Katsuki OKADA

J-GLOBAL         Last updated: Dec 3, 2019 at 21:36
 
Avatar
Name
Katsuki OKADA
Affiliation
Osaka University
Section
School of Letters
Research funding number
20776489

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Shibamoto M, Higo T, Naito AT, Nakagawa A, Sumida T, Okada K, Sakai T, Kuramoto Y, Yamaguchi T, Ito M, Masumura Y, Higo S, Lee JK, Hikoso S, Komuro I, Sakata Y
International heart journal   60(4) 944-957   Jul 2019   [Refereed]
Sakai T, Naito AT, Kuramoto Y, Ito M, Okada K, Higo T, Nakagawa A, Shibamoto M, Yamaguchi T, Sumida T, Nomura S, Umezawa A, Miyagawa S, Sawa Y, Morita H, Lee JK, Shiojima I, Sakata Y, Komuro I
International heart journal   59(5) 1096-1105   Sep 2018   [Refereed]
Kuramoto Y, Naito AT, Tojo H, Sakai T, Ito M, Shibamoto M, Nakagawa A, Higo T, Okada K, Yamaguchi T, Lee JK, Miyagawa S, Sawa Y, Sakata Y, Komuro I
Journal of molecular and cellular cardiology   121 256-265   Aug 2018   [Refereed]
Shimai Y, Takeda T, Okada K, Manabe S, Teramoto K, Mihara N, Matsumura Y
Pharmacology research & perspectives   6(4) e00421   Jul 2018   [Refereed]
Higo T, Naito AT, Sumida T, Shibamoto M, Okada K, Nomura S, Nakagawa A, Yamaguchi T, Sakai T, Hashimoto A, Kuramoto Y, Ito M, Hikoso S, Akazawa H, Lee JK, Shiojima I, McKinnon PJ, Sakata Y, Komuro I
Nature communications   8 15104   Apr 2017   [Refereed]
A Document-Based EHR System That Controls the Disclosure of Clinical Documents Using an Access Control List File Based on the HL7 CDA Header.
Takeda T, Ueda K, Nakagawa A, Manabe S, Okada K, Mihara N, Matsumura Y
Studies in health technology and informatics   245 1238   2017   [Refereed]
Nakagawa A, Naito AT, Sumida T, Nomura S, Shibamoto M, Higo T, Okada K, Sakai T, Hashimoto A, Kuramoto Y, Oka T, Lee JK, Harada M, Ueda K, Shiojima I, Limbourg FP, Adams RH, Noda T, Sakata Y, Akazawa H, Komuro I
Scientific reports   6 25009   May 2016   [Refereed]
Hashimoto A, Naito AT, Lee JK, Kitazume-Taneike R, Ito M, Yamaguchi T, Nakata R, Sumida T, Okada K, Nakagawa A, Higo T, Kuramoto Y, Sakai T, Tominaga K, Okinaga T, Kogaki S, Ozono K, Miyagawa S, Sawa Y, Sakata Y, Morita H, Umezawa A, Komuro I
International heart journal   57(1) 112-117   2016   [Refereed]
A Strategy for Reusing the Data of Electronic Medical Record Systems for Clinical Research.
Matsumura Y, Hattori A, Manabe S, Tsuda T, Takeda T, Okada K, Murata T, Mihara N
Studies in health technology and informatics   228 297-301   2016   [Refereed]
Estimating the Ratio of Patients with a Certain Disease Between Hospitals for the Allocation of Patients to Clinical Trials Using Health Insurance Claims Data in Japan.
Takeda T, Mihara N, Murata T, Shimai Y, Okada K, Manabe S, Matsumura Y
Studies in health technology and informatics   228 537-541   2016   [Refereed]
Okada K, Naito AT, Higo T, Nakagawa A, Shibamoto M, Sakai T, Hashimoto A, Kuramoto Y, Sumida T, Nomura S, Ito M, Yamaguchi T, Oka T, Akazawa H, Lee JK, Morimoto S, Sakata Y, Shiojima I, Komuro I
Circulation. Heart failure   8(4) 799-808   Jul 2015   [Refereed]
Sumida T, Naito AT, Nomura S, Nakagawa A, Higo T, Hashimoto A, Okada K, Sakai T, Ito M, Yamaguchi T, Oka T, Akazawa H, Lee JK, Minamino T, Offermanns S, Noda T, Botto M, Kobayashi Y, Morita H, Manabe I, Nagai T, Shiojima I, Komuro I
Nature communications   6 6241   Feb 2015   [Refereed]
Naito AT, Sumida T, Nomura S, Liu ML, Higo T, Nakagawa A, Okada K, Sakai T, Hashimoto A, Hara Y, Shimizu I, Zhu W, Toko H, Katada A, Akazawa H, Oka T, Lee JK, Minamino T, Nagai T, Walsh K, Kikuchi A, Matsumoto M, Botto M, Shiojima I, Komuro I
Cell   149(6) 1298-1313   Jun 2012   [Refereed]
Okada K, Ueda Y, Takayama T, Honye J, Komatsu S, Yamaguchi O, Li Y, Yajima J, Takazawa K, Nanto S, Saito S, Hirayama A, Kodama K
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   76(5) 1197-1202   2012   [Refereed]
Omori Y, Ueda Y, Okada K, Nishio M, Hirata A, Asai M, Nemoto T, Matsuo K, Kashiwase K, Kodama K
Journal of cardiology   58(1) 46-53   Jul 2011   [Refereed]
Okada K, Ueda Y, Matsuo K, Nishio M, Hirata A, Kashiwase K, Asai M, Nemoto T, Kodama K
The American journal of cardiology   107(10) 1426-1429   May 2011   [Refereed]
Higo T, Ueda Y, Oyabu J, Okada K, Nishio M, Hirata A, Kashiwase K, Ogasawara N, Hirotani S, Kodama K
JACC. Cardiovascular imaging   2(5) 616-624   May 2009   [Refereed]
Kashiwase K, Ueda Y, Ogasawara N, Oyabu J, Okada K, Murakawa T, Hirayama A, Kodama K
Journal of cardiology   52(2) 163-166   Oct 2008   [Refereed]
Okada K, Ueda Y, Oyabu J, Ogasawara N, Hirayama A, Kodama K
Journal of interventional cardiology   20(5) 324-334   Oct 2007   [Refereed]
Ueda Y, Okada K, Ogasawara N, Oyabu J, Hirayama A, Kodama K
Journal of interventional cardiology   20(3) 177-181   Jun 2007   [Refereed]
Oyabu J, Ueda Y, Ogasawara N, Okada K, Hirayama A, Kodama K
American heart journal   152(6) 1168-1174   Dec 2006   [Refereed]
Komatsu S, Hirayama A, Ueda Y, Okuyama Y, Ogasawara N, Kashiwase K, Oka T, Okada K, Murakawa T, Kodama K
International journal of cardiology   113(2) 288-289   Nov 2006   [Refereed]
Ohtani T, Ueda Y, Mizote I, Oyabu J, Okada K, Hirayama A, Kodama K
Journal of the American College of Cardiology   47(11) 2194-2200   Jun 2006   [Refereed]
Angioscopically-determined extent of coronary atherosclerosis is associated with severity of acute coronary syndrome.
Ueda Y, Oyabu J, Okada K, Murakawa T, Hirayama A, Kodama K
The Journal of invasive cardiology   18(5) 220-224   May 2006   [Refereed]

Misc

 
Establishment of Indicators and Outcome Prediction Model of Acute Cardiovascular Diseases to Improve Cardiovascular Medical Service System
坂田 泰史, 磯部 光章, 安田 聡, 宮本 恵宏, 西村 邦宏, 添田 恒有, 今村 知明, 平山 篤志, 辻田 賢一, 中尾 浩一, 森野 禎浩, 上田 裕一, 高山 守正, 島村 和男, 土肥 智晴, 岡田 佳築, 真田 昌爾, 彦惣 俊吾, 小室 一成
日本循環器学会学術集会抄録集   83回 SY24-1   Mar 2019
From My Experience as a Technical Official of the Ministry of Health, Labour and Welfare
岡田 佳築
日本循環器学会学術集会抄録集   83回 SS12-3   Mar 2019
Incidence, Predictors, and Prognosis of Atrial Fibrillation in Patients with Heart Failure with Preserved Ejection Fraction
土肥 智晴, 彦惣 俊吾, 中谷 大作, 水野 裕八, 岡田 佳築, 小島 貴行, 須永 晃弘, 木田 博太, Bolrathanak Oeun, 坂田 泰史
日本循環器学会学術集会抄録集   83回 PJ036-6   Mar 2019
個人の健診データのPHRによる統合管理の可能性
松村 泰志, 三浦 克之, 磯 博康, 村木 功, 岡田 武夫, 黒田 知宏, 加藤 源太, 武田 理宏, 岡田 佳築
医療情報学連合大会論文集   38回 580-585   Nov 2018
【心不全のすべて-分子生物学から緩和ケアまで:beyondガイドライン】心不全パンデミックとは何か-心不全の現状を知り将来を考える 行政が考える心不全診療のあり方 人事交流医系技官の立場から
岡田 佳築
医学のあゆみ   266(13) 1048-1054   Sep 2018
行政が考える心不全診療のあり方については、『脳卒中、心臓病その他の循環器病に係る診療提供体制の在り方について』(平成29年7月)および『循環器疾患の患者に対する緩和ケア提供体制のあり方について』(平成30年4月)などにおいて示されている。これらの報告書においては、増悪と寛解を繰り返す臨床経過などの心不全の疾患特性を踏まえ、心不全患者を地域全体で管理する重要性が示されている。これらの報告書も踏まえ循環器疾患に関連する施策が、第7次医療計画、平成30年度診療報酬改定、厚生労働科学研究などの観点...
Future Direction of Palliative Care System for Cardiovascular Disease
岡田 佳築
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 SS22-1   Mar 2018
Current Efforts concerning Cardiovascular Medical Service System in Japan
岡田 佳築
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 SY11-1   Mar 2018
DNA Single-strand Break-induced DNA Damage Response Causes Heart Failure
Higo Tomoaki, Naito Atsuhiko, Sumida Tomokazu, Shibamoto Masato, Okada Katsuki, Nomura Seitaro, Nakagawa Akito, Yamaguchi Toshihiro, Sakai Taku, Hashimoto Akihito, Kuramoto Yuki, Ito Masamichi, Higo Shuichiro, Hikoso Shungo, Akazawa Hiroshi, Lee Jong-Kook, Shiojima Ichiro, Mckinnon Peter J., Sakata Yasushi, Komuro Issei
Circulation Journal   80(Suppl.I) 847-847   Mar 2016
Sustained Activation of Wnt Signaling in Endothelial Cells Induces Heart Failure
Nakagawa Akito, Naito Atsuhiko, Sumida Tomokazu, Nomura Seitaro, Shibamoto Masato, Higo Tomoaki, Okada Katsuki, Shiojima Ichiro, Sakata Yasushi, Komuro Issei
Circulation Journal   80(Suppl.I) 693-693   Mar 2016
「循環器疾患における緩和ケアの質向上に対する期待」
岡田佳築
日本循環器心身医学会抄録集   73rd 36   2016
抗がん剤における薬剤性間質性肺炎発生率の評価
島井良重, 武田理宏, 岡田佳築, 真鍋史朗, 寺本圭, 三原直樹, 松村泰志
日本医療情報学会春季学術大会プログラム・抄録集   20th 64‐65   2016
Wnt/β-catenin Signaling Contributes to Skeletal Myopathy in Heart Failure via Direct Interaction with FoxO
Okada Katsuki, Naitoh Atsuhiko, Lee Jong-Kook, Sakata Yasushi, Shiojima Ichiro, Komuro Issei
Circulation Journal   79(Suppl.I) 680-680   Mar 2015
Wntとエイジング
岡田 佳築, 小室 一成
アンチ・エイジング医学   9(2) 232-239   Apr 2013
Wntは分子量約4万の分泌性糖タンパク質である。ショウジョウバエで最初に同定されたwingless(wg)と、マウス乳癌で同定された癌遺伝子int-1が相同遺伝子で、相同性をもつ遺伝子が多数存在することがわかっている。脊椎動物におけるwg相同遺伝子はWnt(wg+int)と呼ばれ、Wntにより活性化される細胞内シグナル伝達経路は、遺伝子発現、細胞増殖、細胞運動、細胞極性などを調節することで、初期発生や幹細胞の維持、発癌などに関与している。今回以下の項目について述べた。1)細胞老化とWntシ...
Activation of Wnt/β-Catenin Signaling in Aortic Endothelial Cell Induces Cardiac Dysfunction
Nakagawa Akito, Naitoh Atsuhiko, Sumida Tomokazu, Okada Katsuki, Sakai Taku, Higo Tomoaki, Hashimoto Akihito, Hara Yurina, Shiojima Ichiro, Komuro Issei
Circulation Journal   77(Suppl.I) 116-116   Mar 2013
好酸球性心筋炎の組織像を呈した産褥性心筋症の一症例
岡田 佳築, 坂田 泰史
循環器科   65(2) 218-218   Feb 2009
腎梗塞で発症し、診断までに時間を要した感染性心内膜炎の一例
肥後 友彰, 廣谷 信一, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 平田 明生, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 松井 万智子, 松尾 浩志, 樫山 智一, 増村 雄喜, 和田 暢, 上田 恭敬, 児玉 和久
Circulation Journal   72(Suppl.III) 1112-1112   Oct 2008
左浅大腿動脈に限局性解離性病変を認めた1症例
増村 雄喜, 小笠原 延行, 松井 万智子, 柏瀬 一路, 平田 明生, 根本 貴祥, 岡田 佳築, 村川 智一, 松尾 浩志, 肥後 友彰, 樫山 智一, 和田 暢, 廣谷 信一, 上田 恭敬
Circulation Journal   72(Suppl.III) 1107-1107   Oct 2008
たこつぼ型心筋症発症時の心電図変化を経時的に記録できた一例
松井 万智子, 肥後 友彰, 松尾 浩志, 樫山 智一, 増村 雄喜, 和田 暢, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 平田 明生, 柏瀬 一路, 小笠原 延行, 廣谷 信一, 上田 恭敬, 児玉 和久
Circulation Journal   72(Suppl.III) 1102-1102   Oct 2008
労作時呼吸困難精査中に心室細動を発症した左前下行枝高度狭窄の一症例
和田 暢, 柏瀬 一路, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 松井 万智子, 松尾 浩志, 肥後 友彰, 樫山 智一, 増村 雄喜, 平田 明生, 小笠原 延行, 廣谷 信一, 上田 恭敬, 児玉 和久
Circulation Journal   72(Suppl.III) 1098-1098   Oct 2008
ICD植え込み後亜急性期にリード穿孔を認めた一例
樫山 智一, 平田 明生, 増村 雄喜, 和田 暢, 肥後 友彰, 松尾 浩志, 松井 万智子, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 柏瀬 一路, 小笠原 延行, 廣谷 信一, 上田 恭敬
Circulation Journal   72(Suppl.III) 1098-1098   Oct 2008
Cypher留置2.5年後very late thrombosisにて発症した不安定狭心症
松尾 浩志, 上田 恭敬, 廣谷 信一, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 平田 明生, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 肥後 友彰, 松井 万智子, 樫山 智一, 増村 雄喜, 和田 暢, 児玉 和久
Circulation Journal   72(Suppl.III) 1095-1095   Oct 2008
【冠動脈画像診断の進歩】 冠動脈疾患における血管内視鏡
岡田 佳築, 上田 恭敬, 児玉 和久
循環器科   63(5) 469-475   May 2008
胸腹部造影CTで、急性冠症候群、肺血栓塞栓症、大動脈解離の鑑別が可能であった1症例
増村 雄喜, 根本 貴祥, 廣谷 信一, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 平田 明生, 岡田 佳築, 村川 智一, 松井 万智子, 松尾 浩志, 肥後 友彰, 樫山 智一, 和田 暢, 上田 恭敬, 児玉 和久
Circulation Journal   72(Suppl.II) 1004-1004   Apr 2008
鎖骨下静脈および内頸静脈閉塞のため経静脈アプローチによるペースメーカー挿入が困難だった症例
根本 貴祥, 柏瀬 一路, 平田 明生, 松尾 浩志, 廣谷 信一, 小笠原 延行, 岡田 佳築, 村川 智一, 松井 万智子, 肥後 友彰, 和田 暢, 増村 雄喜, 樫山 智一, 上田 恭敬, 児玉 和久
Circulation Journal   72(Suppl.II) 1003-1003   Apr 2008
冠静脈洞口亜閉塞を合併した房室結節回帰性頻拍(AVNRT)の2症例
松井 万智子, 平田 明生, 柏瀬 一路, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 肥後 友彰, 松尾 浩志, 樫山 智一, 増村 雄喜, 和田 暢, 小笠原 延行, 廣谷 信一, 上田 恭敬
Circulation Journal   72(Suppl.II) 1000-1000   Apr 2008
急性肺血栓塞栓症に伴うショック状態から救命しえた1症例
岡田 佳築, 廣谷 信一, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 平田 明生, 村川 智一, 根本 貴祥, 松尾 浩志, 肥後 友彰, 松井 万智子, 増村 雄喜, 樫山 智一, 和田 暢, 上田 恭敬, 児玉 和久
Circulation Journal   72(Suppl.II) 999-999   Apr 2008
高頻度心房ペーシングによって冠攣縮が誘発された冠攣縮性狭心症の1例
樫山 智一, 平田 明生, 松尾 浩志, 肥後 友彰, 松井 万智子, 岡田 佳築, 根本 貴祥, 村川 智一, 柏瀬 一路, 小笠原 延行, 廣谷 信一, 上田 恭敬, 児玉 和久
Circulation Journal   72(Suppl.II) 992-992   Apr 2008
冠攣縮性狭心症に伴う心室細動発作より救命しえた一症例
小泉 宏太, 岡田 佳築, 廣谷 信一, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 平田 明生, 村川 智一, 根本 貴祥, 松尾 浩志, 肥後 友彰, 松井 万智子, 増村 雄喜, 樫山 智一, 和田 暢, 上田 恭敬, 児玉 和久
Circulation Journal   72(Suppl.II) 992-992   Apr 2008
胸痛発作を繰り返すうち心筋梗塞を発症していた冠攣縮性狭心症の一例
村川 智一, 平田 明生, 廣谷 信一, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 岡田 佳築, 根本 貴祥, 松井 万智子, 松尾 浩志, 肥後 友彰, 上田 恭敬
Circulation Journal   72(Suppl.II) 991-991   Apr 2008
ミルリノン依存状態からの離脱に両室ペーシングが著効した虚血性心筋症の1例
肥後 友彰, 柏瀬 一路, 廣谷 信一, 小笠原 延行, 平田 明生, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 松井 万智子, 松尾 浩志, 和田 暢, 樫山 智一, 増村 雄喜, 上田 恭敬, 児玉 和久
Circulation Journal   72(Suppl.II) 990-990   Apr 2008
3年前から左主幹部に狭窄を認めていたが経過観察されていた左主幹部急性心筋梗塞の一症例
和田 暢, 柏瀬 一路, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 松井 万智子, 松尾 浩志, 肥後 友彰, 増村 雄喜, 樫山 智一, 平田 明生, 小笠原 延行, 廣谷 信一, 上田 恭敬, 児玉 和久
Circulation Journal   72(Suppl.II) 988-988   Apr 2008
冠動脈造影上有意狭窄を認めなかった無症候性心筋虚血の一例
松尾 浩志, 上田 恭敬, 廣谷 信一, 小笠原 延行, 栢瀬 一路, 平田 明生, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 松井 万智子, 肥後 友彰, 増村 雄喜, 樫山 智一, 和田 暢
Circulation Journal   72(Suppl.II) 985-985   Apr 2008
Process of Neointima Coverage over Sirolimus Drug-Eluting Stent and Maturation in Anti-thrombogenic Potential
Ueda Yasunori, Okada Katsuki, Ogasawara Nobuyuki, Matsuo Koushi, Hirotani Shinichi, Kashiwase Kazunori, Hirata Akio, Murakawa Tomokazu, Nemoto Takayoshi, Matsui Machiko, Higo Tomoaki, Wada Mitsuru, Masumura Yuki, Kashiyama Toshikazu, Kodama Kazuhisa
Circulation Journal   72(Suppl.I) 545-546   Mar 2008
Ischemic Mitral Regurgitation: Long-Term Outcome in Patients with Acute Myocardial Infarction Undergoing Primary Percutaneous Coronary Intervention
Higo Tomoaki, Kashiwase Kazunori, Okada Katsuki, Hirotani Shinichi, Ogasawara Nobuyuki, Hirata Akio, Murakawa Tomokazu, Nemoto Takayoshi, Masuo Koshi, Matsui Machiko, Kashiyama Toshikazu, Wada Mitsuru, Masumura Yuki, Ueda Yasunori, Kodama Kazuhisa
Circulation Journal   72(Suppl.I) 421-421   Mar 2008
Analysis on Risk of Thrombosis at Coronary Plaque: An Angioscopic Study
Okada Katsuki, Ueda Yasunori, Hirotani Shinichi, Ogasawara Nobuyuki, Kashiwase Kazunori, Hirata Akio, Murakawa Tomokazu, Nemoto Takayoshi, Masuo Koshi, Higo Tomoaki, Matsui Machiko, Masumura Yuki, Kashiyama Toshikazu, Wada Mitsuru, Kodama Kazuhisa
Circulation Journal   72(Suppl.I) 191-191   Mar 2008
The pathogenesis and preventive strategy for DES failure: Evaluation by invasive coronary imaging modalities A Role of Coronary Angioscopy to Predict Thrombotic Event
Ueda Yasunori, Okada Katsuki, Ogasawara Nobuyuki, Matsuo Koushi, Hirotani Shinichi, Kashiwase Kazunori, Hirata Akio, Murakawa Tomokazu, Nemoto Takayoshi, Matsui Machiko, Higo Tomoaki, Wada Mitsuru, Masumura Yuki, Kashiyama Toshikazu, Kodama Kazuhisa
Circulation Journal   72(Suppl.I) 102-102   Mar 2008
New Insight for Treatment of Ischemic Mitral Regurgitation Impact of Ischemic Mitral Regurgitation on Long-term Mortality in Patients with ST-elevated Acute Myocardial Infarction
Kashiwase Kazunori, Higo Tomoaki, Ogasawara Nobuyuki, Hirata Akio, Okada Katsuki, Murakawa Tomokazu, Nemoto Takayoshi, Masuo Koshi, Matsui Machiko, Hirotani Shinichi, Hirayama Atsushi, Ueda Yasunori, Kodama Kazuhisa
Circulation Journal   72(Suppl.I) 41-41   Mar 2008
Re-Evaluation of Drug Therapy in the DES Era Dual Anti-platelet Therapy is Important to Prevent Thrombosis of Drug-eluting Stent Until Neointima Formation
Ogasawara Nobuyuki, Ueda Yasunori, Hirotani Shinichi, Kashiwase Kazunori, Hirata Akio, Okada Katsuki, Murakawa Tomokazu, Nemoto Takayoshi, Matsui Machiko, Higo Tomoaki, Matsuo Koushi, Wada Noboru, Masumura Yuki, Kashiyama Tomokazu, Kodama Kazuhisa
Circulation Journal   72(Suppl.I) 25-25   Mar 2008
左冠動脈主幹部急性心筋梗塞に対しての当院での治療成績
松尾 浩志, 上田 恭敬, 廣谷 信一, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 平田 明生, 岡田 佳築, 根本 貴祥, 樫山 智一, 児玉 和久
日本集中治療医学会雑誌   15(Suppl.) 181-181   Jan 2008
血管内視鏡を用いた冠動脈内における黄色プラークの分布の評価
増村 雄喜, 小笠原 延行, 岡田 佳築, 松尾 浩志, 廣谷 信一, 柏瀬 一路, 平田 明生, 村川 智一, 根本 貴祥, 松井 万智子, 肥後 友彰, 樫山 智一, 和田 暢, 上田 恭敬, 児玉 和久
日本冠疾患学会雑誌   13(4) 391-391   Nov 2007
急性心筋梗塞に対する血液流動性の影響
松尾 浩志, 上田 恭敬, 廣谷 信一, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 平田 明生, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 肥後 友彰, 松井 万智子, 樫山 智一, 増村 雄喜, 和田 暢, 児玉 和久
日本冠疾患学会雑誌   13(4) 380-380   Nov 2007
急性心筋梗塞における冠動脈プラークの性状の解析(Virtual Histologyと内視鏡の対比)
小笠原 延行, 上田 恭敬, 廣谷 信一, 柏瀬 一路, 平田 明生, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 松井 万智子, 肥後 友彰, 松尾 浩志, 和田 暢, 増村 雄喜, 樫山 智一, 児玉 和久
日本冠疾患学会雑誌   13(4) 349-349   Nov 2007
急性冠症候群のマネージメント 血行再建〜合併症の予防と治療まで ACS治療における血管内視鏡の役割
松尾 浩志, 上田 恭敬, 岡田 佳築, 小笠原 延行, 廣谷 信一, 柏瀬 一路, 平田 明生, 村川 智一, 根本 貴祥, 肥後 友彰, 松井 万智子, 樫山 智一, 増村 雄喜, 和田 暢, 児玉 和久
日本冠疾患学会雑誌   13(4) 283-283   Nov 2007
カテーテル検査中に偶然に発見された大動脈解離の一例
小笠原 延行, 奥山 裕司, 柏瀬 一路, 平田 明生, 大森 洋介, 大藪 丈太, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 松井 万智子, 肥後 友彰, 松尾 浩志, 上田 恭敬, 児玉 和久
Circulation Journal   71(Suppl.III) 1003-1003   Oct 2007
拘留中に衝心脚気を発症した一症例
村川 智一, 奥山 裕司, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 平田 明生, 大森 洋介, 大藪 丈太, 岡田 佳築, 根本 貴祥, 松井 万智子, 肥後 友彰, 松尾 浩志, 上田 恭敬
Circulation Journal   71(Suppl.III) 997-997   Oct 2007
持続する心室頻拍により心内膜下梗塞に陥ったと考えられた肥大型心筋症の一例
肥後 友彰, 柏瀬 一路, 奥山 裕司, 小笠原 延行, 平田 明生, 大藪 丈太, 大森 洋介, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 松井 万智子, 松尾 浩志, 上田 恭敬
Circulation Journal   71(Suppl.III) 996-996   Oct 2007
冠静脈洞右心房開口部閉鎖の為左上大静脈遺残を介する左室側リード挿入を試みる必要があったCRT-D適応症例
松井 万智子, 奥山 裕司, 柏瀬 一路, 大藪 丈太, 大森 洋介, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 肥後 友彰, 松尾 浩志, 平田 明生, 小笠原 延行, 上田 恭敬
Circulation Journal   71(Suppl.III) 994-994   Oct 2007
スクリューインリードの植え込み時における、急性期のペーシング閾値の経時的変化
柏瀬 一路, 奥山 裕司, 平田 明生, 松井 万智子, 松尾 浩志, 肥後 友彰, 根本 貴祥, 村川 智一, 岡田 佳築, 小笠原 延行, 上田 恭敬
Circulation Journal   71(Suppl.III) 994-994   Oct 2007
気管内挿管を必要とする慢性心不全急性増悪に対し非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)が有効であった1症例
岡田 佳築, 上田 恭敬, 奥山 裕司, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 平田 明生, 大藪 丈太, 大森 洋介, 村川 智一, 根本 貴祥, 肥後 友彰, 松井 万智子, 松尾 浩志, 児玉 和久
Circulation Journal   71(Suppl.III) 992-992   Oct 2007
再発する急性心筋梗塞を認めた冠動脈拡張症の1症例
大森 洋介, 上田 恭敬, 小松 誠, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 松井 万智子, 肥後 友彰, 松尾 浩志
Circulation Journal   71(Suppl.III) 991-991   Oct 2007
緊急冠CTにて診断し得た不安定狭心症
松尾 浩志, 上田 恭敬, 奥山 裕司, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 平田 明生, 大森 洋介, 大藪 丈太, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 肥後 友彰, 松井 万智子
Circulation Journal   71(Suppl.III) 991-991   Oct 2007
陳旧性心筋梗塞に合併した難治性心室頻拍にクライオアブレーションが著効を示した1例
松井 万智子, 平田 明生, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 松尾 浩志, 肥後 友彰, 柏瀬 一路, 小笠原 延行, 廣谷 信一, 上田 恭敬, 児玉 和久
Journal of Cardiology   50(Suppl.I) 546-546   Aug 2007
当院におけるたこつぼ型心筋症の特徴
松井 万智子, 柏瀬 一路, 平田 明生, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 松尾 浩志, 肥後 友彰, 和田 暢, 増村 雄喜, 樫山 智一, 小笠原 延行, 廣谷 信一, 上田 恭敬, 児玉 和久
Journal of Cardiology   50(Suppl.I) 535-535   Aug 2007
患者教育によるワーファリン効果の安定化
根本 貴祥, 奥山 裕司, 廣谷 信一, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 平田 明生, 岡田 佳築, 村川 智一, 松井 万智子, 松尾 浩志, 肥後 友彰, 和田 暢, 増村 雄喜, 樫山 智一, 上田 恭敬, 児玉 和久
Journal of Cardiology   50(Suppl.I) 530-530   Aug 2007
当院での心機能障害を有する心肺停止症例の予後
肥後 友彰, 柏瀬 一路, 小笠原 延行, 平田 明生, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 松井 万智子, 松尾 浩志, 上田 恭敬, 児玉 和久
Journal of Cardiology   50(Suppl.I) 426-426   Aug 2007
心臓MRIによる冠攣縮性狭心症に伴う心筋傷害の評価
村川 智一, 廣谷 信一, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 平田 明生, 岡田 佳築, 根本 貴祥, 松井 万智子, 松尾 浩士, 肥後 友彰, 小松 誠, 上田 恭敬, 児玉 和久
Journal of Cardiology   50(Suppl.I) 373-373   Aug 2007
急性心筋梗塞患者における虚血性僧帽弁閉鎖不全の有無が長期予後にもたらす影響
柏瀬 一路, 肥後 友彰, 根本 貴祥, 松尾 浩志, 松井 万智子, 村川 智一, 岡田 佳築, 平田 明生, 小笠原 延行, 廣谷 信一, 上田 恭敬, 児玉 和久
Journal of Cardiology   50(Suppl.I) 291-291   Aug 2007
不安定プラークの観血的診断法 血管内視鏡による不安定プラークの定量的評価
岡田 佳築, 上田 恭敬, 奥山 裕司, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 平田 明生, 大薮 丈太, 大森 洋介, 村川 智一, 根本 貴祥, 肥後 友彰, 松井 万智子, 松尾 浩志, 児玉 和久
Journal of Cardiology   50(Suppl.I) 170-170   Aug 2007
若年者急性心筋梗塞のリスクファクターの特徴 血管内視鏡で見た若年者急性心筋梗塞の特徴
上田 恭敬, 岡田 佳築, 児玉 和久
日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集   39回 138-138   Jun 2007
ワーファリン内服患者への教育効果の検討
根本 貴祥, 奥山 裕司, 上田 恭敬, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 平田 明生, 大森 洋介, 大藪 丈太, 岡田 佳築, 村川 智一, 松井 万智子, 肥後 友彰, 松尾 浩志, 平山 篤志, 児玉 和久
Circulation Journal   71(Suppl.II) 922-922   Apr 2007
画像診断上、腫瘍との鑑別が困難であった心房中隔肥厚の一例
肥後 友彰, 柏瀬 一路, 奥山 裕司, 上田 恭敬, 小笠原 延行, 平田 明生, 大森 洋介, 大藪 丈太, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 松井 万智子, 松尾 浩志, 平山 篤志, 児玉 和久
Circulation Journal   71(Suppl.II) 920-920   Apr 2007
真性多血症患者の抗血小板治療中断にて再燃した急性冠症候群の一例
小笠原 延行, 上田 恭敬, 奥山 裕司, 柏瀬 一路, 平田 明生, 大森 洋介, 大藪 丈太, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 松井 万智子, 肥後 友彰, 松尾 浩志, 平山 篤志, 児玉 和久
Circulation Journal   71(Suppl.II) 918-918   Apr 2007
頸動脈エコー上の総頸動脈の内中膜複合体厚は冠動脈MDCT上のソフトプラーク数を反映する
大森 洋介, 奥山 裕司, 上田 恭敬, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 平田 明生, 大藪 丈太, 岡田 佳築, 村川 智一, 松井 万智子, 平山 篤志, 児玉 和久
Circulation Journal   71(Suppl.II) 917-917   Apr 2007
微小冠循環傷害による労作性狭心症を生じたと考えられる一例
林 峰子, 大森 洋介, 奥山 裕司, 上田 恭敬, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 大藪 丈太, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 松井 万智子, 平山 篤志, 児玉 和久
Circulation Journal   71(Suppl.II) 916-916   Apr 2007
右心不全で発症しUhl病が疑われた一症例
末吉 伸行, 大藪 丈太, 奥山 裕司, 上田 恭敬, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 大森 洋介, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 松井 万智子, 平山 篤志, 児玉 和久
Circulation Journal   71(Suppl.II) 913-913   Apr 2007
たこつぼ型心筋症による心不全に引き続いて脳梗塞を発症したと推定される一例
池田 絵梨子, 奥山 裕司, 上田 恭敬, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 平田 明生, 大藪 丈太, 大森 洋介, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 松井 万智子, 松尾 浩志, 肥後 友彰, 平山 篤志, 児玉 和久
Circulation Journal   71(Suppl.II) 912-912   Apr 2007
ピルジカイニドによりwide QRSを呈し心室頻拍が誘発された無症候性Brugada症候群の1例
平田 明生, 奥山 裕司, 上田 恭敬, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 大森 洋介, 大藪 丈太, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 松井 万智子, 松尾 浩志, 肥後 友彰, 平山 篤志, 児玉 和久
Circulation Journal   71(Suppl.II) 910-910   Apr 2007
noncontact mapping system(EnSite)が有効であった非持続性focal atrial tachycardiaの一例
松井 万智子, 奥山 裕司, 柏瀬 一路, 平田 明生, 上田 恭敬, 小笠原 延行, 大森 洋介, 大藪 丈太, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 肥後 友彰, 松尾 浩志, 平山 篤志, 児玉 和久
Circulation Journal   71(Suppl.II) 908-908   Apr 2007
血管内視鏡によって明らかなプラーク破綻像を認めなかった若年急性心筋梗塞症例
松尾 浩志, 上田 恭敬, 奥山 裕司, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 平田 明生, 大森 洋介, 大薮 丈太, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 松井 万智子, 肥後 友彰
Circulation Journal   71(Suppl.II) 904-904   Apr 2007
下壁誘導のみでのST上昇を認めたLAD閉塞による急性心筋梗塞の一例
矢野 雄飛, 大藪 丈太, 奥山 裕司, 上田 恭敬, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 大森 洋介, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 松井 万智子, 平山 篤志, 児玉 和久
Circulation Journal   71(Suppl.II) 904-904   Apr 2007
Process of Neointima Coverage Over Sirolimus Drug-Eluting Stent And Maturation In Anti-thrombogenic Potential
Ohyabu Jota, Ueda Yasunori, Okuyama Yuji, Ogasawara Nobuyuki, Kashiwase Kazunori, Hirata Akio, Ohmori Yosuke, Okada Katsuki, Murakawa Tomokazu, Nemoto Takayoshi, Higo Tomoaki, Matsui Machiko, Matsuo Koshi, Hirayama Atsushi, Kodama Kazuhisa
Circulation Journal   71(Suppl.I) 660-660   Mar 2007
Angioscopic Evaluation of Sirolimus Drug-eluting Stent At 12 Months After Implantation
Ohyabu Jota, Ueda Yasunori, Okuyama Yuji, Ogasawara Nobuyuki, Kashiwase Kazunori, Hirata Akio, Ohmori Yosuke, Okada Katsuki, Murakawa Tomokazu, Nemoto Takayoshi, Higo Tomoaki, Matsui Machiko, Matsuo Koshi, Hirayama Atsushi, Kodama Kazuhisa
Circulation Journal   71(Suppl.I) 657-657   Mar 2007
Superficial Fibro-Fatty Area Detected by Virtual Histology IVUS is Associated with Thrombus Detected by Angioscopy
Ogasawara Nobuyuki, Ueda Yasunori, Okuyama Yuji, Komatsu Sei, Kashiwase Kazunori, Hirata Akio, Ohmori Yosuke, Ohyabu Jota, Okada Katsuki, Murakawa Tomokazu, Nemoto Takayoshi, Matsui Machiko, Higo Tomoaki, Matsuo Horoshi, Hirayama Atsushi, Kodama Kazuhisa
Circulation Journal   71(Suppl.I) 599-599   Mar 2007
Long-term Effect of Standard Right Atrial Ablation for Atrioventricular Nodal Reentry with Earliest Activation in the Coronary Sinus
Okuyama Yuji, Kashiwase Kazunori, Ogasawara Nobuyuki, Hirata Akio, Matsui Machiko, Ohmori Yosuke, Ohyabu Jota, Okada Katsuki, Murakawa Tomokazu, Nemoto Takayoshi, Matsuo Koushi, Higo Tomoaki, Ueda Yasunori, Hirayama Atsushi, Kodama Kazuhisa
Circulation Journal   71(Suppl.I) 575-575   Mar 2007
Diabetes Mellitus is an Outstanding Risk Factor of Coronary Atherosclerosis Evaluated by Multi-detector Row Computed Tomography Even among Metabolic Syndrome
Ohmori Yosuke, Komatsu Sei, Murakawa Tomokazu, Ueda Yasunori, Okuyama Yuji, Ogasawara Nobuyuki, Kashiwase Kazunori, Hirata Akio, Ohyabu Jota, Okada Katsuki, Nemoto Takayoshi, Matsui Machiko, Higo Tomoaki, Matsuo Hiroshi, Hirayama Atsushi, Kodama Kazuhisa
Circulation Journal   71(Suppl.I) 560-560   Mar 2007
Prevalence of Coronary Plaque in Asymptomatic Volunteers with Metabolic Syndrome
Kashiwase Kazunori, Ogasawara Nobuyuki, Hirata Akio, Ohmori Yosuke, Ohyabu Jota, Okada Katsuki, Murakawa Tomokazu, Nemoto Takayoshi, Higo Tomoaki, Matsuo Koshi, Matsui Machiko, Ueda Yasunori, Okuyama Yuji, Hirayama Atsushi, Kodama Kazuhisa
Circulation Journal   71(Suppl.I) 560-560   Mar 2007
Impact of Ischemic Mitral Regurgitation on Long-term Mortality in Patients with Acute Myocardial Infarction
Kashiwase Kazunori, Ogasawara Nobuyuki, Hirata Akio, Ohmori Yosuke, Ohyabu Jota, Okada Katsuki, Murakawa Tomokazu, Nemoto Takayoshi, Higo Tomoaki, Matsuo Koshi, Matsui Machiko, Ueda Yasunori, Okuyama Yuji, Hirayama Atsushi, Kodama Kazuhisa
Circulation Journal   71(Suppl.I) 516-516   Mar 2007
Warfarin School: The Effectiveness of Patients Education for Warfarin Therapy
Nemoto Takayoshi, Okuyama Yuji, Ueda Yasunori, Ogasawara Nobuyuki, Kashiwase Kazunori, Hirata Akio, Ohmori Yosuke, Ohyabu Jota, Okada Katsuki, Murakawa Tomokazu, Matsui Machiko, Higo Tomoaki, Matsuo Koushi, Hirayama Atsushi, Kodama Kazuhisa
Circulation Journal   71(Suppl.I) 463-463   Mar 2007
Scoring System by Multi-slice Computed Tomography Angiography Can Determine Difficulty Level of Percutaneous Coronary Intervention of Chronic Total Occlusions
Ohmori Yosuke, Komatsu Sei, Ueda Yasunori, Murakawa Tomokazu, Ogasawara Nobuyuki, Ohyabu Jota, Kashiwase Kazunori, Hirata Akio, Okada Katsuki, Nemoto Takayoshi, Matsui Machiko, Higo Tomoaki, Matsuo Hiroshi, Okuyama Yuji, Hirayama Atsushi, Kodama Kazuhisa
Circulation Journal   71(Suppl.I) 404-404   Mar 2007
The Effect of Statin Treatment on the Regression of Yellow Plaque Detected by Angioscopy: Quantitative Analysis Using LCH Color Space
Okada Katsuki, Ueda Yasunori, Okuyama Yuji, Ogasawara Nobuyuki, Kashiwase Kazunori, Hirata Akio, Ohyabu Jota, Ohmori Yosuke, Murakawa Tomokazu, Nemoto Takayoshi, Matsui Machiko, Higo Tomoaki, Matsuo Koshi, Hirayama Atsushi, Kodama Kazuhisa
Circulation Journal   71(Suppl.I) 399-399   Mar 2007
Carotid Intima-media Thickness Reflects Coronary Artery Vulnerability
Ohmori Yosuke, Ueda Yasunori, Okuyama Yuji, Ogasawara Nobuyuki, Kashiwase Kazunori, Hirata Akio, Ohyabu Jota, Okada Katsuki, Murakawa Tomokazu, Nemoto Takayoshi, Matsui Machiko, Higo Tomoaki, Matsuo Hiroshi
Circulation Journal   71(Suppl.I) 375-375   Mar 2007
Stabilization of Non-culprit Vulnerable Yellow Plaques after the Onset of Acute Myocardial Infarction
Okada Katsuki, Ueda Yasunori, Okuyama Yuji, Ogasawara Nobuyuki, Kashiwase Kazunori, Hirata Akio, Ohyabu Jota, Ohmori Yosuke, Murakawa Tomokazu, Nemoto Takayoshi, Matsui Machiko, Higo Tomoaki, Matuo Koshi, Hirayama Atsushi, Kodama Kazuhisa
Circulation Journal   71(Suppl.I) 325-326   Mar 2007
Quantitative Analysis of Vulnerable Plaque Color Using LCH Color Space
Ueda Yasunori, Ogasawara Nobuyuki, Ohyabu Jota, Okada Katsuki, Okuyama Yuji, Kashiwase Kazunori, Ohmori Yosuke, Murakawa Tomokazu, Matsui Machiko, Nemoto Takayoshi, Matsuo Koushi, Higo Tomoaki, Hirayama Atsushi, Kodama Kazuhisa
Circulation Journal   71(Suppl.I) 174-174   Mar 2007
Analysis on Risk of Thrombosis at Coronary Plaque
Ueda Yasunori, Ogasawara Nobuyuki, Ohyabu Jota, Okada Katsuki, Okuyama Yuji, Kashiwase Kazunori, Ohmori Yosuke, Murakawa Tomokazu, Matsui Machiko, Nemoto Takayoshi, Matsuo Koushi, Higo Tomoaki, Hirayama Atsushi, Kodama Kazuhisa
Circulation Journal   71(Suppl.I) 161-161   Mar 2007
急性冠症候群発症前からのスタチン内服とST上昇および非ST上昇型急性冠症候群の頻度についての検討
岡田 佳築, 上田 恭敬, 奥山 裕司, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 平田 明生, 大薮 丈太, 大森 洋介, 平山 篤志, 児玉 和久
日本集中治療医学会雑誌   14(Suppl.) 283-283   Jan 2007
LCH色空間を用いた黄色プラーク色調の客観的評価法
上田 恭敬, 小笠原 延行, 大薮 丈太, 岡田 佳築, 平山 篤志, 児玉 和久
日本冠疾患学会雑誌   12(4) 366-366   Nov 2006
T2 Relaxation Mapを用いたMRIにおける冠動脈プラークの同定
村川 智一, 小松 誠, 上田 恭敬, 奥山 裕司, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 平田 明生, 大薮 丈太, 大森 洋介, 岡田 佳築, 根本 貴祥, 平山 篤志, 児玉 和久
日本冠疾患学会雑誌   12(4) 336-336   Nov 2006
Drug-eluting stent留置後1年での血管内視鏡所見
大薮 丈太, 上田 恭敬, 奥山 裕司, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 平田 明生, 大森 洋介, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 肥後 友彰, 松井 万智子, 松尾 浩志, 平山 篤志, 児玉 和久
日本冠疾患学会雑誌   12(4) 334-334   Nov 2006
心肺停止患者に対するbystander-CPRにより後遺症なく退院した1症例
青野 悟志, 大森 洋介, 奥山 裕司, 上田 恭敬, 小松 誠, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 平田 明生, 大藪 丈太, 岡田 佳築, 村川 智一, 松井 万智子
Circulation Journal   70(Suppl.III) 1228-1228   Oct 2006
大動脈弁置換術後に人工弁脱落を認めた1症例
根本 貴祥, 上田 恭敬, 奥山 裕司, 小松 誠, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 岡 崇史, 大森 洋介, 大藪 丈太, 岡田 佳築, 村川 智一, 松井 万智子, 大竹 重彰, 平山 篤志, 児玉 和久
Circulation Journal   70(Suppl.III) 1225-1225   Oct 2006
多発性転移性脳腫瘍にたこつぼ心筋症を合併した1症例
大森 洋介, 上田 恭敬, 奥山 裕司, 小松 誠, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 岡 崇史, 大藪 丈太, 岡田 佳築, 村川 智一, 松井 万智子, 平山 篤志, 児玉 和久
Circulation Journal   70(Suppl.III) 1222-1222   Oct 2006
植え込み型除細動器植え込み術を施行した41歳修正大血管転位症の1例
大藪 丈太, 奥山 裕司, 上田 恭敬, 小松 誠, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 岡 崇史, 大森 洋介, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 松井 万智子, 平山 篤志, 児玉 和久
Circulation Journal   70(Suppl.III) 1221-1221   Oct 2006
虚血性心筋症に合併した難治性心室頻拍の1症例
岡田 佳築, 奥山 裕司, 上田 恭敬, 小松 誠, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 岡 崇史, 大森 洋介, 大藪 丈太, 村川 智一, 根本 貴祥, 平山 篤志, 児玉 和久
Circulation Journal   70(Suppl.III) 1220-1220   Oct 2006
ファモチジン投与中にQT延長によるTorsades de pointesを発症した一例
小笠原 延行, 上田 恭敬, 奥山 裕司, 小松 誠, 柏瀬 一路, 岡 崇史, 大森 洋介, 大藪 丈太, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 松井 万智子, 平山 篤志, 児玉 和久
Circulation Journal   70(Suppl.III) 1220-1220   Oct 2006
左上大静脈遺残を合併した通常型房室結節回帰性頻拍の一例
奥山 裕司, 岡 崇史, 松井 万智子, 上田 恭敬, 小松 誠, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 大森 洋介, 大藪 丈太, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 平山 篤志, 児玉 和久, 水野 裕八
Circulation Journal   70(Suppl.III) 1220-1220   Oct 2006
心室頻拍発作を繰り返した左室後壁特発性憩室症の一症例
松尾 浩志, 奥山 裕司, 上田 恭敬, 小松 誠, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 大森 洋介, 大藪 丈太, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 松井 万智子, 肥後 友彰, 平山 篤志, 児玉 和久, 岡 崇史
Circulation Journal   70(Suppl.III) 1220-1220   Oct 2006
カテーテルアブレーションが有効であった冠静脈洞近位部起源心房頻拍の一例
松井 万智子, 奥山 裕司, 岡 崇史, 上田 恭敬, 小松 誠, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 大森 洋介, 大藪 丈太, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 平山 篤志, 児玉 和久, 水野 裕八
Circulation Journal   70(Suppl.III) 1219-1219   Oct 2006
待機的PCI中に心タンポナーデによるショックとなり、緊急手術にて心外膜に巨大血腫を認めた症例
柏瀬 一路, 上田 恭敬, 小笠原 延行, 大森 洋介, 大藪 丈太, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 松井 万智子, 奥山 裕司, 平山 篤志, 児玉 和久
Circulation Journal   70(Suppl.III) 1218-1218   Oct 2006
血管内視鏡のみによって不安定プラーク破綻を同定し得た1例
東 大里, 小松 誠, 上田 恭敬, 奥山 裕司, 小笠原 延行, 柏瀬 一路, 岡 崇史, 大森 洋介, 大藪 丈太, 岡田 佳築, 村川 智一, 根本 貴祥, 松井 万智子, 平山 篤志, 児玉 和久
Circulation Journal   70(Suppl.III) 1217-1217   Oct 2006
Integrated backscatter(IB)-IVUSで冠動脈プラークを診る
小松 誠, 上田 恭敬, 小笠原 延行, 岡田 佳築, 平山 篤志, 児玉 和久
INNERVISION   21(11) 72-75   Oct 2006
血管内超音波(intravascular ultrasound:IVUS)は、冠動脈内部の動脈硬化巣である冠動脈プラークを同定する方法である。IVUSの最近の進歩は著しく、integrated backscatter(IB)を利用して冠動脈プラーク組織性状を推定する"IB-IVUS"が実用化された。これについて、この原理に触れ、IB-IVUSを用いて検討した急性冠症候群と安定型労作性狭心症それぞれの臨床例について解説する。(著者抄録)