加藤陽子

J-GLOBALへ         更新日: 18/01/17 18:42
 
アバター
研究者氏名
加藤陽子
 
カトウ ヨウコ
所属
日本医科大学
部署
大学院医学研究科
職名
ポストドクター
学位
学術(東京大学)

プロフィール

こんにちわ

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
日本医科大学 先端医学研究所 ポストドクター
 
2014年5月
 - 
2017年3月
カールフォンオシエツキー大学 Department of Neuroscience, School of Medicine and Health Sciences ポスドク研究員
 
2011年4月
 - 
2014年5月
放射線医学総合研究所 分子神経イメージング研究プログラム、神経情報チーム 博士研究員
 
2010年4月
 - 
2011年3月
独立行政法人理化学研究所 BSI 生物言語研究チーム 研究員
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2010年3月
東京大学大学院 総合文化研究科 広域科学専攻
 
2004年4月
 - 
2006年3月
千葉大学 大学院 文学研究科 人文科学専攻
 
2000年4月
 - 
2004年3月
千葉大学 文学部 行動科学科
 

受賞

 
2006年
第31回鳥類内分泌研究会 若手奨励賞
 

論文

 
Feenders G, Kato Y, Borzeszkowski KM, Klump GM
Behavioral neuroscience   131(4) 337-347   2017年8月   [査読有り]
Nagai, Yuji Kikuchi, Erika Lerchner, Walter Inoue, Ken-ichi Ji, Bin Eldridge, Mark A. G. Kaneko, Hiroyuki Kimura, Yasuyuki Oh-Nishi, Arata Hori, Yukiko Kato, Yoko Hirabayashi, Toshiyuki Fujimoto, Atsushi Kumata, Katsushi Zhang, Ming-Rong Aoki, Ichio Suhara, Tetsuya Higuchi, Makoto Takada, Masahiko Richmond, Barry J. Minamimoto, Takafumi
Nature Communications   7    2016年12月   [査読有り]
Kato Y, Gokan H, Oh-Nishi A, Suhara T, Watanabe S, Minamimoto T
Behavioural brain research   275 43-52   2014年12月   [査読有り]
Kato Y, Kato M, Okanoya K
Neuroreport   23(8) 488-492   2012年5月   [査読有り]
Kato Y, Kato M, Hasegawa T, Okanoya K
Neuroreport   21(6) 404-409   2010年4月   [査読有り]

Misc

 
加藤陽子, 加藤陽子, 加藤真樹, 加藤真樹, 長谷川寿一, 岡ノ谷一夫
Annu Meet Jpn Avian Endocrinol   34th 55-56   2009年
加藤陽子, 加藤陽子, 長谷川寿一, 岡ノ谷一夫
動物心理学研究   58(2) 208   2008年12月
加藤陽子, 加藤陽子, 長谷川寿一, 岡ノ谷一夫
日本動物心理学会大会プログラム   67th 58   2007年9月

講演・口頭発表等

 
Differential vocalization under anxiety and fear context in the common marmoset (Callithrix jacchus)
Yoko Kato, Hayato Gokan, Arata Oh-Nish, Tetsuya Suhara, Shigeru Watanabe, Takafumi Minamimoto
The 31th International Congress of Psychology   2016年7月25日   
Representative response to mistuning component in complex harmonic tones in inferior colliculus of gerbils
Yoko Kato, Rainer Beutelmann, Georg M. Klump
The 39th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society   2016年7月20日   
Effects of masker bandwidth, mistuning and binaural cues on the representation of components in a harmonic tone complex in the gerbil inferior colliculus
Yoko Kato, Georg M Klump
39th Annual Mid Winter Meeting of Association for Research in Otolaryngology   2016年2月20日   
Temporal order judgment task in European Starlings.
Gesa Feenders, Yoko Kato*, Katharina Borzeszkowski, Rainer Beutelmann, Georg M Klump
日本動物心理学会第75回大会   2015年9月10日   

競争的資金等の研究課題

 
観察学習における他個体の情動反応の利用と島皮質機能の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 加藤陽子