接続数(counter)

133163From 2012/10/4

通信規約日誌(network protocol diary)

12345Next
2019/05/28

アカウント削除機能

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen

アカウント削除機能に意味はない
https://qiita.com/ponkotuy/items/6049388d564fb4385f4e

に触発されて、立場、視点整理

立場

誰を第1者(当事者)とするかでも視点の違いが生まれるかもしれません。

サービス提供側(第一者)

利用側(第二者)

社会(第三者)

監督官庁

法務省

過去の法律、判例を機械学習にかけて、用語の変遷、論理構造などを解析してから、本件に関与するとよい。

検察庁

過去の事件でどのような刑事事件にどう発展するか

裁判所

総務省

経済産業省


13:15 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2019/05/21

qiita 記事取得

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
【Qiita API】いいね!閲覧数の自動集計
https://qiita.com/Naoto9282/items/252c4b386aeafc0052ba


```shell-session
$curl -H 'Authorization: Bearer [アクセストークン]'   https://qiita.com/api/v2/authenticated_user/items
{"message":"Unauthorized","type":"unauthorized"}
```
そりゃそうでしょう

 [アクセストークン]
のところは、
 ユーザの管理画面
https://qiita.com/settings/applications
に接続して、取得しないといけない。

<img width="658" alt="access.png" src="https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/51423/640df310-55b5-2e90-4e6a-9f04817065d1.png">


アクセストークンの説明
のところには、
アクセストークンの説明
と書いて、「発行する」を押した。

長い16進数らしきものが出るので、ありがたくコピーして、curlコマンドの [アクセストークン]
のところにペーストする。

すごい大量のデータがでてきた。

```python:qiita.py
#!/usr/bin/env python
# coding: utf-8
# @Naoto9282 2019年02月07日 02時02分 (JST)
# @kaizen_nagoya 2019 05 21

import requests
import json

url = 'https://qiita.com/api/v2/authenticated_user/items'
headers = {"content-type": "application/json",
           "Authorization": "Bearer  [アクセストークン]"}

res = requests.get(url, headers=headers)
list = res.json()

for item in list:
  item_id = item['id']
  title = item['title']
  likes_count = item['likes_count']

  url = 'https://qiita.com/api/v2/items/' + item_id
  res = requests.get(url, headers=headers)
  json = res.json()
  page_views_count = json['page_views_count']

  print(title, page_views_count, likes_count)
```


```shell-session
$ ./qiita.py 
Traceback (most recent call last):
  File "./qiita.py", line 6, in <module>
    import requests
ImportError: No module named requests

$ python quita.py
```
正常出力。

```
プログラムちょい替え(5)pyhon中央値 114 1
人の間違いを繰り返せない系設計を 49 1
Line Driven Design 39 0
VPN Gate 29 0
「best practice」が「一番良い方法」ではない三つの理由 30 0
ISO, IEC, ITUの国際規格を読むには 24 0
テレビ会議システムを設営する 110 1
今年度の目標的な何か 103 1
docker(12)dockerでX11を動かすいくつかの方法 149 1
docker(11)docker file作ってみた 134 1
「小学生だった僕がプログラミングを覚えるまでにやったこと」をdockerで 170 3
中小企業庁用語集の書き直し案 49 1
請負契約でないと機敏(agile)にはできない 52 0
Maker Fairに出展するとよさげなもの(だしたもの)集め 42 1
音響技術におけるソフトウェアの役割 43 2
IT業界における長期計画、中期計画、単年度計画、短期計画 35 0
Qiita(31)Qiitaでfollowしている人をTwitterでfollowする 327 1
論文でRFC参照 42 1
不具合対処報告(案) 41 1
Qiita(30) 丸1日Qiitaが新規編集させてくれなかった時にやった事 80 1
```
なして20件しか出力しない?



```
['プログラムちょい替え(5)pyhon中央値', 115, 1]
['人の間違いを繰り返せない系設計を', 50, 1]
['Line Driven Design', 39, 0]
['VPN Gate', 29, 0]
['「best practice」が「一番良い方法」ではない三つの理由', 30, 0]
['ISO, IEC, ITUの国際規格を読むには', 24, 0]
['テレビ会議システムを設営する', 110, 1]
['今年度の目標的な何か', 103, 1]
['docker(12)dockerでX11を動かすいくつかの方法', 149, 1]
['docker(11)docker file作ってみた', 134, 1]
['「小学生だった僕がプログラミングを覚えるまでにやったこと」をdockerで', 170, 3]
['中小企業庁用語集の書き直し案', 49, 1]
['請負契約でないと機敏(agile)にはできない', 52, 0]
['Maker Fairに出展するとよさげなもの(だしたもの)集め', 42, 1]
['音響技術におけるソフトウェアの役割', 43, 2]
['IT業界における長期計画、中期計画、単年度計画、短期計画', 35, 0]
['Qiita(31)Qiitaでfollowしている人をTwitterでfollowする', 327, 1]
['論文でRFC参照', 42, 1]
['不具合対処報告(案)', 41, 1]
['Qiita(30) 丸1日Qiitaが新規編集させてくれなかった時にやった事', 80, 1]
```
やっぱ20件。






----

Qiita API で公開情報の記事一覧を取得する、アクセストークンなどの認証必要なしのスクリプト例
https://qiita.com/YumaInaura/items/8004559925f40059abce

Qiitaの投稿記事からデータセット作った
https://qiita.com/dcm_chida/items/687654685dc434bdc9d4

```python:qiitamonth.py
import pandas as pd

dic={}
for year in range(2011,2019):
  for month in range(1,13):
    key = "{}-{}".format(year,month)
    total_articles,total_pages = get_monthly_data(year,month)
    dic[key]=[total_articles, total_pages]
    print(year, month, total_articles, total_pages)
    time.sleep(60)

x = list(dic.keys())
y = [cnt[0] for cnt in list(dic.values())]
df = pd.DataFrame({'time':x,'count':y},index=x)
df = df.drop(index=['2018-11','2018-12'])
df['count'].plot(figsize=(16,9),
                 title='The Number of Monthly Posts in Qiita',
                 xticks=range(0,len(x))[::3],
                 rot=45)
```

```
$ python qiitamonth.py
Traceback (most recent call last):
  File "qiitamonth.py", line 7, in <module>
    total_articles,total_pages = get_monthly_data(year,month)
NameError: name 'get_monthly_data' is not defined
```

Qiita(11)「Qiitaいいな〜自分のいいね分析」自分版
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/11955909b0302d9ba999

16:13 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2019/05/20

VPN

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
VPNでは痛い目にしか会ったことがないかもしれない。

Virtual Private Network

いろいろな会議の際に、ネットワーク設営担当をしてきた。

臨時で運営するネットワークでは、利用者がVPNで接続したい場合がある。

ある特定の資料は、ある特定のVPNの先にしかない場合、どうやって接続するかを聞かれる。


VPN Gate の概要
https://www.vpngate.net/ja/about_overview.aspx

VPNとは?その基本から安全なVPN接続を徹底解説
https://cybersecurity-jp.com/security-measures/26436

日本で最高のVPN10選 2019年版
https://ja.vpnmentor.com/best-vpn-for-japan/


IPsec-VPN
SSL-VPN
L2TP/IPsec Layer 2 Tunneling Protocol
PPTP Point to Point Tunneling Protocol

IP-VPN MPLS(Multi Protocol Label Switching)



21:43 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2019/05/16

論文でRFC参照

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen

論文でRFC参照

インタネットの経路制御(routing)研究時、RFCを引用していた。

博論(端末間経路選択片方向遅延差測定方式)参考文献RFC更新一覧
https://researchmap.jp/jox0eiafk-1826017/

渡辺尚、飯田登、澤井新との共同研究である。

寺岡文男:Mobilityまわりの通信規約の先駆者。研究上の目標。
 検討されていない部分を主題にした。

塚本昌彦:RFCのSIPとの比較をするように研究会で助言。研究室でRFCを引用しても論文にならないのではという意見に対する反論。
 データリンク層での移動と、セッション層での移動とを比較することにより、ネットワーク層での移動の価値を明確化できた。

小林 武史: BSD系を研究室に構築してもらった。カーネルソースのコンパイルを自分でできるようになった。
 Linux通信対抗試験としてBSDとの通信結果で確認できた。

斉藤直希:Debianを研修室に構築してもらった。Linuxカーネルソースのコンパイルを自分でできるようになった。
 Mobile IPのDebianソースを、カーネルの版をパッチ当てで戻して、コンパイルして実験できた。

間瀬健一:

萬代雅希:

水野忠則:


20:49 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2019/05/14

classはstructから生まれた or struct+function = class 1980年頃、

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen

classはstructから生まれた or struct+function = class

1980年頃、


16:16 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2019/04/29

テレビ会議でLTを開催するために必要な機材、準備、組織化方針など(書きかけ)

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen

テレビ会議でLTを開催するために必要な機材、準備、組織化方針など

地方暮らしだと、なかなか東京の勉強会には参加できない。

出張で東京に1泊2日、2泊3日で行く時は、空き時間をみっちり勉強会で埋める。

できれば、東京開催、地方開催の勉強会で、テレビ会議でLTを開催する会合が増えると嬉しい。

そこで、テレビ会議でLT開催するために必要な機材、準備、組織化方針などを検討する。

skype

Zoom

参考資料

テレビ会議システムでソースコードreviewをするときに使う道具類
https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/236cb30447f16e392eb7


10:30 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2019/03/27

IEEE

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen

IEEE 802.3i-1990 - IEEE Standard for Local and Metropolitan Area Networks - System Considerations for Multisegment 10 Mb/S Baseband Networks (Section 13) and Twisted-Pair Medium Attachment Unit (MAU) and Baseband Medium, Type 10BASE-T (Section 14)

IEEE 802.3u-1995 - IEEE Standards for Local and Metropolitan Area Networks: Supplement - Media Access Control (MAC) Parameters, Physical Layer, Medium Attachment Units, and Repeater for 100Mb/s Operation, Type 100BASE-T (Clauses 21-30)

IEEE 802.3ab-1999 - IEEE Standard for Information Technology - Telecommunications and information exchange between systems - Local and Metropolitan Area Networks - Part 3: Carrier Sense Multiple Access with Collision Detection (CSMA/CD) Access Method and Physical Layer Specifications - Physical Layer Parameters and Specifications for 1000 Mb/s Operation over 4 pair of Category 5 Balanced Copper Cabling, Type 1000BASE-T

TIA/EIA 854 : 2001
A FULL DUPLEX ETHERNET SPECIFICATION FOR 1000 MBIS/S (1000 BASE-TX) OPERATING OVER CATEGORY 6 BALANCED TWISTED-PAIR CABLING

JEITAのPDF - 電子情報技術産業協会
https://home.jeita.or.jp/upload_file/20170526155244_U0L4f8GSAu.pdf


20:04 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2019/03/21

測定と解析

Tweet ThisSend to Facebook | by kaizen
測定と解析

Wiresharkで無線LAN(802.11)のデータを見てみよう!
http://watanabe-tsuyoshi.hatenablog.com/entry/2015/06/28/083518

Spectrum Expert Wi-Fi CISCO
https://software.cisco.com/download/home/281783245/type/281789927/release/4.1.11


測定は、ディスク容量が確保できれば、全部取得して解析するとよい。

何度か全パケット解析していて、特定の現象が、特定のパケットと関係している場合には、特定のパケットだけ取得してもよい。


全パケット取得するとよい場合

現在使っていない機器、OS、通信規約のパケットの存在

現在必要がないはずの通信規約(機器、OS、通信の設定誤り)



ID,PASSWORDの挙動

特定パケットだけ取得してよい場合

DHCPの挙動

DNSの挙動

特定のIPアドレスの挙動(複数台で同じIPを断続的に利用)

特定のMACアドレスの挙動()

Re-Transmissionのフラグが1




複数のChannel同時測定

複数のChannelを同時測定すると、それぞれのChannelの稼働状況がわかる。

動画配信。
大規模ファイルダウンロード(ある一定の時間)
多数の接続

WEPによる暗号化通信

WPA/WPA2-PSK (WPA/WPA2-Passphrase、WPA/WPA2-パーソナル)
APとステーションで共有するパスフレーズから暗号化キーを生成
接続時に4Way-Handshake
4つのEAPOL-Keyパケットに含まれる情報を基に生成

敷地外からのパケットのチャンネルの確認

ボンディングのプライマリ設定

解析


パケットフィルタリング

統計


09:53 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
12345Next