河原康一

J-GLOBALへ         更新日: 18/01/04 19:24
 
アバター
研究者氏名
河原康一
 
カワハラ コウイチ
URL
http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~moloncl2/index.html
所属
鹿児島大学
部署
医歯(薬)学総合研究科
職名
講師
学位
博士(理学)(大阪大学)

研究分野

 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
鹿児島大学 医歯(薬)学総合研究科 講師
 
2007年5月
 - 
2012年3月
九州大学 生体防御医学研究所 助教
 
2005年4月
 - 
2007年4月
秋田大学 医学部分子医科学 助教
 
2003年10月
 - 
2005年3月
カリフォルニア大学サンディエゴ校 神経科学部門 客員研究員
 
2000年4月
 - 
2005年3月
ウェルファイド株式会社 研究員
 

学歴

 
 
 - 
2000年3月
大阪大学大学院 理学研究科 生物科学専攻 後期博士課程修了
 

委員歴

 
2013年3月
 - 
現在
南九州腫瘍研究会   幹事
 

受賞

 
2015年6月
日本がん分子標的治療学会 優秀演題賞
 
2010年2月
がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動 優秀口演賞 個体レベルでの支援活動 ワークショップ
 
2012年2月
宮崎サイエンスキャンプ 最優秀賞 第8回宮崎サイエンスキャンプ
 

論文

 
核小体によるp53制御とがん治療薬開発の新展開
河原康一
実験医学   35(14) 2365-2367   2017年9月   [招待有り]
Tabata S, Yamamoto M, Goto H, Hirayama A, Ohishi M, Kuramoto T, Mitsuhashi A, Ikeda R, Haraguchi M, Kawahara K, Shinsato Y, Minami K, Saijo A, Hanibuchi M, Nishioka Y, Sone S, Esumi H, Tomita M, Soga T, Furukawa T, Akiyama SI.
Cell Reports   19(7) 1313-1321   2017年5月   [査読有り]
Filamin C promotes lymphatic invasion and lymphatic metastasis and increases cell motility by regulating Rho GTPase in esophageal squamous cell carcinoma.
Tanabe K, Shinsato Y, Furukawa T, Kita Y, Hatanaka K, Minami K, Kawahara K, Yamamoto M, Baba K, Mori S, Uchikado Y, Maemura K, Tanimoto A, Natsugoe S
Oncotarget   8(4) 6353-6363   2017年1月   [査読有り]
Moinuddin FM, Shinsato Y, Komatsu M, Mitsuo R, Minami K, Yamamoto M, Kawahara K, Hirano H, Arita K, Furukawa T
Oncotarget   7(16) 22779-22790   2016年4月   [査読有り]
核小体ストレス応答機構による腫瘍化進展制御と抗がん治療戦略
河原康一
JAMTTC News Letter   19(2)    2015年9月   [招待有り]
核小体ストレス応答と腫瘍化進展制御―新たな抗がん治療薬開発を目指して
河原康一、古川龍彦
医学のあゆみ   254(5) 375-381   2015年8月   [招待有り]
Minami K, Shinsato Y, Yamamoto M, Takahashi H, Zhang S, Nishizawa Y, Tabata S, Ikeda R, Kawahara K, Tsujikawa K, Chijiiwa K, Yamada K, Akiyama S, Pérez-Torras S, Pastor-Anglada M, Furukawa T, Takeda Y
J Pharmacol Sci   127(3) 319-325   2015年3月   [査読有り]
Murata Y, Kotania T, Supriatn Y, Kitamura Y, Imada S, Kawahara K, Nishio M, Daniwijay E.D, Sadakata H, Kusakari S, Mori M, Kanazawa Y, Saito Y, Okawa K, Takeda-Morishita M, Okazawa H, Ohnishi H, Azuma T, Suzuki A, and Matozaki T
Proc. Natl. Acad. Sci. USA   112(31) 4264-4271   2015年   [査読有り]
Expression of ABCB6 Is Related to Resistance to 5-FU, SN-38 and Vincristine
Minami K, Kamijo Y, Nishizawa Y, Tabata S, Horikuchi F, Yamamoto M, Kawahara K, Shinsato Y, Tachiwada T, Chen ZS, Tsujikawa K, Nakagawa M, Seki N, Akiyama S, Arima K, Takeda Y, Furukawa T
Anticancer Res   34(9) 4767-4773   2014年9月   [査読有り]
Maehama T, Kawahara K, Nishio M, Suzuki A, Hanada K
The Journal of biological chemistry   289 20802-20812   2014年7月   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
細胞分裂を監視する核小体ストレス応答の生体イメージングと癌治療応用
日本学術振興会: 科学技術研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 河原康一
核小体を起点とした分裂期チェックポイント機構の解明と新規抗癌剤の開発
新日本先進医療研究財団 : 研究助成金
研究期間: 2016年12月 - 2017年12月    代表者: 河原康一
日本学術振興会: 科学技術研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 河原康一
がん抑制遺伝子p53を制御する新規ストレス応答機構を標的とした抗がん治療薬の開発
一般財団法人島原科学振興会: 研究助成金 
研究期間: 2014年12月 - 2015年11月    代表者: 河原康一
p53を制御する新たなストレス応答を活用したがん治療薬の探索研究
日本医療研究開発機構(AMED): 創薬総合支援事業
研究期間: 2015年9月       代表者: 河原康一

特許

 
特願2016-172195 : 抗がん剤の感受性及び癌の予後に対する診断マーカー
河原康一、古川龍彦、下川倫子、川畑拓斗、白石岳大、濱崎研悟
米国Provisional 特許 62/165548 : Combination of polypeptides for screening for agents to induce nucleolar stress response and screening method
Kawahara K, Furukawa T, Arima K, Kamijo Y, Horikuchi F
特願2013-217200 : 核小体ストレス応答を利用した抗腫瘍薬のスクリーニング系の提供
河原 康一, 古川 龍彦, 有馬 一成, 上條 陽平, 堀口 史人
特願2003-181684 : 輸送ポリペプチドのスクリーニング方法
宇野 修正, 中久保 史, 河原 康一, 安藤 雅光, 上出 佳永子, 内藤 幸嗣, 白鳥 美和, 江口 睦志

社会貢献活動

 
自然科学(生物)
【講師】  鹿児島工業高等専門学校  2015年7月 - 現在
【司会, 運営参加・支援】  南九州腫瘍研究会  2012年 - 現在
SSHスーパーサイエンスIII(池田学園高校)
【講師, 助言・指導】  2012年 - 現在
がんはなぜ起こるのか
【講師】  鹿児島指宿高校  2016年7月25日
第4回がんと代謝研究会 in 鹿児島
【運営参加・支援】  がんと代謝研究会  2016年7月7日 - 2016年7月8日
がんはなぜ起こるのか
【講師】  鹿児島純心女子高校  2015年12月14日
がんはなぜ起こるのか
【講師】  鹿児島中央高校  2015年7月31日