川村 健介

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/31 14:49
 
アバター
研究者氏名
川村 健介
 
カワムラ ケンスケ
eメール
kamukenaffrc.go.jp
URL
http://kamuken.boo.jp/KawamuraK/index.html
所属
国立研究開発法人国際農林水産業研究センター
部署
社会科学領域
職名
任期付研究員
学位
博士(農学)(岐阜大学)
科研費研究者番号
90523746
ORCID ID
http://orcid.org/0000-0002-2824-1266

プロフィール

リモートセンシングとIT機器を用いた草地の生態,精密な放牧管理技術の開発に取り組んでいます。2016年4月以降は,ラオスとマダガスカルの米生産に関する研究も行っています。

ResearcherID:
http://www.researcherid.com/rid/E-2431-2011
ResearchGate:
https://www.researchgate.net/profile/Kensuke_Kawamura
Publons:
https://publons.com/author/1277374/kensuke-kawamura#profile
ORCiD:
https://orcid.org/0000-0002-2824-1266

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
国際農林水産業研究センター 社会科学領域 任期付研究員
 
2004年4月
 - 
2006年3月
岐阜大学 流域圏科学研究センター 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
 
2005年7月
 - 
2006年3月
AgResearch Grassland Research Centre 客員研究員
 
2006年4月
 - 
2008年6月
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 
2007年10月
 - 
2008年9月
AgResearch Grassland Research Centre 客員研究員
 

学歴

 
 
 - 
2002年
岐阜大学 農学研究科 
 
 
 - 
2005年
岐阜大学 連合農学研究科 生物環境科学専攻
 
 
 - 
2000年
富山大学 理学部 生物圏環境科学科
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
システム農学会  企画委員長
 
2013年4月
 - 
2014年3月
日本草地学会  編集幹事
 
2011年4月
 - 
2017年3月
システム農学会  編集委員
 
2010年4月
 - 
現在
日本草地学会  国際情報担当委員
 
2011年3月
 - 
2013年3月
日本草地学会  企画委員
 
2010年4月
 - 
2012年3月
日本生態学会中国四国支部会  庶務幹事
 

受賞

 
2003年
Young Author Award (2003) International Workshop on Monitoring & Modeling of Global Environment Change organized by Working Group Ⅶ/6 ISPRS.
 
2005年
日本草地学会ベストポスター 最優秀賞(2005年度日本草地学会大会,東京)
 
2006年
日本草地学会研究奨励賞(2006年度日本草地学会大会,つくば)
 
2006年
日本草地学会ベストポスター 最優秀賞(2006年度日本草地学会大会,つくば)
 
2008年
システム農学会優秀発表賞(システム農学会2008年度秋季大会,酪農学園大学)
 

論文

 
Vichet, N., Kawamura, K., Trong, D.P., On, N.V., Gong, Z., Lim, J., Khom, S. and Bunly, C.
Environments   6(5) 57   2019年5月   [査読有り]
This study investigated spatio-temporal flood inundation and land cover change from 2002 to 2013 in the southern part of Cambodia using Terra satellite on-board Moderate Resolution Imaging Spectroradiometer (MODIS) images. The algorithm for flood ...
Ikeura, H., Phongchanmixay, S., Chomxaythong, A., Matsumoto, N., Kawamura, K., Homsengchanh, L. and Inkhamseng, S.
Paddy and Water Environment      2019年4月   [査読有り]
Irrigated areas in the Lao People's Democratic Republic (Laos) constitute only 12% of the total agricultural land. Most of the lowland rice is cultivated under rainfed conditions. The rice yield in rainfed fields is lower and more unstable than th...
Phongchanmixay, S., Bounyavong, B., Khanthavong, P., Khanthavong, T., Ikeura, H., Matsumoto, N. and Kawamura, K.
Paddy and Water Environment      2019年3月   [査読有り]
Savannakhet Province has 25% of the total lowland rice cultivation area of Lao People's Democratic Republic (Laos). However, most of the fields are rainfed, with highly permeable sandy soil, which has low water and nutrient availability. In such s...
Kawamura, K., Tsujimoto, Y., Nishigaki, T., Andriamananjara, A., Rabenarivo, M., Asai, H., Rakotoson, T. and Razafimbelo, T.
Remote Sensing   11(5)    2019年3月   [査読有り]
As a laboratory proximal sensing technique, the capability of visible and near-infrared (Vis-NIR) diffused reflectance spectroscopy with partial least squares (PLS) regression to determine soil properties has previously been demonstrated. However,...
Kensuke D. Kawamura, Hidetoshi Asai, Shintaro Kobayashi, Soukasdachanh Souvannasing, Phonevilay Sinavong and Thavone Inthavong
Sustainability   10(11) 4151   2018年11月   [査読有り]
The visual characteristics of rice grains play a primary role in determining the market price, and are used for grading systems in many rice-consuming countries. Laos is a rice-consuming country in Southeast Asia, but it does not have a functionin...
Vongvichith, B., Morioka, S., Kawamura, K. and Mori, A.
Japan Agricultural Research Quarterly   52(4) 359-366   2018年10月   [査読有り]
To determine the factors influencing the productivity of fish in rice paddies (rice-cum-fish) in Laos, this study conducted aquaculture trials using an indigenous fish (Anabas testudineus) in Feuang and Nasaythong Districts, Vientiane Province, La...
Kawamura Kensuke, Ikeura Hiroshi, Phongchanmaixay Sengthong, Khanthavong Phanthasin
REMOTE SENSING   10(8)    2018年8月   [査読有り]
Canopy hyperspectral (HS) sensing is a promising tool for estimating rice (Oryza sativa L.) yield. However, the timing of HS measurements is crucial for assessing grain yield prior to harvest because rice growth stages strongly influence the sensi...
Lv Renlong, El-Sabagh Mabrouk, Obitsu Taketo, Sugino Toshihisa, Kurokawa Yuzo, Kawamura Kensuke
ANIMAL SCIENCE JOURNAL   88(10) 1513-1522   2017年10月   [査読有り]
Fan Xinyan, Kawamura Kensuke, Xuan Tran Dang, Yuba Norio, Lim Jihyun, Yoshitoshi Rena, Truong Ngoc Minh, Kurokawa Yuzo, Obitsu Taketo
GRASSLAND SCIENCE   64(2) 145-150   2018年4月   [査読有り]
Automated monitoring systems with different temporal and spatial resolutions can achieve precision agriculture management. Unmanned aerial vehicle (UAV) systems open new possibilities for effectively characterizing the variability within cropping ...
Wang Zuomin, Kawamura Kensuke, Sakuno Yuji, Fan Xinyan, Gong Zhe, Lim Jihyun
REMOTE SENSING   9(3)    2017年3月   [査読有り]
Concentrations of chlorophyll-a (Chl-a) and total suspended solids (TSS) are significant parameters used to assess water quality. The objective of this study is to establish a quantitative model for estimating the Chl-a and the TSS concentrations ...
Fan Xinyan, Kawamura Kensuke, Guo Wei, Xuan Tran Dang, Lim Jihyun, Yuba Norio, Kurokawa Yuzo, Obitsu Taketo, Lv Renlong, Tsumiyama Yoshimasa, Yasuda Taisuke, Wang Zuomin
COMPUTERS AND ELECTRONICS IN AGRICULTURE   144 314-323   2018年1月   [査読有り]
Crop growth stage is critical for making decisions in nutrient management and for evaluating crop productivity. In this study, a simple visible and near-infrared (V-NIR) camera system was developed for monitoring the leaf area index (LAI) and quan...
Kawamura Kensuke, Tsujimoto Yasuhiro, Rabenarivo Michel, Asai Hidetoshi, Andriamananjara Andry, Rakotoson Tovohery
REMOTE SENSING   9(10)    2017年10月   [査読有り]
Sultana Nasrin, Igawa Takeshi, Islam Mohammed Mafizul, Hasan Mahmudul, Alam Mohammad Shafiqul, Komaki Shohei, Kawamura Kensuke, Khan Md. Mukhlesur Rahman, Sumida Masayuki
GENES & GENETIC SYSTEMS   91(4) 217-227   2016年8月   [査読有り]
Kurokawa Yuzo, Yamashita Rina, Okita Miki, Yoshitoshi Rena, Sugino Toshihisa, Obitsu Taketo, Kawamura Kensuke
ANIMAL SCIENCE JOURNAL   87(10) 1212-1217   2016年10月   [査読有り]
Yulianto Roni, Xuan Tran Dang, Kawamura Kensuke, Lim Jihyun, Yoshitoshi Rena, Fan Xinyan, Gong Zhe
INTERNATIONAL LETTERS OF NATURAL SCIENCES   58 70-76   2016年   [査読有り]
Fan Xinyan, Kawamura Kensuke, Lim Jihyun, Yoshitoshi Rena, Yuba Norio, Lee Hyo-Jin, Kurokawa Yuzo, Tsumiyama Yoshimasa
GRASSLAND SCIENCE   62(3) 188-193   2016年7月   [査読有り]
Yoshitoshi Rena, Watanabe Nariyasu, Yasuda Taisuke, Kawamura Kensuke, Sakanoue Seiichi, Lim Jihyun, Lee Hyo-Jin
AGRICULTURE ECOSYSTEMS & ENVIRONMENT   220 135-141   2016年3月   [査読有り]
Gong Zhe, Kawamura Kensuke, Ishikawa Naoto, Inaba Mizuki, Alateng Dalai
GRASSLAND SCIENCE   62(1) 45-54   2016年1月   [査読有り]
Nguyen On Van, Kawamura Kensuke, Dung Phan Trong, Gong Zhe, Suwandana Endan
ENVIRONMENTAL MONITORING AND ASSESSMENT   187(7)    2015年7月   [査読有り]
Lim Jihyun, Kawamura Kensuke, Lee Hyo-Jin, Yoshitoshi Rena, Kurokawa Yuzo, Tsumiyama Yoshimasa, Watanabe Nariyasu
GRASSLAND SCIENCE   61(2) 101-108   2015年6月   [査読有り]
Tanaka Shinya, Kawamura Kensuke, Maki Masayasu, Muramoto Yasunori, Yoshida Kazuaki, Akiyama Tsuyoshi
REMOTE SENSING   7(5) 5329-5346   2015年5月   [査読有り]
Yoshitoshi Rena, Watanabe Nariyasu, Yasuda Taisuke, Kawamura Kensuke, Sakanoue Seiichi, Lim Jihyun, Lee Hyo-Jin
GRASSLAND SCIENCE   61(1) 50-55   2015年3月   [査読有り]
Kuzuhara Yukako, Kawamura Kensuke, Yoshitoshi Rena, Tamaki Toru, Sugai Shun, Ikegami Mai, Kurokawa Yuzo, Obitsu Taketo, Okita Miki, Sugino Toshihisa, Yasuda Taisuke
COMPUTERS AND ELECTRONICS IN AGRICULTURE   111 186-193   2015年2月   [査読有り]
Watanabe Nariyasu, Sakanoue Seiichi, Lee Hyo-Jin, Lim Jihyun, Yoshitoshi Rena, Kawamura Kensuke
GRASSLAND SCIENCE   60(4) 214-224   2014年12月   [査読有り]
Kawamura Kensuke, Watanabe Nariyasu, Sakanoue Seiichi, Lee Hyo-Jin, Lim Jihyun, Yoshitoshi Rena
GRASSLAND SCIENCE   59(3) 166-172   2013年9月   [査読有り]
Yoshitoshi Rena, Watanabe Nariyasu, Kawamura Kensuke, Sakanoue Seiichi, Mizoguchi Ryo, Lee Hyo-Jin, Kurokawa Yuzo
RANGELAND ECOLOGY & MANAGEMENT   66(3) 382-386   2013年5月   [査読有り]
Ohtani Masato, Kondo Toshiaki, Tani Naoki, Ueno Saneyoshi, Lee Leong S., Ng Kevin K. S., Muhammad Norwati, Finkeldey Reiner, Na'iem Mohamad, Indrioko Sapto, Kamiya Koichi, Harada Ko, Diway Bibian, Khoo Eyen, Kawamura Kensuke, Tsumura Yoshihiko
MOLECULAR ECOLOGY   22(8) 2264-2279   2013年4月   [査読有り]
Suwandana Endan, Kawamura Kensuke, Sakuno Yuji, Kustiyanto Eko, Raharjo Beni
REMOTE SENSING   4(8) 2419-2431   2012年8月   [査読有り]
Kondo Toshiaki, Crisp Michael D., Linde Celeste, Bowman David M. J. S., Kawamura Kensuke, Kaneko Shingo, Isagi Yuji
PROCEEDINGS OF THE ROYAL SOCIETY B-BIOLOGICAL SCIENCES   279(1738) 2652-2661   2012年7月   [査読有り]
Suwandana Endan, Kawamura Kensuke, Sakuno Yuji, Evri Muhammad, Lesmana Agus H.
JOURNAL OF COASTAL RESEARCH   28(4) 956-963   2012年7月   [査読有り]
Suwandana Endan, Kawamura Kensuke, Sakuno Yuji, Kustiyanto Eko
REMOTE SENSING LETTERS   3(5) 423-432   2012年   [査読有り]
Kawamura Kensuke, Sakuno Yuji, Tanaka Yoshikazu, Lee Hyo-Jin, Lim Jihyun, Kurokawa Yuzo, Watanabe Nariyasu
JOURNAL OF APPLIED REMOTE SENSING   5    2011年11月   [査読有り]
Lee Hyo-Jin, Kawamura Kensuke, Watanabe Nariyasu, Sakanoue Seiichi, Sakuno Yuji, Itano Shiro, Nakagoshi Nobukazu
GRASSLAND SCIENCE   57(3) 142-149   2011年9月   [査読有り]
Shiyomi Masae, Akiyama Tsuyoshi, Wang Shiping, Yiruhan, Ailikun, Hori Yoshimichi, Chen Zuozhong, Yasuda Taisuke, Kawamura Kensuke, Yamamura Yasuo
ECOLOGICAL MODELLING   222(13) 2073-2083   2011年7月   [査読有り]
Kawamura Kensuke, Watanabe Nariyasu, Sakanoue Seiichi, Lee Hyo-Jin, Inoue Yoshio
GRASSLAND SCIENCE   57(2) 81-93   2011年6月   [査読有り]
Kawamura Kensuke, Watanabe Nariyasu, Sakanoue Seiichi, Lee Hyo-Jin, Inoue Yoshio, Odagawa Shinya
GRASSLAND SCIENCE   56(4) 205-216   2010年12月   [査読有り]
Watanabe Nariyasu, Umemura Kazuhiro, Sakanoue Seiichi, Kozakai Takaharu, Kawamura Kensuke
GRASSLAND SCIENCE   56(3) 160-167   2010年9月   [査読有り]
Kawamura Kensuke, Betteridge Keith, Sanches Ieda D., Tuohy Mike P., Costall Des, Inoue Yoshio
NEW ZEALAND JOURNAL OF AGRICULTURAL RESEARCH   52(4) 417-434   2009年12月   [査読有り]

Misc

 
川村健介, 林 志炫, 吉利怜奈, 渡辺也恭
沙漠研究   28(1) 19-24   2018年6月   [依頼有り]
近年,無人航空機(UAV)を用いたリモートセンシング技術を放牧地の管理へ活用する期待が高まりつつある.一方で,運用の安全性やデータ管理,画像データの解析方法など解決すべき課題が多く残されている.本稿では,放牧地におけるUAVの活用に向けて,(1)UAVの応用場面と必要なカメラ(センサ)の要件を整理し,(2)UAV技術の発展と放牧地での研究事例を紹介した後,(3)今後の課題について考察した.
川村 健介
日本リモートセンシング学会誌   36(1) 11-12   2016年
渡辺 也恭, 坂上 清一, 川村 健介, 吉利 怜奈
日本家畜管理学会誌・応用動物行動学会誌   49(1)    2013年
川村 健介, 平野 清
日本草地学会誌   59(2) 124-125   2013年
渡辺 也恭, 坂上 清一, 川村 健介, 吉利 怜奈
日本草地学会誌   59(3) 226-230   2013年
現在,人の健康管理を目的として,MEMS加速度センサを内蔵した活動量計が多くのメーカーから安価で市販されている。人用に開発されたこれらの機器は,加速度そのもの(Gやm s-2の単位)ではなく加速度を加工した活動強度(人の運動を基準とした指標,例えばMETs(メッツ,Metabolic equivalents)としてデータを出力することを特徴とする(松村ら 2008)。単位時間あたりの活動強度としてデータを出力すること(3軸測定ならデータが3つから1つに縮小)および単位時間を長くとることによ...

書籍等出版物

 
秋山 侃, 冨久尾 歩, 平野 聡, 石塚 直樹, 小川 茂男, 岡本 勝男, 斎藤 元也, 内田 諭, 山本 由紀代, 吉迫 宏, 瑞慶村 知佳
システム農学会   2014年7月   ISBN:4990447115
秋山 侃, 他114名
システム農学会   2007年1月   ISBN:4990447107
内蒙古草原の持続的利用のための衛星モニタリング
内モンゴルの草原荒廃化とその防止対策研究   2002年   
Sustainable grassland management using GIS, GPS and remote sensing data in Inner Mongolia
Application of remote sensing technology for the management of agricultural resources   2002年   

講演・口頭発表等

 
ドローン空撮画像を用いた放牧地におけるチカラシバの検出
弓場憲生, 川村健介, 安田泰輔, 吉利怜奈, 林 志炫, 黒川勇三, 小櫃剛人
2019年度草地学会広島大会   2019年3月25日   日本草地学会
Phongchanmixay, S., Bounyavong, B., Khanthavong, P., Khanthavong, T., Ikeura, H., Matsumoto, N. and Kawamura, K.
PAWEES-INWEPF 2018   2018年11月20日   
Savannakhet Province has 25% of the total lowland rice cultivation area of Lao Peoples Democratic
Republic (Laos). However, most of the fields are rainfed, with highly-permeable sandy soil, which has
low water and nutrient availability. In such sa...
PAWEES-INWEPF 2018   2018年11月20日   
Irrigated areas in Lao People’s Democratic Republic (Laos) constitute only 12% of the total agricultural
land. Most of the lowland rice is cultivated under rainfed conditions. The rice yield in rainfed fields is
lower and more unstable than that i...
川村健介, 辻本泰弘, 浅井英利, Rabenarivo, M., Andriamananjara, A., Rakotoson, T.
システム農学会2018年度秋季大会   2018年11月9日   システム農学会
川村健介, 池浦 弘, 松本成夫, 浅井英利, Phongchanmaixay, S., Khanthavong, P., Souvannasing, S., Inthavong, T. and Chomxaythong, A.
システム農学会2018年度秋季大会   2018年11月9日   システム農学会
森塚直樹, 川村健介, 辻本泰弘, Michel Rabenarivo, Andry Andriamananjara, Tovohery Rakotoson, Tantely Razafimbelo
第124回熱帯農業学会   2018年9月29日   
In this study, we evaluated the reproducibility and compatibility of several colorimeters
and the relationship between visual and instrumental measurements of soil color. We also
examined the effects of pre-grinding treatment on the reproducibilit...
川村健介,池浦 弘, 浅井英利, Phongchanmaixay, S., Khanthavong, P., Souvannasin, S., Inthavong, T.
システム農学会2018年度春季大会   2018年5月27日   
本研究では、ラオスの水稲収量を予測するために最適なセンシングの生育ステージを明らかにする目的で、幼穂形成期から登熟期の地上HSデータから収量を推定するPLS回帰分析を行い、その推定精度を比較した。
川村健介, 辻本泰弘, 浅井英利, Rabenarivo, M., Andriamananjara, A., Rakotoson, T.
システム農学会2018年度春季大会   2018年5月27日   
本研究では、ドローンを用いた圃場間及び圃場内の養分環境の面的なばらつきを評価する技術の開発を目標として、異なる施肥処理を与えた栽培試験区の生育盛期にドローン空撮を行い、施肥および圃場間の生育状況の差異を比較した。さらに地上部でも詳細な分光情報を取得するため、同圃場内のイネ群落上で地上ハイパースペクトル(HS)計測を行い、地上バイオマス(BM)、植物体の窒素(N)とリン(P)濃度および保有量との関連について評価した。
冷温帯林林床の光環境に及ぼす落葉樹の季節的動態(リーフフェノロジー)の影響
システム農学会2000年秋季大会   2000年   
リモートセンシングを用いた中国内蒙古草原の保全と持続的利用 1.NOAA衛星画像から見た植生と気象の季節変化の年次パターン
本生態学会第48回大会   2001年   
NOAA/NDVIデータから中国内蒙古草原の地上部現存量を推定する
日本写真測量学会平成13年度秋季学術講演会   2001年   
衛星画像情報を用いた中国内蒙古草原の監視と管理-NOAA/NDVIデータを用いた植生モニタリングと荒廃地の抽出-
システム農学会2002年春季大会   2002年   
リモートセンシングを用いた中国内蒙古草原の保全と持続的利用 2.ノア/NDVIによって推定した現存量と植生の関係
日本生態学会第49回大会   2002年   
中国内蒙古草原の保全と利用 5.気象衛星ノアを用いた地上部現存量の推定方法
日本草地学会平成14年度大会   2002年   
中国内蒙古草原の保全と利用 6.地上部現存量の季節変化に見る気象の影響
日本草地学会平成14年度大会   2002年   
中国内蒙古草原の保全と利用 7.放牧羊の成長と草地の牧養力
日本草地学会平成14年度大会   2002年   
中国内蒙古シリンゴル草原における踏圧実験
システム農学会2002年度秋季一般研究発表会   2002年   
リモートセンシングを用いた中国内蒙古草原の保全と持続的利用 3.採草地における生産量の季節変化の予測
日本生態学会第50回大会   2003年   
中国内蒙古草原の保全と利用 8.羊群の空間利用分布とMODIS/NDVIの関係
日本草地学会平成15年度大会   2003年   
中国内蒙古草原の保全と利用9. 地上部現存量,タンパク質含有率およびタンパク質量の季節変化と衛星NDVIからの推定
日本草地学会平成15年度大会   2003年   
中国内蒙古草原の保全と利用 10. 衛星分解能の違いが草原植生の定量的評価に及ぼす影響
日本草地学会平成15年度大会   2003年   
内蒙古草原の植生変化・土地劣化
システム農学会2003年春季シンポジウム   2003年   
ランドサット5号によって取得された日本全域の画像の雲量割合
日本写真測量学会平成15年度年次学術講演会(春季),   2003年   
Terra衛星モニタリングによる中国内蒙古草原の草地診断
システム農学会2003年度秋季大会   2003年   
中国内蒙古草原におけるMODISデータの放牧管理への利用
MODISワークショップ   2004年   
中国内蒙古草原の保全と利用 11. GPS/GISおよびMODISデータを用いた放牧圧の定量化
2004年度日本草地学会大会   2004年   
二時期のLandsat/TM画像を用いた阿蘇牧野の植生変化情報抽出
2004年度日本草地学会大会   2004年   
積算日射計測フィルムによる牧草生長に伴う草地群落内光環境の測定
2004年度日本草地学会大会   2004年   
林野の可食部現存量分布はリモートセンシングで推定可能か?
2004年度日本草地学会大会   2004年   
草原生態系の保全と持続的利用 -衛星モニタリングとGPS/GIS-
第51回日本生態学会要旨集   2004年   
シリンゴルにおける草原生態系の監視技術
中国荒廃草地砂漠化防止と持続的利用に関するワークショップ   2004年   
マルチステージ・センシングによる小麦の収量・品質診断 第1報 マルチステージ・センシングの概念と分光放射計による生育診断
日本作物学会第218回講演会   2004年   
タイ北部のNOAA/NDVIと微細気象の変化
システム農学会2004年度春季大会   2004年   
GPSを用いた内蒙古草原における羊群の空間利用分布の把握
システム農学会2004年度春季大会   2004年   
中国内蒙古草原の保全と利用 12.草生産におよぼす地形と放牧圧の影響
2005年度日本草地学会大会   2005年   
中国内蒙古草原の保全と利用 13.羊群の空間的分布パターンにおよぼす地形および草量の影響
2005年度日本草地学会大会   2005年   
中国内蒙古草原の保全と利用 14.バイトカウンターを利用した羊の日採食行動パターンの取得と気温の影響
2005年度日本草地学会大会   2005年   
リモートセンシングとGISを利用した中国内蒙古草原の草生産量に及ぼす気温と放牧強度,地理的要因の定量的評価
システム農学会2005年度春季大会   2005年   
錫林郭勒(シリンゴル)盟の気象条件と草地モデル
2006年度日本草地学会   2006年   
ハイパースペクトルデータを用いたニュージーランドの高原放牧草地における草質と土壌肥沃度の推定
2006年度日本草地学会大会   2006年   
大規模草地における精密放牧システムの構築(1)加速度センサー利用による舎飼い時の採食、反すう行動の識別
2006年度日本草地学会沖縄大会   2006年   
大規模草地における精密放牧システムの構築. (2) 地表面反射スペクトルを用いた草量の推定と分布図の作成
2006年度日本草地学会沖縄大会   2006年   
大規模草地における精密放牧システムの構築.(3)加速度計を用いた放牧時の採食,反芻,休息行動の識別
2007年度日本草地学会大会相模原大会   2007年   
大規模草地における精密放牧システムの構築.(4)地表面反射スペクトルを用いたCP,ADF,NDFの推定
2007年度日本草地学会大会相模原大会   2007年   
Coupled hyperspectral vegetation indices (VIs) with multiple regression (MLR), principle component regression (PCR) and partial least square regression (PLSR) to develop predictive model of rice
システム農学会2007年度春季大会   2007年   
In situ hyperspectral red edge position change to estimate biophysical parameters and grain yield of rice
システム農学会2007年度秋季大会   2007年   
Steppe monitoring using satellite data for sustainable utilization in Xillingol grassland
Prospects of Grassland Science and Industry for the 21st Century   2001年   
Quantification of grazing intensities on plant biomass in Xilingol steppe, China using Terra MODIS image
International Workshop VII/6 ISPRS   2003年   
Methodology development using remote sensing, GIS and GPS for grassland management
The Japan-Korea-China Symposium on Grassland Agriculture and Animal Production   2004年   
Grassland management using improved remote sensors and information technology
Grassland Science and Technology Innovation, Inner Mongolia Agricultural University, Hohhot, China   2004年   
Effects of grazing on seasonal changes of plant biomass in Xilingol steppe, China using Terra MODIS imagery
The 25th Asian Conference on Remote Sensing, Sheraton Chiang Mai Hotel, Chiang Mai   2004年   
Monitoring the effect of deforestation pressure on number of foggy days in northern Thailand using NOAA/NDVI
The 25th Asian Conference on Remote Sensing, Sheraton Chiang Mai Hotel, Chiang Mai   2004年   
Grassland monitoring system for sustainable utilization in Inner Mongolia, China 1. Concept of real-time monitoring system and estimation of biomass using NOAA/NDVI
XX International Grassland Congress, Dublin, Irland   2005年   
Grassland monitoring system for sustainable utilization in Inner Mongolia, China 2. Real-time monitoring of grass and animal interaction using satellite data and GPS
XX International Grassland Congress, Dublin, Irland   2005年   
Grassland monitoring system for sustainable utilization in Inner Mongolia, China 3. The estimation of herbage intake of sheep during grazing at the natural grassland
XX International Grassland Congress, Dublin, Irland   2005年   
Quantifying grazing intensities using geographic information systems (GIS) and satellite remote sensing: A case study in Inner Mongolia grasslands, China
New Zealand ESRI Users Group 10th Annual Conference, Wellington, New Zealand   2005年   
Real-time monitoring of grass and animal for steppe management in Inner Mongolia, China
The 26th Asian Conference on Remote Sensing, Hanoi, Vietonam   2005年   
Prediction of grazing quality and yield of winter wheat using ground-based spectroradiometer data
The 26th Asian Conference on Remote Sensing, Hanoi, Vietonam   2005年   
Satellite remote sensing, GPS, and GIS as tools for monitoring pasture mass/quality and grazing distribution at the Xilingol steppe of Inner Mongolia, China
The 2nd China-Japan-South Korea Joint Symposium on Grassland Agriculture and Livestock Production, Lanzhou University, China   2006年   
Visible-NIR reflectance spectroscopy as a potential tool for management of soil phosphorus fertility in legume-based pasture in New Zealand
The 68th Annual Conference on New Zealand Grassland Association, Otago University, New Zealand   2006年   
Improving predictive capability of hyperspectral visible and near-infrared attributed to rice variables using genetic algorithm partial least square
The 27th Asian Conference on Remote Sensing, Kuala Lumpur, Malaysia   2007年   
Monitoring of Inner Mongolia grassland using R/S, GIS and GPS
6th International Symposium on Integrated Field Science -Understanding for each and integrated eco-system using remote sensing-, Tohoku University, Sendai   2008年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究助成基金助成金(基盤C)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 川村 健介
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 川村 健介
精密な放牧管理のためには,時々刻々と変化する圃場内の草量と飼料成分(栄養価)の空間的な分布状況をリアルタイムで診断する管理手法の高度化が必要不可欠である。本研究では,無人飛行機(UAV)とハイパースペクトル(HS)センサを利用して,圃場内の草量と飼料成分の空間分布を簡便かつリアルタイムで表示する草地診断技術の開発を目的としている。
広島大学西条ステーション内の放牧地および採草地において,これまでに地上レベルで開発した飼料成分の診断技術,ならびにUAV搭載カメラ画像から草量の空間的分布を簡便...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 川村 健介
 飼料生産の場としての草地および放牧地において,その保全と持続的利用のためには,時々刻々と変化する草資源量と牧草栄養価(飼料成分)を広域的かつ定量的に把握する草地診断技術と広大な放牧地に放たれた家畜がどの場所でどれくらい草を食べ,糞尿を排出しているのかを詳細かつリアルタイム観測が可能な新しい技術の開発が求められる。本研究では,放牧草地内の草-家畜の面的な空間分布を最適化し,「生産性の向上」と「持続的利用」の両立を可能とする新しい放牧システム(精密放牧システム)の構築を目指して,これまでに主...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 石川 尚人
内蒙古全域を6ゾーン・5タイプ草原に分類し、それぞれの地域と草原タイプの草生産量や植生の20年間の変化を明らかにした。草原面積はMeadow steppe、 Typical steppeおよびSteppe desertで減少し、草の生産力は全ての草原タイプで低下した。草の生産力の減少率はTypical steppeとSteppe desertで大きく、ゾーン3および4で大きかった。一方、飼養家畜頭数の顕著な増加はMeadow steppeおよびTypical steppeのみであった。草生...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ), 研究活動スタート支援)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 川村 健介
地上ハイパースペクトル計測で得られた可視・近赤外領域の波長情報(400-2350nm)から,草量と窒素(N),粗タンパク質(CP),粗繊維(NDF,ADF),マメ科率の推定が可能になった。また遺伝的アルゴリズムを応用した波長選択型Partial Least Square (PLS)回帰によって,これらの牧草パラメータを推定に重要であろうと考えられる波長がそれぞれ得られ,その推定精度も向上した。

特許

 
川村 健介, 玉木 徹, 小櫃 剛人, 黒川 勇三
川村 健介, 石突 裕樹, 石津 任章, 賀谷 慎司