高嶋佳代

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/10 22:45
 
アバター
研究者氏名
高嶋佳代
所属
東京大学

研究分野

 
 

経歴

 
2013年7月
 - 
現在
東京大学医科学研究所 公共政策研究分野 特任研究員
 
2012年5月
 - 
2013年6月
東京大学 大学院医学系研究科 医療倫理学分野 特任助教
 
2011年4月
 - 
2013年3月
慶應義塾大学医学部 クリニカルリサーチセンター 特任助教
 
2009年11月
 - 
2010年8月
Richmond Pharmacology Ltd(英国) Study Manager
 
2009年5月
 - 
2009年11月
Richmond Pharmacology Ltd (英国) Graduate Program in Clinical Research Clinical Research Assistant (QC) and Clinical Trial Assistant
 
2007年4月
 - 
2007年5月
東邦大学 老年看護 非常勤講師
 
2006年12月
 - 
2007年2月
National Hospital Organization Tokyo Medical Centre Research Centre Associate Researcher
 
 
 - 
2005年5月
三井記念病院 内科病棟 看護師
 

学歴

 
2007年9月
 - 
2008年9月
University of Kent (UK) LLM. in Medical Law and Ethics 
 
1999年10月
 - 
2006年3月
慶應義塾大学 文学部 哲学類
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
国立大学法人 東北大学  臨床研究審査委員会
 
2018年1月
 - 
現在
国立研究開発法人 産業技術総合研究所  生命倫理委員会委員 / 人由来試料実験部会委員
 
2017年4月
 - 
現在
「研究データの信頼性確保を中心としたモデル教材開発並びに教育機能と評価尺度を備えた履修管理システムの構築(瀬戸山班)」研究構成高度化モデル開発支援事業(AMED)  外部評価委員
 
2016年8月
 - 
現在
首都大学東京  荒川キャンパス研究安全倫理委員会委員・アドバイザー
 
2015年6月
 - 
現在
京都府公立大学法人 京都府立医科大学  特定認定再生医療等委員会
 
2014年6月
 - 
2016年3月
日本骨髄バンク  データ・試料管理委員会
 
2013年10月
 - 
2018年3月
国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター  倫理委員会 / ヒトES細胞研究倫理審査委員会
 
2013年11月
 - 
2015年11月
国立大学法人 信州大学 医学部  医倫理審査委員会/遺伝子解析倫理委員会/ヒトES細胞研究倫理委員会/先端医療専門小委員会
 

論文

 
小児への再生医療臨床試験の倫理的課題
高嶋佳代,武藤香織
周産期医学   48(7) 783-787   2018年7月   [招待有り]
再生医療研究における倫理的課題―研究対象者保護を中心に
高嶋佳代、武藤香織
Clinical Neuroscience   36(3) 373-376   2018年3月
Kayo Takashima, Yusuke Inoue, Shimon Tashiro, Kaori Muto
Regenerative Medicine      2017年12月   [査読有り]
これからの倫理審査委員会を考える-「臨床研究に係る制度の在り方に関する検討会」における報告書の提言を手がかりに
高嶋佳代 武藤香織
日本臨床試験学会誌   43(s1) 22-6   2015年5月
岡本幸恵 高嶋佳代, 高橋洋美, 長田鮎美, 安部崇子, 佐藤登貴江, 宮下光令
日本看護学会   34th 252-254   2003年   [査読有り]

Misc

 
倫理審査受委託システム導入における課題とその克服
吉田雅幸,武藤香織、田代志門、山下紀子、高嶋佳代、江花有亮、甲畑宏子
平成 27 年度日本医療研究開発機構医薬品等規制調和・評価研究事業 「治験活性化に資する GCP の運用等に関する研究」分担      2016年
英国における倫理審査委員会の標準業務手順書
井上悠輔 髙嶋佳代 田代志門 丸 祐一 武藤香織
文部科学省 科学技術試験研究委託事業 「次世代がん研究シーズ戦略的育成プログラム」 研究倫理支援ユニット ・英国研究倫理政策研究班      2015年3月
再生医療研究における結果返却の問題〜感染症の結果返却に関して
高嶋佳代
エレンクライトンと語る若手研究者の会 記録集      2014年11月   [依頼有り]
若月芳雄, 向原圭, 佐土原道人, 原田博雅, 川島篤志, 金城紀与史, 鈴木將玄, 山本亮, 小崎真規子, 坂本沙弥香, 多田理恵, 高嶋佳代
脆弱高齢者・終末期患者への診療に関する判断、および診療行為の質の評価と改善に関する研究 平成18年度 総括・分担研究報告書   104-112   2007年

書籍等出版物

 
医学・生命科学の研究倫理ハンドブック
神里 彩子, 武藤 香織 (編) (担当:分担執筆, 範囲:レクチャー8 幹細胞研究の倫理)
東京大学出版会   2015年10月   

講演・口頭発表等

 
To tweet or not to tweet: ethical considerations in asking participants not to tweet their stem cell clinical trial experiences during the research period
Kayo Takashima, Kaori Muto
International Society for Stem Cell Research Annual meeting   2018年6月20日   
研究倫理に関わる歴史と政策動向 [招待有り]
高嶋佳代
順天堂大学   2018年9月10日   
新しい治療法を一緒につくっていくために [招待有り]
高嶋佳代
SJS患者会   2018年6月9日   
Engaging with people and publics about new biotechnologies: where are we at? [招待有り]
Workshop on Stem Cell Futures: Exploring the Role of Digital and Social Media Engagement. (Edinburgh University)   2018年4月16日   
再生医療における倫理 [招待有り]
高嶋佳代
日本再生医療学会第5回再生医療資格認定セミナー   2018年3月24日   
再生医療におけるリスクベネフィットー研究、治療、そして美容関係ー [招待有り]
高嶋佳代
第5回 再生医療倫理審査研修会   2017年12月2日   
An analysis of the regenerative medicine regulatory environments in Japan and the U.S. to identify areas of improvement
高嶋佳代、 楠瀬まゆみ、武藤香織
New York Stem Cell Foundation Annual Translational Stem Cell Research Conference   2017年10月24日   
海外における被験者保護と倫理審査委員会の現状 [招待有り]
高嶋佳代
臨床研究を実施・支援するための研修会   2017年10月21日   
臨床研究実施における他の治療選択肢の説明について [招待有り]
高嶋佳代
第13回倫理担当者会議   2017年9月1日   
Ethical discussion on the First-in-human study of iPSC-derived RPE with AMD: an analysis of the review committee meeting minutes.
Kayo Takashima, Yusuke Inoue, Shimon Tashiro, Kaori Muto
International Society for Stem Cell Research   2017年6月17日   
First-in-Human試験における被験者選定と倫理的課題の検討
高嶋佳代、山本圭一郎、田代志門、武藤香織
第16回日本再生医療学会総会   2017年3月7日   
再生医療における倫理 [招待有り]
高嶋佳代
日本再生医療学会第4回再生医療資格認定セミナー   2017年3月6日   
研究倫理や倫理審査委員会に関わる政策動向に関連して [招待有り]
高嶋佳代
研究倫理審査委員会研修・国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所   2017年2月24日   
再生医療研究における個人情報保護法改正の影響
高嶋佳代、松永亜佑美、武藤香織
第2回 研究倫理を語る会   2017年2月11日   
倫理審査委員会の均一化ー英国倫理審査委員会の改革を手がかりとして [招待有り]
高嶋佳代
日本生命倫理学会   2016年12月4日   
研究倫理を学ぶ意識づけにつながる参加型教育プログラムの検討 ~事例から学ぶ参加型研修~
有田悦子、田代志門、荒川基記、池田律子、氏原 淳、川島弓枝、楠瀬まゆみ、高嶋佳代、中島唯善、中田亜希子、楊河宏章、安部隆佑
第37回日本臨床薬理学会学術総会   2016年12月3日   
患者・市民主導の医学研究がもたらす倫理的課題 [招待有り]
高嶋佳代
第37回日本臨床薬理学会学術総会   2016年12月2日   
診療と研究の区別 [招待有り]
高嶋佳代
第11回緑内障若手研究者の会   2016年11月5日   
ETHICAL IMPLICATIONS FOR STEM CELL RESEARCH OF OPHTHALMOLOGY TREATMENT
Kayo Takashima, Shimon Tashiro, Kaori Muto
International Society for Stem Cell Research   2016年6月22日   Annual meeting, International Society for Stem Cell Research
Ethical implications of new models in patient and citizen involvement in medical research: Constructing common frameworks
Kayo Takashima, Keiichiro Yamamoto, Shimon Tashiro
13th World Congress of the International Association of Bioethics   2016年6月17日   the International Association of Bioethics
医学研究と研究倫理ー研究と診療の違いについて [招待有り]
高嶋佳代
臨床研究倫理研修会   2016年4月27日   長野市民病院
研究倫理に関わる政策動向と倫理審査委員会 [招待有り]
高嶋佳代
倫理審査委員会研修会   2016年4月27日   長野市民病院
研究倫理審査委員会の役割を考える [招待有り]
高嶋佳代
2016年3月25日   国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター
Program-based Research Ethics Consultation Service in Japan
Kayo Takashima
UNESCO Chair in Bioethics 11th World Conference BIOETHICS, MEDICAL ETHICS & HEALTH LAW   2015年10月21日   
How Should We Provide Ethical Support For The Nationwide Stem Cell Research Program?
Kayo Takashima Kaori Muto
International Society for Stem Cell Research(ISSCR)   2015年6月24日   
研究倫理に関わる政策動向と人を対象とする医学系研究に関する倫理指針 [招待有り]
高嶋佳代
信州大学医学部講演   2015年3月12日   
英国研究倫理委員会における効率化と均一化へのとりくみ [招待有り]
高嶋佳代
日本臨床試験学会 第6回学術集会総会   2015年2月20日   
研究倫理に関わる政策動向と倫理指針の改定 [招待有り]
高嶋佳代
第23回生命・医療倫理研究会   2015年2月11日   
眼科疾患における幹細胞臨床研究の倫理的問題
髙嶋佳代 田代志門 武藤香織
第26回日本生命倫理学会年次大会   2014年10月25日   
Ethics Consultation in Cell Therapy Research- Considerations in stem cell research -
Kayo Takashima Mayumi Kusunose Kaori Muto
10th International conference for clinical ethics consultation   2014年4月24日   
Issue of Returning Results of Regenerative Medicine Research [招待有り]
高嶋佳代
エレンクレイトンを囲む会   2014年3月5日   
イギリスにおける倫理審査の質の向上と効率化に関する政策動向(2)SOPの具体的内容について
丸祐一、高嶋佳代、田代志門、武藤香織
第34回日本臨床薬理学会学術総会   2013年12月4日   
イギリスにおける倫理審査の質の向上と効率化に関する政策動向(1)倫理審査体制の歴史と概要
高嶋佳代 丸祐一 田代志門 武藤香織
第34回日本臨床薬理学会学術総会   2013年12月4日   
GOVERNMENT-FUNDED PROJECT-BASED RESEARCH ETHICS CONSULTATION SERVICE IN JAPAN
Kayo Takashima Mayumi Kusunose Ayako Kamisato Kaori Muto
American Society for Bioethics & Humanities   2013年10月25日   
The Current Regulatory Status of Stem Cell Therapy and Clinical Research in Japan
Mayumi Kusunose Kayo Takashima Kaori Muto
International Society for Stem Cell Research   2013年9月16日   
国際共同治験におけるCRC業務ー日本と海外の相違点を中心にーイギリス第一相治験施設における支援業務 [招待有り]
高嶋佳代
第12回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 ランチョンセミナー   2012年9月2日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
研究倫理審査委員会の委員を対象とする研究倫理教育に関するモデル教材・プログラムの開発(江花班) 研究構成高度化モデル開発支援事業 (AMED) 査読
高嶋佳代   芸術活動   2017年 - 現在
CITI外部協力教員
高嶋佳代   教材   2015年12月 - 2017年4月
「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」に基づく実地調査/調査員(東京医科歯科大学)
高嶋佳代   その他   2017年1月 - 2017年1月
パンフレット「疾患特異的iPS細胞を活用した難病研究のご案内」(再生医療実現拠点ネットワークプログラム 特異的iPS細胞を活用した難病研究)
楠瀬 まゆみ、高嶋佳代、武藤香織   教材   2014年

競争的資金等の研究課題

 
iPS細胞由来角膜上皮細胞シートのfirst-in-human 臨床研究
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 再生医療実用化研究事業
研究期間: 2017年 - 2020年    代表者: 西田幸二 (分担:高嶋佳代)
再生医療研究における倫理的問題の解決に関する研究
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 再生医療の実現化ハイウェイ(生命倫理等の課題の解決に関する研究(課題D))
研究期間: 2011年 - 2020年    代表者: 武藤香織
早期・探索的臨床研究拠点整備事業
厚生労働省: 早期・探索的臨床研究拠点整備事業
研究期間: 2011年10月 - 2015年3月    代表者: 末松誠