TOSHIHIDE KATO

J-GLOBAL         Last updated: Jan 12, 2018 at 18:03
 
Avatar
Name
TOSHIHIDE KATO
E-mail
ktoshirakuno.ac.jp

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2017
 - 
Today
professor, animal medical center, Rauno Gakuen University
 

Education

 
Apr 1977
 - 
Mar 1981
veterinary science, dairy science, Rakuno Gakuen University
 

Misc

 
Drug susceptibility of bacteria isolated from milk of bovine mastitis in Japan
TOSHIHIDE KATO
Annual report of the Japanese society of antimicrobials for animals   (38) 27-34   Dec 2016   [Refereed][Invited]
ワンポイント質問 現場における肺炎罹患牛の臨床的予後判定の可能性
加藤 敏英
家畜診療   63(10) 625-627   Oct 2016
サルモネラ症による子牛の死亡事故が多発した酪農場における新生子へのワクチン接種効果
土谷 佳之, 宇山 環, 薮田 拓生, 三浦 新平, 加藤 敏英
家畜診療   63(6) 339-347   Jun 2016
Increase of Clostridium perfringens in association with Eimeria in haemorrhagic enteritis in Japanese beef cattle
Y.Kirino,M.Tanida,H.Hasunuma,T.Kato,T.Irie,Y. Horii,N.Nonaka
Veterinary Record   (177) 202   Aug 2015   [Refereed]
外科的な胆嚢洗浄が有効であった黒毛和種肥育牛の閉塞性黄疸の一例
田中 愛, 矢野 啓, 加藤 敏英
臨床獣医   32(5) 27-29   May 2014
健康肥育牛の鼻汁から分離されたMannheimia haemolytica、Pasteurella multocida、Mycoplasma bovis及びUreaplasma diversumの薬剤感受性
加藤 敏英, 遠藤 洋, 酒井 淳一
日本獣医師会雑誌   66(12) 852-858   Dec 2013
牛の内科実習(第124回) 子牛の群飼育における肺炎予防策
加藤 敏英
臨床獣医   30(10) 46-50   Oct 2012
輸送後の黒毛和種肥育素牛に対する生菌剤投与効果
加藤 敏英, 野崎 敏浩, 遠藤 洋, 小形 芳美, 関 千佳, 田中 守
家畜感染症学会誌   1(1) 9-17   Mar 2012
山形県内に沖縄県から導入された黒毛和種肥育素牛20頭を用い、生菌剤が輸送後の免疫能や腸内細菌叢に及ぼす効果について調査した。生菌剤[ボバクチン)は投与群(n=10)に対して導入日より1日10g、30日間経口投与し、非投与牛を対照群(n=10)とした。供試牛から、導入時、導入後30日目および60日目に血液ならびに直腸便を採取し、血液および血液生化学的検査、白血球サブポピュレーション解析、糞便ではT-RFLP法による腸内細菌叢解析およびT-RFの主成分分析を実施した。また、両群から無作為に抽出...
【適切な抗生剤使用で耐性菌発生を防ぐ!】 薬剤感受性モニタリング成績からみる牛呼吸器病治療
加藤 敏英
臨床獣医   29(8) 22-26   Aug 2011
乳牛の第四胃変位に罹患した症例における免疫状態
武井 絵美, 武田 絢子, 小井田 歩, 大塚 浩通, 安藤 貴朗, 小比類巻 正幸, 佐藤 光, 加藤 敏英
日本家畜臨床感染症研究会誌   6(1) 19-26   Feb 2011

Books etc

 
Bovine Respiratory Disease
TOSHIHIDE KATO (Part:Joint Translation)
Feb 2013