柿坂庸介

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/28 15:30
 
アバター
研究者氏名
柿坂庸介
所属
東北大学病院
部署
てんかん科
職名
講師
学位
医学博士(東北大学)
科研費研究者番号
90400324

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
東北大学病院  てんかん科
 
2012年8月
 - 
2013年3月
みやぎ県南中核病院 小児科
 
2012年4月
 - 
2012年7月
東北大学病院 小児科
 
2010年3月
 - 
2012年3月
クリーブランドクリニック
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2010年3月
東北大学大学院医学系研究科  
 
1994年4月
 - 
2000年3月
福島県立医科大学医学部  
 
1991年4月
 - 
1994年3月
宮城県仙台第一高等学校  
 

受賞

 
2017年4月
東北大学 東北大学医学部 The Best Teacher Award
 
2014年11月
東北大学小児科 荒川賞
 
2012年12月
東北大学小児科 優秀論文賞
 
2012年10月
日本てんかん学会 第44回日本てんかん学会JUHN AND MARY WADA 奨励賞
 
2008年10月
日本てんかん学会 第42回日本てんかん学会優秀ポスター賞
 
2008年8月
Biomag Young Investigator Award, 16th International Conference on biomagnetism
 
2006年9月
日本てんかん学会 第40回日本てんかん学会優秀ポスター賞
 

論文

 
Kakisaka Y, Jin K, Fujikawa M, Kitazawa Y, Nakasato N
Epilepsy research   145 73-76   2018年9月   [査読有り]
Haginoya K, Togashi N, Kaneta T, Hino-Fukuyo N, Ishitobi M, Kakisaka Y, Uematsu M, Inui T, Okubo Y, Sato R, Miyabayashi T, Arai A, Ogiwara I, Mazaki E, Yamakawa K, Iinuma K, Kure S
Epilepsy research   147 9-14   2018年8月   [査読有り]
Kitazawa Y, Jin K, Kakisaka Y, Fujikawa M, Tanaka F, Nakasato N
Epilepsy research   144 20-24   2018年8月   [査読有り]
Alkawadri R, Burgess RC, Kakisaka Y, Mosher JC, Alexopoulos AV
JAMA neurology      2018年6月   [査読有り]
Kato K, Kakisaka Y, Jin K, Fujikawa M, Nakamura M, Suzuki N, Kondo M, Fukuda K, Shimokawa H, Nakasato N
Pacing and clinical electrophysiology : PACE   41(1) 96-98   2018年1月   [査読有り]
Kakisaka Y, Wang ZI, Shibata S, Takahashi Y, Mosher JC, Alexopoulos AV, Burgess RC
Journal of clinical neurophysiology : official publication of the American Electroencephalographic Society   34(6) 546-549   2017年11月   [査読有り]
Numata-Uematsu Y, Sakamoto O, Kakisaka Y, Okubo Y, Oikawa Y, Arai-Ichinoi N, Kure S, Uematsu M
Brain & development   39(6) 532-535   2017年6月   [査読有り]
Inui T, Anzai M, Takezawa Y, Endo W, Kakisaka Y, Kikuchi A, Onuma A, Kure S, Nishino I, Ohba C, Saitsu H, Matsumoto N, Haginoya K
Journal of human genetics   62(6) 653-655   2017年6月   [査読有り]
Suzuki T, Kakisaka Y, Kitazawa Y, Jin K, Sato S, Iwasaki M, Fujikawa M, Nishio Y, Kanno A, Nakasato N
Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   69(2) 167-171   2017年2月   [査読有り]
Nakamura M, Jin K, Kato K, Itabashi H, Iwasaki M, Kakisaka Y, Nakasato N
Neurological sciences : official journal of the Italian Neurological Society and of the Italian Society of Clinical Neurophysiology   38(1) 189-192   2017年1月   [査読有り]
Variety of symptoms associated with migraine, a migraine variant and idiopathic stabbing headache.
Kakisaka Y, Fujikawa M
Brain Dev   39(S3) 365-365   2017年
Establishing a structured program for case writing in pediatric neurology medical education: A preliminary study.
Kakisaka Y, Fujikawa M, Hino-Fukuyo N, Ishii S
Brain Dev   39(S3) 364-364   2017年
Kakisaka Y, Jin K, Fujikawa M, Kitazawa Y, Kato K, Nakasato N
The journal of medical investigation : JMI   64(3.4) 296-298   2017年   [査読有り]
Murakami H, Wang ZI, Marashly A, Krishnan B, Prayson RA, Kakisaka Y, Mosher JC, Bulacio J, Gonzalez-Martinez JA, Bingaman WE, Najm IM, Burgess RC, Alexopoulos AV
Brain : a journal of neurology   139(11) 2935-2947   2016年11月   [査読有り]
Sato Y, Numata-Uematsu Y, Uematsu M, Kikuchi A, Nakayama T, Kakisaka Y, Kobayashi T, Hino-Fukuyo N, Suzuki H, Takahashi Y, Saito Y, Tanuma N, Hayashi M, Iwasaki M, Haginoya K, Kure S
Brain & development   38(8) 772-776   2016年9月   [査読有り]
El Tahry R, Wang ZI, Kakisaka Y, Murakami H, Shibata S, Krishnan B, Kotagal P, Alexopoulos A, Burgess RC
Clinical neurophysiology : official journal of the International Federation of Clinical Neurophysiology   127(7) 2570-2572   2016年7月   [査読有り]
Kakisaka Y, Sato S, Takayanagi M, Nakasato N
Neurological sciences : official journal of the Italian Neurological Society and of the Italian Society of Clinical Neurophysiology   37(3) 487-488   2016年3月   [査読有り]
Suzuki-Muromoto S, Hino-Fukuyo N, Haginoya K, Kikuchi A, Sato H, Sato Y, Nakayama T, Kubota Y, Kakisaka Y, Uematsu M, Kumabe T, Md SK
Brain & development   38(2) 257-260   2016年2月   [査読有り]
Sakuraba R, Iwasaki M, Okumura E, Jin K, Kakisaka Y, Kato K, Tominaga T, Nakasato N
Clinical neurophysiology : official journal of the International Federation of Clinical Neurophysiology   127(1) 179-186   2016年1月   [査読有り]
Structured Didactic Education Program for Writing Case Reports Can Motivate Medical Students
Kakisaka Y, Fujikawa M, Gaillard S
Int J Med Student   4 131-132   2016年   [査読有り]
Writing Case Reports: Teaching and Tuition Techniques, and the Improvement of Clinical Diagnostic Reasoning.
Kakisaka Y, Fujikawa M, Gaillard S
Int J Med Student   4 87-89   2016年   [査読有り]
Fujikawa M, Nishio Y, Kakisaka Y, Ogawa N, Iwasaki M, Nakasato N
Epilepsy & behavior case reports   6 55-57   2016年   [査読有り]
Hino-Fukuyo N, Haginoya K, Nakashima I, Sato DK, Takahashi T, Misu T, Fujihara K, Hirose M, Kakisaka Y, Uematsu M, Kobayashi T, Kure S
Brain & development   37(9) 849-852   2015年10月   [査読有り]
Hino-Fukuyo N, Kikuchi A, Arai-Ichinoi N, Niihori T, Sato R, Suzuki T, Kudo H, Sato Y, Nakayama T, Kakisaka Y, Kubota Y, Kobayashi T, Funayama R, Nakayama K, Uematsu M, Aoki Y, Haginoya K, Kure S
Human genetics   134(6) 649-658   2015年6月   [査読有り]
Fujikawa M, Kishimoto Y, Kakisaka Y, Jin K, Kato K, Iwasaki M, Nakasato N
Journal of child neurology   30(7) 942-944   2015年6月   [査読有り]
Kakisaka Y, Fujikawa M, Hino-Fukuyo N
Psychiatry and clinical neurosciences   69(6) 385   2015年6月   [査読有り]
Ezura M, Kakisaka Y, Jin K, Kato K, Iwasaki M, Fujikawa M, Aoki M, Nakasato N
Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   67(1) 105-109   2015年1月   [査読有り]
Moriya K, Kakisaka Y, Onuma M, Sasahara Y, Kure S
Indian journal of pediatrics   81(12) 1429   2014年12月   [査読有り]
Almubarak S, Alexopoulos A, Von-Podewils F, Wang ZI, Kakisaka Y, Mosher JC, Bulacio J, González-Martínez J, Bingaman W, Burgess RC
Epilepsy research   108(9) 1581-1590   2014年11月   [査読有り]
Kakisaka Y, Kikuchi A, Hino-Fukuyo N, Uematsu M, Kure S
Journal of child neurology   29(11) 1578-1579   2014年11月   [査読有り]
Kato K, Jin K, Itabashi H, Iwasaki M, Kakisaka Y, Aoki M, Nakasato N
Neurology   83(15) 1332-1336   2014年10月   [査読有り]
Kakisaka Y, Fujikawa M, Kaneko S, Nakasato N
Neurological sciences : official journal of the Italian Neurological Society and of the Italian Society of Clinical Neurophysiology   35(9) 1483-1484   2014年9月   [査読有り]
Kakisaka Y, Jehi L, Alkawadri R, Wang ZI, Enatsu R, Mosher JC, Dubarry AS, Alexopoulos AV, Burgess RC
Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia   21(8) 1450-1452   2014年8月   [査読有り]
Kakisaka Y, Kano S, Hino-Fukuyo N, Uematsu M, Kure S
Journal of child neurology   29(8) NP47-8   2014年8月   [査読有り]
Kakisaka Y, Ohara T, Hino-Fukuyo N, Uematsu M, Kure S
Clinical pediatrics   53(6) 605-606   2014年6月   [査読有り]
Wang ZI, Alexopoulos AV, Jones SE, Najm IM, Ristic A, Wong C, Prayson R, Schneider F, Kakisaka Y, Wang S, Bingaman W, Gonzalez-Martinez JA, Burgess RC
Annals of neurology   75(5) 759-770   2014年5月   [査読有り]
[Chronic anemia, neutropenia and peculiar bone change seen in total parenteral nutrition].
Kakisaka Y, Fukuyo N
No to hattatsu = Brain and development   46(3) 167-168   2014年5月   [査読有り]
Kakisaka Y, Jin K, Kato K, Iwasaki M, Nakasato N
Neurological sciences : official journal of the Italian Neurological Society and of the Italian Society of Clinical Neurophysiology   35(4) 627-628   2014年4月   [査読有り]
Kakisaka Y, Ohara T, Hino-Fukuyo N, Uematsu M, Kure S
Pediatrics   133(1) e245-7   2014年1月   [査読有り]
Another case with relapsing polychondritis-like ear disease.
Kakisaka Y, Hino-Fukuyo N, Uematsu M, Kure S.
Pediatr Neonat Care Open Access   2 108-108   2014年   [査読有り]
Exanthema subitum and redness at a BCG inoculation site: An additional clinical evidence.
Kakisaka Y, Hino-Fukuyo N, Uematsu M, Kure S.
Pediatr Neonat Care Open Access   2014(2) 107-107   2014年   [査読有り]
Seizure freedom after lamotrigine rash: a peculiar phenomenon in epilepsy.
Kakisaka Y, Jin K, Kato K, Iwasaki M, Nakasato N
Internal medicine (Tokyo, Japan)   53(21) 2521-2522   2014年   [査読有り]
Kakisaka Y, Kobayashi T, Hino-Fukuyo N, Uematsu M, Numata Y, Mori M, Kure S
Journal of child neurology   28(11) 1483-1484   2013年11月   [査読有り]
Haginoya K, Uematsu M, Munakata M, Kakisaka Y, Kikuchi A, Nakayama T, Hino-Fukuyo N, Tsuburaya R, Kitamura T, Sato-Shirai I, Abe Y, Matsumoto Y, Wakusawa K, Kobayashi T, Ishitobi M, Togashi N, Iwasaki M, Nakasato N, Iinuma K
Brain & development   35(10) 887-893   2013年11月   [査読有り]
Alkawadri R, Krishnan B, Kakisaka Y, Nair D, Mosher JC, Burgess RC, Alexopoulos AV
Clinical neurophysiology : official journal of the International Federation of Clinical Neurophysiology   124(9) 1915-1918   2013年9月   [査読有り]
Kakisaka Y, Hino-Fukuyo N, Kure S
Pediatric neurology   49(2) 144   2013年8月   [査読有り]
Wang ZI, Alexopoulos AV, Nair D, Krishnan B, Mosher JC, Burgess RC, Kakisaka Y
Clinical neurophysiology : official journal of the International Federation of Clinical Neurophysiology   124(8) 1705-1706   2013年8月   [査読有り]
Kakisaka Y, Mosher JC, Wang ZI, Jin K, Dubarry AS, Alexopoulos AV, Burgess RC
Clinical neurophysiology : official journal of the International Federation of Clinical Neurophysiology   124(7) 1277-1282   2013年7月   [査読有り]
Kakisaka Y, Ito S, Ohara T, Hino-Fukuyo N, Uematsu M, Kure S
Pediatric neurology   48(6) 479-480   2013年6月   [査読有り]
Kakisaka Y, Wang ZI, Enatsu R, Dubarry AS, Mosher JC, Alexopoulos AV, Burgess RC
Journal of clinical neurophysiology : official publication of the American Electroencephalographic Society   30(3) 235-237   2013年6月   [査読有り]
Kakisaka Y, Ohara T, Katayama S, Suzuki T, Hino-Fukuyo N, Uematsu M, Kure S
Journal of child neurology   28(5) 676-677   2013年5月   [査読有り]
Alkawadri R, Burgess R, Isitan C, Wang IZ, Kakisaka Y, Alexopoulos AV
Epilepsy & behavior : E&B   27(2) 416-419   2013年5月   [査読有り]
Kakisaka Y, Ohara T, Katayama S, Suzuki T, Hino-Fukuyo N, Uematsu M, Kure S
Journal of child neurology   28(5) 680   2013年5月   [査読有り]
Kakisaka Y, Hino-Fukuyo N, Miyazaki H, Kure S
The Journal of pediatrics   162(4) 880   2013年4月   [査読有り]
Kakisaka Y, Alkawadri R, Wang ZI, Enatsu R, Mosher JC, Dubarry AS, Alexopoulos AV, Burgess RC
Epileptic disorders : international epilepsy journal with videotape   15(1) 27-31   2013年3月   [査読有り]
Magnetoencephalography reveals a unique neurophysiological profile of focal-onset epileptic spasms.
Kakisaka Y, Gupta A, Enatsu R, Wang ZI, Alexopoulos AV, Mosher JC, Dubarry AS, Hino-Fukuyo N, Burgess RC
The Tohoku journal of experimental medicine   229(2) 147-151   2013年2月   [査読有り]
Schneider F, Irene Wang Z, Alexopoulos AV, Almubarak S, Kakisaka Y, Jin K, Nair D, Mosher JC, Najm IM, Burgess RC
Epilepsia   54(2) 359-369   2013年2月   [査読有り]
Kakisaka Y, Haginoya K, Takahashi Y, Ochiai T, Fujiwara I, Kikuchi A, Wakusawa K, Kobayashi S, Kikuchi H, Ichihara Y, Takahashi S, Nishino I
American journal of medical genetics. Part A   161A(1) 234-235   2013年1月   [査読有り]
Utility of thallium-201 scintigraphy in Tolosa-Hunt syndrome.
Kakisaka Y, Kobayashi T, Uematsu M, Numata Y, Hirose M, Hino-Fukuyo N, Tsuchiya S, Doi H, Fukuda H, Kure S
The Tohoku journal of experimental medicine   229(1) 83-86   2013年1月   [査読有り]
Enatsu R, Kubota Y, Kakisaka Y, Bulacio J, Piao Z, O'Connor T, Horning K, Mosher J, Burgess RC, Bingaman W, Nair DR
Epilepsy research   103(1) 73-82   2013年1月   [査読有り]
Extremely low-dose vigabatrin for West syndrome with tuberous sclerosis.
Hino-Fukuyo N, Sato Y, Kakisaka Y, Endo W, Kubota Y, Kikuchi A, Kobayashi T, Haginoya K, Uematsu M, Numata Y, Doi H, Mori M, Osaka H, Kure S.
J Pediatr Epi   2 255-258   2013年   [査読有り]
Human herpes virus type 6 can cause skin lesions at the BCG inoculation site similar to Kawasaki Disease.
Kakisaka Y, Ohara T, Katayama S, Suzuki T, Sasai S, Hino-Fukuyo N, Kure S
The Tohoku journal of experimental medicine   228(4) 351-353   2012年12月   [査読有り]
Wang ZI, Jin K, Kakisaka Y, Mosher JC, Bingaman WE, Kotagal P, Burgess RC, Najm IM, Alexopoulos AV
Human brain mapping   33(12) 2797-2801   2012年12月   [査読有り]
Kakisaka Y, Iwasaki M, Alexopoulos AV, Enatsu R, Jin K, Wang ZI, Mosher JC, Dubarry AS, Nair DR, Burgess RC
Epilepsy research   102(1-2) 71-77   2012年11月   [査読有り]
Panax ginseng: a newly identified cause of gynecomastia.
Kakisaka Y, Ohara T, Tozawa H, Sato S, Katayama S, Suzuki T, Hino-Fukuyo N, Kure S
The Tohoku journal of experimental medicine   228(2) 143-145   2012年10月   [査読有り]
Wang ZI, Jin K, Kakisaka Y, Burgess RC, Gonzalez-Martinez JA, Wang S, Ito S, Mosher JC, Hantus S, Alexopoulos AV
Journal of neurology   259(10) 2251-2254   2012年10月   [査読有り]
Kakisaka Y, Kubota Y, Wang ZI, Piao Z, Mosher JC, Gonzalez-Martinez J, Jin K, Alexopoulos AV, Burgess RC
Epileptic disorders : international epilepsy journal with videotape   14(3) 298-303   2012年9月   [査読有り]
Kakisaka Y, Uematsu M, Wang ZI, Haginoya K
World journal of experimental medicine   2(4) 75-77   2012年8月   [査読有り]
Kakisaka Y, Wang ZI, Mosher JC, Dubarry AS, Alexopoulos AV, Enatsu R, Kotagal P, Burgess RC
Epilepsy research   101(1-2) 191-196   2012年8月   [査読有り]
Schneider F, Alexopoulos AV, Wang Z, Almubarak S, Kakisaka Y, Jin K, Nair D, Mosher JC, Najm IM, Burgess RC
Epilepsy & behavior : E&B   24(2) 234-240   2012年6月   [査読有り]
Kakisaka Y, So NK, Jones SE, Wang ZI, Mosher JC, Alexopoulos AV, Burgess RC
Neurological sciences : official journal of the Italian Neurological Society and of the Italian Society of Clinical Neurophysiology   33(1) 165-168   2012年2月   [査読有り]
Kakisaka Y, Wang ZI, Mosher JC, Nair DR, Alexopoulos AV, Burgess RC
Epilepsy & behavior : E&B   23(2) 171-173   2012年2月   [査読有り]
Iwasaki M, Nakasato N, Kakisaka Y, Kanno A, Uematsu M, Haginoya K, Tominaga T
Clinical neurophysiology : official journal of the International Federation of Clinical Neurophysiology   122(11) 2121-2127   2011年11月   [査読有り]
Kakisaka Y, Gupta A, Wang ZI, Dubarry AS, Alexopoulos AV, Mosher JC, Burgess RC
Epilepsy & behavior : E&B   22(3) 599-601   2011年11月   [査読有り]
[Case of a pharyngeal-cervical-brachial variant of Guillain-Barré syndrome without pharyngeal palsy].
Numata Y, Uematsu M, Hino-Fukuyo N, Kakisaka Y, Kobayashi T, Hirose M, Haginoya K, Tsuchiya S
No to hattatsu = Brain and development   43(6) 482-485   2011年11月   [査読有り]
Kakisaka Y, Iwasaki M, Haginoya K, Kanno A, Tsuchiya S, Nakasato N
Clinical neurophysiology : official journal of the International Federation of Clinical Neurophysiology   122(5) 869-873   2011年5月   [査読有り]
Kakisaka Y, Alexopoulos AV, Gupta A, Wang ZI, Mosher JC, Iwasaki M, Burgess RC
Epilepsy & behavior : E&B   20(1) 103-106   2011年1月   [査読有り]
Uematsu M, Haginoya K, Togashi N, Hino-Fukuyo N, Nakayama T, Kikuchi A, Abe Y, Wakusawa K, Matsumoto Y, Kakisaka Y, Kobayashi T, Hirose M, Yokoyama H, Iinuma K, Iwasaki M, Nakasato N, Kaneta T, Akasaka M, Kamei A, Tsuchiya S
Epilepsy research   92(2-3) 201-208   2010年12月   [査読有り]
Kakisaka Y, Haginoya K, Uematsu M, Tsuchiya S
Sleep medicine   11(6) 596-597   2010年6月   [査読有り]
Abdominal migraine associated with ecchymosis of the legs and buttocks: does the symptom imply an unknown mechanism of migraine?
Kakisaka Y, Wakusawa K, Haginoya K, Uematsu M, Tsuchiya S
The Tohoku journal of experimental medicine   221(1) 49-51   2010年5月   [査読有り]
Kakisaka Y, Wakusawa K, Haginoya K, Saito A, Uematsu M, Yokoyama H, Sato T, Tsuchiya S
Journal of child neurology   25(2) 234-237   2010年2月   [査読有り]
Kakisaka Y, Wakusawa K, Sato I, Haginoya K, Uematsu M, Hirose M, Munakata M, Sato T, Tsuchiya S
Journal of child neurology   24(12) 1561-1563   2009年12月   [査読有り]
Kakisaka Y, Nakasato N, Haginoya K, Kanno A, Tsuchiya S
Epilepsy research   84(2-3) 153-158   2009年4月   [査読有り]
Kakisaka Y, Haginoya K, Ishitobi M, Togashi N, Kitamura T, Wakusawa K, Sato I, Hino-Fukuyo N, Uematsu M, Munakata M, Yokoyama H, Iinuma K, Kaneta T, Higano S, Tsuchiya S
Epilepsy research   83(2-3) 177-183   2009年2月   [査読有り]
Hino-Fukuyo N, Haginoya K, Togashi N, Uematsu M, Kitamura T, Kakisaka Y, Ishitobi M, Wakusawa K, Iinuma K, Oguni H, Yamakawa K, Tsuchiya S
Journal of child neurology   24(2) 228-230   2009年2月   [査読有り]
Kakisaka Y, Nakasato N, Haginoya K, Tsuchiya S
Pediatric-onset rolandic seizure showing posteriorly-oriented rolandic spikes.
Clin. Neurophysiol   2009(120) e149-e149   2009年
Olfactory stimulation using black pepper oil facilitates oral feeding in pediatric patients receiving long-term enteral nutrition.
Munakata M, Kobayashi K, Niisato-Nezu J, Tanaka S, Kakisaka Y, Ebihara T, Ebihara S, Haginoya K, Tsuchiya S, Onuma A
The Tohoku journal of experimental medicine   214(4) 327-332   2008年4月   [査読有り]
Development of contralateral spike focus over years in a patient with cavernoma and medically intractable epilepsy.
Kakisaka Y, Nakasato N, Jin K, Iwasaki M, Shamoto H, Kanno A, Tsuchiya S
J Clin Neurophysiol   25 393-393   2008年
Neonatal-onset brainstem reticular reflex myoclonus following a prenatal brain insult: generalized myoclonic jerk and a brainstem lesion.
Kakisaka Y, Haginoya K, Togashi N, Kitamiura T, Uematsu M, Hino-Fukuyo N, Kure S, Saito J, Kitaoka S, Watanabe S, Yoshikawa H, Nara T, Suzuki Y, Tsuchiya S
The Tohoku journal of experimental medicine   211(3) 303-308   2007年3月   [査読有り]
Kakisaka Y, Haginoya K, Yokoyama H, Ishitobi M, Wakusawa K, Sato I, Togashi N, Kitamura T, Fukuyo N, Yoshihara Y, Iinuma K
Brain & development   28(8) 534-536   2006年9月   [査読有り]

Misc

 
てんかん診療における情報通信技術
柿坂庸介、神一敬、中里信和
BioClinica   33(11) 1032-1036   2018年10月
【てんかん診療-すべての医師のための診断・治療のコツ-】 てんかんの検査・診断 遠隔てんかん症例検討会
柿坂 庸介, 上利 大, 大沢 伸一郎, 神 一敬, 中里 信和
日本臨床   76(6) 932-936   2018年6月
【事例から学ぶ(その2)】 てんかん患者の就労支援における医療の役割
藤川 真由, 岩城 弘隆, 大竹 茜, 柿坂 庸介, 北澤 悠, 神 一敬, 中里 信和
職業リハビリテーション   31(1) 3-9   2017年9月
画像診断 今月の症例
宮内 隼弥, 柿坂 庸介, 力石 健, 麦倉 俊司, 割田 仁, 小田切 邦雄
小児科臨床   70(1) 1-4   2017年1月   [査読有り]
てんかん脳磁図の最前線 脳磁図はさまざまな領域の棘波を捉える
柿坂 庸介, 岩崎 真樹, 神 一敬, 北澤 悠, 菅野 彰剛, 中里 信和
日本生体磁気学会誌   29(1) 14-15   2016年6月
遊離前腕皮弁による舌再建術後の一次体性感覚誘発磁界反応
菅野 彰剛, 小枝 聡子, 柿坂 庸介, 中里 信和, 川島 隆太, 杉浦 元亮
日本生体磁気学会誌   29(1) 90-91   2016年6月
側頭葉てんかん患者における術前MEG言語機能マッピング
石田 誠, 岩崎 真樹, 菅野 彰剛, 神 一敬, 柿坂 庸介, 川島 隆太, 中里 信和
日本生体磁気学会誌   29(1) 128-129   2016年6月
画像診断 今月の症例 多嚢胞性卵巣症候群(Polycystic ovary syndrome;PCOS)
前山 俊史, 柿坂 庸介, 大原 朋一郎, 戸澤 秀夫, 小田切 邦雄
小児科臨床   69(3) 321-324   2016年3月   [査読有り]
不快な感覚・尿意切迫感を自覚する単純部分発作を呈した前帯状回てんかんの1例
吉野 彰兼, 柿坂 庸介, 神 一敬, 加藤 量広, 佐藤 志帆, 藤川 真由, 北澤 悠, 岩崎 真樹, 板橋 尚, 中里 信和
小児科臨床   68(6) 1225-1230   2015年6月   [査読有り]
帯状回てんかんでは精神性前兆や自律神経発作を生じ得るが、発作症状の客観的把握は困難なことが多い。我々は特徴的な精神・自律神経症状の単純部分発作を認め、MRI上異常を認めないが、ビデオ脳波モニタリング(VEEG)、FDG-PETおよび脳磁図の所見より左前帯状回てんかんの診断に至った症例を経験した。症例は自閉症スペクトラム障害と診断されている14歳男児。12歳時に全身けいれんで発症。薬剤調節により全身けいれんは抑制されたが、「心臓がドキッとする」不快な感覚から全身の熱感、尿意切迫感を自覚する発...
体性感覚誘発性棘波様活動を脳磁図で検出した成人てんかん3例
石田 誠, 柿坂 庸介, 菅野 彰剛, 岩崎 真樹, 神 一敬, 川島 隆太, 中里 信和
日本生体磁気学会誌   28(1) 154-155   2015年6月
時間周波数解析による体性感覚誘発磁界反応の評価は遷延性意識障害患者の機能残存の評価に有用である
菅野 彰剛, 中里 信和, 柿坂 庸介, 長嶺 義秀, 川島 隆太
日本生体磁気学会誌   28(1) 68-69   2015年6月
画像診断 今月の症例 異物(竹の箸)
吉野 彰兼, 柿坂 庸介, 大原 朋一郎, 泉山 祐美, 澤村 武, 小田切 邦雄
小児科臨床   68(5) 953-956   2015年5月   [査読有り]
ビガバトリンを第一選択に用いた結節性硬化症に伴うウエスト症候群後の1例
佐藤 優子, 福與 なおみ, 菊池 敦生, 中山 東城, 柿坂 庸介, 久保田 由紀, 遠藤 若葉, 小林 朋子, 萩野谷 和裕, 植松 貢, 沼田 有里佳, 土井 洋, 呉 繁夫
小児科臨床   67(6) 1047-1050   2014年6月   [査読有り]
症例は2歳0ヵ月女児。結節性硬化症を基礎疾患とするウエスト症候群を生後5ヵ月に発症し、ビガバトリンの投与を第一選択に試みた。ビガバトリンを70mg/kg/dayまで増量する半年間の間に、シリーズ形成するスパズムは著明な減少傾向を示し、脳波上のヒプスアリスミアは消失した。ビガバトリン投与期間中に、発達の停滞を認めず、明らかな副作用は出現しなかった。クロナゼパムとレベチラセタムの追加投与により、1歳4ヵ月の時点で発作は完全に消失したが、てんかん性異常波は残存した。その後6ヵ月の経過中に、徐々に...
MEGによるてんかん病態の解析 脳磁図の"眼"でみるてんかんの病態生理
柿坂 庸介, 岩崎 真樹, 神 一敬, 加藤 量広, 藤川 真由, 中里 信和
日本生体磁気学会誌   27(1) 16-17   2014年5月
てんかん患者の被災直後の実態調査に基づいた災害に強い診療システムの提案
中里 信和, 柿坂 庸介, 神 一敬, 岩崎 真樹, 渡辺 雅子, 兼子 直
精神薬療研究年報   (46) 90-91   2014年3月
頸部腫脹とアミラーゼ上昇を来した川崎病の1例 超音波検査の可能性
鈴木 資, 柿坂 庸介, 佐々木 和人, 片山 紗乙莉, 大原 朋一郎
小児科臨床   67(1) 135-139   2014年1月   [査読有り]
頸部腫脹とアミラーゼ上昇を呈した川崎病の5歳男児を経験した。当初耳下腺炎が疑われたが、エコー検査で耳下腺の変化は乏しくリンパ節の変化が著明であった。最終的には川崎病によるリンパ節炎が何らかの機序で唾液腺に波及しアミラーゼ上昇をもたらしたと考えられたが、診断に至る過程でエコー検査は重要な役割を果たすことが示唆された。(著者抄録)
特徴的な症状を呈した片頭痛の小児例
片山 紗乙莉, 柿坂 庸介, 佐々木 和人, 鈴木 資, 大原 朋一郎, 呉 繁夫
小児科臨床   66(10) 2055-2060   2013年10月   [査読有り]
症例は10歳女児。強い頭痛を主訴に受診した。拍動性で両側前頭部に分布する頭痛が24〜72時間持続した。光過敏も伴い、その後も同様の頭痛を繰り返し片頭痛と診断された。経過中に激烈な腹痛発作が出現したが各種検査で異常が認められず、片頭痛の一症状と考えられた。また、発作時に片頭痛との関連が指摘されているred earが認められた。腹痛やred earなど多彩な症状を呈し、片頭痛症状の多様性を再認識させる貴重な症例と考えられた。また、激烈な頭痛・腹痛発作がみられた際に血漿ACTH、ADHの値が上昇...
脳波上hypsarrhythmiaの出現前にspasmが6週間先行したWest症候群の1例
相原 悠, 福與 なおみ, 柿坂 庸介, 菊池 敦生, 川嶋 明香, 佐藤 優子, 遠藤 若葉, 久保田 由紀, 小林 朋子, 富樫 紀子, 呉 繁夫
小児科臨床   66(9) 1899-1903   2013年9月   [査読有り]
症例は6ヵ月女児。生後3ヵ月時に頭部MRIで皮質形成異常が疑われた。生後3ヵ月時にspasmと考えられるけいれん発作が出現した。脳波では、局在性のてんかん性異常波が確認された。局在関連てんかんが疑われ、各種抗てんかん薬を投与されるも発作は残存した。6週間経過した生後5ヵ月時のビデオ脳波で、けいれん発作がspasmであると判断でき、発作間欠期脳波でhypsarrhythmiaの所見を確認した。皮質形成異常が推定要因とされる症候性West症候群と診断し、直ちにACTH療法を開始したところ、12...
Marked periosteal hyperostosis: A feature of copper deficiency.
Kakisaka Y, Hino-Fukuyo N, Uematsu M, Kure S.
Pediatrics e-letter      2012年12月
心臓合併症により根治術が困難であった広範囲腸管無神経節症に伴うbacterial overgrowth syndromeに対しsynbiotics療法が有効であった1例
柿坂 庸介, 三浦 雄一郎, 佐藤 智樹, 松木 茂伸, 中山 信吾, 佐藤 都留雄, 田名部 宗之, 工藤 正文, 鈴木 豊, 神田 進, 澤 直哉, 橋本 剛, 高橋 琢也, 諸富 正己, 土屋 滋
小児科臨床   63(1) 81-86   2010年1月   [査読有り]
広範囲腸管無神経節症を背景にした難治性の反復性腸炎に対しsynbiotics療法を試みた1例を報告。症例は9歳男児。日齢3に広範囲腸管無神経節症と診断され、回盲部より口側35cmに人工肛門が造設された。7ヵ月で拡張型心筋症と診断された。11ヵ月より腸炎を発症しbacterial overgrowth syndromeと診断されたが、抗菌剤による腸管殺菌的治療は無効で外科的根治術は心臓合併症のために選択できない状況であった。腸内細菌叢の改善を目指したsynbiotics療法を4歳11ヵ月で導...
筋痛を主訴に非典型的な経過をたどりギランバレー症候群亜型と考えられた1例
佐藤 育子, 佐藤 徹雄, 小野 雅典, 涌澤 圭介, 柿坂 庸介, 船越 慶, 萩野谷 和裕
小児科臨床   62(1) 115-118   2009年1月   [査読有り]
筋痛から発症し経過中に筋力低下、失調、深部腱反射消失を呈し、自然軽快したギランバレー症候群亜型と考えられた1例を経験した。14病日に筋痛により歩行不能となり入院したが、発熱はなくCKは正常範囲内だった。入院時に下肢近位筋優位の筋力低下を認めたが、自然軽快し歩行可能となった。入院後、失調を認めたが頭部MRIで小脳萎縮はなかった。また、深部腱反射消失を認め、上記疾患を疑い、髄液検査を施行したが髄液蛋白細胞解離はなく、抗ガングリオシド抗体は陰性であった。しかし、末梢神経伝達速度の遅延ならびに脊髄...
頭痛のない片頭痛と機能性腹痛
柿坂庸介
仙台市医師会報   543 41-42   2009年
【神経疾患】 遺伝子診断により診断を確認した重症ミオクロニーてんかん(SME)の2家系3症例
福與 なおみ, 萩野谷 和裕, 冨樫 紀子, 北村 太郎, 植松 貢, 柿坂 庸介, 石飛 真美子, 涌澤 圭介, 中里 信和, 社本 博, 飯沼 一宇
小児科臨床   59(9) 1931-1937   2006年9月
症例1,2は2歳の一卵性双胎男児.生後9ヵ月時に,無熱性けいれんの重積で発症した.以後有熱時に,嘔吐に続く半身けいれんが多発し,後頭葉てんかんの疑いで入院した.症例3は5歳の男児.生後6ヵ月時に,有熱時のけいれん重積状態で発症した.以後有熱時に発声に続いて偏視,向反する姿勢発作を繰り返し,熱性けいれんと診断された.後発の無熱性けいれんは抗てんかん薬で,いったん消失するも,発作が再発した.3症例とも経過中発作間歇時脳波正常,あらゆる薬物に抵抗性であったが,症例1,2はzonisamideとe...
腸回転異常を伴ったCostello症候群の1例
柿坂 庸介, 坂本 修, 小島 加奈子, 植松 貢, 松田 直, 大浦 敏博, 土屋 滋, 林 富
小児科臨床   59(9) 2057-2061   2006年9月   [査読有り]
腸回転異常を伴ったCostello症候群の1例を経験した.胎生期の羊水過多,体重増加不良,特徴的顔貌(眼間開離,平坦な鼻根部,厚い唇,耳介低位),カールした頭髪,深い皺,音への過敏性などの特徴を有し診断に至った.将来的に発癌する確率が高いことが知られており,診断された場合には注意深い経過観察を要するため日常診療において本症候群を念頭におくことは重要である.本症例は腸回転異常を合併したが,検索した限りでは同様の報告はなく貴重な症例と考えられた(著者抄録)
四肢麻痺と呼吸困難を呈した胸部交感神経原発乳児神経芽腫の2例
森川 志穂, 笹原 洋二, 吉成 みやこ, 柿坂 庸介, 小沼 正栄, 坂本 修, 飯沼 一宇, 田中 靖久, 星川 健, 国分 正一, 中村 潤, 林 富, 久間木 悟, 土屋 滋
小児がん   43(2) 210-215   2006年9月   [査読有り]
進行性のチアノーゼと四肢麻痺で発症し、脊柱管内への腫瘍浸潤を合併した乳児神経芽腫の2症例を経験した。いずれも遠隔転移を伴わず、N-myc増幅は認められなかったが、急速に症状が悪化したため人工呼吸管理および片側椎弓切除術が施行された。術後化学療法により腫瘍の縮小がえられたため、現在無治療経過観察中である。両症例とも治療後1年を経過しているが、腫瘍は退縮傾向を示し、うち1例では麻痺も完全に消失した。(著者抄録)
硫酸マグネシウムを投与されていた母体から出生した先天性くる病の双胎例
柿坂 庸介, 松木 茂伸, 三浦 雄一郎, 中山 信吾, 佐藤 都留雄, 田名部 宗之, 工藤 正文
八戸市立市民病院医誌   21(2) 91-95   2005年2月   [査読有り]
【精神・神経疾患】 スマトリプタン点鼻液の投与が著効したabdominal migraineと考えられた1例
柿坂 庸介, 松木 茂伸, 三浦 雄一郎, 中山 信吾, 佐藤 都留雄, 田名部 宗之, 工藤 正文
小児科臨床   57(11) 2285-2289   2004年11月   [査読有り]
症例は12歳女児.周期的に出現する激烈な腹痛を主訴に来院した.腹痛は精神的ストレスを誘因に発症し,腹痛の臨床像は毎回互いに酷似していた.非発作時の脳波,CTを含む各種検査において異常所見は認められなかった.臨床像はabdominal migraineの診断基準を満たした.スマトリプタンが腹痛の頓挫に有効である可能性があると考え腹痛発作時に投与したところ,これまでになく迅速な効果が得られた.本症についての概説を述べ,文献的考察を加え報告する(著者抄録)
硫酸マグネシウム投与を受けた母体において胎内で著明な三尖弁逆流を認めた双胎例
柿坂 庸介, 松木 茂伸, 三浦 雄一郎, 中山 信吾, 佐藤 都留雄, 田名部 宗之, 工藤 正文
小児科臨床   57(8) 1875-1880   2004年8月   [査読有り]
在胎35週0日で出生した2410gの男児(I児),1940gの女児(II児).切迫早産にて母体には妊娠23週より塩酸リトドリン及びMgSO4の投与が開始された.在胎34週の胎児エコーにて両児共に心胸郭断面積比の増大,右房右室の拡大及び著明な三尖弁逆流(TR)を指摘され,I児は当初Ebstein奇形の合併が疑われた.II児には軽度の僧帽弁閉鎖不全も認めていた.TRの血流速度はI児で3.7m/sで肺動脈圧は約60mmHgと推定された.両児とも浅呼吸や陥没呼吸が出現するなど呼吸状態は不安定で,酸...
血球貪食症候群の4例
佐藤 智樹, 三浦 雄一郎, 柿坂 庸介, 中山 信吾, 佐藤 都留雄, 田名部 宗之, 工藤 正文
八戸市立市民病院医誌   21(1) 18-27   2003年5月   [査読有り]
10年間で軽症から死亡例迄の血球貪食症候群(HPS)4例を経験した.内訳は,著明な肝脾腫を認め,DICを合併し,治療の効果なく肺出血により死亡したEBVによるHPSの3歳女児,肝脾腫,汎血球減少を呈し,更にDICを合併したが治療に反応がよく順調に軽快したEBVによるHPSの5歳女児,HPSの初期と思われ約10日間で軽快した9歳男児,2度の再発を認めた原因不明のHPSである3ヵ月男児であった
診断に苦慮したクローン病の二例
三浦 雄一郎, 柿坂 庸介, 佐藤 智樹, 中山 信吾, 佐藤 都留雄, 田名部 宗之, 工藤 正文, 木皿 典宏, 澤 直哉
八戸市立市民病院医誌   21(1) 28-31   2003年5月   [査読有り]
1年あまりの間に2例のクローン病を経験した.症例1は腹痛,発熱,下痢が9ヵ月にわたり反復し,便潜血を認めたことから慢性腸疾患を疑い,下部消化管内視鏡検査でクローン病と診断された.症例2は発熱と腹痛を反復し,当初虫垂炎が疑われたが確定診断がつかず,診断的治療として腹腔鏡下虫垂切除術を施行し,虫垂から非乾酪性肉芽腫が認められ,下部消化管内視鏡検査でクローン病との確定診断を得た
極低出生体重児の胆汁うっ滞の2例
柿坂 庸介, 三浦 雄一郎, 佐藤 智樹, 中山 信吾, 佐藤 都留雄, 田名部 宗之, 工藤 正文
八戸市立市民病院医誌   21(1) 36-40   2003年5月   [査読有り]
NICUで極低出生体重児の胆汁うっ滞の2例を経験した.うち1例は遷延する黄疸,灰白色便を呈し先天性胆道閉鎖症との鑑別に苦慮した.症例1は在胎36週2日1201gの男児.出生時新生児仮死,代謝性アシドーシス,呼吸促迫症候群(RDS)を認めた.絶食,経静脈栄養中に直接型ビリルビンの高値,黄疸及び淡黄色便を呈したが明らかな基礎疾患を認めず,経腸管栄養,対症療法にて軽快した.症例2は在胎26週1日816gの女児.出生時新生児仮死,代謝性アシドーシス,RDSを認めた.症候性動脈管開存に対しNSAID...
溶連菌感染による深部静脈血栓症に対して下大静脈フィルターを使用した一例
山本 匡, 柿坂 庸介, 遠藤 一靖, 櫻井 薫
仙台市立病院医学雑誌   23 125-127   2003年5月   [査読有り]
家庭内喫煙の有無と喘息児の臨床経過について
佐藤 都留雄, 三浦 雄一郎, 柿坂 庸介, 佐藤 智樹, 中山 信吾, 田名部 宗之, 工藤 正文
八戸市立市民病院医誌   21(1) 41-46   2003年5月   [査読有り]
喘息外来に通院している110例の喘息児を対象に,家庭内喫煙の状況と患児の過宏1年間の臨床経過を検討した.家庭内の喫煙で「喫煙あり(喫煙群)」75例(68%),「喫煙なし(非喫煙群)」35例(32%)であった.排煙に努めたのは43例(換気群)であった.喫煙群では非喫煙群に比して時間外急患室受診率・入院率は高く,入院回数も多かった.又,外来における使用薬剤数も多かった.換気群と非換気群における,過去1年間の時間外急患室受診率・入院率及び入院回数に差はなく,又,外来における使用薬剤数にも明らかな...
腸炎を契機に出血性脳梗塞をきたしたnephrocalcinosisの1例
柿坂 庸介, 秋保 直樹, 沖津 庸子, 北村 知子, 遠藤 一靖, 佐藤 峰成, 樋口 じゅん, 小川 達次
仙台市立病院医学雑誌   22 135-139   2002年5月   [査読有り]
29歳女.食事は不規則で1日1回が多く,10錠前後の下剤を連日,10年近く服用のため慢性的な下痢状態であり,自宅トイレで倒れているところを発見され救急搬送された.入院時検査所見から炎症の存在と血液の濃縮傾向が推測され,中枢性の呼吸不全,特に痙攣などを起した可能性が考えられた.腹部画像所見では両側腎髄質に一致した多数の石灰化と腸液貯留による小腸の拡張を認め,頭部CTでは両側後頭葉の皮質と皮質下に左右非対称の低信号域が認められた.補液と抗生剤の投与により炎症反応は消失,脱水状態も改善した.頭部...
甲状腺クリーゼを呈し甲状腺亜全摘後に脳膿瘍を発症した副鼻腔炎の1例
柿坂 庸介, 山本 匡, 大西 康, 遠藤 一靖, 佐藤 峰成, 樋口 じゅん, 小川 達次, 鈴木 直弘, 沖津 卓二, 高屋 潔, 小沼 武英
仙台市立病院医学雑誌   22 127-133   2002年5月   [査読有り]
28歳女.バセドウ病と診断され,通院・服薬のコンプライアンスが悪く,バセドウ病のコントロール不良で,今回,発熱,頻脈,痙攣・錯乱状態が出現して救急搬送された.来院時所見からバセドウ病クリーゼと考えたが,意識障害は甲状腺クリーゼによるもの,痙攣の病歴・CKの上昇や代謝性アシドーシス・脳波所見などから癲癇由来のものが疑われたが,癲癇の原因となり得る病変は指摘できなかった.感染と甲状腺クリーゼを念頭に補液,抗甲状腺薬,抗生物質,ステロイド剤等の投与により解熱し,CPKも低下傾向を示した.血液培養...
腎不全を原因とするシベンゾリン中毒の2例
柿坂 庸介, 小田倉 弘典, 滑川 明男, 櫻井 薫, 石田 明彦, 大友 潔, 佐藤 公雄, 林 英守, 伊藤 明一
仙台市立病院医学雑誌   22 119-125   2002年5月   [査読有り]
症例1:54歳男.24歳時に慢性腎不全にて透析導入していた.発作性心房細動に対して近医にてシベンゾリン 100mg/日を投与されていたが,心房細動出現時の胸部不快感に対して自己判断でシベンゾリン服用量を増やしていた.仕事中突然意識消失して救急搬送され,来院時,心拍数248回/分の幅広いQRSを認めたため直流除細動を施行し洞調律に復帰した.来院時の所見からカテーテルアブレーションの適応と判断し,三尖弁-下大静脈間を線状に焼灼した.症例2:75歳女.房室結節リエントリー性頻拍,心房細動に対して...

書籍等出版物

 
貧血と好中球減少症、特徴的な骨X線所見を呈した6歳男児.
柿坂庸介、福與なおみ (担当:分担執筆, 範囲:続・イメージからせまる小児神経疾患50. pp27-28)
診断と治療社   2015年   
てんかん診断における脳磁図
柿坂庸介、中里信和 (担当:分担執筆, 範囲:臨床てんかん学 pp280-284)
医学書院   2015年   
てんかん診断におけるビデオ脳波モニタリング
柿坂庸介、中里信和 (担当:分担執筆, 範囲:臨床てんかん学 pp284-288)
医学書院   2015年   

講演・口頭発表等

 
Outpatient clinic and case-based education via a high definition TV conference system. [招待有り]
柿坂庸介
12th Asian Oceanian Epilepsy Congress   2018年6月30日   
てんかん診療における脳磁図の役割と電流双極子モデルの意味 [招待有り]
柿坂庸介
第33回日本生体磁気学会   2018年6月16日   
遠隔テレビ会議システムを用いたてんかん症例検討会 [招待有り]
柿坂庸介
第51回日本てんかん学会   2017年11月4日   
Case studies [招待有り]
柿坂庸介
Indonesian Neurological Association and Neurology Department, Hasanuddin University   2017年7月8日   
Semiology and EEG [招待有り]
柿坂庸介
EEG Workshop, Neurology Department, Hasanuddin University   2017年7月7日   
EEG of childhood epilepsy [招待有り]
柿坂庸介
EEG Workshop, Neurology Department, Hasanuddin University   2017年7月7日   
How to read EEG [招待有り]
柿坂庸介
EEG Workshop, Neurology Department, Hasanuddin University   2017年7月7日   
Learn epilepsy from cases. [招待有り]
柿坂庸介
The International Seminar "Knowing Epilepsy”, Medical Faculty Alkhairaat University   2017年7月5日   
脳磁図は様々な領域の棘波を捉える [招待有り]
柿坂庸介
第31回日本生体磁気学会   2016年6月10日   
てんかん診療における脳磁図の可能性を考える [招待有り]
柿坂庸介
第39回日本脳神経CI学会   2016年1月29日   
てんかんとともに成長する~患児に対する教育について~ [招待有り]
柿坂庸介
第56回日本神経学会学術大会   2015年5月23日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
遠隔ネットワークを用いた医学生に対する症例報告執筆プログラムの確立
日本学術振興会: 科研費
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 柿坂庸介
高密度脳波及び脳磁図で加算平均法を用いたウエスト症候群の発作焦点同定に関する研究
日本学術振興会: 科研費
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 柿坂庸介

特許

 
特願2017-7960 : 化学物質過敏症治療剤
中里信和、神一敬、柿坂庸介

社会貢献活動

 
てんかんとは
【講師】  LIXIL株式会社企業内勉強会  2018年4月26日 - 2018年4月26日
成長する小児てんかん患者に親・医療者はどのようにあるべきか
【講師】  河北新報社  健康フェア  2018年3月31日 - 2018年3月31日
進路決定に望む皆さんへ
【講師】  仙台青陵中等教育学校  2014年1月31日 - 2014年1月31日