Profile Information

Affiliation
Sapporo Medical University Center for Medical Education

J-GLOBAL ID
201401044469126264

My research interests lie in (i) cultural politics, including cultural imaginations and representations of science, technologies and medicine, and of gender, cultural and national identities (ii) ‘bio-politics’ and ‘governmentality’ in Foucault’s term, their dynamics and sociohistorical development in particular (iii) the further consideration and refinement of theoretical and methodological frameworks.

<概要>
英国へ院生として渡航しMAとPhD取得。その後Imperial CollegeにてResearch Associateとして勤務して帰国。現在はアカデミアと社会の双方に貢献できる人物になるべく精進に努めてます。

研究方針としては≪グローカルをめぐる冒険≫と題し、globalでlocalな医療にまつわる問題を、社会学と科学技術社会論の方法論を中心としつつも、表象文化論や社会思想史や社会哲学の視座も取り入れながら探究します。
教育方針としては、竹のように、細くてしなやかで強く生きていける教養と言語運用能力(英語と日本語)のある学生を育てる野望アリ。 具体的には、従来型の講義だけではなく、主体的な学びにも力を入れ、学生との対話と学生の発言への傾聴を組み合わせ、学生が自ら「ユリイカ!」という気づきができるように努めています。

<具体的なあゆみ>
慶應義塾大学時代
故吉田民人教授から指導を仰ぎ、社会学に魅了される。社会学理論(主にフランス系)に夢中となり、20世紀の「近代家族」の誕生、自死の国家・社会・家族化、革命・社会変革思想とオリエンタリズムとの関係性にも興味を持つ。

修士課程・修士論文
Prof John Urry やProf Scot LushやProf Norman Faircloughにインスパイアされつつ、 Dr Celia Luryを指導教官とする。修論では、イスラム圏と日本における近代化・西欧化に伴う国家による女性の身体・性の管理の発展の比較文化史・系譜学を探究。

博士過程
Prof Sarah Franklin, Prof John Law, Dr Celia Robertsを指導教官とし、先端医療の受容と社会に関する研究に邁進。その際、表象権力ともいうべき、グローバル化に内包するポストコロニアルな力学関係なども視野に。尚、日本の唄考一教授にも、日本の法医学方面の文献・歴史の薫陶を私的に受ける。博論では、脳死体の管理から臓器移植に至る医療行為に関して ―法学・医学・生命倫理的・市民活動的、政治的論争と法学・医学の実践行為と通じて― 法学的な合意、実践的医療プロトコル、市民向けキャッチフレーズ(命のリレー)が形成されていく過程について追究。

リサーチ・アソシエイト時代
カルテの電子化に伴うITの社会福祉政策への利用と市民社会の関係性を探究。特に市民参加型コミュニケーションによる民意の合意形成、米国型の生命倫理の功罪、警察・福祉国家の発展の功罪に着目。

帰国後―現在@北海道
教育に心血を注ぎ、且つ医療と技術の社会的関係性(主に家族と市民社会)に関して、生政治/生権力と表象権力、更にアクター・ネットワークという観点から追究。特に①日本の医療情報の電子化をめぐる問題、②ヒトの肉体的組織の交換経済をめぐる問題、③ニセコ・倶知安地区の移民と外国人観光客の医療とコミュニティにおける共生問題、に対してグローカルに考察する研究を色々な機関より助成を頂戴し展開しています!地域貢献活動を展開しつつも、学会発表、研究ノートや論文執筆や翻訳などにもいそしむ日々。


Papers

  18

Misc.

  6

Books and Other Publications

  3

Presentations

  25

Research Projects

  7

Academic Activities

  3

Social Activities

  12

Other

  6
  • Jul, 2018 - Jul, 2018
    7月28日に「第12回プシコ・ナウティカの会」(研究発表会、テーマ:尊厳死)へのコメンテーターとして招聘。
  • Jun, 2018 - Jun, 2018
    北海道庁福祉部地域医療推進局の担当者に対して、倶知安・ニセコ地域において増加する外国人観光客と滞在者と同地域の医療について情報提供と意見交換を行う(6月8日)
  • Nov, 2017 - Nov, 2017
    As a facilitator and chair, coordinate a Roundtable Discussion over Challenges of Illness Narratives. Event: International Workshop: Challenge of Illness Narratives Venue: Ritsumeikan University Date: 23 Nov 2017
  • Mar, 2017 - Mar, 2017
    As a co-organizer, have arranged an international workshop in order to facilitate academic dialogues amongst researches of medical humanities from various areas. In order to explore the issues arising from the clinical practices vis-à-vis applications of the (then new) medical devices”, the workshop casts light on their various aspects. The participants will address features regarding the historical, legal, socio-structural, engineering and bioethical conditions and consequences of the interplay between humans and medical technologies or instruments, respectively health care practices in contemporary Japan. Moreover, the participants will reflect on the different theoretical and methodological approaches that enables us to study human-technology interplay and discuss transdisciplinary approaches by using case studies from their own respective disciplines to illustrate the manifold facets of the field. We hence suggest this as a starting point to encourage scholarly exchange and joint research on this field.
  • 英国の博士課程において Lancaster Universityからの学費免除、ならびに奨学金(返還不要)授与