基本情報

所属
上智大学 理工学部機能創造理工学科 教授
学位
博士(工学)(東京大学)

連絡先
k-emasophia.ac.jp
研究者番号
40194021
J-GLOBAL ID
200901045168026490

1983年~1986年 光ファイバーガラスの力学特性に関する研究
1986年~1991年 超短光パルスの波形制御に関する研究
1991年~2002年 励起子共鳴領域における光伝搬の研究
1991年~現在  半導体励起子共鳴における非線形光学
1994年~現在  コヒーレントフォノンに関する研究
1995年~2001年 ポリマーの光物性と非線形
1996年~現在  無機有機複合型物質の光物性
2004年~現在  光触媒活性物質の光学特性に関する研究
2006年~現在  半導体ナノコラムの光物性
2006年~2010年 量子ドット集団の光物性と非線形光学
2006年~現在  光のアンダーソン局在とランダムレージング
2007年~現在  窒化物半導体の光物性

主な研究は,半導体・有機物質などの光物性である.特に,超短光パルス光源による時間分解分光や非線形分光を用いた実験的な研究が中心である.最近では,対象となる物質として,半導体のナノ構造を研究している.専門教育に関しては,学部において,「電磁気学Ⅱ」「物理光学」「量子光学」大学院では「光物性」という専門の光に関する講義を中心に行っている.また,全学一般教育として,「身近な物理」という名で,身近な物理現象を題材にした物理の面白さを伝える講義も行っている.

(研究テーマ)
超高速光信号処理
励起子非線形光学
無機有機複合型物質の光物性
光触媒材料の光物性
半導体ナノ構造の光物性
光の局在とランダムレージング


受賞

  1

論文

  159

MISC

  4

書籍等出版物

  27

講演・口頭発表等

  32

その他

  3
  • 1998年
    文化系学生向けに,物理の考え方と面白さを,身近な題材を用いて講義している.90分の講義を3テーマくらいに分けて,30分程度で一つの話題に時間を抑えている.これは,もし興味の沸かないテーマだった場合にも切り替えが速いことで対応できること,および興味が沸いた学生にとっては,もっと深く知りたいと感じたところで終わり,自分で調べる意欲を沸かせるという教育上の効果を狙っている.
  • 1994年
    すべての講義において,自作の補助教材を用意し,事前に学生に配布している.図表や細かい式などは,その教材に記載されているので,学生は講義の最中に長い式や複雑な図表のノート取りの必要はなく,講義の内容を聞くことに集中できる.また,動画を見た方がわかりやすいものは,ノートPCを使って動画を見せたり,わかりやすいスライドを見せることも行っている.