MISC

2016年

GaNナノコラム光学特性の結晶サイズ依存性

日本物理学会講演概要集
  • 猪瀬 裕太
  • ,
  • 金城 一哉
  • ,
  • 江馬 一弘
  • ,
  • 吉田 純
  • ,
  • 山野 晃司
  • ,
  • 岸野 克巳

71
開始ページ
1296
終了ページ
1296
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_1296
出版者・発行元
一般社団法人 日本物理学会

<p>我々はGaNナノコラム結晶の光物性を研究している。今回は規則配置された結晶集団の光学特性を評価し、コラム径減少とともに結晶品質が高くなること、そして励起子発光のLOフォノンレプリカ成分が連続的に減少するという現象を観測した。さらに1つの試料で、励起子分子、励起子‐励起子散乱、電子正孔プラズマなど、多数の励起子多体効果を同時観測することに成功した。講演では結晶サイズ依存に関する結果を中心に発表する。</p>

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_1296
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130006243868
ID情報
  • DOI : 10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_1296
  • CiNii Articles ID : 130006243868

エクスポート
BibTeX RIS