加藤 敏英

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/14 08:09
 
アバター
研究者氏名
加藤 敏英
 
カトウ トシヒデ
eメール
ktoshirakuno.ac.jp
所属
酪農学園大学獣医学群獣医学類
部署
生産動物外科学(動物医療センター、産業動物)
職名
教授
学位
獣医学(酪農学園大学)

プロフィール

産業動物臨床獣医療業務に36年間従事(現・山形県農業共済組合にて)H29年4月より酪農学園大学に在籍。

研究分野

 
 
  • 動物生命科学 / 獣医学 / 臨床獣医学

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
酪農学園大学 獣医学類生産動物外科学(動物医療センター) 教授
 
2017年4月
 - 
2018年3月
酪農学園大学 獣医学類獣医解剖学(動物医療センター) 教授
 

学歴

 
1995年4月
 - 
1996年9月
酪農学園大学 獣医学科 獣医学研究科
 
1977年4月
 - 
1981年3月
酪農学園大学 酪農学部 獣医学科
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
2018年3月
中央畜産会  薬剤耐性対策普及啓発促進事業専門部会委員
 
2017年4月
 - 
2018年3月
農林水産省  生産資材安全確保対策事業・抗菌性物質薬剤耐性菌評価情報整備事業検討委員
 
2017年4月
 - 
2018年3月
農林水産省  薬剤耐性関連研修教材作成事業検討委員
 

論文

 
Kirino Y., Hasunuma H., Tanida M., Irie T., Kato T., Nonaka N., Horii Y.
Veterinary Record   177(8) 202   2015年8月   [査読有り]
Suzuki K., Kato T., Tsunoda G., Iwabuchi S., Asano K., Asano T.
日本獣医学雑誌   64(12) 1173-1175   2002年12月   [査読有り]
加藤 敏英, 酒井 淳一, 板垣 昌志,渡辺栄次,渡辺大作,小形芳美
日本獣医学雑誌   58(8) 781-782   1996年8月   [査読有り]
加藤 敏英, 酒井 淳一, 小形 芳美,漆山 芳郎
日本獣医学雑誌   58(8) 783-785   1996年8月   [査読有り]

Misc

 
鈴木一由,加藤敏英:呼吸の病態生理学74「薬を使いこなす19:分布容積が中程度の抗菌薬:アンフェニコール系抗菌薬(後編)
加藤 敏英
臨床獣医,36(13),42-44   36(12) 42-44   2018年12月
これからの乳牛群管理のためのハードヘルス学入門,子牛・育成牛編第13回「子牛育成牛の肺炎対策」
加藤 敏英
臨床獣医,36(12),46-49   36(12) 46-49   2018年11月
子牛の呼吸器疾患(座談会)
加藤敏英,乙丸孝之介,大塚浩通,播谷 亮,堀 香織
臨床獣医   36(11) 19-38   2018年10月
呼吸の病態生理学72「薬を使いこなす17:抗菌剤は必要?やめ どきは?~ヒト医療のテキストから~
鈴木一由,加藤敏英
臨床獣医   36(10) 48-51   2018年9月
呼吸の病態生理学71「薬を使いこなす16:分布容積が小さいく すり~第3世代セファロスポリン5~
鈴木一由,加藤敏英
臨床獣医,36(9),47-50   36(9) 47-50   2018年8月
呼吸の病態生理学70「薬を使いこなす15:分布容積が小さいく すり~第3世代セファロスポリン4~
鈴木一由,加藤敏英
臨床獣医,36(8),56-59   36(8) 56-59   2018年7月
症例に学ぶ難治性疾患の診かた・考え方 25 「下垂体膿瘍と壊死性化膿性細気管支肺炎を呈した日本短角種子牛」
佐藤綾乃,伊藤岳文,小河原将太,久保田高慶,岡本 実,加藤敏英
臨床獣医,36(8),8-13   36(8) 8-13   2018年7月
呼吸の病態生理学66「くすりを使いこなす11:分布容積(Vd)の小さい抗菌薬1」
鈴木一由,加藤 敏英
臨床獣医36(3),50-54   36(3) 50-54   2018年2月
呼吸の病態生理学65「くすりを使いこなす10:フルオロキノロン系抗菌剤3」
鈴木一由,加藤 敏英
臨床獣医,36(2),38-42   36(2) 38-42   2018年1月   [依頼有り]
呼吸の病態生理学64「くすりを使いこなす9:フルオロキノロン系抗菌剤2」
鈴木一由,加藤 敏英
臨床獣医   35(12) 49-52   2017年12月
呼吸の病態生理学63「くすりを使いこなす8:フルオロキノロン系抗菌剤1」
鈴木一由,加藤 敏英
臨床獣医   35(11) 52-54   2017年11月
牛呼吸器病(BRDC)における抗菌剤治療の実際~抗菌剤治療ガイドブックを活用する~
加藤 敏英
家畜診療   64(11) 625-631   2017年11月   [依頼有り]
呼吸の病態生理学62「くすりを使いこなす7:分布容積の大きいくすり2」
鈴木一由,加藤 敏英
臨床獣医   35(10) 38-42   2017年10月
呼吸の病態生理学61「くすりを使いこなす6:分布容積の大きいくすり1」
鈴木一由,加藤 敏英
臨床獣医,   35(9) 50-53   2017年9月
呼吸の病態生理学60「くすりを使いこなす5:くすりが分布する場所を考える~分布容積(Vd)~」
鈴木一由,加藤 敏英
臨床獣医   35(8) 32-35   2017年8月
呼吸の病態生理学59「くすりを使いこなす4:くすりの効き目を予測する」
鈴木一由,加藤 敏英
臨床獣医   35(6) 53-57   2017年6月
呼吸の病態生理学58「くすりを使いこなす3:NSAIDsを使い分ける」
鈴木一由,加藤 敏英
臨床獣医   35(5) 56-59   2017年5月
呼吸の病態生理学57「くすりを使いこなす2:半減期から分かること」
鈴木一由,加藤 敏英
臨床獣医   35(4) 50-54   2017年4月
牛肺炎における治療終了の目安について~どこまで良くなれば止めていいのか~(ワンポイント質問)
加藤 敏英
家畜診療   64(4) 233-235   2017年4月   [依頼有り]
臨床に活かす基礎獣医学・3Dでみる子牛の臨床解剖学「第14回 耳の立体構造」
三好健二郎,美名口順,加藤 敏英,佐藤綾乃
臨床獣医   35(7) 46-49   2017年7月

書籍等出版物

 
テレビドクター4
加藤 敏英 (担当:分担執筆, 範囲:脂肪壊死症(p92)・肝蛭症(p94)・肺炎(p100)・RSウイルス感染症(p104)・ヒストフィルス脳炎(p136)・マンヘミア性肺炎(p170)・アカバネ病(p182)・白筋症(p184))
デーリィマン社   2017年10月   
牛の乳房炎治療ガイドライン
加藤 敏英ほか (担当:共著, 範囲:第7章 乳房炎原因菌の薬剤感受性)
㈱緑書房   2015年10月   
子牛の医学
加藤 敏英ほか (担当:監修)
㈱緑書房   2014年3月   
牛の呼吸器病
加藤 敏英 (担当:共訳, 範囲:育成牛および肥育牛の牛呼吸器病に対する抗菌剤による予防的治療)
デーリィマン社   2013年2月   

講演・口頭発表等

 
1酪農場の成牛でみられたMannheimia haemolytica1型肺炎の多発事例
野内 南、加藤 敏英ほか
家畜感染症学会   2018年12月8日   
生産現場でできる牛の呼吸器病対策~子牛へのワクチン早期接種の臨床効果 [招待有り]
加藤 敏英
京都微研学術セミナー(九州)   2018年11月   
産業動物における薬剤耐性(AMR)対策について [招待有り]
加藤 敏英
日本獣医師会主催・高度獣医療講習会(東北)   2018年11月   
臨床現場におけるBRDCへのアプローチ法~臨床から考えるAMR対策 [招待有り]
加藤 敏英
北獣十勝支部産業動物講習会   2018年10月   
牛呼吸器感染症における細菌学的検査の重要性 [招待有り]
加藤 敏英
第15回ゼノアックエクステンションセミナー   2018年10月   
臨床効果から考える子牛へのワクチン早期接種の可能性 [招待有り]
加藤 敏英
動物用ワクチン-バイオ医薬品研究会シンポジウム   2018年9月   
牛の消化管の病気の見つけ方と治療 [招待有り]
加藤 敏英
とわの森三愛高校獣医・理数コース、高大一貫授業   2018年9月   
臨床から考えるAMR対策 [招待有り]
加藤 敏英
三重県家畜保健衛生講習会   2018年7月   
事例に学ぶ現場の危機管理 [招待有り]
加藤 敏英
江別ミルキーレディース春季セミナー   2018年4月   
繁殖牛および子牛の飼養管理~病気と治療、予防~ [招待有り]
加藤 敏英
三重県和牛繁殖協議会研修会   2018年3月6日