金沢誠

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/20 18:08
 
アバター
研究者氏名
金沢誠
eメール
kanazawanii.ac.jp
URL
http://research.nii.ac.jp/~kanazawa/
所属
国立情報学研究所
部署
情報学プリンシプル研究系
職名
准教授
学位
Ph.D.
その他の所属
総合研究大学院大学

研究分野

 
 

論文

 
Makoto Kanazawa and Ryo Yoshinaka
Lecture Notes in Computer Science   10168 77-88   2017年2月   [査読有り]
Makoto Kanazawa
NII Technical Report   2016-006E    2016年7月
There is a language that has a context-free grammar satisfying the weak variants of the finite context and kernel properties but has no context-free grammar satisfying the strong variant of either of these properties.
Makoto Kanazawa
IfCoLog Journal of Logics and Their Applications   4(4) 1103-1211   2017年5月   [査読有り]
Distributional learning of some nonlinear tree grammars
Alexander Clark, Makoto Kanazawa, Gregory M. Kobele, and Ryo Yoshinaka
Fundamenta Informaticae   164(4) 339-377   2016年9月   [査読有り]
Ogden's lemma, multiple context-free grammars, and the control language hierarchy
Makoto Kanazawa
Lecture Notes in Computer Science   9618 371-383   2016年2月   [査読有り]

Misc

 
Review of Michael R. Brent, ed., Computational Approaches to Language Acquisition
Makoto Kanazawa
Journal of Logic, Language and Information   13(3) 377-378   2004年7月

書籍等出版物

 
JFAK: Essays Dedicated to Johan van Benthem on the Occasion of His 50th Birthday
Jelle Gerbrandy, Maarten Marx, Maarten de Rijke, and Yde Venema, editors (担当:分担執筆, 範囲:Lambek calculus: Recognizing power and complexity)
Vossiuspers, Amsterdam University Press, CD-ROM   1999年8月   
Learnable Classes of Categorial Grammars
Makoto Kanazawa
Stanford, California: CSLI Publications   1998年3月   
Dynamics, Polarity, and Quantification
Makoto Kanazawa and Christopher Pinon, editors (担当:分担執筆, 範囲:Dynamic generalized quantifiers and monotonicity)
Stanford, California: CSLI Publications   1994年9月   

講演・口頭発表等

 
The Strong, Weak, and Very Weak Finite Context and Kernel Properties
Makoto Kanazawa
LATA 2017: Language and Automata Theory and Applications   2017年3月6日   
Ogden's lemma, multiple context-free grammars, and the control language hierarchy
Makoto Kanazawa
10th International Conference on Language and Automata Theory and Applications   2016年3月16日   
自然言語の文法とλ計算 [招待有り]
金沢誠
日本ソフトウェア科学会第32回大会   2015年9月11日   
Syntactic features for regular constraints and an approximation of directional slashes in abstract categorial grammars
Makoto Kanazawa
Empirical Advances in Categorial Grammars (CG 2015)   2015年8月13日   
Distributional learning and context/substructure enumerability in nonlinear tree grammars
Makoto Kanazawa
The 20th Conference on Formal Grammar   2015年8月8日   

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(基盤研究(C))
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 金沢誠
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(基盤研究(C))
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 金沢誠
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 金沢誠
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 金沢誠
本研究の対象は、「ほとんど線形」なラムダ項のみを許す2階抽象的範疇文法の対によって表現可能な意味論つきの文法に対する構文解析と生成の問題である。これらの問題は、いずれもデータベース問い合わせ言語Datalogの問い合わせに帰着することができるため、多項式時間で計算可能であることが研究代表者のこれまでの研究でわかっていた。本年度の研究で、この帰着がlogspaceで計算可能であり、帰着の行き先であるDatalog問い合わせが計算量クラスLOGCFLに属することを示し、結果として特定の文法に対...
型付きラムダ計算にもとづく語彙学習アルゴリズムの研究
栢森情報科学振興財団: 栢森情報科学振興財団研究助成
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 金沢誠
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 金沢誠
英語におけるE-typeの複数形代名詞の意味論について,次のことを明らかにした.
1.いわゆるろば文において,単数形代名詞は次の点で複数形代名詞とは明らかに異なるふるまいを示す.
(1)集合的(collective)な解釈,cumulativeな解釈など,複数形名詞句が通常持ちうる解釈が単数形代名詞にはない.
(2)存在量化的な解釈と全称量化的な解釈のどちらが優先されるかが複数形代名詞と単数形代名詞の場合と異なる.
2.E-typeの複数形代名詞は先行詞の量化表現の種類によって二通りの解釈...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 古森雄一
1.近年ラムダ計算を介して,部分構造論理,直観主義論理,古典論理の研究が一体化しつつある。その中で鹿島(東京工大)と古典論理の自然演繹体系について研究した。鹿島は古典論理の新しい自然演繹体系を発見した。古森はそれを一部改良し体系CKを得た。体系CKは「ならば除去」,「割増」,「場合わけ」の3つの推論規則を持っている。この体系の発見はまったく新しいものであり,部分論理式特性を持つ古典論理の自然演繹体系の最初のもの(結論がいくつもあるのを認めるとParigotのものがある)である。体系CKにつ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1997年 - 1999年    代表者: 飯田隆
本研究は、論理学の標準的言語ならびにその意味論が、日本語の体系的意味論を構成するにはどの点において不十分であるのかを、論理学の標準的道具立てによって記述できる日本語の側面を厳密に確定することによって明らかにすることを通じて、日本語学、および、論理学教育の方法論に対しても、理論的な寄与をすることをめざした。3年間の研究をまとめるものとして、日本語名詞句の形式意味論を構築し、こうれによって、量化が日本語においてどのような形で実現されているかを明らかにした。この結果は研究成果報告書にまとめられて...

社会貢献活動

 
認識論理
【講師】  東京都立戸山高校  SSH数学特別授業  2014年1月11日 - 2014年1月11日