深津 佳世子(佐々木佳世子)

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/07 17:49
 
アバター
研究者氏名
深津 佳世子(佐々木佳世子)
 
フカツ カヨコ
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/70338903.ja.html
所属
共立女子大学
部署
家政学部・食物栄養学科
職名
教授
学位
博士(医学)(筑波大学), 修士(医科学)(筑波大学)
科研費研究者番号
70338903

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
共立女子大学大学院 家政学研究科 教授
 
2018年4月
 - 
現在
共立女子大学 家政学部 教授
 
2015年4月
 - 
2018年3月
茨城キリスト教大学大学院 生活科学研究科 准教授
 
2013年4月
 - 
2018年3月
茨城キリスト教大学 生活科学部 准教授
 
2010年4月
   
 
つくば国際大学 保健栄養学科 非常勤講師
 
2009年11月
   
 
和洋女子大学 健康栄養学類 非常勤講師
 
2009年4月
   
 
山形大学 農学部 客員准教授
 
2006年1月
   
 
(独)産業技術総合研究所 招聘研究員
 
2005年4月
   
 
戸板女子短期大学 食物栄養科 助教授
 
2001年3月
   
 
東京慈恵会医科大学 医学部 助手
 
1998年4月
   
 
日本学術振興会特別研究員(DC1)
 
1996年4月
   
 
茨城県立医療大学 人間科学センター 助手
 
1990年4月
   
 
武田薬品工業(株) フードビタミン研究所
 

学歴

 
2001年3月
   
 
筑波大学大学院 博士課程 医学部 医学研究科 生化系専攻(基礎医学系・生化学研究室所属)修了
 

論文

 
Lack of association between mitochondrial gene mutation np 3243 and type 1 diabetes mellitus and autoimmune thyroid diseases.
Odawara M, Sasaki K, Nagafuchi S, Tanae A, Yamashita K
Lancet   344 1086   1994年10月   [査読有り]
Selection of primers for detection of A to G mutation at nucleotide 3243 of the mitochondrial gene.
Odawara M, Sasaki K, Tachi Y, Yamashita K
Diabetologia   38 377-378   1995年3月   [査読有り]
Odawara M, Sasaki K, Yamashita K
The Journal of clinical endocrinology and metabolism   80 1290-1294   1995年4月   [査読有り]
Odawara M, Sasaki K, Yamashita K
Lancet   348 896-897   1996年9月   [査読有り]
Odawara M, Sasaki K, Yamashita K
Biochemical and biophysical research communications   227(1) 147-151   1996年10月   [査読有り]
Odawara M, Sasaki K, Tachi Y, Yamashita K
Diabetologia   41(3) 365-366   1998年3月   [査読有り]
Kinetics of hydrogen peroxide elimination by human umbilical vein endothelial cells in culture.
Sasaki K, Bannai S, Makino N
Biochimica et biophysica acta   1380 275-288   1998年4月   [査読有り]
Interactions of nitric oxide and oxygen in cytotoxicity: proliferation and antioxidant enzyme activities of endothelial cells in culture.
Hashida K, Sasaki K, Makino N
Free radical research   33 147-156   2000年8月   [査読有り]
Sasaki K, Hashida K, Michigami Y, Bannai S, Makino N
Biochemical and biophysical research communications   289(3) 664-669   2001年12月   [査読有り]
Yoshida H, Sasaki K, Hirowatari Y, Kurosawa H, Sato N, Furutani N, Tada N
Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry   345(1-2) 161-170   2004年7月   [査読有り]
Makino N, Sasaki K, Hashida K, Sakakura Y
Biochimica et biophysica acta   1673(3) 149-159   2004年8月   [査読有り]
Sasaki-Fukatsu K, Koga R, Nikoh N, Yoshizawa K, Kasai S, Mihara M, Kobayashi M, Tomita T, Fukatsu T
Applied and environmental microbiology   72(11) 7349-7352   2006年11月   [査読有り]
Fukatsu T, Koga R, Smith WA, Tanaka K, Nikoh N, Sasaki-Fukatsu K, Yoshizawa K, Dale C, Clayton DH
Applied and environmental microbiology   73(20) 6660-6668   2007年10月   [査読有り]
Impact of Exercise and Nutrition on Bone Mass
Yoichi Tachi, Yuri Sakamoto, Akiko Koike, Kayoko Sasaki-Fukatsu, Kaoruko Iida, Tetsuro Kita and Pao-Li
Journal of Hard Tissue Biology   26(4) 381-385   2017年10月   [査読有り]

Misc

 
Fukatsu Takema, Koga Ryuichi, Smith Wendy A., Tanaka Kohjiiro, Nikoh Naruo, Sasaki-Fukatsu Kayoko, Yoshizawa Kazunori, Dale Colin, Clayton Dale H.
Applied and Environmental Microbiology   73(20) 6660-6668   2007年10月
The current study focuses on a symbiotic bacterium found in the slender pigeon louse, Columbicola columbae (Insecta: Phthiraptera). Molecular phylogenetic analyses indicated that the symbiont belongs to the gamma subdivision of the class Proteobac...
FUKATSU Takema, KOGA Ryuichi, SMITH Wendy A., TANAKA Kohjiiro, NIKOH Naruo, SASAKI‐FUKATSU Kayoko, YOSHIZAWA Kazunori, DALE Colin, CLAYTON Dale H.
Appl Environ Microbiol   73(20) 6660-6668   2007年10月
深津武馬, 古賀隆一, 深津(佐々木)佳世子, 二河成男, 吉澤和徳, 三原實, 葛西真治, 小林睦夫, 富田隆史
日本動物学会大会要旨集   78th 38   2007年8月
深津 武馬, 古賀 隆一, 深津(佐々木) 佳世子, 二河 成男, 吉澤 和徳, 三原 實, 葛西 真治, 小林 睦生, 富田 隆史, Smith Wendy, Dale Colin, Clayton Dale
日本応用動物昆虫学会大会講演要旨   (51)    2007年3月
深津武馬, 古賀隆一, 深津(佐々木)佳世子, 二河成男, 吉澤和徳, 三原實, 葛西真治, 小林睦生, 富田隆史, SMITH Wendy, DALE Colin, CLAYTON Dale
日本応用動物昆虫学会大会講演要旨   51st 133   2007年3月

書籍等出版物

 
羊土社   2016年12月   ISBN:4758113505
羊土社   2014年11月   ISBN:4758108781
羊土社   2012年11月   ISBN:4758108749
中外医学社   2003年2月   ISBN:4498124200

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
βアミノイソ酪酸は、がん病態に対する新規抑制因子となりうるか?
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤(C))
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 深津 佳世子(佐々木佳世子)
生活習慣病におけるmicroRNAのバイオマーカーとしての意義に関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤(C))
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 鈴木 浩明
がんの補完代替療法における科学的根拠に基づくアプローチ〜栄養学的・心理学的手法を用いて〜
茨城キリスト教大学: プロジェクト研究助成金A
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 深津 佳世子(佐々木佳世子)
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 深津 佳世子(佐々木佳世子)
糖尿病性血管障害の発症に関わる未知の機構を解明し防御に役立てることを目的とした本研究において、初年度である平成24年度には、まず培養ヒト臍帯静脈内皮細胞(HUVEC)および培養ヒト腎メサンギウム細胞(HRMC)を用いて、糖尿病モデルとしての高濃度グルコースによる細胞障害の安定的な培養系を確立した。培養HUVECを用いた糖尿病性血管障害の研究は、高グルコース毒性の発現を再現できないことが大きな障害となっていたが、研究代表者は既にその原因を発見して来ており、今年度は継代培養HUVEC・HRMC...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2006年 - 2009年    代表者: 深津佳世子(佐々木佳世子)
糖尿病性血管障害に関わる新規原因因子の解明のために、培養ヒト血管内皮細胞を用いて検討を行った。高グルコース障害を来した生細胞において、グルタチオン系抗酸化能が顕著に低下していることを発見し、この低下の原因がグルタチオン自体の糖化である可能性を見いだした。グルタチオンのN位とS位がそれぞれ糖化された2化合物を、糖尿病性血管障害発症に関わる可能性を持つ新規分子として初めて合成し、グルタチオン系抗酸化酵素補酵素活性が低下していることを確認した。今後、更なる知見が得られれば、実際の医療現場へ影響を...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 佐々木 佳世子
培養血管内皮細胞および培養腎メサンギウム細胞を用いて,高グルコース(HG)による細胞障害における酸化的ストレスおよびアポトーシスの関与について研究を行うにあたり,まず1)HG毒性に感受性となる培養系を作製し,2)HG負荷による細胞死がアポトーシスによるものであるかを確認し,更に3)HGによる細胞障害機序を検討している。1)一般に培養血管内皮細胞の酸素毒性感受性は不安定であるが、その原因が鉄含量の変化に関係あるのではないかと考え,ヒト臍帯静脈内皮細胞(HUVEC)の継代培養細胞中の鉄含量と酸...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 北村 正敬
本研究では糸球体内細胞移植の技術を用い、血管幹細胞・前駆細胞を障害糸球体内に移植するとともに、遺伝子導入フィーダー細胞を用いて血管系の再構築に適した内部環境を整え、失われた細小血管系の再生を目指した。具体的には、間葉系幹細胞等の血管前駆細胞と、血管形成促進因子を遺伝子導入したフィーダーメサンギウム細胞とを、腎動脈より血行性に糸球体内に移植し、硬化の途上にある糸球体の血管網を再生させることが出来るかどうかを検討した。その結果、以下の知見を得た。1.フィーダー細胞を作製するため、インブレッドラ...
糖尿病性血管障害におけるアポトーシスの発生メカニズムとその防御
東京慈恵会医科大学: スタートアップ研究費
研究期間: 2001年11月 - 2003年2月    代表者: 佐々木佳世子
酸化的ストレスによる血管障害とその防御
文部科学省: 科学研究費補助金(日本学術振興会特別研究員)
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月    代表者: 佐々木佳世子