加藤 朋子

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/05 11:25
 
アバター
研究者氏名
加藤 朋子
 
カトウ トモコ
所属
公益財団法人 東京都医学総合研究所
部署
再生医療プロジェクト
職名
研究員
学位
博士(医学)(横浜市立大学)
科研費研究者番号
10638802

研究分野

 
 

経歴

 
2016年9月
 - 
現在
東京都医学総合研究所 再生医療プロジェクト 研究員
 
2012年4月
 - 
2016年8月
国立成育医療研究センター研究所 システム発生・再生医学研究部 研究員
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2012年3月
横浜市立大学大学院 医学研究科 生体機能医科学専攻
 
2006年4月
 - 
2008年3月
東京大学大学院 理学系研究科 生物科学専攻
 
2002年4月
 - 
2006年3月
横浜市立大学 理学部 機能科学科
 

論文

 
A tandem repeat array in IG-DMR is essential for imprinting of paternal allele at the Dlk1/Dio3 domain during embryonic development. Human Molecular Genetics
*Saito T, *Hara S, Kato T, Tamano M, Muramatsu A, Asahara H and Takada S.
Human Molecular Genetics   27(18) 3283-3292   2018年   [査読有り]
Clustered regularly interspaced short palindromic repeats (CRISPR)/CRISPR-associated protein 9 with improved proof-reading enhances homology-directed repair.
Kato-Inui T, Takahashi G, Hsu S, Miyaoka Y.
Nucleic Acids Research   46(9) 4677-4688   2018年   [査読有り]
Inui M, Tamano M, Kato T, Takada S.
Biochemistry and Biophysics Reports.   9 238-244   2017年   [査読有り]
Creation of mutant mice with megabase-sized deletions containing custom-designed breakpoints by means of the CRISPR/Cas9 system.
. *Kato T, *Hara S, Goto Y, Ogawa Y, Okayasu H, Kubota S, Tamano M, Terao M, Takada S.
Scientific Reports   7 59   2017年   [査読有り]
In vivo and in vitro disease modeling with CRISPR/Cas9.
Kato T and Takada S
Briefings in Functional Genomics.   16(1) 13-24   2017年   [査読有り]

Misc

 
GnRH functions as a cell proliferation & migration regulator: mode of action in extra- pituitary organs.
Enomoto M, Kato T, Utsumi M, Kanaho Y-I, and Park MK
GnRH Text Project NOVA Press TOC      2013年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Campomelic dysplasiaの責任遺伝子Sox9エンハンサーの同定と機能解析
加藤 朋子
3NC合同リトリート   2015年   
マウス胎仔期雌性生殖腺分化に関わる転写因子・転写コファクターの機能解析 [招待有り]
加藤朋子、原聡史、玉野萌恵、秋元未来、乾雅史、浅原弘嗣、高田修治
第37回日本分子生物学会   2014年11月   

競争的資金等の研究課題

 
CRISPR/Cas9システムを用いた新規組換え修復亢進因子の探索
科学研究費助成事業 基盤研究C: 基盤研究C
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 加藤 朋子
不活性型Cas9を用いた新規相同組み換え修復因子の探索
公益財団法人上原記念生命科学財団 研究奨励金: 研究奨励金
研究期間: 2019年4月 - 2020年3月    代表者: 加藤 朋子
疾患iPS細胞を用いた塩基単位の正確なゲノム編集誘導法の開発
公益財団法人武田科学振興財団: 医学系研究奨励(基礎)
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 加藤 朋子
マウス胎生期卵巣分化に関わる転写因子の機能同定と転写ネットワークの構築
科学研究費助成事業: 若手研究B
研究期間: 2016年4月       代表者: 加藤 朋子
マウス胎仔期雌性生殖腺分化関連因子の転写ネットワークの解析と機能解明
科学研究費助成事業: 若手研究B
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 加藤 朋子