Kato Shin

J-GLOBAL         Last updated: Aug 16, 2019 at 21:38
 
Avatar
Name
Kato Shin
E-mail
katoshinmed.hokudai.ac.jp
ORCID ID
0000-0003-4792-9397

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Sugiura R, Kuwatani M, Hirata K, Sano I, Kato S, Kawakubo K, Sakamoto N
Digestive diseases and sciences   64(7) 2006-2013   Jul 2019   [Refereed]
Kato S, Kuwatani M, Kawakubo K, Sugiura R, Hirata K, Nakajima M, Hirata H, Kawakami H, Sakamoto N
Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society   31(4) 448-452   Jul 2019   [Refereed]
Sugiura R, Kuwatani M, Nishida M, Hirata K, Sano I, Kato S, Kawakubo K, Nakai M, Sho T, Suda G, Morikawa K, Ogawa K, Sakamoto N
Ultrasound in medicine & biology      Jul 2019   [Refereed]
Sugiura R, Kuwatani M, Hirata K, Kato S, Kawamoto Y, Kawakubo K, Mitsuhashi T, Asano T, Hirano S, Sakamoto N
Endoscopic ultrasound   8(3) 213-214   May 2019   [Refereed]
Kawakubo K, Kuwatani M, Kato S, Sakamoto N
Gastrointestinal endoscopy   89(3) 650-651   Mar 2019   [Refereed]
Hirata K, Kuwatani M, Suda G, Ishikawa M, Sugiura R, Kato S, Kawakubo K, Sakamoto N
Clinical and translational gastroenterology   10(3) e00022   Mar 2019   [Refereed]
Kuwatani M, Kato S, Sakamoto N
Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society      Oct 2018   [Refereed]
Kato S, Kuwatani M, Kawakubo K, Sugiura R, Hirata K, Tanikawa S, Mitsuhashi T, Shiratori S, Sakamoto N
Journal of gastroenterology and hepatology   33(7) 1310   Jul 2018   [Refereed]
Sugiura R, Kuwatani M, Kawakubo K, Sano I, Kato S, Endo T, Sakamoto N
Clinical journal of gastroenterology   11(3) 188-192   Jun 2018   [Refereed]
Mixed ductal-neuroendocrine carcinoma with unique intraductal growth in the main pancreatic duct.
Hirata K, Kuwatani M, Mitsuhashi T, Sugiura R, Kato S, Kawakubo K, Yamada T, Asano T, Hirano S, Sakamoto N
Endoscopic ultrasound      May 2018   [Refereed]
Kato S, Chinen K, Shinoura S, Kunishima F
Case reports in gastroenterology   12(2) 247-253   May 2018   [Refereed]
Kawakubo K, Kuwatani M, Kato S, Sugiura R, Sano I, Sakamoto N
Endoscopic ultrasound   7(2) 133-134   Mar 2018   [Refereed]
Kato S, Chinen K, Shinoura S, Kikuchi K
PloS one   12(7) e0180536   2017   [Refereed]
Mori H, Zakimi M, Kato S, Yamada K, Chinen K, Kubota T, Arashiro M, Shinoura S, Kikuchi K
Internal medicine (Tokyo, Japan)   55(18) 2617-2621   2016   [Refereed]
Kato S, Mori H, Zakimi M, Yamada K, Chinen K, Arashiro M, Shinoura S, Kikuchi K, Murakami T, Kunishima F
Internal medicine (Tokyo, Japan)   55(23) 3445-3452   2016   [Refereed]
加藤 新, 真口 宏介, 高橋 邦幸, 潟沼 朗生, 小山内 学, 矢根 圭, 金 俊文, 安保 義恭, 高田 実
胆道   29(4) 738-744   Oct 2015   [Refereed]
遠位悪性胆道狭窄に対する膵頭十二指腸切除(PD)術前の胆道ドレナージが必要か否か議論となっている。プラスチックステント(PS)を用いた内視鏡的胆管ステント留置術(EBS)後にPDを施行した115例を対象に、EBSの効果、偶発症、留置後の胆管炎発生の有無とその要因について後方視的に検討した。EBSにより総ビリルビン値(平均)は6.8mg/dLから2.16mg/dLと低下し、胆管炎例は全例軽快した。偶発症の6例(5.2%)はいずれも軽症膵炎であった。EBS後胆管炎の発生は24例(20.9%)に...
Kato S, Zakimi M, Yamada K, Chinen K, Kubota T, Arashiro M, Kikuchi K, Murakami T, Kunishima F
Clinical journal of gastroenterology   8(4) 240-246   Aug 2015   [Refereed]
Kato S, Kikuchi K, Chinen K, Murakami T, Kunishima F
World journal of gastroenterology   21(22) 7052-7058   Jun 2015   [Refereed]
Kaneko M, Katanuma A, Maguchi H, Takahashi K, Osanai M, Yane K, Hashigo S, Harada R, Kato S, Kato R, Nojima M
Endoscopy international open   2(3) E160-70   Sep 2014   [Refereed]

Misc

 
【Biliary access大辞典】EUSガイド下biliary access EUS-RVテクニック
川久保 和道, 桑谷 将城, 杉浦 諒, 加藤 新, 平田 幸司, 平田 甫, 中島 正人, 坂本 直哉
胆と膵   39(臨増特大) 1117-1121   Nov 2018
EUSランデブー法(EUS-rendezvous method:EUS-RV)は、超音波内視鏡下に直視下で胆管を穿刺し、ガイドワイヤーを胆管内から十二指腸へ誘導し、そのガイドワイヤーを頼りにして、ERCP関連処置を行うものである。確実なbiliary accessが得られる一方、さまざまなアプローチルートがあり、その後のガイドワイヤー操作や、胆管挿管の方法など、習熟すべきことが多数ある。また、EUS-RVに伴う重篤な偶発症もあるため、EUS-RVの適応を再度確認するとともに、他のbilia...
超音波内視鏡下穿刺吸引検体により診断可能であった後腹膜胚細胞腫瘍の一例
出口 貴祥, 丸川 活司, 高桑 恵美, 安孫子 光春, 清水 知浩, 恩田 千景, 宮越 里絵, 渡部 涼子, 岡田 宏美, 中 智昭, 加藤 新, 桑谷 将城, 三橋 智子, 松野 吉宏
北海道臨床細胞学会会報   27 21-26   Nov 2018
【あれから5年 抗血栓薬-とめない覚悟と勇気】抗血栓薬服用者におけるEUS-FNAおよびinterventional EUSの留意点
川久保 和道, 桑谷 将城, 杉浦 諒, 加藤 新, 平田 幸司, 坂本 直哉
消化器内視鏡   30(10) 1474-1479   Oct 2018
超音波内視鏡ガイド下穿刺吸引法(EUS-FNA)やinterventional EUSは、出血高危険度手技である。抗血栓薬服用中の患者においては、出血性偶発症の頻度が上昇する可能性があり、適切な休薬方法をとる必要がある。EUS-FNAの出血性偶発症の頻度は0.5%程度であり重篤なものも少ない。したがって、安易に抗血栓薬を休薬するのではなく、「止めない覚悟」で臨むことも必要である。超音波内視鏡(EUS)ガイド下胆道ドレナージ術は、出血性偶発症の頻度は4%程度で、重篤なものも少なくない。つまり...
【肝胆膵】急性膵炎 エビデンスの確立したマネジメントを「取りこぼしなく」かつ「遅滞なく」行っていく
加藤 新
Hospitalist   6(3) 741-752   Sep 2018
<文献概要>●急性膵炎のマネジメントで重要なのは,短期的,中期的,さらに長期的にどのような臨床病態の変化が起きるのかを時間軸に沿って予測しながら,適切に対処し,取りこぼしなく先手を打っていくことである。●病態の把握とアセスメントは,Pancreatitis Bundle 2015にも示されているように,おおむね「初療時」「診断から3時間経過」「24時間経過」「48時間経過」の時点で実施し,アセスメントに従い適切な治療介入を行っていく。また,経時的に重症度評価を繰り返すことで,集学的治療の適...
【膵疾患に対する内視鏡治療の新展開】 膵切除後膵液瘻に対する内視鏡治療
桑谷 将城, 川久保 和道, 加藤 新, 杉浦 諒, 平田 幸司, 平野 聡, 坂本 直哉
消化器・肝臓内科   2(6) 625-631   Dec 2017
【Interventional EUSの最新情報-適応、手技、デバイス-】 胆管挿管困難例に対するEUS-guided rendezvous technique
川久保 和道, 桑谷 将城, 加藤 新, 杉浦 諒, 平田 幸司, 坂本 直哉
消化器・肝臓内科   2(3) 274-281   Sep 2017
【今IPMNをどう診るか】 サーベイランスをめぐる諸問題 IPMNの予後を決める因子は?
川久保 和道, 多田 稔, 桑谷 将城, 佐野 逸紀, 杉浦 諒, 加藤 新, 坂本 直哉
肝・胆・膵   74(4) 597-600   Apr 2017
【意外と知らない!?日常治療薬の基本と新常識】 (第3章)肝臓疾患における治療の基本と新常識 肝硬変合併症に対する薬物治療の基本
加藤 新
レジデントノート   15(14) 2595-2601   Dec 2013
<point>・腹水に対しては抗アルドステロン薬とループ利尿薬のコンビネーション・食道静脈瘤出血の予防にはβ遮断薬が有効・静脈瘤出血時にはバソプレシンとニトログリセリンの持続静注・肝性脳症には合成二糖類、経口抗菌薬、分岐鎖アミノ酸製剤(著者抄録)
膵腫瘍の超音波内視鏡下生検(EUS-FNA)の有用性について
知念 健司, 本部 卓也, 座喜味 盛哉, 加藤 新, 久保田 富秋, 新城 雅行, 菊地 馨
沖縄県立中部病院雑誌   38-39 8-14   Dec 2013
当院にて経験した膵十二指腸神経内分泌腫瘍12例の検討
村上 隆啓, 知念 健司, 加藤 崇, 加藤 新, 八幡 浩信, 上田 真, 福里 吉充, 嘉陽 宗史, 菊地 馨, ぐし宮城 正典, 国島 文史
沖縄県立中部病院雑誌   38-39 4-7   Dec 2013
2008年から5年間に経験した膵十二指腸神経内分泌腫瘍(PNET)12例について、患者背景、治療内容、治療成績を後方視的に検討した。平均年齢59歳、男女比5:7、機能性PNETは3例(insulinoma 2例、VIPoma 1例)、非機能性PNETは9例であり、12例中7例が超音波内視鏡下生検にてPNETと診断され、平均腫瘍径は21mmであった。治療は腫瘍径10mm以下の3例が経過観察中であり、外科的手術9例は腫瘍径と部位、主膵管との位置関係から術式を決定し、平均観察期間34ヵ月で全例生...

Conference Activities & Talks

 
Multicenter propensity score-matched analysis for the effect of metallic stent placement without endoscopic sphincterotomy for malignant distal biliary stricture except pancreatic cancer on prevention of post-ERCP pancreatitis.
Kato S, Kuwatani M, Sakamoto N, et al.
Digestive Disease Week (DDW) 2019   May 2019   
Faculty educator for the ERCP hands-on station with Conmed [Invited]
Kato S.
11th Annual UCI Health Gastroenterology & Hepatology Symposium, Hands-on Workshop   23 Feb 2019   
Effect of endoscopic transpapillary metallic stent placement with/ without endoscopic sphincterotomy on post-ERCP pancreatitis in patients with malignant biliary stricture.
Kato S, Kuwatani M, Sakamoto N, et al.
Digestive Disease Week (DDW) 2018   May 2018   
膵周囲液体貯留に対する超音波内視鏡下ドレナージの現状と問題点
加藤 新, 桑谷 将城, 坂本 直哉
第104回日本消化器病学会総会   21 Apr 2018   
悪性胆道狭窄に対するメタリックステント留置時の乳頭括約筋切開術付加は、ERCP後膵炎の発症を抑制するか
加藤 新, 桑谷 将城, 坂本 直哉
第95回日本内視鏡学会総会 ワークショップ5 胆管ステントの現況と将来   May 2018   
The utility of a novel transpapillary dilation technique with a diathermic catheter for severe main pancreatic duct stricture due to chronic pancreatitis.
Kato S, Kuwatani M, Sakamoto N, et al.
United European Gastroenterology Week (UEGW) 2017   Nov 2017   
膵周囲液体貯留に対する経消化管的超音波内視鏡下ドレナージの臨床成績
加藤 新, 桑谷 将城, 坂本 直哉
Oct 2017   
The efficacy and safety of a novel transpapillary dilation technique with a diathermic catheter for severe malignant bile duct stricture.
Kato S, Kuwatani M, Sakamoto N, et al.
Digestive Disease Week (DDW) 2017   May 2017   
高度悪性胆道狭窄に対する経乳頭的通電拡張術の有効性と諸問題
加藤 新, 桑谷 将城, 杉浦 諒, 佐野 逸紀, 川久保 和道, 坂本 直哉
第93回日本消化器内視鏡学会総会   May 2017   
A case of bile duct neuroendocrine tumor preoperatively diagnosed by endoscopic ultrasonography-guided fine-needle aspiration biopsy
Kato S, et al.
Asian-Pacific Digestive Week (APDW) 2016   Nov 2016