Kamiya Kentaro

J-GLOBAL         Last updated: Jul 19, 2019 at 12:41
 
Avatar
Name
Kamiya Kentaro
Affiliation
Kitasato University
Section
School of Allied Health Sciences
Job title
Associate Professor
Degree
PT, PhD(Kitasato University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
2019
 - 
Today
Associate Professor, Graduate School of Medical Sciences, Kitasato University
 
2019
 - 
Today
Associate Professor, Department of Rehabilitation, School of Allied Health Sciences, Kitasato University
 
2017
 - 
2019
Assistant Professor, Department of Rehabilitation, School of Allied Health Sciences, Kitasato University
 
2017
 - 
2019
Assistant Professor, Graduate School of Medical Sciences, Kitasato University
 
2014
 - 
2017
Chief, Department of Rehabilitation, Kitasato University Hospital
 
2011
 - 
2011
Research Fellow, Exercise Pathophysiology Laboratory, Cardiac Rehabilitation Division, Veruno Scientific Institute
 
2004
 - 
2017
Department of Rehabilitation (Full-time), Kitasato University Hospital
 
2002
 - 
2004
Department of Rehabilitation, Kitasato University Hospital (Part-time)
 
2002
 - 
2004
Cardiac Rehabilitation Division, Sakakibara Heart Institute (Part-time)
 

Education

 
Apr 2011
 - 
Mar 2014
Department of Cardiovascular Medicine, Graduate School of Medical Sciences, Kitasato University (Doctor’s degree in Medicine)
 
Apr 2002
 - 
Mar 2004
Department of Functional Restoration Science, Graduate School of Medical Sciences, Kitasato University (Master’s Degree in Medical Science)
 
Apr 1998
 - 
Mar 2002
Department of Rehabilitation, School of Allied Health Sciences, Kitasato University
 

Committee Memberships

 
2019
 - 
Today
International Confederation of Cardiorespiratory Physical Therapists,  Executive Committee
 
2018
 - 
Today
Japanese Heart Failure Society: Councilor, Position Statement of Nutritional Assessment and Management for Heart Failure Writing Committee(2017-2018)
 
2017
 - 
Today
The Japanese Society of Cardiovascular Disease Prevention,  Councilor
 
2017
 - 
Today
The Japanese Association of Cardiac Rehabilitation,  Councilor
 
2015
 - 
Today
Journal of the Japanese Physical Therapy Association,  Review Board
 
2015
 - 
2019
The Japanese Society of Cardiovascular Physical Therapy,  Director (2017~2019, Vice President), Guideline Writing Committee
 

Awards & Honors

 
May 2018
Nursing and Allied Health Professional Investigator Award, The Runner Up Prize, Annual Meeting of the Heart Failure Association of the European Society of Cardiology
 
Feb 2018
Kitasato Clinical Research Award (2018)
 
May 2016
Nursing and Allied Health Professional Investigator Award, Annual Meeting of the Heart Failure Association of the European Society of Cardiology
 
Mar 2014
Excellent Thesis Award, Kitasato University Graduate School of Medical Sciences
 
Apr 2013
Young Investigator Award Winner, EuroPrevent 2013 (Rome)
 
Mar 2012
Excellent Research Award, The 76th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society
 
Nov 2009
Best Poster Award, The 13th Annual Scientific Meeting of the Japanese Heart Failure Society
 
Oct 2008
Excellent Poster Award, The 12th Annual Scientific Meeting of the Japanese Heart Failure Society
 

Published Papers

 
Tanaka S, Kamiya K, Hamazaki N, Matsuzawa R, Nozaki K, Nakamura T, Yamashita M, Maekawa E, Noda C, Yamaoka-Tojo M, Matsunaga A, Masuda T, Ako J
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society      Jul 2019   [Refereed]
Kamiya K, Yamamoto T, Tsuchihashi-Makaya M, Ikegame T, Takahashi T, Sato Y, Kotooka N, Saito Y, Tsutsui H, Miyata H, Isobe M
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   83(7) 1546-1552   Jun 2019   [Refereed]
Suzuki Y, Kamiya K, Tanaka S, Hoshi K, Watanabe T, Harada M, Matsuzawa R, Shimoda T, Yamamoto S, Matsunaga Y, Yoneki K, Yoshida A, Matsunaga A
BMJ open   9(5) e025389   May 2019   [Refereed]
Yamashita M, Kamiya K, Matsunaga A, Kitamura T, Hamazaki N, Matsuzawa R, Nozaki K, Tanaka S, Nakamura T, Maekawa E, Masuda T, Ako J, Miyaji K
Journal of cardiology      Mar 2019   [Refereed]
Nemoto S, Kasahara Y, Izawa KP, Watanabe S, Yoshizawa K, Takeichi N, Kamiya K, Suzuki N, Omiya K, Matsunaga A, Akashi YJ
Heart and vessels      Jan 2019   [Refereed]
Matsuzawa R, Kamiya K, Hamazaki N, Nozaki K, Tanaka S, Maekawa E, Matsunaga A, Masuda T, Ako J
Gerontology   1-8   Jan 2019   [Refereed]
Hamazaki N, Masuda T, Kamiya K, Matsuzawa R, Nozaki K, Maekawa E, Noda C, Yamaoka-Tojo M, Ako J
Respirology (Carlton, Vic.)      Nov 2018   [Refereed]
Saito H, Matsue Y, Suzuki M, Kamiya K, Hasegawa Y, Endo Y, Negishi Y, Hirano M, Takanashi K, Iizuka H, Matsumura A, Hashimoto Y
Australasian journal on ageing      Oct 2018   [Refereed]
Yamamoto S, Matsuzawa R, Abe Y, Hoshi K, Yoneki K, Harada M, Watanabe T, Shimoda T, Suzuki Y, Matsunaga Y, Kamiya K, Yoshida A, Matsunaga A
Kidney & blood pressure research   43(5) 1505-1515   Oct 2018   [Refereed]
Miura Hajime, Shimizu Shinobu, Noma Takao, Ichinosaw Yuta, Shimose Ryota, Tsunoda Satoshi, Kamiya Kentaro, Matsunaga Atsuhiko
The Kitasato Medical Journal   48(2) 118-127   Sep 2018   [Refereed]
Nozaki K, Kamiya K, Matsue Y, Hamazaki N, Matsuzawa R, Tanaka S, Maekawa E, Kishi T, Matsunaga A, Masuda T, Izumi T, Ako J
Journal of cardiac failure      Sep 2018   [Refereed]
Nakamura T, Kamiya K, Matsunaga A, Hamazaki N, Matsuzawa R, Nozaki K, Tanaka S, Yamashita M, Maekawa E, Noda C, Yamaoka-Tojo M, Masuda T, Ako J
Nutrition, metabolism, and cardiovascular diseases : NMCD   28(7) 743-748   Jul 2018   [Refereed]
Tanaka S, Kamiya K, Hamazaki N, Matsuzawa R, Nozaki K, Maekawa E, Noda C, Yamaoka-Tojo M, Matsunaga A, Masuda T, Ako J
Journal of cardiac failure      Jul 2018   [Refereed]
Tanaka S, Masuda T, Kamada Y, Hamazaki N, Kamiya K, Ogura MN, Maekawa E, Noda C, Yamaoka-Tojo M, Ako J
Journal of hypertension   36(6) 1291-1298   Jun 2018   [Refereed]
Yoneki K, Kitagawa J, Hoshi K, Harada M, Watanabe T, Shimoda T, Matsuzawa R, Yoshida A, Matsunaga Y, Takeuchi Y, Kamiya K, Matsunaga A
Journal of bone and mineral metabolism      Jan 2018   [Refereed]
Kamiya K, Hamazaki N, Matsue Y, Mezzani A, Corrà U, Matsuzawa R, Nozaki K, Tanaka S, Maekawa E, Noda C, Yamaoka-Tojo M, Matsunaga A, Masuda T, Ako J
European journal of preventive cardiology   25(2) 212-219   Jan 2018   [Refereed]
SARC-F questionnaire identifies physical limitations and predicts post discharge outcomes in elderly patients with cardiovascular disease
Shinya Tanaka, Kentaro Kamiya, Nobuaki Hamazaki, Ryota Matsuzawa, Kohei Nozaki, Yuta Ichinosawa, Manae Harada, Takeshi Nakamura, Emi Maekawa, Chiharu Noda, Minako Yamaoka-Tojo, Atsuhiko Matsunaga, Takashi Masuda, Junya Ako
JCSM Clinical Reports   3(1) e00056   2018   [Refereed]
Tanaka S, Kamiya K, Matsue Y, Yonezawa R, Saito H, Hamazaki N, Matsuzawa R, Nozaki K, Wakaume K, Endo Y, Maekawa E, Yamaoka-Tojo M, Shiono T, Inomata T, Masuda T, Ako J
Clinical cardiology   40(12) 1189-1196   Dec 2017   [Refereed]
Yamashita M, Kamiya K, Matsunaga A, Kitamura T, Hamazaki N, Matsuzawa R, Nozaki K, Tanaka S, Nakamura T, Maekawa E, Masuda T, Ako J, Miyaji K
The Canadian journal of cardiology   33(12) 1652-1659   Dec 2017   [Refereed]
Tanaka S, Kamiya K, Hamazaki N, Matsuzawa R, Nozaki K, Maekawa E, Noda C, Yamaoka-Tojo M, Matsunaga A, Masuda T, Ako J
Journal of the American Medical Directors Association   18(2) 176-181   Feb 2017   [Refereed]
Kamiya K, Masuda T, Matsue Y, Hamazaki N, Matsuzawa R, Tanaka S, Nozaki K, Maekawa E, Noda C, Yamaoka-Tojo M, Matsunaga A, Ako J
The American journal of cardiology   119(2) 186-191   Jan 2017   [Refereed]
Association between chronic kidney disease and physical activity level in patients with ischemic heart disease
Ryota Matsuzawa, Takashi Masuda, Kentaro Kamiya, Nobuaki Hamazaki, Kohei Nozaki, Shinya Tanaka, Emi Maekawa, Junya Ako
Renal Replacement Therapy   3(1) 28   2017   [Refereed]
Sarcopenia: prevalence and prognostic implications in elderly patients with cardiovascular disease
Kentaro Kamiya, Nobuaki Hamazaki, Ryota Matsuzawa, Kohei Nozaki, Shinya Tanaka, Yuta Ichinosawa, Emi Maekawa, Chiharu Noda, Minako Yamaoka-Tojo, Atsuhiko Matsunaga, Takashi Masuda, Junya Ako
JCSM Clinical Reports   2(2) e00041   2017   [Refereed]
Tanaka S, Kamiya K, Masuda T, Hamazaki N, Matsuzawa R, Nozaki K, Maekawa E, Noda C, Yamaoka-Tojo M, Matsunaga A, Ako J
International journal of cardiology   224 400-405   Dec 2016   [Refereed]
Tanaka S, Masuda T, Kamiya K, Hamazaki N, Akiyama A, Kamada Y, Maekawa E, Noda C, Yamaoka-Tojo M, Ako J
International heart journal   57(6) 676-681   Dec 2016   [Refereed]
Kamiya K, Masuda T, Matsue Y, Inomata T, Hamazaki N, Matsuzawa R, Tanaka S, Nozaki K, Maekawa E, Noda C, Yamaoka-Tojo M, Matsunaga A, Izumi T, Ako J
JACC. Heart failure   4(4) 265-273   Apr 2016   [Refereed]
Shimizu R, Hotta K, Yamamoto S, Matsumoto T, Kamiya K, Kato M, Hamazaki N, Kamekawa D, Akiyama A, Kamada Y, Tanaka S, Masuda T
European journal of applied physiology   116(4) 749-757   Apr 2016   [Refereed]
Kamiya K, Satoh A, Niwano S, Tanaka S, Miida K, Hamazaki N, Maekawa E, Matsuzawa R, Nozaki K, Masuda T, Ako J
Journal of electrocardiology   49(1) 99-101   Jan 2016   [Refereed]
Kamiya A, Kamiya K, Tatsumi H, Suzuki M, Horiguchi S
Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association   24(11) 2561-2564   Nov 2015   [Refereed]
Kamiya K, Masuda T, Tanaka S, Hamazaki N, Matsue Y, Mezzani A, Matsuzawa R, Nozaki K, Maekawa E, Noda C, Yamaoka-Tojo M, Arai Y, Matsunaga A, Izumi T, Ako J
The American journal of medicine   128(11) 1212-1219   Nov 2015   [Refereed]
Kamiya K, Mezzani A, Hotta K, Shimizu R, Kamekawa D, Noda C, Yamaoka-Tojo M, Matsunaga A, Masuda T
European journal of preventive cardiology   21(10) 1285-1291   Oct 2014   [Refereed]
Yamamoto S, Matsunaga A, Wang G, Hoshi K, Kamiya K, Noda C, Kimura M, Yamaoka-Tojo M, Masuda T
International heart journal   55(5) 397-403   2014   [Refereed]
Tabata M, Shimizu R, Kamekawa D, Kato M, Kamiya K, Akiyama A, Kamada Y, Tanaka S, Noda C, Masuda T
International heart journal   55(4) 331-336   2014   [Refereed]
Corrà U, Giordano A, Mezzani A, Pistono M, Gnemmi M, Kamiya K, Giannuzzi P
International journal of cardiology   168(4) 3419-3423   Oct 2013   [Refereed]
Hotta K, Kamiya K, Shimizu R, Yokoyama M, Nakamura-Ogura M, Tabata M, Kamekawa D, Akiyama A, Kato M, Noda C, Matsunaga A, Masuda T
International heart journal   54(2) 59-63   2013   [Refereed]
Hippotherapy to improve hypertonia caused by an autonomic imbalance in children with spastic cerebral palsy
M Yokoyama, T Kaname, M Tabata, K Hotta, R Shimizu, K Kamiya, D Kamekawa, M Kato, A Akiyama, M Ohta, T Masuda
Kitasato Med J   43(1) 67-73   2013   [Refereed]
Kamiya K, Mezzani A, Masuda T, Matsunaga A, Izumi T, Giannuzzi P
International journal of cardiology   160(3) e44-5   Oct 2012   [Refereed]
Aiba N, Hotta K, Yokoyama M, Wang G, Tabata M, Kamiya K, Shimizu R, Kamekawa D, Hoshi K, Yamaoka-Tojo M, Masuda T
The American journal of cardiology   109(8) 1164-1170   Apr 2012   [Refereed]
Suto K, Urabe K, Naruse K, Uchida K, Matsuura T, Mikuni-Takagaki Y, Suto M, Nemoto N, Kamiya K, Itoman M
Cell and tissue banking   13(1) 71-80   Mar 2012   [Refereed]
Yamamoto S, Matsunaga A, Kamiya K, Miida K, Ebina Y, Hotta K, Shimizu R, Matsuzawa R, Abe Y, Kimura M, Shimizu S, Watanabe H, Noda C, Yamaoka-Tojo M, Masuda T, Izumi T
International heart journal   53(6) 347-352   2012   [Refereed]
Satoh A, Niwano S, Niwano H, Kamiya K, Kishihara J, Aoyama Y, Kameda R, Oikawa J, Yuge M, Izumi T
International heart journal   53(5) 276-281   2012   [Refereed]
[Exercise training as a therapeutic strategy for ischemic cardiomyopathy].
Matsunaga A, Kamiya K, Yamamoto S
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   69 Suppl 9 457-461   Nov 2011   [Refereed]
Saitoh M, Matsunaga A, Kamiya K, Ogura MN, Sakamoto J, Yonezawa R, Kasahara Y, Watanabe H, Masuda T
Archives of physical medicine and rehabilitation   86(5) 1024-1029   May 2005   [Refereed]

Misc

 
中村岳史, 神谷健太郎, 神谷健太郎
臨床理学療法研究   35 15‐18   Aug 2018
【高齢者心不全マネージメント-現在と未来-】 臨床に役立つQ&A サルコペニアを合併した高齢心不全患者に対する評価と介入について教えてください
山下 真司, 神谷 健太郎
Geriatric Medicine   56(7) 659-662   Jul 2018
心血管疾患は加齢に伴い発症率が増加する代表的な疾患であるが、近年注目を集めているサルコペニアも2017年にICD-10に加えられるなど、その重要性が認識されるようになってきている。筆者らの検討では、65歳以上の高齢心不全患者のサルコペニア有病率は35.2%、75歳以上では46.7%にものぼり、ほかの心血管疾患患者や地域在住高齢者と比較しても極めて高い。本稿では、高齢心不全患者におけるサルコペニアの評価と介入について最近の研究成果を交えて紹介する。(著者抄録)
【理学療法における全身管理の指標の理解】 理学療法における「体温」の理解のポイント
野崎 康平, 神谷 健太郎
理学療法   35(6) 510-515   Jun 2018
1.体温とは核心温のことを指し、直腸温や膀胱温がその良い指標とされるが、臨床では腋窩温や口腔温で代替されることが多い。2.腋窩温は外殻温であり、環境温度や汗の影響を受けやすいため、注意して測定する必要がある。3.日本人の正常体温は腋窩温で36.89℃とされ、感染症法による発熱の定義は37.5℃以上とされている。4.体温はリハビリテーション可否のスクリーニングに用いられ、日本リハビリテーション医学会では、体温が38.0℃以上ある場合は積極的なリハビリテーションは行わないよう定めている。5.理...
【PICS 集中治療後症候群】(Part 5)コメディカル・地域におけるPICS 理学療法士から見たPICS-PICSの評価とリハビリテーションの可能性
神谷 健太郎
Intensivist   10(1) 177-188   Jan 2018
<Main points>PICSの予防と改善にはICUから退室後のシームレスなリハビリテーションが重要。どのような患者に,いつから,どのようなリハビリテーションを行うべきか,未解明な点が多い。早期リハビリテーションのエキスパートコンセンサスに基づき,標準ケアとしてのリハビリテーションが普及することが期待される。(著者抄録)
心血管疾患患者におけるサルコペニア評価と意義
神谷 健太郎, 松永 篤彦, 東條 美奈子, 増田 卓, 阿古 潤哉
日本循環器病予防学会誌   52(3) 255-260   Dec 2017
心血管疾患は加齢に伴い増加する疾患群であり、ケアの対象は疾患の治療だけでなく、合併症や日常生活活動能力、認知機能など多岐にわたる。サルコペニアやフレイルはその中心をなすものであるが、心血管疾患領域においてはようやくその重要性が認識されるようになってきた。サルコペニアの定義・疫学、サルコペニア評価の意義、サルコペニアに対する介入について述べた。
神谷 健太郎
理学療法ジャーナル   51(8) 673-678   Aug 2017
治す理学療法 虚血性心疾患の心臓リハビリテーション 病態の理解から最近のエビデンスまで
神谷 健太郎
理学療法学   44(Suppl.1) 21-25   Apr 2017
【サルコペニアとフレイル-最新知見から考えるその高齢社会における意義-】 心不全とサルコペニア
神谷 健太郎
Geriatric Medicine   55(1) 61-64   Jan 2017
2016年に改訂された欧州の心不全ガイドラインにおいて、サルコペニアは心不全患者における重要なcomorbidityの1つとして初めて明記された。筋量や筋力の低下は、心不全患者におけるADL、QOLや生命予後の強力な予測因子であり、侵襲的治療を施行する際の合併症や死亡リスクを高める。加齢に伴い急増する心不全の治療やケアにおいて、サルコペニアの予防と治療は極めて重要な役割を果たす。(著者抄録)
【仕事の流儀 業務別に見る"これがうちの心不全チーム"】 心不全急性期リハ 東の声を聞く
神谷 健太郎
循環器ナーシング   6(9) 55-63   Sep 2016
<point>●うっ血が主体の急性心不全では、早期心リハ介入が可能である!●臥床後10日以内は、骨格筋保持のゴールデンタイム!●安定期の外来心リハは、心不全標準治療の1つとして導入すべき!(著者抄録)
循環器疾患とサルコペニアを考える 高齢循環器疾患患者におけるサルコペニア指標と心臓リハビリテーション
神谷 健太郎
Therapeutic Research   37(9) 836-837   Sep 2016
神谷 健太郎, 齋藤 洋, 米澤 隆介, 濱崎 伸明, 田中 伸弥, 遠藤 佳子, 松沢 良太, 若梅 一樹, 野崎 康平, 前川 恵美, 松永 篤彦, 増田 卓
理学療法学   43(2) 146-147   Apr 2016
本研究は、心不全の急性増悪によって入院した症例に対する急性期の集中的な運動療法の効果を多施設で検証することを主目的としている。本中間報告では、介入試験におけるプライマリーエンドポイントを決定することを目的とし、急性心不全患者の運動機能の特徴をヒストグラムで、急性期の運動療法介入に対する運動機能指標の反応性を標準化反応平均(SRM)で評価した。対象は急性心不全で入院した患者180名(年齢69±13歳)で、入院後7日以内と退院時に運動機能評価を施行した。運動機能は、足関節背屈可動域、片脚立位時...
入院早期に評価したShort Physical Performance Batteryは心不全で入院した後期高齢者の退院時における歩行能力を予測する
田中 伸弥, 増田 卓, 神谷 健太郎, 濱崎 伸明, 松沢 良太, 野崎 康平, 岩村 貴美, 河野 真理, 五十嵐 亜希子, 青山 晃大, 中村 岳史, 藪 香苗, 前川 恵美, 東條 美奈子, 阿古 潤哉
日本循環器病予防学会誌   51(1) 1-9   Mar 2016
【背景】Short Physical Performance Battery(SPPB)は、下肢の運動機能を簡便に評価でき、虚弱高齢者の運動機能の評価指標として推奨されている。本研究の目的は、心不全で入院した後期高齢者において、入院早期に評価したSPPBが退院時における歩行能力の予測に有用であるか否かを検討することである。【方法】心不全で入院した75歳以上の患者のうち、心臓リハビリテーションが処方された111例(81±5歳、男63例)を対象とした。心臓リハビリテーション開始早期にSPPB(...
【新人さんが来る前に!ACS総まとめ】 ACSの心臓リハビリテーション
神谷 健太郎
循環器ナーシング   6(1) 81-90   Jan 2016
<point>●ACS患者であっても過剰な安静は有害である!●運動耐容能と筋力は、QOLおよび生命予後を反映する重要な評価指標である!●回復期の運動療法は、有酸素運動とレジスタンストレーニングを中心に組み立てる!●外来での包括的な疾病管理は、重要な心臓リハビリテーションの構成要素!(著者抄録)
これからの理学療法研究 世界への発信 循環器理学療法の立場から
神谷 健太郎
理学療法学   42(8) 706-707   Dec 2015
【急性期リハビリテーションにおけるチーム医療】 急性期リハビリテーションにおける骨格筋電気刺激療法の効果と課題
神谷 健太郎
MEDICAL REHABILITATION   (190) 64-68   Nov 2015
集中治療領域において骨格筋の機能や量をいかに維持するかが重要なアウトカムの1つとして認識されるようになっている。神経筋電気刺激療法は、患者の意識状態にかかわらず骨格筋を電気刺激によって収縮させることができるため、早期から神経筋電気刺激療法を導入して、その効果を検証する比較試験が実施されている。本稿では、集中治療領域における神経筋電気刺激療法の介入研究をレビューし、現在までにわかっている知見と今後の課題について考えたい。(著者抄録)
【知っておきたい生活習慣病リハビリテーション】 心臓病とリハビリテーション
増田 卓, 神谷 健太郎
成人病と生活習慣病   45(11) 1335-1339   Nov 2015
心臓リハビリテーション(心リハ)の主な目的は、心血管系疾患の再発予防、身体的・精神的デコンディショニングの是正あるいは予防、QOL(生活の質)の向上である。心リハは、医学的な評価、運動療法、患者や家族への啓発・教育およびカウンセリングから構成される包括的な疾病管理プログラムである。心リハは、心血管系疾患に対する重要な治療戦略の一つであり、患者の予後を改善する効果が期待できる。心血管系疾患を有する患者は、高齢で多疾患を合併することが多いため、心リハの実施には患者に対する医学的評価が重要となる...
田中 伸弥, 神谷 健太郎, 濱崎 伸明, 増田 卓
理学療法学   42(2) 152-153   Apr 2015
本研究は、閉塞性動脈硬化症(以下、ASO)患者に対する監視下運動療法に加えて神経筋電気刺激(以下、NMES)を併用した運動療法を行うことが有益であるか否かを明らかにすることを目的とした。本報告書においては、現在も研究継続中であるため、ホームエクササイズとしてのNMES実施の安全性と実現可能性について検討し報告する。対象は、内科的治療が行われているASO患者である。対象者は、週1回のトレッドミルを用いた監視下運動療法を行う歩行指導群と、それに加えてNMESによるホームエクササイズを行うNME...
左室補助人工心臓を装着した患者に対する高強度インターバルトレーニングの効果
濱崎 伸明, 増田 卓, 神谷 健太郎, 北村 律, 猪又 孝元, 見井田 和正, 木下 春奈, 河野 真理, 蛯名 由加里, 五十嵐 亜希子, 野田 千春, 阿古 潤哉, 宮地 鑑
心臓リハビリテーション   20(1) 268-272   Mar 2015
【背景】左室補助人工心臓(LVAD)を装着した患者に高強度インターバルトレーニング(HIIT)を施行し、運動耐容能の改善が得られた症例を経験した。【症例】29才、男性。左室駆出率(LVEF)12%の拡張型心筋症で入院し、第6病日に体外式LVAD植え込み術を施行した。心臓リハビリテーションを開始し、第86病日のLVEFは54%で、LVAD駆動時の心肺運動負荷試験(CPX)ではpeak VO2 16.9mL/kg/min、VE/VCO2 slope 31.1であった。運動耐容能の向上のため、L...
慢性心不全患者の退院時における6分間歩行距離を規定する因子の検討
野崎 康平, 木村 雅彦, 神谷 健太郎, 野田 千春, 東條 美奈子, 増田 卓, 松永 篤彦
臨床理学療法研究   31 25-29   Jul 2014
慢性心不全(CHF)患者に対する予後改善を目的とした心臓リハビリテーションにおいて、運動耐容能の指標である退院時の6分間歩行距離(6MWD)は予後予測指標として用いられているが、6MWDの規定因子は十分に明らかではない。本研究は、入院加療を要し退院時に6MWDを測定したCHF患者連続140例を対象として、臨床的背景因子、運動機能および呼吸機能に着目して6MWDを規定する因子について検討した。その結果、心不全増悪による過去の入院回数、下肢筋力、バランス能力および肺機能がCHF患者の退院時6M...
研修医・病棟医に対する心臓リハビリテーション体験がもたらす教育の効果
野田 千春, 増田 卓, 河野 真理, 蛯名 由加里, 五十嵐 亜希子, 神谷 健太郎, 濱崎 伸明, 見井田 和正, 阿古 潤哉
心臓リハビリテーション   19(1) 133-137   Feb 2014
【目的】心臓リハビリテーション(以下、心リハ)の普及率が低い原因として、医師教育の乏しさが挙げられるが、現状と教育について検討された報告はない。そこで卒前・卒後教育の現状を調査し、心リハ体験が研修医や病棟医の認識と理解度を上げる教育として有用であるかについて検討した。【方法】卒前教育は北里大学医学部、看護学部、医療衛生学部における講義と実習時間を、卒後教育は当科の各々を調査した。さらに2011年度より当科にローテーションした研修医・病棟医計118人を対象に講義と心リハ体験を行い、前後でアン...
神谷 健太郎
理学療法学   40(8) 573-577   Dec 2013
高齢虚血性心疾患患者の入院期における最大歩行速度は再入院を予測する強力な因子である
山本 周平, 松永 篤彦, 神谷 健太郎, 蛯名 由加里, 牧野 彰宏, 壬生 和博, 山崎 丞一, 澁谷 真香, 金子 喜恵, 清水 絵里香, 野崎 康平, 米木 慶, 木村 雅彦, 野田 千春, 増田 卓
臨床理学療法研究   30 15-19   Jul 2013
入院期心臓リハビリテーションを処方された高齢虚血性心疾患患者96例を退院前の最大歩行速度でFast群(男性90m/min以上および女性81m/min以上)とSlow群の2群に分類し、最大歩行速度が退院後3年以内の再入院に与える影響を3年間の後ろ向きコホート研究により明らかにした。その結果、Fast群はSlow群と比較して有意に再入院率が低く、さらに背景因子で調整を加えたCOX比例ハザードモデルによる多変量解析の結果においても、最大歩行速度は再入院を予測する有意な因子であった(ハザード比:0...
神谷 健太郎
理学療法ジャーナル   47(4) 318-324   Apr 2013
ペットを飼育する急性心筋梗塞患者における周波数領域・非線形領域解析を用いた心拍変動に関する検討
饗庭 尚子, 堀田 一樹, 田畑 稔, 横山 美佐子, 神谷 健太郎, 清水 良祐, 亀川 大輔, 加藤 倫卓, 中村 賢, 増田 卓
ストレス科学   27(4) 410-418   Apr 2013
心筋梗塞患者において,ペットを飼育する患者は非飼育の患者と比較して退院後の1年生存率が高く,ペット飼育患者の時間領域解析による心拍変動は,非飼育患者と比べて高値を示すことが先行研究において報告されている。しかしながら,周波数領域解析や非線形領域解析を用いて,急性心筋梗塞(AMI)患者の自律神経活動をペット飼育者と非飼育者に分けて比較した研究は極めて少ない。本研究は,AMI患者をペット飼育者と非飼育者に分類し,それぞれの心拍変動を周波数領域解析と非線形領域解析を用いて比較した。AMIで入院し...
【研究のすすめ 臨床での私の研究の取り組み】 臨床での私の研究の取り組み 循環器疾患分野における臨床研究を中心に
神谷 健太郎
理学療法: 技術と研究   (41) 11-15   Feb 2013
高齢虚血性心疾患患者の退院後の身体活動強度は下肢筋力だけでなくバランス機能の影響を受けている
根本 慎司, 松永 篤彦, 山本 周平, 亀川 大輔, 松沢 良太, 阿部 義史, 高橋 佑太, 林 祐介, 室内 直樹, 若梅 一樹, 木村 雅彦, 神谷 健太郎, 見井田 和正, 野田 千春, 東條 美奈子, 増田 卓, 和泉 徹
心臓リハビリテーション   17(1) 98-102   Feb 2012
【目的】虚血性心疾患(IHD)患者の退院後における中強度以上の身体活動時間を調査し、運動機能との関係を壮年者と高齢者で比較検討することを目的とした。【方法】入院期心臓リハビリテーションを処方されたIHD患者を壮年群と高齢群の2群に分け、各群の退院時の運動機能[膝伸展筋力、片脚立位時間(OLST)、Functional Reach(FR)、および姿勢安定度評価指標(IPS)]を調査した。また、各群の退院後2週間の中強度以上の身体活動時間を調査し、一日あたりの平均値を算出した。【結果】壮年群で...
【高齢者の心不全】 高齢者心不全のリハビリテーションを考える
東條 美奈子, 神谷 健太郎
Geriatric Medicine   50(1) 33-37   Jan 2012
心不全は高齢者入院の主要疾患であり、その再入院率の高さから、疾病負担の急激な増加が社会問題となっている。近年、慢性心不全に対する適切なリハビリテーションによって、心臓逆リモデリングが期待できることが明らかになってきた。一方、高齢心疾患患者の生活機能や歩行能力は、心肺機能よりもバランス機能や筋力などの運動機能によって規定される。日々のトレーニングに、数分間のバランス練習を追加することで、バランス機能は著明に改善するため、高齢者心不全のリハビリテーションは、独歩を守ることを優先課題とし、心不全...
【冠動脈疾患(下)-診断と治療の進歩-】 虚血性心筋症の臨床 虚血性心筋症の治療戦略 虚血性心筋症に対する運動療法
松永 篤彦, 神谷 健太郎, 山本 周平
日本臨床   69(増刊9 冠動脈疾患(下)) 457-461   Nov 2011
心血管病患者における禁煙宣言の受容は退院後の再喫煙予防において重要な因子となる
河野 真理, 増田 卓, 神谷 健太郎, 高橋 由美, 見井田 和正, 山本 周平, 堀田 一樹, 木村 雅彦, 松永 篤彦, 野田 千春, 和泉 徹
心臓リハビリテーション   15(2) 301-305   Jun 2010
【目的】心血管病で入院した喫煙習慣のある患者が、退院後に再喫煙するか否かを予測する因子について検討した。【方法】入院中の心血管病患者40名を対象に禁煙支援を行い、退院後3ヵ月まで禁煙した患者と再喫煙した患者を比較した。入院中にブリンクマン指数と喫煙開始年齢を評価し、禁煙宣言の受容を促した。また入院中と退院後に、タバコ依存症スクリーニング、ファガストロームニコチン依存度テスト、禁煙セルフエフィカシーを評価した。【結果】再喫煙に関する因子として、禁煙宣言受容の有無、集中治療室への入室の有無、喫...
入院期高齢虚血性心疾患患者は骨格筋筋力に加えてバランス機能も低下している
山本 周平, 松永 篤彦, 石井 玲, 松本 卓也, 堀田 一樹, 清水 良祐, 鈴木 秀俊, 松嶋 真哉, 神谷 健太郎, 見井田 和正, 高橋 由美, 河野 真理, 増田 卓, 和泉 徹
日本循環器病予防学会誌   45(1) 1-8   Feb 2010
【目的】虚血性心疾患(IHD)は日常生活動作(ADL)の障害を引き起こす疾患であり、高齢IHD患者のADL障害には骨格筋筋力やバランス機能などの運動機能の低下が関与すると報告されている。そこで本研究は、高齢IHD患者の運動機能と地域在住高齢者と比較し、高齢IHD患者の運動機能の特性を把握することを目的とした。【方法】対象は、入院期心臓リハビリテーション(心リハ)を終了した65歳以上80歳未満の高齢IHD患者363例(男性269例、女性94例)と地域在住高齢者75例(男性39例、女性36例)...
切れ目のない患者教育を目指して 病棟看護からリハビリへ、いかに患者をつないでいくか 高齢心疾患患者に対する多職種との退院調整カンファレンスを導入して
小野 由加里, 高橋 由美, 神谷 健太郎, 和泉 徹
心臓リハビリテーション   15(1) 41-43   Feb 2010
近年、心疾患による入院患者の高齢者の比率は増加しており、入院生活において、ADLが低下し自宅退院が困難となる症例を経験している。そこで、A病院心臓血管センターに入院した65歳以上の高齢者を対象に、転院に影響する患者背景因子を調査した。その結果、独居・ADL非自立が転院に影響していることが明らかになった。このことから、病前のADLや家族構成などの環境要因を把握することが、自宅退院率の向上につながると示唆された。そこで、退院後の生活を見越した計画的な介入を行っていくため、A病院心臓血管センター...
入院期高齢心疾患患者の運動療法におけるバランストレーニングの導入効果について
山本 周平, 松永 篤彦, 石井 玲, 堀田 一樹, 藤山 祐司, 倉形 裕史, 小澤 哲也, 清水 良祐, 鈴木 秀俊, 松嶋 真哉, 高橋 由美, 神谷 健太郎, 見井田 和正, 木村 雅彦, 増田 卓
臨床理学療法研究   26 31-34   Jul 2009
入院期高齢虚血性心疾患(IHD)患者の運動機能は、骨格筋筋力だけではなくバランス機能が低下していることが指摘されている。そこで、本研究は、入院期心臓リハビリテーション(心リハ)を処方された高齢IHD患者66例(72±5歳)を従来の運動療法である有酸素運動とレジスタンストレーニングのみ実施した従来群と従来の運動療法にバランストレーニングを加えたバランス群の2群に分けて運動療法を実施し、臨床的背景因子、膝伸展筋力および姿勢安定度評価指標(IPS)を比較検討した。その結果、臨床的背景因子と退院時...
筋力ならびにバランス機能のエクササイズを主体とした心臓リハビリテーションにより運動耐容能の向上が得られた重症心不全の一症例
神谷 健太郎, 増田 卓, 並木 優子, 高橋 由美, 河野 真理, 木村 雅彦, 小倉 彩, 松永 篤彦, 野田 千春, 和泉 徹
心臓リハビリテーション   14(2) 358-362   Jun 2009
【背景】心不全の治療のために長期間の臥床を要した急性心筋梗塞(AMI)患者に対して、筋力とバランスエクササイズを合わせた運動療法を行い、運動耐容能の向上が得られたので報告する。【症例】52歳、男性。AMIで来院し冠動脈造影(CAG)中に心室細動を生じたため、PCPSを装着しCCUに入室した。合併した心不全と感染症に対してCCUで85日間の治療を行い、一般病棟へ転棟した。起立練習開始時のBNPは363pg/mL、左室駆出率(LVEF)は30%であり、坐位で起立性低血圧を認めた。起立性低血圧に...
入院期高齢心疾患患者の最大歩行速度に関する検討
山本 周平, 松永 篤彦, 澤入 豊和, 石井 玲, 松本 卓也, 佐藤 友則, 堀田 一樹, 神谷 健太郎, 並木 優子, 高橋 由美, 増田 卓, 和泉 徹
心臓リハビリテーション   13(2) 304-308   Jun 2008
入院期高齢心疾患患者の最大歩行速度について検討した。対象は入院期心臓リハビリテーション(心リハ)を処方された心疾患患者34例で、65歳以上の高齢群16例と65歳未満の壮年群18例に分けて比較した。その結果、1)臨床的背景は年齢以外に両群間で有意差はなかった。2)退院時の運動機能は、高齢群では壮年群に比し膝伸展筋力、動的バランス能力指標のfunctional reach test(FRT)、姿勢安定度評価指数(IPS)、10m最大歩行速度(MWS)が有意に低値であった。3)退院時のMWSと各...
増田 正和, 佐々木 登久美, 東條 圭一, 神谷 健太郎, 新井 万理子, 藤木 清江, 守屋 夏美, 青山 直善, 和泉 徹
呼吸と循環   56(2) 151-157   Feb 2008
変形性膝関節症におけるQuality of Life(QOL)と身体特性との関係 日本版膝関節症機能評価尺度(JKOM)を用いた評価
渡邊 裕之, 占部 憲, 神谷 健太郎, 濱崎 伸明, 見井田 和正, 須田 久美, 辺土名 隆, 藤田 護, 相川 淳, 糸満 盛憲, 二見 俊郎
理学療法学   34(3) 67-73   Jun 2007
変形性膝関節症(膝OA)におけるquality of Life(QOL)と身体特性との関係について検討した。対象は著者らの膝教室に参加した膝OA27例27膝(全例女性、平均年齢63.7歳)で、日本版膝関節症機能評価尺度(JKOM)を用いて調べた。その結果、1)膝OA重症度分布はgrade 1:2例、grade 2:21例、grade 3:3例、grade 5:1例であった。2)JKOMスコアと身体特性との関係では、BMI、痛み(VAS)、重症度分類が有意な正の相関を、膝屈曲可動域、膝伸展筋...
石井 玲, 松永 篤彦, 神谷 健太郎, 小池 朋孝, 横山 美佐子, 佐藤 春彦, 増田 卓, 和泉 徹
呼吸と循環   54(3) 295-300   Mar 2006
対側下肢の固定肢位が股関節外転筋力に与える影響
濱嵜 伸明, 神谷 健太郎, 小池 朋孝, 遠原 真一, 戸神 美佳
日本私立医科大学理学療法学会誌   (22) 73-76   Sep 2005
筋力発揮に有効な対側下肢の固定方法を検討するため,健常成人を対象に,対側下肢に対し二通りの固定方法と非固定を設定し,測定側股関節外転筋群(外転筋)力に与える影響について比較した.外転筋力の平均値は非固定23.4±6.2kg,伸展運動固定24.8±6.1kg,外転運動固定30.0±6.1kgであった.ICCは非固定0.93,外転運動固定0.84,伸展運動固定0.86と良好であった.一元配置の分散分析で,固定方法の違いによる外転筋力の比較では,3群間に有意差を認めた.tukeyの検定では,外転...
疾病管理と心臓リハビリテーション 合併症を有する心疾患患者に心臓リハビリテーションを施行する際の留意点
上脇 玲奈, 増田 卓, 松永 篤彦, 齊藤 正和, 神谷 健太郎, 米澤 隆介, 坂本 純子, 前田 智美, 和泉 徹
心臓リハビリテーション   10(2) 178-181   Jun 2005
合併症や抑うつ状態に対応した心臓リハビリテーション(心リハ)処方指針を構築するため,心疾患患者の合併症および心理状態が心リハの進行状況や介入効果に及ぼす影響について調査し,心リハを施行する際の留意点について検討した.入院し,心リハを処方した989例を対象とした.疾患内訳は,急性心筋梗塞465例,冠動脈バイパス術後237例,狭心症139例,弁膜症89例,その他59例であった.合併症は,高血圧症(HT)が60%,高脂血症(HL)53%,糖尿病(DM)39%,抑うつ22%の順であった.進行状況の...
虚血性心疾患患者の運動機能が日常生活活動に及ぼす影響について
神谷 健太郎, 松永 篤彦, 齊藤 正和, 小林 直樹, 岩松 秀樹, 遠原 真一, 廣瀬 真純, 米澤 隆介, 坂本 純子, 永尾 久美子, 小倉 太一, 小倉 彩, 増田 卓, 和泉 徹
心臓リハビリテーション   9(1) 89-92   Apr 2004
入院期心臓リハビリテーションを処方された高齢虚血性心疾患疾患(IHD)36例を対象とし,入院時の臨床的背景因子および回復期のADL,筋力,平衡機能,柔軟性を評価した.ADL水準として,SASの5METsレベルに満たない患者は全体の44%を占めた.SASと脳性ナトリウム利尿ペプチドの間に有意な負の相関を認め,SASとFunctional Reach,片脚立位時間,Sitand Reach,握力,等尺性膝伸展筋力との間には有意な正の相関を認めた.重回帰分析で,心筋梗塞の合併と平衡機能の指標であ...
糖尿病を合併した虚血性心疾患患者のQOL特性
岩村 貴美, 高橋 由美, 岩松 秀樹, 廣瀬 真純, 増田 沙織, 齊藤 正和, 神谷 健太郎, 米澤 隆介, 坂本 純子, 松永 篤彦, 増田 卓, 守屋 達美, 田中 啓司, 町田 千絵子, 和泉 徹
心臓リハビリテーション   9(1) 96-100   Apr 2004
心臓リハビリテーション(心リハ)を処方され糖尿病(DM)を合併しない虚血性心疾患(IHD)24例(IHD群)と2型DMを合併するIHD 23例(DM+IHD群),および心リハの処方歴が無くIHDの無い2型DM 103例(DM群)を対象とした.SF-36の8つの下位尺度では,IHD群とDM+IHD群の身体的役割(RP),精神的役割(RE)はDM群に比べ有意に低値を示した.IHD群とDM+IHD群の下肢筋力の変化率は,DM-IHD群がIHD群に比べ有意に高値を示した.DM+IHD群の3ヵ月後の...
高齢心疾患患者の下肢筋力トレーニング目標値
松永 篤彦, 神谷 健太郎, 齊藤 正和, 岩村 貴美, 高橋 由美, 岩松 秀樹, 遠原 真一, 東條 美奈子, 増田 卓, 和泉 徹
心臓リハビリテーション   8(1) 49-52   May 2003
入院期心臓リハビリテーションを終了した高齢心疾患患者83例を対象に,退院時の運動耐容能と下肢筋力との関係を解析した.65歳以上の高齢心疾患患者(高齢群)29例の下肢筋力低下と関連した指標は,65歳未満の壮年心疾患患者(壮年群)54例に比べ,有意に劣っていることが認められた.退院後早期の復職,軽スポーツ,および運動の再開をより安全に導入するには10METs程度の運動耐容能を獲得せねばならず,55%BWは必要である.これは壮年群だけでなく,高齢群の筋力トレーニングの目標としても利用できると考え...
松永 篤彦, 神谷 健太郎, 増田 卓
理学療法ジャーナル   37(2) 156-162   Feb 2003
入院期の心臓リハビリテーションプログラムを終了した虚血性心疾患男性患者38例を対象に,下肢筋力測定とBruce法による運動負荷試験を行い,重回帰分析を用いて下肢筋力と運動耐容能の関係を検討した.Bruce法による運動負荷試験時の持続時間と完遂ステージレベルを運動耐容能の指標としたが,重回帰分析による持続時間推定の精度は低かった.下肢筋力とBruce法ステージIIIの完遂確率についてロジスティック回帰分析を行った結果,筋力40%BW-60%BWで急上昇した.ステージIII完遂は,下肢筋力の体...
糖尿病を合併した心疾患患者に対する行動療法的アプローチ
岩村 貴美, 高橋 由美, 関根 恵美子, 岩松 秀樹, 遠原 真一, 神谷 健太郎, 齊藤 正和, 幸田 誠, 小倉 彩, 松永 篤彦, 増田 卓, 東條 美奈子, 和泉 徹
日本看護学会論文集: 成人看護II   (33) 219-221   Jan 2003
糖尿病を合併した心疾患患者を対象に,糖尿病に対する意識を高めるために患者に知識と自己管理内容を意識化させ,効果を明確化し行動に対する報酬を与えることで行動変化を期待するという行動療法的アプローチを導入して,糖代謝,BMIならびに運動能力の変化を検討した.行動療法的アプローチは,糖代謝や運動能力の改善につながると共に,自己管理継続の動機付けに有効であることが示唆された

Books etc

 
Exercise Therapy -Evidence Review-
Atsuhiko Matsunaga, Kentaro Kamiya (Part:Editor)
Bunkodo   Jul 2018   

Teaching Experience

 
 

Research Grants & Projects

 
Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 18K10757 from the Ministry of Education, Culture, Sports, Science, and Technology (MEXT) of Japan.
Project Year: 2018 - 2020    Investigator(s): Kamiya Kentaro
AMED Research Grant (17ek0210080h0001, Chair: Hiroyuki Tsusui, Kyushu University)
Project Year: 2017 - 2019    Investigator(s): Tsutsui Hiroyuki (Kyushu University)
AMED Research Grant(16ek0210058h0001, Chair: Mitsuaki Isobe, Sakakibara Heart Institute)
Project Year: 2016 - 2019    Investigator(s): Isobe Mitsuaki (Sakakibara Heart Institute)
Mitsui Life Social Welfare Foundation
Project Year: 2017 - 2018    Investigator(s): Kamiya Kentaro
Grant-in-Aid for Scientific Research for Young Scientists (B), 15K16368 from the Ministry of Education, Culture, Sports, Science, and Technology (MEXT) of Japan.
Project Year: 2015 - 2017    Investigator(s): Kamiya Kentaro
Grant from the Japanese Physical Therapy Association
Project Year: 2013 - 2015    Investigator(s): Kamiya Kentaro
The Grant for Clinical and Epidemiologic Research of the Joint Project of Japan Heart Foundation and the Japanese Society of Cardiovascular Disease Prevention Sponsored by AstraZeneca.
Project Year: 2012 - 2014    Investigator(s): Kamiya Kentaro
Grant-in-Aid for Scientific Research for Young Scientists (B), 23700622 from the Ministry of Education, Culture, Sports, Science, and Technology (MEXT) of Japan.
Project Year: 2011 - 2013    Investigator(s): Kamiya Kentaro
SRL Research Grant
Project Year: 2010 - 2011    Investigator(s): Kamiya Kentaro