加藤隆文

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/01 19:07
 
アバター
研究者氏名
加藤隆文
 
カトウタカフミ
eメール
kato.takafumi.27zkyoto-u.jp
URL
http://takafumi.yukimizake.net
所属
名古屋大学
部署
情報学研究科
職名
日本学術振興会特別研究員PD
学位
博士(京都大学文学研究科)
科研費研究者番号
60799980

プロフィール

博士(文学)。京都大学文学研究科思想文化学専攻博士後期課程修了。専門はプラグマティズム、美学・芸術学。

研究分野

 
 

論文

 
パースの「心の哲学」の再構築:美学へのパース記号論の応用
加藤隆文
京都大学文学研究科      2018年3月   [査読有り]
パースの合成写真の比喩と現代の自己概念
加藤隆文
叢書セミオトポス   (12) 181-197   2017年8月   [査読有り]
Propositional Attitudes from a Peircean Viewpoint
Takafumi Kato
Contemporary and Applied Philosophy   8(2) 86-100   2016年9月   [査読有り]
A Provocative Approach to the ‘Anthropology of Art’, with reference to C. S. Peirce
KATO Takafumi
Aesthetics   (19) 1-11   2015年   [査読有り]
A Peircean Revision of the Theory of Extended Mind
Takafumi Kato
Cognitio   16(1) 103-114   2015年   [査読有り]

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
パースのプラグマティズムに基づく「心の哲学」再構築
日本学術振興会: 科研費・若手研究
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 加藤隆文
人類学的手法による芸術理論をめぐる批判的分析:パース哲学を踏まえた展開の探究
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 加藤隆文
パースのプラグマティズムに基づく、記号論的美学の構築と実践
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 加藤隆文