MISC

1987年12月

高速炉燃料リサイクル試験(15) 第10回ホット試験

PNC TN8410 88-004
  • 岸本 洋一郎
  • ,
  • 河田 東海夫*
  • ,
  • 大内 仁
  • ,
  • 山田 雅人*
  • ,
  • 算用子 裕孝*
  • ,
  • 鹿志村 卓男
  • ,
  • 葉賀 徹*

開始ページ
123
終了ページ
記述言語
日本語
掲載種別
機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等

本報告書は,高レベル放射性物質研究施設(CPF)のA系列において実施した第10回ホット試験の結果をとりまとめたものである。 試験には,高速実験炉「常陽」MK-2,燃料度31,700MW-法-,冷却日数約1.8年の燃料ピン3本を対象として再処理試験を実施した。 1.溶解は初期硝酸濃度3.5M,沸点にて13時間保持したが溶け残りが完全に溶解することは出来ず同じMK-2燃料(P-富化度29\%)でも燃焼度13,800MW-法-と31,700MW-法-とでは燃焼度の高い方が溶解性が悪い。 2.小型溶解装置による溶解試験では,酸濃度,温度,U・P-濃度,剪断長による溶解速度の変化を求める為に十数回の試験を実施した。その結果, (1)剪断長の短い方が溶解時間が短いことが分かった。 (2)溶解中のU・P-濃度の高い方が溶解時間が短いことがわかった。 3.共除染・分配試験では,新しいミキサセトラを用いて行った結果抽出段のテーリングは認められなかった。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?4022999

エクスポート
BibTeX RIS