金谷一朗

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/10 21:37
 
アバター
研究者氏名
金谷一朗
 
カナヤ イチロウ
ハンドル
kanaya
URL
http://www.pineapple.cc/
所属
長崎県立大学
部署
情報システム学部
職名
教授
学位
博士(工学)(奈良先端科学技術大学院大学)
科研費研究者番号
50314555
Twitter ID
kanaya

プロフィール

Computer scientist, majored in design and mathematics. / 計算幾何学・計算機科学を専門にする研究者.

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
長崎県立大学 情報システム学部 教授
 
2015年10月
 - 
2016年3月
長崎県立大学 教育開発センター 教授
 
2010年4月
 - 
2015年9月
大阪大学 大学院工学研究科 准教授
 
2008年4月
 - 
2010年3月
大阪大学 コミュニケーションデザインセンター 准教授
 
2008年4月
 - 
2011年3月
大阪大学 医学部附属病院未来医療センター 准教授
 
2007年4月
 - 
2008年3月
大阪大学 大学院基礎工学研究科 助教
 
2004年10月
 - 
2008年3月
科学技術振興機構 さきがけ研究員
 
2003年4月
 - 
2007年3月
大阪大学 大学院基礎工学研究科 助手
 
2003年4月
 - 
2006年3月
大阪大学 大学院工学研究科フロンティア研究機構 研究リーダー
 
2002年4月
 - 
2003年3月
大阪大学 大学院基礎工学研究科 リサーチアソシエイト
 
2001年4月
 - 
2002年3月
通信・放送機構 奈良リサーチセンター 研究フェロー
 
2001年4月
 - 
2002年3月
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 助手
 
2000年4月
 - 
2001年3月
和歌山大学 大学院システム工学研究科 助手
 
1999年12月
 - 
2002年3月
郵政省通信総合研究所 客員研究員
 
1999年12月
 - 
2001年3月
奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術調査センタ 客員研究員
 
1999年7月
 - 
2000年3月
和歌山大学 システム工学部 助手
 
1999年4月
 - 
1999年6月
日本電気株式会社 C&C研究所 客員研究員
 
1997年4月
 - 
1999年3月
ATR人間情報通信研究所 進化システム研究室 研修研究員
 

学歴

 
1995年4月
 - 
1999年6月
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 
 
1991年4月
 - 
1995年3月
関西大学 工学部 電気工学科
 

委員歴

 
2018年
 - 
現在
日米先端工学シンポジウム(JAFOE)  運営委員
 
2017年
 - 
現在
情報処理学会DCON研究会  編集委員
 
2017年
 - 
現在
Thailand-Japan Frontier of Science, Technology and Engineering  Co-chair
 
2018年
 - 
2019年
システム制御情報学会 SCI 2019  実行委員
 
2015年
 - 
2015年
芸術科学会 NICOGRAPH 2015  プログラム委員長
 
2012年
 - 
2012年
エンターテイメントコンピューティング2012  実行委員
 
2012年
 - 
2012年
日本バーチャルリアリティ学会第18回大会  企画委員長
 
2011年
 - 
2011年
ヒューマンインタフェース学会「アートとヒューマンインタフェース」特集号  編集委員
 
2010年
 - 
現在
情報処理学会インタラクション  編集委員
 
2008年
 - 
2012年
日米先端工学シンポジウム(JAFOE)  運営委員長
 
2008年
 - 
2008年
日本バーチャルリアリティ学会第13回大会  実行委員
 
2003年
 - 
2005年
計測自動制御学会計測部門パタン計測部会  幹事
 
2003年
 - 
2006年
情報処理学会関西支部ビジュアルインフォメーション研究会  幹事
 

受賞

 
2011年
神戸ビエンナーレ 奨励賞
 
2008年
芸術科学会 論文賞
 
2007年
文化庁メディア芸術祭 審査委員会推薦作品
 
2005年
計測自動制御学会パターン計測部会 優秀論文賞
 
2003年
情報考古学会 論文賞
 

講演・口頭発表等

 
CGアニメーションにおけるクォータニオンの応用 [招待有り]
金谷一朗
SICE 第14回コンピューテーショナル・インテリジェンス研究会   2018年12月22日   

書籍等出版物

 
浦西 友樹, 青砥隆仁, 井村誠孝, 大倉史生, 金谷一朗, 小枝正直, 中島悠太, 藤本雄一郎, 山口明彦, 山本豪志朗 (担当:共著)
マイナビ出版   2017年6月   ISBN:4839959137
金谷 一朗
工学社   2018年   ISBN:9784777520541
金谷 一朗, 第二I/O編集部
工学社   2008年   ISBN:9784777514014

論文

 
An Ad-Hoc Mesh Network for Flight-Deck Interval Management of Airplanes
Kanaya Ichiroh; Itoh Eri
Lecture Notes in Computer Science   (10689) 162-175   2018年   [査読有り]
A Study on Ad-Hoc Mesh Network for Flight-deck Interval Management of Airplanes
Kanaya Ichiroh; Itoh Eri
Internet of Vehicles      2017年   [査読有り]
The Construction Methods of the top of the Great Pyramid at Giza
Kawae Yukinori; Yasumuro Yoshihiro; Kanaya Ichiroh; Chiba Fumito
Old Kingdom Art and Archaeology   55-56   2017年   [査読有り]
PEAKIT analysis of 3D data of the tomb of Khentkawes [I] at Giza
Kawae Yukinori; Chiba Fumito; Yokoyama Shin; Kanaya Ichiroh; Kamei Hiroyuki
Journal of Japan Society for Scientific Studies on Cultural Properties      2017年   [査読有り]
The Construction Methods of the 202nd Course of the Great Pyramid at Giza
Kawae Yukinori; Yasumuro Yoshihiro; Matsushita Ryosuke; Chiba Fumito; Kanaya Ichiroh
World Archaeological Congress 8      2016年   [査読有り]
Abusir 3D survey 2015
Kawae Yukinori; Yasumuro Yoshihiro; Kanaya Ichiroh; Dan Hiroshige; Chiba Fumito
Prague Egyptological Studies   XVII 3-11   2016年   [査読有り]
3D Reconstruction and its Interpretation of the Cave of the Great Pyramid in an Inductive Approach; Old Kingdom Art and Archaeology Conference
Kawae Yukinori; Yasumuro Yoshihiro; Kanaya Ichiroh; Chiba Fumito
54?55      2014年   [査読有り]
Interactive art to go
Kanaya Ichiroh; Imura Masataka; Kanazawa Mayuko
ACM International Conference Proceeding Series      2014年   [査読有り]
Digitizing Egyptian Heritage
Ichiroh Kanaya Yukinori Kawae Kosuke Sato Hiroyuki Kamei
Proc. Virtual Archaeology 2012      2012年   [査読有り]
Visualization of Geometric Properties of Flexible Objects for Form Designing
Goshiro Yamamoto Ichiroh Kanaya Keiko Yamamoto Yuki Uranishi Hirokazu Kato
Proc. IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality (ISMAR)   227-228   2011年   [査読有り]
Sweet Home
Mayuko Kanazawa Masataka Imura Ichiroh Kanaya
Proc. ACM Siggraph Asia      2011年   [査読有り]
Computer Aided Drawing System based on Prediction of Drawing Action
Hirokatsu Sou Ichiroh Kanaya Kosuke Sato
Proc. International Conference on Advances in Computer Entertainment (ACE)      2006年   [査読有り]
The HYPERREAL Design System
Masaru Hisada Kazuhiko Takase Keiko Yamamoto Ichiroh Kanaya Kosuke Sato
Proc. International Conference on Virtual Reality (IEEE VR)      2006年   [査読有り]
Free-form Shape Design System using Stereoscopic Projector HYPERREAL 2.0
Masaru Hisada Keiko Yamamoto Ichiro Kanaya Kosuke Sato
Proc. SICE-ICASE International Joint Conference      2006年   [査読有り]
The RGBy desk
Shinya Matsuyama Makoto Hirahara Ichi Kanaya
Proc. ACM Siggraph      2006年   [査読有り]
Synthesis and Analysis of Aesthetic Fractal Patterns for Textile Design
Takeshi Sakamoto Ichiroh Kanaya Kosuke Sato
Proc. International Conference on Nonlinear Theory and Its Application (NOLTA)      2006年   [査読有り]
User interface by real and artificial shadow
Huichan Xu Ichi Kanaya Shinsaku Hiura Kosuke Sato
Proc. ACM Siggraph      2006年   [査読有り]
Modeling Real Objects for Kansei-based Shape Retrieval
Yukihiro Kouda Ichi Kanaya Kosuke Sato
International Journal of Automation and Computing   4(1)    2006年   [査読有り]
The Mirror of Transfiguration
Mayuko Kanazawa Masataka Imura Ichiroh Kanaya
Proc. ACM Advances in Computer Entertainment      2011年   [査読有り]
ペンの把持情報を利用したペンタブレット型ドローイング支援インタフェース
山本景子 金谷一朗 佐藤宏介
情報処理学会インタラクション2010予稿集(査読付き)      2010年   [査読有り]
The Mirror of Transfiguration
Mayuko Kanazawa Masataka Imura Ichiroh Kanaya
ACM Siggraph CG source      2010年   [査読有り]
Computational Holography: Real 3D by Fast Wave-Field Rendering in Ultra-High Resolution
K. Matsushima M. Nakamura S. Nakahara I. Kanaya
Proc. ACM Siggraph      2010年   [査読有り]
The Impact of Electronic Medical Records on the Work Process of Outpatient Care
Shimizu S. Ohno Y. Noda H. Nakamura S. Kanaya I. Yamada K. Ishii A. Kasahara S. Hirakawa K. Nakagawa R. and Matsumura Y.
IFIP Advances in Information and Communication Technology   230-231   2010年   [査読有り]
The Working Process and Time Efficiency of Patient Transportation in Cardiovascular Hospital Using Time Process Modeling
Ojima H. Ohno Y. Shimizu S. Oi S. Inoue Y. Ishii A. Kasahara S. Hirakawa K. Nakamura S. Kanaya I. Kawasaki K. Tanaka A. Motosugi F. and Okada C.
IFIP Advances in Information and Communication Technology   232-233   2010年   [査読有り]
三次元形状デザインのための道具握り判別型インタフェース
山本景子 金谷一朗 佐藤宏介
芸術科学会論文誌   7(3)    2010年   [査読有り]
System Design for Automated Time Study for Nursing
Shohei Nakamura Ichiroh Kanaya Yuko Ohno Kazuo Kawasaki
E-Health   228-230   2010年   [査読有り]
Motion Structure: tablet-based interface for motion design tool using drawing
Haruki Kouda Ichiroh Kanaya Kosuke Sato
Proc. HCI      2009年   [査読有り]
Development of Automatic Head-count method at Nurse Station using Omnidirectional Camera
EBIHARA Shogo FUKUMURA Hajime OKADA Shima KANAYA Ichiroh OHNO Yuko IKEDA Sei MANABE Yoshitsugu CHIHARA Kunihiro KAWASAKI Kazuo MAKIKAWA Masaaki
Proc. 6th Asia Pacific Association for Medical Informatics      2009年   [査読有り]
Application of the Time Process Modeling Language for the dynamic workflow analysis of the patient transportation in acute care hospital
Hiroko Noda Yuko Ohno Atsue Ishii Sachiko Shimizu Mitsuko Y. Ichiroh Kanaya Kazuo Kawasaki Fujie M. Atsuko T. Chizuru Okada
Proc. 6th Asia Pacific Association for Medical Informatics      2009年   [査読有り]
2006年度ギザ・レーザー・スキャニング調査報告 - ギザのケントカウエス女王墓の再考察と3次元計測による記録作業
亀井宏行 河江肖剰 塚本敏夫 金谷一朗 岡本篤志
西アジア考古学会誌   10 143-155   2009年   [査読有り]
Photo Browsing System for Sharing Information in Archaeological Research
Yosuke Takata Ichiroh Kanaya Kosuke Sato
Proc. International Conference on Virtual Systems and Multimedia (VSMM)      2008年   [査読有り]
Medical Design and Design Awards
Takashi Ogawa Toshikatsu Funayama Ichiroh Kanaya Kazuo Kawasaki
Proc. ICDHS      2008年   [査読有り]
A basic discussion to introduce design methodology to the development of the artificial heart
Toshikatsu Funayama Takashi Ogawa Ichiroh Kanaya Kazuo Kawasaki
Proc. ICDHS      2008年   [査読有り]
プロダクトデザイン開発手法にもとづくプレフィルドシリンジの開発に関する研究
小川貴史 小川直茂 金谷一朗 川崎和男
生体医工学   46(4)    2008年   [査読有り]
デザイン手法におけるプロトタイピングを用いた静脈注射支援機器の開発デザイン研究
小川貴史 舩山俊克 金谷一朗 川崎和男
J. Japan Society of Computer Aided Surgery   10(4)    2008年   [査読有り]
Hyperdraw: A New Computer Aided Drawing System based on Prediction of Drawing Action
Hirokatsu So Ichiroh Kanaya Kosuke Sato
Proc. Advances in Computer Entertainment (ACE)   234-235   2007年   [査読有り]
A Free-Hand Drawing with Simultaneous Projection of Predicted Guideline
Hirokatsu So Ichiroh Kanaya Kosuke Sato
Proc. ACM Siggraph      2007年   [査読有り]
fuwapica suite
Ichiroh Kanaya Studio Mongoose
Proc. ACM Siggraph      2007年   [査読有り]
4-D/n-D Computer Aided Design System
Ichiroh Kanaya Yoshito Ogata Kazuo Kawasaki
Proc. Siggraph      2007年   [査読有り]
Synthesis and Analysis of Aesthetic Fractal Patterns for Textile Design
Takeshi Sakamoto Ichiroh Kanaya Kosuke Sato
Proc. NPAR      2007年   [査読有り]
Puni Puni Light
Yusuke Sekiya Ichiroh Kanaya Kosuke Sato
Proc. ISMAR WS Art and Entertainment      2007年   [査読有り]
Complete 3-D digital model of the monument of the Queen Khentkawes
I. Kanaya Y. Kawae K. Sato H. Kamei
Proc. 3D-Arch Workshop on Virtual Reconstruction and Visualization of Complex Architectures      2007年   [査読有り]
Classification of Aesthetic Curves and Surfaces for Industrial Designs
Ichiroh Kanaya Yuya Nakano Kosuke Sato
Design Discourse   4(2)    2007年   [査読有り]
HYPERREAL三次元形状デザイン支援システム
久田理 山本景子 金谷一朗 佐藤宏介
情報処理学会論文誌   48(12)    2007年   [査読有り]
Germination of the Active Lighting: An Introduction and Brief History of Our Research
Shinsaku Hiura Kosuke Sato Ichiro Kanaya
Proc. International Workshop on Projector-Camera Systems (Procams)      2006年   [査読有り]
Three-Dimensional Modeling of Archaeological Site and Real-Time Digitizing of Excavation Site: Case of Al Zayyan Temple
Hiroyuki Kamei Kosuke Sato Toshio Tsukamoto Ichiroh Kanaya Atsushi Okamoto Yuki Miyoshi Magdy A. Atya Noubi M. Ahmed
Proc. International Conference on Archaeological Prospection      2005年   [査読有り]
The HYPERREAL Design System
Keiko Yamamoto Masaru Hisada Ichi Kanaya Kosuke Sato
Proc. ACM Siggraph      2005年   [査読有り]
The HYPERREAL Design System --- An MR-Based Shape Design Environment ----
Keiko Yamamoto Ichiroh Kanaya Masaru Hisada Kosuke Sato
Proc. International Conference on Virtual Systems and Multimedia (VSMM)   201-208   2005年   [査読有り]
The HYPERREAL Design System --- Virtual Forming of Real Object Using Virtual-Shade Projection
Ichiroh Kanaya Masaru Hisada Keiko Yamamoto Kosuke Sato
Proc. International Conference on Human and Computer Interaction (HCI)   1-8   2005年   [査読有り]
ThermoPainter : 熱画像を用いたタブレット型入力装置とそのインタラクティブ描画システム
岩井大輔 金谷一朗 日浦慎作 井口征士 佐藤宏介
情報処理学会論文誌   46(7)    2005年   [査読有り]
Obtaining BRDF Under the Sky
Yuki Miyoshi Ichiroh Kanaya Kosuke Sato
Proc. International Conference on Virtual Systems and Multimedia (VSMM)      2004年   [査読有り]
Visual Forming of Real Object Using Virtual-Shade Projection
Masaru Hisada Ichiroh Kanaya Kosuke Sato
Proc. International Conference on Virtual Systems and Multimedia (VSMM)      2004年   [査読有り]
Simulated designers eyes -classification of aesthetic surfaces
Ichiroh Kanaya Yuya Nakano Kosuke Sato
Proc. International Conference on Virtual Systems and Multimedia (VSMM)   289-296   2003年   [査読有り]
Frequency Analysis for Unorganized Point Clouds
Okane Shinji Yasumuro Yoshihiro Imura Masataka Kanaya Ichiroh Manabe Yoshitsugu Chihara Kunihiro
Proc. International Workshop on Advanced Image Technology      2003年   [査読有り]
遺跡・遺物のディジタルアーカイブのための形状サーフェスモデル生成法
金谷一朗 安川慶 眞鍋佳嗣 千原國宏
情報考古学   9(1)    2003年   [査読有り]
A Fast Algorithm of Iterate Closest Point Method
Ichiroh Kanaya Kunihiro Chihara
Proc. 19th Sensor Symposium   97-102   2002年   [査読有り]
Checking Daily Health and Safety on The Internet
Nobuyuki Ishibashi Yoshitugu Manabe Osamu Oshiro Motonori Doi Tomohiro Kuroda Ichiroh Kanaya Yoshihiro Yasumuro Kunihiro Chihara
Proc. CSUN 17th Annual International Conference on Technology and Persons with Disabilities      2002年   [査読有り]
高精細3次元形状データを用いた拓本画像作成
多井堅一郎 金谷一朗 塚本敏夫 佐藤宏介
情報考古学   8(2)    2002年   [査読有り]
Three-dimensional modeling of Shofukuji Burial Chamber
Ichiroh Kanaya Rieko Kadobayashi Kunihiro Chihara
Proc. International Conference on Virtual Systems and Multimedia (VSMM)   113-120   2001年   [査読有り]
Hand manipulation of virtual objects in wearable augmented reality
Y. Kojima Y. Yasumuro H. Sasaki I. Kanaya O. Oshiro T. Kuroda Y. Manabe K. Chihara
Proc. International Conference on Virtual Systems and Multimedia (VSMM)   463-469   2001年   [査読有り]
Digital Archiving of Kamegata-Ishi (Turtle-shaped Stone)
Masataka Imura Yoshito Tabata Ichiroh Kanaya Tomohiro Kuroda Yoshitsugu Manabe Osamu Oshiro Kunihiro Chihara
Asian J. GEOINFORMATICS   2(1)    2001年   [査読有り]
Digital Archiving of Kamegata-Ishi (Turtule Shape Stone) Using Data Fusion of Heterogeneous Measurements
Mastaka Imura Yoshito Tabata Ichiroh Kanaya Tomohiro Kuroda Yoshitsugu Manabe Osamu Oshiro Kunihiro Chihara
Intl Archives of Photogrammetry      2001年   [査読有り]
Digital archiving of kamegataishi (turtle shape stone) using heterogeneous measurement methods
Masataka Imura Yoshito Tabata Ichiroh Kanaya Tomohiro Kuroda Yoshitsugu Manabe Osamu Oshiro Kunihiro Chihara
Proc. International Conference on Virtual Systems and Multimedia (VSMM)   89-96   2000年   [査読有り]
Three-dimensional modeling of dirk and/or fur-like objects
Ichiroh Kanaya Qian Chen Tetsuo Shimada
Proc. International Conference on Virtual Systems and Multimedia (VSMM) Virtual Systems and Multimedia (VSMM)   97-103   2000年   [査読有り]
Three-Dimensional Modeling for Virtual Relic Restoration
Ichiroh Kanaya Yuko Kanemoto Qian Chen Kunihiro Chihara
IEEE MULTIMEDIA   April-June 42-44   2000年   [査読有り]
データ更新機能を特徴とする梱包設計CADシステムの開発:数量化理論第I類による輸送環境条件の定式化手法
山崎潔 陳謙 金谷一朗 島田哲夫
日本包装学会誌   9(4)    2000年   [査読有り]
Evolutionary Design of Analog Electric Circuits Using Genetic Programming
Ichiroh Kanaya Tetsuo Shimada Hitoshi Hemmi Katsunori Shimohara
J. Three-Dimensional Images   13(3)    1999年   [査読有り]
Three-dimensional modeling of relic piece for virtual relic restoration
Ichiroh Kanaya Yuko Kanemoto Qian Chen Kunihiro Chihara
Proc. International Conference on Virtual Systems and Multimedia (VSMM)   642-647   1998年   [査読有り]
Three-dimensional measurement of the broken pieces of relics
Ichiroh Kanaya Yuko Kanemoto Qian Chen Kunihiro Chihara
International Archives of Photogrammetry and Remote Sensing   564-569   1998年   [査読有り]
VR技術を応用した遺物復元システム
金谷一朗 陳謙 千原國宏
情報考古学   3(1)    1998年   [査読有り]
The tele-echography system for remote ultrasound diagnosis
Ayumu Matani Toshiyuki Umeda Ichiroh Kanaya Yoshihiro Ban Osamu Oshiro Suguru Yamaguchi Hideki Sunahara Qian Chen Kosuke Sato Kunihiro Chihara Taisei Mikami Akira Kitabatake
Proc. 3rd International Conference on Medical Aspects of Telemedicine   146-146   1997年   [査読有り]

担当経験のある科目

 

Works

 
Pineapple II コンピュータ
金谷一朗   コンピュータソフト   2012年3月 - 現在
メディアアートのためのマイクロコンピュータおよびそのファームウェア.
光鈴 (2012)
松尾高弘(技術協力:エレキット,金谷一朗)   芸術活動   2012年6月 - 2012年6月
LIGHT EMOTION (2012)
松尾高弘(技術協力:金谷一朗)   芸術活動   2012年6月 - 2012年6月
Polyphonic Jump! (Hotel Okura Kobe)
金澤麻由子, 井村誠孝, 金谷一朗   芸術活動   2012年1月 - 2012年1月
Air Lights
松尾高弘(技術協力:金谷一朗,山本豪史朗)   芸術活動   2010年 - 2012年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 金谷一朗
超大規模三次元形状のポータブルデバイス上での閲覧・編集環境の構築
大阪大学: 工学研究科マッチングファンド
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 金谷一朗
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 大野ゆう子
本研究では、大学病院を社会医療の安定供給の駆動力と位置づけ、タイムスタディ等業務実態調査を通じて(i)大学・大学病院の駆動力を数理モデルにより明示化し医療の将来シナリオにおける影響を検討する、(ii)医療関連施設の業務実態に基づき社会医療における大学・大学病院の駆動力の構造を検討することを目的とする。本年度はA大学病院の電子カルテ化が2010年に予定されたこと、外来化学療法部の増床が行われたことから、電子カルテ導入前後、外来化学療法部増床前後のタイムスタディ、診療データ収集を中心に行い、併...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 金谷一朗
本研究は画像処理技術,画像生成技術,バーチャルリアリティ技術を用いた,三次元形状デザイン支援に関するものである,これまでに,職業デザイナによるデザイン活動の計測および活動パタンの収集を行い,デザイン活動の効果的な支援方法について知見を得ている.また,コンピュータと画像処理技術,画像生成技術,バーチャルリアリティ技術を用いたデザイン支援環境を二次元デザイン(グラフィックデザイン)および三次元デザイン(造形デザイン)の双方で試作し,ユーザビリティ,フィージビリティの試験を行っている.具体的には...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 大城道則
古代エジプトの宗教的拠点テーベの主神であり、エジプトの国家神的存在であった羊の容貌を持つアムン神に対する信仰が如何にして、ナイル河谷から西へ砂漠を約200km進んだ所に存在するカルガ・オアシスにまでたどり着き、そこで土着の人々に受け入れられ、定着していったのか。地理的に離れ、環境的に異なる二つの空間(ナイル河谷と西方砂漠のオアシス地域)における文化の受容過程とその変化の原因を主に碑文史料(カルガ・オアシス周辺に点在するナドゥーラ、エル=グエイタ、エル=ザヤーンなどの神殿遺跡に存在するアムン...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 亀井宏行
エジプトの最南のハルガオアシスにあるアルザヤーン神殿遺跡は,標高も最も低い地点にあり,水との関連性を指摘されている遺跡である。2000年度から物理探査による調査を開始し,2004年度からは発掘調査も開始した。我々は,周辺の水利環境も含めアルザヤーン神殿遺跡の調査を進め,オアシス地域での古代生活史の解明を目指している。当該期間の研究では,サハラ砂漠のなかのオアシスという辺鄙な地域で,調査期間も限定され,地形図の入手も困難な状況で,効率よく考古調査をすすめるために,科学技術,特に情報技術の導入...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 佐藤宏介
小型カメラと無線ネットワークを装備した複数のプリント基板モジュール化されたセンサノードを試作により、様々な接続方式に基づくカメラ内蔵型無線センサネットワークを構築して、それらの動作特性を明らかにした。実スケール計測原理、三次元光到来方向センサ、蛍光灯特殊照明、遠隔インタフェースなど、要素技術とアプリケーション提案を研究し、建屋内のユビキタス情報環境の技術基盤である三次元位置同定の実装論を確立した。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 金谷一朗
本研究は、造形デザインにおけるデザイナの感性を言語化し,デザイナ感性を理解するコンピュータ支援設計システムを制作することを目標とする。本研究では,平面,および立体デザインにおける基本デザイン曲線,基本デザイン曲面について,その幾何学的特徴を割り出し,数学的に記述することに成功した。また,より複雑なデザイン曲線について,フラクタル幾何学を応用することで,デザイン曲線の感性的特徴量と数学的特徴量との対応付けに成功した。
Hyperdimensional Design System II
大阪大学フロンティア研究機構: 科学技術振興調整費戦略的研究拠点
研究期間: 2005年4月 - 2006年3月    代表者: 金谷一朗
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 日浦慎作
プロジェクタを用いた複合現実感情報提示技術は遠隔地への作業指示・作業支援に有用であり,特に汎用性や簡便さ,作業環境の情報取得の点でメリットがあることが分かった.しかし,プロジェクタでは平面上に投影像が現れるため,立体的な指示が理解されにくく,特に物体の回転を理解させることが難しい場合があることが実験により確かめられた.そこで人の形状を模したヒューマノイドロボットを用いると,そのジェスチャによりプロジェクタでは提示が難しかった回転の指示が理解されやすいことが実験により確かめられた.特に,ヒュ...
Hyperdimensional Design System
大阪大学フロンティア研究機構: 科学技術振興調整費戦略的研究拠点
研究期間: 2004年4月 - 2005年3月    代表者: 金谷一朗
デザイン言語を理解するメディア環境の構築
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業さきがけ型
研究期間: 2004年 - 2007年    代表者: 金谷一朗
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 佐藤宏介
集中制御されたテレメトリ・センサ群ではなく、センサ自体が近距離無線通信機能とデータルーティング機能を備え、自律的に計測ネットワークを環境中で構成する知能センサにアドホックセンサネットワークがある。そこで、ユビキタスコンピューティング用途の三次元位置計測機能、特に今年度は姿勢位置計測の手法を研究した。さらに微弱無線通信ではなく、画像処理と光空間通信のみによる無線レスの三次元計測技術を確立した。同時に、GHz帯のアナログ無線伝送カメラを分散し、中央に画像処理ホストを有する新たな構成論についても...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 金谷一朗
研究実績は次の4点である.(1)デザイン分析システムの構築とデザイン事例の収集:工業デザイン,建築,彫刻などの立体造形芸術の三次元形状デザインをデザイン要素に分解し,デザイナ感性による分類を行い,それらの分類における微分幾何的,位相幾何的特徴を抽出した.(2)デザイン行為分析システムの構築とデザイン行為事例の収集:工業デザイナ,立体造形デザイナ(アーティスト)のデザイン行為(発想,プランニング,ドローイング,プロトタイピング,制作など)を行為要素に分解し,解釈するためのシステム(デザイン支...
Artistic Artificial Intelligence
大阪大学フロンティア研究機構: 科学技術振興調整費戦略的研究拠点
研究期間: 2003年4月 - 2004年3月    代表者: 金谷一朗
感性的ヒューマンタフェース
日本学術振興会: 未来開拓学術研究推進事業
研究期間: 2002年4月 - 2003年3月    代表者: 原島博
没入型仮想融合空間の構築・提示技術に関する研究開発
通信・放送機構: 奈良リサーチセンター
研究期間: 2001年4月 - 2002年3月    代表者: 千原國宏
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 眞鍋佳嗣
本研究では,装着型計算機技術と分散協調視覚技術を利用し,歩行者の持つ装着型計算機と交通インフラが創発することで歩行者の利便と安全を確保する「創発型歩行者ITS」システムの構築を目的とした.平成13年度は視覚障害者用端末として,レーザポインタとCCDカメラを用いた小型の距離計測器を搭載した電子白杖を試作し,計測器で計測された距離をもとに歩行面の状態を推定し,ユーザに提示することが可能となった.また,歩行者に情報を提示するための情報収集・解析システムとしての街角端末の試作を行った.本研究では,...

特許

 
特開2000-331054 : アナログ電気回路の自動設計方法
金谷一朗,邊見均, 下原勝憲
特開2000-331113 : 再構成可能な疑似アナログ電気回路装置
金谷一朗, 邊見均, 下原勝憲

その他

 
2012年2月
TEDxKyoto カンファレンス運営委員.
2011年9月
Technology x Art x Design シンポジウム主催(京都市).
2011年4月
NPO法人こどもアート理事.