共同研究・競争的資金等の研究課題

2018年4月 - 2021年3月

欧州における日本のポップカルチャー・イベントの形成・発展プロセスに関する研究

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

課題番号
18K11875
体系的課題番号
JP18K11875
担当区分
研究代表者
配分額
(総額)
4,420,000円
(直接経費)
3,400,000円
(間接経費)
1,020,000円
資金種別
競争的資金

本研究課題は、これまでの研究で導出された、国内外で開催されるジャパニーズ・ポップカルチャー・イベント(JPCE)の形成発展のパターン(新規来場者群を取り込んでいくインタラクション型と、新たな来場者と既存の来場者とのインタラクションを創出するプラットフォーム型)に加えて、新たなパターンを抽出しモデルを精緻化することを目的とする。
平成30年度は、JPCEの有力コンテンツの一つになっているコスプレに注目し、ワールドコスプレサミットが開催される大須商店街と名古屋市役所の担当部署へのインタビュー調査を行い、観光とJPCEイベントのヴェニュー運営者に対するデータを収集した。
11月のスペイン・バルセロナで開催されたSalon del manga(SDM)視察に際しては、主催者であるFicomic社に加えて、出展者である現地出版社、日本のコンテンツをスペイン語圏に紹介しているエージェント、日本カタルーニャ友好親善協会、在カタルーニャ総領事への聞き取り調査を実施することができた。
SDMは元来アメリカン・コミックのイベントとして始まり、マンガを導入することで大きく成長したイベントである。これまでに調査したJPCEとは異なり出版社が主体となり運営しているが、バルセロナにおける日本関連の一大イベントとしての評価を得ており、新たな形成・発展パターンを導出できる可能性が高い。
今年度の成果として特記しておくべきことは、海外の研究者からインタビュー調査を受けたことである。一件目はリスボン大学でコンテンツ・ツーリズム研究を行っている博士課程の大学院生で、二件目は韓国対外経済政策研究院の経済政策担当研究員である。前者は日独産業協会に掲載した英文のエッセイ、後者は2017年に公表した学術論文をきっかけとして来た依頼であるが、JPC、JPCE関連情報への関心が高まっていることの証左ではないだろうか。

リンク情報
KAKEN
https://kaken.nii.ac.jp/grant/KAKENHI-PROJECT-18K11875
ID情報
  • 課題番号 : 18K11875
  • 体系的課題番号 : JP18K11875

この研究課題の成果一覧

論文

  2

MISC

  2

書籍等出版物

  3

講演・口頭発表等

  2