KANNO Kazue

J-GLOBAL         Last updated: Mar 7, 2016 at 15:39
 
Avatar
Name
KANNO Kazue

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Kanno K, Ikeda Y
Journal of intellectual disability research : JIDR   46 613-618   Nov 2002   [Refereed]

Misc

 
KANNO KAZUE
発達教育   34(10) 4-11   Sep 2015
知的障害者を雇用する特例子会社で働く雇用管理者の意識変容過程
松井 優子, 菅野 和恵
リハビリテーション連携科学   16(1) 21-30   Jun 2015
知的障害者を雇用する特例子会社で働く雇用管理者の意識変容を検討した.3社で面接調査を実施し,M-GTAを参考に分析した.その結果,8のカテゴリーと6のサブカテゴリー,20の概念が生成され,それらを会社の設立を基準とした3期(立上期,導入期,成長期)に整理した.立上期は,特例子会社の位置づけや,業務・運営に関わる体制や制度に関わる検討が行われていた.導入期は,知的障害者社員の継続的雇用を目指し,個別の目標設定や生活面のサポート,知的障害者社員を支える一般社員(指導員)の教育,コミュニケーショ...
ダウン症のある生徒の書記表現力の事例的研究 日記文における品詞の構成を中心に
菅野 和恵
東海大学健康科学部紀要   (20) 85-88   Apr 2015
特別支援学校(知的障害)に在籍するダウン症の中学部1年生の女子生徒1名が1年間に書いた日記文294について、文字数、文数、語数、品詞の出現割合について、定量的な分析を行い、健常児や聴覚障害児との比較を行った。収集した294の日記文について、文数、文字数、語数に関する平均値、SD、最小値、最大値を算出した。分析の結果、平均値は文数1.66、文字数31.00、文字数/文20.11、語数18.07、語数(記号なし)14.02、語数/文11.80、語数(記号なし)/文9.13であり、1文あたりの文...
大学生の親扶養意識と高齢社会に対する関心度ならびに老いのイメージに関する2国間比較研究 スリランカと日本の比較調査結果の分析
谷口 幸一, 宮永 耕, 田中 美加, 妻鹿 ふみ子, 小林 理, 児玉 千代子, 阿部 正昭, 菅野 和恵, 沓澤 智子, Vasudevan V., Jeyaruban V.R., Dhanapala W.M.
東海大学健康科学部紀要   (20) 89-102   Apr 2015
SUDA Keiko, KANNO Kazue
障害科学研究   39 53-64   Mar 2015
Conditions of teachers in elementary school sections of special schools for children with intellectual disabilities, especially with regard to difficulties in providing instructions in physical education were investigated. Factor analysis was cond...

Conference Activities & Talks

 
ISHII KATSUYOSHI, KANNO KAZUE, OSHIMA YOSHIYUKI, KUMAGAI KEIKO
日本環境教育学会大会研究発表要旨集   1 Aug 2014   
SUGANO KAZUE, DOYAMA AKI, NEMOTO SAKIKO, HAYASHI AKIKO
日本発達心理学会大会論文集   1 Feb 2014   
水澤実栄子, 菅野和恵
発達障害支援システム学研究   12 Dec 2013   
福田麻子, 菅野和恵
発達障害支援システム学研究   28 Nov 2010   

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
Project Year: 2006 - 2008    Investigator(s): Shigeru IKUTA