Shiga Naomi

J-GLOBAL         Last updated: Sep 28, 2018 at 18:09
 
Avatar
Name
Shiga Naomi
Affiliation
Tohoku University

Published Papers

 
Kurosawa H, Utsunomiya H, Shiga N, Takahashi A, Ihara M, Ishibashi M, Nishimoto M, Watanabe Z, Abe H, Kumagai J, Terada Y, Igarashi H, Takahashi T, Fukui A, Suganuma R, Tachibana M, Yaegashi N
Human reproduction (Oxford, England)   31(10) 2321-2330   Oct 2016   [Refereed]
Naomi Shiga, Masahito Tachibana and Nobuo Yaegashi.
Journal of Mammalian Ova Research   33(2) 89-99   2016   [Refereed]
Takano T, Niikura H, Ito K, Nagase S, Utsunomiya H, Otsuki T, Toyoshima M, Tokunaga H, Kaiho-Sakuma M, Shiga N, Nagai T, Tanaka S, Otsuki A, Kurosawa H, Shigeta S, Tsuji K, Yamaguchi T, Yaegashi N
International journal of clinical oncology   19(5) 897-905   Oct 2014   [Refereed]
志賀 尚美, 岡本 聡, 海法 道子, 宇都宮 裕貴, 永瀬 智, 高野 忠夫, 新倉 仁, 伊藤 潔, 八重樫 伸生
日本臨床細胞学会雑誌   53(1) 7-12   Jan 2014
目的:子宮癌肉腫の診断と治療における術前内膜細胞診の意義を検討した。方法:当院で過去11年間に子宮悪性腫瘍を疑われ精査した症例で子宮癌肉腫と最終診断された31例の術前内膜細胞診、内膜組織診と最終診断を検討した。また同じ条件下で内膜細胞診にて癌肉腫を推定した13例の最終診断を検討した。成績:最終診断と一致したのは内膜細胞診で10例、内膜組織診で14例であった。しかし、癌肉腫もしくは癌腫と診断した症例は内膜細胞診で27例、内膜組織診で26例、内膜細胞診と内膜組織診どちらか一方では30例であった...
志賀 尚美, 宇都宮 裕貴, 石橋 ますみ, 黒澤 大樹, 西本 光男, 渡邊 善, 豊島 将文, 鍋島 寛志, 渡辺 正, 八重樫 伸生
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   29(1) 168-172   Nov 2013
36歳女性(未経妊)。原発性不妊症、子宮筋腫、両側卵巣チョコレート嚢腫の精査加療中に両側卵巣腫瘍の増大が認められた。超音波およびMRI所見では両側約5cmの卵巣チョコレート嚢腫と多発する子宮筋腫を認めるも悪性所見はなく、両側卵巣腫瘍の増大傾向と原発性不妊症の原因の可能性を考慮し、腹腔鏡下手術が施行、だが卵巣腫瘍は周囲の内膜症性との癒着が強固なため両側卵巣嚢腫核出術と癒着剥離術を施行して、患者は術後4日目に退院となった。しかし退院後、左鼠径部に疼痛を伴う腫瘤が出現し、これが徐々に増大したため...

Misc

 
【ここが知りたい 産婦人科周術期管理】 女性医学領域 腟欠損症
志賀 尚美, 立花 眞仁, 八重樫 伸生
産科と婦人科   84(2) 203-208   Feb 2017
腟欠損症は思春期以降に、希望に応じて非観血的もしくは手術療法による造腟術が行われる。適切な腟所見を保つために、周術期管理に加えて、後療法としてプロテーゼによる自己管理やパートナーとの性交渉が重要である。周術期管理は手術術式によって異なるが、新生腟の感染予防と狭窄予防の管理につきる。後療法は患者の努力と忍耐が要求されるため、患者が手術目的を十分に理解し手術を希望しているか、高いコンプライアンスを維持できるか、医療者が術前に見定める必要がある。(著者抄録)
新規チップ型受精卵呼吸測定装置を用いた受精卵の客観的評価法の検討
志賀 尚美, 宇都宮 裕貴, 黒澤 大樹, 菅沼 亮太, 福井 淳史, 高橋 俊文, 阿部 宏之, 寺田 幸弘, 八重樫 伸生
産婦人科の実際   64(9) 1213-1217   Sep 2015
腸管切除を行わなかった大腸狭窄を伴う子宮内膜症・子宮筋腫の腹腔鏡下手術症例
渡辺 正, 湊 敬廣, 宇賀神 智久, 石橋 ますみ, 黒澤 大樹, 志賀 尚美, 渡邉 善, 豊島 将文, 宇都宮 裕貴, 高木 承
日本エンドメトリオーシス学会会誌   35 192-196   Jul 2014
初診時45歳女。以前より子宮筋腫を指摘されていたが、筋腫の増大を認めた。子宮前壁に7cmの漿膜下筋腫を認め、右卵巣は3cmに腫大しており、チョコレート嚢胞と考えられた。所見ではダグラス窩に有痛性の硬い腫瘤を触知し、子宮の可動性は不良、腸管子宮内膜症の存在も疑った。大腸内視鏡では大腸粘膜面は正常であったが、伸展不良な部位を認めた。注腸造影所見では、S状結腸下部からRa領域に約3cmの狭少化、外圧排を認めた。Gn-RH agonist療法後、原則として腸管切除を行わずに子宮摘出術を行う方針とし...
宇都宮 裕貴, 志賀 尚美, 八重樫 伸生
臨床婦人科産科   68(6) 552-556   Jun 2014
EP合剤の最大のメリットは黄体ホルモン剤の服用忘れや服用時期間違いの防止である.さまざまなLEP製剤や経口避妊薬が発売され,中用量〜高用量製剤の使用頻度は減少傾向にある.近年推奨されている低用量ホルモン補充療法と中用量〜高用量EP合剤(経皮も含め)の役割分担を再検討すべきである.(著者抄録)
研修コーナー 子宮体癌、子宮体部肉腫の新しい取扱い規約 改訂のポイント
志賀 尚美, Nagase Satoru, Yaegashi Nobuo
日本産科婦人科学会雑誌   65(11) N-275   Nov 2013
【ホルモン依存性悪性腫瘍-特徴と対処を考える-】 子宮体がん 子宮体がんと性ステロイド合成阻害剤
宇都宮 裕貴, 伊藤 潔, 志賀 尚美, 辻 圭太, 西本 光男, 八重樫 伸生
産婦人科の実際   62(9) 1201-1206   Sep 2013
再発を繰り返し対応に苦慮し続けた難治性子宮内膜症の1例 10年の臨床経過について
渡辺 正, 渡邉 善, 田村 充利, 田邉 康次郎, 渡邉 孝紀, 長沼 廣, 土信田 雅一, 戸屋 真由美, 京野 廣一, 志賀 尚美, 黒澤 大樹, 石橋 ますみ, 宇都宮 裕貴, 新倉 仁, 村上 節
日本エンドメトリオーシス学会会誌   34 132-136   Jul 2013
21歳8ヵ月に急性腹症で初診し、腹腔鏡下右卵巣腫瘍核出術を行った。直腸と子宮後面が一塊となりダグラス窩は閉塞し、癒着は内膜症性と考えられた。21歳9ヵ月に月経時下血が出現し、大腸内視鏡で出血を伴う隆起性病変を認め、直腸子宮内膜症の診断で酢酸リュープロレリンを開始した。23歳0ヵ月に腫瘍増大で大腸内腔の狭窄を認め、直腸低位前方切除術を行った。その後子宮頸管後唇と右卵巣に液体貯留を認め、血液と考えてプランルカストを開始し、子宮頸管の液体貯留は消失した。24歳1ヵ月に急性腹症で緊急入院し、右卵巣...
性器奇形の手術 先天性腟欠損症(MRKH症候群)に対する、造腟術の検討と、新しい造腟術(Vecchietti法)の導入に関して
鍋島 寛志, 佐藤 多代, 志賀 尚美, 西本 光男, 豊島 将文, 齋藤 純香, 宇都宮 裕貴, 菅原 準一, 八重樫 伸生
産婦人科手術   (23) 33-41   Jun 2012
【子宮疾患・子宮内膜症の臨床 基礎・臨床研究のアップデート】 腫瘍性疾患 体部腫瘍 子宮体癌
高橋 尚美, 宇都宮 裕貴, 八重樫 伸生
日本臨床   67(増刊5 子宮疾患・子宮内膜症の臨床) 223-228   Aug 2009
【子宮がんの治療指針】 術後進行期分類と予後因子に基づく子宮体がんの治療
高橋 尚美, 伊藤 潔, 八重樫 伸生
臨床腫瘍プラクティス   4(4) 340-345   Nov 2008
<View Points>子宮体がんの初回治療は基本的に手術療法である。手術後の病理所見によって手術進行期が決定され、それに予後因子を考慮し、術後の治療方針が決定する。現時点では2006年に策定された子宮体癌治療ガイドラインに沿って治療方針を決定していくが、エビデンスが十分でなく治療方針が治療者に委ねられる部分もあり、個々の症例に応じた治療計画の立案が求められる。(著者抄録)
当科における付属器膿瘍18症例の臨床的検討
朝野 晃, 高橋 尚美, 石垣 展子, 明城 光三, 和田 裕一
産科と婦人科   74(2) 231-234   Feb 2007
1994年1月〜2005年10月に開腹手術を要した付属器膿瘍の18例(年齢32〜64歳)について検討した。骨盤腹膜炎が進行した付属器膿瘍は卵管卵巣嚢腫8例(44.7±4.2歳)、卵管膿瘍7例(45.2±9.4歳)、卵巣膿瘍3例(44.0±10.1歳)で年齢に有意差はなく、付属器膿瘍の発生側に左右差はなかった。18例中3例は抗菌薬を投与せず手術を施行し、抗菌薬投与を行った15例中12例は単剤でセフェム系投与が多く、2例は2剤投与、1例は3剤投与であり、感染菌種はE.coliが最も多かった。感...
Alpha-fetoprotein産生Sertoli-Leydig cell tumorの1症例
高橋 尚美, 朝野 晃, 早坂 篤, 和田 裕一, 鈴木 博義
産科と婦人科   74(1) 108-112   Jan 2007
13歳女。11歳の初経より1年4ヵ月間、規則的に月経はあったがその後不順となり、2004年2月を最後に無月経となり、卵巣腫瘍を指摘され手術療法目的で10月に入院した。T2強調画像で境界明瞭な低信号被膜様構造を有し嚢胞性部分と不均一な中等度信号を示す充実性部分を認め、腫瘍以外に異常所見は認めなかった。右卵巣腫瘍摘出術を施行し左卵巣、子宮は正常であり外陰部にclitomegalyを認めた。平滑な被膜をもつ8×4×3cmの充実性腫瘤で組織学的にはSertoli cellへ分化を示す細胞、leyd...
朝野 晃, 高橋 尚美, 鈴木 博義, 斎藤 俊博, 岩本 一亜, 湯目 玄, 和田 裕一
臨床婦人科産科   60(9) 1237-1240   Sep 2006
55歳女。1985年2月に左付属器切除を施行し、左卵巣顆粒膜細胞腫であった。1997年1月に子宮の右側に8cm大の腫瘤を認め、右膀胱前の腹膜下の腫瘤を摘出し、右付属器切除、子宮全摘術を追加した。病理組織診断は顆粒膜細胞腫で、再発と考えた。定期的に外来通院をしていたが、2004年5月頃より軽度の腹痛を訴えたが,異常は認めなかった。その後も下腹部痛が継続した。2005年3月にMRIを施行し、嚢胞性腫瘤を認め再発を疑った。手術を施行した。術後の化学療法は行わず、術後11ヵ月を経過するが現在再発を...
高橋 尚美, 八重樫 伸生, 和田 裕一
臨床婦人科産科   60(4) 426-429   Apr 2006
朝野 晃, 高橋 尚美, 早坂 篤, 藤田 信弘, 和田 裕一
臨床婦人科産科   60(1) 101-105   Jan 2006
子宮体癌313例を対象に,診療録の記載から重複癌種,組織型,発生間隔,予後などについて検討した.重複癌の定義は,Warren & Gatesの定義に従った.重複癌症例は同時性癌が7例,異時性癌が23例の計30例で,子宮体癌症例全体の9.6%であった.同時性癌7例のうち1例は子宮頸部腺癌で,6例は卵巣癌との重複癌であった.予後は良好で,7例中5例が生存している.子宮体癌以前に他臓器癌を発生していた異時性重複癌は14例で,乳癌が8例と最も多く,次いで胃癌3例が続いた.他臓器癌との発生間隔は1年...
朝野 晃, 鈴木 博義, 高橋 尚美, 早坂 篤, 藤田 信弘, 手塚 文明, 和田 裕一
医療   59(10) 565-568   Oct 2005
71歳女.患者は腹部に腫瘤を感じ,CTおよびMRIの結果から卵巣腫瘍を疑った.MRIでは骨盤腔を占拠する均一な充実性の腫瘍を認め,超音波検査では下腹部に小児頭大の均一な充実性の腫瘍を認めた.また,腫瘍は可動性不良であり,卵巣腫瘍または後腹膜腫瘍の疑いで手術が施行された.その結果,腫瘍は弾性軟で表面は平滑で,割面は結節を認め,平滑筋腫様であった.以上より,Smooth muscle tumors of uncertain malignant potential(STUMP)と診断され,エスト...
朝野 晃, 高橋 尚美, 早坂 篤, 明城 光三, 和田 裕一
臨床婦人科産科   59(7) 1050-1053   Jul 2005
子宮筋腫の診断で子宮全摘・筋腫核出術を行った1480例中,55歳以上の45例を検討の対象とし,臨床的に検討した.55〜59歳1.89%,60〜69歳0.68%,70歳以上0.47%と閉経期以後に頻度が著しく減少した.閉経の確認ができたのは36例で,7例は55歳でも月経を認めた.36例の閉経の平均年齢は51.6±3.1歳であった.経妊回数は0から6回,経産回数は0から6回であった.乳癌の既往を45例中5例に認め,いずれも閉経後の乳癌であった.筋腫の摘出年齢は56〜71歳(63.0±6.4歳)...
【周産期ケア エビデンスを求めて】 産科編 妊娠・診察-妊娠後半期 B型肝炎陽性妊婦の胎児・新生児管理はどうするか?
高橋 尚美, 明城 光三, 和田 裕一
周産期医学   34(増刊) 254-255   Nov 2004
【周産期ケア エビデンスを求めて】 産科編 妊娠・診察-妊娠後半期 C型肝炎陽性妊婦の胎児・新生児管理はどうするか?
高橋 尚美, 明城 光三, 和田 裕一
周産期医学   34(増刊) 256-257   Nov 2004
【周産期ケア エビデンスを求めて】 産科編 妊娠・診察-妊娠後半期 HIVの胎児への感染予防はどうするか?
和田 裕一, 明城 光三, 高橋 尚美
周産期医学   34(増刊) 258-260   Nov 2004
【周産期の検体検査とその意味】 血清検査 HTLV-1抗体,HIV抗体
和田 裕一, 高橋 尚美
周産期医学   34(5) 593-596   May 2004
病理学レポート 稀な小児期腫瘍の2例の病理組織学的検討 Papillary meningioma with rhabdoid featuresとinsulinoma
許斐 恒彦, 高橋 尚美, 湖水 俊枝, 水野 ひとみ
福島医学雑誌   51(3) 199-208   Sep 2001
小児期に発生する稀な2腫瘍について病理組織学的に検討した.症例1は15歳男児の左後頭蓋窩硬膜に発生し頭蓋外に進展したpapillary meningiomaで,組織学的に特異なrhabdoid featuresを認めた.症例2は13歳男児で,男児の膵尾部に発生したインスリノーマで異常行動,意識消失発作,痙攣などの精神神経症状が初発症状となりてんかんとして治療された.2つの腫瘍の鑑別診断,悪性度判定と症例2の産生ホルモンの同定には免疫組織学的,電顕的検索が有用であった.両症例とも腫瘍摘出術を...

Conference Activities & Talks

 
当院における子宮鏡下子宮中隔切除術の有効性の検討
志賀 尚美, 立花 眞仁, 井ヶ田 小緒里, 田中 恵子, 藤峯 絢子, 久野 貴司, 横山 絵美, 石橋 ますみ, 渡邉 善, 菅原 準一, 八重樫 伸生
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   Aug 2018   
宮城県のがん生殖医療の現状
田中 恵子, 立花 眞仁, 志賀 尚美, 渡邉 善, 吉田 仁秋, 山田 秀和, 星 和彦, 八重樫 伸生
東北連合産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   Jun 2018   
当院における子宮体癌/子宮内膜異型増殖症に対するMPA療法の臨床的検討
横山 絵美, 志賀 尚美, 渡邉 善, 徳永 英樹, 立花 眞仁, 新倉 仁, 伊藤 潔, 八重樫 伸生
東北連合産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   Jun 2018   
Bnc1は14-3-3σと結合する
井原 基公, 久野 貴司, 藤峯 絢子, 田中 恵子, 井ヶ田 小織里, 横山 絵美, 石橋 ますみ, 渡邉 善, 志賀 尚美, 立花 眞仁, 八重樫 伸生
日本生殖医学会雑誌   Apr 2018   
Bnc1はGV期卵母細胞におけるRNAプロセッシング制御に関与する
井原 基公, 久野 貴司, 藤峯 絢子, 田中 恵子, 井ヶ田 小緒里, 横山 絵美, 石橋 ますみ, 渡邉 善, 志賀 尚美, 立花 眞仁, 八重樫 伸生
日本卵子学会誌   Apr 2018   
摘出停留精巣に同一の精細管内悪性胚細胞腫瘍を合併した完全型アンドロゲン不応症の姉妹例
立花 眞仁, 志賀 尚美, 田中 恵子, 井ヶ田 小緒里, 藤峯 絢子, 久野 貴司, 横山 絵美, 石橋 ますみ, 渡邉 善, 井原 基公, 八重樫 伸生
日本生殖医学会雑誌   Apr 2018   
当院における多嚢胞性卵巣症候群に対する腹腔鏡下卵巣多孔術の後方視的検討
藤峯 絢子, 志賀 尚美, 田中 恵子, 井ヶ田 小緒里, 久野 貴司, 横山 絵美, 渡邉 善, 井原 基公, 立花 眞仁, 八重樫 伸生
日本生殖医学会雑誌   Apr 2018   
性分化疾患(disorders of sex development:DSD)
志賀 尚美
日本産科婦人科学会雑誌   Feb 2018   
当院女性健康外来から見える女性ホルモン補充療法(HRT)効果不十分例と個別因子との関連について
大澤 稔, 豊島 将文, 志賀 尚美, 渡邊 善, 久野 貴司, 八重樫 伸生
日本女性医学学会雑誌   Oct 2017   
分娩後再開した月経周期における月経前症候群、月経前気分不快障害 エコチル調査宮城ユニットセンター対象者コホートより
渡邉 善, 武田 卓, 久野 貴司, 志賀 尚美, 大澤 稔, 目時 弘仁, 八重樫 伸生
日本女性医学学会雑誌   Oct 2017   
A case of MRKH underwent the modified Davydov procedure for extending of a neovagina created by the preceding Vechietti procedure.
Shiga Naomi
The 18th APAGE Annual meeting   7 Sep 2017   
摘出した停留精巣において、同一の精細管内悪性胚細胞腫瘍を合併した完全型アンドロゲン不応症の姉妹例
井ヶ田 小緒里, 志賀 尚美, 田中 恵子, 藤峯 絢子, 久野 貴司, 石橋 ますみ, 井原 基公, 渡邉 善, 立花 眞仁, 八重樫 伸生
北日本産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   Sep 2017   
子宮頸部筋層を穿通して腟円蓋から発生する再発性子宮内膜ポリープの一例
藤峯 絢子, 立花 眞仁, 田中 恵子, 井ヶ田 小緒里, 久野 貴司, 井原 基正, 渡邉 善, 志賀 尚美, 新倉 仁, 八重樫 伸生
北日本産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   Sep 2017   
卵管内にアクネ菌の存在を証明した卵管サルコイドーシスの1例
久野 貴司, 立花 眞仁, 井ヶ田 小緒里, 田中 恵子, 藤峯 絢子, 石橋 ますみ, 志賀 尚美, 渡邉 善, 井原 基公, 菅原 準一, 八重樫 伸生
北日本産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   Sep 2017   
宮城県がん生殖医療ネットワークの構築
石橋 ますみ, 立花 眞仁, 久野 貴司, 藤峯 絢子, 志賀 尚美, 渡邉 善, 井原 基公, 高橋 藍子, 八重樫 伸生, 黒澤 大樹, 山田 秀和, 吉田 仁秋, 星 和彦
日本生殖医学会雑誌   Jul 2017   
プリックテストにて診断し得たアレルギー性精液症候群の1例
田中 恵子, 立花 眞仁, 久野 貴司, 藤峯 絢子, 石橋 ますみ, 黒澤 大樹, 志賀 尚美, 渡辺 善, 井原 基公, 八重樫 伸生
日本生殖医学会雑誌   Jul 2017   
当院におけるロキタンスキー症候群に対する低侵襲造腟術(Vecchietti法)の導入
田中 恵子, 立花 眞仁, 久野 貴司, 石橋 ますみ, 志賀 尚美, 渡辺 善, 新倉 仁, 八重樫 伸生
東北連合産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   Jun 2017   
性器結核による重度の骨盤内、及び子宮腔内癒着を呈した一例
久野 貴司, 立花 眞仁, 田中 恵子, 石橋 ますみ, 志賀 尚美, 渡邉 善, 井原 基公, 八重樫 伸生
東北連合産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   Jun 2017   
術後短期間で再閉塞と骨盤内子宮内膜症の再発を来した10歳の子宮頸部閉鎖の1例
石橋 ますみ, 立花 眞仁, 久野 貴司, 藤峯 絢子, 黒澤 大樹, 志賀 尚美, 渡邉 善, 井原 基公, 徳永 英樹, 菅原 準一, 新倉 仁, 八重樫 伸生
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   Aug 2016   
真性子宮憩室に対して腹腔鏡下憩室切除術を施行した1例
久野 貴司, 渡邉 善, 藤峯 絢子, 石橋 ますみ, 黒澤 大樹, 志賀 尚美, 井原 基公, 菅原 準一, 新倉 仁, 立花 眞仁, 八重樫 伸生
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   Aug 2016   
帝王切開創に広範な裂創を生じたOHVIRA症候群治療後妊娠の1例
久野 貴司, 立花 眞仁, 岩間 憲之, 志賀 尚美, 渡邉 善, 徳永 英樹, 西郡 秀和, 八重樫 伸生
東北連合産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   Jun 2016   
子宮頸部腺癌腹水細胞診の臨床的意義についての検討
橋本 千明, 佐藤 いずみ, 志賀 尚美, 海法 道子, 徳永 英樹, 岡本 聡, 高野 忠夫, 新倉 仁, 伊藤 潔, 八重樫 伸生
日本臨床細胞学会雑誌   Apr 2016   
両肺動脈血栓を呈した重症OHSS症例に対し、PCPSと血栓吸引療法にて救命し得た1例
志賀 尚美, 宇都宮 裕貴, 石橋 ますみ, 黒澤 大樹, 西本 光男, 渡邉 善, 井原 基公, 立花 眞仁, 八重樫 伸生
日本生殖医学会雑誌   Apr 2016   
チップ型受精卵呼吸測定装置による受精後2日目凍結ヒト余剰胚の呼吸量値と胚盤胞到達率の検討
黒澤 大樹, 宇都宮 裕貴, 志賀 尚美, 渡邉 善, 井原 基公, 石橋 ますみ, 高橋 藍子, 阿部 宏之, 寺田 幸弘, 熊谷 仁, 高橋 俊文, 五十嵐 秀樹, 福井 淳史, 菅沼 亮太, 八重樫 伸生
日本生殖医学会雑誌   Apr 2016   
卵巣チョコレート嚢胞保存手術後の再発に関するリスク因子の検討
高橋 俊文, 寺田 幸弘, 五十嵐 秀樹, 永瀬 智, 福井 淳史, 水沼 英樹, 熊谷 仁, 本田 達也, 杉山 徹, 渡邉 善, 志賀 尚美, 八重樫 伸生, 鈴木 聡, 藤森 敬也
日本産科婦人科学会雑誌   Feb 2016   
腹水中に腫瘍細胞が出現した腟原発悪性黒色腫の一例
重田 昌吾, 城 伶史, 湊 純子, 橋本 千明, 佐藤 いずみ, 辻 圭太, 田中 創太, 志賀 尚美, 海法 道子, 徳永 英樹, 岡本 聡, 新倉 仁, 伊藤 潔, 渡部 洋, 八重樫 伸生
日本臨床細胞学会雑誌   Oct 2015   
子宮頸部原発骨肉腫の1例
辻 圭太, 徳永 英樹, 湊 純子, 重田 昌吾, 佐藤 いずみ, 橋本 千明, 田中 創太, 志賀 尚美, 海法 道子, 岡本 聡, 高野 忠夫, 新倉 仁, 伊藤 潔, 渡部 洋, 八重樫 伸生
日本臨床細胞学会雑誌   Oct 2015   
卵巣ブレンナー腫瘍の悪性度による細胞学的検討
湊 純子, 徳永 英樹, 岡本 聡, 城 伶史, 佐藤 いずみ, 橋本 千明, 重田 昌吾, 辻 圭太, 田中 創太, 志賀 尚美, 海法 道子, 伊藤 潔, 渡部 洋, 新倉 仁, 八重樫 伸生
日本臨床細胞学会雑誌   Oct 2015   
子宮腟部細胞診ASC-Hの検討
城 伶史, 徳永 英樹, 岡本 聡, 湊 純子, 佐藤 いずみ, 重田 昌吾, 辻 圭太, 橋本 千明, 田中 創太, 志賀 尚美, 海法 道子, 伊藤 潔, 渡部 洋, 新倉 仁, 八重樫 伸生
日本臨床細胞学会雑誌   Oct 2015   
当院における完全型アンドロゲン不応症症例の骨健康管理の現状
志賀 尚美, 渡邉 善, 宇都宮 裕貴, 八重樫 伸生
日本女性医学学会雑誌   Oct 2015   
チップ型受精卵呼吸測定装置によるヒト余剰卵の呼吸活性の検討
黒澤 大樹, 宇都宮 裕貴, 高橋 藍子, 渡邉 善, 志賀 尚美, 熊谷 仁, 寺田 幸弘, 五十嵐 秀樹, 高橋 俊文, 阿部 宏之, 福井 淳史, 菅沼 亮太, 八重樫 伸生
日本生殖医学会雑誌   Jul 2015   
直腸子宮内膜症によるサブイレウスに対して術前GnRHa投与を行った1例
黒澤 大樹, 氷室 裕美, 渋谷 祐介, 田中 創太, 志賀 尚美, 渡邉 善, 井原 基公, 宇都宮 裕貴, 新倉 仁, 八重樫 伸生
東北連合産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   Jun 2015   
Endometrial intraepithelial carcinomaの一例
徳永 英樹, 新倉 仁, 岡本 聡, 田中 創太, 志賀 尚美, 海法 道子, 宇都宮 裕貴, 伊藤 潔, 渡部 洋, 八重樫 伸生
日本臨床細胞学会雑誌   Apr 2015   
チップ型電極および走査型電子化学顕微鏡を用いて測定したウシ胚の酸素消費量値の比較
黒澤 大樹, 宇都宮 裕貴, 高橋 藍子, 石橋 ますみ, 西本 光男, 志賀 尚美, 渡邉 善, 阿部 宏之, 寺田 幸弘, 熊谷 仁, 五十嵐 秀樹, 高橋 俊文, 福井 淳史, 菅沼 亮太, 八重樫 伸生
Journal of Mammalian Ova Research   Apr 2015   
新規チップ型受精卵呼吸測定装置によるヒト受精卵の酸素消費量計測から受精卵の胚盤胞到達を予想できるか?
志賀 尚美, 宇都宮 裕貴, 高橋 藍子, 石橋 ますみ, 黒澤 大樹, 渡邉 善, 菅沼 亮太, 福井 淳史, 高橋 俊文, 阿部 宏之, 寺田 幸弘, 八重樫 伸生
Journal of Mammalian Ova Research   Apr 2015   
子宮内膜癌におけるSteroid Sulfatase阻害剤の有用性に関する検討
西本 光男, 宇都宮 裕貴, 志賀 尚美, 海法 道子, 鈴木 史彦, 徳永 英樹, 伊藤 潔, 八重樫 伸生
北海道産科婦人科学会会誌   Mar 2015   
チップ型受精卵呼吸測定装置を用いた受精卵発生能の新たな評価法 受精卵呼吸量測定による発生能定量化を目指して
黒澤 大樹, 宇都宮 裕貴, 渡邉 善, 志賀 尚美, 石橋 ますみ, 熊谷 仁, 寺田 幸弘, 五十嵐 秀樹, 高橋 俊文, 福井 淳史, 菅沼 亮太, 八重樫 伸生
日本産科婦人科学会雑誌   Feb 2015   
新規チップ型受精卵呼吸測定装置を用いた受精卵の客観的評価法の検討
志賀 尚美, 宇都宮 裕貴, 石橋 ますみ, 黒澤 大樹, 渡邉 善, 菅沼 亮太, 福原 理恵, 福井 淳史, 五十嵐 秀樹, 高橋 俊文, 阿部 宏之, 熊谷 仁, 寺田 幸弘, 八重樫 伸生
日本生殖医学会雑誌   Oct 2014   
測定の自動化を可能としたチップ型受精卵呼吸測定装置の有用性について
黒澤 大樹, 宇都宮 裕貴, 志賀 尚美, 寺田 幸弘, 高橋 俊文, 福井 淳史, 菅沼 亮太, 八重樫 伸生
北日本産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   Sep 2014   
当院「内分泌外来」におけるターナー女性(TS女性)の管理に関する検討
志賀 尚美, 石橋 ますみ, 黒澤 大樹, 渡邉 善, 宇都宮 裕貴, 西郡 秀和, 八重樫 伸生
北日本産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   Sep 2014   
小児期に診断された後治療を自己中断し、成人期に治療を再開した21-水酸化酵素欠損症の2症例
氷室 裕美, 志賀 尚美, 石橋 ますみ, 黒澤 大樹, 渡邉 善, 宇都宮 裕貴, 八重樫 伸生
北日本産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   Sep 2014   
当院における広汎子宮頸部摘出術と妊娠成績の検討
石橋 ますみ, 黒澤 大樹, 片桐 未希子, 近藤 亜希子, 志賀 尚美, 渡邉 善, 宇都宮 裕貴, 野田 隆弘, 八重樫 伸生
日本生殖医学会雑誌   Apr 2014   
再発を繰り返し対応に苦慮し続けた難治性子宮内膜症の1例
渡辺 正, 宇賀神 智久, 渋谷 祐介, 志賀 尚美, 渡邉 善, 石橋 ますみ, 黒澤 大樹, 宇都宮 裕貴, 渡辺 孝紀
日本産科婦人科学会雑誌   Feb 2014   
子宮内膜癌におけるSteroid Sulfatase阻害剤の有用性に関する検討
西本 光男, 宇都宮 裕貴, 志賀 尚美, 海法 道子, 鈴木 史彦, 徳永 英樹, 伊藤 潔, 八重樫 伸生
北日本産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集   Sep 2013   
卵管膨大部妊娠に対する腹腔鏡下卵管切開術の術後成績
渡邉 善, 渡辺 正, 渋谷 祐介, 石橋 ますみ, 宇賀神 智久, 志賀 尚美, 宇都宮 裕貴, 八重樫 伸生, 渡邉 孝紀
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   Aug 2013   
当院で経験した外陰部類上皮肉腫の2症例についての検討
田中 創太, 佐藤 いずみ, 重田 昌吾, 辻 圭太, 永井 智之, 志賀 尚美, 海法 道子, 豊島 将文, 永瀬 智, 高野 忠夫, 新倉 仁, 伊藤 潔, 八重樫 伸生
日本婦人科腫瘍学会雑誌   Jun 2013   
当院における婦人科悪性腫瘍脳転移症例の検討
辻 圭太, 重田 昌吾, 佐藤 いずみ, 永井 智之, 田中 創太, 志賀 尚美, 海法 道子, 豊島 将文, 宇都宮 裕貴, 永瀬 智, 高野 忠夫, 新倉 仁, 伊藤 潔, 八重樫 伸生
日本婦人科腫瘍学会雑誌   Jun 2013   
当院における多嚢胞性卵巣症候群に対する腹腔鏡下卵巣多孔術の後方視的検討
志賀 尚美, 宇都宮 裕貴, 高橋 藍子, 高橋 恵美子, 黒澤 大樹, 西本 光男, 目時 弘仁, 豊島 将文, 鈴木 吉也, 菅原 準一, 八重樫 伸生
日本生殖医学会雑誌   Apr 2013   
腹腔鏡下卵管切開術の適応は卵管膨大部妊娠と卵管峡部妊娠とで異なるか?
渡辺 正, 渡邉 善, 石橋 ますみ, 黒澤 大樹, 志賀 尚美, 豊島 将文, 宇都宮 裕貴, 渡邉 孝紀
日本産科婦人科学会雑誌   Feb 2013   
直腸狭窄を伴う子宮内膜症に対する腹腔鏡下腟式子宮全摘術
渡辺 正, 渡邉 善, 豊島 将文, 志賀 尚美, 黒澤 大樹, 宇都宮 裕貴
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   Aug 2012   
腹腔鏡下ストラスマン手術と腟中隔切除術の別の術式を選択した閉塞性子宮奇形の2症例
鍋島 寛志, 佐藤 多代, 志賀 尚美, 西本 光男, 宇都宮 裕貴, 菅原 準一, 八重樫 伸生
産婦人科手術   Jun 2012   
ナビゲーションシステムと神経束のテーピングによる神経温存率向上の検討
永井 智之, 新倉 仁, 黒澤 大樹, 田中 創太, 志賀 尚美, 大槻 健郎, 吉永 浩介, 高野 忠夫, 伊藤 潔, 八重樫 伸生
産婦人科手術   Jun 2012   
アンドロゲン不応症姉妹例への遺伝カウンセリングの検討
志賀 尚美, 佐藤 多代, 西郡 秀和, 八重樫 伸生
日本遺伝カウンセリング学会誌   May 2012   
当科における子宮腺筋症核出術について
西本 光男, 志賀 尚美, 豊島 将文, 鍋島 寛志, 宇都宮 裕貴, 菅原 準一, 八重樫 伸生
日本生殖医学会雑誌   Apr 2012   
閉塞性病変を伴うミュラー管発生異常症例に関する後方視的検討
志賀 尚美, 鍋島 寛志, 西本 光男, 佐藤 多代, 宇都宮 裕貴, 西郡 秀和, 鈴木 吉也, 菅原 準一, 八重樫 伸生
日本産科婦人科学会雑誌   Feb 2012   
凍結融解胚移植後ホルモン補充療法が不十分であったにも関わらず妊娠継続し得た1例
西本 光男, 志賀 尚美, 鍋島 寛志, 宇都宮 裕貴, 菅原 準一, 八重樫 伸生
日本生殖医学会雑誌   Oct 2011   
子宮頸部腺癌とその前駆病変の形態的スペクトラム 組織と細胞像 子宮頸部腺癌の細胞像 特殊型腺癌
岡本 聡, 新倉 仁, 宇都宮 裕貴, 大槻 健郎, 高野 忠夫, 吉永 浩介, 永瀬 智, 伊藤 潔, 志賀 尚美, 八重樫 伸生
日本臨床細胞学会雑誌   Sep 2011   
当科における子宮内膜異型増殖症術後の病理学的検討
黒澤 大樹, 田中 創太, 永井 智之, 志賀 尚美, 徳永 英樹, 大槻 健郎, 吉永 浩介, 永瀬 智, 高野 忠夫, 新倉 仁, 山田 秀和, 伊藤 潔, 八重樫 伸生
日本婦人科腫瘍学会雑誌   Jun 2011   
Gemcitabine投与により長期間SDが得られている悪性腹膜中皮腫の一例
永井 智之, 永瀬 智, 黒澤 大樹, 田中 創太, 大槻 愛, 志賀 尚美, 海法 道子, 徳永 英樹, 大槻 健郎, 吉永 浩介, 高野 忠夫, 新倉 仁, 山田 秀和, 伊藤 潔, 八重樫 伸生
日本婦人科腫瘍学会雑誌   Jun 2011   
子宮内膜細胞診が診断に役立った癌肉腫の1症例
志賀 尚美, 岡本 聡, 徳永 英樹, 大槻 健郎, 吉永 浩介, 永瀬 智, 新倉 仁, 伊藤 潔, 八重樫 伸生
日本臨床細胞学会雑誌   Mar 2011   
腹水中に出現したセルトリ・ライディック細胞腫の一例
徳永 英樹, 岡本 聡, 志賀 尚美, 大槻 健郎, 吉永 浩介, 永瀬 智, 新倉 仁, 伊藤 潔, 渡辺 みか, 八重樫 伸生
日本臨床細胞学会雑誌   Mar 2011   
子宮癌肉腫、平滑筋肉腫と内膜間質肉腫におけるSteroid and Xenobiotic Receptor(SXR)の発現と臨床病理学的因子との関連についての検討
楽 暁ジ, 赤平 純一, 宇都宮 裕貴, 鈴木 史彦, 志賀 尚美, 伊藤 潔, 笹野 公伸, 八重樫 伸生
日本産科婦人科学会雑誌   Feb 2011   
子宮内膜癌細胞におけるレチノイン酸標的遺伝子の同定
宇都宮 裕貴, 伊藤 潔, 志賀 尚美, 西本 光男, 藤本 久美子, 鍋島 寛志, 鈴木 史彦, 八重樫 伸生
日本産科婦人科学会雑誌   Feb 2011   
子宮内膜癌におけるエストロゲンの合成・代謝の解明と新規内分泌療法の検討
高橋 尚美, 宇都宮 裕貴, 伊藤 潔, 八重樫 伸生
日本内分泌学会雑誌   Apr 2009   
子宮内膜癌細胞株を用いたエストロゲン合成・代謝機構の解明と新規内分泌療法の検討
高橋 尚美, 宇都宮 裕貴, 松本 光代, 伊藤 潔, 八重樫 伸生
日本産科婦人科学会雑誌   Feb 2009   
hCG産生子宮体癌の一例
高橋 尚美, 菅野 成子, 山道 力子, 田中 勝彦, 妹尾 匡人, 田中 幹夫
日本産科婦人科学会東北連合地方部会誌   Jun 2008   
大網から発生したまれなMalignant extrapleural solitary fibrous tumorの1例
高橋 尚美, 松浦 類, 石垣 展子, 太田 聡, 早坂 篤, 藤田 信弘, 千葉 由美子, 朝野 晃, 明城 光三, 和田 裕一, 鈴木 博義
日本産科婦人科学会東北連合地方部会誌   Jun 2008   
腸管内に穿破した成熟奇形腫の1例
早坂 篤, 高橋 尚美, 松浦 類, 石垣 展子, 太田 聡, 藤田 信弘, 朝野 晃, 明城 光三, 和田 裕一
日本産科婦人科学会東北連合地方部会誌   Jun 2008   
腹腔鏡下子宮筋腫核出術後の妊孕性に影響を与える因子の検討
早坂 真一, 村上 節, 高橋 尚美, 立花 眞仁, 宇都宮 裕貴, 結城 広光, 寺田 幸弘, 岡村 州博
日本生殖医学会雑誌   Oct 2007   
ステロイドの微量測定 現状と今後の課題 子宮内膜癌細胞におけるエストロゲン合成・代謝酵素の発現 癌細胞のエストロゲン合成に対する間質細胞の影響
宇都宮 裕貴, 伊藤 潔, 小林 里香, 高橋 尚美, 三木 康宏, 鈴木 貴, 本間 誠次郎, 林 慎一, 笹野 公伸, 八重樫 伸生
日本内分泌学会雑誌   Sep 2007   
閉経後子宮筋腫の臨床的検討
早坂 篤, 朝野 晃, 高橋 尚美, 石垣 展子, 太田 聡, 藤田 信弘, 千葉 由美代, 明城 光三, 和田 裕一
日本産科婦人科学会東北連合地方部会誌   Sep 2006   
低リスク症例での腹腔鏡下手術における予防的抗生剤投与は術前1回法でよいのか
藤田 信弘, 高橋 尚美, 太田 聡, 石垣 展子, 早坂 篤, 朝野 晃, 明城 光三, 和田 裕一
北海道産科婦人科学会会誌   Jun 2006   
低リスク症例での腹腔鏡下手術における予防的抗生剤投与は術前1回法でよいのか
藤田 信弘, 高橋 尚美, 太田 聡, 石垣 展子, 早坂 篤, 朝野 晃, 明城 光三, 和田 裕一
日本産科婦人科学会東北連合地方部会誌   Nov 2005   
子宮体癌との重複癌症例の臨床的検討
朝野 晃, 高橋 尚美, 早坂 篤, 藤田 信弘, 和田 裕一
日本癌治療学会誌   Sep 2005   
帝王切開術後に起きた膀胱子宮ろう
石垣 展子, 高橋 尚美, 角田 雪香, 太田 聡, 藤田 信弘, 朝野 晃, 室月 淳, 明城 光三, 和田 裕一
日本産科婦人科学会東北連合地方部会誌   Mar 2005   
子宮のmyxoid leiomyosarcomaの1例
朝野 晃, 高橋 尚美, 太田 聡, 早坂 篤, 藤田 信弘, 鈴木 博義, 和田 裕一
日本癌治療学会誌   Sep 2004   
超音波画像のフラクタル解析による胎児肺の評価
室月 淳, 高橋 尚美, 太田 聡, 和田 裕一
超音波医学   Apr 2004   
FFTパワー則からみた胎児心拍変動の発達
角田 雪香, 室月 淳, 高橋 尚美, 石垣 展子, 太田 聡, 藤田 信弘, 朝野 晃, 明城 光三, 和田 裕一
日本産科婦人科学会東北連合地方部会誌   Mar 2004   
術前血清CA125値と子宮体癌進行度との関係
太田 聡, 和田 裕一, 明城 光三, 朝野 晃, 室月 淳, 藤田 信弘, 早坂 篤, 石垣 展子, 角田 雪香, 高橋 尚美
日本産科婦人科学会東北連合地方部会誌   Mar 2004