宮田一乘

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/22 22:45
 
アバター
研究者氏名
宮田一乘
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/00308355
部署
先端科学技術研究科
職名
教授
学位
博士(工学)

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
 - 
2009年
北陸先端科学技術大学院大学 教授
 
2003年
 - 
2005年
北陸先端科学技術大学院大学 知識科学教育研究センター 教授
 

論文

 
Matthieu Tessier,Masahiro Ura,Kazunori Miyata
Proceedings of the 2016 Virtual Reality International Conference, Laval, France, March 23-25, 2016   6:1-6:2   2016年   [査読有り]
Naoki Kita,Kazunori Miyata
SIGGRAPH ASIA 2016, Macao, December 5-8, 2016 - Posters   30   2016年   [査読有り]
Ken Ishibashi,Kazunori Miyata
MultiMedia Modeling - 22nd International Conference, MMM 2016, Miami, FL, USA, January 4-6, 2016, Proceedings, Part I   550-561   2016年   [査読有り]
Naoki Kita,Kazunori Miyata
The Visual Computer   32(6-8) 1035-1044   2016年   [査読有り]
Naoki Kita,Kazunori Miyata
Comput. Graph. Forum   35(7) 127-136   2016年   [査読有り]

Misc

 
林 宏紀, 浦 正広, 宮田 一乘
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   40(11) 13-16   2016年3月
本研究は,凹凸を構成する物理量と人の感性値の関連性を探る.世の中に存在する物体の表面は独自の凹凸を持ち,その凹凸に対して我々は様々な印象を抱く.本研究は,凹凸そのものが人の感性にどのような影響を与えているのかに着目し,凹凸形状を形成する物理量の一つと考えられる空間周波数に焦点を当て,人の感性値を測るために感覚的かつ直感的に意味を理解できるオノマトペを感性評価の項目として使用した.視覚刺激用の画像群を印象評価実験によってオノマトペごとにグループ化し,2次元フーリエ変換を適用して画像を空間周波...
塚平 彩, 浦 正広, 宮田 一乘
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   40(11) 307-310   2016年3月
プロジェクションマッピングを用いた作品には,建築物に映像を投影するなどの多人数が同時に視聴可能なダイナミックなものが多く,人々に強い印象を与えるものとなっている.そのため,大人子供問わずプロジェクションマッピングへの関心が高まってきている.しかし,多くの人,特に子供にとってその制作は容易ではない.そこで本研究では,子供向けのプロジェクションマッピング制作フレームワークを構築する.フレームワークは,投映対象としての立体カード,スマートフォンと虫眼鏡を用いたプロジェクタ,スマートフォンで自動生...
石橋 賢, 稲田 聡, 宮田 一乘
日本感性工学会論文誌   15(1) 213-223   2016年
This paper shows some results obtained from an investigation of consumers' impressions regarding 30 different chocolate shapes. Firstly, we conducted a factor analysis, and then two factors named as comprehensive evaluation factor and visual fact...
藤代 一成, 斎藤 隆文, 乃万 司, 高橋 成雄, 馬場 雅志, 宮田 一乘
研究報告グラフィクスとCAD(CG)   2015(6) 1-4   2015年2月
2004 年 9 月の発刊以来,標準テキストとして利用されてきた CG-ARTS 協会編 <<コンピュータグラフィックス>> が,2015 年 3 月に改訂・出版される.新版では,この 10 年間の CG 分野の著しい発展が取り込まれ,その章構成や内容が刷新されている.本稿では,旧版からの主な差違を明らかにするとともに,新版編集の狙いについて概説する.The book entitled "Computer Graphics" by Computer Graphic Arts Society...
石橋 賢, 稲田 聡, 宮田 一乘
日本感性工学会論文誌   0(0)    2015年
This paper shows some results obtained from an investigation of consumers' impressions regarding 30 different chocolate shapes. Firstly, we conducted a factor analysis, and then two factors named as comprehensive evaluation factor and visual fact...