KATO HIROMICHI

J-GLOBAL         Last updated: May 20, 2019 at 16:19
 
Avatar
Name
KATO HIROMICHI
Affiliation
Hokkaido University
Section
Faculty of Education
Research funding number
20399231

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2013
 - 
Today
Associate Professor, Graduate School of Education, Hokkaido University
 
Apr 2009
 - 
Mar 2013
准教授, 静岡大学大学院教育学研究科
 
Apr 2008
 - 
Mar 2009
准教授, 静岡大学 教育学部
 

Misc

 
加藤 弘通, 水野 君平, 侯 玥江, 濤岡 優
子ども発達臨床研究   (13) 1-10   Mar 2019
本研究は「さっぽろ子ども・若者白書」をつくる会と北海道大学大学院教育学研究院子ども発達臨床研究センター・子ども発達支援部門が共同プロジェクトとして行っているアンケート調査から札幌市の小中学生の生活実態について報告するものである。なおこれまでの実態調査の結果については、太田・柳・水野・加藤(2016)、加藤・水野(2018)があり、本研究は、2017 年度冬期に行われた調査をもとに分析をしたものである。
本研究では、札幌市の小学生・中学生の学校・家庭・自己に関する意識の実態、およびその関連要...
加藤弘通, 太田正義, 侯げつ侯, 舒悦
日本発達心理学会大会プログラム(CD-ROM)   30th ROMBUNNO.PS2‐34   2019
飯田 昭人, 瀧澤 颯大, 水野 君平, 加藤 弘通
北翔大学教育文化学部研究紀要 = Bulletin of Hokusyo University School of Education and Culture Department   (4) 1-18   2019
本研究の目的は,質問紙調査を実施することで,子どもの貧困における保育者及び教職員の意識の実態を明らかにすることである。 保育施設,小学校,中学校で働く保育士や教職員等に対して次の2点を行った。1点目は,「子どもの貧困状況の捉え方」「子どもの貧困状況において併せて見られる現象」「貧困状況にある子どもの困難についての捉え方」の3点について,因子分析を用いて検討・考察した。2点目は,貧困家庭への支援においての必要性の回答が,「強く感じている」「やや感じている」と回答した対象者を「必要群」,「まっ...
太田正義, 加藤弘通
日本教育心理学会総会発表論文集   60th 251   Aug 2018

Books etc

 
ナカニシヤ出版   Apr 2007   ISBN:477950161X
加藤 弘通
ナカニシヤ出版   Mar 2007   ISBN:4779501040

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(若手研究(B))
Project Year: 2010 - 2012    Investigator(s): Hiromichi KATOU
This study was aimed to examine what type of teacher’s support for student prevent student’s problem behavior and school disrupt. By conducting three researches, it was clear that several teacher’s supports, for example “listen carefullytalk of st...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(若手研究(B))
Project Year: 2007 - 2008    Investigator(s): Hiromichi KATO