基本情報

所属
法政大学大学院  地域マネジメントシステム研究所
学位
博士号(サステイナビリティ学)取得予定( 産業クラスター論・企業システム論(地域ビジネス論))
MBA(経営管理修士;専門職)(2007年3月 法政大学)

連絡先
im06w0026im.i.hosei.ac.jp
通称等の別名
Kazuhito Yamada
J-GLOBAL ID
201101075695375952

外部リンク

秋葉原研究家。(専門)経営学・企業論(企業システム論・地域ビジネス論)・地域のマーケティング(企業の実務経験:21年間の経営管理の実務経験)・まちづくり政策(14年間の地域企業戦略と産業集積論・産業クラスター論(中小企業・ベンチャー企業の集積)の研究、観光まちづくりの研究)

●Kazuhito (Kaz) Yamada is an project researcher at the City and Regional Planning of the Hosei University.

 I conduct research about regional economic development and urban vibrancy through innovation and entrepreneurship.

 I am an expert on Akihabara.

特に、企業と地域の関係性(特に、組織間関係、共創)「地域イノベーション(産業の転換政策)」について関心があります。
尚、持続可能な都市(秋葉原)に関する研究をフィールドワーク・参与観察を中心に行っております。

「博士論文;社会経営科学分野)」
(博士論文タイトル)
「持続可能な地域発展のための地域分析モデルに関する研究
  -東京都秋葉原エリアを中心として-」

(国際会議チェア)
http://www.symposium.hv.se/en/previous-symposia/uddevalla-symposium-2014

(国際ジャーナルの査読者:Sweden:International Journal of Entrepreneurship and Small Business):[アントレプレナーシップ、中小企業論][査読委員(レフリー)]「2015年3月から現在まで継続中」

(日本国内のジャーナルの編集:映像情報メディア学会・学会誌『映像情報メディア』編集委員[地域づくり、アントレプレナーシップ、中小企業論、産業集積論、観光メディア論]、査読委員(査読者))『2015年4月から現在まで(2018年3月~ 学会賞選考委員「アントレ研の委員長代行にて出席」)』   http://www.ite.or.jp/content/paper/

尚、2020年4月~映像情報メディア学会 代議員(学会役員)を拝命。

 

 

 


論文

  15

MISC

  9

書籍等出版物

  3

講演・口頭発表等

  29

所属学協会

  8

学歴

  5

学術貢献活動

  9

社会貢献活動

  1
  • 司会, 企画, 運営参加・支援, 調査担当, その他
    国連大学高等研究所:ProSPER.Net Education program for sustainable development 国連大学の博士課程学生を連れて「銀座」「秋葉原」「東京駅」中心にフィールドワークを実施。(英語での通訳) 2011年8月1日 - 2011年8月12日

メディア報道

  1
  • 産経新聞社 産経新聞WEB版 https://www.sankei.com/entertainments/news/140115/ent1401150005-n1.html 2014年1月15日 新聞・雑誌

その他

  9
  • 2019年1月 - 現在
    地域活性化の研究をしています。
  • 2020年12月
    新型コロナウイルス感染症禍の環境変化と5G時代の今後の地域医療(川崎広時 医学博士)の研究に対して、医療系IT企業勤務経験と地域研究者の立場からコメントした。
  • 23
    2020年9月
    (テーマ)「持続可能な社会システム」 http://ee-society.sblo.jp/article/187406999.html 「学部のPBL教育・ゼミナール(経営学)の研究発表、起業家教育」(2020年9月12日) (以下プログラムを参照。) https://www.ite.or.jp/ken/program/index.php?tgid=ITE-ENT (開催場所)法政大学大学院(Via ZOOM) ★基調講演:13:00-14:00(Sep.12,2020; Tokyo, Japan) 21:00-22:00(Sep.11,2020; CA, U.S.A.)*Summertime. ・リチャード・B・ダッシャー特任教授(スタンフォード大学) <Keynote Speech> Prof. Richard B. Dasher (Stanford Univ.) (テーマ)「アフターコロナの日本企業の持続可能なイノベーション行動」 (Theme)"Sustainable innovation practices for Japanese firms in the post COVID-19 era." (リチャード・B・ダッシャー特任教授<Prof. Richard B. Dasher> *シリコンバレーより接続(Via ZOOM)。
  • 139
    2019年10月
    (テーマ)「サステイナブルな経営・ビジネスモデルの探求」 (開催場所)法政大学 富士見キャンパス BT0505教室(ボアソナードタワー) (映像情報メディア学会 アントレ研 幹事長)「学部のPBL教育・ゼミナール(経営学)の研究発表、起業家教育」(2019年10月5日) https://www.ite.or.jp/ken/program/index.php?tgs_regid=7b3ccc6c899cbe6374fa618048063e7df9d5990576166192ca3f0090de8b1f59&tgid=ITE-ENT (プログラム概要) https://www.ite.or.jp/study/ent/ent_program191005.pdf
  • 35
    2018年9月
    (テーマ)「場のマネジメントとビジネスモデル」 (開催場所)芝浦工業大学(田町キャンパス) (映像情報メディア学会 アントレ研 幹事長)「学部のPBL教育・ゼミナール(経営学)の研究発表、起業家教育」(2018年9月29日) (プログラム概要) https://www.ite.or.jp/ken/program/index.php?tgid=ITE-ENT