梶並知記

J-GLOBALへ         更新日: 13/02/04 01:01
 
アバター
研究者氏名
梶並知記
eメール
kajinamiic.kanagawa-it.ac.jp
URL
http://honwaka-nonbiri.sakura.ne.jp/
所属
神奈川工科大学
部署
情報学部 情報工学科
職名
助教
学位
博士(工学)

プロフィール

人間の曖昧な意図に着目した情報活用, 例えば意思決定の支援, 創造活動の支援, 暗黙知の継承などに興味があります. 最近は特に, ゲームプレイヤの思考に着目したゲームプレイ技能の継承に関する研究に興味があります.

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
神奈川工科大学情報学部 助教
 
2010年9月
 - 
2012年3月
東京工科大学コンピュータサイエンス学部 助教
 
2010年4月
 - 
2010年8月
首都大学東京システムデザイン学部 特任研究員
 

学歴

 
 
 - 
2010年3月
首都大学東京 システムデザイン研究科 システムデザイン専攻
 
 
 - 
2006年3月
東京都立科学技術大学 工学研究科 システム基礎工学専攻
 

委員歴

 
2011年4月
   
 
日本デジタルゲーム学会  学会誌編集委員
 

論文

 
砂山 渡, 高間 康史, 西原 陽子, 徳永 秀和, 串間 宗夫, 阿部 秀尚, 梶並 知記
人工知能学会論文誌   28(1) 1-12   2013年1月   [査読有り]
梶並 知記, 高間 康史
情報処理学会論文誌   52(11) 3052-3064   2011年11月   [査読有り]
近年,Webから情報を収集し,情報分析を行ったうえで意思決定を行うことが一般的になっている.キーワードマップは,意思決定のための情報分析作業を支援する,情報分析インタフェースの1つであり,ユーザの視点に応じて情報オブジェクトのラベルであるキーワードを配置する.しかしながら,現在の視点において関連の強いキーワードどうしが近くに配置されるため,ユーザは,異なる視点から見た場合の,意思決定において重要な関連に気づきにくいという問題がある.本稿では,キーワードマップに「気づかせ機能」を導入し,どの...
梶並 知記, 高間 康史
情報知識学会誌   20(3) 277-292   2010年10月   [査読有り]
本稿では,探索的情報検索を伴う多様なタスクを支援するために,対話的な汎用的情報分析ツールであるキーワードマップとエージェントアプローチを統合したシステムアーキテクチャを提案する.エージェントアプローチに基づく既存の情報収集システムは,柔軟なシステム設計が可能でユーザの多様な要求に応えることができるが,明確な検索要求を前提にしているため,情報分析と探索的情報検索を通して要求を精緻化し意思決定を行う作業への対応は困難である.本稿では,エージェントアプローチの利点を活かしつつ情報分析作業までを包...
梶並 知記, 槇原 崇, 小笠原 敏之, 高間 康史
知能と情報 : 日本知能情報ファジィ学会誌 : journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics   21(6) 1067-1077   2009年12月   [査読有り]
本稿では,意思決定において多角的な視点からのデータ分析と,相補 / 非相補的な意思決定方略に対応できる,関連バランス制御機能を備えたキーワードマップを提案する.キーワードマップは,オブジェクト(キーワード)間の関連度に応じて,キーワードを2次元平面上に配置する汎用的な情報可視化システムであり,ユーザ意図を強調するマップの編集機能が備わっている.しかしながら,従来システムは,キーワード間の関連性に複数の属性が含まれている場合でも,関連度はそれらを包含し1種類の属性とみなすため,1つの視点から...
Y.Takama, A.Matsumura, T.Kajinami
New Generation Computing   26(1) 23-38   2008年1月   [査読有り]
梶並 知記, 高間 康史
情報処理学会論文誌   48(3) 1176-1185   2007年3月   [査読有り]
キーワード間の関係をエッジとしたグラフで表現し,ユーザがインタラクティブにキーワード配置を操作可能な情報可視化システムとしてキーワードマップが提案されているが,ユーザの意図をキーワード配置に反映させやすくすることはこれまであまり考慮されていなかった.本論文では,ユーザの編集意図を強調したキーワード配置を支援するキーワード配置支援機能を備えたキーワードマップを提案する.編集意図の異なる3種類の課題について提案システムを用いた被験者実験を行った結果,キーワード配置支援機能がユーザの編集意図を強...
梶並 知記, 山口 亨, 高間 康史
計測自動制御学会論文集   42(4) 319-326   2006年4月   [査読有り]
Utilization of Keyword Map for Intelligent Web Interaction based on Retrieval, Browsing, Analysis Operations
Y.Takama, T.Kajinami
Australian Journal of Intelligent Information Processing Systems   8(3) 97-104   2004年12月   [査読有り]

Misc

 
プログラミング演習授業における学習状況の把握と指導支援の試み
市村 哲, 梶並 知記, 平野 洋行
マルチメディア・分散・協調とモバイルシンポジウム (DICOMO2012)   1410-1416   2012年7月
テキストデータマイニングのための統合環境TETDMの公開と活用
砂山 渡, 高間 康史, 西原 陽子, 徳永 秀和, 串間 宗夫, 阿部 秀尚, 梶並 知記, 松下 光範, D.Bollegala
第26回人工知能学会全国大会   3K2-NFC-3-9    2012年6月
TETDMを用いた関連Tweet探索の一手法
梶並 知記
第26回人工知能学会全国大会   3K2-NFC-3-7    2012年6月
対戦型格闘ゲームプレイヤーの戦略的思考の分析に関する一方法論
梶並 知記
日本デジタルゲーム学会2011年次大会   124-132   2012年2月
テキストデータマイニングのための統合環境(TETDM)の試作と公開
砂山 渡, 高間 康史, 西原 陽子, 徳永 秀和, 串間 宗夫, 松下 光範, D.Bollegala, 阿部 秀尚, 梶並 知記
第7回情報編纂研究会資料   7-12   2011年12月
講師動画と板書画像を含むモバイル学習用コンテンツ様式の検討
市村 哲, 中村 亮太, 梶並 知記
グループウェアとネットワークサービスワークショップ2011   41-46   2011年11月
TETDMを利用したシンプルキーワードマップの構築
梶並 知記
マイニングツールの統合と活用&情報編纂研究会   37-41   2011年10月
TETDM統合環境とツールの開発
砂山 渡, 高間 康史, 西原 陽子, 徳永 秀和, 串間 宗夫, 松下 光範, D. Bollegala, 阿部 秀尚, 梶並 知記
マイニングツールの統合と活用&情報編纂研究会   23-28   2011年10月
プログラムコーディング過程を記録した動画教材の作成作業を支援するインタフェース
梶並 知記, 安田 光, 井上 亮文, 市村 哲
マルチメディア・分散・協調とモバイルシンポジウム (DICOMO2011)   1035-1042   2011年7月
2D対戦型格闘ゲームプレイヤーの思考の可視化に向けて
梶並 知記
第12回AI若手の集い (MYCOM2011)      2011年5月
対戦型アクションゲームを対象にしたプレイスキル向上と継承法確立に向けて
梶並 知記
第37回ファジィワークショップ講演論文集   123-126   2011年3月
関連バランス制御機能を組み込んだキーワードマップによる意思決定方略に応じたデータ分析の支援
梶並 知記, 槇原 崇, 小笠原 敏之, 高間 康史
第25回ファジィシステムシンポジウム (FSS2009)   G-R08    2009年7月   [査読有り]
キーワードマップ上での陰関連性に気づかせる手法の検討
梶並 知記, 高間 康史
第10回AI若手の集い (MYCOM2009)   5-8   2009年6月
梶並 知記
知能と情報 : 日本知能情報ファジィ学会誌 : journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics   20(6)    2008年12月
キーワードマップ上での「気づき」支援手法の検討
梶並 知記, 高間 康史
第31回ファジィワークショップ講演論文集   31-32   2008年8月
意思決定方略を考慮した多角的な視点を提供するキーワードマップ
梶並 知記, 小笠原 敏之, 高間 康史
第12回Webインテリジェンスとインタラクション研究会   19-24   2008年7月
Blogにおけるオンラインニュース伝播の可視化手法の提案
松村 明朗, 梶並 知記, 高間 康史
第7回Webインテリジェンスとインタラクション研究会   101-102   2006年11月
重要度に応じた注目キーワードのキーワードマップ上での配置パターンに関する考察
梶並 知記, 松村 明朗, 高間 康史
第21回ファジィシステムシンポジウム (FSS2005)   97-100   2005年9月

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
インタラクティブな情報分析インタフェースを用いたゲームプレイヤーの思考の可視化
中山隼雄科学技術文化財団: 助成研究A
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 梶並知記
人間の意思決定を支援する, 情報可視化技術を用いた対話的なインタフェース
文部科学省: 科学研究費補助金 特別研究員奨励費
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 梶並知記