KANETA YOSHIHIRO

J-GLOBAL         Last updated: Jan 11, 2019 at 17:17
 
Avatar
Name
KANETA YOSHIHIRO
Affiliation
Akita Prefectural University
Section
Faculty of Bioresource Sciences

Published Papers

 
Takakai Fumiaki, Hirano Seiya, Harakawa Yuka, Hatakeyama Keiko, Yasuda Kentaro, Sato Takashi, Kimura Kazuhiko, Kaneta Yoshihiro
AGRICULTURE-BASEL   8(4)    Apr 2018   [Refereed]
西田瑞彦, 芳村裕之, 浪川茉莉, 工藤洋晃, 工藤洋晃, 高橋智紀, 金田吉弘
日本土壌肥料学雑誌   88(6) 538‐540   Dec 2017
Takakai Fumiaki, Nakagawa Shinpei, Sato Kensuke, Kon Kazuhiro, Sato Takashi, Kaneta Yoshihiro
AGRICULTURE-BASEL   7(6)    Jun 2017   [Refereed]
Takakai Fumiaki, Kikuchi Takemi, Sato Tomomi, Takeda Masato, Sato Kensuke, Nakagawa Shinpei, Kon Kazuhiro, Sato Takashi, Kaneta Yoshihiro
AGRICULTURE-BASEL   7(5)    May 2017   [Refereed]
Takakai Fumiaki, Ichikawa Jota, Ogawa Masato, Ogaya Saki, Yasuda Kentaro, Kobayashi Yukiya, Sato Takashi, Kaneta Yoshihiro, Nagahama Ken-ichiro
AGRICULTURE-BASEL   7(3)    Mar 2017   [Refereed]
保田謙太郎, 高階史章, 金田吉弘, 今井淳容
雑草研究   62(3) 139‐148(J‐STAGE)   2017
本庄求, 本庄求, 武田悟, 吉田康徳, 金田吉弘
園芸学研究   15(1) 11‐17(J‐STAGE)   Jan 2016
本庄求, 本庄求, 武田悟, 吉田康徳, 金田吉弘
園芸学研究   15(4) 383‐391(J‐STAGE)   2016
本庄求, 武田悟, 片平光彦, 屋代幹雄, 進藤勇人, 齋藤雅憲, 吉田康徳, 高橋春實, 金田吉弘
園芸学研究   14(1) 25-35 (J-STAGE)   2015
金澤伸浩, 嶋崎善章, 小川敦史, 金田吉弘, 佐藤寛子, 鈴木人志, 佐々木浩一
環境科学会誌   27(6) 354-361   Nov 2014
KANETA Yoshihiro, GOTO Sahoko, SATO Takashi, TAKAKAI Fumiaki, YASUDA Kentaro, NOSAKA Takashi, SAKASHITA Yasushi, URANO Yasunori, OHYAMA Takuji
Japanese Journal of Soil Science and Plant Nutrition   85(5) 446-452   Oct 2014
To support the cultivation of winter wheat in a heavy clay upland field previously used for paddy rice, we investigated the effect of deep placement of calcium cyanamide before sowing as compared with the conventional method of basal application o...
佐藤一至, 金田吉弘
農作業研究   49(3) 97-104   Sep 2014
Hasegawa Toshihiro, Sakai Hidemitsu, Tokida Takeshi, Nakamura Hirofumi, Zhu Chunwu, Usui Yasuhiro, Yoshimoto Mayumi, Fukuoka Minehiko, Wakatsuki Hitomi, Katayanagi Nobuko, Matsunami Toshinori, Kaneta Yoshihiro, Sato Takashi, Takakai Fumiaki, Sameshima Ryoji, Okada Masumi, Mae Tadahiko, Makino Amane
FUNCTIONAL PLANT BIOLOGY   40(2) 148-159   2013   [Refereed]
KANETA Yoshihiro, TAKAHASHI Daigo, TASHIRO Takashi, TAKAKAI Fumiaki, SATO Takashi
Root Research   21(1) 3-9   Mar 2012
KANETA Yoshihiro, ONODERA Takuya, SAKASHITA Masashi, TAKAKAI Fumiaki, SATO Takashi, ITO Yoshiteru, YASUDA Kentaro
Japanese Journal of Soil Science and Plant Nutrition   83(6) 681-686   Dec 2012
我が国の稲作において,代かきは「均平」,「田植え」,「活着」,「肥料混和」,「水もち」,「除草」などのために,古くから不可欠な作業とされてきた。しかし,近年の機械化移植栽培では移植精度が向上したことから「田植え」や「活着」に対する代かきの意義は薄れている。さらに,代かきは土壌を単粒化し,透水性の低下や土壌の還元を促進させることから水稲根の活力維持を阻害する場合があるとされている(熊野ら,1985)。特に,東北の日本海側に広く分布する重粘土水田では,代かきにより作土直下に不透水性の土層が発達...
Sato Takashi, Sato Emiko, Takakai Fumiaki, Yokoyama Tadashi, Kaneta Yoshihiro
SOIL SCIENCE AND PLANT NUTRITION   57(2) 313-319   Apr 2011   [Refereed]
SATO Takashi, YOSHIMOTO Sayuri, NAKAMURA Yui, SATO Emiko, TAKAKAI Fumiaki, SHIBUYA Takeshi, YOKOYAMA Tadashi, KANETA Yoshihiro
Japanese Journal of Soil Science and Plant Nutrition   82(2) 123-130   2011
We investigated an effect of planting with hairy vetch of a leguminous green manure crop on growth and yield of second crop soybean in a heavy clay soil field converted from paddy field in Hachirogata polder, Japan in 2005, 2006 and 2009. In the h...

Misc

 
金田吉弘, 磯部百葉, 高階史章, 佐藤孝
農業および園芸   93(11) 944‐950   Nov 2018
佐藤 孝, 高階 史章, 保田 謙太郎, 中村 勝則, 長濱 健一郎, 金田 吉弘
秋田県立大学ウェブジャーナル. A, 地域貢献部門 = Akita Prefectural University web journal. 秋田県立大学ウェブジャーナル編集委員会 編   3 25-34   Mar 2016
佐藤 孝, 間世田 安希, 保田 謙太郎, 高階 史章, 金田 吉弘
秋田県立大学ウェブジャーナルB(研究成果部門) = Akita prefectural University Web Journal B(Results of research)   2 92-97   Sep 2015
高橋彩子, 高橋彩子, 佐藤久実, 梅本英之, 堂本晶子, 松森信, 金田吉弘, 伊藤豊彰, 藤井弘志
日本土壌肥料学雑誌   86(4) 332-338   Aug 2015
金田吉弘
日本土壌肥料学雑誌   84(5) 345-348   Oct 2013
SATO Yuko, KATO Masaya, SATO Kourou, KON Kazuhiro, KANETA Yoshihiro, HUKUOKA Ryou, NIIYAMA Tokumitsu, SATO Yuta
Tohoku Journal of Crop Science   54(0) 37-38   2012
近年,水稲生育期間の気温が平年に比べて高く推移する傾向にあり,出穂期の前後から高温登熟により一等米比率や収量が低下する年次がみられる。2010年は高温傾向が顕著な年次であったことから,平年に比べ収量・品質が大幅に低下した。このため水稲の栽培管理技術について,生産者やJA営農指導員にアンケート調査を実施した。ここでは水管理を中心にして,その対応状況と課題について報告する。
SATO Yuko, KATO Masaya, SATO Kourou, KON Kazuhiro, KANETA Yoshihiro, SATO Yuta
Tohoku Journal of Crop Science   54(0) 39-40   2012
優良事例では,土づくりのための土壌改良資材の積極的な施用,適正な穂肥の実施が,減収と品質低下の抑制になったと考えられ,高温年であっても基本技術による栽培管理の重要性が示された。松村らは高温年でも高い品質,検査等級を維持している稲作生産者の特徴を整理して,(1)土壌改良材・堆きゅう肥の施用率や稲わらすき込み実施率が高く,深耕を意識的に行うなど土壌管理を積極的に行っている,(2)栽植密度は県平均より低めで疎植傾向にある,(3)溝切り,中干しなどの基本的水管理技術を完全実施している,と指摘してい...
YANAI Junta, TORIYAMA Kazunobu, TERABAYASHI Satoshi, WADA Shin-ichiro, TAKAHASHI Tomoki, TOYOTA Koki, KANETA Yoshihiro, FUJII Hiroshi
Japanese Journal of Soil Science and Plant Nutrition   83(3) 326-331   2012
養液栽培のシステムを,土壌に基づいた栽培システムと比較することで,土壌の果たしている役割を浮き彫りにすることを試みた。養液栽培の概要を提示し養分の保持・供給,水の保持・供給と植物体の支持,微生物の各種機能という側面から土壌の機能を再検討し,続いてエネルギー・物質収支・食料生産の面から養液栽培と土耕栽培を比較検討した。
KATOH Naoto, NISHIDA Mizuhiko, KATOH Seiji, MURAKAMI Keiichi, KANETA Yoshihiro, ISHIBASHI Eiji, WASHIO Tatsuki, TAKATU Asami, TAKAHARA Chikako, SHIBA Hiroko, OOYA Masaya, OYANAGI Wataru, ITOH Toyoaki
Japanese Journal of Soil Science and Plant Nutrition   83(3) 338-343   2012
化学肥料は国益に通じる戦略物質になりつつある。こうした状況下で作物生産を継続するためには,肥料原料の確保とともに,資源のリサイクル利用による省資源型農業の推進が重要な課題のひとつとなる。そこで,本稿では家畜ふん堆肥に含まれる肥料成分に着目し,その効率的利用に繋がる研究や技術開発,ならびに堆肥の適正利用を推進する先行事例を紹介する。
SETO Jiro, KATO Naoto, SUEYOSHI Kuni, WASAKI Jun, MORITSUKA Naoki, KANETA Yoshihiro, SEKIMOTO Hitoshi
Japanese Journal of Soil Science and Plant Nutrition   83(4) 471-477   2012
植物栄養学は,生産学としての土壌肥料学を背景とするが,植物栄養学は深化して,今や植物科学の一分野となっている。このような植物栄養学の「研究者」は,農業「技術」を担う土壌肥料学をどこまで理解しているであろうか。その反面,植物栄養学の「研究」が土壌肥料「技術」の基礎を担うことを,土壌肥料の「技術者」は,どこまで理解しているであろうか。「身近でありながら,日頃は疎遠な親戚のような関係」の植物栄養(第4部門)と肥料(第7部門)との相互理解を深めるため,共催シンポジウム「植物の養分獲得・利用と施肥」...
HASEGAWA Toshihiro, NAKAMURA Hirofumi, TOKIDA Takeshi, SAKAI Hidemitsu, YOSHIMOTO Mayumi, FUKUOKA Minehiko, ZHU Chunwu, USUI Yasuhiro, MATSUNAMI Toshinori, KANETA Yoshihiro, SAMESHIMA Ryoji, OKADA Masumi
日本作物學會紀事   80 134-135   Mar 2011
WADA Shin-Ichiro, KANETA Yoshihiro, TORIYAMA Kazunobu, ANZAI Tetsuo, HIKASA Yuji, KOIWAI Masaaki, GOTO Itsuo, HIRADATE Syuntaro
Japanese Journal of Soil Science and Plant Nutrition   82(2) 173-178   2011
Nishida M., Kosugi T., Kaneta Y.
Japanese Journal of Soil Science and Plant Nutrition   82(6) 537-555   2011
Kosugi T., Nishida M., Kaneta Y.
Japanese Journal of Soil Science and Plant Nutrition   82(6) 556-566   2011
KODAMA Ikuko, MASAKI Satoshi, KANETA Yoshihiro, MAE Tadahiko
Tohoku Journal of Crop Science   51(0) 19-20   2008
これまでの寒冷地におけるイネの多収穫は、短稈品種を用いて多肥条件の下で達成されている。しかし、近年、環境保全や投下コストに対するパフォーマンスの面から、玄米生産に対する窒素利用効率に優れた品種の育成が望まれている。大粒品種「秋田63号」は既存品種を大きく上回る収量性をもち、同時に窒素利用効率が明らかに高いことが先に示された。そこで、本報では、少ない投下資源の元でも高い収量を確保できる品種を育成するため、「秋田63号」に由来する大粒性をもつ系統について、無窒素条件下における収量と玄米生産に対...
KON Kazuhiro, KANETA Yoshihiro, SATO Takashi
Tohoku Journal of Crop Science   50(0) 83-84   2007
有機農産物に対する消費者ニーズの高まりから、水稲においても化学肥料を使用しない有機栽培の面積が増加する傾向にあり、秋田県では八郎潟干拓地を中心に栽培面積が増加している。有機栽培の生産現場では、育苗時に様々な有機質資材が使用されている。これらの資材は窒素無機化特性が大きく異なり、pHが高いものもあり育苗時に生育ムラや病害が多く発生することが問題となっている。一方、プール育苗は苗立枯病の発生を抑制し、床土の量に関係なく生育ムラが少ないことが報告されている。そこで、有機栽培用の安定した育苗技術を...
Makino Amane, Hayashi Hiroaki, Ohyama Takuji, Hayakawa Toshihiko, Ma Jian Feng, Ando Ho, Kondo Motohiko, Terao Tomio, Masaki Satoshi, Kaneta Yoshihiro, Mae Tadahiko
Japanese Journal of Soil Science and Plant Nutrition   77(3) 361-365   2006
KANETA Yoshihiro, TAKAHASHI Masako, SATO Takashi, MURAKAMI Sho, SINDO Hayato, SATO Hiroko, SATO Atsushi
Tohoku Journal of Crop Science   48(0) 53-55   2005
KON Kazuhiro, KANETA Yoshihiro, SHIBATA Satoru, SATO Kaoru, MIURA Chikako, SATO Atsushi
Tohoku Journal of Crop Science   47(0) 9-10   2004
KANETA Yoshihiro, KATO Masaya, SAYAMA Akira, HOSAKA Manabu
Tohoku Journal of Crop Science   47(0) 13-15   2004
KON Kazuhiro, KANETA Yoshihiro, SATO Atsushi, SHIBATA Satoru, SATO Kaoru, MIURA Chikako
Tohoku Journal of Crop Science   46(0) 45-46   2003
KON Kazuhiro, KANETA Yoshihiro, SATO Atsushi, SHIBATA Satoru, SATO Kaoru, MIURA Chikako
Tohoku Journal of Crop Science   46(0) 47-49   2003
KATO Masaya, KANETA Yoshihiro, SHINDO Hayato
Tohoku Journal of Crop Science   45(0) 39-41   2002
KANETA Yoshihiro, WAKAMATSU Kazuyuki, KAMADA Yasuo, SHINDO Hayato
Tohoku Journal of Crop Science   45(0) 43-45   2002
MUSASHI Shigemitsu, KANETA Yoshihiro
Tohoku Journal of Crop Science   44(0) 81-83   2001
KANETA Yoshihiro, MUSASHI Shigemitsu
Tohoku Journal of Crop Science   44(0) 85-86   2001
KANETA Yoshihiro, SINDO Hayato
Tohoku Journal of Crop Science   43(0) 73-75   2000
KANETA Yoshihiro, TSUTIYA Kazunari
Tohoku Journal of Crop Science   38(0) 33-34   1995

Conference Activities & Talks

 
ICHIKAWA Jota, TASHIRO Takashi, KOBAYASHI Yukiya, TAKAKAI Fumiaki, KANETA Yoshihiro, NAGAHAMA Kenichiro, YASUDA Kentaro
日本作物學會紀事   30 Mar 2011