接続数(counter)

1763885COUNTUP FROM 2011/04/06

研究日誌(study diary)

12345Next
2019/08/15

あいちトリエンナーレ2019

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen

あいちトリエンナーレ2019
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/bunka/2017071801.html

知り合いの芸術家が参加してなかった、あるいは、してない可能性の理由
3つの仮説
地元関係者が少ない。
多摩美系、京都系の知り合いが少ない。
東京・大阪の行事屋は名古屋で失敗する。(東京・大阪の企業は、名古屋支店長で成功すると出世いするという仮説の対偶ではない。)

芸術監督選考委員会委員

  五十嵐 太郎 東北大学大学院教授


  加須屋 明子 京都市立芸術大学教授


  建 畠  晢(委員長) 多摩美術大学学長


  中井  康之 国立国際美術館学芸課長 

  藤 川  哲 山口大学教授

  水野 みか子 名古屋市立大学教授

  港  千 尋 多摩美術大学教授


23:30 | Impressed! | Voted(1) | Comment(0)
2019/08/14

triennale を 調べる

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen

triennale を調べる。

イタリア語-日本語 辞書 Glosabe
https://ja.glosbe.com/it/ja/triennale

tre anni

「3年」そのまま

「トリエンナーレ」の意味とは…「ビエンナーレ」との違いって?
https://bizwords.jp/archives/1068248776.html

github

githubでtriennale

1

https://github.com/italia/pianotriennale-ict.italia.it

Questo repository contiene il codice sorgente del sito tematico relativo al Piano Triennale per l'informatica nella pubblica amministrazione. Il sito è sviluppato con Jekyll.

日本語訳案
「この倉庫には、行政の3年間のIT計画に関連する題材のソースコードが含まれています。 これはJekyllで開発されています。」

triennnaleが3年ごとではなく、3年間という意味で使っている。3年間の計画は、3年ごとに作成する可能性は高い。

2

https://github.com/FIUP/Template-piano-di-lavoro-stage

Un template per il piano di lavoro utile per gli studenti della laurea triennale in Computer Science @UNIPadova che devono iniziare lo stage curriculare.

日本語訳案
「UNIPadovaの3年間の計算機科学の学位の学生のための教育過程の有用な作業計画の雛形。」

3

https://github.com/simonepreite/tesi_triennale

Elaborato di tesi di laurea triennale in informatica relativo alla creazione dell libreria VNSLib, argomento della tesi.

日本語訳案
「VNSLib作成に関連する計算幾科学の3年間の学位論文。」

イタリア語

イタリア語のWikipediaで検索すると、Triennaleといえばmilanoらしい。
Triennale di Milanoに転送している。

Triennale di Milano
https://it.wikipedia.org/wiki/Triennale_di_Milano

名古屋市はイタリアだとトリノと姉妹都市らしい。愛知県はイタリアに姉妹都市は見当たらない。
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/kokusai/0000069785.html

ミラノの姉妹都市は大阪市。
https://www.milano.it.emb-japan.go.jp/culture/shimaitoshi.html

Wikipedia

英語で検索してもミラノのTriennnaleに転送している。
https://en.wikipedia.org/wiki/Triennale

フランス語で検索してもミラノのTriennaleに転送している。
https://fr.wikipedia.org/wiki/Triennale_de_Milan

スペイン語で検索してもミラノのTriennnaleに転送している。
https://es.wikipedia.org/wiki/Trienal_de_Milán

ポルトガル語
該当記事がなく、triennale でひっかかった記事の何割かにミラノの単語がある。

https://pt.wikipedia.org/wiki/IV_Trienal_de_Milão_(1900)

ドイツ語では一般的なtriennaleの記事がある。
https://de.wikipedia.org/wiki/Triennale

各国の紹介があり、日本では新潟と横浜を紹介している。

日本語
https://ja.wikipedia.org/wiki/トリエンナーレ
https://ja.wikipedia.org/wiki/ミラノ・トリエンナーレ

参考資料

トリエンナーレ形式で開催される国際芸術祭の中で数少ない成功例「瀬戸内国際芸術祭」
https://www.furusato-pr.jp/topics/kagawa/setogei2016.html



17:00 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2019/08/13

「スパムの疑い」を科学する

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
「スパムの疑い」を科学する

1. 言語学

1.1 日本語
「スパムの疑い」は、スパムである可能性があるかもしれないことの表明。
実際にスパムであるか、スパムである可能性があるのか、スパムでないものをスパムの疑いと称しているのかの区別がつかない。
スパムの疑いをかけるためには、スパムの特性のうちの1つ以上を観測している必要がある。

スパムの特性は、
1) 同じメッセージが3回以上来る。(2度は、送信間違いの可能性が高い)
2) 送り手には利益になる可能性があっても受けてに利益になる可能性が低い情報
3) 特定の商品の宣伝(original meaning)


スパムってなんなの?最近のスパムと対処法(起源と動画つき)
https://www.bloom-promotion.jp/journal/web-knowledge/whats-spam.html

1.2 English
Suspected spam
https://translate.google.com/#view=home&op=translate&sl=auto&tl=en&text=「スパムの疑い」

1.2.1 google 
Google is busting suspected spam callers with a new spam detection feature
https://www.neowin.net/news/google-is-busting-suspected-spam-callers-with-a-new-spam-detection-feature/

1.2.2 Quora
What is the meaning of a 'suspected spam'? - Quora
https://www.quora.com/What-is-the-meaning-of-a-suspected-spam
>So, in fact, when it says “it’s a spam” or “it’s a suspected spam”, you should interpret as “there is a enough high probability that this message is a spam”.

1.2.3 ucsbata.ml
WHAT DOES SUSPECTED SPAM MEANS
https://ucsbata.ml/reality-check/what-does-suspected-spam-means.php


1.3 French
Spam suspecté
https://translate.google.com/#view=home&op=translate&sl=auto&tl=fr&text=スパムの疑い

1.4 Espanol
Sospecha de spam
https://translate.google.com/#view=home&op=translate&sl=auto&tl=es&text=スパムの疑い
22:39 | Impressed! | Voted(1) | Comment(0)
2019/07/28

著作権

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen

ユネスコ関係条約一覧/Conventions
http://www.mext.go.jp/unesco/009/003.htm

万国著作権条約
http://www.mext.go.jp/unesco/009/003/003.pdf

18:27 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2019/07/27

計算機を利用していて嬉しかったこと、悲しかったこと

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
計算機を利用していて嬉しかったこと、悲しかったこと

嬉し
1 1命令をコメントにしただけで、高速処理になったこと



悲し
1 4時間の入力が、ハングして消えた

データの自動バックアップするソフトを使おう
1時間に1回は保存しよう。(できれば10分)

2 買ったばかりのノートPCが壊れた

保証には入ろう
ノートPCは保護袋に入れて持ち運ぼう

3 アセンブラの自作ソフトを動かしたらディスクを初期化

ディスクは初期化禁止にしよう
システム管理者で自作アプリは動かさない
21:02 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2019/07/23

error

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
error while loading shared libraries: libasound.so.2: cannot open shared object file: No such file or directory
WSLでvue-cli3 + electron
https://qiita.com/MssKnd/items/062b417daa57868db4d2
19:38 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2019/07/06

The Yellow Monkey You Tube

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
16:20 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2019/06/30

音響技術者として

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen

1. 録音(recording)
あちこち飛び回って音を取る。
インタビュー、会合、演劇、現象音(人、人工物、自然)

2.設置(installing)
配線、設置場所(方向、高さ)、接続方法(2次元)、

3 再生(playing)
演劇、放送。timing, 大きさ、効果

4. 編集(editing)
timing

5. 選択(collection)
機材、反響版


6 効果(effecting)


7. 作成(making)
これが1番になる人はMakerFairに出展している。
09:17 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2019/06/10

Dangerous Visions

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen


Dangerous Visions: v. 1
Sphere(1974/10/10)
243ページ



Dangerous Visions: v. 2
Sphere(1974/10/10)
232ページ






Dangerous Visions: v. 3
Sphere(1974/10/10)
 272ページ




Again, Dangerous Visions: Stories (English Edition)
Open Road Media Sci-Fi & Fantasy(2014/04/01)









Dangerous Visions: The 35th Anniversary Edition
Harlan Ellison
I Books(2002/10/01)
値段:¥ 3,503
592 pages



https://www.amazon.com/dp/0743445538/
「34 short stories」
と書かれているが、

https://en.wikipedia.org/wiki/Dangerous_Visions
にも32の小説と、AsimovのforwardとHarlan Ellisonのintroduction があるだけ。

著者一覧の
Michael Moorcock (Contributor)
作品名がない。
34 Writers

by Harlan Ellison (Editor, Contributor),  
Michael Moorcock (Contributor),
Isaac Asimov (Contributor),
Lester del Rey (Contributor),
Robert Silverberg (Contributor),
Frederik Pohl (Contributor),
Philip José Farmer (Contributor),
Miriam Allen DeFord (Contributor) ,
Robert Bloch (Contributor),
Brian W. Aldiss (Contributor),
Howard Rodman (Contributor),
Philip K. Dick (Contributor),
Larry Niven (Contributor),
Fritz Leiber (Contributor),
Joe L. Hensley (Contributor),
Poul Anderson (Contributor),
David R. Bunch (Contributor),
James Cross (Contributor),
Carol Emshwiller (Contributor),
Damon Knight (Contributor),
Theodore Sturgeon (Contributor),
Larry Eisenberg (Contributor),
Henry Slesar (Contributor),
Sonya Dorman (Contributor),
John Sladek (Contributor),
Jonathan Brand (Contributor),
Kris Neville (Contributor),
R.A. Lafferty (Contributor),
J.G. Ballard (Contributor),
John Brunner (Contributor),
Keith Laumer (Contributor),
Norman Spinrad (Contributor),
Roger Zelazny (Contributor),
Samuel R. Delany (Contributor)

1 • Evensong • (1967) • shortstory by Lester del Rey
9 • Flies • (1967) • shortstory by Robert Silverberg
21 • The Day After the Day the Martians Came • (1967) • shortstory by Frederik Pohl (variant of The Day the Martians Came)
30 • Riders of the Purple Wage • (1967) • novella by Philip José Farmer
105 • The Malley System • (1967) • shortstory by Miriam Allen deFord
115 • A Toy for Juliette • (1967) • shortstory by Robert Bloch
128 • The Prowler in the City at the Edge of the World • (1967) • novelette by Harlan Ellison
154 • The Night That All Time Broke Out • (1967) • shortstory by Brian W. Aldiss
169 • The Man Who Went to the Moon - Twice • (1967) • shortstory by Howard Rodman
181 • Faith of Our Fathers • (1967) • novelette by Philip K. Dick
216 • The Jigsaw Man • [Known Space] • (1967) • shortstory by Larry Niven
231 • Gonna Roll the Bones • (1967) • novelette by Fritz Leiber
256 • Lord Randy, My Son • (1967) • shortstory by Joe L. Hensley
272 • Eutopia • (1967) • novelette by Poul Anderson
295 • Incident in Moderan • [Moderan] • (1967) • shortstory by David R. Bunch
299 • The Escaping • (1967) • shortstory by David R. Bunch
305 • The Doll-House • (1967) • shortstory by James Cross
326 • Sex and/or Mr. Morrison • (1967) • shortstory by Carol Emshwiller
338 • Shall the Dust Praise Thee? • (1967) • shortstory by Damon Knight
344 • If All Men Were Brothers, Would You Let One Marry Your Sister? • (1967) • novella by Theodore Sturgeon
390 • What Happened to Auguste Clarot? • (1967) • shortstory by Larry Eisenberg
396 • Ersatz • (1967) • shortstory by Henry Slesar
404 • Go, Go, Go, Said the Bird • (1967) • shortstory by Sonya Dorman
412 • The Happy Breed • (1967) • shortstory by John Sladek [as by John T. Sladek ]
433 • Encounter with a Hick • (1967) • shortstory by Jonathan Brand
439 • From the Government Printing Office • (1967) • shortstory by Kris Neville
447 • Land of the Great Horses • (1967) • shortstory by R. A. Lafferty
458 • The Recognition • (1967) • shortstory by J. G. Ballard
472 • Judas • (1967) • shortstory by John Brunner
483 • Test to Destruction • (1967) • novelette by Keith Laumer
510 • Carcinoma Angels • (1967) • shortstory by Norman Spinrad
523 • Auto-da-Fé • (1967) • shortstory by Roger Zelazny
532 • Aye, and Gomorrah . . . • (1967) • shortstory by Samuel R. Delany


Dangerous Visions (SF Masterworks)
Harlan Ellison
Gollancz(2012/03/06)
値段:¥ 1,487
688ページ




https://www.amazon.com/dp/0575108029/

Evensong by Lester del Rey
~ Flies by Robert Silverberg
~ The Day After the Day the Martians Came by Frederik Pohl
~ Riders of the Purple Wage by Philip José Farmer
~ The Malley System by Miriam Allen deFord
~ A Toy for Juliette by Robert Bloch
~ The Prowler in the City at the Edge of the World by Harlan Ellison
~ The Night That All Time Broke Out by Brian W. Aldiss
~ The Man Who Went to the Moon - Twice by Howard Rodman
~ Faith of Our Fathers by Philip K. Dick
~ The Jigsaw Man by Larry Niven
~ Gonna Roll the Bones by Fritz Leiber
~ Lord Randy, My Son by Joe L. Hensley
~ Eutopia by Poul Anderson
~ Incident in Moderan and The Escaping by David R. Bunch
~ The Doll-House by James Cross
~ Sex and/or Mr. Morrison by Carol Emshwiller
~ Shall the Dust Praise Thee? by Damon Knight
~ If All Men Were Brothers, Would You Let One Marry Your Sister? by Theodore Sturgeon
~ What Happened to Auguste Clarot? by Larry Eisenberg
~ Ersatz by Henry Slesar
~ Go, Go, Go, Said the Bird by Sonya Dorman
~ The Happy Breed by John Sladek
~ Encounter with a Hick by Jonathan Brand
~ From the Government Printing Office by Kris Neville
~ Land of the Great Horses by R. A. Lafferty
~ The Recognition by J. G. Ballard
~ Judas by John Brunner
~ Test to Destruction by Keith Laumer
~ Carcinoma Angels by Norman Spinrad
~ Auto-da-Fé by Roger Zelazny
~ Aye, and Gomorrah by Samuel R. Delany

危険なヴィジョン〔完全版〕1 (ハヤカワ文庫SF)
レスター・デル・レイ, ロバート・シルヴァーバーグ, フレデリック・ポール, フィリップ・ホセ・ファーマー, ミリアム・アレン・ディフォード, ロバート・ブロック, ハーラン・エリスン, ブライアン・W・オールディス
早川書房(2019/06/06)



1冊目8人、2冊目10人、3冊目14人と、問題を先送りしている感じ。2冊目は、何が出るか決まっているらしいから大丈夫そう。3冊目が出そうにないとき、あるいは翻訳家が投げ出した時に、代役を名乗りをあげるため、原作の方を読んでおこうと思って資料整理始め、、、。翻訳するなら、その作家の全作品読んどかないと無理、、、。誰の分が難しそうか見極められないと、、、。




17:58 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2019/06/08

いらない上から目線

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen

いらない上から目線

ある意見交換会で、三周り違う若い女性に、「上から目線」を指摘された。

それはさておき、いろいろ話しをしてみると、Lineのスタンプを作ったのに、あまり売れていないという。

ちょけねこ という面白いキャラだし、販促の仕方じゃないかと思い、上から目線ついでに、販促品を作ることを提案した。

上から目線で語った以上、相手の弱いと思うところで、こちらが手伝えることを提案しなければ、けじめがつかないと思ったというのはいいわけ。自分の知り合いの中でLineにキャラをあげている人や、キャラをあげようとしている人の中で、キャラがちゃんとしているので、これはいけると思ったのが本当のこと。

上から目線で物を語ったら、語った相手の得になることを提案できなければクズだと言われてもしかたがないと実感。

いらない上から目線

男性から女性

単なる馬鹿。誰もが、女性から生まれている。
日本の神話、卑弥呼、天皇など女性が尊重されてきている。

女性だからって、何か制約をかそうとしたり、権限を制限しようとする人がいるのにはうんざり。

大学卒から高卒

高卒だから、とか言って、仕事の範囲に制約を課そうとする人にもうんざり。
給与制度上、なにがしかの違いがあるのは、その組織の能力に対する評価制度の良し悪しで変革できる。

工業大学から高専・工業高校

工業大学の実験で、ほとんど工業高校出身の方に仕切ってもらった経験がある。
工業高校出ている人から学ぶことは多い。

工業高校で優秀だったから、工業大学に推薦で入っていたりする。
そして、大学院に進んだりもしている。


13:48 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
12345Next