鹿嶋 洋

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/20 11:10
 
アバター
研究者氏名
鹿嶋 洋
 
カシマ ヒロシ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/50283510.ja.html
所属
熊本大学
部署
大学院人文社会科学研究部
職名
教授
学位
博士(理学)(筑波大学), 修士(理学)(筑波大学)
その他の所属
熊本大学文学部

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
熊本大学 大学院人文社会科学研究部 教授
 
2009年10月
 - 
2017年3月
熊本大学 文学部 教授
 
2008年4月
 - 
2009年9月
三重大学 人文学部 教授
 
2007年4月
 - 
2008年3月
三重大学 人文学部 准教授
 
1998年4月
 - 
2007年3月
三重大学 人文学部 助教授
 
1996年4月
 - 
1998年3月
三重大学 人文学部 講師
 

学歴

 
1991年4月
 - 
1996年3月
筑波大学 大学院博士課程地球科学研究科 地理学・水文学専攻
 
1987年4月
 - 
1991年3月
筑波大学 第一学群自然学類 地球科学主専攻
 

委員歴

 
2018年
 - 
現在
日本地理学会  代議員
 
2018年
 - 
現在
日本地理学会  地理学評論編集専門委員会委員
 
2014年
 - 
現在
経済地理学会  評議員
 
2010年
 - 
現在
経済地理学会西南支部幹事
 
2018年
 - 
現在
人文地理学会  代議員
 
2014年
 - 
2018年
日本地理学会  E-journal GEO編集委員会委員
 
2014年
 - 
2016年
日本都市学会  論文審査委員会委員
 
2008年
 - 
2010年
経済地理学会中部支部代表幹事
 
2008年
 - 
2010年
経済地理学会評議員
 
2002年
 - 
2008年
経済地理学会編集委員会幹事
 

受賞

 
2017年7月
地理空間学会 学術賞
 
受賞対象:鹿嶋 洋『産業地域の形成・再編と大企業』原書房,236p.,2016 年3 月.

書籍等出版物

 
伊東 維年・鹿嶋 洋編著 (担当:共編者, 範囲:第2章 熊本地震と製造業-被災状況と復旧過程の地域性を中心に-)
日本評論社   2018年8月   ISBN:4535559082
伊東 維年, 鹿嶋 洋, 根岸 裕孝 (担当:共編者, 範囲:総論 熊本地震の特徴と被害状況, 第4章 会員企業の被災・復旧状況と今後の課題―アンケート調査結果の分析を通して―)
成文堂   2019年1月   ISBN:4792392748
熊本大学文学部編 (担当:分担執筆, 範囲:幻の熊本駅―熊本中心市街地の形成―)
昭和堂   2017年4月   ISBN:4812216176
伊東 維年 (担当:分担執筆, 範囲:ポストバブル期における日本電気機械工業の地域的変動)
日本経済評論社   2017年2月   ISBN:9784818824508
山中 進, 鈴木 康夫 (担当:分担執筆, 範囲:熊本県工業の地域的性格―工業化の過程と地域差の拡大―)
成文堂   2015年10月   ISBN:9784792392543
中部都市学会編 (担当:分担執筆, 範囲:企業立地と工業都市の変容―三重県亀山市の事例―)
風媒社   2015年2月   ISBN:4833141205
竹内 淳彦, 小田 宏信 (担当:分担執筆, 範囲:中京地域,南九州)
東洋経済新報社   2014年4月   ISBN:9784492100318
人文地理学会 (担当:分担執筆, 範囲:工業地域)
丸善出版   2013年   ISBN:9784621086872
経済地理学会 (担当:分担執筆, 範囲:工業のグローバル化と大企業の立地)
日本経済評論社   2010年4月   ISBN:4818820962
竹内 淳彦 (担当:分担執筆, 範囲:中京地域)
東洋経済新報社   2008年   ISBN:9784492100202
梶田 真, 仁平 尊明, 加藤 政洋 (担当:分担執筆, 範囲:工業の地域調査――大手メーカーの取引関係を知る――)
ナカニシヤ出版   2007年   ISBN:9784779501326
矢ケ崎 典隆, 加賀美 雅弘, 古田 悦造 (担当:分担執筆, 範囲:グローバル化と日本の工業地域)
朝倉書店   2007年   ISBN:9784254168181
法則研究プラザ (担当:分担執筆, 範囲:まちづくりの計画策定過程における法則発見と応用)
三重大学出版会   2007年   ISBN:9784944068906
藤田 佳久, 田林 明 (担当:分担執筆, 範囲:北勢地域)
朝倉書店   2007年   ISBN:9784254167672
中村 和郎, 新井 正, 岩田 修二, 米倉 伸之, 山本 正三, 谷内 達, 菅野 峰明, 田林 明, 奥野 隆史 (担当:分担執筆, 範囲:重化学工業)
朝倉書店   2006年   ISBN:4254167628
竹内 淳彦 (担当:分担執筆, 範囲:三重県における機械工業の海外展開と地域的影響――1990年代後半の状況――)
原書房   2005年   ISBN:4562090987
伊東 維年 (担当:分担執筆, 範囲:中部地域のIC産業の展開)
ミネルヴァ書房   2003年   ISBN:4623036774
小林 浩二編 (担当:分担執筆, 範囲:工業の国際化と工業地域の変化――三重県四日市市を中心に――)
二宮書店   2002年   ISBN:4817601914
Dicken Peter, 宮町 良広, 今尾 雅博, 鹿嶋 洋, 富樫 幸一 (担当:共訳)
古今書院   2001年8月   ISBN:4772230106

Misc

 
王 震霆・鹿嶋 洋 2018.熊本県の機械系中小製造業におけるイノベーション活動の存立基盤と空間的対応
王 震霆・鹿嶋 洋
地理科学   73(4) 212-232   2018年12月   [査読有り]
鹿嶋 洋
経済地理学年報   64(2) 138-149   2018年6月
木村 眞実, 吉川 晃史, 工藤 栄一郎, 鹿嶋 洋
粉体技術   10(7) 610-616   2018年7月
鹿嶋 洋
地理空間 = Geographical space   8(2) 239-266   2015年12月   [査読有り]
鹿嶋 洋, Kashima Hiroshi, カシマ ヒロシ
熊本地理   21 11-23   2010年12月
本稿では,日本の1地方都市における企業誘致の取り組みと,企業立地が都市に与えるインパクトを追跡し,企業に対する地域の戦略を検討する。この分析を通して,現代における企業と地域とのダイナミズムの一側面を論じることを課題とする。
河上 哲, 山田 恵里, 鹿嶋 洋
経済地理学年報   57(2) 126-149   2011年6月   [査読有り]
本稿では三重県域を対象とし,産業構成や地域産業の生産性が相互に作用する多様な成長パターンの地域的差異が,どのような要因によって決定づけられるのかについて実証分析を行った.その際,成長要因としてi)国家効果,ii)産業構成効果,iii)地域差異効果,iv)地域集積効果を考慮するシフトシェア回帰モデルを構築し応用した.当モデルの利点は,地域成長へ影響を及ぼす各効果を統計的に検定可能であること,詳細な分析単位地区にもとづいて成長の地域的差異を把握できること,の二点にある.分析結果より,第一に,成...
鹿嶋 洋
福島大学商学論集   81(4) 131-147   2013年3月   [依頼有り]
Matsuhashi, K., Mizuno, M., Kashima, H. and Oda, H.
Geographical Review of Japan Series B   86(1) 82-91   2013年7月   [査読有り]
This paper aims to review geographical studies on manufacturing industries in Japan over the past two decades, with particular focus on industrial agglomeration, the geography of large manufacturing firms, and industrial regions. Academic discussi...
鹿嶋 洋
熊本大学文学部論叢   105 1-23   2014年3月
In recent years, the restructuring of the manufacturing industry has resulted in the shutting down of many large-scale plants in Japan. Such plant closures have serious influences on branch plant economies in the domestic peripheral regions. There...
鹿嶋 洋
経済地理学年報   50(4) 310-324   2004年12月   [査読有り]
本稿では, 四日市地域における石油化学コンビナートの再編動向と地域的影響について概括的に述べた.また, 構造改革特区を契機とする地域産業政策について論じた.コンビナート企業は, 1990年代以降, 厳しい状況に置かれている.最近の動向としては, (1)プラントの廃棄の動き, (2)地域内の他企業グループからの原料の融通, (3)製品の高付加価値化, などの動きがみられた.それにより, 市財政にも深刻な影響を与えていることを指摘した.次に, 四日市地域で認定された技術集積活用型産業再生特区に...
鹿嶋 洋, カシマ ヒロシ, Kashima Hiroshi
三重大学法経論叢   20(2) A1-A26   2003年2月
論文 / Article
鹿嶋 洋, 川本 英司, カシマ ヒロシ, カワモト エイジ, Kashima Hiroshi, Kawamoto Eiji
三重大学法経論叢   22(1) A1-A42   2004年9月
研究ノート / Note
鹿嶋 洋
三重大学法経論叢   18(1) 127-148   2000年9月
鹿嶋 洋
熊本学園大学経済論集   8(1) 105-122   2002年2月   [査読有り]
宋 軼寅, 鹿嶋 洋
三重大学法経論叢   19(2) 103-130   2002年3月
鹿嶋 洋, 中畑 裕之, 安岡 優
三重大学地域共同研究センター研究報告   (11) 7-16   2003年
渡辺 悌爾, 山田 光男, 鹿嶋 洋
三重大学地域共同研究センタ-研究報告   (7) 15-22   1999年
鹿嶋 洋, Kashima Hiroshi
三重大学法経論叢   15(2) (19)-(41)   1998年2月
須山 聡, 鹿嶋 洋, 川瀬 正樹, スヤマ サトシ, カシマ ヒロシ, カワセ マサキ
地域調査報告   (18) 1-22   1996年3月
鹿嶋 洋
地理学評論. Ser. A   68(7) 423-446   1995年7月   [査読有り]
小田 宏信, 鹿嶋 洋, 篠原 秀一, Oda Hironobu, Kashima Hiroshi, Shinohara Shiyuuichi, オダ ヒロノブ, カシマ ヒロシ, シノハラ シユウイチ
地域調査報告   16 49-70   1994年3月
山本 正三, 高橋 伸夫, 中川 正, 橋本 雄一, 芳賀 博文, 鹿嶋 洋, 側島 康子, Yamamoto Shiyouzou, Takahashi Nobuo, Nakagawa Tadashi, Hashimoto Yuuichi, Haga Hirofumi, Kashima Hiroshi, Sobajima Yasuko, ヤマモト シヨウゾウ, タカハシ ノブオ, ナカガワ タダシ, ハシモト ユウイチ, ハガ ヒロフミ, カシマ ヒロシ, ソバジマ ヤスコ
地域調査報告   14 1-8   1992年
高橋 伸夫, 橋本 雄一, 鹿嶋 洋
地理学評論. Ser. A   67(5) 289-310   1994年   [査読有り]
本稿は,茨城県の地方財政の空間構造を,市町村財政における歳入と歳出の地域的差異とその変容を通して明らかにした.そのために,県内88市町村の1970, 1980, 1990各年度における住民1人当たり項目別歳入・歳出額に対し,年次間の因子変化を記述することが可能な準3相因子分析法を適用した.<br> 茨城県の地方財政の空間構造の基本的な次元は,自主財源収入と義務的な経費の卓越する都市部と,依存財源収入と投資的な経費の卓越する農村部の2つであり,両者は対象期間を通じて安定している.しかし,財源...
篠原 秀一, 橋本 雄一, 鹿嶋 洋, 平 篤志, Shinohara Shiyuuichi, Hashimoto Yuuichi, Kashima Hiroshi, Taira Atsushi, シノハラ シユウイチ, ハシモト ユウイチ, カシマ ヒロシ, タイラ アツシ
地域調査報告   14 9-23   1992年

講演・口頭発表等

 
熊本地震に伴う製造業の被害と復旧・復興過程の地域性
鹿嶋 洋
経済地理学会熊本地域大会シンポジウム「地震災害と地域経済」   2017年11月26日   
熊本地震による製造業の被災状況と復旧過程に関する予備的考察
鹿嶋 洋
東北地理学会春季学術大会   2017年5月21日   
熊本地震と製造業―地域経済の復興に向けて
鹿嶋 洋
日本地理学会春季学術大会公開シンポジウム「熊本地震からわれわれは何を学ぶか-地理学からの発信-」   2017年3月28日   
1990年代以降の日本電気機械工業における雇用減少とその地域的差異
鹿嶋 洋
日本地理学会春季学術大会   2016年3月   
熊本県の機械系中小製造業におけるイノベーション活動の空間的特性
王 震霆・鹿嶋 洋
日本地理学会秋季学術大会   2015年9月   

競争的資金等の研究課題

 
熊本地震に伴う地域産業の被災状況と復興過程に関する地理学的研究
東京地学協会: 熊本地震関連緊急研究・調査助成金
研究期間: 2016年8月 - 2017年6月    代表者: 鹿嶋 洋
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 鹿嶋 洋
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C), 基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 鹿嶋 洋
第1に,三重県亀山市を対象に,大規模工場の立地前後に実施された工場労働者に対する大規模なアンケート調査の結果を比較検討することを通して,工業労働力の定着過程とその変化の分析を進めた.主に使用したデータは,2003年,05年,07年の3回にわたり亀山市内の工場労働者を対象に行われたアンケート調査結果である.まず大規模工場の立地直前(03年)の状況を検討した/労働者の調達は採用時期と職種によって異なること,一旦採用された労働者は職種や出身地を問わず比較的定着しているが,生活環境への不満などから...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 鹿嶋 洋
本年は,以下の2つの研究を進めた.第1に,基盤的技術産業の実態把握を行った.グローバル化とともに,基盤的技術産業部門では,雇用減少や技術空洞化など多様な問題が現れている.そこで三重県桑名鋳物業を対象に現地調査を実施し,他の鋳物産地の動向も調査した.日本の鋳物生産は90年代以降落ち込んだが,自動車や工作機械の輸出好調を受け,ここ数年は回復基調にある.鋳物業の分布は大都市集中傾向を示し,愛知,埼玉,大阪などに集積地がある.機械向け鋳物の比重が高い愛知などに対し,機械向け以外(日用品や建設資材な...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A), 若手研究(B))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 鹿嶋 洋
今年度の実績は,以下の通りである.第1に,わが国における機械工業地域に関する地理学的研究の動向を整理し,課題を明らかにした.グローバル化との関連で地方工業地域を捉える必要性,最近の再集積傾向をもたらすメカニズムの解明,空間スケールへの配慮などを課題として指摘した.第2に,三重県を対象にして,企業におけるグローバリゼーションの進展過程を検討した.その結果,当地域における製造業企業の海外進出は,ほぼアジア諸国に限られており,労働費の節約を狙ったものが多いことが判明した.海外進出に伴う北勢地域の...