KAWASHIMA Motoko

J-GLOBAL         Last updated: Mar 26, 2019 at 14:17
 
Avatar
Name
KAWASHIMA Motoko
E-mail
motoko-ka3.keio.jp
Affiliation
Keio University
Section
School of Medicine
Job title
Assistant Professor

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1998
Faculty of Medicine, Keio University
 

Awards & Honors

 
2016
Dry eye high impact factor silver award
 

Published Papers

 
Matsuguma S, Kawashima M, Uchino M, Tsubota K
American journal of ophthalmology case reports   12 91-92   Dec 2018   [Refereed]
Kawashima M
Investigative ophthalmology & visual science   59(14) DES138-DES142   Nov 2018   [Refereed]
Ayaki M, Tsubota K, Kawashima M, Kishimoto T, Mimura M, Negishi K
Investigative ophthalmology & visual science   59(14) DES143-DES150   Nov 2018   [Refereed]
Uchino M, Uchino Y, Kawashima M, Yokoi N, Tsubota K
Cornea   37 Suppl 1 S62-S66   Nov 2018   [Refereed]
Uchino M, Kawashima M, Uchino Y, Suzuki N, Mitamura H, Mizuno M, Hori Y, Yokoi N, Tsubota K
The ocular surface   16(4) 430-435   Oct 2018   [Refereed]
Aketa N, Shinzawa M, Kawashima M, Dogru M, Okamoto S, Tsubota K, Shimazaki J
Eye & contact lens      Sep 2018   [Refereed]
Onomura S, Kawashima M, Aketa N, Kondo S, Tsubota K
Translational vision science & technology   7(5) 18   Sep 2018   [Refereed]
Ayaki M, Kawashima M, Uchino M, Tsubota K, Negishi K
International journal of ophthalmology   11(2) 301-307   2018   [Refereed]
Inoue S, Kawashima M, Hiratsuka Y, Nakano T, Tamura H, Ono K, Murakami A, Tsubota K, Yamada M
Scientific reports   8(1) 12032   Aug 2018   [Refereed]
Shigeyasu C, Yamada M, Kawashima M, Suwaki K, Uchino M, Hiratsuka Y, Yokoi N, Tsubota K, DECS-J study group.
Health and quality of life outcomes   16(1) 170   Aug 2018   [Refereed]

Misc

 
【老年医学(下)-基礎・臨床研究の最新動向-】 高齢者の臓器別疾患 眼疾患 ドライアイ
川島 素子
日本臨床   76(増刊7 老年医学(下)) 197-202   Aug 2018
医学・医療のトピックス アンチエイジングへの挑戦 加齢と眼疾患 キーワードはアンチエイジング!
明田 直彦, 川島 素子
日本耳鼻咽喉科学会会報   121(7) 853-860   Jul 2018
眼科領域の多くの疾患は加齢によってその罹患率が上昇する。加齢によって誰もが罹患する疾患の代表例は白内障であり、その予防には紫外線対策や生活習慣の改善が重要と考えられている。進行した白内障に対しては、白内障手術によって濁った水晶体を眼内レンズに置き換えることで、視力のみならず運動機能や認知機能の改善が実現できる。つまり、白内障は治療することによって患者を若返らせることができる数少ない疾患と言える。ほかに加齢に関連する疾患に加齢黄斑変性があり、進行すると主に中心視力の低下を招き、Quality...
【眼科に役立つサプリメント】 ドライアイサプリメント
井上 佐智子, 川島 素子
あたらしい眼科   35(6) 753-759   Jun 2018
視覚障害の疾病負担についての検討 両眼性と片眼性の比較
朝井 知佳子, 小川 佳子, 川島 素子, 平塚 義宗, 山田 昌和
眼科臨床紀要   10(11) 891-896   Nov 2017
目的:視覚障害の疾病負担について日常生活機能(quality of life:QOL)と効用値の評価を行い、視力の程度との関連、両眼性と片眼性の違いを比較検討した。対象および方法:視覚障害の疾病負担に関する多施設共同研究に登録された233例中、片眼または両眼に視覚障害を有する158例(男性82例、女性76例、平均年齢69.9±13.2歳)を対象とした。視覚関連QOL調査票としてVFQ-25、VFQ-11、効用値の評価としてTime Trade Off(TTO)、EQ-5Dを施行した。対象を...
ウサギ水疱性角膜症モデルにおける上皮増殖能の亢進
比嘉 一成, 内野 裕一, 川島 素子, 島崎 潤, 坪田 一男, 榛村 重人
日本眼科学会雑誌   121(6) 455-463   Jun 2017
目的:長期にわたる水疱性角膜症(long-standing BK)では輪部機能不全を来す症例が存在する.その原因として上皮細胞の増殖能が亢進している可能性を調べるため,水疱性角膜症(BK)家兎モデルを作製し,角膜上皮の増殖能を解析する.方法:ウサギBKモデルは逆Shinskeyフックを用いてcontinuous curvilinear descemetorhexis(CCD)により角膜内皮およびDescemet膜を隔離し作製した.CCD直後から経日的変化を観察し,角膜上皮の増殖能を5-br...

Conference Activities & Talks

 
KAWASHIMA Motoko
Asia Dry Eye Summit 2018   16 Nov 2018   
Cornea and Ocular Surface “Microbiome-oriented Supplements for the Treatment of Dry Eye [Invited]
KAWASHIMA Motoko
XXII Biennial Meeting of the International Society for Eye Research   28 Sep 2016   
田邊 裕貴, 海道 美奈子, 川島 素子, 石田 玲子, 坪田 一男
日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集   Jun 2016   
朝井知佳子, 小川佳子, 川島素子, 平塚義宗, 山田昌和, 山田昌和
眼科臨床紀要   15 Mar 2016   
ブ ホアンビエトチ, 川島素子, 山田昌和, 重安千花, 横井則彦, 洲脇和久, 平塚義宗, 坪田一男
日本眼科学会雑誌   2 Mar 2016