吉田 勝俊

J-GLOBALへ         更新日: 13/01/24 11:58
 
アバター
研究者氏名
吉田 勝俊
 
ヨシダ カツトシ
URL
http://www.mech.utsunomiya-u.ac.jp/~yoshidak/
所属
宇都宮大学
部署
大学院工学研究科 循環生産研究部門
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
1996年
 - 
1999年
宇都宮大学 助手
 
1999年
 - 
2004年
宇都宮大学 講師
 
2004年
 - 
2007年
宇都宮大学 助教授
 
2007年
   
 
- 宇都宮大学 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1996年
宇都宮大学 工学研究科 生産・情報工学
 

受賞

 
2002年
日本機械学会奨励賞(研究)
 

論文

 
Katsutoshi Yoshida, Yusuke Nishizawa
IJICIC, Vol.5, No.9, (2009), pp.2809-2818      2009年9月
We investigate bifurcation phenomena between slow and fast convergences of
synchronization errors arising in the proposed synchronization system
consisting of two identical nonlinear dynamical systems linked by a common
noisy input only. The numer...
Katsutoshi Yoshida, Atsushi Higeta, Shinichi Watanabe
International Journal of Innovative Computing, Information and Control, Vol.7, No.4, April 2011, pp.1661-1674      2009年9月
Coupled human balancing tasks are investigated based on both pseudo-neural
controllers characterized by time-delayed feedback with random gain and natural
human balancing tasks. It is shown numerically that, compared to single
balancing tasks, bal...
吉田 勝俊
日本機械学會論文集. C編   75(753) 1450-1456   2009年5月
A coupled inverted pendula model of competition and cooperation is proposed to obtain a purely mechanical implementation of dynamics comparable with the Lotka-Volterra competition dynamics. It is shown numerically that the proposed model can produ...
吉田 勝俊, 福田 徹
電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界   91(9) 837-845   2008年9月
力学系とその複製に共通のランダム外乱を加えると,両者の応答が同期する現象がある.このような同期状態への収束性の悪化を,統計的等価線形法を用いて定量的に特徴づけた.収束性が悪化する条件では非定常確率密度関数が多峰性を示すことを見出し,この多峰性を検出する手法として積率微分方程式を用いた.積率の周波数応答曲線と同期の平均収束時間を比較したところ,積率の跳躍点と収束性の悪化する条件がよく対応した.
吉田 勝俊, 横田 和隆, 渡辺 信一
日本機械学會論文集. C編   74(741) 1311-1316   2008年5月
A coupled inverted pendula model of competition and cooperation is proposed to obtain a purely mechanical implementation of dynamics comparable with the lotka-Volterra competition dynamics. It is shown numerically that the proposed model can descr...

Misc

 
渡邊 信一, 日下田 淳, 吉田 勝俊
Dynamics & Design Conference   2010 "229-1"-"229-4"   2010年9月
This paper studies dynamic behavior of driving belt system with periodic stiffness. we make a motion equation by the Lagrange equation. It is numerically shown the bifurcation diagram and the resonance diagram. we show the period-doubling bifurcat...
日下田 淳, 大高 勇樹, 吉田 勝俊
日本機械学会関東支部総会講演会講演論文集   2010(16) 197-198   2010年3月
The paper studies how to switch equilibriums of a nonlinear dynamical system by human manipulation. We first develop a bang-bang control technique to switch the equilibriums. Then, we perform an experiment in which human subjects manually produce ...
中塚 亜樹, 吉田 勝俊
日本機械学会関東支部ブロック合同講演会講演論文集   2009 33-34   2009年9月
大高 勇樹, 吉田 勝俊
日本機械学会関東支部ブロック合同講演会講演論文集   2009 283-284   2009年9月
吉田 勝俊, 日下田 淳
Dynamics & Design Conference   2009 "428-1"-"428-6"   2009年8月
Coupled human balancing tasks are investigated based on both pseudo-neural controllers of time-delayed feedback controllers with random gain and natural human balancing tasks. It is shown numerically that being compared with single balancing tasks...

書籍等出版物

 
短期集中 振動論と制御理論 (工学系の数学入門)
日本評論社   2003年   ISBN:4535783691
短期集中 解くための材料力学 (工学系の数学入門)
日本評論社   2003年   ISBN:4535783853

競争的資金等の研究課題

 
対戦的な競合・協調を模擬する非線形力学系の構成とその応用
研究期間: 2005年   
生態系の競争方程式と類似の非線形ダイナミクスを発現し,なおかつ全てのパラメータが機械工学的に同定可能であるような,非線形力学系の構成方法を見出し,その非線形応答を解明する.介護・介助におけるバランス動作の解明に役立てる.
多重安定系の平衡点推移をはかる手動作の検出と非線形解析
研究期間: 2006年   
人間-人間,人間-機械,機械-機械などの協調動作を,多重安定系の平衡点推移として捉える方法を提案する.被験者を用いた協調実験を行い,そのときの手動入力を検出し,その特徴を分岐理論やカオス理論などの非線形解析手法によって解明する.
車載用空調系の非線形力学と制御
共同研究
研究期間: 2004年   
可変容量コンプレッサの斜板の3次元回転運動を考慮した小自由度の解析モデルを導出し,非線形解析手法によって,運動状態の変化を分岐現象として特徴づける.それに基づく動的設計法,最適制御法を考案する.
車両運動の非線形力学と制御
共同研究
研究期間: 2007年   

特許

 
眼球動特性の測定方法およびその装置
特開2003-126039