアプロセス入門ワッツハンフリー共立出版(2001/05)
145. ソフトウェアの生産及び品質評価技術の標準化に関する調査研究成果報告
書その1ソフトウェア製品の品質測定及び評価, 日本規格協会, 2002
146. ソフトウェアの生産及び品質評価技術の標準化に関する調査研究その2ソ
フトウェアプロセス評価, 日本規格協会, 2001
147. ソフトウェアの生産及び品質評価技術の標準化に関する調査研究成果報告
書その1ソフトウェア製品の品質測定及び評価, 日本規格協会, 2002
148. ソフトウェアの生産及び品質評価技術の標準化に関する調査研究その2ソ
フトウェアプロセス評価, 日本規格協会, 2001
149. 第五回システム検証の科学技術シンポジウム: 講演論文集産業技術総合
研究所システム検証研究センター
150. いろいろなかたちさまざまないろ(かこ・さとしのえほんでべんきょう)
かこさとしフレーベル館(1988/04)
151. リスクプリベンション工学―技術者の危機管理学, 植木正憲, 井出川洋,
矢部五郎, オーム社(2006/09)
152. アーリーステージ知財の価値評価と価格設定, R. ラズガイティス, 中央経
済社(2004/03)
153. IT 文明論―いまこそ基本から考える(平凡社新書), 玉置彰宏, 浜田淳司,
平凡社(2001/03)
154. 知ってなアカン!知的資産活用術―技術者人生に効く知財戦略ノウハウ(B&T
ブックス), 佐野義幸, 前井宏之, 保居優加子, 戟忠希, 日刊工業新聞社
(2011/02)
155. VE ハンドブック, 日本バリューエンジニアリング協会(2011/04)
156. VE ハンドブック, 日本バリューエンジニアリング協会(2008/01)
157. 技術者・研究者のための特許の取り方*, 宮保憲治, 岡田賢治, 東京電機大
学出版局(2012/03/12)
158. 技術者のプロマネ! 「ミッション遂行力」入門(B&T ブックス), 二宮和
彦, 戟忠希, 平松新, 日刊工業新聞社(2013/02/19)
159. C カード利用システムにおいて新たに顕現化した中間者攻撃とその対策 
鈴木雅貴, 廣川勝久, 古原和邦, 日本銀行金融研究所, 2011
160. 非接触インタフェース経由取引の技術とビジネスリスク管理の課題,, 廣川
勝久, 日本銀行金融研究所
161. 電子マネー・システムにおけるセキュリティ対策, 鈴木雅貴, 廣川勝久, 宇
根正志日本銀行金融研究所, 2008
162. 将来ニーズの発掘と新製品開発への活用, エステー(株) 金子俊彦, 技術情
報協会(2013)
163. 問題解決のためのファンクショナル・アプローチ入門, 横田尚哉, ディス
カヴァー・トゥエンティワン(2010/08/11)
164. ビジネスゲームを使用した経営と組織の効果的教育方法の研究岸野清孝,
佐々木桐子, 竹並輝之, 吉田博, 高木義和2009
165. 問題解決力を鍛える―事例でわかる思考の手順とポイント, 稲崎宏治, ダ
イヤモンド社(2000/12)
166. 問題解決力―組織と個人の「生きる力」を強化する(戦略ブレーンBOOKS),
稲崎宏治, ダイヤモンド社(1999/07)
167. 技術者・研究者のための特許の知識と実務―特許出顔・権利化業務の実際,
高橋政治, 秀和システム(2011/08)
168. スーパーSE がすすめる知のモデリング―複雑系システムのための論理的
思考と人間社会学板倉稔, 橋本恵二日科技連出版社(1996/12/01)
169. スーパーSE によるプロジェクトの解明―プロジェクトマネジメントの本
質が見える、わかる、きわめられる板倉稔, 植野俊雄, 齋藤謙二郎, 佐藤
光彦日科技連出版社(2003/12/06)
170. 利用部門のための情報システム設計論木暮仁日科技連出版社(1997/03/01)
171. スーパーSE―システム設計と管理の社会学(実践ソフトウェア開発工学
シリーズ) 板倉稔日科技連出版社(1993/04)
2. 電気・電子・省エネ
1. , 原理がわかる・現場で使える信号処理, 浅野晃, 津村徳道, 野村孝徳,
廣川勝久, 的場修, 丸善(2009/11/25)
2. エネルギーの百科事典, 丸善(2001/09)
3. 自動車用リチウムイオン電池の最新技術開発動向, シーエムシー出版,
DELTA i.D. 総合研究所, 藤原信浩(電気,総合)
4. イラストでわかる原発と放射能―これであなたも大丈夫, 大木久光, 技報
堂出版(2012/01)
5. 小型水力発電機製作ガイドブック(自然エネルギー・ガイド), 竹尾敬三,
パワー社(1997/07)
6. 省エネLED/EL 照明設計入門, 山崎浩, 日刊工業新聞社(2010/02)
7. 電磁界シミュレータで学ぶワイヤレスの世界―無線LAN・Bluetooth・
移動体通信を支える小型アンテナの基礎から設計まで(Design Wave
BOOKS), 小暮裕明, CQ 出版(2001/06)
8. 映像システムの基礎―ディジタル化への要素技術とその応用, 江藤良純,
梅本益雄, コロナ社(2006/02)
9. よくわかるプリント板実装の高速・高周波対策井上博文日刊工業新聞社
(2009/05)
10. 電設技術者になろう!―電設(電気設備) 現場の基礎と実態とステップアッ
プ, 福田遵, 日刊工業新聞社(2006/12)
11. 絵で見てわかる工場の節電テクニック, 日刊工業新聞社(2011/11/28)
12. 電験三種機械科目の制覇(なるほどナットク), 菅原秀雄, オーム社
(2004/05)
13. ダイオード・トランジスタ回路入門(Electronic Engineering Books),
岡山努, 日刊工業新聞社(2005/12)
14. 王道省エネ推進―リーダーのための省エネルギーマネジメント(B&T ブッ
クス), 小林彰, 日刊工業新聞社(2010/10/31)
15. スイッチングコンバータ回路入門(Electronic Engineering Books), 岡
山努, 日刊工業新聞社(2006/09)
16. これならわかるアナログ電子回路基礎技術, 岡山努, 日刊工業新聞社
(2007/06)
17. アナログ電子回路設計入門, 岡山努, コロナ社(1994/12)
18. 省エネ照明用インバータ電源入門(Electronic Engineering Books), 山
崎浩, 日刊工業新聞社(2004/07)
19. 太陽電池の物理, Peter Wurfel, 丸善(2010/06/01)
20. 電波とアンテナが一番わかる(しくみ図解), 小暮裕明, 小暮芳江, 技術評
論社(2011/10/25)
21. わかりやすい高周波測定技術若井一顕日刊工業新聞社(2018/03/29)
22. 電子技術者トレーニング読本, 山崎浩, 日刊工業新聞社(1998/10)
23. 発送変電工学, 乾昭文, 川口芳弘, 大地昭生, 山本充義, 伊藤進, 技報堂
出版(2012/03)
24. 電気電子工学通論―生活を豊かにした歴史にふれながら(専門基礎ライブ
ラリー), 乾昭文, 川口芳弘, 大地昭生, 山本充義, 実教出版(2008/10)
25. 「アナログエンジニア」によるアナログ電子回路の基礎と入門!これ1 冊,
岡山努, 日刊工業新聞社(2012/03)
26. 読むだけで力がつくオペアンプ基礎回路再入門, 岡山努, 日刊工業新聞社
(2005/07)
27. 実践アナログ回路設計・解析入門(Electronic Engineering Books), 岡
山努, 日刊工業新聞社(2005/01)
28. マイクロセンサ工学(現場の即戦力), 室英夫, 石森義雄, 石垣武夫, 藍
光朗, 岡山努, 技術評論社(2009/07/02)
29. 電磁界シミュレータで学ぶアンテナ入門, 小暮裕明, 小暮芳江, オーム社
(2010/03/17)
改訂電磁界シミュレータで学ぶ高周波の世界―高速ディジタル時代に対応した
回路設計者の基礎知識(RF デザイン・シリーズ), 小暮裕明, 小暮芳江,
CQ 出版(2010/03/31)
30. 電気が面白いほどわかる本―目に見えない不思議な世界!, 小暮裕明, 新星
出版社(2008/07)
31. 図解入門よくわかる最新高周波技術の基本と仕組み(How ‐ nual Visual
Guide Book), 小暮裕明, 小暮芳江, 秀和システム(2012/07)
32. ワイヤレスが一番わかる(しくみ図解), 小暮裕明, 小暮芳江, 技術評論社
(2012/04/12)
66
33. EMI・EMS・EMC の基本電磁波ノイズ・トラブル対策(直感でマスター!
電子回路設計シリーズ), 小暮裕明, 小暮芳江, 誠文堂新光社(2010/07)
34. 上級SE 教科書マネジメント編―管理“組織”と経営“数字”に強くなる
(IT TEXT), 小暮裕明, CQ 出版(2002/11)
35. すぐに使える地デジ受信アンテナ―電波が見えるようになる? (プリン
ト基板付き電子工作解説書SERIES), 小暮裕明, 小暮芳江, CQ 出版
(2010/11)
36. 最新リチウムイオン二次電池―安全性向上および高機能化に向けた材料開
発, 情報機構(2008/02)
37. リチウムイオンキャパシター技術と材料(エレクトロニクスシリーズ), 石
川正司, シーエムシー出版(2010/11)
38. 波の科学-音波・地震波・水面波・電磁波- (おもしろサイエンス), 谷村康
行, 日刊工業新聞社(2012/11/27)
39. ビジネス通信技術講座 ビジネス通信技術講座企画委員会1987
40. 現代電気電子情報工学講座10 制御工学, 渡辺嘉二郎, サイエンスハウス
(2002/06)
41. ラジオ回路集〈第2 集〉アマチュア局用送信機・測定器(1970 年), オー
ム社(1970)
42. もっと知りたいLED 照明, 千代和夫, オーム社(2013/02/20)
43. トコトンやさしい無線通信の本(今日からモノ知りシリーズ), 若井一顕,
日刊工業新聞社(2013/08/29)
44. 内線工事管理実務施工手順の進め方, 中川康彦, オーム社(1980/11)
45. ラジオ回路集〈第2 集〉アマチュア局用送信機・測定器(1970 年) , オー
ム社(1970)
46. アマチュア無線―楽しみ方の再発見, 関根慶太郎, オーム社(1972)
47. リニアIC 回路技法, 関根慶太郎, オーム社(1980/12)
48. 機械技術協会史矢田恒二
49. よくわかるディジタル電子回路(セメスタ学習シリーズ), 関根慶太郎, オー
ム社(1997/07)
50. 新しいアマチュア無線技術―パケット通信の楽しみ方(新OHM 文庫), 関
根慶太郎, オーム社(1987/04)
51. 「ものをはかる」しくみ―読んで納得!図解で理解!, 関根慶太郎, 瀧澤美
奈子, 新星出版社(2007/07)
52. 電子回路(電子情報通信レクチャーシリーズ), 関根慶太郎, コロナ社
(2010/07)
53. 電子回路ハンドブック, 藤井信生, 関根慶太郎, 高木茂孝, 兵庫明, 朝倉
書店(2006/07)
54. 無線通信の基礎知識―電波と無線通信に憧憬とロマンとを感じるあなたへ
(エレクトロニクス講座シリーズ), 関根慶太郎, CQ 出版(2011/12)
55. VHF UHF Manual―日本語版, CQ 出版(1985/04)
56. 試験・検査および保全の実際岡田正照, 西野義信著. 電気書院,1976, 試験・
検査および保全の実際(最新自家用電気技術講座), 岡田正照, 西野義信, 電
気書院(1976)
57. テラヘルツセンシングテクノロジー. v.1Dwight L.Woolard, William
R.Loerop, Michael S.Shur 原書編; 大森豊明監訳; 廣瀬千秋訳. エ
ヌ・ティー・エス,2006.5.
58. テラヘルツセンシングテクノロジー. v.2Dwight L.Woolard, William
R.Loerop, Michael S.Shur 原書編; 大森豊明監訳; 廣瀬千秋訳. エ
ヌ・ティー・エス,2006.5.
59. 電磁波材料技術とその応用- 普及版. 大森豊明監修. シーエムシー,2000.12.
60. テラヘルツテクノロジー: 発生・計測・応用技術・展望大森豊明監修. エ
ヌ・ティー・エス,2005.7.
61. センサ技術: 普及版大森豊明監修. フジ・テクノシステム,1998.7.
62. 次世代半導体工場センシング技術, 藍光郎SCIENCE FORUM 発行。
63. 無線・衛星・移動体通信(セメスター大学講義), 初田健, 鈴木博, 小園
茂, 丸善(2001/09)
64. 理工系のための解く!電子回路(理工系のための解く!シリーズ), 杉本泰博,
講談社(2008/06/25)
65. 電子回路の講義と演習(実用理工学入門講座), 杉本泰博, 谷本洋, 島健,
日新出版(2003/04/30)
66. よくわかるアナログ電子回路(セメスタ学習シリーズ), 杉本泰博, オーム
社(1995/02)
67. 一番やさしい・一番くわしい 徹底図解 電子回路, 杉本泰博, 日本実業
出版社(2010/12/23)
68. 図解入門はじめての人のためのテスターがよくわかる本(How ‐ nual
Visual Guide Book), 小暮裕明, 秀和システム(2011/06)
69. バリアフリーと音(Dr.Noise の『読む』音の本), 船場ひさお, 倉片憲治,
武田真樹, 太田篤史, 技報堂出版(2015/01/29)
70. 次世代センサハンドブック, 培風館(2008/07)
71. マイクロセンサ工学(現場の即戦力), 室英夫, 石森義雄, 石垣武夫, 藍
光朗, 岡山努, 技術評論社(2009/07/02)
72. 最新半導体工場自動化システム総合技術集成(1984 年), サイエンスフォー
ラム(1984/07)
73. 電子・通信装置の機械設計/, 窪田雅男, 鵜沢高吉共著.
74. わかりやすい高周波技術実務入門, 鈴木茂夫, 日刊工業新聞社(2006/08)
75. センサ工学(1981 年) (Techno books), 大森豊明, テクノ(1981/10)
76. 情報の科学と計装(1973 年), 宮崎誠一, 工業技術社(1973)
77. 信頼性シンポジウム講演論文集= The 26th Symposium on Reliability
Engineering. 第26  日本材料学会 2012, 損傷検出に使用可能な発振
回路を用いたひずみ計測センサー/ 宇都宮登雄, 神田淳,
78. 電子・電気材料マニアル(1983 年), 大森豊明, 新技術開発センター
(1983/05)
79. 〈入門〉電気磁気学, 平井紀光, 松下昭, ムイスリ出版(2000/02)
80. 現場で役立つ内線工事百科, 岡田正照, 松本明, オーム社(1980/02)
81. 電気シーケンス図の見方・書き方(1982 年), 新技術開発センター(1982/09)
 黒沢豊樹
82. ミリタリー選書26 潜水艦入門(深海に潜む最強のシーパワー), 小滝國雄,
野木恵一, 柿谷哲也, 上船修二, 菊池雅之, イカロス出版(2008/06/12)
83. ミリタリー選書3 イージス艦入門(最強防空システム搭載艦のすべて), 菊
池雅之, イカロス出版(2005/04/30)
84. 電子計測―基礎から計測システムまで(理工学講座), 小滝国雄, 島田和
信, 東京電機大学出版局(1996/06)
85. 図解入門はじめての人のための電子回路がよくわかる本(How ‐ nual
Visual Guide Book), 宮崎誠一, 秀和システム(2010/12)
86. 無線機器システム(理工学講座), 萩野芳造, 小滝国雄, 東京電機大学出版
局(1994/07)
87. パソコンマスタードリル: 初心者から本格派へのシステムトレーニング/,
宮田孝博執筆; 天道襄治編.
88. プログラマブルコントローラの使い方(工業調査会の実践入門シリーズ),
宮田孝博, 工業調査会(1993/07)
89. 電気・電子の基礎(電気・電子ベーシックブックス), 科学図書出版(2001/04)
宮田孝博編著.
90. アナログフィルタ設計の基礎, 渡辺嘉二郎, 中村哲夫, オーム社(2009/10)
91. アナログLSI 設計の基礎, 渡辺嘉二郎, 中村哲夫, オーム社(2006/02)
92. パソコンによるセンサ信号処理, 渡辺嘉二郎, 小山弘, 小林一行, 海文堂
出版(1991/10)
93. センサ機能材料マニアル(1984 年), 大森豊明, 新技術開発センター
(1984/12)
94. 磁性材料, 小沼稔, 工学図書(1996/04)
95. 電子材料用語辞典, 小沼稔, 工学図書(1993/12)
96. 回路設計者のためのインピーダンス整合入門若井一顕日刊工業新聞社
(2015/3/27)
97. 東日本大震災後の放射性物質汚染対策―放射線の基礎から環境影響評価,
除染技術とその取り組斎藤勝裕エヌ・ティー・エス(2012/03)
98. オペレーションズマネジメント髙桑 宗右ヱ門中央経済社(2015
99. でんわの父さんかこさとし全国心身障害児福祉財団, 2003.8
100. 電子・通信装置の機械設計窪田雅男, 鵜沢高吉森北出版(1979/01)
101. 超入門インピーダンス整合若井一顕日刊工業新聞社(2016/9/28)
102. JIS 電気製図法(1960 年) (技術者養成教本) 矢田恒二, 佐藤達男金園社
(1960)
103. 一番やさしい・一番くわしい 徹底図解 電子回路杉本泰博日本実業出版
社(2010/12/23)
3. 機械・金属・品質
1. パパは金属博士!―身近なモノに隠された金属のヒミツ, 吉村泰治, 技報堂
出版(2012/05)
2. 鉄道メカニズム探究(キャンブックス), 辻村 功, ジェイティビィパブリッ
シング(2011/12/15)
3. 詳解振動工学-基礎から応用まで-, 武田信之, 共立出版(2010/09/22)
4. IHIに今も息づくシントーイズム ―日本の「モノづくり」を元気にす
るために, 原田 武重, 文芸社(2012/03/01)
5.  交通ブックス218 世界の砕氷船, 赤井謙一著, 成山堂書店(2010/06/08)
6. 技能五輪メダリストの群像-ものつくりを支える若者たちの挑戦-, 西澤紘
一, オプトロニクス社(2008/06/20)
7. 通勤・通学電車で学ぶシミュレーション/最適設計/最適制御, 日村義明,
文芸社(2003/08)
8. 絵とき貴金属利用技術基礎のきそ 清水進,村岸幸宏, 日刊工業新聞社 
9. 簡明化技術が地球を救う, 簡明技術推進機構, 白日社(2012/12)
10. CIM 生産システムのシミュレーション最適化―理論と実践, 高桑宗右ヱ
門, コロナ社(1994/03)
11. 新人設計者のための機械設計手ほどき帖, 渡辺康博, 日刊工業新聞社
(2003/01)
12. パソコンCAD & CAM―実用プログラムによる機械加工へのアプロー
チ, 外山真也, 海文堂出版(1993/04)
13. 中小企業のための工場改善手ほどき帖, 渡辺康博, 日刊工業新聞社(2004/01)
14. 標準機械設計図表便覧, 小栗冨士雄, 小栗達男, 共立出版(2005/04)
15. 現代生産管理―情報化・サービス化時代の生産管理, 鹿島啓, 大野彰, 畑
啓之, 赤木文男, 下左近多喜男, 本位田光重, 朝倉書店(2003/11)
16. 機械設計におけるタブーガイドブック(機械設計ノウハウシリーズ), 小栗
富士雄, 小栗達男, 共立出版(1984/01)
17. ついてきなぁ!加工部品設計の『儲かる見積り力』大作戦, 國井良昌, 日刊
工業新聞社(2012/04)
18. FA/CIM の経済性分析, 高桑宗右ヱ門中央経済社(1995/11)
19. アルミニウムの化成処理, 金子秀昭カロス出版(2003/03/18)
20. 日本を救う道を求めて―ガンと闘うソーラーカー実用化第一人者‐山本悌
二郎ものがたり, 杉原淳, 現代図書(2009/01/30)
21. こうつくる中小企業の生産管理システム―IT を活用して成功する100 の
基礎知識, 佐藤幸雄, 工業調査会(2007/07)
22. 航空機構造設計―機体設計のための実用書, マイクル・C.Y.ニウ, 土井
憲一名古屋航空技術(2000/02) 値段:¥12,600
23. 湿度制御設計ガイド, Lewis G.Harriman III, G.W.Brundrett,
R.Kittler, 藤田稔彦, 日本冷凍空調学会, 日本冷凍空調学会(2006/03)
24. はじめてのメカトロニクス実践設計(KS 理工学専門書), 米田完, 中嶋秀
朗, 並木明夫, 講談社(2011/10/29)
25. ついてきなぁ!加工知識と設計見積り力で「即戦力」, 國井良昌, 日刊工業
新聞社(2008/05)
26. ついてきなぁ! 設計のポカミスなくして楽チン検図, 國井良昌, 日刊工業
新聞社(2012/08/10)
27. ついてきなぁ!―失われた『匠のワザ』で設計トラブルを撲滅する!, 國井良
昌, 日刊工業新聞社(2010/10)
28. ついてきなぁ!設計トラブル潰しに「匠の道具」を使え!―FMEA とFTA
とデザインレビューの賢い使い方, 國井良昌, 日刊工業新聞社(2010/12)
29. ついてきなぁ!加工部品設計で3 次元CAD のプロになる!―「設計サバイ
バル術」てんこ盛り, 國井良昌, 日刊工業新聞社(2010/02)
30. ついてきなぁ! 昇進したあなたに贈る「勝つための設計力」, 國井良昌, 日
刊工業新聞社(2012/11/14)
31. ついてきなぁ!材料選択の『目利き力』で設計力アップ―「機械材料の基礎
知識」てんこ盛り, 國井良昌, 日刊工業新聞社(2011/03)
32. 外観品質保証―製品外観の完成度・信頼性を高める考え方と進め方, 北廣
和雄, 日科技連出版社(2014/03)
33. 自動制御(1966 年) (基礎機械工学全書〈7〉), 吉田鐐一, 森北出版(1966)
34. 最新自動部品供給技術―複合回転形部品供給機の使い方, 吉田鐐一, 工業
調査会(1987/10)
35. 電空油シーケンス制御読本(1974 年), 吉田鐐一, オーム社(1974)
36. トコトンやさしい機械設計の本(今日からモノ知りシリーズ), 横田川昌
浩, 岡野徹, 高見幸二, 西田麻美, 日刊工業新聞社(2013/09/14)
37. FMEA 辞書―気づき能力の強化による設計不具合未然防止(JSQC 選書),
本田陽広, 日本QC 学会, 日本規格協会(2011/05)
38. 新FMEA 技法(信頼性技術叢書), 益田昭彦, 本田陽広, 高橋正弘, 日
科技連出版社(2012/11)
39. 金型のCAD/CAM, 吉田弘美, 日刊工業新聞社(1983/01)
40. プレス金型の標準化(1982 年), 吉田弘美, 日刊工業新聞社(1982/10)
41. 金型加工技術, 吉田弘美, 日刊工業新聞社(1984/11)
42. 金型設計基準マニアル, 吉田弘美
43. プレス金型設計・製作のトラブル対策, 吉田弘美, 山口文雄, 日刊工業新
聞社(2004/11)
44. プレス曲げ加工(基礎から学ぶ実践プレス加工シリーズ), 吉田弘美, 日刊
工業新聞社(2006/09)
45. プレス金型基礎コース NO.3 絞り型およびその他の金型吉田弘美
46. プレス金型基礎コース NO.4 順送り型およびその他の自動化型吉田弘美
47. すぐに役立つ自動化ライン設計定石集, 熊谷卓, 日刊工業新聞社(2004/07)
48. 現場で役立つ切削加工の勘どころ―西嶢祐切削塾からの提言, 西嶢祐, 日
刊工業新聞社(2004/09)
49. 高速ミーリングの基礎と実践, 松岡甫篁, 安斎正博, 日刊工業新聞社
(2006/10)
50. 続現場で役立つ切削加工の勘どころ―「削り屋」からのモノづくり提言,
西嶢祐, 日刊工業新聞社(2006/11)
51. 切削加工の基礎-工具の選び方から高速ミーリングまで, 松岡甫篁, 安齋正
博, 森北出版(2013/03/20)
52. 歯車応用機構の設計735), 実例にまなぶ省力化入門, 小林忠敬, 工業調査
会(1980/04)
53. はじめての切削加工(ビギナーズブックス), 松岡甫篁, 高橋一郎, 安斎
正博, 工業調査会(2002/11)
54. はじめての金型技術(ビギナーズブックス), 松岡甫篁, 小松道男, 工業調
査会(2001/11)
55. 自動化機構300 選―制御回路付き, 熊谷卓, 西田麻美, 日刊工業新聞社
(2011/03)
56. フライス・穴加工(機械加工現場診断シリーズ), 西嶢祐, 日刊工業新聞社
(1996/09)
57. 現場の設計設計者の心得と実務101, 伊予部将三, 日刊工業新聞社
(1999/01)
58. 切削加工の基礎-工具の選び方から高速ミーリングまで, 松岡甫篁, 安齋正
博, 森北出版(2013/03/20)
59. プラスチック射出成形金型――その原理から「マイクロ成形」「バイオプラ」まで
(日経ものづくりの本), 松岡甫篁, 小松道男, 日経BP 社(2011/10/25)
60. 続現場で役立つ切削加工の勘どころ―「削り屋」からのモノづくり提言,
西嶢祐, 日刊工業新聞社(2006/11)
61. 高速ミーリングの基礎と実践, 松岡甫篁, 安斎正博, 日刊工業新聞社
(2006
62. 現場で役立つ切削加工の勘どころ―西嶢祐切削塾からの提言, 西嶢祐, 日
刊工業新聞社(2004/09)
63. 改訂ファン・ブロワ(省エネルギー技術実践シリーズ), 尾形俊輔, 省エネ
ルギーセンター(2003/04)
64. 第76回日本鉄鋼協会耐火物部会報告集(2)耐火物技術協会第86回専
門委員会報告集
65. 金属の塗装(1967 年) (モダンエンジニアリングライブラリー), 橋本肇,
地人書館(1967)
66. トコトンやさしい金型の本(B&T ブックス今日からモノ知りシリーズ),
吉田弘美, 日刊工業新聞社(2007/03/27)
67. 絵とき「プレス加工」基礎のきそ(Mechanical Engineering Series), 吉
田弘美, 日刊工業新聞社(2006/03)
68. ジェットエンジン自動制御理論, チェルカーソフ 永島俊三郎新技術開発
センター発行。
69. ガスタービンエンジン用ターボ機械理論, ホルシシュヴィニコフ エミン
 ミトロヒン 永島俊三郎, 新技術開発センター発行。
70. ジェットエンジンダイナミックス, マルチャーノバ ドブリャンスキー 
永島俊三郎, 新技術開発センター発行。
71. Si マイクロマシニング先端技術, 藍光郎, 服部肇 
72. 製品技術システム(1974 年) (R&D セミナー〈4〉), 開発社(1974)
73. モノづくり武士道―ピンちゃんのモノづくり奮戦記続, 佐藤一男, 茨城新
聞社(2005/05)
74. 科学的先手管理入門―工程戦略・戦術の考え方とその導入金子浩一, 中島
健一日科技連出版社(2015/11/1)
75. スピードの科学―おもしろサイエンス(B&T ブックス), 小笠原政次, 日
刊工業新聞社(2006
76. 事故から学ぶ技術者倫理, 中村昌允, 工業調査会(2005
77. これならわかる生産管理―14 の個別管理プロセスを1 冊に体系化, 日本技
術士会経営工学部会生産研究会, 技報堂出版(2012
78. 機械のトラブルシューティング解説55 事例経の巻技術士金友正文秀和
システム(2018
79. 機械実技の教科書―機械保全の実技受験者向き機械保全研究委員会科学図
書出版(2017
80. 自動車のエクセルギー解析- エネルギーの有効活用をはかる- 雑賀高コロナ社(2018
81. 例題で学ぶ品質管理, 谷口博, 佐々木克彦, 早坂洋史, 小原伸哉, 谷口正行, 森北出版(2012
82. 自動車をはかる(はかるシリーズ), 星満, 日本規格協会(2000)
83. 入門維持管理工学, 豊福俊泰, 尼﨑省二, 中村一平, 森北出版(2009
84. 検査管理(工場管理入門シリーズ), 佐々木脩, 日刊工業新聞社(1971)
85. 検査管理の実際, 佐々木脩, 日刊工業新聞社(1989/06)
86. 最新・計測自動化マニアル, 中沢晃[ほか] 編著.
87. 品質管理活動の「全容」と「基本」―クレーム・不良ゼロを目指す, 辻本攻, 日刊工業新聞社(2010/09)
88. 儲かるメーカー改善の急所〈101 項〉, 柿内幸夫, 日本経営合理化協会出版局(2012
89. ものづくり実学入門―磨け!技術革新の技と心, 吉永文雄オフィスHANS(2008
90. すぐに「かんばん」をやめなさい―トヨタに学びたければトヨタを忘れろ中
小メーカーのためのトヨタ生産方式, 近江堅一, 日刊工業新聞社(2007/05)
91. 改善の“気づき”力養成法―トヨタに学びたければトヨタを忘れろ, 近江
堅一, 近江良和,
92. モノ造りマネジメントの「全容」と「基本」, 辻本攻, 日刊工業新聞社(2013
93. 技術社員のコスト教育ツール集宮野正克,アーバンプロデュース, 2002.4.
94. 成果が見える製造部門のコストダウンツール125,宮野正克,アーバンプ
ロデュース, 2003
95. VE ハンドブック. 3 日本バリュー・エンジニアリング協会2011
96. この一冊で宇宙の不思議がわかる! (知的生きかた文庫), 菊山紀彦, 本田
成親, 三笠書房(2004
97. 粉粒体精密供給技術, 柴田力 発行:アイピーシー
98. 天井クレーンの計画と設計, 坂本種芳, 長谷川政弘, 理工図書(1992
99. 空調用ヒートポンプ, 大塚政尚, 大山健一, 日刊工業新聞社(1987
100. 実用プレス成形技術, 沢畑孝成, 日刊工業新聞社(1991
101. エンジニアのための応用機械工学, 沢畠孝成, 日刊工業新聞社(1979
102. 図解入門現場で役立つ機械製図の実務と心得(How ‐ nual Visual Text
Book), 永島滋雄, 秀和システム(2007
103. 仕組みがわかる機械加工と設計, 馬緤宏, オーム社(2012
104. ユーザーのための空気圧技術読本(1974 年), 中島弘行, オーム社(1974)
105. 蒸気タービン―理論と構造(1982 年), タービン研究会, ア・ヴェ・シチェ
グリヤエフ, ベェ・エス・トロヤノフスキー, 三宝社(1982
106. 板金作業の基礎知識Q&A, 吉田弘美, 佐藤栄作, 日刊工業新聞社(2012
107. プレス作業の基礎知識Q&A, 吉田弘美, 日刊工業新聞社(2010
108. タービンの熱計算, ウラジミール・イワノヴィッチ・アブラモフ, ゲンナ
ジー・アレクセーヴィッチ・フィリッ, 文一総合出版(1977
109. 蒸気タービン自動制御理論―ソビエト最新の技術(1971 年), 日本工業出版(1971)
110. プレス加工のツボとコツQ&A, 吉田弘美, 日刊工業新聞社(2008
111. プレス加工のトラブル対策, 吉田弘美, 山口文雄, 日刊工業新聞社(2009
112. 自動車の熱管理入門/, 星満編著., 1979
113. 自動車の潤滑入門/, 星満編著., 1979
114. 品質機能展開(QFD) 表事例集/, 伊豫部将三編著., 1998
115. めっき作業の基礎知識Q&A, 星野芳明, 日刊工業新聞社(2011
116. めっき加工のツボとコツQ&A, 星野芳明, 日刊工業新聞社(2009
117. 現場で役立つめっき加工の勘どころ, 星野芳明, 日刊工業新聞社(2007
118. めっき加工のトラブル対策, 星野芳明, 日刊工業新聞社(2006
119. バレルめっき(NP シリーズ), 星野芳明, 槇書店(1995
120. 新めっき技術, 斎藤囲, 山下嗣人, 本間英夫, 関東学院大学出版会(2012
121. めっき用語辞典 丸山清(技術士),毛利秀明(技術士), 図解めっき用語
辞典, 丸山清, 毛利秀明, 日刊工業新聞社(1994
122. ロボット入門(図解ロボット技術入門シリーズ), 渡辺嘉二郎, 小俣善史,
オーム社(2006
123. マグロウヒル大学演習システム制御〈1〉, Joseph J. DiStefano, Ivan
J. Williams, Allen R. Stubberud, オーム社(1998
124. マグロウヒル大学演習システム制御〈2〉, Joseph J.,3 DiStefano, Ivan
J. Williams, Allen R. Stubberud, オーム社(1998/10)
125. カントがつかんだ,落ちるリンゴ―観測と理解―, 渡辺嘉二郎, オーム社
(2010
126. メカトロニクスと制御工学―Windows アニメーションとMatlab で学
ぶ, 岡田養二, 渡辺嘉二郎, 養賢堂(2003/05)
127. パソコンによる制御工学, 渡辺嘉二郎, 小林尚登, 須田義大, 海文堂出版
(1989/10)
128. 生産システムの異状診断入門, 渡辺嘉二郎, 日刊工業新聞社(1983/01)
129. 模型実験の理論と応用, 江守一郎, 関本孝三, 斉藤孝三, 技報堂出版
(2000
130. 図解入門よくわかる最新飛行機の基本と仕組み(How ‐ nual Visual
Guide Book), 中山直樹, 佐藤晃, 秀和システム(2011


14:20 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0) | 技術
2018/11/30

技術士 2012年9月号, 製造技術から見た製品安全, 井出川洋, pp12-15

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen

「製造技術から見た製品安全」(1) への疑問点

この記事は下記の参考文献によっている


1) 日経ものづくり2011年8月号 想定外を想定する安全設計 Part1, 図1 製品に起因しない事故と判断された事例の分析結果 p.38, 日経BP社

2) 佐香国仁:事故の事典 表2 誤りを生じさせた工程, p.2. 日経BP社 2009年2月

3) 製品評価技術基盤機構NITE講習会資料, 製品総合管理特論 製品安全アチ作の基礎知識(含む写真2.2-1) 2011年10月

4) 多々良清一郎: 事故の事典 コンデンサのかしめ不十分 電解液が漏れ出し火災に p.152, pp755-756, 日経BP社、2009年2月

5) 萩原博之:事故の事典:配線取り廻しの不備 新幹線がノロノロ運転, pp761-764, 日経BP社, 2009年2月



疑問点1
「回路基板の実装・はんだ付けに知識のある人ならば、実装設計の不良であることはすぐに判る。」

「不良」には、種類がやまのようにある。具体的にどういう不良か、例えば、HAZOPの11のguide wordに照らして記述すれば、この文章を読んだ人は、次の事故を防ぐことができる。

記録として、あるいは記述として「不良」という書く習慣が、事故の誘導路であるというのが経験則である。

疑問点2

「1980年ころまで、我が国の製造の多くは、設計と製造が一体の社内一貫生産体制でものづくりが行われており、製造現場の経験や知恵が設計へフィードバックされ、おかしな設計は是正が行われ、会社全体で設計者を育てる力があった。」

本当にそうだろうか。大手で成功した企業ではそうだったかもしれない。
脱落していった企業ではそうでなかったかもしれない。
成功した企業でも、製造現場が回避策を実施し、その製品の段階では設計に反映されないこともあったかもしれない。

このあたりのデータを示さずに、傾向を語るのは、社会の描写として適切ではない。
著者の周辺での経験が違うというのではない。
著者の周辺での経験が、どの程度の広がりがあることを保障しているのかの根拠がわからない。

私の周辺では、自社で試作工場をなくし、部品を自前で試作しなくなったため、
製造段階で、部品を作ったことがある人ならしないような設計をしたり、
作業をしたりするという、設計と製造の両方に影響のある事象が顕著である。

無理に製造に焦点を絞ろうとすると、偏りが生じるのかもしれない。

疑問点3

「昨年のタイの洪水で日本には製造技術・技能を担う技術者・技能者が残っていないことが明らかとなった。」

根拠と具体的な事象を全く書いていない。こういう抽象的な議論が具体的な事故を防げない最大の要因だというのが安全分析の「いろは」かもしれない。

現地、現物で対応するのではなく、評論で済ます傾向。

かしめ不良の原因として
、人口減少により、要員の確保の困難性、教育時間の低減なども関係があるかもしれない。

社会について言及する際に、ありとあらゆる統計を解析するとよい。
一部の統計だけで、あたかも原因と結果のように見える事象も、
すこし統計の範囲を広げると、原因と結果が逆転することもあるのが社会科学の経験則かもしれない。

結論としての訓練不足の原因や広がりは、多様な現象の一部だと理解するとよいかもしれない。


(1) 
技術士 20129月号, 製造技術から見た製品安全, 井出川洋, pp12-15


19:55 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2018/11/30

技術士

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen

\item 技術士 18964月号

\item 技術士 18965月号

\item 技術士 18966月号

\item 技術士 18967月号

\item 技術士 18968月号

\item 技術士 18969月号

\item 技術士 189610月号

\item 技術士 189611月号

\item 技術士 189612月号

\item 技術士 18971月号

\item 技術士 18972月号

\item 技術士 18973月号

\item 技術士 18974月号

\item 技術士 18975月号

\item 技術士 18976月号

\item 技術士 18977月号

\item 技術士 18978月号

\item 技術士 18979月号

\item 技術士 189710月号

\item 技術士 189711月号

\item 技術士 189712月号

\item 技術士 18981月号

\item 技術士 18982月号

\item 技術士 18983月号

\item 技術士 18984月号

\item 技術士 18985月号

\item 技術士 18986月号

\item 技術士 18987月号

\item 技術士 18988月号

\item 技術士 18989月号

\item 技術士 189810月号

\item 技術士 189811月号

\item 技術士 189812月号

\item 技術士 18991月号

\item 技術士 18992月号

\item 技術士 18993月号

\item 技術士 18994月号

\item 技術士 18995月号

\item 技術士 18996月号

\item 技術士 18997月号

\item 技術士 18998月号

\item 技術士 18999月号

\item 技術士 189910月号

\item 技術士 189911月号

\item 技術士 189912月号

\item 技術士 19901月号

\item 技術士 19902月号

\item 技術士 19903月号

\item 技術士 19904月号

\item 技術士 19905月号

\item 技術士 19906月号

\item 技術士 19907月号

\item 技術士 19908月号

\item 技術士 19909月号

\item 技術士 199010月号

\item 技術士 199011月号

\item 技術士 199012月号

\item 技術士 19911月号

\item 技術士 19912月号

\item 技術士 19913月号

\item 技術士 19914月号

\item 技術士 19915月号

\item 技術士 19916月号

\item 技術士 19917月号

\item 技術士 19918月号

\item 技術士 19919月号

\item 技術士 199110月号

\item 技術士 199111月号

\item 技術士 199112月号

\item 技術士 19921月号

\item 技術士 19922月号

\item 技術士 19923月号

\item 技術士 19924月号

\item 技術士 19925月号

\item 技術士 19926月号

\item 技術士 19927月号

\item 技術士 19928月号

\item 技術士 19929月号

\item 技術士 199210月号

\item 技術士 199211月号

\item 技術士 199212月号

\item 技術士 19931月号

\item 技術士 19932月号

\item 技術士 19933月号

\item 技術士 19934月号

\item 技術士 19935月号

\item 技術士 19936月号

\item 技術士 19937月号
情報と発想, 三田村宏, pp7-10

\item 技術士 19938月号
技術力の向上と技術開発, 廣川一男、pp10-12

\item 技術士 19939月号
コンピュータ使用、ケーブルサイズ簡便実用決定法, 泉直衛, pp3-7

\item 技術士 199310月号
企業経営とTQC(全社的品質管理), 辻民雄, pp8-11

\item 技術士 199311月号

農薬と水質規制, 伊藤秀夫, pp8-10
\item 技術士 199312月号
ハイテクと管理技術の複合活用による開発・生産コストの大幅低減事例紹介, 宮野正克, pp10-13

\item 技術士 19941月号
新計量法と計量制度の国際化, 三井清人, pp4-7
オープンシステム実践教室, 小暮裕明, CQ出版

\item 技術士 19942月号
みくりや食品工場にみる農業維新, 前波清隆, pp7-10

\item 技術士 19943月号
電鋳技術と最近の応用, 安東光雄, pp21-23
ソフトウェア営業, 菅野孝男,コンピュータエージ社
抗体工学, 金光修、地人書館 

\item 技術士 19944月号
エレクトロニクス障害対策の考え方、進め方、徳田由雄, pp12-15

\item 技術士 19945月号
脱フロン・エタンの代替洗浄の動向, 竹内節三, pp10-13
暮らしの中の洗浄、辻薦, 地人書館, 

\item 技術士 19946月号
ロシア海軍の海洋投棄, 神山弘章, pp42-44

\item 技術士 19947月号
新しい栄養学と栄養アセスメント(評価), 圓尾紀一郎, pp5-8
技術士・活躍情報, 経営情報出版社, 1994?

\item 技術士 19948月号
最近の航空機エンジン用材料, 太田芳雄, pp6-9

\item 技術士 19949月号
バリヤー性高分子フィルム, 山田純男, pp6-9
手抜き欠陥建築物語, 川又弘, 日本図書刊行会(技術士?)
イオン応用機器概論, 岩本正哉, 東京開発社

\item 技術士 199410月号
電子機器の診断作業の合理化、高橋隆一, pp22-25 初期診断: POC: power on confidence

\item 技術士 199411月号
環境保全を都市計画の源流からみる 原田和彦, pp7-10
現代科学技術論 岡本邦彦, 明星大学出版部

\item 技術士 199412月号
技術力を強化する品質工学, 宇井経雄、 pp27-30

\item 技術士 19951月号, 連続多点同時測定による高調波解析システム「高調先生」の開発, 上原正和, pp14-17
イオン応用機器概論、磯部昭二
創造・技術・教育論 磯部昭二

\item 技術士 19952月号, 小水力発電の現状と問題点, 須藤良作, pp6-9

\item 技術士 19953月号, 災害と技術士会 阪神大震災に想う, 山田俊満, pp15-16

\item 技術士 19954月号, プラスチック標準化と国際規格, pp6-9
防災管理便覧 澤田誠二

\item 技術士 19955月号, 防災・地震防災、矢部五郎, pp2-14
アナログ電子回路設計入門, 岡山努, 

\item 技術士 19956月号, TPMを正しく理解し生産活動に応用してもらうために, 田代日出夫, pp5-8

\item 技術士 19957月号, 南ベトナム食品事情見て歩き, 相澤孝亮, pp6-8
\item 技術士 1995年7月号臨時増刊号, 自動車生産技術の発想,重松規一, pp61-64

\item 技術士 19958月号, 年防災に関わる考察 阪神大震災の教訓を踏まえて、日本技術士会東北支部

\item 技術士 19959月号, バイオテクノロジーを応用した環境配慮, 岩熊眞起, pp2-5
句集 藤浪 比企元

\item 技術士 199510月号, 石炭液化技術について, 須賀田正泰, pp4-7
物流改革の考え方と実践手順, 小林久男
製品加工時の欠陥の見分け方, 是枝隆三郎

\item 技術士 199511月号, PHS用水晶デバイスの動向と解説, 岡野庄太郎, pp2-4

\item 技術士 199512月号, 技術交流は人の繋がりから(日中往来),加藤芳、青山豊, pp6-8

\item 技術士 19961月号, 食品とイタリア文化, 平井輝生, 8-10

\item 技術士 1996年2月号, 21世紀に向けての品質概念の変遷, 本田尚士, pp4-6

\item 技術士 1996年3月号, 運輸多目的衛生とその役割, 茶木英一, pp14-17

\item 技術士 1996年4月号, プロゲステロンの新しい利用方法, 平井輝生, pp.21-22
成熟期の交通論 林洋, 
フレッシュマン産業論文コンクール 孝行
犬を探してくれた町, 黒江京子

\item 技術士 19965月号,「もんじゅ」について、今村了, pp2-4
工業洗浄の技術、辻薦

\item 技術士 19966月号, タイにおける技術指導,松平忠志, pp18-20
\item 技術士 1996年6月号, 産業用ロボットの最近の情勢,佐藤幸雄, pp68-70
\item 技術士 1996年6月号, 可逆冷間圧延機とハイテク材の圧延制御について,小山満,pp71-73
\item 技術士 1996年7月号, 中小企業病の克服と事例, 荒野てつ也, pp11-12

公共工事の品質に関する委員会報告書 平成8年1月、錦織達郎, 
風を創る 脱石油・脱原発のキー技術 九鬼一夫

\item 技術士 19968月号, 生産工場における工場保全と生産技術, 是枝隆三郎, 

\item 技術士 1996年8月号, カオス、フラクタルの技術分野への応用性について, 岡孝夫, 北野粒, 小西義昭, 杉内正弘, pp6-9
不織布便覧, 野瀬恭平

\item 技術士 1996年9月号, 繊維強化複合材料, 福多健二, pp6-9
環境測定技術マニュアル、小川和夫

\item 技術士 1996年10月号, USAにおける下水高度処理施設調査報告, 玉井義弘, 松並壯, pp2-11

\item 技術士 199610月号, 「化学兵器禁止条約対応指導員」として技術士の活躍, 椎名博, pp20-21
化学兵器禁止対応指導用ガイドブック。
廃棄物のバイオコンバージョン、矢田美恵子、

\item 技術士 199611月号,技術士と特許, 河島昭守, pp3-6

\item 技術士 1996年11月号, わが国の石灰石鉱業, 松本孝雄, pp.7-10

\item 技術士 1996年11月号,リチウム,間瀬一夫, pp.11-14
\item 技術士 1996年11月号,「なぜ」と問うなかれ 私のトラブル診断術, 宮崎至誠, pp18-22
食品用乳化剤, 日高徹

\item 技術士 1996年12月号, 阪神淡路大震災における仮設トイレの実態と課題, 松並壮, pp2-5

\item 技術士 1996年12月号, 無薬注加圧浮上法と回転円板法の組み合わせによる厨房排水処理設備, 山崎裕, pp6-9

\item 技術士 199612月号, 産業用ロボットの構造・性能の変遷, 鵜澤高吉, pp10-13
環境マネジメント・監査マニュアル、池田豊
バイオテクノロジーの流れ, 金光修、

\item 技術士 19971月号, 電子機器の診断作業の合理化, 知能情報型診断に関する提案, 高橋隆一, pp3-6
\item 技術士 19971月号, ニューバイオテクノロジーの繊維分野への応用, 矢田美恵子, pp18-20
書籍:さび止油の歴史 鹿島實, 防錆管理, 40巻9号, pp29-37

\item 技術士 19972月号, 個室風大部屋式病室の提案, 福谷光雄, pp12-14

書籍:スーパーSEがすすめる知のモデリング 板倉稔
\item 技術士 19973月号, 駆け出し技術士, まだまだ奔走中, 長嶋洋一, pp2-5

p33 台湾にも技術士制度がある。しかし、それは、
「指圧按摩師の政府検定資格」
(さんずい斎)木幸平, pp33 

\item 技術士 19974月号, 水産増殖への新技術の展開, 遊佐多津雄, pp8-11
書籍:情報システム設計論、木暮仁

\item 技術士 19975月号, 画像診断機器の動向 センサを中心とした 岩崎賢二, pp7-10

\item 技術士 19976月号, 昨今インターネット雑感, 井上勇偉, pp12-15
\item 技術士 1997年6月号, コンピュータにおける2000年問題とは, pp16-17

\item 技術士 19977月号臨時増刊, チュニジアの環境調査に参画して, 金子欣司, pp25-27
\item 技術士 1997年7月号臨時増刊, 21世紀の安全問題, 矢部五郎, pp81-83
\item 技術士 1997年7月号, JIS専門委員推薦プロジェクト, p23, 海崎瑛藏
\item 技術士 1997年7月号, 溜出油の回収方法について, 今村了, 四戸立男, p18-19
\item 技術士 1997年7月号, 水飴を副原料に使用したビール, 菅野智栄, pp4-6
製造物責任法、法律家と技術者とをつなぐ 杉本泰治

\item 技術士 19978月号, 地球環境問題概説、環境に国境はない, 木村正彦, pp17-19
河川と人間 畠中武文, 

\item 技術士 19979月号, 中国古代の金属鋳造技術と工人社会, 田崎英敏, pp16-19
土の環境圏, 岩田進午, 鈴木清, 

\item 技術士 199710月号, 「これは川ではない滝である」と言ったというオランダ人技術者デ・レーケの真意, 上林好之, pp8-11

\item 技術士 199711月号, ダイオキシン汚染, 天馬輝郎, pp2-5
\item 技術士 1997年11月号, 浅い地震と熱水性鉱脈との関係について, 辻村洋太郎, pp6-9
\item 技術士 1997年11月号, 地附山地滑り災害の訴訟判決に思う, 野田弘, pp10-11

\item 技術士 1997年11月号, 濾材型吸リン資材による河川と池沼の水質浄化, 櫛田晴美, 柳田友隆, 佐藤正路, pp12-14
\item 技術士 1997年11月号, 病室用寝台の居住性向上策, 福谷光雄, pp15-18
\item 技術士 1997年11月号, 工学的鑑定業務開発の勧め, 林洋, pp19
磯焼けの海を救う, 境一郎
\item 技術士 199712月号, これからの敷地造成, 大島巌, pp8-11



11:36 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2018/11/30

技術士文献

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
不確定なプロセスをモデル化するツール簡易シミュレーションシステム

 ISBN 97849907041-2-4

参考文献 Simulation Using GPSS, 1974, T.Schriber からの引用あり

モデル集 2000円 matsuyama-pe@jcom.zaq.ne.jp

基本ロジスティックス用語辞典

ものづくりに役立つ経営工学の事典

説明歌 simulation, GPSS模擬試験値が空間時間展開
11:29 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2018/11/23

技術士 5年分を振り返り

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
日本技術士会が発行している月刊誌「技術士」を5年分読み返した。

よい点

1 安全・防災に関する記事が一定量ある

いくつかの専門分野から、安全、防災に関する記事がある。

2 最新の技術に関する記事がある

長年取り組んできた活動の、最先端の紹介。

3 査読、編集などを分担している。

学会誌と同じように、技術的な査読や編集があり、貴重な画像や資料を掲載していることがある。

きっともっと良くできる点。

1 規格を網羅的に調査した上で記述して欲しい。

一部の規格のみに依存した記事が散見される。焦点を絞る上では仕方がない。結論に至る前に参照すべき事項がある記事がある。

2 特許について言及しているとよい。

産業界に貢献する場合には、特許に言及しているとよい。特定の特許の宣伝にならないようにという意図があるかもしれない。

3 市場、統計データに言及しているとよい。

社会的な記事には、統計データなどがある。市場を誘導するような統計分析があってもいいかも。
20:57 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2018/11/15

技術士の方の書かれた本 1101冊-1200冊

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
技術士の方の書かれた本を百冊読む目標を2013年元旦に立てました。
その後、2年内に1000冊に拡張しています。
1001冊目からをここに記録します。
100冊ごとにしているのはresearchmap.jpの1項目あたりの文字数制限で、約100冊で制限を超え保存できないためです。

掲載のない書籍をご存じでしたら、ご教示くださると幸いです。技術士の方が一部参加して記述されている書籍でも結構です。故人でも、技術士であったことが分かる場合は掲載して紹介して勉強したいと考えています。随筆、翻訳、共著を含みます。

技術士の方が書かれた本を1000冊読む目標
技術士の方の書かれた本を百冊読む目標
技術士の方の書かれた本を200冊読む目標
技術士の方の書かれた本 201冊-300冊
技術士の方の書かれた本 301冊-400冊
技術士の方の博士論文 1-100

1000冊中、かこさとしさんの本が300冊以上になっています。
絵本作家であり、書くことが仕事だからというご意見をいただいています。
絵本でも、技術、遊びについての資料が豊富にあります。
科学読み物もたくさん。ぜひ、お手にとって見ていただけると幸いです。

かこさとしさんの絵本の奥付に「技術士」と書かれていて、これほど技術士の存在を宣伝してくださった方は、他にお見えにならないかもしれません。

順次、表紙を読書メータに書いた感想に連携するように作業中です。
amazon.co.jpに掲載がない冊子は、読書メータで「オリジナル」登録しています。
amazon.co.jpには感想が書けない冊子も、読書メータで感想が登録できます。
ご利用くださると幸いです。

一覧は、基本的に国立国会図書館で所蔵しているものにしています。
まだ、国立国会図書館に納本していない書籍がありましたら、ぜひ国会図書館にご登録くださると幸いです。

技術士の倫理として、国立国会図書館法の趣旨に従って行動するのがよいと思います

パンフレット類だから、登録できないとお考えの場合には、電子化して納本するという道も存在しています。

よろしくお願いします。

編集手順
 本の感想を「読書メーター」に順に掲載させていただいています。
 本の表紙を読書メーターの感想に順次連携しています。
 本の題名は、入手性を考え、amazon.co.jpに連携しています。
 本の表紙は、researchmapの機能で、amazon.co.jpの画像を表示しています。
 amazon.co.jpにないものは、一次情報、原本などから表示できるものは表示しています。感想は読書メーターの「オリジナル」という機能で、新規登録しています。


1101
機械設計 2017年 11 月号 [雑誌]
日刊工業新聞社 (2017/10/10)

1102
絵とき「ポンプ」基礎のきそ-選定・運転・保守点検- (Mechanical Engineering Series)
外山 幸雄
日刊工業新聞社 (2014/11/22)

1103
バルブの基礎 (基礎シリーズ)
笹原 敬史
パワー社 (2000/5/1)

1104
バルブの設計 (設計製図シリーズ)
笹原 敬史
パワー社 (2003/12/1)

1105
世界と日本の揚水器(機)・ポンプ歴史話

1106
Rとグラフで実感する生命科学のための統計入門
石井一夫
羊土社 (2017/3/13)

1107
新しい扉を拓くナノファイバー —ナノファイバー最前線—
八木健吉
繊維社 (2017/6/1)

1108
経営とよい仕事の基本―真・善・美を考え愛を信じて働く
佐々木 脩
人吉中央出版社 (2008/08)

1109
図解入門よくわかる最新金属の基本と仕組み (How‐nual Visual Guide Book)
田中 和明
秀和システム (2006/10/26)

1110
ソフトウェアの生産及び品質評価技術の標準化に関する調査研究その2ソフトウェアプロセス評価2001
日本規格協会

1111
ソフトウェアの生産及び品質評価技術の標準化に関する調査研究その1ソフトウェア製品の品質測定及び評価2001
日本規格協会

1112
業用ロボット入門 (電子化ブックス)
稲垣 荘司
 大河出版 (1982/08)

1113
サーチャー試験 傾向と対策―データベース検索技術者認定試験〈1級・2級〉
小川 清,安藤 彰敏
日外アソシエーツ (1993/10)

1114
ローカルエリアネットワーク―イーサネット概説 (ワークステーションシリーズ)
上谷 晃弘
丸善; 改訂2版 (1989/03)

1115
ソフトウェア品質評価ガイドブック
東 基衛
日本規格協会 (1995/04)

1116
ハロー“Hello,World"OSと標準ライブラリのシゴトとしくみ
坂井 弘亮
秀和システム (2015/9/11)

1117
らくらく突破 甲種危険物取扱者 合格テキスト+問題集
飯島 晃良
技術評論社 (2016/3/11)

1118
ポイントチェックで最速合格! 乙4類危険物試験
飯島 晃良
オーム社 (2016/11/26)

1119
トコトンやさしい圧力容器の本 (今日からモノ知りシリーズ)
大原 良友
日刊工業新聞社 (2015/5/25)

1120
誰でもわかるラミネーティング
松本宏一,川上幸一
加工技術研究会 (1998/10)

1121
すぐ分かるラミネート加工技術と実際およびトラブル・シューティング
松本宏一

1122
プラスチック発泡技術の最新動向 (新材料・新素材)秋元 英郎 シーエムシー (2015/10/1)

1123
電気機関車とディーゼル機関車 (交通ブックス124)
石田周二,笠井健次郎
成山堂書店 (2015/6/24)

1124
プログラマ脳を鍛える数学パズル シンプルで高速なコードが書けるようになる70問
増井 敏克翔泳社 (2015/10/14)

1125
回転電気機械の系譜
矢田恒二

1126
家庭の機械と電器を学ぶ 能率的な学習をすすめる図表とQ&Aシリーズ付き
門永 鉄雄
東洋出版 (2015/7/31)

1127
絵とき「バリ取り・エッジ仕上げ」基礎のきそ (Mechanical Engineering Series)
宮谷 孝
日刊工業新聞社 (2011/11/1)

1128
おうちで学べるセキュリティのきほん
増井 敏克
翔泳社 (2015/7/3)

1129
技術サロン報告書
日本技術士会 男女共同参画推進委員会

1130
エンジニアのための英文超克服テキスト
平井 通宏
オーム社 (2015/4/24)

1131


1132
機械のトラブルシューティング解説 55事例 経の巻
技術士 金友正文
秀和システム(2018/04/12)



1133
わかりやすい高周波測定技術
若井 一顕
日刊工業新聞社(2018/03/29)



1134
機械実技の教科書―機械保全の実技受験者向き
機械保全研究委員会
科学図書出版(2017/07/01)



1135


1136


1137
工業洗浄の技術
辻 薦
地人書館(1996/03)



1138
風を創る―脱石油・脱原発のキー技術
九鬼 一夫
近代文芸社(1996/02)



1139
食品用乳化剤 第2版
日高 徹
幸書房(1991)



1140
バイオテクノロジーの流れ―年表付き
太田 隆久, バイオインダストリー協会バイオテクノロジーの流れ編集委員会
化学工業日報社(2002/03)

1151


1152

1153
魚が滅びる (1982年)
境 一郎
農山漁村文化協会(1982/06)
値段:¥ 1,080



1154


1155


1156


1157
河川と人間
畠中 武文
古今書院(1996/11)



1158
利用部門のための情報システム設計論
木暮 仁
日科技連出版社(1997/03/01)



1159
基礎から実践までの環境化学
西川 治光, 大場 和生, 小川 信明, 高原 康光
三共出版(2013/10/01)



1160


1161


1162
土の環境圏
岩田進午, 喜田大三 監修, 岩田進午 [ほか]編
フジ・テクノシステム, 1997.5

1163
環境マネジメント・監査マニアル

1164
公共工事の品質に関する委員会報告書

1165
ISO14000sに対応する環境測定技術マニアル

1166  SEのスピード発想術 (技評SE選書), 粕谷茂 技術評論社 (2009/12/22)
1167 ものづくり技術アドバンスト図解これで使えるTRIZ/USIT, 粕谷茂, 日本能率協会マネジメントセンター (2006/5/29) 
1168
1169
1170


プロエンジニア―コンピテンシー構築の極意 (Techno books) 単行本 – 2002/7/1
粕谷 茂  (著)

21:37 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2018/11/01

調査

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
NBR合同会社

小西敏明
森 正樹
横山博昭

AMPコンサルティング合同会社

足立昌浩

参考資料
2010年第56回大河内賞大河内記念技術賞
高性能結晶性シリコンTFTを用いた周辺回路一体化液晶パネルの開発と実用化シャープ株式会社
片山 幹雄
米田 裕
足立 昌浩

株式会社半導体エネルギー研究所
山﨑 舜平
小山 潤財団法人大河内記念会

10:07 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2018/11/01

技術士法

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
技術士法

第四十六条 
技術士は、その業務に関して技術士の名称表示するときは、その登録を受けた技術部門を明示してするものとし、登録を受けていない技術部門を表示してはならない

10:05 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2018/02/25

退職抽選券またの名は起業

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
退職抽選券またの名は起業

起業における鍵を整理中です。


1 人
 人の能力として技術士を想定しています。

算譜(program)の見直し(review)に必要な志向・技能・技法・手順、上位7 
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/6d5962e1a0e4be28405c


作業診断(process assesment)を成功させる5つの鍵。失敗する5つの罠 ver.3.1 
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/bcdc60db20e8d7081fab


プログラミング言語教育のXYZ
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/1950c5810fb5c0b07be4


2 技術
 C/C++に焦点を与えています。

[C][C++]の国際規格案の例題をコンパイルするときの課題7つ。
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/5f4b155030259497c4de


算譜(program)が計画(plane),設計(design)である3つの理由
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/34daa0403eaca5e8b5a6


自己再構築(self reconstruction)による算譜(program)自動生成器(generator)自動生成器(generator)の作成
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/0facd1ed443947e53cc9



3 方針
 近江商人の三方よし、富山の薬売りの方法に注目し、三重県、石川県、長野県などのよい習慣を吸収しようとしています。

確率論及統計論(伏見康司)の数式をTeX(LaTeX)入力するための12の技法
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/9c692c4d3546ffbb70b4


MacintoshにLaTeXを導入する7つの利点と導入方法
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/75be26d34a7432d5700b


brew用の管理者を別IDで設定することの得失
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/4967f6b8cf02952f5f40

07:23 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2017/06/14

シゴトに役立つデータ分析・統計のトリセツ

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen

第1節
人に伝えるための5ステップ p16
1 収集・把握
2 整理・分析
3 予測・推定
4 取捨・選択
5 表現・伝達

という説明がある。自分の経験では、

1 収集・把握
2 整理・分析
3 予測・推定
4 表現・伝達
5 取捨・選択

予測・推定したものを、表現・伝達して、
その中から取捨・選択して意思決定する。

だから、予想・推定は、予想でもよい。
表現・伝達で、予想であることを伝えればよい。

第2節
学校での数学との違い

学校での数学    ビジネスでの数学

理論が中心     実践が中心

厳密な答えが必要  つかえるかどかが重要

正解が必ず1つある 正解が1つとは限らない。

すごく違和感がある。学校の数学の演習作れば答えがでない問題たくさん。
自分の感覚。

学校での数学       仕事での数学

他の学問の理論に役立つ  仕事に役立つ

答えがあるかどうかは不明 答えを一つは出さないと終わらない

正解があるか不明     条件の違いにより選択可能な複数の解を提示する
14:50 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
12345Next