亀谷学

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/02 14:46
 
アバター
研究者氏名
亀谷学
所属
弘前大学
職名
講師
学位
博士(文学)(北海道大学)

プロフィール

 初期イスラーム時代(西暦七世紀〜九世紀)を中心に、カリフを頂点とするイスラームの統治システム、またそれを研究するための基礎となる史料に関する諸問題について研究しています。

研究分野

 
 
  • 史学 / 東洋史 / 初期イスラーム時代史

経歴

 
2014年10月
 - 
2016年3月
北海道大学 大学院文学研究科 専門研究員
 
2013年4月
 - 
2016年3月
國學院大学 文学部 兼任講師
 
2011年4月
 - 
2014年3月
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 
2010年4月
 - 
2014年3月
国立民族学博物館 共同研究員
 
2010年4月
 - 
2011年3月
北海道大学大学院文学研究科 専門研究員
 
2009年9月
 - 
2011年3月
北海学園大学経営学部 非常勤講師
 
2002年4月
 - 
2009年9月
北海道大学大学院文学研究科 博士後期課程
 
2006年2月
 - 
2008年1月
カイロ・アメリカン大学 リサーチ・フェロー(平和中島財団海外留学奨学金による)
 
2003年4月
 - 
2005年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC2)
 
2000年4月
 - 
2002年3月
北海道大学大学院文学研究科 修士課程
 

論文

 
ピラミッドという驚異—中世イスラーム世界における認識とアプローチ
亀谷学
『<驚異>の文化史:中東とヨーロッパを中心に』(山中由里子編、名古屋大学出版会、2015年)   307-317   2015年11月
中世イスラーム世界の旅行記と驚異譚:驚異を目にした人々
亀谷学
『<驚異>の文化史:中東とヨーロッパを中心に』(山中由里子編、名古屋大学出版会、2015年)   58-75   2015年11月
Fāsī Numerals in the Vellum Contract Documents
亀谷学
The Vellum Contract Documents in Morocco in the Sixteenth to Nineteenth Centuries: Part I, ed. T. Miura & K. Sato, Toyo Bunko, 2015   134-144   2015年
西暦八世紀中葉バスラにおける海冦とインド西岸部情勢
亀谷学
西南アジア研究   80 1-24   2014年3月   [査読有り]
アミーンとマフルーア—アッバース朝カリフの称号と歴史叙述の一局面—
亀谷学
史朋   (44) 1-31   2011年12月

書籍等出版物

 
柴田 大輔, 中町 信孝 (担当:共著, 範囲:中世イスラーム政権(2))
勁草書房   2018年   ISBN:9784326200580
弘前大学人文学部・弘前大学地域未来創生センター弘前藩藩校資料調査プロジェクトチーム, 弘前大学人文社会科学部・弘前大学地域未来創生センター弘前藩藩校資料調査プロジェクトチーム, 渡辺 麻里子, 植木 久行, 川瀬 卓, 木村 純二, 武井 紀子, 荷見 守義, 北原 かな子, 木村 隆博, 佐藤 光, 庄司 輝昭, 竹内 勇造, 竹村 俊哉, 松井 太, 亀谷 学, 南 修平, 瀧本 壽史, 中村 武司, 平井 吾門, 工藤 晴久
弘前大学人文学部・弘前大学地域未来創生センター弘前藩藩校資料調査プロジェクトチーム   2016年   
Donner Fred McGraw, 亀谷 学, 後藤 明, 橋爪 烈, 松本 隆志, 横内 吾郎
慶應義塾大学出版会   2014年   ISBN:9784766421460

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
ファーティマ朝カリフ概念の研究によるカリフ史の再構築
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 亀谷学
中世イスラーム世界における「古代」の継承と創造
日本学術振興会: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 亀谷学
パピルス文書による初期イスラーム時代統治システムの研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 亀谷学
日本学術振興会: 科学研究費補助金(研究活動スタート支援)
研究期間: 2010年 - 2010年    代表者: 亀谷学