片山圭巳

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/08 13:26
 
アバター
研究者氏名
片山圭巳
 
カタヤマ タマミ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/00582371.ja.html
所属
熊本大学
部署
熊本大学大学院社会文化科学研究科
職名
准教授
学位
博士(北海道大学), 修士(エジンバラ大学), 修士(北海道大学)
科研費研究者番号
00582371

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2016年10月
 - 
現在
熊本大学大学院 社会文化科学研究科 准教授
 
2014年4月
 - 
2016年9月
県立広島大学 生命環境学部 准教授
 
2010年4月
 - 
2014年3月
県立広島大学 生命環境学部 講師
 
2009年4月
 - 
2010年3月
天使大学 非常勤講師
 
1998年4月
 - 
2003年3月
北海道長沼高等学校 教諭(英語)
 
2000年10月
 - 
2002年6月
セイヤーアカデミー(ボストン) 教諭(日本語)
 
1994年4月
 - 
1998年3月
北海道熊石高等学校 教諭(英語)
 

学歴

 
 
 - 
2011年9月
北海道大学(博士課程修了)  
 
2006年10月
 - 
2007年9月
エジンバラ大学(修士) 発達言語学 
 
2003年4月
 - 
2005年3月
北海道大学(修士)  
 

論文

 
Effects of L1 Phonotactic Constraints on L2 Word Segmentation Strategies
片山圭巳
Proceedings of Interspeech 2016, San Francisco, USA   190-194   2016年9月   [査読有り]
片山圭巳
i-Perception   6(6) 1-13   2015年12月   [査読有り]
How Do Listeners Discriminate Compound Words from Noun Phrases Using Syllable Duration?
片山圭巳
全国英語教育学会紀要(ARELE)   (26) 1-11   2015年3月   [査読有り]
Is Perception of Syllable Duration Language Specific?
片山圭巳
大学英語教育学会中国・四国支部研究紀要   10 55-65   2013年3月   [査読有り]
片山 圭巳
全国英語教育学会紀要(ARELE)   23 61-72   2012年3月   [査読有り]
The present study investigated to what degree native English speakers and Japanese English learners with different levels of L2 proficiency employ the cues of syllable duration and pause between syllables to segment words. 12 native English speake...
How L1 and L2 Speakers Respond to Syllable Duration and Stress: A Study in Methods of Discriminating Between Compound Nouns and Noun Phrases
片山圭巳
生命環境学術誌   4 45-52   2012年3月   [査読有り]
The Development of L2 Perception of Syllable Duration in Speech
片山圭巳
北海道大学大学院国際広報メディア研究科博士学位論文      2011年9月   [査読有り]
片山 圭巳
生命環境学術誌   3 31-38   2011年3月   [査読有り]
片山 圭巳
日本第二言語習得学会誌   9 49-62   2010年12月   [査読有り]
Suprasegmental Effects on Word Segmentation by Native and Non-native English Speakers
片山圭巳
国際広報メディア・観光学院ジャーナル   10 45-60   2010年4月   [査読有り]
A Suprasegmental Threshold for L2 Pronunciation
片山圭巳
Research Bulletin of English Teaching   7 1-23   2010年3月   [査読有り]
Effects of Stress on Native Speaker Evaluations of a Japanese English Learner’s Pronunciation
片山圭巳
HELES Journal   9 13-16   2009年12月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Effects of L1 Phonotactic Constraints on L2 Word Segmentation Strategies
片山圭巳
Interspeech 2016   2016年9月9日   
音素配列の生起制限が日本語母語話者と英語母語話者の母音知覚に与える影響
片山圭巳
New Sounds 2016   2016年6月10日   
破裂音と摩擦音が後続する母音の知覚に与える影響:日本語母語話者と英語母語話者の比較
片山圭巳
第28回日本音声学会全国大会   2014年9月26日   
音韻配列制約が第二言語処理に与える影響
片山圭巳
Bias in Auditory Perception   2014年9月19日   
音節の長さとポーズが語彙境界認識に与える影響
片山圭巳
大学英語教育学会第52回国際大会   2013年8月30日   
音節の長さが英語母語話者と非母語話者の単語認識に与える影響
片山圭巳
第39回全国英語教育学会北海道研究大会   2013年8月11日   
音節の長さとポーズが複合語と非複合語の弁別に与える影響
片山圭巳
第36回全国英語教育学会大阪研究大会   2010年8月   
無意味語の語境界知覚における音節の長さの影響
片山圭巳
日本第二言語習得学会・第10回年次大会   2010年6月   
英語母語話者と日本語母語話者によるポーズを使った語境界
片山圭巳
2009年度第23回日本音声学会全国大会   2009年9月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 片山 圭巳
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 片山 圭巳