Yoshihiko Kanno

J-GLOBAL         Last updated: Apr 8, 2018 at 07:16
 
Avatar
Name
Yoshihiko Kanno
Affiliation
Tokyo Medical University
Section
School of Medicine

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Nagaoka Y, Tanaka Y, Yoshimoto H, Suzuki R, Ryu K, Ueda M, Akiyama M, Nagai M, Miyaoka Y, Kanda E, Iwai S, Nagaoka M, Kanno Y
Hemodialysis international. International Symposium on Home Hemodialysis      Dec 2017   [Refereed]
Ota Takashi, To Naoya, Kanno Yoshihiko, Miki Norihisa
JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   56(6)    Jun 2017   [Refereed]
Irie J, Kanno Y, Kikuchi R, Yoshida T, Murai S, Watanabe M, Itoh H, Hayashi M
Bioscience of microbiota, food and health   36(1) 11-16   Jan 2017   [Refereed]

Misc

 
【おさらい腎疾患-明日から役立つアプローチの基本】 腎疾患診療は怖くない!
安田 隆, 今井 裕一, 菅野 義彦
Medicina   54(2) 192-198   Feb 2017
【おさらい腎疾患-明日から役立つアプローチの基本】 主に腎機能から診断される疾患概念 慢性腎機能障害,慢性腎不全という疾患概念の捉え方
菅野 義彦
Medicina   54(2) 223-225   Feb 2017
<Point>従来の慢性腎不全を含んだ,より大きな疾患概念が慢性腎臓病である.「慢性腎不全」という診断名は徐々に用いられなくなるかもしれないが,病態名としては重要である.病態としてのキーワードは「不可逆的な腎機能障害」である.(著者抄録)
高齢慢性腎臓病患者の食事療法
宮岡 良卓, 菅野 義彦
日本老年医学会雑誌   54(1) 1-9   Jan 2017
慢性腎臓病(CKD)という疾患概念が徐々に浸透してきたが,わが国で広く用いられている推算GFR(eGFR)による診断ではこれまで腎機能の指標として用いられてきた血清クレアチニン値が正常範囲内の1.0mg/dlだとしても多くの高齢者がCKDの範疇に入る.CKDはスクリーニング用の疾患名であるという一面もあるため,診断された場合に一度は専門医によって管理方針を定めることが望ましいが,専門医の数や偏在に伴い必ずしもすべての患者が受診できるわけではない.非専門医による管理の目安としてCKD診療ガイ...
三舩瑞夫, 菅野義彦
最新医学   71(12) 2441‐2446-2446   Dec 2016
従来のCKD診療における栄養学は,一にも二にもたんぱく質であった.数あるたんぱく質のうち何が腎臓に悪いのか,良いものはないのかという視点はほぼなかった.また食塩とたんぱく質以外に悪いものはないのか?CKDに対して新たな栄養学的視点からアプローチできる可能性,特にフルクトースの関与について述べた.(著者抄録)
CKDの栄養管理
菅野 義彦
日本病態栄養学会誌   21(Suppl.) S-12   Jan 2018

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2002 - 2004    Investigator(s): Yoshihiko KANNO
To identify tubular epithelium-specific, positive regulatory elements in the promoter of osteopontin (OPN) gene, we generated luciferase reporter gene constructs bearing various fragments of the OPN promoter and performed transient transfection ex...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2001 - 2002    Investigator(s): Hirokazu OKADA
The extent of renal fibrosis is the best predictor for functional outcomes in a variety of progressive renal diseases. Interstitial fibroblasts and fibroblast-like cells (FbLCs) are presumably involved In the fibrotic process. However, such FbLCs ...