金子 一郎

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/09 11:37
 
アバター
研究者氏名
金子 一郎
 
カネコ イチロウ
ハンドル
iKddd
eメール
kanekotokushima-u.ac.jp
所属
徳島大学
部署
大学院医歯薬学研究部
学位
博士(栄養学)(徳島大学大学院)
科研費研究者番号
40389515

研究分野

 
 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
徳島大学 大学院医歯薬学研究部 応用栄養学分野 助教
 
2015年4月
 - 
2019年3月
徳島大学 大学院医歯薬学研究部 分子栄養学分野 助教
 
2014年4月
 - 
2015年3月
徳島大学 大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 分子栄養学分野 助教
 
2011年7月
 - 
2014年3月
Arizona State University Mathematical and Natural Sciences Post-doctoral Research Associate
 
2010年9月
 - 
2014年3月
The University of Arizona, College of Medicine (Phoenix) Basic Medical Sciences Post-doctoral Research Associate
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2010年9月
徳島大学 大学院栄養生命科学教育部 人間栄養科学専攻 博士後期課程
 
2002年4月
 - 
2004年3月
徳島大学 大学院栄養学研究科 博士前期課程
 
1998年4月
 - 
2002年3月
徳島大学 医学部 栄養学科
 
1995年4月
 - 
1998年3月
長崎県立長崎東高等学校  
 

受賞

 
2019年8月
第5回Neo Vitamin D Workshop学術集会 優秀ポスター賞 ビタミンDが制御する小腸リン吸収機序の解明
 
2019年5月
日本栄養・食糧学会 2019年度奨励賞 リン・ビタミンD代謝における分子栄養学的研究
 
2019年3月
第3回日本CKD-MBD研究会学術集会・総会 優秀ポスター賞 ビタミンDが制御する小腸リン吸収機序の解明
 
2018年8月
第4回Neo Vitamin D Workshop学術集会 優秀ポスター賞 リンバランス異常に対するエルデカルシトール作用: HypマウスにおけるFGF23抵抗性と骨形態の解析.
 
2007年6月
第2回トランスポーター研究会 ベストポスター賞 FGF23によるナトリウム依存性リン酸トランスポーター(SLC34A)発現調節機構の解明
 

論文

 
Fujii T, Segawa H, Hanazaki A, Nishiguchi S, Minoshima S, Ohi A, Tominaga R, Sasaki S, Tanifuji K, Koike M, Arima Y, Shiozaki Y, Kaneko I, Ito M, Tatsumi S, Miyamoto KI
Clinical and experimental nephrology      2019年3月   [査読有り]
Ikuta K, Segawa H, Hanazaki A, Fujii T, Kaneko I, Shiozaki Y, Tatsumi S, Ishikawa Y, Miyamoto KI
Pflugers Archiv : European journal of physiology   471(1) 123-136   2019年1月   [査読有り]
Hackney Price J, Hanish BJ, Wagner CE, Kaneko I, Jurutka PW, Marshall PA
Data in brief   20 1797-1803   2018年10月   [査読有り]
Fujii T, Shiozaki Y, Segawa H, Nishiguchi S, Hanazaki A, Noguchi M, Kirino R, Sasaki S, Tanifuji K, Koike M, Yokoyama M, Arima Y, Kaneko I, Tatsumi S, Ito M, Miyamoto KI
Clinical and experimental nephrology      2018年10月   [査読有り]
Tatsumi S, Katai K, Kaneko I, Segawa H, Miyamoto KI
Pflugers Archiv : European journal of physiology      2018年9月   [査読有り]
Hanish BJ, Hackney Price JF, Kaneko I, Ma N, van der Vaart A, Wagner CE, Jurutka PW, Marshall PA
Steroids   135 36-49   2018年7月   [査読有り]
Kaneko I, Segawa H, Ikuta K, Hanazaki A, Fujii T, Tatsumi S, Kido S, Hasegawa T, Amizuka N, Saito H, Miyamoto KI
Endocrinology   159(7) 2741-2758   2018年7月   [査読有り]
Ikuta K, Segawa H, Sasaki S, Hanazaki A, Fujii T, Kushi A, Kawabata Y, Kirino R, Sasaki S, Noguchi M, Kaneko I, Tatsumi S, Ueda O, Wada NA, Tateishi H, Kakefuda M, Kawase Y, Ohtomo S, Ichida Y, Maeda A, Jishage KI, Horiba N, Miyamoto KI
Clinical and experimental nephrology   22(3) 517-528   2018年6月   [査読有り]
Miyagawa A, Tatsumi S, Takahama W, Fujii O, Nagamoto K, Kinoshita E, Nomura K, Ikuta K, Fujii T, Hanazaki A, Kaneko I, Segawa H, Miyamoto KI
Kidney international   93(5) 1073-1085   2018年5月   [査読有り]
Dussik CM, Hockley M, Grozić A, Kaneko I, Zhang L, Sabir MS, Park J, Wang J, Nickerson CA, Yale SH, Rall CJ, Foxx-Orenstein AE, Borror CM, Sandrin TR, Jurutka PW
Journal of neurogastroenterology and motility   24(1) 96-106   2018年1月   [査読有り]
Sabir MS, Haussler MR, Mallick S, Kaneko I, Lucas DA, Haussler CA, Whitfield GK, Jurutka PW
Genes & nutrition   13 19   2018年   [査読有り]
Sasaki S, Segawa H, Hanazaki A, Kirino R, Fujii T, Ikuta K, Noguchi M, Sasaki S, Koike M, Tanifuji K, Shiozaki Y, Kaneko I, Tatsumi S, Shimohata T, Kawai Y, Narisawa S, Millán JL, Miyamoto KI
Kidney & blood pressure research   43(5) 1409-1424   2018年   [査読有り]
Kaneko I, Tatsumi S, Segawa H, Miyamoto KI
Clinical and experimental nephrology   21(Suppl 1) 21-26   2017年3月   [査読有り]
[Update on recent progress in vitamin D research. Vitamin D and muscle tissues.]
Kaneko I, Miyamoto KI, Nikawa T
Clinical calcium   27(11) 1571-1578   2017年   [査読有り]
Fujii O, Tatsumi S, Ogata M, Arakaki T, Sakaguchi H, Nomura K, Miyagawa A, Ikuta K, Hanazaki A, Kaneko I, Segawa H, Miyamoto KI
Frontiers in endocrinology   8 359   2017年   [査読有り]
Tatsumi S, Miyagawa A, Kaneko I, Shiozaki Y, Segawa H, Miyamoto K
Journal of bone and mineral metabolism   34(1) 1-10   2016年1月   [査読有り]
Kaneko I, Sabir MS, Dussik CM, Whitfield GK, Karrys A, Hsieh JC, Haussler MR, Meyer MB, Pike JW, Jurutka PW
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   29(9) 4023-4035   2015年9月   [査読有り]
Kaneko I, Saini RK, Griffin KP, Whitfield GK, Haussler MR, Jurutka PW
The Journal of endocrinology   226(3) 155-166   2015年9月   [査読有り]
Marshall PA, Jurutka PW, Wagner CE, van der Vaart A, Kaneko I, Chavez PI, Ma N, Bhogal JS, Shahani P, Swierski JC, MacNeill M
Pharmacology research & perspectives   3(2) e00122   2015年3月   [査読有り]
[Genetic diseases of renal phosphate handling].
Kaneko I, Segawa H, Tatsumi S, Miyamoto K
Nihon Jinzo Gakkai shi   57(4) 758-765   2015年   [査読有り]
Shiozaki Y, Segawa H, Ohnishi S, Ohi A, Ito M, Kaneko I, Kido S, Tatsumi S, Miyamoto K
The journal of medical investigation : JMI   62(3-4) 209-218   2015年   [査読有り]
Segawa H, Shiozaki Y, Kaneko I, Miyamoto K
Journal of nutritional science and vitaminology   61 Suppl S119-21   2015年   [査読有り]
Kido S, Fujihara M, Nomura K, Sasaki S, Mukai R, Ohnishi R, Kaneko I, Segawa H, Tatsumi S, Izumi H, Kohno K, Miyamoto K
Toxicological sciences : an official journal of the Society of Toxicology   139(2) 301-316   2014年6月   [査読有り]
Nomura K, Tatsumi S, Miyagawa A, Shiozaki Y, Sasaki S, Kaneko I, Ito M, Kido S, Segawa H, Sano M, Fukuwatari T, Shibata K, Miyamoto K
Journal of the American Society of Nephrology : JASN   25(4) 761-772   2014年4月   [査読有り]
Nakahashi O, Yamamoto H, Tanaka S, Kozai M, Takei Y, Masuda M, Kaneko I, Taketani Y, Iwano M, Miyamoto K, Takeda E
Journal of clinical biochemistry and nutrition   54(2) 102-108   2014年3月   [査読有り]
Hsieh JC, Estess RC, Kaneko I, Whitfield GK, Jurutka PW, Haussler MR
The Journal of endocrinology   220(2) 165-178   2014年2月   [査読有り]
Jurutka PW, Kaneko I, Yang J, Bhogal JS, Swierski JC, Tabacaru CR, Montano LA, Huynh CC, Jama RA, Mahelona RD, Sarnowski JT, Marcus LM, Quezada A, Lemming B, Tedesco MA, Fischer AJ, Mohamed SA, Ziller JW, Ma N, Gray GM, van der Vaart A, Marshall PA, Wagner CE
Journal of medicinal chemistry   56(21) 8432-8454   2013年11月   [査読有り]
Saini RK, Kaneko I, Jurutka PW, Forster R, Hsieh A, Hsieh JC, Haussler MR, Whitfield GK
Calcified tissue international   92(4) 339-353   2013年4月   [査読有り]
Haussler MR, Whitfield GK, Kaneko I, Haussler CA, Hsieh D, Hsieh JC, Jurutka PW
Calcified tissue international   92(2) 77-98   2013年2月   [査読有り]
Kido S, Kaneko I, Tatsumi S, Segawa H, Miyamoto K
Contributions to nephrology   180 86-97   2013年   [査読有り]
Marshall PA, Hernandez Z, Kaneko I, Widener T, Tabacaru C, Aguayo I, Jurutka PW
The Journal of steroid biochemistry and molecular biology   132(1-2) 147-159   2012年10月   [査読有り]
Furmick JK, Kaneko I, Walsh AN, Yang J, Bhogal JS, Gray GM, Baso JC, Browder DO, Prentice JL, Montano LA, Huynh CC, Marcus LM, Tsosie DG, Kwon JS, Quezada A, Reyes NM, Lemming B, Saini P, van der Vaart A, Groy TL, Marshall PA, Jurutka PW, Wagner CE
ChemMedChem   7(9) 1551-1566   2012年9月   [査読有り]
Haussler MR, Whitfield GK, Kaneko I, Forster R, Saini R, Hsieh JC, Haussler CA, Jurutka PW
Reviews in endocrine & metabolic disorders   13(1) 57-69   2012年3月   [査読有り]
Kuwahara S, Aranami F, Segawa H, Onitsuka A, Honda N, Tominaga R, Hanabusa E, Kaneko I, Yamanaka S, Sasaki S, Ohi A, Nomura K, Tatsumi S, Kido S, Ito M, Miyamoto K
The journal of medical investigation : JMI   59(1-2) 116-126   2012年   [査読有り]
Ohi A, Hanabusa E, Ueda O, Segawa H, Horiba N, Kaneko I, Kuwahara S, Mukai T, Sasaki S, Tominaga R, Furutani J, Aranami F, Ohtomo S, Oikawa Y, Kawase Y, Wada NA, Tachibe T, Kakefuda M, Tateishi H, Matsumoto K, Tatsumi S, Kido S, Fukushima N, Jishage K, Miyamoto K
American journal of physiology. Renal physiology   301(5) F1105-13   2011年11月   [査読有り]
Forster RE, Jurutka PW, Hsieh JC, Haussler CA, Lowmiller CL, Kaneko I, Haussler MR, Kerr Whitfield G
Biochemical and biophysical research communications   414(3) 557-562   2011年10月   [査読有り]
Miyamoto K, Haito-Sugino S, Kuwahara S, Ohi A, Nomura K, Ito M, Kuwahata M, Kido S, Tatsumi S, Kaneko I, Segawa H
Journal of pharmaceutical sciences   100(9) 3719-3730   2011年9月   [査読有り]
Kaneko I, Segawa H, Furutani J, Kuwahara S, Aranami F, Hanabusa E, Tominaga R, Giral H, Caldas Y, Levi M, Kato S, Miyamoto K
Pflugers Archiv : European journal of physiology   461(1) 77-90   2011年1月   [査読有り]
Tomoe Y, Segawa H, Shiozawa K, Kaneko I, Tominaga R, Hanabusa E, Aranami F, Furutani J, Kuwahara S, Tatsumi S, Matsumoto M, Ito M, Miyamoto K
American journal of physiology. Renal physiology   298(6) F1341-50   2010年6月   [査読有り]
Segawa H, Onitsuka A, Furutani J, Kaneko I, Aranami F, Matsumoto N, Tomoe Y, Kuwahata M, Ito M, Matsumoto M, Li M, Amizuka N, Miyamoto K
American journal of physiology. Renal physiology   297(3) F671-8   2009年9月   [査読有り]
Segawa H, Aranami F, Kaneko I, Tomoe Y, Miyamoto K
Bone   45 Suppl 1 S2-7   2009年7月   [査読有り]
Segawa H, Onitsuka A, Kuwahata M, Hanabusa E, Furutani J, Kaneko I, Tomoe Y, Aranami F, Matsumoto N, Ito M, Matsumoto M, Li M, Amizuka N, Miyamoto K
Journal of the American Society of Nephrology : JASN   20(1) 104-113   2009年1月   [査読有り]
Inoue Y, Segawa H, Kaneko I, Yamanaka S, Kusano K, Kawakami E, Furutani J, Ito M, Kuwahata M, Saito H, Fukushima N, Kato S, Kanayama HO, Miyamoto K
The Biochemical journal   390(Pt 1) 325-331   2005年8月   [査読有り]
Segawa H, Kaneko I, Yamanaka S, Ito M, Kuwahata M, Inoue Y, Kato S, Miyamoto K
American journal of physiology. Renal physiology   287(1) F39-47   2004年7月   [査読有り]
Segawa H, Kawakami E, Kaneko I, Kuwahata M, Ito M, Kusano K, Saito H, Fukushima N, Miyamoto K
Pflugers Archiv : European journal of physiology   446(5) 585-592   2003年8月   [査読有り]
Segawa H, Kaneko I, Takahashi A, Kuwahata M, Ito M, Ohkido I, Tatsumi S, Miyamoto K
The Journal of biological chemistry   277(22) 19665-19672   2002年5月   [査読有り]

書籍等出版物

 
病態栄養ガイドブック(改訂第6版)
金子 一郎 (担当:分担執筆, 範囲:栄養素の代謝と生理機能)
2019年5月   
ロス医療栄養科学大事典
金子 一郎 (担当:分担執筆, 範囲:7章カルシウム、8章リン)
西村書店   2018年11月   
栄養科学シリーズNEXT分子栄養学
金子 一郎 (担当:共編者)
講談社サイエンティフィック   2018年3月   
栄養科学シリーズNEXT新・栄養学総論
金子 一郎 (担当:分担執筆, 範囲:ミネラル(無機質)の栄養)
講談社サイエンティフィック   2016年11月   

講演・口頭発表等

 
ビタミンDによる小腸輸送調節機序の解明
金子 一郎、瀬川 博子、加藤 茂明、宮本 賢一
第66回日本栄養改善学会学術集会   2019年9月6日   
Intestinal Alkaline Phosphatase(IAP)による腸内環境制御と腎保護作用
瀬川 博子,有馬 佑貴,小池 萌,谷藤 和也,佐々木 すみれ,花崎 愛,金子 一郎, 宮本 賢一
第66回日本栄養改善学会学術集会   2019年9月6日   
腸管ニコチンアミドホスホリボシルトランスフェラーゼのリン吸収抑制効果の検討
辰巳 佐和子,中辻 翔也,河田 美紀,桑原 頌治,金子 一郎,瀬川 博子, 宮本 賢一
第66回日本栄養改善学会学術集会   2019年9月6日   
ビタミンDとうつ病の関係:セロトニン代謝の関係
金子 一郎, Haussler R. Mark, Jurutka W. Peter, 瀬川 博子, 宮本 賢一
第7回日本腎栄養代謝研究会学術集会・総会   2019年7月27日   
リン代謝における肝臓 Nampt/NAD 経路の役割
辰巳 佐和子, 中辻 翔也, 斎 満帆, 桑原 頌治, 金子 一郎, 瀬川 博子, 宮本 賢一
第73回日本栄養・食糧学会大会   2019年5月19日   
Growth Hormone 作用における抗老化因子Klotho の関与
小池 萌, 瀬川 博子, 花崎 愛, 佐々木 すみれ, 谷藤 和也, 有馬 佑貴, 佐藤 哲彦, 金子 一郎, 宮本 賢一
第73回日本栄養・食糧学会大会   2019年5月19日   
リン・ビタミンD代謝における分子栄養学的研究
金子 一郎
第73回日本栄養・食糧学会大会   2019年5月17日   
ビタミンDが制御する小腸リン吸収機序の解明
金子 一郎, 瀬川 博子, 張 哲然, 加藤 茂明, 宮本 賢一
第3回CKD-MBD研究会学術集会・総会   2019年3月2日   
骨細胞除去による無機リン代謝における影響:骨-腎臓-腸管連関の解析
篠原 理沙, 辰巳 佐和子, 金子 一郎, 瀬川 博子, 宮本 賢一
第57回日本栄養・食糧学会近畿支部会   2018年12月   
食物無機リン酸適応唾液-腸管-腎臓ネットワーク
谷藤 和也, 瀬川 博子, 生田 かよ, 花崎 愛, 佐々木 すみれ, 小池 萌, 金子 一郎, 石川 康子, 宮本 賢一
第51回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会   2018年11月18日   
血中リン濃度を上げない食事時間とは?:動物モデルでの検討
辰巳 佐和子, 齋 満帆, 中辻 翔也, 河田 美紀, 篠原 理沙, 金子 一郎, 瀬川 博子, 宮本 賢一
第6回日本腎栄養代謝研究会学術集会・総会   2018年7月   
ビタミンDが制御する腸管リン吸収機序の解明
金子 一郎, 瀬川 博子, 野津 圭二郎, 生田 かよ, 藤井 公, 花崎 愛, 張 哲然, 加藤 茂明, 宮本 賢一
日本ビタミン学会第70回大会   2018年6月   
ビタミンDによる小腸リン吸収促進機構の解明
張 哲然, 金子 一郎, 瀬川 博子, 野津 圭二郎, 生田 かよ, 藤井 公, 花崎 愛, 加藤 茂明, 宮本 賢一
第5回日本栄養改善学会四国支部学術総会   2018年6月30日   
カドミウム暴露と骨軟化症:バイオマーカーの探索
宮本 賢一, 木戸 慎介, 辰巳 佐和子, 金子 一郎, 瀬川 博子
第5回日本栄養改善学会四国支部学術総会   2018年6月30日   
ミネラル代謝における骨細胞減少の効果:骨細胞−腎臓-腸管連関制御
辰巳佐和子, 篠原理沙, 金子一郎, 瀬川博子, 宮本賢一
第72回日本栄養・食糧学会大会   2018年5月   
ビタミンDが制御する腸管リン吸収機序の解明
金子 一郎, 瀬川 博子, 野津 圭二郎, 生田 かよ, 藤井 公, 花崎 愛, 張 哲然, 加藤 茂明, 宮本 賢一
第72回日本栄養・食糧学会大会   2018年5月   
FGF23-リンによる腸管窒素吸収調節
瀬川 博子, 古谷 順也, 金子 一郎, 宮本 賢一
第2回日本UremicToxin 研究学術集会   2018年4月   
腎臓と他の臓器相関による生体内リン代謝調節機構
瀬川 博子, 金子 一郎, 宮本 賢一
第95回日本生理学会大会   2018年3月29日   サンポートホール高松・かがわ国際会議場(高松市)
ミネラル代謝における骨細胞減少の効果:骨細胞-腎臓-腸管連関制御
辰巳 佐和子, 篠原 理沙, 金子 一郎, 瀬川 博子, 宮本 賢一
第72回日本栄養・食糧学会大会   2017年11月13日   岡山コンベンションセンター/岡山県立大学(岡山市)
腸管NAD+合成律速酵素(Nampt)と全身性NAD+代謝
木下 瑛美, 辰巳 佐和子, 藤井 理, 張 哲然, 金子 一郎, 瀬川 博子, 宮本 賢一
第50回日本栄養・食糧学会 中国・四国支部大会   2017年11月12日   鳥取大学(鳥取市)
リン利尿因子FGF23の転写調節機序の解明
金子 一郎, G K.Saini Rimpi, Whitfield Kerr, 伊藤 美紀子, 瀬川 博子, 辰巳 佐和子, 宮本 賢一, R.Haussler Mark, W.Jurutka Peter
第50回日本栄養・食糧学会 中国・四国支部大会   2017年11月12日   鳥取大学(鳥取市)
In Vivo Responses of Phosphorus-Based Food Additives with Different Forms
T Fujii, Hiroko Segawa, A Hamazaki, K Ikuta, A Kushi, Ichiro Kaneko, Sawako Tatsumi, Ken-ichi Miyamoto
American Society of Nephrology Kidney week.   2017年11月2日   Ernest N.Morial Convention Center(USA)
水溶性ビタミンB3と腸管上皮機能
藤井 理, 辰巳 佐和子, 金子 一郎, 瀬川 博子, 宮本 賢一
第64回日本栄養改善学会学術総会   2017年9月14日   アスティ徳島(徳島市)
脳機能における活性型ビタミンDの役割
金子 一郎, 瀬川 博子, 辰巳 佐和子, 宮本 賢一
第64回日本栄養改善学会学術総会   2017年9月14日   アスティ徳島(徳島市)
生体内リン恒常性における腸管アルカリフォスファターゼの役割
桐野 留里, 瀬川 博子, 佐々木 すみれ, 金子 一郎, 辰巳 佐和子, 宮本 賢一
第64回日本栄養改善学会学術総会   2017年9月14日   アスティ徳島(徳島市)
形態の異なるリン化合物接種に対する生体への影響
佐々木 すみれ, 瀬川 博子, 桐野 留里, 金子 一郎, 辰巳 佐和子, 宮本 賢一
第64回日本栄養改善学会学術総会   2017年9月14日   アスティ徳島(徳島市)
生体内リン恒常性におけるアルカフォスファターゼの役割
桐野 留里, 瀬川 博子, 金子 一郎, 辰巳 佐和子, 宮本 賢一
第4回日本栄養改善学会四国支部学術総会   2017年6月24日   徳島大学(徳島市)
骨ー腎臓連関を介した食餌性リン感受機Sensing of dietary phosphate loading in the bone-kidney axis.
辰巳 佐和子, 緒方 雅央, 新垣 友啓, 藤井 理, 金子 一郎, 瀬川 博子, 宮本 賢一
第71回日本栄養・食糧学会大会   2017年5月21日   沖縄コンベンションセンター(宜野湾市)
生体内リン恒常性における Intestinal Alkaline Phosphatase (IAP) の役割.
瀬川 博子, 佐々木 祥平, 結城 志帆子, 金子 一郎, 辰巳 佐和子, 宮本 賢一
第71回日本栄養・食糧学会大会   2017年5月21日   沖縄コンベンションセンター(宜野湾市)
栄養素輸送担体と健康・疾患「腸管リン吸収と慢性腎臓病」
瀬川 博子, 金子 一郎, 辰巳 佐和子, 宮本 賢一
第71回日本栄養・食糧学会大会   2017年5月19日   沖縄コンベンションセンター宜野湾市)
生体内リン恒常性におけるIntestinal Alkaline Phosphatase(IAP)の役割
瀬川 博子, 佐々木 祥平, 結城 志帆子, 金子 一郎, 辰巳 佐和子, 宮本 賢一
第1回CKD‐MBD研究会学術集会・総会   2017年3月4日   コクヨホール東京・品川
Salivary Pi Handling May Be under the Control of Gastrointestinal Pi Sensing.
Ikuta Kayo, Hiroko Segawa, Yuki Shihoko, Ichiro Kaneko, Hanazaki Ai, Fujii Toru, Kushi Aoi, Sawako Tatsumi, Ken-ichi Miyamoto
American Society of Nephrology.Kidney Week2016.   2016年11月15日   McCormick Place in Chicago (Chicago,IL)
Hepatectomy-Induced Hypophosphatemia: Mechanisms Underlying Downregulation of Phophate Transport in the Small Intestine.
Sawako Tatsumi, Miyagawa Atsumi, Fujii Osamu, Ogata Mao, Ichiro Kaneko, Hiroko Segawa, Ken-ichi Miyamoto
American Society of Nephrology. Kidney Week2016.   2016年11月15日   McCormick Place in Chicago (Chicago,IL)
リン代謝動態の概日リズム形成機序解明
高濱 和子, 辰巳 佐和子, 宮川 淳美, 藤井 理, 新垣 友啓, 緒方 雅央, 木下 瑛美, 金子 一郎, 瀬川 博子, 宮本 賢一
第49回日本栄養・食糧学会 中国・四国支部大会   2016年11月12日   徳島大学蔵本キャンパス(徳島市)
脳機能におけるビタミンDの役割
金子 一郎, Hsieh Jui-Cheng, Whitfield Kerr G., 辰巳 佐和子, 瀬川 博子, 宮本 賢一, Haussler R. Mark, Jurutka W. Peter
日本ビタミン学会誌   2016年6月18日   
脳機能におけるビタミンDの役割
金子 一郎, Hsieh Jui-Cheng, Whitfield Kerr G., 辰巳 佐和子, 瀬川 博子, 宮本 賢一
第68回日本ビタミン学会   2016年6月17日   富山
形態の異なるリン化合物接種に対する生体への影響
川端 優佳, 瀬川 博子, 結城 志帆子, 中山 彰吾, 藤井 公, 生田 かよ, 花崎 愛, 野津 圭二郎, 西口 詩織, 金子 一郎, 辰巳 佐和子, 宮本 賢一
第70回日本栄養・食糧学会大会   2016年5月13日   神戸ポートピアホテル(神戸市),武庫川女子大学(西宮市)
FGF23: A Nurr1-dependent Phosphaturic Hormone Gene That is Transcriptionally Regulated by 1,25-dihydroxyvitamin D
Ichiro Kaneko, Saini K. Rimpi, Witfield Kerr G., Ito Mikiko, Hiroko Segawa, Sawako Tatsumi, Ken-ichi Miyamoto, Haussler R. Mark, Jurutka W. Peter
XVIII International Congress on Nutrition and Metabolism in Renal Disease 2016   2016年4月21日   
A Nurr1-dependent phosphaturic hormonegene that is transcriptionally regulated by 1.25-dihydroxyvitamin D.
Ichiro Kaneko, Saini K Rimpi, Whitfield G.Kerr, Mikiko Ito, Hiroko Segawa, Sawako Tatsumi, Ken-ichi Miyamoto, R.Haussler Mark, W.Jurutka Peter
XVIII International Congress on Nutrition and Metabolism in Renal Desease(ICRNM2016)   2016年4月19日   沖縄コンベンションセンター(宜野湾市)
生体内リン恒常性におけるIntestinal Alkaline Phosphatase(IAP)の役割
瀬川 博子, 佐々木 祥平, 結城 志帆子, 金子 一郎, 辰巳 佐和子, 宮本 賢一
第1回CKD‐MBD研究会学術集会・総会   2016年3月4日   コクヨホール東京・品川
Synthesis and Biological Characterization of Novel CD3254 Analogs
Wagner E. Carl, Jurutka W. Peter, Marshall A. Pamela, Ichiro Kaneko, Shahani Pritika, Seto H. David, Varkey Julia, Hum L. Cindy, Sarnowski T. Joseph, Wentzel R. Michael, Chhun Christine
American Chemical Society Annual Meeting   2016年3月   
脳機能におけるビタミンDの役割について
金子 一郎, Jui-Cheng Hsieh, G.Kerr Whitfield, 辰巳 佐和子, 瀬川 博子, 宮本 賢一, R Mark Haussler, W Peter Jurutka
第19会日本病態栄養学会年次学術集会   2016年1月10日   パシフィコ横浜(横浜市)
骨細胞の減少による胆汁酸代謝異常についての解析.
新垣 友啓, 辰巳 佐和子, 緒方 雅央, 阪口 晴菜, 安井 朗洋, 藤井 理, 永元 健太, 金子 一郎, 瀬川 博子, 宮本 賢一
第19会日本病態栄養学会年次学術集会.   2016年1月9日   パシフィコ横浜(横浜市)
リン血症是正に対するFGF23/Klothoシグナルの解明
西口 詩織, 瀬川 博子, 蓑島 さくら, 桑原 煩治, 金子 一郎, 前田 彰, 辰巳 佐和子, 宮本 賢一
第19会日本病態栄養学会年次学術集会   2016年1月9日   パシフィコ横浜(横浜市)
生体内リン代謝調節機構における唾液腺の関与.
生田 かよ, 瀬川 博子, 結城 志帆子, 金子 一郎, 西口 詩織, 石川 康子, 上田 乙也, 堀場 直, 寺社下 浩一, 福島 直, 宮本 賢一
第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会   2015年12月3日   神戸ポートアイランド(神戸市)
Genetic Deletion of NaPi-2c Rescue Phenotype of klotho Knockout Mice wi thout Improving Severe Hyperphosphat emia.
Hanazaki Ai, Hiroko Segawa, Ikuta Kayo, Fujii Toru, Ichiro Kaneko, Yuki Shihoko, Nishiguchi Shiori, Notsu Keijiro, Shiozaki Yuji, Sawako Tatsumi, Ken-ichi Miyamoto
American Society of Nephrology Kidney week.   2015年11月4日   サンディエゴコンベンションセンター(サンディエゴ)
Klotho and NaPi-2c,double deletionから導くNaPi-2cの重要性.
花崎 愛, 瀬川 博子, 福尾 真理, 金子 一郎, 辰巳 佐和子, 宮本 賢一
第48回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会   2015年10月31日   メルパルク広島(広島市)
慢性腎臓病におけるリンコントロール.
瀬川 博子, 金子 一郎, 宮本 賢一
第31回日本DDS学会学術集会.   2015年7月2日   京王プラザホテル(東京都)
1,25-Dihydroxyvitamin D enhances human tryptophan hydroxylase gene expression throughvitamin D responsive elements in human brain cells.
Ichiro Kaneko, Hsieh Jui-Cheng, Whitfield Kerr G., Hiroko Segawa, Ken-ichi Miyamoto, Haussler R. Mark, Jurutka W. Peter
ACN2015 Asian Congress of Nutrition.   2015年5月16日   パシフィコ横浜(横浜市).
Bone-kidney axis regulating phosphate homeostasis: Study of osteocyte-ablated mice.
Haruna Sakaguchi, Sawako Tatsumi, Ogata Mao, Osamu Fujii, Arakaki Tomohiro, Miyagawa Atsumi, Nagamoto Kenta, Takahama Wako, Hirobata Yukiko, Yasui Akihiro, Ichiro Kaneko, Hiroko Segawa, Ken-ichi Miyamoto
ACN2015 Asian Congress of Nutrition.   2015年5月16日   パシフィコ横浜(横浜市)
Disruption of intestinal alkaline phosphatase (Akp3) affects the phosphate homeostasis.
Yuki Shihoko, Hiroko Segawa, Sasaki Shohei, Ikuta Kayo, Ichiro Kaneko, Fujii Toru, Hanazaki Ai, Nishiguchi Shiori, Keijiro Notsu, Aki Eriko, Shiozaki Yuji, Sawako Tatsumi, Ken-ichi Miyamoto
ACN2015 Asian Congress of Nutrition.   2015年5月16日   パシフィコ横浜(横浜市)
The role of Na+-dependent Phosphate transporters in the body.
Hiroko Segawa, Ichiro Kaneko, Yuji Shiozaki, Sawako Tatsumi, Ken-ichi Miyamoto
ACN2015 Asian Congress of Nutrition.   2015年5月15日   パシフィコ横浜(横浜市).
Inorganic Phosphate Handling in Salivary Glands.
生田 かよ, Hiroko Segawa, 佐々木 祥平, Ichiro Kaneko, 塩崎 雄治, Sawako Tatsumi, Ken-ichi Miyamoto
American Society of Nephrology (米国腎臓学会)   2014年11月16日   
Gastrointestinal phosphate handling.
瀬川 博子, 生田 かよ, 塩崎 雄治, 金子 一郎, 宮本 賢一
上皮バリア・輸送に関するシンポジウム   2014年11月1日   立命館大学(滋賀)
骨細胞除去マウスのカルシウム/リン代謝異常解析について
緒方 雅央, 辰巳 佐和子, 藤井 理, 阪口 晴菜, 新垣 友啓, 宮川 淳美, 永元 健太, 高濱 和子, 廣畠 佑希子, 金子 一郎, 瀬川 博子, 宮本 賢一
第47回日本栄養・食糧学会 中国・四国支部大会   2014年10月16日   四国大学交流プラザ(徳島)

競争的資金等の研究課題

 
腎・骨格筋dual維持機構を介した慢性腎臓病の栄養療法
日本学術振興会: 科研費 若手研究
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 金子 一郎
リン・ビタミンD代謝を制御する多臓器連関の解明
日本学術振興会: 科研費 若手研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 金子 一郎
穀類ポリフェノールによる慢性腎臓病重症化予防効果
飯島藤十郎記念食品科学振興財団: 学術研究助成金
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 金子 一郎