神崎 享子

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/21 17:46
 
アバター
研究者氏名
神崎 享子
eメール
kanzakiimc.tut.ac.jp
所属
豊橋技術科学大学 
部署
情報メディア基盤センター
職名
特任准教授
学位
博士(学術)(神戸大学)
科研費研究者番号
00450693

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
豊橋技術科学大学 情報メディア基盤センター 特任准教授
 
2014年8月
 - 
2016年3月
豊橋技術科学大学 多言語翻訳研究本部 特任准教授
 
2012年10月
 - 
2014年7月
豊橋技術科学大学 情報メディア基盤センター 研究員
 
2010年9月
 - 
2012年9月
大学利用機関法人人間文化研究機構 国立国語研究所 理論・構造研究系 プロジェクト研究員
 
2009年4月
   
 
早稲田大学メディアネットワークセンター 特別研究員
 

学歴

 
1999年10月
 - 
2001年9月
神戸大学大学院 自然科学研究科 システム機能科学専攻 博士課程
 
1995年4月
 - 
1998年3月
早稲田大学大学院 文学研究科 日本語日本文化専攻 博士課程
 
1992年4月
 - 
1994年3月
早稲田大学大学院 文学研究科 日本語日本文化専攻 修士課程
 

委員歴

 
2018年5月
 - 
2018年5月
11th edition of the Language Resources and Evaluation Conference(LREC2018)  Local committee
 
2015年2月
 - 
2015年2月
MAPLEX2015  Co-organizer
 
2012年11月
   
 
The First Workshop on Generative Lexicon for Asian Languages (GLAL)  Organizer
 
2012年1月
   
 
6th International Global Wordnet Conference  local oraganizing chairs
 
2010年4月
   
 
言語処理学会  評議委員
 

論文

 
Building a List of Synonymous Words and Phrases of Japanese Compound Verbs
神崎 享子
11th edition of the Language Resources and Evaluation Conference      2018年5月   [査読有り]
語彙的複合動詞の類義表現抽出と多義別分類
神崎 享子
言語処理学会第23回年次大会      2017年3月
3月16日P16-2
「複合動詞レキシコン」ver.1-形態的・統語的・意味的情報付与-
神崎 享子
言語処理学会第19回年次大会予稿集   P5(6)    2013年3月
複合動詞データベース構築のための付与情報
神崎 享子
国立国語研究所論集   (3) 1-18   2012年5月   [査読有り]
日本語の敬語誤用判定システム―判定ルールの妥当性の程度の数値化による柔軟な判定―
白土保・丸元聡子・村田真樹・神崎享子・井佐原均
計量国語学   28(1) 1-2011   2011年6月   [査読有り]
日本語ワードネットの異表記対応と並行コーパスへの語義タグづけ
黒田航, 栗林孝行, Bond Francis, 神崎享子, 井佐原均
言語処理学会第17回全国大会(NLP2011)プロシーディングス      2011年3月   [査読有り]
Enriching the Adjective Domain in the Japanese
Kyoko Kanzaki, Francis Bond, Takayuki Kuribayashi
In Proceedings of 7th International Conference on Natural Language Processing (ICETAL2010)      2010年8月   [査読有り]
Word Segmentation Standard in Chinese, Japanese and Korean
Choi, Key-Sun and Isahara, Hitoshi and Kanzaki, Kyoko and Kim, Hansaem and Pak, Seok Mun and Sun, Maosong
Proceedings of the 7th Workshop on Asian Language Resources   179-186   2009年8月   [査読有り]
Kyoko Kanzaki・Noriko Tomuro・Hitoshi Isahara
In Proceedings of The Cognitive Aspects of the Lexicon(CogALex2008)      2008年   [査読有り]
Kyoko Kanzaki・Francis Bond・Noriko Tomuro・Hitoshi Isahara
In Proceedings of The International Conference on Language Resources and Evaluation(LREC2008)      2008年   [査読有り]
Boot-strapping a WordNet using Multiple Existing WordNets
Francis Bond・Hitoshi Isahara・Kyoko Kanzaki・Kiyotaka Uchimoto,
In Proceedings of The International Conference on Language Resources and Evaluation(LREC2008)      2008年5月   [査読有り]
Development of Japanese WordNet
Hitoshi Isahara・Francis Bond・Kiyotaka Uchimoto・Masao Utiyama・Kyoko Kanzaki
In Proceedings of The International Conference on Language Resources and Evaluation(LREC2008)      2008年5月   [査読有り]
KYOTO: a System for Mining,Structuring and Distributing Knowledge across Languages and Cultures
Piek Vossen・Eneko Agirre・Nicoletta Calzolari・Christiane Fellbaum・Shu-kai Hsieh・Chu-Ren Huang・Hitoshi Isahara・Kyoko Kanzaki・Andrea Marchetti・Monica Monachini・Federico Neri・Remo Raffaelli・German Rigau・Maurizio Tescon・Joop VanGent
   2008年5月   [査読有り]
Developing Non-European Translation Pairs in a Medium- Vocabulary Medical Speech Translation System
Pierrette Bouillon・Sonia Halimi・Yukie Nakao・Kyoko Kanzaki・Hitoshi Isahara・Nikos Tsourakis・Marianne Starlander・Beth Ann Hockey・Manny Rayner
In Proceedings of The International Conference on Language Resources and Evaluation(LREC2008)      2008年5月   [査読有り]
神崎享子・馬青・山本英子・白土保・井佐原均
自然言語処理   15(4) 59-88   2008年   [査読有り]
出現状況の包含関係による語彙の階層構造の構築
山本英子・神崎享子・井佐原均
情報処理学会論文誌   47(6) 1872-1883   2006年   [査読有り]
山本英子・木田敦子・神崎享子・井佐原均
自然言語処理   12(2) 157-174   2005年   [査読有り]
Construction of an objective Hierarchy of Abstract Concepts via Directional Similarity
神崎享子・山本英子・馬青・井佐原均
COLING2004      2004年8月   [査読有り]
馬青・神崎享子・張玉潔・村田真樹・井佐原均
Journal of Neural Networks   17 1241-1253   2004年   [査読有り]
Objective Hierarchy ofAbstract Concepts - Organization of Abstract Nouns via Distribution of Adjectives -
神崎享子・馬青・山本英子・村田真樹・井佐原均
The Journal of Cognitive Science(JCS)   4(2) 201-225   2004年   [査読有り]

書籍等出版物

 
複合動詞研究の最先端ー謎の解明に向けて
神崎 享子 (担当:共著, 範囲:国立国語研究所オンラインデータベース「複合動詞レキシコン」)
ひつじ書房   2013年12月   ISBN:4894766914
Advances in natural language processing(JapTAL2012)
Hitoshi Isahara and Kyoko Kanzaki (担当:共編者)
Springer   2012年10月   

講演・口頭発表等

 
Several Aspects of the Semantic Coverage of Japanese Adnominal Constituents [招待有り]
神崎享子 (神崎享子・井佐原均)
1999年   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
複合動詞レキシコン
国立国語研究所 日本語レキシコンプロジェクト   データベース   2013年3月
(ISO TC 37/SC 4 N792) “Language resource management — Word segmentation of written texts — Part 2: Word segmentation for Chinese, Japanese and Korean", ISO expert
神崎 享子   その他   2009年 - 2011年
日本語ワードネット
NICT members(Isahara, Bond, Kuribayashi, Uchimoto, Kanzaki)   データベース   2008年

競争的資金等の研究課題

 
複合動詞と類義表現を結ぶ意味特徴
日本学術振興会: 平成28年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金(C))
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 神崎 享子
複合動詞形成にみられる格の継承と意味のミスマッチ
日本学術振興会: 平成24年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金 基盤(C))
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 神崎 享子